石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

一心屋 武骨屋商店

2023年2月1日

今日はラーメン大好きな家族と一緒だったので、とっておきのお店ということで、一心屋 武骨屋商店に再訪しました。

価格は30円ほど値上げしていました。
家族は、武骨らーめん味玉880円、俊はラの黒炙り肉らーめん1020円を注文しました。

それほど待たずに武骨らーめん味玉とラの黒炙り肉らーめんが出されました。
前回食べた武骨らーめんも美味しかったけど、ラの黒炙り肉らーめんも、それに負けないというより、それ以上に美味しかったです。
黒マー油が入っているとのことですが、全然辛さはなく、こくがあって香ばしさを感じます。
チャーシューも柔らかくてトロトロで最高に美味しかったし、麺もスープも美味しかったです。
替え玉1つは無料なので、白麺のバリ固の替え玉を注文しました。あまりにも美味しくて、赤麵のふつう硬さの替え玉(100円)を追加注文しました。
久しぶりで、ランチで幸福を感じました。

一心屋 武骨屋商店は客応対も良く最高なお店です。

bukotuya3.jpg

bukotuya4.jpg

bukotuya5.jpg

bukotuya6.jpg

2021年8月25日

今日は、一心屋 武骨屋商店に行きました。
一心屋の系列のお店という事なので、気になっていたのですが、やっと行くことができました。
駐車場が狭いので、ちょっと敷居が高いのです。
最初に食券機で食券を購入しないといけないのですが、Gotoイート食事券も使えるということなので、Gotoイート食事券をどうやって使えばよいのか聞くと、Gotoイート食事券をお店で現金と交換してもらってから、食券を購入するという事でした。
武骨らーめんのり玉870円、武骨らーめんノーマル750円、黒らーめんノーマル790円、ランチセットのソースカツ丼300円、ランチセットの武骨丼300円、餃子(6個)300円、から揚げ(5個)300円、味玉100円、のり100円、炙り肉200円などがあります。
今日は、武骨らーめんノーマル750円を注文しました。
一心屋 武骨屋商店では替え玉が1回だけ無料です。替え玉の麺は、通常の麺の他に、辛い赤麺も選べます。
LINEで友達申請をすると一定期間は味玉などが無料でトッピングできるというサービスもやっているようです。
一心屋 武骨屋商店は女性2人でやっているお店のようです。
新型コロナ対策として、隣に座れないように1座席おきにアクリル板が設置されていました。
5分ほどで、武骨らーめんが出されました。
武骨らーめんは、豚骨で、麺は極細麺で、きくらげ、なると、炙り肉、海苔、ネギが入っていました。
高菜漬け、紅ショウガ、おろしにんにく、胡椒、ゴマ、ラーメンのタレが自由にとれるようになっています。
最初はそのまま食べて、その後高菜漬けを乗せて食べました。
スープは臭みの無いあっさりとした豚骨で絶妙な美味しさでした。
炙り肉は厚くて、柔らかくて、味がしっかりついていて美味しかったです。
きくらげは細切りしてあるのですが、コンブかと思われるくらい歯ごたえがあり美味しかったです。
高菜漬けも美味しかったです。
全体的な印象として、一風堂のラーメンに似た感じです。個人的には一風堂のラーメンより美味しいかなと思いました。
麺を全部食べて、赤麺で替え玉を頼みました。
替え玉を出された時に、スープが薄くなってたらラーメンのタレを加えてくださいと言われました。
赤麺は、本当に辛くて刺激的でした。通常の麺とは違う味も楽しめて良かったです。途中で紅ショウガを加えて食べました。
一心屋 武骨屋商店は、味、コストパフォーマンス、店員さんの応対のどれをとっても満足いくお店でした。
武骨屋商店は金沢で最も好きなラーメン店かもしれません。
超お奨めです。

