石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

ICOU(イコウ)

2020年1月8日

今日は久しぶりにICOU(イコウ)に行きました。
メニューが随分変わっていました。
ICOUのいつもごはん1518円、パワーサラダランチ1518円、パンランチ1408円、玄米チャーハン1298円、ICOUの気まぐれカレーランチ1518円などがありました。
ドリンク無しのリーズナブルなメニューが無くなったのは寂しい限りです。
今日はICOUのいつもごはん1518円を注文しました。飲み物が選べるということなので、アイスコーヒーでもよろしいですかと聞くと、コーヒーはホットコーヒーだけだと言うので、ノンアルコールビールを頼みました。
15分ほど待ってICOUのいつもごはんが出されました。
ICOUのいつもごはんには、ほうれん草とエノキのおひたし、たまご焼き、キンピラごぼう、ブロッコリーとさつまいものサラダ、シイラの唐揚げおしょうゆソース、ローストチキン、玄米ご飯、野菜のお吸い物が付いていました。
玄米ご飯には、ゴマ塩が付けられていました。調子に乗ってゴマ塩をかけたら塩っぱくなってしまいました(笑!)
相変わらず、ICOUの料理はどれも美味しいです。
ランチ1518円は高いと思いますが。値段だけの価値は十分あると思います。
飲み物なしの、リーズナブルなランチがあると申し分ないと思うのだけどなあ・・・

icou4.jpg

2014年12月18日

今日はmaboさんお奨めの香華園 川原町支店のカツ丼を食べに行こうとお店の前に自動車を駐車したのですが、お店の人が出てきて、ここで駐車したら都合が悪いと言われました。仕方が無いので香華園川原町支店に入るのを断念しました。もうちょっと言い方があると思うんですけど。香華園川原町支店に行く事は、もう一生無いと思います。
せっかくなので水曜日定休のお店に行こうということで、イル・ピアット・ハタダに行きました。ところが除雪のため(?)臨時休業になっていました。
そういう訳で、久しぶりにICOU(イコウ)に行きました。急な豪雪のため大通り以外に自動車で入るのはリスクがあるので、駅近辺から歩いていきました。結構大変でした。
この豪雪なので店内は空いていて、ストーブに一番近いテーブル席に座りました。今日のランチは七尾産サバの竜田揚げ、野菜オムレツ、加賀レンコンのキンピラ、能登娘の柚子酢和え、能登島豚の豚汁でした。
今日はランチのドリンク無し950円を注文しました。ご飯は玄米で頼みました。
ICOU(イコウ)は、Wifiのフリースポットが整備されているので、タブレットでインターネットをしながら料理が来るのを待ちました。店内には相変わらず趣味の良い音楽が流れていました。
今日は、それほど待つ事無くランチが出されました。
七尾産サバの竜田揚げと、能登娘の柚子酢和えの美味しさは格別でしたが、他の料理の味付けもよく、全部美味しかったです。
ICOU(イコウ)は本当に良いお店です。お奨めです。

