石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

天ぷら七福 金沢諸江店

今日は、アルプラザ金沢にできた「天ぷら七福 金沢諸江店」に行ってきました
店頭にメニューが掲示されているので、安心して入れました。
最初に発券機で食券を購入するシステムになっています。

七福定食(御飯小780円、御飯中840円、御飯大920円、御飯特大1000円)、
えび定食(御飯小980円、御飯中1040円、御飯大1120円、御飯特大1200円)、
お好み定食(御飯小880円、御飯中940円、御飯大1020円、御飯特大1100円)、
野菜定食(御飯小700円、御飯中760円、御飯大840円、御飯特大920円)、
ホタルイカ定食(御飯1280円、御飯中1340円、御飯大1420円、御飯特大1500円)、
穴子定食(御飯1180円、御飯中1240円、御飯大1320円、御飯特大1400円)、
季節のスペシャル定食(御飯1380円、御飯中1440円、御飯大1520円、御飯特大1600円)
などありました。

今日は七福定食(御飯中840円)を注文しました。
水やお茶はセルフになっていました。
カウンター席とテーブル席があったけど、カウンター席に座りました。
柴漬けと、いかの塩辛は、好きなだけとって食べてよいようです。
だし汁の他に2種類の塩も用意されていました。
すぐに、御飯と味噌汁が出されました。
4分ほどして、キスとエビの天ぷらが出されました。
目の前で揚げてくれて、すぐ出されるので、熱々ですし、サクサクです。
天ぷらは、熱々で、サクサクなだけで十分満足なのですが、エビがボリュームがあって、ぷりぷりな食感で申し分のない美味しさで満足しました。
次にナス、カボチャ、ジャガイモが出されました。
最後に、シロエビと玉ねぎの特大のかき揚げが出されました。
かき揚げは、御飯にのせて、出汁をかけると美味しいと書かれていました。

いかの塩辛は硬かったし、御飯も許容限度ぎりぎりの硬さだったのは残念だったけど、それが気にならないくらい、天ぷらが美味しくて満足しました。

shitihuku1.jpg
shitihuku2.jpg
shitihuku3.jpg
shitihuku4.jpg

天ぷら七福 金沢諸江店の場所はこちら  石川県金沢市諸江町30−1

中華料理 龍華

今日は中華料理 龍華に行きました。
MROの絶好調Wの過去に紹介したお店のランキングみたいのがあって、偶然見ていたのですが、そこでNo1だったんです。

場所は、かなりわかりにくいので、カーナビの電話番号で検索して行きました。

入ってすぐにサービスランチの掲示がありました。
偶然にも、お目当ての天津チャーハンセットがサービスランチで、850円でした。
天津チャーハンは単体が900円なのでラッキーでした。
日替わりランチは、もう1種類ありヤキメシセット(小ラーメン付)850円でした。
定食もあって、一品料理の全てが定食になって全品1000円です。
一品料理は21品あって650円から1000円までまちまちですが、定食だと全部1000円です。
650円とか安い料理の場合は、もう1品つけるようです。

今日はMROの絶好調Wで一位になっていた天津チャーハンのセットを頼みました。

14分待って、天津チャーハンのセットが出されました。天津チャーハンが出来たのは早かったのですが、サラダを用意するのに時間がかかっていました。
サラダくらい先に用意しておけばと思いました。

天津チャーハンセットには、天津チャーハンとスープと野菜サラダが付いていました。
天津チャーハンはチャーハンの上にふわふわ卵焼きを乗せて、それにあんかけをかけて、紅ショウガを乗せたものでした。

普通に美味しかったです。
街の昔ながらの中華屋さんは、どこも美味しいと思うのですが、それと較べて特筆するような事は何もなく、そこらの中華屋さんと同等に美味しいという事です。

セットで850円は納得という感じですが、単体で900円だったら、ちょっとモヤモヤが残るような感じです。

MROさんは、何を根拠にランキング1位に選んだのかなあ?
甚だ疑問です。こういうことやっているから、マスコミって信頼できないんですよねえ。

ryuuka.jpg


中華料理 龍華の場所はこちら  石川県小松市白江町ヲ15−3

中華料理 百味軒(旧店名 四季紅かほく店)