Gotoイート食事券を1枚使いました。

bukotuya1.jpg
bukotuya2.jpg

一心屋 武骨屋商店の場所はこちら   石川県金沢市直江町ニ15−1

かあさんの家

2023年1月25日

野々市の金沢工業大学近辺で食事をしないといけない機会があって、迷った末にかあさんの家に再訪しました。
料金は変わっていませんでした。
メニューを見て、結局、前回と一緒で、とりのからあげ定食と牛すじ小盛を注文しました。
前回と同じ感想ですが、美味しかったですよ。

kaasan3.jpg

2022年3月16日

今日は「かあさんの家」に行きました。
店内に入ると、どこでもいいよと声をかけられました。
カウンターも空いていたので、カウンター席に座りました。
メニューは基本的に、とりのからあげ定食、チキンカツ定食、とんかつ定食、白身魚フライ定食、牛すじ定食の5種だけで、すべて600円です。
単品はすべて400円です。その他に、納豆や冷奴などもあります。牛すじは普通サイス400円の他に、小盛もあり200円です。牛すじは大根がメインと書かれていました。

今日は一番人気という「とりのからあげ定食」を頼みました。牛すじは大好物なので避けることはできなくて、小盛を頼みました。
冷たいお茶と、紙のお手拭きが出されました。
冷たいお茶は、美味しかったです。途中で、冷たいお茶が入ったピッチャーも出されました。
8分ほど待って、「とりのからあげ定食」が出されました。
ご飯のお替りは1回だけ無料だと言われました。
好みで、胡麻のソースをかけてくださいと言われました。

「とりのからあげ定食」には、ボリュームのある鶏のから揚げと、刻みキャベツ、煮豆、漬物、味噌汁、ご飯が付いていました。
ネットでは、鶏のから揚げについて、油が古いから黒っぽいとか書かれていますが、特に気になりませんでした。味がそれほど付いていないので、胡麻のとんかつソースとマヨネーズをつけて食べました。
これで600円は安いでしょう。

牛すじは大根がメインと書かれているだけに、牛すじの量は控えめで、大根やこんにゃくが目立っていました。
でも、牛すじは柔らかく、大根は味が染みていて、最高に美味しかったです。200円で幸せを感じました。

ご飯は、お替りしなくてもお腹いっぱいになりました。

kaasan1.jpg
kaasan2.jpg

かあさんの家の場所はこちら  石川県野々市市高橋町5−28

バール・ジェルソ (Bar Gelso )

今日はバール・ジェルソ (Bar Gelso )に入りました。
最初入ろうと思っていたお店は水曜日定休で、2軒目に入ろうと思っていたお店は臨時休業で、以前から気になっていたバール・ジェルソ (Bar Gelso )に入ったのです。
店頭にランチメニューが掲示されていたので安心して入れました。
店内に入って1人だと申告するとカウンターに案内されました。
ランチはパスタランチになっていて、前菜、パスタ、フォカッチャ、ドリンクで1300円です。
+200円でデザート付にできます。
パスタは明太子ソース、ウインナーと青菜のアラビアータ(+300円)、豚ミンチと小柱のクリームソース(+500円)から選べます。
本当はクリームソースが良かったのですが、さすがに+500円はきついです。
そういう訳で、明太子ソースを選びました。
飲み物も選べたのですが、アイスコーヒーは+50円だったので、ホットコーヒーを頼みました。
冷たい水が出されました。
カウンターの前の一段高くなっているところに、皿など食器が積まれていました。
このコロナ流行の時期にお客のの目の前に皿が置かれているのは、感染防止の観点から違和感を感じました。
皿の置かれた台に、埃が貯まっていたのが気になったので、指で触ってみると、埃と油がこびりついていました。どれだけの期間、掃除をしてないのか気になりました。

最初に、前菜が出されました。
焼き魚や、肉を焼いたものや、自家製ハム、生魚のカルパッチョ、卵料理、野菜サラダ、ポテトサラダなどが付いていました。
どれも味付けが良く、熱いほうが美味しい料理は熱く、冷たい方が美味しい料理は冷たく出され、とても美味しかったです。

Bar-Gelso1.jpg

次に、明太子ソースのパスタが出されました。パスタの量は控えめでしたが、麺の茹で具合もちょうど良く、辛さが良く効いて美味しかったです。

Bar-Gelso2.jpg

フォカッチャも量が控えめでしたが、オリーブオイルが添えられていて美味しかったです。

Bar-Gelso3.jpg

コーヒーも美味しかったです。

Bar-Gelso4.jpg

どの料理もとても美味しくて、味に関しては申し分なかったです。
これで1300円は、お得だと思います。
水は飲みほしてあったのですが、追加で注いでくれました。

バール・ジェルソ (Bar Gelso )の場所はこちら  石川県金沢市三馬2丁目232

酒楽

豚角煮カツがあると聞いて酒楽に行きました。
駐車場は、道路を挟んで斜め向かいにあります。駐車場には何も書いて無いので、初めてだとちょっと不安に感じられるのではないかと思います。

