石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

和食麺処サガミ 金沢松村店

ランチ550円の掲示に惹かれて、和食麺処サガミ 金沢松村店に入ってみました。
靴を脱いで、店員さんに席を案内されるシステムで、カウンターは無いので、テーブル席に案内されました。
最初に、手指のアルコール消毒と体温測定を求められました。

平日限定のお得なランチというのがあって、かき揚げそばランチ880円、かき揚げ丼と麺(茶わん蒸し付)950円、かき揚げ丼と麺770円、サガミ特製豚汁セット(麺付)770円、サガミ特製豚汁セット550円でした。
確かに550円ランチがありました。
その他に、お昼のサガミセット1310円、ミニ丼の種類が選べるお好みランチとして、ざるそば990円、大海老天そば1280円、とろろそば1140円、なめこおろしそば1090円、カレーうどん1090円などがありました。選べる丼の中には握り寿司もあります。

今日は、サガミ特製豚汁セット(麺付)770円を注文しました。
麺は、うどんか蕎麦を選べて、おのおの熱いのと冷たいのかを選べたので、冷たい蕎麦で頼みました。
豚汁は赤味噌と合わせ味噌を選べたので、合わせ味噌で頼みました。

熱いほうじ茶と紙のお手拭きが出されました。熱いほうじ茶はポットにいっぱい出されました。

15分ほど待ってサガミ特製豚汁セット(麺付)が出されました。
サガミ特製豚汁セット(麺付)には、ミニざるそば、豚汁、ポテトコロッケ、鶏のから揚げ、御飯、野菜サラダ、漬物が付いていました。
ミニざるそばは、細麺ですがコシがあって、まあまあ美味しかったです。
ポテトコロッケと鶏のから揚げも、それなりに美味しかったです。
豚汁は合い味噌だったけど、塩っぱくて全部飲み干すのは身体に悪そうです。
料理には特筆するものは無いですが、770円は確かにお得なランチだと思います。

sagami.jpg

和食麺処サガミ 金沢松村店の場所はこちら  石川県金沢市松村4丁目377

ハラールレストラン

2022年9月28日

ジョニーのビリヤニに食べたビリヤニが美味しかったので、他の店のビリヤニも食べたいと思い、ハラールレストランにもビリアニがあった事を思い出し、行ってきました。
メニューが随分変わっていました。
26種のカレーが全て990円になっていて、ランチはミニサラダ、プレーンナン、プレーンライスが付いて食べ放題になっていました。何が食べ放題なのかはわかりません。
ドリンクバーは別途200円になっていました。
旗に5%ディスカウントって書かれていたけど、何が5%ディスカウントなのか、よく分かりません。
逆に5か月前より高くなっているような気がします。

今日はチキンビリヤニ1100円を頼みました。
10分ほど待って、チキンビリヤニが出されました。
チキンビリヤニには、ゆで卵がのったチキンビリヤニとカレールー、サラダが付いていました。
ジョニーのビリヤニのビリヤニと較べると、なんの変哲もないインパクトの無いビリヤニでした。
でもこれが本当のビリヤニなんだろうと思います。

haral2.jpg


2022年4月13日

今日は、高松にあるハラールレストランに行きました。
四季紅かほく店があった所です。

店内はテーブル席だけで、インド音楽が鳴っているわけでもなく静かな感じです。
店員は全員インド系(パキスタン?)の人です。

4人掛けのテーブル席に座ると、冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
ランチメニューには、レンズ豆ミックスカレー800円、ミックスベジタブルカレー850円、キーマカレー850円、チキンカレー900円、バターチキンカレー950円、ビーフカレー950円、マトンカレー950円、チキンビリアニ1100円でナンとライスが食べ放題と書かれていました。チーズナンの場合は+200円です。
その他にセットメニュー(ナン+ライス+サラダ+ドリンク付き)があり、えびのカレー1050円、お好みのカレー1種1200円、お好みのカレー1種1300円、お好みのカレー2種とタンドリーチキン1400円などがありました。