ICOUのランチ
ICOUのランチ

2014年5月9日

今日は七尾市のICOU(イコウ)に行ってきました。一本杉通りの近くに新しいお店が出来たと聞いていて、店名も知らずに、ふらふら歩いていたら、Lunchの看板が出ている古風なお店がありました。数量限定ICOUランチ950円と掲示されていましたが、どうみても食べ物屋さんと思えない店構えだったので、戸を開けて食事できるのですかと聞くと出来るというので入ってみました。
お客は、それなりに入っていて、カウンター席とテーブル席と小上がりの席がありました。1人ですけどと言うと、カウンター席か大きなテーブル席でお願いしますと言われました。カウンター席はかなり狭そうで、あまりにも入口に近く落ち着かないので、大きなテーブル席でも良いですかと改めて聞いてテーブル席に座りました。大きなテーブル席と言っても4人用なので、ちょっと気がひけました。
テーブル席に座ると、紙のお手拭を持ってきてくれました。水はセルフということでした。本日のICOUランチの内容が書かれた大きな黒板を持ってきました。料理がたくさん書かれていたので、どれかを選ぶのですかと聞くと、ICOUランチに全部の料理が入っているということでした。ICOUランチは950円ですが、400円までの飲み物付きは1100円、それ以上の料金の飲み物付きは1200円ということです。
今日はICOUランチ950円を注文しました。白米と玄米とパンを選べるということなので玄米を頼みました。
店内を見回すと、元々は酒屋であった古い町家を改装したお店で、パソコンからセンスの良い聴きやすい音楽がかかっていました。天井の柱もものすごく大きく頑丈そうな造りです。
食事が出されるまで20分ほど待ったのですが、他の女性のお客がテーブルに大きなレンズのついた一眼レフのカメラを置いていて、料理が来たら、料理の撮影を始めたのでびっくりしました。立ったり座ったり複数枚撮っていました。
ICOUランチには、フクラギのカレー粉揚げ、鶏の甘辛煮、ミズフキとレンコンの煮物、小松菜のゴマ和え、ジャガイモとスナップエンドウの煮物、玄米、味噌汁が付いていました。ご飯の大盛りはサービスのようです。
フクラギのカレー粉揚げ、鶏の甘辛煮の美味しさも格別でしたが、他の料理も全部美味しかったです。
玄米も美味しかったけど、他の客が頼んでいたパンも美味しそうでした。
ICOU(イコウ)はお奨めです。満足しました。久し振りに 「能登の食 美味しいランチの飲食店」 2つ星に登録です。
ICOU(イコウ)は火曜日か水曜日に不定期に休みをとっているようです。

ICOUランチ

ICOU(イコウ)の場所はこちら    石川県七尾市木町1-1


玲瓏餃子(りんろん)

以前から、玲瓏餃子の看板だけがでていたので、いつ開店するのかなあと思っていたのですが、開店してました。
カフェ&ランチ Nagomiのあったところです。
玲瓏餃子は、開店して間もないということで、かなり早い時間だったのですが、満席に近い状態でした。
店員さんもめいっぱいと言う感じで大変そうでした。中国の人がやっているお店のようです。
水はセルフになっていました。
メニューを見ると、玲瓏餃子定食(大10個1080円、小5個710円)、焼き餃子定食(大10個1030円、小5個680円)+100円でご飯お替り自由になっていました。
玲瓏餃子単品5個380円、単品10個750円、焼き餃子単品5個350円、単品10個700円です。
玲瓏餃子は1日限定200個ということです。
せっかくなので両方食べようという事で、玲瓏餃子定食(小5個)と焼き餃子単品5個を注文しました。
15分以上待って玲瓏餃子定食(小5個)が出され、それほど待つことなく焼き餃子単品5個が出されました。玲瓏餃子と焼き餃子は見た目、それほど違いはありません。
玲瓏餃子定食には、玲瓏餃子と刻みキャベツが中心の野菜サラダ、漬物、ご飯、スープが付いていました。
玲瓏餃子と焼き餃子を替わりばんこに食べましたが、違いが判りません。形も同じだし、味も同じで、皮の種類もそれほど違いを感じません。
お店の人に、玲瓏餃子と焼き餃子はどう違うのですかと聞くと、皮が違ってて、玲瓏餃子はふわっとして肉まんのようだと言われました。
とてもそうとは思えないんだけどなあ。本当に違う種類のものを出されたのかなあ?
皮は、どちらも厚めで、餡の味はあまりしなくてパンチがなく物足りなさを感じました。
漬物は美味しかったです。ご飯の量は少なめです。