店内はカウンター席と小上がりの席がありました。カウンターは2席毎にアクリル板が設置されていました。
ランチメニューは、刺身定食1200円、三元豚とんかつ定食1200円、ハンバーグ定食1100円、大海老フライ定食1100円、牛ホルモン焼き定食1000円、角煮カツ定食1000円、大粒カキフライ定食1000円、蟹クリームコロッケ定食900円、ヤンニョムチキン定食880円、鶏唐揚げ定食800円、日替わり定食(数量限定)800円などありました。コーヒーなど飲み物は150円です。
今日の日替わり定食は牛バラ肉野菜炒め定食880円、ブリ丼1200円でした。
蟹クリームコロッケ定食900円も食べたかったのですが、今日は、角煮カツ定食1000円を注文しました。
冷たい水が出されました。

17分ほど待って、角煮カツ定食1000円が出されました。
角煮カツ定食には、角煮カツのほかに、刻みキャベツのサラダ、パスタ、ボリュームのある御飯、切り干し大根の煮物、味噌汁が付いていました。
角煮カツは、肉にしっかりした味が付いていて美味しかったのですが肉が柔らかいのに噛み切れない部分(ティッシュを食べているような食感)があるのが気になりました。豚肉を柔らかく煮込むのは難しいんですよね。
パスタは味がしっかりついていて美味しかったです。
切り干し大根の煮物の味付けも良く美味しかったです。
お腹いっぱいになりました。

他のお客の注文したものを見ていたのですが、ほとんどの人はブリ丼を注文していました。その他の人は角煮カツを注文しいていました。
ブリ丼は、大量のブリが乗せられていました。

syuraku.jpg

酒楽の場所はこちら  石川県金沢市小立野5丁目1−13

焼肉ホルモン誠(せい) 金沢店

今日は、イオンタウン金沢示野にある焼肉ホルモン誠(せい) 金沢店に入りました。
入店して1人だと言うとカウンター席に案内されました。
ランチメニューはAランチ(厚切りサガリ、せせり、豚バラ)1078円、Bランチ(せせり、梅タン塩)1078円、特選和牛ランチ(黒毛和牛中落ちカルビ、梅タン塩、上ヒレ肉、厚切りサガリ)1958円、数量限定黒毛和牛中落ちカルビランチ550円、本日のホルモンミックスランチ1078円、誠の極みタン3種ランチ(厚切りタン、梅タン塩、ネギタン塩)1958円がありました。
注文は席にある端末で入力します。
今日はホルモンミックスランチ1078円を注文しました。
すぐに、ウーロン茶が入ったピッチャーが出されました。
ご飯とスープはセルフですとの説明がありました。
・ご飯・スープ・キムチ・ウーロン茶はおかわり自由って書かれていました。
俊は勝手に、ご飯もスープもキムチもウーロン茶もおかわり自由だと思っていたけど、後から考えると、本当はウーロン茶のみがお替り自由だったのかもしれません。
sei5.jpg

最初に牛脂が出されました。何に使うんですかと聞くと鉄板に塗ると美味しいですと言われました。

sei1.jpg

鉄板の上に、ネギとバターが入った汁が置かれました。ホルモンを浸けて食べると美味しいとの説明がありました。

sei2.jpg

5分でホルモンミックスランチが出されました。

sei3.jpg
sei4.jpg

今日は、ホルモンはトンチャン、上シロ、ガツの3種のミックスとの説明がありました。
タレはバターとネギが入ったネギ出汁ダレの他に、甘めのタレと、かなり辛いマグマダレがありました。
3種類のタレは、おのおのに違った味を楽しめて美味しかったです。
調味料はニンニク、コチュジャン、ワサビがありました。

スープは卵スープで、とても美味しかったです。
キムチも美味しかったです。
御飯も、まあまあでした。
ホルモンもボリュームがあり美味しかったです。
炭水化物ダイエット中だったけど、何年ぶりかでご飯をおかわりして食べました。
店員さんの客応対も申し分なかったです。
満足しました。