2022年5月11日

「中華料理 百味軒」に行ってきました。
店内にはカウンター席とテーブル席と小上がりの席がありましたが、カンター席が満席で、小上がりの席に案内されました。

冷たい水が入ったピッチャーと紙のお手拭きが出されました。
ランチメニューを見ると日替わりが720円と値上げして、油淋鶏、エビマヨ、ニラレバ、小松菜炒め、鶏肉の甘酢炒め、焼きそばの6種類ありました。
ちゃんとしたメニューなので、実際は日替りでは無いのかもしれません。
定食1080円もあって、酢豚、焼き餃子、エビチリ、鉄板牛肉、焼きそば、麻婆豆腐、中華飯、チャーハンの8種類ありました。
その他に、選べる麺類8種類+選べる飯物9種類のセット770円というのもありました。

日替わりは、俊の嫌いな中華料理のオンパレードって感じで、へこみましたが、食べたことの無い小松菜炒めのランチ720円を注文しました。
720円と1080円の差は大きいです。

他のお客は、麺類と飯物のセットを注文している人が多かったです。

混雑していたこともあって、注文して12分経ってから、小松菜炒めのランチが出されました。
小松菜炒めのランチには、小松菜炒め、鶏の唐揚げ、揚げたソーセージ、揚げ焼売、豆腐の冷ややっこ、大根が中心の野菜サラダ、玉子スープ、ご飯が付いていました。
小松菜炒めは味付けが良く美味しかったです。
熱いほうが美味しいもの(小松菜炒め、鶏の唐揚げ、ソーセージ炒め、揚げ焼売、玉子スープ、ご飯)は、ちゃんと熱かったのが良かったです。
ご飯もボリュームがありました。
ランチにはセルフでドリンク付きなので、アイスコーヒー(ホットコーヒーもあり)もいただきました。

以前来た時より、随分愛想が良くなっている気がして驚きました。

「中華料理 百味軒」はお薦めです。

hyakumiken.jpg

2021年3月17日

今日、前を通ったら道路を挟んで斜めの場所に移転して、店名も「中華料理 百味軒」に変わっていました。

中華料理 百味軒の場所はこちら  石川県かほく市高松ク11−8

2018年1月10日

今日は、食事に時間をかけられなかったので、すぐに料理を出してもらえる台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に行きました。
ランチは620円のままでした。
今日はエビチリランチを頼みました。
エビチリランチにはエビチリとダイコンが中心の野菜サラダと玉子スープと大盛りのご飯と缶詰の桃と漬物が付いていました。
相変わらず野菜サラダはドレッシングが少なく、漬物の量は少なく、玉子スープの量も少なかったです。ちょっと貧相な印象を受けます。
そんなに美味しいというわけではないですが、620円なら充分です。前回と変わらぬ感想でした。

sikikou6.jpg

2017年8月9日

今日は久しぶりに台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
ランチは、620円のままでした。
今日は、八宝菜のランチを注文しました。

八宝菜のランチには、八宝菜、大根が中心の野菜サラダ、鶏の唐揚げ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
八宝菜は塩っぱくて困りました。とりの唐揚げは衣が硬くて困りました。デザートは缶詰っぽい味がして困りました。
今日はちょっとがっかりしました。
コーヒーはアイスもありました。

sikikou5.jpg

2016年11月30日

お気に入りのお店、再訪シリーズで今日は台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
ランチは、620円のままでした。
今日は、ほうれん草と玉子炒めのランチを注文しました。

ほうれん草と玉子炒めのランチには、ほうれん草と玉子炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
野菜サラダはドレッシングが少なく、漬物の量は少なく、玉子スープの量も少なかったです。これも節約なんでしょうか?なんか貧乏くさい感じがしました。以前はこんなんじゃなかったと思うんですけど・・・・
ほうれん草と玉子炒めは美味しかったです。

sikikou4.jpg

2015年12月22日

今日は久しぶりに火曜日の能登だったので、水曜日定休のお店に入ろうと何軒か行ってみたのですが、お休みだったり、駐車場が混んでいたり、営業してなかったりで、結局、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店まで来てしまいました。
値段は変わっていませんでした。
今日は細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ620円を注文しました。
細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチには、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。

