石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

スペインバル ソンリッサ(SONRISA)

今日は、スペインバル ソンリッサ(SONRISA)に入りました。
店頭に日替わりランチの肉料理と魚料理が掲示してあって安心して入れました。
魚料理は「エビと栗ときのこのパエリア」、に料理は「鶏肉のマッシュルームソース」で各990円でした。
確か古本屋を改装してできたお店だっと思います。あのボロボロの古本屋が、こんなに綺麗に改装できるとは驚きです。
ランチメニューはイベリコ豚丼1100円、本日のアビージョランチ990円、サラダランチ880円、イベリコ豚肩ロース1980円もありました。
パンはお替りできるようです。
+330円で、ミニデザートとドリンクが付きます。

今日は肉料理の日替わりランチを注文しました。
冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。
ナイフ、フォーク、スプーン、エプロンが出されました。箸もあったほうが良いかな。
10分以上待ってサラダが出されました。スパイスの効いて、とても美味しかったです。でも平らな皿に乗せられていて食べにくかったです。フォークだけでは食べられなかったです。
さらに5分待ってスープが出されました。
野菜の入った、とても美味しいスープでした。
スープが出たら、すぐ他の料理も出るのかなと思っていたら、8分後に鶏肉のマッシュルームソースとスペイン産パンが出されました。
鶏肉のマッシュルームソースは、ソースが抜群に美味しくて感動モノでした。
パンはハード系のパンで温めて出されました。美味しいパンでしたが、かなり小さめです。お替わりができるという事ですが、頼みにくいので、最初からもうちょっと量があったほうが嬉しかったかな。
鶏肉は、モモ肉が骨付きでそのままで出されたので、ナイフとフォークで食べるのは、かなり苦労しました。
ナイフの切れ味が良くない事もあって、皿をこするキーキーと鳴ったり、その他にも音が出て、恥ずかしかったです。
途中で諦めて、手で持って食べてしまいました。行儀悪かったです。
水は飲み干してあったのに気づいて追加で注いでいただけました。
食事を終えて、財布を出すと、テーブルまで来て会計をしてくれました。お店を出る時に見送りしてくれました。

料理が食べにくなったのですが、味は最高で、店の雰囲気も良く、店員さんの応対も良く、有意義なランチを楽しめました。

SONRISA1.jpg
SONRISA2.jpg
SONRISA3.jpg

スペインバル ソンリッサ(SONRISA)の場所はこちら 石川県金沢市尾張町1丁目8−7

Dining Bar かなざわのおと

今日は、「Dining Bar かなざわのおと」に入りました。
店頭に日替わりランチ1000円(税込みだと1100円)の掲示があったので、安心して入れました。
店内に入ると、本日の日替わりランチの内容が掲示されていました。
肉料理の日替わりランチがチキンカツ、魚料理の日替わりランチがマグロカマの塩焼きでした。
店内にはカウンター席とテーブル席がありましたが、どこでも良いと言われたので、テーブル席に座りました。
こういうシャレたお店にしては、珍しく日本のPOPSがかかっていました。
メニューを見ると、日替わりランチの他に日替わりどっちもランチ(肉料理も魚料理も両方)1650円、お刺身ランチ1650円、日替丼ランチ1650円がありました。
ランチには前菜3品、刺身3種盛り、サラダ、スープ、ご飯(白米か玄米でおかわり自由)が付いています。

個人的には絶対に肉料理を選ぶところですが、チキンカツは嫌いなので、魚料理の日替わりランチを注文しました。
玄米でお願いしました。

すぐに、冷たい水と紙のお手拭きが出されました。水は柑橘系の香りがしました。
9分ほどで、魚料理の日替わりランチが出されました。
魚料理の日替わりランチには、特大のマグロカマの塩焼き、野菜サラダ、刺身3種盛り、玄米、スープ、お魚の煮物、お魚のマリネ、トマトソースの料理が付いていました。豪華でボリューム満点です。
すぐ後に、取り皿がいりそうだということで、空の皿を持ってきてくれました。
玄米は塩が欲しいところでしたが、塩なしでも大丈夫でした。
マグロカマの塩焼きは本当に大きくて、かなり大胆な焼き方でした。
いろんな種類の刺身を食べられたのは得点高いです。
途中で、お店のマスターが全部食べられますかと言われました。
いろんな味が楽しめて、お腹いっぱいになって、雰囲気も良く落ち着けて、大満足でした。
「Dining Bar かなざわのおと」のランチはお奨めです。

kanazawanooto.jpg

Dining Bar かなざわのおとの場所はこちら  石川県金沢市間明町2丁目47

中国料理 油湯(ゆうたん)