今日はチキンカレー900円を注文しました。
ナンかライスかどちらにするか聞かれたのでナンを頼みました。
カレーの辛さは甘い、辛くない、普通、少し辛い、中辛、大辛を選べたので中辛でお願いしました。
するとドリンクがフリードリンクになっていると言われました。ドリンクの種類は7種類もあって、マンゴラッシーもありました。
さっそくマンゴラッシーを入れてきました。
7分ほど待って、チキンカレーが出されました。
チキンカレーには、大きなナンとサラダも付いていました。
カレーは、中辛でも辛くなく、日本人向けにしたと思われる万人向けの味でした。もうちょっと本格的な味のほうが良かったかなあと思いました。
鶏肉はホロホロした食感で美味しかったです。
店員の人が、ナンでもライスでもお替りはどうですかと聞かれましたが、もう満腹状態で、これ以上食べられませんでした。

結局、セットを頼まなくても、ナンもライスも付けられるし、フリードリンクでサラダも付くので、どこが違うのか不思議でした。

haral.jpg

ハラールレストランの場所はこちら  石川県かほく市高松ノ8番地1

漁火

今日は、山代温泉の漁火に入りました。
漁火は鮮魚店に隣接していて、経営者が同じなのではないかと思います。
入店して1人だと言うと、カウンター席に案内されました。
カウンター席は、隣席と離れていて、灰皿も無いので安心していられました。
メニュー黒板にチョークで書かれていました。
入荷した魚の種類によって、毎日変わるのかもしれません。

日替わりランチ(漁火ランチ)900円 今日はミニ釜揚げシラス丼(ドリンクバー付)
刺身定食2100円、海鮮丼2200円、いくら丼2600円、本鮪丼2600円、ぶり丼1800円、ぶり塩焼き定食1600円、ぶりカマ定食1600円、のど黒塩焼き定食3000円、焼き鮪定食1000円、エビフライ定食1600円、カジキマグロフライ定食1600円、あじフライ定食1200円、牡蠣フライ定食1000円、白身フライとコロッケ定食950円、白身フライ定食800円、ハタハタ唐揚げ定食1200円、メギス唐揚げ定食1000円、赤ガレイ唐揚げ定食1000円、カジキ鮪三角唐揚げ定食1300円、鶏のから揚げ定食1000円、鶏のから揚げとコロッケ定食1000、チキン南蛮定食1300円、油淋鶏定食1300円などがありました。

すぐにタオルのお手拭きと冷たい水が出されました。

今日は日替わりランチ(漁火ランチ)900円を注文しました。
4分で漁火ランチが出されました。

漁火ランチには、しらす丼、大根おろし、マグロの刺身、極小の貝の佃煮、味噌汁、漬物が付いていました。それに加えてドリンクバーです。
しらす丼は、そのまま食べたり、醤油をかけて食べたり、刺身についていたワサビをかけたり、いろんな味を楽しみました。
鮮魚店がやっているお店という割には、鮮度は特筆するほどでは無かったです。
でも美味しかったし、お得なランチだと思いました。

isaribi.jpg

漁火の場所はこちら  石川県加賀市山代温泉通り46

濃厚とんこつラーメン 吟とん

2022年9月21日

再び「濃厚とんこつラーメン 吟とん」に行きました。
かぶりつきチャーシュー坦々麺が食べたかったのですが、提供期間が終わってしまっていてメニューに載っていませんでした。

今日は、新吟次二郎900円を注文しました。
新吟次二郎は、麺大盛、野菜大盛、アブラ増し、味濃いめ、ニンニク増しが無料で玉ねぎは入れ放題なのですが、どれくらいの量か判らなかったので、標準の状態で、麺は硬め、にんにくは少な目で注文しました。
量が足りなかったら、無料のライスを頼めばよいという作戦です。

10分ほどで新吟次二郎が出されました。
次郎系にしては、それほどの量では無かったけど、標準の量で良かったと思いました。
スープにインパクトがなく物足りなさを感じました。
チャーシューは硬めでした。
次郎系に味の満足感を求めるのはナンセンスかもしれませんが、がっかりしました。
量は、標準でも十分で、やっと完食しました。

ginton2.jpg

2022年8月10日

今日は「濃厚とんこつラーメン 吟とん」に行きました。
店内はカウンター席とテーブル席がありました。
かなりお客が入っていました。かなりの人気店のようです。
メニューを見ましたが、分かりにくいです。
基本、写真が無いので、どのくらいの量があるのかもわかりません。

かなり悩んで、基本的には普通のとんこつラーメン750円(大盛+100円)と二郎系ラーメン(新吟次二郎)900円の2種類あって、期間限定(?)で、かぶりつきチャーシュー坦々麺900円がある事を理解しました。
普通のとんこつラーメンのスープは塩とんこつと醤油とんこつがあって、その他にトッピングを選べるという感じです。
新吟次二郎は、麺大盛、野菜大盛、アブラ増し、味濃いめ、ニンニク増しが無料で玉ねぎは入れ放題です。