焼肉ホルモン誠(せい)はお奨めです。
焼肉ランチでは、焼肉ホルモン誠(せい)は最強だと思います。

焼肉ホルモン誠(せい) 金沢店の場所はこちら  石川県金沢市戸板西1丁目55

玄命庵

2020年8月25日

玄命庵に再訪しました。
店頭の大きなメニューは無くなって、落ち着いた感じになっていました。
メニューは、「玄米御膳」1100円と「はなか箱膳」1820円とお子様セット650円の3種類になっていました。値段も上がっていました。
今回も「玄米御膳」を頼みました
9分ほど待って「玄米御膳」が出されました。
全体的に味が薄く感じました。
いろんな味を楽しめたのですが、今回は、あまり美味しくなかったです。

genmeiwan2.jpg
genmeiwan3.jpg

2020年8月25日

今日は、玄命庵に行きました。
店頭に大きなメニューが掲示されていて、一応注文するものを決めて入りました。
店内に入ると1人だと言うとカウンター席に案内されました。
メニューを見ると店頭のメニューとは違う「玄米御膳」1000円と「はなか箱膳」1650円の2種類しかありませんでした。
帰りに改めてみたのですが、店頭に掲示されていたのはテークアウトのメニューだったのでした。
今日は「玄米御膳」を注文しました。
玄米御膳は玄米ごはん(お替りできます)、日替りの煮物、日替りのおばんさい3種、日替り小鉢3種、味噌汁(お替りできます)、お漬物、ぷちデザートが付くようです。
冷たいお茶と、紙のお手拭きが出されました。
4分ほどで「玄米御膳」が出されました。
ひじき、そうめん瓜、ずいき酢物、出汁巻玉子、甘く似た豆、ごまの香ばしさがある野菜サラダなどが付いていました。デザートはおはぎでした。
ご飯は少なめだったのでお替りしました。フロアーに店員の人がなかなか出てこなくて、ちょっと不便でした。呼びブザーが置いてあるといいなあって感じました。
どの料理も味付けが良くて、心がこもった感がいっぱいで、とても美味しかったです。デザートも美味しかったです。
いろんな味が楽しめて、大満足でした。
玄命庵はお薦めです。

genmeiwan.jpg

玄命庵の場所はこちら  石川県加賀市片山津町6−5

金澤うま辛ラーメン赤だるま

今日は、「金澤うま辛ラーメン赤だるま」に入りました。
最初に発券機で食券を購入するシステムになっています。
かなり面倒で分かりにくい端末なので、誰もが戸惑ってしまうようです。
お客が重なると、すぐに行列になってしまいます。そういう訳で、食券機に店員さんが付きっきりになってしまう事になります。
この手の端末を一か所でまかなうというのは無理があります。
基本的には、赤だるまラーメン880円、しょうゆラーメン780円、チャーシュー麺1080円の3種類になります。大盛(1.5玉)は+200円です。
ライスは100円でお替り自由になっていました。平日の11:30~14:00まではライス無料です。
平日のライス無料に気づかなく、赤だるまラーメン大盛1080円にしました。
辛さを選べたのでお奨めの1辛を選びました。ちなみに一番辛い10辛は+200円になっていました。
座る席を指定されました。
座ってから、水とお手拭きはセルフですと言われ、また入口まで取りにいかされました。
なんかチグハグです。
5分ほどして、赤だるまラーメンが出されました。
麺は8番ラーメンみたいに太くて平らでコシが強い感じです。
ネギと肉味噌がたっぷりと乗せられ、底の方にもやしが入れられていました。
肉味噌は最初から全ぶ混ぜると、ちょうど良い味になると書かれていたので、その通りにしました。
調味料は、酢、ラー油、醤油、塩、胡椒、にんにくの細かく刻んだものが置かれていました。
辛さは、1辛でも、結構辛くて、ちょうど良かったです。
味は、かなり濃いめだったので、調味料を使う必要は無かったし、ほとんど飲みほせなかったです。
なんかミートソースっぽい味もしたので、トマトも使っているのかもしれません。
量は十分ボリュームがあり、とてもご飯を食べられる感じで無かったです。
スープの味が濃いという面でも、大盛にしないで、サービスのライスにしたほうが、良かったです。
いままで食べた事にない味のラーメンだったので、それなりに楽しめましたが、もう一回食べたいとは思いませんでした。