台湾料理 四季紅の細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ

2015年4月15日

今日は、七尾を出るのが早かったので、jimmyさんが教えてくれたマルシンに行こうと思ったのですが13:40でもう閉まっていて入れませんでした。最近、仕事の都合で七尾を離れる時間が遅くなったので13:40でも閉まっているようなら入れそうもないです。
あの場所で13:40になっちゃうと他に入るお店の選択が極狭くなります。
そういう訳で、久しぶりに台湾料理 四季紅 かほく店に入りました。
ランチは620円になっていて、玉ネギと豚肉炒め、ほうれん草と玉子炒め、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、焼肉、回鍋肉、油淋鶏、焼きソバの7種類から選べます。定食の値段は980円で変わっていませんでした。
今日は回鍋肉のランチを注文しました。回鍋肉のランチには、回鍋肉、豆腐の冷奴、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付きます。回鍋肉も美味しかったし、豆腐の冷奴、玉子スープ、デザートも美味しかったです。これで620円は大満足です。
台湾料理 四季紅を「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録しました。

台湾料理 四季紅の回鍋肉のランチ

2014年3月31日

今日は、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に行きました。台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店は、以前からあるのを知っていたのですが、ランチタイムが終わる14:30までになかなか入れなくて、今日やっと入れました。
14:20に入ったのですが、お客はそれなりに入っていました。テーブル席がかなり埋まっていたので、空いている大きめのテーブル席に座りました。水をポットごととコップと紙のおしぼりを持ってきてくれました。
台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店の店員さんは全員が中国系(台湾?)の人で、女性の若い店員さんはなかなかの美人でした。
ランチは600円で、エビチリ、油淋鶏、野菜炒め、ニラレバ、八宝菜、麻婆豆腐、焼きソバの7種類から選べます。デザートがついていて、セルフでコーヒーも付きます。料理によって、副菜が野菜サラダだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。+150円でスープをラーメンに変更できます。
980円の定食もありました。定食には酢豚、餃子、チヤーハン、中華飯、エビチリ、麻婆豆腐、焼きソバ、鉄板牛肉などがあります。こちらも料理によって、副菜がラーメンだったり、エビフライだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。今までの台湾料理店はどの定食もラーメンが入っていたりするのと較べると工夫が感じられます。誰もが大食漢ってわけではないですからね。副菜を選べるともっと良いけど片言の日本語じゃ無理なんでしょう。
今日はエビチリランチを頼みました。
それほど待つことなくエビチリランチが出されました。
エビチリランチにはエビチリとダイコンが中心の野菜サラダと玉子スープと大盛りのご飯とメロンと漬物が付いていました。
それほど美味しいというものは無かったのですが、600円でこの内容だと満足です。
セルフのコーヒーの場所が判らなかったので、コーヒーいいですかと聞くと、いいですよとコーヒーのある位置を指差してくれました。セルフのコーヒーは入口の一番目立つ場所に置いてありました。
台湾料理 四季紅(しきこう) は全国的なチェーン店のようですが、フランチャイズとかそういう感じではなくて組織的なものは不明です。この手の台湾料理のお店はどこもそういう感じですよね。

台湾料理 四季紅 かほく店のエビチリランチ

中華料理 百味軒の場所はこちら  石川県かほく市高松ク11−8

旧店舗 台湾料理 四季紅 かほく店の場所はこちら  石川県かほく市高松ノ8−1

A5和牛専門 ステーキハウス大地

2022年5月8日

家族と夜に、「A5和牛専門 ステーキハウス大地」に行きました。
本当はオムライスが美味しいと言われているお店に行ったら、ご飯が1人分しかないと言われて、前回行った時に、ハンバーグが美味しい記憶があった「A5和牛専門 ステーキハウス大地」に行ったのです。

夜には、ランチのような気軽な料金のメニューはありません。
黒毛和牛100% ハンバーグコース(180g)2398円を注文しました。
最近の牛肉の高騰の影響だと思うのですが、同じ料金のコースの牛肉の量が減ったようです。
パンとライスを選べたのでパンを頼みました。
デザートを4種類から選べたので、ココナッツアイスクリームを頼みました。
味噌汁とスープを選べたので、スープを選びました。

