石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

天ぷら七福(しちふく)

以前から気になっていた「天ぷら七福」に入ってきました。
最初に発券機で食券を購入します。大きなメニューが掲示してあるので、初めてでも分かりやすいです。
天ぷら定食(御飯小680円、中740円、大820円、特大900円)、えび定食(御飯小980円、中1040円、大1120円、特大1200円)、お好み定食(御飯小880円、中940円、大1020円、特大1100円)、ホタルイカ定食(御飯小1280円、中1340円、大1420円、特大1500円)、野菜定食(御飯小660円、中720円、大800円、特大880円)、穴子定食(御飯小1180円、中1240円、大1320円、特大1400円)などがあります。いずれも天ぷらです。
今日は天ぷら定食(御飯中740円)を注文しました。

お茶や水はセルフになっています。煎茶・ほうじ茶がホットとアイスが選べます。
店内はカウンター席とテーブル席がありますが、カウンター・テーブルともに狭いです。ちょっと窮屈です。長居は困りますという事ではないかと思います。
芝漬とイカの塩辛の桶が出され、食べ放題になっていました。
イカが獲れなくてイカの塩辛が高いのにありがたいです。(同じようなことを、唐揚げの「からやま」でも書いたなあ)
sitihuku1.jpg

6分ほどたって、ご飯や味噌汁か出されました。御飯は中でも量は控えめです。
天ぷらには天つゆもついていますが、カレー塩や抹茶塩や岩塩も用意されています。
sitihuku2.jpg
sitihuku6.jpg

最初にキスとエビが出されました。
sitihuku3.jpg

次に、ナスとミニとうもろこしとカボチャが出されました。
sitihuku4.jpg

最後にシロエビのかき揚げが出されました。
sitihuku5.jpg

どれも熱々でサクサクしていて美味しかったです。
天ぷらの具の種類が少なく、専門店を目指している感じは無いです。きっとチェーン店化を狙っているのだと思います。

パンフレットを持って帰ったのですが、かき揚げの食べ方の説明があり、ご飯にかき揚げをのせて、天つゆをかけて、出来上がりという事でした。やりたかったなあ。

天ぷら七福の場所はこちら   石川県金沢市八日市3丁目563


ゆず庵 金沢桜田店

今日は「ゆず庵 金沢桜田店」に行ってきました。
ゆず庵と言えば、しゃぶしゃぶとお寿司の食べ放題のお店です。さすがにお昼から食べ放題を利用する気はしません。
ゆず庵には、平日限定のランチで松花堂ランチ1058円、季節の上寿司御膳1598円、牛すき御膳1382円、お寿司とうどんすき膳1058円などがあります。
今日は、松花堂ランチ1058円を注文しました。
冷たい水と熱いお茶とどちらが良いですかと聞かれたので、冷たい水を頼みました。
5分ほど待って松花堂ランチ1058円が出されました。
松花堂ランチにはすき焼き風の豚鍋と、かき揚げ、とろろ入りの茶そば、マグロと錦糸卵のミニ丼、冷茶わん蒸し、豆腐の冷奴、冷スープ、野菜と海藻のサラダ、牛肉の小鉢が付いていました。
すき焼き風の豚鍋の豚肉は見るからに冷凍のもので輸入肉っぽかったですが、美味しかったです。トマトをすきやきに入れるというのは新鮮でしたし意外と美味しかったです。
かき揚げは、あまりサクサク感は感じませんでした。一番最初に食べれば美味しかったのかもしれません。
マグロと錦糸卵のミニ丼は、醤油とワサビを好みで入れて食べるのですが、なかなか美味しかったです。
冷茶わん蒸し、豆腐の冷奴、冷スープ、野菜と海藻のサラダ、牛肉の小鉢は、それなりに美味しかったのですが、とろろ入りの茶そばは出汁の味が物足りませんでした。
でも、いろんな料理を食べられて満足しました。
帰りに、次回10%引きチケットを渡されました。

yuzuan.jpg

ゆず庵 金沢桜田店の場所はこちら  石川県金沢市桜田町2−19


中華そば 秋生 (シュウセイ)

今日は、中華そば 秋生 (シュウセイ)に入りました。
14:00と遅かったので空いていました。
最初に発券機でチケットを購入するのですが、迷ってたらお店の人が、特徴が書かれた大きな写真が横に掲載されているのを教えてくれました。
中華そばがお薦めという事で、中華そば730円にすることにしました。
他には甘海老中華そば、海老塩そば、煮干しそば、辛魚中華そばなどがありました。
水はコップとピッチャーが置いてあってセルフになっていました。
調味料は、酢、フルーツ酢、醤油、ラー油などがありました。