ギョウザのタレを差す容器は横漏れしていました。安物の醤油さしって液漏れするんですよね。

ランチタイムは玲瓏餃子と焼き餃子だけなのですが、夜には蒸し餃子や水餃子があるようです。

rinron1.jpg
rinron2.jpg

玲瓏餃子の場所はこちら  石川県七尾市藤橋


とりごこち 七尾店

とりごこち定食590円の看板を見かけて「とりごこち 七尾店」に入りました。
いつの間にランチはじめたのだろう?
営業中の旗が掲げられていたので、入ろうと思ったら、開店は11:30からということだったので、近くで時間をつぶして入店しました。開店前に営業中の旗をたてるのはやめた方が良いと思います。
店内に入ると、店員がお迎えしました。靴は脱いで下駄箱に入れるシステムになっていました。
カウンター席もありましたが、4人掛けのテーブルがある個室に案内されました。
すぐに、冷たい水と、紙のおしぼりが出されました。
メニューを見ると、黒酢合い盛定食670円、味噌から合い盛定食670円、とりごこち定食(唐揚げ5個)637円、特製南蛮定食745円、おろしポン酢定食745円、超メガ盛り定食(唐揚げ12個)1058円、油淋鶏合盛り定食670円などがありました。
とりごこち定食は標準は唐揚げ5個ですが、4個、6個、7個も選べます。
定食でのランチタイムはご飯のお替りは自由です。

とりごこち定食590円の看板は税抜きの価格だったのでした。

今日は、味噌から合い盛定食670円を注文しました。
それほど待たずに、味噌から合い盛定食が出されました。
味噌から合い盛定食には、鮭のピリ辛和え、鶏の味噌から合い盛、ご飯、味噌汁が付いていました。
その後、紫蘇醤油ドレッシングと胡麻ドレッシングが出されました。しばらくしてタブレットPCを置いていきました。タブレットPCはレシート替わりで、おしぼり、熱いお茶、お冷、ひざ掛け、お子様の食器セット、食器、お箸、一味唐辛子、胡麻、マヨネーズ、スタッフを呼ぶのボタンがあり、押して送信をすると、すぐに対応するようになっています。
こういうのは良いです。

鶏の味噌から合い盛には薄く切ったキャベツが山盛りで付いていました。薄く切ったキャベツってドレッシングをかけて食べると美味しんですよね。半分ずつ2種類のドレッシングで食べました。美味しかったです。
とりごこち の鶏の唐揚げは下味がしっかり付いていて、熱々で、しかも衣が薄くて美味しいです。「からやま」とか「から好し」の唐揚げは衣が厚くて硬めなので違和感があるのです。そういう意味でとりごこちの唐揚げのほうが個人的には好みです。2種類の唐揚げを楽しめたのも得点が高いです。

ただ、ご飯は柔らかすぎて不味かったし、味噌汁も味付けが物足りなかったです。もちょっと頑張って欲しいです。

torigokoti.jpg

とりごこち七尾店の場所はこちら  石川県七尾市国分町6−3


桃花(メイファ)

金沢バス実況さんから情報提供をいただいた「桃花(メイファ)」に行ってきました。
「桃花」は、宇野気駅近くのかほくホテルなごみ亭にあるお店ですが、以前は「旬の味処 なごみ(和)」があったところです。

「桃花」は中華料理のお店で、店頭に本日の日替わりランチセット(平日のみ)1000円のメニューが掲示されていました。

カウンター席もありますが、奥まった場所にあり、そちらのほうは常連さんのための場所という感じです。どこでも良いですという事なのでテーブル席に座りました。
すぐに冷たいウーロン茶が出されました。
日替わりランチを注文しました。
メニューには日替わりランチセットの他に、梅花ランチセット(メイン料理を唐揚、麻婆豆腐、酢豚から選べる)1000円、ラーメンと丼とデザートがセットになっている麺飯セット950円などがあります。+100円でコーヒーとプチケーキが付きます。
その他に単品料理に+100円でご飯とスープを付けることができます。
単品料理には、中華料理の定番ものは、だいたい揃っていますし値段も手ごろに設定されています(例えば五目煮込み600円、麻婆豆腐650円、エビチリ850円など)。

8分ほど待って、日替わりランチセットが出されました。
日替わりランチセットには、スナップ豆とエビの炒め、ナスの味噌炒め、ご飯、スープ、タピオカみたいなデザートが付いていました。

メイン料理2種が、こってり系とあっさり系の組み合わせで好感が持てました。味はどちらかというと和風の中華料理で上品な味付けです。これはこれで美味しいです。
ご飯の量は、控えめで物足りなさを感じました。