最初にシーザードレッシングのサラダが出されました。
もともと量が多いのだと思いますが、2人分一緒に出されたので、そのボリュームに驚きました。クルミのフライと牛肉の燻製も付いていました。
美味しかったです。

daiti2.jpg

一緒にパンが出されました。
普通のフランスパンでした。

daiti3.jpg

次にスープを出されました。
かなり胡椒が効いていました。

daiti4.jpg

スープが出て5分ほどたってサンバーグのプレートが出されました。

daiti5.jpg

内容はランチと同じで、熱々な鉄板に入れられたハンバーグに柔らかい牛スジが乗せられていて、もやしとキャベツの焼き野菜、マッシュポテトと玉子の料理が付いています。
ハンバーグは、上のほうが、ほろほろとして壊れやすく柔らかなハンバーグで、下のほうが、粗挽きで歯ごたえのあるハンバーグになっていて、2種類のハンバーグが楽しめます。
個人的には好きなハンバーグです。

最後にデザートのココナッツアイスクリームと熱いお茶が出されました。

daiti6.jpg

最初に冷たい水と、温かいタオルのお手拭きが出されたのですが、水を飲み干してあったのに気づいて追加して注いでくれたし、デザートの前に、再び温かいタオルのお手拭きが出されました。
こういう気づかいは嬉しいです。

2021年10月13日

今日は、Gotoイート食事券を消費するために、A5和牛専門 ステーキハウス大地に行きました。
新型コロナの影響で、入店は北陸3県に限ると掲示されていました。

A5和牛専門 ステーキハウス大地にはテーブル席しかなく、それほど多くのテーブルはないので、混雑している時に、1人で食事するのは申し訳ない感じでした。
冷たい水とタオルのお手拭きが出されました。
ランチメニューには、黒毛和牛ハンバーグランチ200g1100円、250g1595円、300g2090円
チーズハンバーグランチ200g1375円、ガーリックハンバーグランチ200g1375円、わさびおろしハンバーグランチ200g1375円、青じそポン酢おろしハンバーグランチ200g1375円、ゆず胡椒おろしハンバーグランチ200g1375円
A5和牛ステーキランチ120g1760円、150g2398円、200g3080円、250g3740円などがありました。
今日は黒毛和牛ハンバーグランチ200g1100円を注文しました。
ご飯は小、中、大が選べたので中でお願いしました。
コーヒーはホットとアイスが選べたのでアイスでお願いしました。

6分ほどで黒毛和牛ハンバーグランチが出されました。
黒毛和牛ハンバーグランチには、熱々な鉄板に入れられたハンバーグに柔らかい牛スジが乗せられていて、もやしとキャベツの焼き野菜、マッシュポテトと玉子の料理、、高菜漬け、ご飯、大きなあさりが入った味噌汁がついていました。
水を飲みほしていたのに気づいて、水のお替りを注いでくれました。
つけタレなので、つけて食べてくださいと言われました。

ハンバーグは基本的には柔らかいのですが、粗挽きの肉の歯ごたえも感じられ、ジューシーでとても美味しかったです。
外食でハンバーグを食べる機会は少ないのですが、A5和牛専門 ステーキハウス大地のハンバーグは過去に金沢市で食べたハンバーグの中では、最も美味しかったと思いました。
牛スジは、ちょっとしょっぱかったです。
もやしとキャベツの焼き野菜も美味しかったし、ボリュームも十分でした。
食事を終えて、タイミング良くアイスコーヒーが出されました。

接客も良く感じの良いお店でした。

A5和牛専門 ステーキハウス大地はランチタイムの予約もやっているのですが、やめたほうが良いと思います。
たくさんの人が待っているのに、席を空席のままにしておいて、予約した人が、待っている人の前を通って、待たずに悠々と席に案内されるって、待っている人からすると感じよくないと思いますし、席の回転も悪くなってお店にも不利だし。
コース料理を頼むのならいざしらず、たかだかランチメニューを食べるのに予約なんて違和感を持ちます。
ランチで予約受け付けるなら別途有料にすれば良いと思います。