今日は醤油味のとんこつラーメンを注文しました。
脂の量、麺の硬さ、スープの濃さを選べたので、麺は固めで頼みました。
他の客が食べていたのが超大盛だったので、二郎系のお店のように、普通のラーメンでも量が多い可能性が大きいと思い普通サイズで頼みました。

コップとピッチャーがカウンターに置かれ、セルフになっています。箸もレンゲもカウンターに置いてあります。
カウンターにはニンニクや胡椒、唐辛子、酢、胡麻、太生姜などの調味料も置かれていて、好みに合わせた味で食べられます。

5分ほどで、醤油味のとんこつラーメンが出されました。
クリーミーであっさりとしたスープに太い麵、上品なハムのようなチャーシュー、大きな海苔3枚、ほうれん草が入っていました。
容器が浅く、量は控えめに感じました。大盛にすれば良かったなあと思いました。
御飯も食べたいと思いましたが、100円だすほどでもないと思い断念しました。
最初は調味料を入れないで、途中で胡椒と胡麻と太生姜を入れて食べました。

とても美味しいラーメンで気に入りました。

新吟次二郎やかぶりつきチャーシュー坦々麺も食べてみたいです。
新吟次二郎やかぶりつきチャーシュー坦々麺は、かなりコスパが高いと思います。

帰る時にポスターを見て、初めて気づいたのですが、ランチタイムはライス無料で食べ放題だったのでした。メニューには、何も記載されていませんでしたし、店内には掲示は無かったようです。
ご飯もらえば良かったなあ・・・・

メニューは、もうちょっと判りやすくして欲しかったです。

ginton.jpg

濃厚とんこつラーメン 吟とんの場所はこちら 石川県金沢市神宮寺1丁目16−20

ジョニーのビリヤニ 

2022年9月7日

今日は、「ジョニーのビリヤニ」に行きました。
最近、インド料理にビリヤニというものがあって、なかなか美味しいという事を知って、ビリヤニを食べられるお店を調べたら、ビリヤニが看板料理のお店があるということなので「ジョニーのビリヤニ」に行ったのです。

お店に入ったら、お客は他にいなかったのですが、カウンター席に案内されました。
インド料理のお店は、インド系の人が調理するお店がほとんどですが、「ジョニーのビリヤニ」の料理人は日本人のようです。
メニューを見ると、ビリヤニは数量限定で、チキン1100円とマトン1200円がありました。
その他に、チキンカレー950円、シチューカレー(チキン)1300円、シチューカレー(マトン)1400円がありました。

今日は、チキンのビリヤニ1100円を注文しました。

2分で、チキンのビリヤニが出されました。
ちょっと食べ方が分からなかったので、メニューを調べると、食べ方が書いてありました。
まずはそのままビリヤニを食べて、赤玉ねぎ、フライドオニオンとパクチーをビリヤニと混ぜて食べて、さらに、ライタ、ミルチ・カ・サランをかけて味の変化を楽しみ、レモン汁を全体にかけて食べるという事でした。
つまり、最終的には全部かけて食べるけど、いろんな組み合わせも楽しんで食べるということのようです。

食感はビーフンと似た感じですが、パクチーが効いていて、とても美味しかったです。
変わった食べ物が食べられて、それが美味しかったら最高に幸せを感じます。
満足しました。

今度は他のお店のビリヤニも食べてみたいなあ。

biriyani.jpg

2022年9月28日

他のインド料理店で、チキンビリヤニを食べてみました。
なんの変哲の無い、全くインパクトのないチキンビリヤニでした。
「ジョニーのビリヤニ」のビリヤニを食べて、ビリヤニって美味しい料理なんだと思いましたが、違っていました「ジョニーのビリヤニ」のビリヤニが特別に美味しかったのだと気づきました。

ジョニーのビリヤニの場所はこちら   石川県野々市市白山町4−1 内 イオンタウン野々市

ブラッスリー たかやま

今日は富来の「ブラッスリー たかやま」に入りました。
店内にはカウンター席とテーブル席がありましたが、どこでも良いと言うので、空いていたので一番奥のテーブル席に座りました。