akadaruma.jpg

金澤うま辛ラーメン赤だるまの場所はこちら  石川県金沢市入江1丁目22

伝説のすた丼屋 金沢大河端

今日は、伝説のすた丼屋 金沢大河端に入りました。
伝説のすた丼屋は福井のお店には入った事があるのです。その時には、すたみな焼き定食を食べたのですが、塩っぱくて不味かった記憶があるのです。
でも丼なら美味しいのかもと思って入ったのです。
基本的には、すた丼730円、すたみな焼き定食780円、すたみな唐揚げ定食930円で、トッピングが何種類かあります。
食券機で食券を購入するシステムなので、前もって店頭のメニューを見て、唐揚げとすたみな焼きの両方を食べられる唐揚げ合盛りすた丼1030円の食券を購入しました。
席について、牛バラ厚切りステーキ丼1030円というのもある事に気づいて、ちょっと後悔しました
食券機を購入するシステムのお店では、こういう後悔をする確率が高いです。
水やお手拭きはセルフになっていました。
床がぬるぬるした感じで、ちょっと気になりました。
最初に味噌汁と生卵が出され、10分ほどで唐揚げ合盛りすた丼が出されました。
唐揚げ合盛りすた丼には、豚バラ肉のすたみな焼きと唐揚げとキャベツの千切りが乗せられていました。
キャベツも含めて山盛りなので食べにくいです
豚バラ肉のすたみな焼きは、丼として食べても塩っぱいです。唐揚げもニンニクがかなり効いています。
あんまり美味しくは無かったのですが、お腹いっぱいにはなりました。
牛バラ厚切りステーキ丼は興味があるのですが、濃厚すたみなニンイク醤油ダレって記載されていたので、塩っぱいのだろうなあ?

sutadon1.jpg

伝説のすた丼屋 金沢大河端の場所はこちら  石川県金沢市大河端西1丁目33−2

長八 金沢駅前店

以前といっても数年前、おもてなしでNo1との定評のある宿の支配人と話す機会があって、その宿は夕食を提供していないので、宿泊者に相談されたら、どこを薦めるのですかと聞くと、長八だと言うので、いつか行こうと思ってました。

家族のお祝い事があって、最初は他のお店に予約しようと思っていたのですが、満室だったので、長八 金沢駅前店に予約の電話を入れました。
料理のコース(1人7700円)も決めたのですが、1人(主役)が歯が悪くて硬いものが食べられないので、コースに入っているビーフステーキが柔らかい肉なら食べられるけど、そうでなければ食べられないので、他の料理に変えてもらうようにできるかと聞くと、出来ると言うので、そのようにお願いしました。

予約の時間通りに入店し、飲み物の注文をすると、本日のお品書きと飲み物が出されました。
本日のお品書きがあるのは嬉しいです。
でも料理が待てど暮らせど出てきません。
30分待っても料理が出てこなくて、さすがにおかしいと思い、店員さんに「料理まで決めて予約しているのに、最初の料理が30分経っても出てこないのはどうなっているのですか?」と聞きました。
すると、あっという間に最初の料理が出てきました。
最初の料理は先付けで、冷菜の盛り合わせ(紫芋・ロマネスコ・紅しぐれ大根・赤黄のミニトマトのサラダ)でした。
味付けは良く、紫芋は特に美味しかったです。
ブロッコリーは異様に硬かったです。

tyouhati1.jpg

冷菜の盛り合わせは、ほとんどのコースで共通だし、前もって作ってあるので、遅くなる理由が思いつかなく、遅れた理由を聞くと、混んでいたので遅れましたということでした。
ありえません。最低の対応です。

残りの料理は、スムーズに出てきました。
前菜は、真鱈の南蛮漬け、海老里芋煮肉味噌がけ、浅利のしぐれ煮、能登牛のたたき風
どの料理も美味しかったけど、真鱈の南蛮漬けは鱈感が全く無く不思議でした。

tyouhati2.jpg

造りは、鰤、真鯛、梶木さわら、甘えびでした。
新鮮さを感じませんでした。家で食べる刺身のほうが断然美味しいです。がっかりです。

tyouhati3.jpg

焼き物は、のど黒の塩焼きでした。
さすがに一匹は出てこないとは思っていましたが、全くのど黒らしさの感じが無い最低の料理でした。
生まれて初めて、こんな酷いのど黒を食べました。
観光客が初めてこののど黒を食べて、のど黒って、こんなもんかと思ったりするかと思うと、悲しくなります。

tyouhati4.jpg

揚げ物は、能登産真河豚のフライ牡蠣ポン酢添えでした。
ここで、なぜか1人だけ、河豚の別料理が出てきました。
フライは高齢者に合わないと判断し、料理を変えたのかもしれません。ちなみにフライは硬く無かったです。
ソースが美味しかったです。
撮影を忘れて画像は無しです。