Gotoイート食事券を2枚使いました、

daiti.jpg

A5和牛専門 ステーキハウス大地の場所はこちら  石川県金沢市東力4−203

インディアンレストラン Blue Diamond

今日は、野々市のインディアンレストラン Blue Diamond(ブルーダイヤモンド)に行きました。
野々市のインディアンレストラン Blue Diamond(ブルーダイヤモンド)は、金沢のインド料理の老舗ホットハウスの料理人がやっているお店のようです。
店頭の掲示には、「食べ放題」が強調されていました。
店内に入るとインド音楽が流れていて、カウンター席は無く2人掛けのテーブル席と4人掛けのテーブル席がありました。
1人なので2人掛けのテーブル席に座りました。
冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。
メニューを見るとランチメニュー(平日限定)として、Aセット(日替わりカレー、ナン&ライス、ドリンク)850円、Bセット(日替わりカレー2種、ナン&ライス、ドリンク)1000円、Cセット(日替わりカレー3種、カバブ、サラダ、ナン&ライス、ドリンク)1300円などがありました。
いずれも、ナン&ライスが食べ放題です。
今日はAセット(日替わりカレー、ナン&ライス、ドリンク)850円を頼みました。
ドリンクはコーラ、ウーロン茶、スープを選べたので、スープを頼みました。
カレーはベジタブルかミートを選べたのでミートを頼みました。
辛さは指定できません。

すぐに、スープが出されました。トマトの味が強いカレー風味のスープでしたが、辛さはほとんど無く、濃い味のスープでした。

4分ほどして、カレーのプレートが出されました。
チキンカレーとナン、サフランライス、チキンカレー、サラダが付いていました。
ナンはボリュームがあり、少し甘めで美味しかったです。
カレーも、辛さは、ほとんど感じなく、少し甘めでコクがあり、とても美味しかったです。

予想していたのですが、お腹いっぱいになり、ナンもライスも、おかわりできませんでした。

個人的には石川県のインド料理のお店の中でも、かなり美味しい部類のお店だと思いました。

bluediamond.jpg

インディアンレストラン Blue Diamondの場所はこちら  石川県野々市市高橋町6−30

もつ次郎

もつ煮込み定食の看板に魅かれて、もつ次郎に入りました。
もつ煮込みは大好きなんです。東京に行く一番の楽しみは、美味しいもつ煮込みを食べる事だったりします。
もつ次郎は、ゆで太郎の店舗でもつ次郎のメニューも扱っているという感じの営業形態でやっています。
畜産業が盛んな群馬県では牛や豚の内臓を使ったもつ煮がソウルフードになっていることから、もつ料理のチェーン店を展開したそうです。

最初に発券機で食券を購入して、食券を窓口に出して、注文したものができると呼び出しがくるって感じです。
メニューは、もつ煮定食680円、Wもつ煮定食930円、もつ炒め定食680円、Wもつ炒め定食930円、合い盛りもつ定食980円があります。その他にアジフライや鶏唐揚げ付きで+120円のセット定食もあります。
もつ煮ももつ炒めも食べたいので、合い盛りもつ定食980円にしました。
ご飯は普通盛と大盛を選べます。おかずの量が多いので、普通盛を選びました。
6分ほど待って、呼び出しがありました。
水はセルフになります。
一味や七味、しょう油、胡麻、マヨネーズとかもセルフです。
紅ショウガや漬物もセルフで好きなだけ取ることができます。

合い盛りもつ定食には、もつ煮、もつ炒め、豆腐の冷奴、ご飯、味噌汁、薬味として刻みネギと高菜漬けが付いていました。
もつ煮ももつ炒めも味噌味で、味噌は赤味噌でも白味噌でもない石川県でも馴染みのある感じの味噌で、豚モツがいっぱい入っていました。
もつ煮は汁があまり無いタイプのもつ煮です。
両方とも普通に美味しかったのですが、もう一度食べたいというほどの魅力は感じませんでした。
味噌汁は、味噌の塊(溶けていない味噌)がいくつも入っていて、残念でした。
基本的に、もつ煮、もつ炒め、味噌汁が似た味の味噌が使われていて、変化に乏しく、ちょっと残念でした。
ご飯は普通盛だけど、ボリュームがかなりありました。

motujirou.jpg

もつ次郎 金沢森戸店の場所はこちら  石川県金沢市森戸2-179-1
もつ次郎 小松店の場所はこちら  石川県小松市平面町カ236

口口香(こうこうしゃん)

