石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

せんなり食堂

今日は、Gotoイートの食事券を消費するために「せんなり食堂」に行きました。
「せんなり食堂」は水曜日定休なのですが、時短要請に伴う営業時間の変更により営業していました。
お店に入るとテーブルをアクリル板で区切った席に案内されました。
冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。
アクリル板にメニューが貼られていましたが、値段が掲載されていません。
おかしいなあと思って店内を見渡すと、別途メニューが掲示されていました。
豚生姜焼きと刺身定食950円、焼き魚と刺身定食950円、生姜焼きと揚げ物定食950円、揚げ物と刺身定食950円がありました。
写真を見ると品数も多くて豪華な感じです。
今日は、人気No1と書かれた豚生姜焼きと刺身定食を注文しました。
6分ほどで豚生姜焼きと刺身定食が出されました。冷たい水が入ったピッチャーも出されました。
豚生姜焼きと刺身定食には、豚生姜焼きと刺身の3種盛と、麩と野菜の煮物、ホルモンと野菜の酢の物、茶わん蒸しと、漬物とご飯と味噌汁とサラダが付いていました。
豚生姜焼きはメニューの画像では豚肉が多く入っていましたが、実際には玉ねぎ、モヤシ、ナスがほとんどの、豚肉が入った野菜炒めでした。
刺身の3種盛はエビは鮮度に疑問を感じたし、ブリには骨が入っていたし、イカは硬かったです。
その他の料理も、個人的には味付けに疑問を感じました。

Gotoイートの食事券を1枚使いました。

sennari.jpg

せんなり食堂の場所はこちら  石川県金沢市西泉4丁目135−5

からやま

2021年7月21日

ちらしに、からやまにやきとり定食が出来て、100円のクーポン券も付いていたので行ってきました。
1人で混雑時間だったので、カウンター席にどうぞと言われました。
メニューを見ると、やきとり定食649円、2種盛定食(やちとりと唐揚げ)913円でした。
普通の唐揚げ定食は梅(唐揚げ4個)759円、竹(唐揚げ5個)860円、松(唐揚げ6個)979円と2年前より値上げしていました。梅は20%近くの値上げです。からやまは安いっていうイメージは無くなりました。
カウンターに座ると、冷たいお茶が出されました。相変わらず手をふくものが出されないのは違和感を感じます。
今日は2種盛定食(やきとりと唐揚げ)913円を注文しました。
ご飯は無料で大盛に出来ますと言われましたが普通盛で頼みました。
5分ほど待って、2種盛定食が出されました。
唐揚げは2個でしたが、やきとりのボリュームが凄かったです。
やきとりと言っても、焼き鳥のソースがかけられたチキンソテーという感じです。ソースは甘めでしっかりと味が付いていました。美味しかったです。
味噌汁はとろろ昆布が入っていました。
ご飯は、少し硬めで、自分の好みにどんぴしゃでした。
イカの塩辛も大根の漬物もしっかりといただきました。
冷たいお茶は飲み干してあったのですが、追加で注いでくれました。

値段が上がったのは残念だったけど、満足度の高い食事でした。

100円引きの割引券と、Gotoイートの食事券を1枚使いました。
帰りに全商品100円引き(8月末まで有効)の割引券を渡されました。

karayama2.jpg

2019年7月24日

昼食が遅くなって、ランチやっているお店が少ないので、からやま金沢久安店に入りました。
最近、からあげのお店がやたら目につきます。
から好しは入ったことがあるのですが、からやまは初体験です。
から好しは、すかいらーくグループですが、からやまは、かつやと同じグループです。
14:00を過ぎていましたが、結構お客が入っていました。1人なのでカウンターにどうぞと言われました。
カウンターに座ると、冷たいお茶が出されました。手をふくものが置かれていませんでした。
テーブル席には、お茶の入ったピッチャーが置かれていましたが、カンウターには置かれていませんでした。