中華そばは、太麺で、トロトロなチャーシューと海苔とメンマとネギが入っていました。スープは醤油味ですがドロっとしていて、魚粉が香りが強く、あまり経験した事のない味でした。
美味しかったのですが、リピートしたいとは思いませんでした。

途中から、スープに唐辛子を加えて飲みました。

フルーツ酢は水に入れて飲むのもありなようです。

中華そば 秋生では、お客は必ず1人、1つの麺類を注文しないといけないシステムになっていて、後から3人連れの学生さんと思われる客が来て、3人で2つの麺類しか頼まなかったのです。
そしたら、店主(?)が、うちの店では1人で必ず1つ頼まないといけないんですと言いました。そしたら1人が待合の椅子に座りました。
ちょうど食べ終わったので、お店を出たのですが、その後に、注文しなかった客がお店から出てきました。
待合の椅子で待つのもダメだと言われたのかもしれません。

ちなみに、中華そば 秋生では、子供の入店はダメのようです。

syuusei.jpg


中華そば 秋生 (シュウセイ)の場所はこちら   石川県金沢市米泉町1-64


ラーメン一鶴 (いっかく)

今日は、ラーメン一鶴 (いっかく)に入りました。
ラーメン一鶴 (いっかく)は昼と夜とはメニューが違うようですが、夜に行ったのは初めてです。
夜の部が始まる17:30を少し過ぎた時間に行ったのですが、まだエアコンが効いていなくて、ドアも開けっぱなしで、めちゃ暑かったです。
メニューを見ると、ボリュームのある鶴二郎780円、キム二郎850円の他に、えびさん豚骨ラーメン820円、魚介新味ラーメン750円、豚骨ラーメン750円、豚骨味噌ラーメン780円などがありました。大盛は+120円で、替玉(超極細麺)120円です。
カウンター席に座ると冷たい水が出され、その後、冷たい水が入ったピッチャーが出されました。
今日は、学生に大人気だという豚骨味噌ラーメン780円を注文しました。
5分ほど待って豚骨味噌ラーメンが出されました。
豚骨で背脂がたくさん入れられている割には、上品な味であっさりした味でした。
個人的には、ちょっと物足りなくて醤油を加えて食べました。少しずつ醤油を加えたのですが、最終的には、かなりの量の醤油を加えました。
最初から醤油がきいた豚骨ラーメンにすれば良かったかもしれません。
とにかく店内が暑くて、汗がとまらなく、サウナ状態でした。

ikkaku.jpg

ラーメン一鶴 (いっかく)の場所はこちら   石川県野々市市高橋町14-43


からやま金沢久安店

昼食が遅くなって、ランチやっているお店が少ないので、からやま金沢久安店に入りました。
最近、からあげのお店がやたら目につきます。
から好しは入ったことがあるのですが、からやまは初体験です。
から好しは、すかいらーくグループですが、からやまは、かつやと同じグループです。
14:00を過ぎていましたが、結構お客が入っていました。1人なのでカウンターにどうぞと言われました。
カウンターに座ると、冷たいお茶が出されました。手をふくものが置かれていませんでした。
テーブル席には、お茶の入ったピッチャーが置かれていましたが、カンウターには置かれていませんでした。

メニューを見ると、今、期間限定で、普通の唐揚げより辛い赤カリというのをやっていて、普通の唐揚げと赤カリの両方食べられる合盛り定食669円 というのもやっているようです。
普通の唐揚げ定食は梅(唐揚げ4個)637円、竹(唐揚げ5個)766円、松(唐揚げ6個)896円です。
今日は、合盛り定食669円を注文しました。御飯は大盛でも値段が一緒だと言う事なので大盛を頼みました。

10分ほどして合盛り定食が出されました。
定食を注文すると、イカの塩辛がたっぷり入った壺が出されます。イカの塩辛は食べ放題のようです。
合盛り定食には、普通の唐揚げ2個、赤カリの唐揚げ2個、きゃべつの千切り、とろろ昆布の味噌汁、御飯が付いていました。

から揚げはボリューム満点で、衣はちょっと硬めです。熱々でとても美味しいです。
赤カリは、ちょうど良い程度に辛めで、こちらも美味しいです。
個人的には、から揚げは塩をつけて食べるのが定番なのですが、からやまには塩は置いてありません。
個人的には、サラダはマヨネーズと塩をかけるのが定番なのですが、からやまには塩は置いてありません(笑!)。

塩は置いてないけど、刻みキャベツのためにマヨネーズと胡麻ドレッシングが置かれています。
唐揚げ用の調味料としては極ダレ、甘辛ダレが付いてきます。
もともと唐揚げに味が付いているので、唐揚げだけで食べても美味しいのですが、極ダレ、甘辛ダレのどちらをつけて食べても美味しいです。

