石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

竹の家(たけのや)

2021年12月1日

今日も竹の家(たけのや)に行きました。
今日は、先日知人が注文して美味しそうだったローストポーク丼1000円を注文しました。
ローストポーク丼は比較的早くできるようで15分ほどで出されました。
ローストポーク丼はローストポークと生卵の黄身、玉ねぎ、糸唐辛子、かいわれ大根などがのせられていました。
ドロッとしたマヨネーズ状のソースとワサビが乗せられ、塩タレ、ナッツ、基本のタレと3種のタレが添えられていました。味噌汁も付いていました。
ローストポークは柔らかく、個人的にはローストビーフより美味しいと思いました。
タレをつけなくても美味しかったですが、3種のタレを少しずつローストポークにつけて食べると、おのおのの違う味を楽しめられて、一層美味しく食べられました。
竹の家(たけのや)のローストポーク丼はお薦めです。満足しました。
よくもまあ、こんなにオリジナリティに富んだ料理を、いくつも考えられるなあと感心します。

takenoya8.jpg

2021年11月24日

今日も竹の家(たけのや)に行きました。
今日は竹の家(たけのや)人気5位の豚臓(とんぞう)900円を注文しました。
豚のモツを豚骨スープで煮込んだものと書かれていました。
注文して40分で出されました。
ご飯の上に、豚のモツとモヤシを煮込んだものが乗せられ、生卵に醤油をかけたものが別容器に入れられていました。
どうやって食べるのかと聞くと、上からかけて食べるという事でした。
辛子と柚子こしょう、特性ラー油が付いていました。
味噌汁も付いていました。
変わったものを食べられたという意味では良かったのですが、それほど美味しくはなく、もう一度食べたいとは思いませんでした。

今日はスマートフォンも持ってくるのを忘れたのに、カウンターで40分待って暇だったので、他の客のできた料理をチェックしていたのですが、自分以外は全員、海鮮系のものを注文していました。

ちなみに香箱がに定食は1900円ですが、刺身も付いていました。観光客に人気のあるのも頷けます。

takenoya7.jpg

2021年11月17日

今日は、知人と3人で竹の家(たけのや)に行きました。
俊は牛丸腸2色焼丼1300円、知人はローストポーク丼1000円、カツ丼(生)880円を注文しました。それとは別にパイカの甘辛単品230円を注文しました。
ローストポーク丼は早めに出されました。次に牛丸腸2色焼丼、最後にカツ丼(生)が25分後に出されました。
ローストポーク丼は柔らかくて美味しそうでした。生卵の黄身も入っていました。
牛丸腸2色焼丼は、牛丸腸の塩焼きとタレ焼きが入っていて、生卵の黄身も入っていました。牛丸腸は予想を超えて硬くて、ご飯の底のほうに油がいっぱい溜まっていて、かなりしつこさを感じました。完全にハズレでした。
最後に注文して30分ほどで出されたカツ丼(生)は基本的にはソースカツ丼ですが、肉が凄く厚くて柔らかそうでした。生卵の黄身も入っていました。知人は美味しかったと言っていましたが、個人的にはミスマッチなのではないかと思います。
今日はハズレでしたが、まだ食べたいメニューが残っています。

takenoya4.jpg
takenoya5.jpg
takenoya6.jpg

2021年11月10日

すっかり、竹の家(たけのや)にハマりまして、今日も、竹の家(たけのや)に行きました。
とろけるパイカの旨辛丼980円を注文しました。【KARA-1グランプリ2018優勝】のメニューです。

壁に貼られている品目を見ると、いつも見ていないところに、今日一品とかおすすめ品の定食などもありました。
今日の一品は生カキ酢定食1480円、おすすめ品の定食には、ほっけムニエル定食1000円、能登カキフライ定食900円、真鱈塩焼定食950円、鱈白子定食1580円、生蛸刺身定食1200円、太刀魚のムニエル1000円などです。

ズワイガニ丼は無くなり、代わりに香箱カニ丼1800円がありました。

30分ほど待って、とろけるパイカの旨辛丼が出されました。味噌汁が付いていました。
とろけるパイカの旨辛丼には、焼いたパイカ(豚バラ軟骨)、味卵、サラダ状にしたブラックポテト、カイワレ大根、サラダ菜、糸唐辛子が入っていました。
ご飯には、前もって味付けがされ、辛さは、ほんのちょっぴりでした。
肉(豚バラ軟骨)も、とても柔らかくて美味しかったです。
完全にノックアウトです。満足しました。