メニューを見ると、今、期間限定で、普通の唐揚げより辛い赤カリというのをやっていて、普通の唐揚げと赤カリの両方食べられる合盛り定食669円 というのもやっているようです。
普通の唐揚げ定食は梅(唐揚げ4個)637円、竹(唐揚げ5個)766円、松(唐揚げ6個)896円です。
今日は、合盛り定食669円を注文しました。御飯は大盛でも値段が一緒だと言う事なので大盛を頼みました。

10分ほどして合盛り定食が出されました。
定食を注文すると、イカの塩辛がたっぷり入った壺が出されます。イカの塩辛は食べ放題のようです。
合盛り定食には、普通の唐揚げ2個、赤カリの唐揚げ2個、きゃべつの千切り、とろろ昆布の味噌汁、御飯が付いていました。

から揚げはボリューム満点で、衣はちょっと硬めです。熱々でとても美味しいです。
赤カリは、ちょうど良い程度に辛めで、こちらも美味しいです。
個人的には、から揚げは塩をつけて食べるのが定番なのですが、からやまには塩は置いてありません。
個人的には、サラダはマヨネーズと塩をかけるのが定番なのですが、からやまには塩は置いてありません(笑!)。

塩は置いてないけど、刻みキャベツのためにマヨネーズと胡麻ドレッシングが置かれています。
唐揚げ用の調味料としては極ダレ、甘辛ダレが付いてきます。
もともと唐揚げに味が付いているので、唐揚げだけで食べても美味しいのですが、極ダレ、甘辛ダレのどちらをつけて食べても美味しいです。

大根の漬物も壷に入っていて、食べ放題です。なかなか美味しい漬物です。

イカの塩辛を御飯にたっぷり乗せて食べました。最近、イカが獲れなくてイカの塩辛も高いのですが食べ放題とは太っ腹です。

気に入りました。きっとリピートすると思います。

帰りに全商品100円引き(8月末まで有効)の割引券を渡されました。

karayama.jpg

からやま金沢久安店の場所はこちら   石川県金沢市久安1−496

からやま金沢からやま ムサシ金沢店の場所はこちら   石川県金沢市高柳町1−1−1

ラーメン若 小松店

Gotoイートの食事券を消費するために「ラーメン若 小松店」に行きました。
「ラーメン若 小松店」は開店時限定で半額スタートしたのが、結果的に今でも、半額を続けているというのが都市伝説になっているようです。
メニューを見ると、みそとんこつラーメン(細麺)484円、新とんこつラーメン(極細麺)456円、醤油ラーメン(細麺)401円、塩ラーメン(細麺)401円、辛みそラーメン(太麺)456円、にんにく醬油ラーメン(極細麺)456円、醤油とんこつラーメン(細麺)484円、とんこつラーメン(細麺)401円、にぼし醤油ラーメン(細麺)484円、ざるラーメン(細麺)407円、辛いとんこつラーメン(細麺)456円、味噌ラーメン(太麺)401円、魚介醤油とんこつラーメン(太麺)511円などがありました。
その他に企画ものとして、特別に激辛の地獄ラーメン1188円、地獄チャーハン1100円もありました。
本当は太麺のラーメンを食べたかったのですが、みそとんこつラーメンが名物という事なので注文しました。475円だとGotoイートの食事券を使えないので、麺中盛(麺1.5玉)110円高で頼みました。
麺の硬さを選べるので、硬めで頼みました。
10分ほどで、みそとんこつラーメンが出されました。
みそとんこつラーメンには、煮卵、薄くて細かく切られたチャーシュー、めんま、海苔、背脂、ネギが入っていました。
スープは確かにとんこつと味噌の味がしました。味付けが濃い目のスープでした。
煮卵、薄くて細かく切られたチャーシュー、めんまも味がしっかり付いていました。
丼が極端に肉厚でスープが飲みにくかったです。
美味しいラーメンだと思いました。普通盛475円は確かに安いと思いますが、950円だと高いと感じるのではと思いました。