ランチメニューには、オムライス1000円、オムカレー1000円、しょうが焼き1000円、豆乳そうめん1000円、ピザ(予約のみ)、ハントンライス1300円、カツカレー1300円、唐揚げ1100円、シェフの思い付き限定ランチ、本日のパスタがありました。
キャクター付きのホワイトボードが運ばれ、本日のシェフの思い付き限定ランチがステーキランチ(4食限定)1800円、ハンバーグランチ(4食限定)1200円、本日のパスタがシチリア風パスタ1200円と書かれていました。
他に食べたいものが無かったせいもあるのですが、ステーキが無性に食べたくなって、ランチでは滅多に、そういう贅沢はしないのですがステーキランチを注文しました。
店内にステーキ1800円の掲示があったので、同じものなのかなあと、ちょっと気になりました。

冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
17分ほど待ってステーキのランチが出されました。
ステーキのランチには、牛ロースステーキと野菜炒め、野菜サラダ、出汁巻玉子、ピーマンの昆布の炒め物、ミョウガの酢の物、かぼちゃのスープ、味噌汁、ご飯が付いていました。
通常のステーキにはスープと野菜サラダ付になっていたので、同じ値段でもランチのほうが充実しているようです。
ステーキはオージービーフ(オーストラリア産)で、それほど柔らかくは無かったです。
特筆するものは無かったけれど、どの料理も美味しかったです。

水は飲み干してあったのですが、追加で注いでくれました。

takayama.jpg

ブラッスリー たかやまの場所はこちら  石川県羽咋郡志賀町富来領家町イ1

旬食彩酒 とのまち

今日は「旬食彩酒 とのまち」に入りました。
靴を脱いで入るシステムになっています。
店内はジャズが低音量でかかっていて落ち着いた感じです。
カウンター席と、小上がりの席と、テーブル席があり、1人だけどお好きな席にどうぞと言われました。
空いていたのですが、人気店だと聞いていたので、カウンター席に座りました。
お茶と紙のお手拭きが出されました。
ランチメニューを見ると、ともまち御膳(4品からメイン料理を選べる)1650円、日替わりランチ(平日のみ)1000円、とのまち御膳チョイス(2種のメイン料理がつく)2500円、能登牛石焼御膳3000円などがありました。

今日は日替わりランチ1000円を頼みました。
料理はカンパチの刺身だと説明がありました。

12分ほどして日替わりランチが出されました。
日替わりランチには、カンパチの刺身、ミョウガとあさりの味噌汁、野菜の煮物、ご飯、漬物が付いていました。
量は全体的に控えめです。
カンパチの刺身は鮮度抜群で美味しかったです。
野菜の煮物も抜群の味付けで美味しかったです。
漬物も美味しかったです。
ご飯は、妙に柔らかく残念でした。

「旬食彩酒 とのまち」は常連の比重が極めて大きいようです。
後から入ってきてカウンターに座った2人の別々の常連客が、入店時からマスク無しで、お店の人と会話していたのは、居心地が悪かったです。
食事中にお店に何度も電話がかかっていました。
今日はたまたま空いていたけど、いつもは満席で入れない事が多いようで、常連さんは電話をかけてから来店しているようです。

お茶な飲み干してあったのですが、追加で注いでくれました。

tonomati.jpg

旬食彩酒 とのまちの場所はこちら  石川県金沢市浅野本町ロ114−1

にぎり屋酒房うめ

今日は「にぎり屋酒房うめ」に入りました。
水曜日が休みなので、なかなか行けなかったのです。
店頭にランチメニュー(全部ではない)が掲示されていて安心してはいれます。
店名からして、おにぎりのお店かなと思っていたのですが、基本的にはお寿司屋さんみたいです。
ランチメニューには、にぎり御膳1800円、寿司ランチ1200円、お造りランチ1300円、海鮮フライランチ1100円、おまかせランチ(数量限定)900円などがありました。
今日のおまかせランチは何ですかと聞くと柳ざわらの西京焼きだというので、おまかせランチを注文しました。
タオルのお手拭きと冷たいお茶が出されました。

9分ほど待って、おまかせランチが出されました。
オマカセランチには、柳ざわらの西京焼き、豚の角煮、野菜ときのこの煮物、キュウリとイカの酢の物、わかめとあさりの味噌汁、きゅうりの漬物、熱い緑茶が付いていました。
豚の角煮が大好きなので、めちゃ嬉しかったです。
どの料理も美味しかったし、熱いほうが美味しい料理は熱い状態で、冷たいほうが美味しい料理は冷たい状態で出されていました。
ご飯の炊き具合も絶妙でした。
緑茶は、ちゃんとした寿司屋のお茶でした。