スナップ豆という事でしたが、小さなスナップエンドウが入っているのかと思いましたが、大量の大きな豆が入っていたのは、ちょっと困りました。個人的に大きなエンドウ豆(グリーンピースも含む)が苦手なんです。
メニューに日替わりランチセットの料理の写真も載っていたので、ちゃんと見なかった自分が悪いんです。

お茶が減っていて、途中で追加で注いでいただけました。
若いご夫婦がやっているお店のような感じで、接客もよく感じのよいお店だと思いました。

momohana.jpg

桃花(メイファ)の場所はこちら   石川県かほく市宇野気り207-6

近くで600円ランチのお店を見つけました。


るるるん・ち

今日は、金沢バス実況さんの情報提供で「るるるん・ち」へ行きました。
「るるるん・ち」はJA羽咋の一角にあります。
就労支援施設が運営する夢生民(むうみん)の系列店になります。
ランチの看板が無かったので、ちょっと不安だったのですが、外にあるテーブル席に本日のワンプレートランチのメニューの小さい紙が置かれていたので入ってみました。もっと大きくランチの掲示をしたほうが良いと思うんだけど。

テーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。店内ではJAZZがかかっていました。
カウンター席には本日(日付入り)のワンプレートランチ750円のメニューが書かれた小さい紙が置かれていました。
毎日、ワンプレートランチのメニューを作っているようです。こういう配慮は嬉しいです。
能登豚と春キャベツのマスタード焼き、青菜とポテトのカレー風味ソテー、絹さやとバジリーナのパスタ、レタスと卵の炒め物、スープバー、ご飯(白米か玄米)でした。
店員さんが来たのでランチ750円を注文しました。
玄米と白飯を選べるという事で玄米を頼みました。
スープは飲み放題だという事でした。
すぐに冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
さっそくスープを取りに行きました。スープはポタージュスープとコンソメスープと味噌汁がありました。ポタージュスープを持ってきました。
ポタージュスープは薄めでしたが美味しかったです。
それほど待たなくワンプレートランチが出されました。
どれも手間のかかった料理でした。
ポタージュスープはお替りして飲みました。

rururunti.jpg

るるるん・ちの場所はこちら  石川県羽咋市太田町80


グリル&ハンバーグNino

金沢バス実況さんの情報提供で「グリル&ハンバーグNino」に行ってきました。
羽咋駅の真ん前です。
駐車場は、麺's じむりの建物の裏で、麺's じむりと共用のようです。駐車場は空いていました。
「グリル&ハンバーグNino」の店頭にはランチメニューが掲載されていて、安心して入れます。
店内はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席に座りました。
すぐに冷たい水と紙のお手拭が出されました。
ランチメニューとしてハンバーグ&フライドチキン900円、チキン&ベーコン900円、チーズハンバーグ&エビフライ&チキン1200円、チキン目玉焼き&ウインナー&ポーク1200円がありました。いずれも野菜サラダが付いていて、ライスとカレー食べ放題付です。ソフトドリンクが200円と安く設定しているのも好感が持てます。
女性一人で切り盛りしている感じです。

今日はチキン&ベーコン900円を注文しました。
最初に野菜サラダが出され、ライスとカレーがセルフで食べ放題である事の説明がありました。
水は柑橘系の香りがしました。
一緒に写真を撮りたかったし、そのまま待っていたのですが、なかなか料理がでてきません。
そろそろ料理が出そうな雰囲気だったので、カレーライスを量を控えめに持ってきました。
フォークとナイフは出されますが、箸とスプーンはセルフなので一緒に持ってきました。水のお替りもセルフになっていました。

それでも、なかなか料理が出てこないので、野菜サラダとカレーを食べ始めました。
野菜サラダのドレッシングは塩っぱかったです。カレーも少し塩っぱめでした。

写真にのっている野菜が無くなったので、フライドポテトでも良いかと聞かれました。野菜サラダが付いているので、添え物の野菜よりフライドポテトのほうが嬉しいので、いいですよと答えました。

カレーを食べ終わってひと心地ついた頃、注文して15分たってからメイン料理が出されました。

注文してから他のお客に料理を出した形跡が無いので、野菜が無くなっていたので、どうしようかと考えていて時間が遅くなったような感じです。

改めてご飯を持ってきました。

チキンソテーはソースをたくさんつけると塩っぱいし、ソースを付けないと味が薄いので、ソースの付け具合が難しいです。
ベーコンはソースをつけないで食べるとちょうど良い味付けでした。

全体的に味が塩っぱめだと感じました。そういえば、同じ羽咋の中華料理屋さんの開口笑も味が塩っぱめだった事を思い出しました。
羽咋市の人は、塩っぱめの味付けが好みなのかなあ?