Gotoイートの食事券を1枚使いました。

waka.jpg

ラーメン若 小松店の場所はこちら  石川県小松市今江町5-373-1

自家製麺つけめん 桜 野々市蓮花寺店

Gotoイート食事券を新たに1冊購入したのと、広告にクーポン券が付いていたので、 自家製麺つけめん 桜 野々市蓮花寺店に行きました。
お店に入ると、カウンター席に案内されました。前方が壁で、1​席おきにバツ印が付けられ、隣との間にアクリル板が置かれ、禁煙なので、安心して座れました。
すぐに冷たい水が出されました。ピッチャーも置かれていたので、水のお替りは自由です。
注文はタッチパナル方式になっていました。
開店当初は大きな肉が乗ったつけ麺もあったようですが、見当たりませんでした。
今日は絶品ホルモンまぜそば1090円とこだわり棒餃子(通常380円がクーポンで100円)を注文しました。
9分ほどで、「絶品ホルモンまぜそば」と「こだわり棒餃子」が一緒に出されました。
こだわり棒餃子は、どうってことない餃子で380円だと後悔していたと思うけど100円なので、まあいっかって感じです。
絶品ホルモンまぜそばは、スープの無いラーメンにタレをかけたようなまぜそばに、チャーシューやホルモン、生卵、もやし、メンマ、ネギ、玉ねぎなどの具が乗せられたような感じです。
太麺でタレの味付けはちょうど良い濃さで、ホルモンの味付けも絶妙で美味しかったのですが、チャーシューに味がほとんど付いていなくて物足りなさを感じました。でも美味しかったです。
お腹いっぱいになりました。
食事が終わったカウンターの消毒作業を見ていたのですが、とても丁寧に作業していて好感を持てました。
Gotoイート食事券を2枚使いました。

sakura1.jpg
sakura2.jpg

自家製麺つけめん 桜 野々市蓮花寺店の場所はこちら  石川県野々市市蓮花寺町14−1

でんさく食堂

今日は、でんさく食堂に行きました。
以前から興味があったのですが、コロナ感染が始まってから店内での飲食を中止にしてお弁当だけの営業になっていたので行けませんでした。
Gotoイートが始まってからは、対象店優先で食事していたので、存在を忘れていたのですが、いつの間にか店内での食事が再開されているのを知って訪れたのです。
駐車場は2台分しかないので自動車で行くには敷居が高いお店です。
店頭にランチメニューが掲示されているので安心して入れます。
基本的には3種類のランチが全て850円です。
今日のランチは、A若鶏の唐揚げ、Bお魚のカレー風味揚げ&揚げ出し豆腐、C焼き魚&揚げ出し豆腐の3種です。ご飯のお替りは無料だと掲示されていました。
店内は、カウンター席が2席、その他に2人掛けのテーブル席と4人掛けのテーブル席があり、聞きやすい昔のPOPミュージックがかかっていました。
カウンター席が埋まっていたので、2人掛けのテーブル席に座りました。
冷たいお茶と紙のお手拭きが出されました。
でんさく食堂は鶏の唐揚げが美味しいと聞いていたので、A若鶏の唐揚げを注文しました。
10分ちょっとで若鶏の唐揚げのランチセットが出されました。
若鶏の唐揚げのランチセットには、若鶏の唐揚げと野菜サラダ、味噌汁、切り干し大根、おから、ミニがんもどきと野菜のおでん風煮物、ご飯が付いていました。
若鶏の唐揚げはボリューム満点で、鶏肉にしっかりと味付けがしてあり、衣は厚めでしたがサクサクとソフトな感じでした。かなり美味しい唐揚げです。これほど美味しい唐揚げは、そうそう出会えません。
その他の料理も、味付けが良く美味しかったです。
料理は満点でしたが、ちょっと気になる事がありました。
店主は、普段は、ちゃんとマスクをしているのですが、話をする時だけマスクをずらしていました。音楽のせいで会話が伝わりにくいのか、奥さんの聴力が弱いのか、息苦しいのか、理由は不明ですが、店内でマスク無しで大声で会話するのはやめて欲しいです。
店主の顔が向いている方向に座っていたので、特に気になりました。
お茶は飲み干していたのですが、特に配慮はありませんでした。