2020年9月9日

今日は、テルメ金沢の 中国料理 油湯(ゆうたん)に入りました。
中国料理 油湯(ゆうたん)はテルメ金沢の1階にあり、テルメの入場料を払わなくても入れます。
平日のお昼時でも、テルメ金沢の本館側の駐車場は満車の事が多いのですが、満車でも中国料理 油湯(ゆうたん)は、それほどお客が入っている感じではないです。

店内に入ると、どこでもお好きなところにどうぞと言われたので、入口近くのテーブル席に座りました。

期間限定でステーキ祭りというのをやっていて、ステーキ300gのセットが2178円、400gのセットは2728円です。11:00~14:45限定です。

その他のランチメニューとして、通常はサラダバー、デザート、ウーロン茶、コーヒーがビュッフェ形式で飲み放題になっていて、干し貝柱お粥セット990円、選べるメイン料理(6種)ランチセット1320円、油湯オリジナルチリクラブ1320円、油湯特性海南鶏飯880円などがるのですが、今は新型コロナ対策でビュッフェが中止になっていて、特別メニューになっていました。

今日のランチメニューは白粥セット858円、鶏粥968セット円、海鮮粥セット1078円、ラーメンセット968円、炒飯セット968円、おすすめ中華セット968円(メイン料理を麻婆豆腐、チンジャオロースー、イカと野菜のガーリック炒め、エビチリから選べる)などがあります。
ビュッフェは無いですが、水、熱いお茶、ホットコーヒーがセルフで付いています。

今日は、ステーキ300gのセット2178円を注文しました。
ステーキ300gのセットでは、ご飯orソフトドリンクを選べました。最初はソフトドリンクを頼んだのですが、ソフトドリンクにアイスコーヒーもナオンカロリーコーラも無かったので、ご飯にしてもらいました。
注文してから知ったのですが、水、熱いお茶、ホットコーヒーがセルフで付くのでソフトドリンクは必要なかったのでした。

4分ほどでステーキ300gのセットが出されました。
ステーキ300gのセットにはステーキ、野菜サラダ、ご飯、ポテトのフライ、モヤシ炒め、ガーリックスライスが付いていました。
ステーキは熱々の鉄板のお皿に炒めたモヤシの上に乗せられていました。その他に肉を焼くための鉄の塊が置かれていました。
ステーキのソースはにんにくしょうゆダレ、中華風野菜ダレの2種類がありましたが、中華風野菜ダレは不味くて食べられませんでした。
にんにくしょうゆダレも決して美味しくはありません。
ステーキは細かめに切られていました。肉は脂身が無く、カスカスなものでした。牛肉なんだとは思いますが、牛肉感が全くなく、硬めのささみって感じです。
生まれてから、これほど不味いステーキは食べたことがありません。硬くても美味しいステーキって、いくらでもありますが、硬い柔らかいという問題では無く、とにかく不味いステーキでした。
食後のコーヒーはいただきました。

中華料理のセットには興味があるので、ビュッフェが復活したら、また訪れるかもしれません。

terume1.jpg
terume2.jpg

中国料理 油湯(ゆうたん)の場所はこちら   石川県金沢市松島町17

赤ずきん

今日は「赤ずきん」に入りました。駐車場は店の前に2台と、東金沢駅方向と反対側に数台分あります。
コロナ対策でカウンター席は隣り合わないように席を1席ずつ空けてありました。
メニューは壁に掲示してありました。
焼肉定食850円、豚バラ塩焼定食850円、ホイコーロ定食690円、しょうが焼定食660円、牛肉野菜炒定食690円、肉野菜炒め定食670円、上シロみそ辛炒定食660円、レバーニラ炒定食630円、鶏唐揚げ定食570円、ギョーザA定食(赤ずきんギョーザ8個)530円、ギョ-ザB定食(赤ずきんギョーザ4個、おまかせギョーザ3個)530円、日替定食(今日はササミフライ、エビフライ、オクラ天、胡瓜シラス和え、ライス、プチラーメン)580円、らーめん定食(選べる4種の麺もの+選べる5種の飯類+選べる3種の料理)690円などがありました。
食後のコーヒーは150円です。
その他に7種のギョーザがあるおまかせギョーザなどもありました。
どの料理も安いです。ギョーザの種類が多いのも売りのようです。
いろんな餃子を食べたかったので、ギョ-ザB定食(赤ずきんギョーザ4個、おまかせギョーザ3個)530円を注文しました。
定食はスープと味噌汁とプチラーメン(+100円)を選べるようなのでスープを頼みました。
10分ちょっとでギョ-ザB定食が出されました。
ギョ-ザB定食には、赤ずきんギョーザ4個と、3種のおまかせ餃子、ご飯、スープ、自家製の漬物が付いていました。
赤ずきんギョーザは四角く薄っぺらい形のギョーザでパリっとした食感で美味しかったです。3種のおまかせギョーザは、しそギョーザとニラとチーズの入ったギョーザ、もう一種類はなんのギョーザかは不明でしたが、いずれも美味しかったです。
ご飯は少し固めで好みにドンピシャでしたしボリューム満点でした。漬物も美味しかったです。
冷たい水を飲みほしていたのも気づいて、追加で注いでいただけました。
大満足でした。その他の料理も食べてみたいと思いました。
赤ずきんはお奨めです。