「にぎり屋酒房うめ」はお薦めです。

ume.jpg

にぎり屋酒房うめの場所はこちら  石川県金沢市北町乙16−1

梅みづき

今日は、「梅みづき」に行きました。
過去に何度か寄ったのですが、いずれも臨時休業で入れませんでした。
「梅みづき」は金沢駅に近いのに、駐車場(4台分)がある貴重なお店です。
店頭にランチメニューが掲示されているので安心して入れました。
店内に入ると、ジャズがかかっていて、カウンター席とテーブル席がありました。とても綺麗な内装で女性に人気があるのだなと感じられました。
カウンター席に座ると、冷たいお茶とタオルのおしぼりが出されました。
ランチメニューには、地物カレイの唐揚げゴマ酢あんかけランチ1100円、能登豚とアボガドの柚子味噌オーブン焼きランチ1050円、茄子と能登豚バラと加賀生麩の田楽ランチ1080円、鴨と加賀生麩と百万石椎茸の炙り照り焼き1480円、煮込みハンバーグ1300円、刺身ランチ1780円、国産牛とたっぷり野菜ステーキランチ1830円、柳サワラと旬野菜の照り焼きランチ1300円、国産鶏のから揚げ梅シソおろしあんかけランチ1130円、海老と空豆とトウモロコシの手作りコロッケランチ930円、能登豚ロースと温野菜すだちおろしポン酢添えランチ1200円などがありました。

今日は、茄子と能登豚バラと加賀生麩の田楽ランチ1080円を注文しました。

8分くらいで茄子と能登豚バラと加賀生麩の田楽ランチが出されました。
茄子と能登豚バラと加賀生麩の田楽、野菜サラダ、瓜のあんかけ、麩の煮物、海老の佃煮風、青菜のおひたし、なめこのお吸い物、野菜の煮物、五穀米が付いていました。

茄子と能登豚バラと加賀生麩の田楽の茄子の皮が硬くて食べられなかったのと、田楽の味が濃すぎたのは気になりましたが、どの料理も心がこもっていて、とても美味しかったです。

「梅みづき」は、お奨めです。

umemizuki.jpg

梅みづきの場所はこちら  石川県金沢市堀川町11−12

町屋食堂はるお

今日は、「町屋食堂はるお」に入りました。
「町屋食堂はるお」は小松駅すぐ近くで、500円ランチがあるお店です。
実は3度目の正直なんです。
1回目は、正午過ぎに行ったのに、もう売り切れで断念。
2回目は、暖簾がかかっているのに臨時休業だったのです。
「町屋食堂はるお」は閉店していようが営業していようが関係なく暖簾がかかっているのです。
「町屋食堂はるお」には駐車場が無いので、向かいの有料駐車場(1時間100円)を利用して行ったのに食事できなかったのです。

今日は、正午過ぎに行ったのですが、お客がいなくて、すんなりと入れました。
夏休みなので、学生さんがいなかったのかもしれません。

店頭に、ランチの内容と値段が書かれた掲示がありました。

店頭に、ランチの内容と値段が書かれた掲示がある時には入店可能のようです。

「町屋食堂はるお」では、お昼は500円のランチのみのようです。
本日のランチは、合鴨アビージョ風でした。
「町屋食堂はるお」のランチは11:30からで売り切れ次第終了のようです。

店内に入ると、大きなカウンター席と、区切られた空間にテーブルがありました。でも、テーブル席も片側にしか席が無さそうでした。

ランチを注文して、5分くらいで料理が出されました。
ランチには、合鴨アビージョ風、にんにくが効いたジャガイモ焼き、16穀米、油揚げと茄子の味噌汁、ひじきの煮物、油揚げと野菜の煮物、魚のミニフライ、ミニハンバーグ、野菜の佃煮のような漬物、冷たいお茶が付いていました。
ふりかけが置いてあったので、16穀米にかけて食べました。
合鴨アビージョ風は、柔らかいベーコンの炒め物みたいな感じでした。

500円にしては、驚くほどの充実ぶりでした。

haruo.jpg

町屋食堂はるおの場所はこちら  石川県小松市土居原町219−2