densaku.jpg

でんさく食堂の場所はこちら   石川県河北郡内灘町大学2丁目208−2

じわもんや

今日は橋場町の「じわもんや」に行きました。
駐車場は店の前に2台分ありますが、自動車で行くには有料駐車場を使う事を覚悟して行くのが正解だと思います。
店頭にメニューが掲載されているので安心して入れます。
基本的には定食が670円です。
670円の定食には、エビフライ&フライドポテト、アジフライ、イカとキスのフライ、海老しんじょ野菜揚げ、じゃこの天ぷら、しゃけの塩こうじ焼き、さわらの味噌漬け、さわらのバジルオイル焼き、さばの味噌煮、とりの立田揚げ、とりの照り焼き、豚の生姜焼き、自家製メンチカツ、自家製トンカツ、豚の塩こうじ焼きなどがあります。以前はハンバーグ煮込みがあったようです。
天ぷらの盛り合わせ870円、カキフライ900円、うなぎ丼定食900円もありました。
個人的にはハンバーグ煮込みがあれば一番良かったのですが、仕方ないので、とりの照り焼きを食べようと思いました。
お店に入ると、奥のほうに発券機がありました。
定食は670円ですが、料理の単品は300円です。ちょっと贅沢して料理の追加をしても970円です。
とりの照り焼きの食券を購入すると、お店の人がありがとうございましたと言ってくれて、お茶を置いとくねとテーブル席に冷たいお茶を置きました。
店内はカンター席とテーブル席が見え、奥のほうには小上がりの席があるような感じでしたが、1人なのに数少ないテーブル席に案内してくれたのは嬉しかったです。
10分ほどして、とりの照り焼き定食が出されました。
ご飯のお替りができますと言われました。
とりの照り焼き定食には、とりの照り焼きと、練り物と野菜の煮物、ポテトサラダ、野菜サラダ、漬物、ご飯、具たくさんの味噌汁が付いていました。
野菜サラダ用のドレッシングはオニオンとゴマの2種類が置かれていました。
とりの照り焼きはチキンソテーみたいなのを想像していたのですが、鶏の天ぷらを酸っぱいタレで炒めたものが出てきました。個人的には苦手な味付けでした。
練り物と野菜の煮物は絶妙な味付けで、とても美味しかったし、ポテトサラダも味噌汁も美味しかったので、基本的に美味しいお店なのだと思います。
とりの照り焼きを選んだのは大失敗でした。
カキフライ900円かうなぎ丼定食900円にすれば良かったと後悔しました。
お腹いっぱいになりました。
お茶が少なくなっているのに気づいて追加で注いでくれました。
以前はコーヒーのセルフサービスもあったようですが、今はやっていないようです。
とても感じの良い女将さんだと思いました。

jiwamonya.jpg

じわもんやの場所はこちら  石川県金沢市尾張町1丁目5−4

ゆで太郎 金沢森戸店

今日は、ゆで太郎 金沢森戸店に行きました。
ゆで太郎は東京発祥のチェーン店です。
お店に入ると、最初に発券機で食券を購入するシステムになっています。
かけそば、もりそばは360円です。かきあげそばは460円、天そば620円などがあります。
ゆで太郎で人気なのは、かけそば又はもりそばとミニ丼とのセット720円です。
ミニ丼はかつ丼、肉茄子丼、海老舞茸天丼、カツカレーがあります。
曜日によって、特定のミニ丼セットが620円になるサービスもあります。
水曜日はミニ肉茄子丼のセットが620円だったので、それを選びました。
冷たい(もりそば)か、温かい(かけそば)かを選びます。今回は冷たいを選びました。
トッピングを付ける場合は、それも選びますし、麺やご飯の大盛も選べます。
食券をカウンターに渡し、料理ができて呼ばれるのを待つシステムになっています。
水はセルフになっています。
座席は1人で座れるカウンター席の数が圧倒的に多いです。
3分ほどで、肉茄子丼セットができあがりました。
トレーにワサビと箸とサービスの漬物を入れます。天かすも自由に取れます。
もりそばの麺は細くて白くてコシはちゃんとあってツルツルしています。蕎麦の香りや味はしませんが、普通のうどん屋さんの蕎麦よりはずっと美味しいです。そば処 小木曽製粉所の蕎麦と似た感じです。
肉茄子丼は味がしっかり付いていたのですが、豚肉に臭みを感じました。
100円をケチらないで好きな丼を選べば良かったかなと思いました。
席に、そば湯の入ったポットが置いてあったので、自由に飲めました。
残った出汁に、そば湯を入れて飲みました。
そば湯は、あまりそば湯っぽい味がしていませんでした。