竹の家(たけのや)には、ほかにも食べたい料理が、いっぱいあります。
当分はまり続けそうな予感がします。

takenoya3.jpg

2021年10月27日

今日も、竹の家(たけのや)に行きました。
食べてみたいメニューがたくさんあって、抗えませんでした。
今日は、ズワイガニ丼を注文しました。ズワイガニ丼は時価のようで今日は1600円でした。
25分待ってズワイガニ丼が出されました。
ズワイガニ丼には、ズワイガニ丼と味噌汁と漬物が付いていました。
「丸で2杯分入っています。」と掲示されていましたが、少なくとも足の部分は2杯分は入っていないと思われます。頭の部分は2杯分入っていました。
ご飯は酢飯で味付けがしてありました。
個人的には、カニは出されたら食べますが、好んで食べるというほどでは無いのですが、このズワイガニ丼は美味しかったです。味付けが良いのだと思います。ッワサビとカニとの組み合わせも初めての経験でしたが結構合います。
満足しました。
まだまだ食べたいメニューがいっぱいあります。

奥座敷が予約席になっていました。竹の家(たけのや)でもランチタイムの予約があるんだと意外に思っていたら、なんと衆議院選に自民党から新たに立候補した候補者ご一行が食事のために悠々と入ってきました。ご丁寧に名前入りのたすきをしたままで。
ちなみに、外では大勢の人が列をついて待っていました。

後日、店員さんに、竹の家(たけのや)では、席の予約はできるのですかと聞くと、できませんと言っていました。
衆議院議員に当選する前から特権を行使するなんて、先が思いやられます。

takenoya2.jpg

2021年10月21日

今日は、竹の家(たけのや)に行きました。
店頭にメニューが掲示されていて安心して入れます。
結構早い時間だったのですが、カウンター以外は満席状態でした。かなりの人気店のようです。
店内には、【KARA-1グランプリ2018優勝】の掲示がありました。

カウンターに座ると冷たいお茶が出されました。
メニューを見ると、丼物が一押しのお店のようです。
さわら中落ち三色丼980円、牛丸腸2色焼丼1300円、マグロのカマトロ丼1600円(完売)、マグロの中落ち丼1400円(完売)、甘えびのエビマヨ丼1200円、ズワイガニ天丼1400円、ズワイガニ丼1500円、平目えんがわ丼1400円、国産牛ステーキ丼1600円、金目鯛丼1600円、烏賊の明太和え丼1300円、かんぱち丼1400円、鶏皮ネギタレ丼780円、とろけるパイカの旨辛丼980円、鶏皮照りマヨ丼800円、焼肉オムレツ980円、豚そぼろラー油飯850円、ローストポーク丼1000円などがりました。
「とろけるパイカの旨辛丼」が【KARA-1グランプリ2018優勝】のメニューのようです。
一番人気が鶏皮ネギタレ丼ということなので、鶏皮ネギタレ丼を注文しました。メニューをよく見ると鶏皮ネギタレ丼(780円)+豚汁またはうどん(小)で900円というのもあったので、豚汁とのセットにしてもらいました。

10分ほどで、鶏皮ネギタレ丼+豚汁が出されました。

鶏皮ネギタレ丼(780円)だけでも、結構なボリュームですが、豚汁も普通のうどんくらいのボリュームがありました。
鶏皮ネギタレ丼は、鶏皮がたっぷり入っていて、ネギやモヤシもたっぷり入っていて、ゆで卵も入っていました。
味付けも良く美味しかったです。辛み味噌とからめて食べると美味しさが増します。
ただ、鶏皮は最初は美味しかったのですが、元々鶏皮はしつこい素材なので、途中で飽きてきました。
豚汁については、豚肉が厚く大きかったのは、個人的にはハズレでした。薄い豚肉の方が美味しいと思います。
お腹いっぱいになりました。

ちなみに、お客の多くがズワイガニ丼1500円を注文していました。2匹分のズワイガニがはいっているとの事です。
ズワイガニ丼は正午前には売り切れになっていました。
海鮮系の丼やとろけるパイカの旨辛丼も食べてみたいと思いました。

takenoya.jpg

竹の家の場所はこちら   石川県金沢市八日市出町27-2

コメントする