akazukin.jpg

赤ずきんの場所はこちら   石川県金沢市小坂町西74−1

そば処 小木曽製粉所

最近開店して、いつも駐車場が満車で気になっていたのですが、今日、「そば処 小木曽製粉所」に入ってきました。
今日も駐車場が満車で、入れないかなあと思ったのですが、奥の方にも駐車場があって、ちょうど帰る自動車があって、なんとか入れました。その後も続々と帰る自動車があって、随分出入りが多いようです。
店内に入ると、行列が凄くてびっくりしました。
最初に、説明のパネルが掲げられていました。
最初にトレーや箸をもって、希望の商品の食券をトレーに乗せます。天ぷら類などのトッピングをとって、刻みネギやワサビなどをトレーに乗せます。注文したものをもらい、麺つゆをとって、勘定を済ませます。最後にお茶や水や蕎麦湯を自分でとって、空いている席に行って食べます。食べた後は、自分で返却口に戻します。
丸亀製麺にそっくりなシステムです。
食べるのに時間がかからないので、客の回転はめちゃくちゃ速くて、あれだけ混んでいるのに、満席になってはいなく、席に随分余裕がありました。
メニューとしては、ざる550円、中ざる550円、大ざる550円、ざる特盛770円、かけそば550円、肉つけそば並盛770円、肉つけそば中盛847円、肉つけそば大盛935円、ねばとろぶっかけそば858円、海老たぬきぶっかけそば748円などがありました。
「そば処 小木曽製粉所」の目玉は、ざるの並・中・大盛が同じ値段で550円ということです。ほぼ全員がざるを注文しています。
メニューには丼物や丼とざるのセットもあるのですが、オープン当初は混雑しているので昼食時はやっていないようです。

新聞のちらしに、ミニ山賊焼きのサービス券が付いていたのを持っていたので、ミニ山賊焼きと大ざる550円を注文しました。蕎麦湯も持ってきました。
山賊焼きとは長野県松本名物の鶏唐揚げです。鶏もも肉の唐揚げの大きいのを山賊焼きというようです。ちなみにミニ山賊焼きは121円です。「そば処 小木曽製粉所」の山賊焼きは衣がサクサクで味も良くて、美味しかったです。

「そば処 小木曽製粉所」のざるは海苔は付いていません。麺は細くてコシが強くて(というより硬い)、喉越し時に、とろろ芋のイガっぽい感触がありました。うどん屋の蕎麦とは明らかに別物の、ちゃんとした蕎麦です。美味しかったです。
大盛の量はボリュームが凄くて、やっと完食という感じでした。

osogi.jpg

そば処 小木曽製粉所 金沢新神田店の場所はこちら 石川県金沢市新神田1-10-85

あぶり亭

今日は「あぶり亭」に行きました。
ちょっと、ついでに通るような場所で無いのに、こんな大きな居酒屋があったのは意外な感じです。
店内は、カウンターは少なくて、小上がりや小さなテーブル席が結構多いお店です。
1人だと言うと、奥の座敷が空いてますよと言われ、奥の小上がりの席につきました。
しばらく待つと、冷たい水と紙のお手拭きとメニューが出されました。