今日は、かほく市の口口香(こうこうしゃん)に行きました。
ネットでかほく市に小籠包のお店があると知って、あんな場所に食事のできるお店があったかなあと注意して通ったら、口口香(こうこうしゃん)がありました。

プレハブの小屋みたいな建物で、とても中で食べられるお店って感じがしなく、大きな文字でテイクアウトって書かれているので、店売りだけやっているような雰囲気でした。
ちょっとは雲に感じたのですが、中に入ると、カウンター6つある食堂でした。
お店に入ったところに、ランテメニューが書かれていましたが、カウンターにはメニューはありません。
お店の人が、今日のランチは豚の角煮丼と小籠包4個ですと言うので、ランチを頼みました。
改めてランチメニューを見ると、ランチは基本的には、その日替わりランチ880円(大盛980円)だけで、その他に単品として、小籠包3個480円、焼売6個(ちまき小付)980円、茶巾水晶包3個600円、ちまき大330円、豚まん240円、ごはん150円があります。
コロナ時期は中国茶がサービスで付きます。

俊は豚の角煮が大好きなので、ラッキーって感じでランチを頼みました。
最初に、中国茶(ウーロン茶)のお茶っ葉が出され、中国茶の入れ方の説明をされました。
最初に電磁湯沸かしポットでお湯を沸かして、お茶っ葉をガラス製の急須に入れ、最初少しだけお湯を加えて、捨てます。次にお湯をたっぷり注いで2分待ってからお茶を注ぎます。
湯飲みが超小型なので、飲んでは注ぎ、飲んでは注ぎって感じです。

ご飯の量は、これくらいで大丈夫ですかと確認してから作っていました。
16分ほど待って豚の角煮丼と小籠包が出されました。
サービスで四川省の漬物を付けてくれました。
小籠包は熱いうちに食べてくださいと言われ、小籠包の食べ方の説明もありました。
小籠包をスプーンの上に乗せて、穴を開けてから、出汁を出してから吸って、残りをそのまま食べるか、好みに合わせて黒酢やラー油をつけて食べるという事でした。

小籠包は出汁がたくさん入っていて美味しかったです、その分、餡の量は控えめでした。

豚の角煮丼は、薄味で、吉野家の牛丼っぽい味付けだなあと思いました。美味しかったのですが、過去に食べたことの無いあっさりとして味の角煮でした。

口口香(こうこうしゃん)は、中国出身の女性が1人でやっているのですが、こんなに丁寧な応対をしていたら、お客がたくさん来たらパニックになるだろうなあと余計な心配をしてしまいました。

お店が空いていて、お店の人から話しかけられたので、いろいろ話をしました。
やっぱり1人でやっているので、お客さんがたくさん来たら、対応できないので、いろいろ試行錯誤して、お昼は基本的に日替わりランチのみにしたとのことでした。

豚の角煮は美味しいけど、一般的な角煮のイメージとは、ちょっと離れていて、味付けが日本食っぽいと言うと、中国の家庭料理としての豚の角煮は、こういう味なんだと言われました。
あっさりして食べやすいので、女性や子供からも評判が良いとの事でした。

koukousyan.jpg

口口香(こうこうしゃん)の場所はこちら 石川県かほく市木津イ14−16

ハラールレストラン

今日は、高松にあるハラールレストランに行きました。
四季紅かほく店があった所です。

店内はテーブル席だけで、インド音楽が鳴っているわけでもなく静かな感じです。
店員は全員インド系(パキスタン?)の人です。

4人掛けのテーブル席に座ると、冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
ランチメニューには、レンズ豆ミックスカレー800円、ミックスベジタブルカレー850円、キーマカレー850円、チキンカレー900円、バターチキンカレー950円、ビーフカレー950円、マトンカレー950円、チキンビリアニ1100円でナンとライスが食べ放題と書かれていました。チーズナンの場合は+200円です。
その他にセットメニュー(ナン+ライス+サラダ+ドリンク付き)があり、えびのカレー1050円、お好みのカレー1種1200円、お好みのカレー1種1300円、お好みのカレー2種とタンドリーチキン1400円などがありました。