大根の漬物も壷に入っていて、食べ放題です。なかなか美味しい漬物です。

イカの塩辛を御飯にたっぷり乗せて食べました。最近、イカが獲れなくてイカの塩辛も高いのですが食べ放題とは太っ腹です。

気に入りました。きっとリピートすると思います。

帰りに全商品100円引き(8月末まで有効)の割引券を渡されました。

karayama.jpg

からやま金沢久安店の場所はこちら   石川県金沢市久安1−496


油そば専門店 歌志軒(かじけん) 金沢桜田店

今日は、油そばの名前に惹かれて、油そば専門店 歌志軒に入りました。名古屋が本店のお店です。
最初に発券機で食券を購入しますが、知らないお店で食券機というのは戸惑います。
メニューだと写真もあるし、説明文もあるので選ぶための根拠があるのですが、発券機だと何を根拠に選べば良いか戸惑うんです。今回は大丈夫でしたが、後ろに待っている人がいる場合は、迷う事も許されません。
基本は太麺の油そばと2種類の麺が入っている無双油そばがあり、並盛・大盛・倍盛・でら盛があるのですが、トッピング内容によって種類があります。それに加えてトッピングがいろいろあります。
メニューが無いので、どんな種類があったか、はっきりは思い出せません。
台湾風ひき肉に、玉子がついている焔(ほむら)というのを選びました。並盛と大盛の料金が同じという事で、大盛780円の食券を購入しました。
必ず最初にラー油と酢をためらわず入れることと書いてあったので、ラー油と酢を入れました。大盛の場合は両方ともふた周りという事なので、その通りにしました。
好みに応じてゴマや、にんにく、胡椒、一味、辛子味噌を入れて食べます。
とりあえず、ゴマを入れました。
ラー油はそれほど辛くありませんし、酢もそれほど酸っぱくないので、思い切って入れても大丈夫です。

油そばを食べるのは初めてだと思っていましたが、汁なしラーメンは今回で2度目だと後で気づきました。
ぶっちゃけて、日清の焼きそばです。

水はセルフになっています。

まずい事はないのですが、個人的には汁付きのらーめんが良いなあ。リピートはありません。

kajiken.jpg

油そば専門店 歌志軒(かじけん) 金沢桜田店の場所はこちら   石川県金沢市桜田町2丁目25



味処 一心

今日は、味処 一心に入りました。
店頭にランチメニューが掲載されていて安心して入れます。日替わり定食850円もあるのですが、肉料理の日替わり定食と魚料理の日替わり定食があり、その内容も掲示されていました。日替わりランチは魚料理と肉料理で各10食で合計20食の限定です。
今日の日替わり定食の魚料理はイカフライで肉料理は回鍋肉でした。
ランチメニューには他に、刺身定食1100円、天麩羅定食1100円、サイコロステーキ定食1100円、うどん定食750円、一心定食1750円などがあります。
定食には選べるドリンクが付いていて、ご飯のお替りができます。
+100円でデザートを付けることもできます。デザートはアイスクリームか3種のわらび餅を選べます。

店内はカウンター席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。すぐに冷たいタオルのお手拭きと冷たいお茶が出されました。

今日は、イカフライの日替わり定食と、3種のわらび餅を注文しました。ドリンクはアイスコーヒーを頼みました。

10分ほど待って、日替わり定食が出されました。
日替わり定食には、イカフライと野菜サラダ、フクラギとカツオの刺身、豆腐の冷ややっこ、蕎麦、2種の漬物、なめこの味噌汁、ご飯が付いていました。
イカフライは熱々で美味しかったし、刺身は新鮮さを感じました。その他の料理も美味しかったし、ご飯の炊き具合もちょうど良かったです。

食後に、アイスコーヒーと3種のわらび餅が出されました。チョコと抹茶ときな粉のわらび餅でした。とても美味しかったです。

どの料理も美味しかったし、客応対も良かったし、味処 一心は良いお店だと思います。お薦めです。
今年の忘年会は自分が感じなのですが、味処 一心でもいいかなと思いました。でも場所的に無理があるかなと思い断念しました。残念!!

issin1.jpg
issin2.jpg

味処 一心の場所はこちら   石川県金沢市京町28-16


山ごぼう

以前から行きたいと思ってた「山ごぼう」に行きました。
お昼過ぎに入ったのですが、店内がそれほど混雑してないけど、入口の椅子で待っている人がいました。
店員さんが来て、案内いたしますので少しお待ちくださいと言われました。
しばらくして、先に来ていた2人組の人が案内されました。
メニューが置いてあったので、見てみました。事前のチェックで、山ごぼうには日帰りランチがあるという情報を得ていたのですが、記載は無かったです。
今は、釜めしが中心で、とり釜めし1620円、しゃけ釜めし1728円、鮎釜めし1944円、二六穀米釜めし1620円、一銀シャリ釜めし1080円などがありました。季節物としてうなぎ釜めしもありました。
天婦羅を付けると756円高になります。
釜めしには小鉢3品、味噌汁、香の物が付くそうです。