ランチメニューとしては、本日のえらべるランチ3種1100円、日替わりお魚ごはんセット(カキフライ980円、アジフライ800円)、メインで選んでご飯セット(とり唐2種類選べる820円、肩ロース生姜焼き850円、洋風ハンバーグ850円、和風ハンバーグ850円、牛すじとじ900円、カツとじ880円、かつ丼880円、牛すき丼880円)などがありました。
本日の選べるランチは、A豚ホルモン辛子炒め、B豚はさみフライ、Cヒレカツでした。それにとり唐、チキン南蛮、アスパラ巻串フライのいずれかを組み合わせて他に小鉢3品が付きます。
本当はA豚ホルモン辛子炒めを食べたかったのですが、品切れという事でした。
揚げ物を食べる気がしなかったので、牛すじとじのご飯セット900円を注文しました。
15分程度待って、牛すじとじのご飯セットが出されました。
牛すじとじのご飯セットには、牛すじとじ、野菜サラダ、パスタサラダ、豆腐の味噌汁、漬物、ご飯が付いていました。
テーブルにはふりかけが置いてありました。
ご飯は少なめでしたが、お替りが出来るということでした。
牛すじとじは、牛すじがたくさん入っていてボリュームが結構ありました。玉子もちょうど良い半生でした。
味は、感動するほどでは無かったのですが、普通にどれも美味しかったです。
食事が終わりそうになった時に、食後にコーヒーが付きますが、アイス、ホットのどちらにしますかと聞かれたので、アイスコーヒーを頼みました。
アイスコーヒーもボリュームがありました。
お腹いっぱいになりました。
これで900円は安いと思いました。

aburi1.jpg
aburi2.jpg

あぶり亭の場所はこちら  石川県金沢市神野1丁目32

山勝角ふじ

2020年7月22日

今日も、山勝角ふじに入りました。やっぱり角ふじ麺も食べてみたかったのです。
新聞に山勝角ふじ8周年記念のクーポンが掲載されていたのを切り抜いていたのを持って行ったのです。
山勝角ふじは食券機を購入するシステムになっているので、クーポンを使うにはどうすればよいのか聞くと、新聞のボタンもありますという事でした。
8周年記念のクーポンは角ふじ麺(850円)、つけ麺(850円)、中華そば(780円)が650円になるもので7月末まで有効です。
なんになさいますかと聞かれたので、角ふじ麺を頼みました。
スープの濃さ、野菜の量、麺の硬さ、タマネギの量などが選べます。全部普通で頼みました。
クーポン券は7月末まで使えるという事で返してくれました。

角ふじ麺はラーメンの上に大量のもやしが乗せられ、その上に玉ねぎ、その上に味噌が乗せられていました。チャーシューも1枚入っていました。
説明書によると、最初にもやしにコショー、一味、ラーメンダレで味付けして食べるということでしたが、何もつけなくても味噌やスープだけでも十分美味しかったです。
麺は太麺でコシが強く、個人的には大好きな麺です。
スープは濃いめで、麺やもやしと一緒に食べる分には、美味しかったのですが、スープ単体で飲むには濃すぎて飲み干せませんでした。
二郎系のラーメンにはつきものの肉のかたまりは入っていませんでした。ちょっとがっかりしました。
今回はクーポン券で650円でしたが、850円だとちょっと高いかなあと思いました。

kakuhuji3.jpg

2020年6月17日

今日も、山勝角ふじに入りました。
期間限定の「辛モツ角ふじ麺」が食べたかったのです。発券機で食券を購入してから気がつきました。「辛モツ角ふじ麺」は無くなっていて、「角ふじ流台湾ラーメン」に変わっていました。950円でした。
取り消しを頼むのもはばかられて、そのまま食べる事にしました。発券機は、どうも苦手です。

「辛モツ角ふじ麺」は激盛ではなく普通の大きさのラーメンです。
スープの味は、辛めですが、かなり濃い目です。野菜の中心はもやしですが、もやしや麺を食べる時には、ちょうど良いスープですが、残ったスープを飲むには、かなり塩っぱいです。健康にも悪そうだし、全部は飲めませんでした。
麺はコシが強い太麺です。台湾ラーメンで太麺というのは、あまり経験したことが無いですが、意外と台湾ラーメンに合っていました。
とても美味しいと思いましたが950円は高いと感じました。
普通の角ふじ麺にしたほうが良かったな。