今日はチキンカレー900円を注文しました。
ナンかライスかどちらにするか聞かれたのでナンを頼みました。
カレーの辛さは甘い、辛くない、普通、少し辛い、中辛、大辛を選べたので中辛でお願いしました。
するとドリンクがフリードリンクになっていると言われました。ドリンクの種類は7種類もあって、マンゴラッシーもありました。
さっそくマンゴラッシーを入れてきました。
7分ほど待って、チキンカレーが出されました。
チキンカレーには、大きなナンとサラダも付いていました。
カレーは、中辛でも辛くなく、日本人向けにしたと思われる万人向けの味でした。もうちょっと本格的な味のほうが良かったかなあと思いました。
鶏肉はホロホロした食感で美味しかったです。
店員の人が、ナンでもライスでもお替りはどうですかと聞かれましたが、もう満腹状態で、これ以上食べられませんでした。

結局、セットを頼まなくても、ナンもライスも付けられるし、フリードリンクでサラダも付くので、どこが違うのか不思議でした。

haral.jpg

ハラールレストランの場所はこちら  石川県かほく市高松ノ8番地1

年輪

今日は、能美市の年輪に行きました。
表の小さい看板に日替わりランチ700円、大きい看板にランチ(天ぷらうどん、小鉢、玉子かけご飯 玉子2個)800円と書かれていました。
店内に入ると、スナックみたいな感じでした。
空いていたので、テーブル席に座りました。
メニューを見ても、店内の掲示を見ても、ランチは見当たりません。
玉子かけご飯(小鉢や味噌汁、漬物付き)500円というのは掲示されていました。
不安になって、ランチってありますかと聞くと、あるということなので注文しました。
冷たい水とタオルのお手拭きが出されました。

15分ほど待って、ランチが出されました。
ランチには、1口かつ、ナスのかつ、刻みキャベツ、タケノコの煮物、カニカマと青菜の酢の物、キノコと貝の煮物、ポテトサラダ、自家製の海苔の佃煮、漬物、生卵、ご飯、味噌汁が付いていました。
ドレッシングと玉子かけご飯用の出汁も出されました。
メイン料理は、特筆するものはありませんでしたが、カニカマと青菜の酢の物、キノコと貝の煮物、ポテトサラダと玉子かけご飯は美味しかったです。

ランチは700円でした。
700円でこの内容はコストパフォーマンスが良いと思いました。

nenrin.jpg

寺井地区は、GPSを検知できない場所が多く、カーナビは、あまり役に立ちません。

年輪の場所はこちら  石川県能美市湯谷町 ワ16−1

じゅげむ

先週、「らーめんAJ 今浜店」に行った時に見つけた「じゅげむ」に行ってきました。
出来て1年半ほどたっているようです。
店頭にメニューが掲載されていました。スープは鶏系が中心のようです。
こってり系で、前田慶次(魚介白湯)900円、風魔小太郎(醤油白湯)800円、石川五右衛門(塩白湯)800円
あっさり系で、服部半蔵(醤油清湯)800円、霧隠才蔵(塩清湯)800円
の5種類があります。麺大盛は+50円です。
発券機で食券を購入して、店主に渡すシステムになっていました。
店員は女性の店主のみです。
カウンターと小上がりがありましたが、それほど多くの人は入れません。
お好きな席にどうぞと言われたのですが、空いていたのでカウンターの奥の席に座りました。
店内には、下ネタ禁止で罰金制、1回100円の掲示がありました。
今日は、石川五右衛門(塩白湯)の麺大盛を注文しました。
カウンターに、冷たい水の入ったピッチャーとコップが置かれていてセルフになっています。
3分ほどで石川五右衛門(塩白湯)の麺大盛が出されました。あまりに速くてびっくりしました。

石川五右衛門(塩白湯)の麺大盛は、それほどボリュームを感じませんでした。普通盛だと男性は物足りなさを感じるのかもしれません。
スープは、天下一品に感じが似ています。個人的には醤油味にしておいたほうが良かったかなあと思いました。
麺は細めのストレート麺で、コシの強さを感じました。麺にアンモニア臭を感じたのは残念でした。
大きな海苔、鶏ハム、メンマ、うずらの味玉などが入っていました。
鶏ハムは、味があまりついていませんでしたが、メンマとうずらの味玉は、しっかり味が付いていて美味しかったです。

jugemu.jpg

じゅげむの場所はこちら  石川県羽咋郡宝達志水町敷浪ハ120-4