620円のセットはコスパが高いと思いました。
時間が無くて、すぐに食べたい時には良いお店だとは思いますが、リピートしようとは思いませんでした。

yudetarou.jpg

ゆで太郎 金沢森戸店の場所はこちら  石川県金沢市森戸2丁目179−1

そば切り多門

羽咋市に、おろしそばの美味しい「そば切り多門」というお店があると聞いて、行きたいと思っていたのですが、水曜日が定休なので、なかなか行くことができませんでした。
改めて調べると、「そば切り多門」は富山県小矢部市から金沢市高尾町へ、それから2017年秋に羽咋市に移転したようです。金沢市高尾町で営業していた時にも全然知りませんでしたが、羽咋市に移転してからも知人に教えてもらうまで「そば切り多門」の存在を全く知りませんでした。

場所は、全く分かりにくいです。一番わかりやすい経路は、しまむら羽咋店の裏の道を山側に向かって走るルートだと思います。
駐車場は5台分のスペースがありますが、入る道が狭く奥行きが狭いので空いている時はそうでもないけど、混んでいる場合は、駐車するのに、かなりテクニックが必要かと思います。

お店は普通の民家です。暖簾がで出ていたので入って行きました。
普通に靴を脱いで家に入って行きます。お店に入る時に「こんにちは」と声をかけて入りました。
座敷に、6人用の長い座卓が2個置いてありました。
壁にメニューが掲示されていました。ざるそば900円、おろしそば950円、とろろそば950円、鴨ざるそば1500円、にしんそば1200円、そばがき(そばを注文した人のみ注文可)950円がありました。
開店時間すぐに入ったのですが、お客が一人入っていました。使っていない方の座卓に座ったのですが、お店に人が来る様子も無かったので、奥の方の厨房に行って大きな声で「こんにちは、おろしそばをお願いします」と言うと、初めて気付いたようで、しばらくして熱いそば茶を持ってきました。
そこで「何になさいますか」と聞かれました。店主は耳が遠いようです。
「そば切り多門」は店主が一人でやっていて、お茶を出す時と料理を持ってくる時以外は厨房にいるので、来店した時には、奥の厨房まで行って声をかけることは必須だと思います。
廊下の板は踏むと沈む感じでした。座敷の柱時計は止まったままでした。照明の電球が切れていました。
素朴なお店です。

10分ほどして、おろしそばが出されました。
一般的には、おろしそばは出汁の中に大根おろしを入れて出されるのですが、「そば切り多門」のおろしそばは、そばに大根おろしを乗せて、別に出汁が出されていました。
麺は少し太めで、コシが超強い蕎麦です。大根おろしは超辛かったです。これぞ究極の田舎蕎麦のおろしそばです。美味しいです。ただし大根おろしは少し苦みがありました。
「そば切り多門」のおろしそばは万人向けでは無いかもしれませんが、本場越前地方に勝るとも劣らない本格的なおろしそばです。
蕎麦湯が欲しいけど、言いに行くのが面倒だなと思っていたら、蕎麦湯を持ってきてくれました。
蕎麦を食べ終わった出汁に蕎麦湯を入れて飲んで、残ったドロドロの蕎麦湯は、そば茶の入れてあった湯呑に入れて飲みました。
う~ん満足しました。美味しいおろしそばを食べられて幸せを感じました。