kakuhuji2.jpg

2020年6月10日

今日は、山勝角ふじに入りました。
山勝角ふじのところの駐車場は、道路から見ると、いつもガラガラなので人気無いのかなと思っていたのですが、道路から見えるところは1台だけ山勝角ふじの駐車場で、残りはお店の裏側にあったのでした。きっと同じように感じる人もいるので、ちょっと損してると思います。駐車場がガラガラのラーメン屋には誰も入りたくないですものね。
山勝角ふじは、つけ麺と激盛の角ふじ麺のお店です。
最初に、自動発券機で券を購入するのですが、大きなメニューの掲示も無かったので戸惑いました。
今日は、最初からつけ麺を食べるつもりだったのですが、つけ麺にもタレの種類が6種類もあるので、どれにしようか迷っていたら、、迷ってたらお客が入ってきたので焦りました。発券機は1台だけなので迷っている余裕はありません。
一番左にあった醤油つけ麺850円を購入しました。
ちなみに激盛の角ふじ麺も味が5種類あります。その他に通常の中華そばなどもあります。量によって中盛、大盛、特盛、特特盛、バカ盛、漢盛などがあります。激盛の角ふじ麺も850円からです。
値段は、ちょっと高めです。
1人だったので、カウンターにどうぞと言われました。他のお客から一番離れた一番奥に座りました。カウンターにはコップとピッチャーが置かれていました。箸もレンゲもセルフです。
カウンターに食べ方の説明があって、つけ麺は食後にスープを入れてもらって飲むのが良いとの事でした。
待っている間に、お店の人が大量のタマネギを切っていました。眼鏡もしていなくても平気で切っていましたが、カウンターにいても、目がショボショボしました。
10分ほどして醤油つけ麺が出されました。タレが熱いので注意してくださいと言われました。
醤油つけ麺は、極太でコシのある麺で、あまり味についていないチャーシューと海苔とはべんが入っていました。
醤油ダレは熱々でタマネギや天かすが入っていました。

少し甘めで、とても美味しかったです。麺が冷たいので、途中でタレがぬるくなってきました。個人的にはタレは熱いほうが美味しいので麺も熱いままのほうが良かったかなあと感じました。
食べ終わってから、スープを頼みました。ユズとタマネギを入れますかと聞かれたので、お願いしました。スープを入れてもらって飲んだのですが、それでも、かなり濃かったです。もうちょっと薄めてもらえば良かったかなあ?

かなり気に入ったので、激盛の角ふじ麺も食べてみようかな

kakuhuji.jpg

石川県金沢市北町丁31  山勝角ふじの場所はこちら

台湾料理 昇龍 御経塚店

今日は、台湾料理 昇龍 御経塚店に行きました。
ランチメニューはメイン料理43種類のランチセットが全て880円です。
ランチタイム限定で19種類の麺類と16種類の飯もののセットが880円(990円もあり)もあります。
いずれも、ドリンクバーが付きます。
今日は、豚肉の胡椒炒めのランチセットを注文しました。
ドリンクバーのコップと紙のお手拭きが出されました。
4分程度で、豚肉の胡椒炒めのランチセットが出されました。
豚肉の胡椒炒めのランチセットには、豚肉の胡椒炒めと春巻きと大根がメインのサラダとご飯と漬物、卵のスープと杏仁豆腐とドリンクバーが付いていました。
豚肉の胡椒炒めは豚肉と較べタマネギの量が多かったのが気になりましたが美味しかったです。
春巻きは半分の量でしたが美味しかったです。
大根がメインのサラダはドレッシングの味が濃すぎだったのが気になりました。
スープは味がほとんどしなかったので調味料を入れました。
杏仁豆腐が付いていたのは嬉しいし、ドリンクバーが付いているのもうれしかったです。ご飯はお替り無料だそうです。
もし、スープがコーンスープで、漬物がザーサイだったら、サラダ無しでも880円で大満足だったと思います。

ちょっと気になったのは、ランチメニューに税別の表示が無かったのに実際は消費税が別途必要だったことです。入口に大きく当店は消費税別ですとの掲示があったのですが、意外と見ないものです。

テーブルに大感謝祭(2020年1月27日から7月末)で平日15%引き土日祝日10%引きのチラシも置いてあったのですが税別と書かれているのにランチセット760円と書かれていました。値段のところに訂正シールが貼られていて、原本は680円と記載されていたようです。
最初は15%引きで税抜き680円だったのを途中で税抜き760円に変更したのかなと思っていました。
食事を終えて、レジに行くと、レシートは880円になっていました。
大感謝祭っていったいなんなんだろうと思っていたのですが、760円だと言われました。
相当紛らわしいです。日本の人で無いので、メニューの言葉も良く分かっていないんだと思います。
想像するに、当初は税別で680円と記載されていたけど、お客の勘違いが多く、税込みの価格として760円に訂正したのだと思います。それにしても計算が合いません(笑!)
メニューに税別だと明記しておけば、すっきりするのにねえ。