蒸し物は、かにの真丈蒸し生姜あんかけでした。
美味しかったです。

tyouhati5.jpg

肉物は国産和牛の炙り焼き(ステーキ)でした。
ここで1人だけ別料理で出てくると思っていたのですが、単に肉を薄く切ってあるだけの、ステーキでした。
もともと、たいして美味しいステーキでは無かったのですが、薄く切っても柔らかいわけでも無く、結局食べられずに、他の家族が食べる事になりました。残念でした。
ブロッコリーは硬かったです。

tyouhati6.jpg

寿しは、炙りのど黒、本鮪中とろ、いくら、かに足、めじ鮪でした。
こりゃあかんです。美味しいものは1つも無かったです。回転すしのほうがよっぽど美味しいです。

tyouhati7.jpg

椀物はのど黒のあら汁でした。

tyouhati8.jpg

最後に柿と林檎のコアントロージュレ掛けでした。
美味しく無かったです。

tyouhati9.jpg

食事を終えて、会計をしようと店員さんを呼ぶと、会計の伝票を持ってきて、レジでお願いしますと言われました。
会計の伝票を持ってくと、レジに客がいないのに、延々とレジの操作をしていて、一向に清算をしてくれません。
かなり待たされて、やっと支払いが終わりました。

リピートは絶対に無いです。

長八 金沢駅前店の場所はこちら  石川県金沢市此花町5−5 玉川駅前ビル1F

とんかつ 高野

2022年11月30日

「とんかつ 高野」に再訪した時、しばらく休みますと掲示されていて心配していたのですが、今日行ったら営業していました。
品数が減って、価格が値上げになっていました。
メニューもヒレカツ定食1100円、ポークソテー定食1100円、もつ煮込み定食900円、とんかつ定食900円、唐揚げ定食900円、しょうが焼き定食900円、かつ丼800円、もつ煮込み(小)500円でした。

今日はとんかつ定食900円を注文しました。
とんかつ定食には、とんかつ、野菜サラダ、パスタ、ごはん、漬物、味噌汁が付いていました。
ごはんは大盛でした。
とんかつは、衣がサクサクしていて、とんかつ屋さんのとんかつでした。
個人的にはパスタのほうが美味しかったです。

takano2.jpg

2022年10月12日

もつ煮が食べたくなって、「とんかつ 高野」に行きました。
以前行った時には、もつ煮を注文した時に、今日はもつ煮を炊いていないと言われて、今度また来るわって言って帰った事があったのです。
今日は、もつ煮をやっているというのでもつ煮定食800円を注文しました。
「とんかつ 高野」は、ご高齢のため、火曜日と金曜日が休みで営業は11:00~14:00だけです。
メニューもヒレカツ定食1000円、ポークソテー定食1000円、もつ煮込み定食800円、とんかつ定食800円、唐揚げ定食800円、しょうが焼き定食800円、魚フライ定食700円、かつ丼700円、もつ煮込み(小)400円のみに絞っています。

店内はカウンター席3席と、テーブル席と、小上がりの席がありますが、こじんまりしています。
時間が遅かったので、空いていましたが、カウンター席に座りました。熱いお茶が出されました。

注文して7分ほどでもつ煮込み定食が出されました。
もつ煮定食には、もつ煮、ごはん、漬物、味噌汁が付いていました。
もつ煮は、味噌味で、こんにゃくとニンジンが入っていて、もつは柔らかく、臭みは全くなく、ちょうど良い味付けで美味しかったです。汁も全部飲み干せました。
ご飯もボリュームがありました。

今度、とんかつ定食も食べてみたいです。

takano.jpg

とんかつ 高野の場所はこちら  石川県金沢市寺中町ロ44−5