そうこうしてると、席に案内されました。4人掛けのテーブル席に案内されました。
カウンター席も空いていたのですが、基本的に相席はしないし、カウンター席でも、他のお客が隣にならないよう配慮しているようです。

今日の小鉢は壁に掲載されていて、米なすの朴葉味噌焼き、サーモンと卵のきぬた巻、ひじきの3品になっていました。

今日はとり釜めしを注文しました。

冷たい水と熱いお茶かどちらがよろしいですかと聞かれたので冷たいので頼みました。
他のお客さんの料理を見てみたのですが、日替わりランチらしきものを食べているお客はいなかったので、もうやっていないのだと思います。
最初に、米なすの朴葉味噌焼きが出されて、その後釜めしと味噌汁が出されました。
他の料理は、どうしたのかなと思いながら、釜めしは熱いうちに食べたいので、食べ始めました。
半分ほど食べてから、あまりにも他の料理が出されるのが遅いので、おかしいなあと思い始め、気づきました。なんと米なすの朴葉味噌焼きの器が2段になっていたのでした。
下の段に、サーモンと卵のきぬた巻、ひじき、漬物が入っていました。笑えます。
とり釜めしが一番美味しかったのですが、他の料理も味付けが良く美味しかったです。
途中で、冷たい水と熱いお茶のどちらをお持ちしますかと聞かれ、冷たいのを頼みました。

yamagobou1.jpg
yamagobou2.jpg

山ごぼうの場所はこちら   石川県野々市市横宮町14-46


勝ちゃん

今日は内灘町の勝ちゃんに行きました。
幹線道路からずれているので、ちょっと目立たないです。
駐車場は2台分ありますが、ちょっと窮屈です。
店頭に、本日の日替わり定食のメニューが掲示されていました。はたはたとエビのフライと酢の物で650円ということです。
店内に入ると靴を脱ぐようになっていて、カウンター席と小上がりの席がありました。
空いていましたが、一人で小上がりの席は忍びないのでカウンター席に座りました。
ランチを注文しました。最初からお盆に漬物が置かれていました。すぐに冷たいお茶が出されました。
メニューが壁に掲示されていて、定食ではお刺身定食1400円、とんかつ定食1300円、ひれかつ定食1400円、若鶏からあげ1200円、天ぷら定食1500円がありました。
掲示にはご飯、味噌汁、お茶はセルフでご飯は1回だけお替り無料と書かれていました。
2分ほどして本日の日替わり定食が出されました。ご飯だけがセルフになっていました。
本日の日替わり定食にはエビとはたはたのフライ、漬物2種、わかめ・きゅうり・カニカマ・ワラビの酢の物、野菜サラダ、味噌汁、ご飯が付いていました。
エビとはたはたのフライは熱々で、とてもおいしかったし、ご飯の炊き加減が絶妙で最高に美味しかったです。

katutyan.jpg

勝ちゃんの場所はこちら  石川県河北郡内灘町鶴ケ丘5丁目1−298


味の千成亭

前から興味があった「味の千成亭」に行きました。
今日は自転車で行きましたが、自動車の場合、駐車場を見つけるのに苦労するかもしれません。前の通りに1台分、店の裏に2台分があります。
ネットでは開店が11:30の情報と11:45の情報がありました。
11:30に行きましたが、すでに開店していて、お客も半分ほど埋まっていました。11:45には満席状態でした。
お店のメニューには11:45からになっていました。
お店はご高齢のご夫婦が切り盛りしていました。奥さんはニコニコしていて愛想よく昔はさぞかし綺麗だったのだろうと想像できました。

1人なのでカウンター席に座りました。すぐに冷たい水とタオルのお手拭きが出されました。

メニューを見ると、プレーンオムレツ定食600円、ハンバーグ定食600円、トンカツ定食600円、ハムエッグ定食600円、豚うす焼き定食600円、特別ランチ650円(午後2時からは700円になる)、魚フライ定食700円、魚バター定食700円、特別ロースかつ定食700円、ポークソテー定食750円、豚ヒレカツ定食850円、海老フライ定食850円などがありました。

ネットの情報ではクリームコロッケの定食もあるという事だったので、それを注文しようと思っていたのですが、もうやめたようで、ありませんでした。それで特別ランチ650円を注文しました。
特別ランチ650円にはオムレツ、エビフライ、豚の薄焼き、野菜サラダ、味噌汁。ご飯、漬物2種、お茶が付いていました。
美味しかったです。

sennnaritei.jpg

味の千成亭の場所はこちら  石川県金沢市野町2丁目4−36