それは別にして、43種類のメイン料理を選べて定額で、杏仁豆腐が付いていて、ドリンクバー付きというのは魅力です。

taiwansyouryuu.jpg

台湾料理 昇龍 御経塚店の場所はこちら  石川県野々市市御経塚3丁目512

おむすび美人

2020年7月12日

今日は、おむすび美人で、お持ち帰りで「おむすび」を購入しました。
最初に、注文書に希望の「おむすび」に数量を記入して先に支払いを済ますシステムです。
いろんな種類を8個購入しました。
当然、注文を聞いてから作るので、少し待たないといけないけど、思ったより早くできました。
4個づつタッパに入れられました。
家に帰っても、かなり暖かかったです。
ただ、おむすび美人の「おむすび」は、それほど強く握られていないのと、となりの「おむすび」とくっついてしまうので、取り出す時に微妙に崩れて壊れてしまいます。
それと、どの「おむすび」が、どの種類なのか、微妙に判断がつきにくいのがあったのが残念です。
注文書を同封して順番に入れるとか、隣の「おむすび」とくっつかないようにパッケージを工夫するとか必要だと思います。
それでも、1つ1つのお米が離れている食感が絶妙で、とても美味しかったです。

omusubi2.jpg

2019年9月4日

今日は、おむすび美人に入りました。
カルシウムとイオウが結びついた農業用石膏(せっこう)を主体に造られたカルシウム肥料を使って育てたカルゲン米のおいしさを知ってほしいと作ったお店だそうです・。
営業時間は7:00~15:00でお米なども販売しています。
ちょっとなじみにくいスタイルで営業していて、おにぎりの販売と、お米などの販売と、食堂の注文の場所が一緒になっています。
おにぎりの販売は、自分で紙に記入する方式になっていて、食堂の注文も紙に書かないといけないのかなと迷ってしまいました。
食堂の注文は口頭での注文で良いようです。
食堂でのメニューとしては、おむすび単品と、日替り定食700円、おむすびセット650円、焼魚定食(650円~700円)、からあげ定食650円、卵かけご飯600円などがありました。
ちなみに、今日のおむすびセットは梅とツナマヨで、日替り定食はキーマカレーでした。
今日は、おむすびセット650円を注文しました。お米は白米と玄米を選べるということなので、玄米を頼みました。支払いは前払いで、番号札が渡されました。番号を呼ばれたら取りに行きます。
水とお茶はセルフになっています。
食事を終えると、食器を返却口に持っていくシステムになっています。

5分ほどして、番号を呼ばれました。
おむすびセットは、梅のおむすびと、ツナマヨのおむすびと、うどんと、切り干し大根と、玉ねぎと豚肉と野菜の炒め物でした。
うどんと、切り干し大根と、玉ねぎと豚肉と野菜の炒め物は、平凡なものでしたが、おむすびは格別に美味しかったです。味も食感も文句なしでした。
たかが、「おむすび」ですが、されど「おむすび」なんですね。
ちょっと感動しました。

omusubi.jpg

おむすび美人の場所はこちら   石川県金沢市八日市出町922

元祖からあげ本舗マルフク 押野店

最近、から揚げの専門店が増えてきました。
元祖からあげ本舗マルフク 押野店はお持ち帰りのみの営業です。
大きく金賞受賞の旗が掲げられています。
ネットで見ると、第10回からあげグランプリ東日本しょうゆタレ部門での受賞なので日本一という事ではありません。
注文を聞いてから揚げるので、冷えた唐揚げを食べる心配はいりません。

醤油からあげ2個280円、旨塩からあげ2個280円、旨タレからあげ2個300円です。
今日は醤油からあげと旨タレからあげを購入しました。
揚がるまで少し待たないといけないです。おのおのの種類を別のタッパに入れてくれました。1個のボリュームはかなりあります。
醤油からあげの衣は、からっとした食感で、上げ具合もちょうどよく、味も良く、美味しかったです。
旨タレからあげは、タレの味が濃すぎて、ちょっと勘弁してほしいという代物でした。もう食べたくないです。

元祖からあげ本舗マルフク 押野店にはからあげ単品だけではなく、お弁当もあります。

maruhuku.jpg

元祖からあげ本舗マルフク 押野店の場所はこちら  石川県野々市市押野6丁目1