帰る時も、厨房に行って声をかけて支払いしました。
「そば切り多門」はGotoイートの食事券を使えるという事だったので、食事券一枚と450円で支払おうと思ったのですが、450円の小銭が無くて、1000円札とGotoイートの食事券1枚を出して550円のお釣貰うのもばつが悪かったので、お釣はいらないのでGotoイートの食事券2枚で支払わせてもらうようにお願いしました。
店主は、50円のお釣を渡せなかったことに申し訳なさそうに、ありがとうございましたと言っていました。
Gotoイートの食事券をすべて使い切りました。

石川県で、美味しいおろしそばの食べられるお店は、「唐変木」だけだと思っていたけど、「そば切り多門」はそれに匹敵するというかそれ以上のお店だと思います。

そば切り多門の営業日は木・金・土・日・祝日で11:30~14:30だけの営業で売切れ次第終了です。

tamon.jpg

そば切り多門の場所はこちら  石川県羽咋市若草町78

セレクトキッチンニクータ

今日はGotoイートの食事券を消費するために「セレクトキッチンニクータ」に行きました。
金澤やまぎし養蜂場大桑店の中にあり、運営も金澤やまぎし養蜂場がやっているようです。
基本は火曜日定休ですが、金澤やまぎし養蜂場が営業してても、臨時休業やランチをやっていない日があったりします。しかもランチをやっていないという掲示も無いので、かなり敷居の高いお店です。
公式サイトやFacebookもやっているのに、せめて営業の有無くらいは掲示しておけば良いのにと思います。

「セレクトキッチンニクータ」厨房は2階にありますが、食べる席は1階でも2階でも3階でもス好きな場所で食べられます。
最初に食券を購入するシステムになっていますが、発券機が1階にあるので、初めて来た人は、何が何だか分からないと思います。そういう意味でも敷居の高いお店です。せめて2階に食券機があれば分かりやすいと思います。

今回はGotoイートの食事券を使いたかったので、2階で、Gotoイートの食事券を使いたい場合はどうすれば良いですかと聞くと、現金で対応しますということでした。

メニューは日替わり定食1320円、オムライスは935円、ソースカツ丼935円、黒チャーハン935円、鉄板ナポリタン935円などがありました。
糖質OFFにこだわりを持っているお店という事です。
今日は日替わり定食を注文しました。
呼びブザーを渡され、ブザーが鳴ると取りに行くシステムになっています。
お茶もセルフになっています。
15分ほどして、日替わり定食が出されました。他にお客がいなかったせいかテーブルまで持ってきてくれました。
日替わり定食には、マグロの刺身、サバの味噌煮、がんもどきの煮物、ひじきの炒め煮、ぜんまいの煮物、野菜サラダ、出汁巻玉子と鶏の唐揚げがのった冷やしラーメン、ご飯がついていました。
ご飯の量は控えめでしたが、冷やしラーメンもあったので量的には充分でした。
ひじきの炒め煮は味が無く美味しくなかったですが、その他の料理は美味しかったです。
サバの味噌煮の骨を全部取ってあったのはありがたかったです。
全体的に手間がかかっている料理だなと思いました。
でも、このシステムでこの料理だと、ちょっと割高かなと感じました。まあGotoイートの食事券を使えたので良かったのですけど。
食べ終わった食器は自分で返すシステムになっていました。

Gotoイートの食事券は2枚使いました。

nikuta.jpg

セレクトキッチンニクータの場所はこちら  石川県金沢市大桑町2丁目380

あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)

今日はGotoイートの食事券を消費するために「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」に行きました。
実は、「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」に以前に行った事があるのです。
その時は、ランチメニューにはチキンステーキと小エビフライ定食780円、ステーキ丼1000円、キーマカレー750円、焼きカレー850円、サンマ塩焼き定食780円があり、席に座った時にチキンステーキと小エビフライ定食は品切れと言われ、それでステーキ丼を注文したのに、注文してからしばらく料理が出来るのを待っている時に、ご飯が無くなったのでパスタならできますと言われて帰ったことがあるのです。
ちなみに「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」の開店が12:00で12:30の出来事でした。

そういう訳で今日は2度目のトライです。今日入店したのは12:20でした。
「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」では入口のところにランチメニューが掲示されているので安心して入れます。
今日のは、鶏もやし鉄板定食780円、ステーキ丼1000円、キーマカレー750円、焼きカレー800円がありました。
何故か焼きカレーが前回より50円安くなっていました。

「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」は、カウンター席が4席と4人掛けのテーブル席が4個のこじんまりしたお店です。
前回はカウンターに座ったのですが、今回はテーブル席に案内されました。
カウンターに3人と、テーブル席に1グループ(2人)お客が入っていました。
冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
今回は鶏もやし鉄板定食には魅力を感じなかったので、ステーキ丼1000円を注文しました。その時、妙な沈黙がありママさんが困ったような顔をしていました。またご飯が無いと言われるのかなあと不安を感じました。
店内には音楽が小さく流されていましたが、それと同時にテレビの音量が大きく流れていました。
ビートルズの昔のLPレコードが8枚飾られていました。ライブが出来るような設備もありました。
soulmateという店名から音楽関係のお店じゃないかなと思っていましたが、ビートルズのジャケットとテレビが流されている事に違和感を感じました。
どうせならJAZZとかSOUL系の音楽のほうがしっくりきます。

しばらくして、ママさんがやってきて、ステーキ丼には温泉卵が乗せられるのですが、バタバタと温泉卵が出てしまって無くなったので、生卵でも良いですかと言われました。どっちでも良かったので、いいですと答えました。
他の客の食べているものから推定するに、ステーキ丼は3人分しか用意していないようです。
そうこうしてると、他にお客が1人入ってきました。
ママさんがやってきて、ご飯が無くなったのでパスタなら出来ると言っていました。
「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」では、ご飯は6人分しか用意していないようです(笑!) ちなみに「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」の定休日は火曜日で今日は水曜日です。あったか料理呑処と称して夜も営業しているのに、もうちょっと余裕をもって用意できないのかなあと感じました。

注文して23分ほどでステーキ丼が出されました。
ステーキ丼には、ステーキ丼と漬物、ほうれん草のおひたし、味噌汁が付いていました。
ステーキ丼は、牛ステーキが薄く切られてのせられていて、フライドガーリックがたくさんかけられていました。
牛ステーキは柔らかくて、臭みも無く、味付けも良く美味しかったです。
欲を言うと、ご飯に、もう少しタレ(ソース)を多くかけてくれると文句無しなんだけど。フライドガーリックも別皿で出していただいて、量を好みで入れるようにしたほうが良いです。食べた後、口の中にニンニク感が残っていましたが、家に帰ってニンニクの匂いがすると指摘されなかったので、口臭への影響は、それほど無かったのかもしれません。
とは言え、美味しいステーキ丼でした。
ほうれん草のおひたしも味噌汁も漬物も美味しかったです。

カウンター席のお客3人は知り合いで常連だったようで、食事が終わってから、マスク無しで会話をし続けていました。
テーブル席と離れていたし、会話している客の顔の方向もこちら側では無く、テーブル席にもアクリルの遮蔽板が設置されていたので、リスクは感じなかったのですが、時々、顔の向きを変えて大きな声で会話し続けていました。ああいうのは勘弁してほしいです。
ちなみに他のお客が帰った時、ママさんが丁寧にテーブルや遮蔽版を消毒していました。

食事が終わりそうになった時に、ママさんがアイスコーヒーを持ってきてくれました。ステーキ丼にはドリンクは付いていなくドリンク付きは+200円なのです。
ママさんが先日はご飯を切らしていてすみませんでしたと言いました。
マスクをしているし、前回と服装が全然違っていたので、よもや覚えていないだろうと思っていたので驚きました。

「あったか料理呑処 そうるめいと(soulmate)」にはお店の前の2台と、ビルの横に6台分の駐車スペースがあります。

今日はGotoイートの食事券を2枚使いました。残り4枚です。
Gotoイートの食事券の使用期間は6月末(元々は3月末)だったのですが12月末に延期されたようです。

soulmate.jpg

あったか料理呑処 そうるめいと(ソウルメイト)の場所はこちら  石川県金沢市有松2丁目3−30