レジの時に飴(チュッパチャックスの形)はどうですかと聞かれて、種類を言われたので、プリンをお願いしますと答えました。
そしたらプリンの飴を探して渡されました。

感じの良いお店ですし、ボリューム満点のお店ではありました。

nino1.jpg
nino2.jpg

グリル&ハンバーグNinoの場所はこちら  石川県羽咋市川原町チ175-4


KUKURI

今日は、金沢バス実況さんの情報提供でKUKURIに行きました。
駐車場が満車状態でしたが、席は空いているようだったので、自動車を近くの公共施設の巨大駐車場に停めて歩いて行きました。
店頭に本日のランチ 特性豚丼900円の掲示がありました。
この掲示がある内はランチがまだ残っているということなのだと思います。
店内は全員女性でした。窓際のカウンター(というより奥行きの浅いテーブル)が空いてたので座りました。
メニューをもってすぐに来てくれましたがメニューは見なくてランチを頼みました。今日のランチは豚丼ですけど良いですかと言われました。
冷たい水と、冷たいタオルのおしぼり、紙のお手拭きが出されました。

店内を見ると手作り感満載です。テーブルも棚も工作です。自分が座ったテーブルは天板が固定されていませんでした。木の板が足の上に置いてあるだけです。ちょっと寄りかかったら天板が動いてびっくりしました。
壁も自分で塗装してあるのがすぐわかりました。柱の部分も塗料がついていました(笑!)。

本日のランチ 特性豚丼には、ボリュームいっぱいの豚肉の焼肉がのっかっていて、その下には刻みキャベツがあって、その下に御飯って感じです。味付けも良くとても美味しかったです。御飯の量は控えめで、男性には物足りないかもしれません。
その他には味噌汁と、大根とニンジンの酢の物と市販の漬物が付いてました。

900円だからデザートでも付くのかなと思っていましたが、これで終わりでした。
美味しかったけど、料金はちょっと割高かなと感じました。
カフェなので食事だけするというより、のんびりくつろぐって感じなので、そんなもんかなと思いました。

kukuri.jpg

KUKURIの場所はこちら  石川県七尾市本府中町59−2


廻転寿し 西海丸

久しぶりに金曜日に能登へ行ったので、水曜日定休のお店に行く事にしました。
何軒か候補はあったのですが、「廻転寿し 西海丸」に行く事にしました。
西海地区は、ついでに通るところでは無いので、かなり頑張らないと続かない場所にあります。西海市場のすぐ近くで網元が経営しているので、新鮮さは期待できそうです。ちなみに水曜日は魚の陸揚げがないので休日になっています。

平日で13:00頃だったのですが、それなりにお客は入っていて、食べている間も、ちょくちょくお客が入ってきていました。

1人だと言うと、カウンター席に案内されました。禁煙なのでカウンター席でも全然問題ありません。
注文はタブレットPCで注文するのですが、セット物を探しにくいです。でもメニューも置いてあるので、メニューで注文するものを選んでからタブレットPCで注文するというパターンです。

廻転寿しではありますが、ほとんど回転レールにはお寿司は乗っていません。その数少ないお寿司は超高級な物(ウニとすじこを乗せられた軍艦巻きとか、まぐろとすじこを乗せられた軍艦巻きとか)だけなので、それを食べてくださいというより飾りなのだと思います。

他のお客を見ていても、セット物を注文している人が多いようです。
セット物としては、おまかせ握りセット上(味噌汁・サラダ付)1296円、季節の八点盛り(味噌汁付)1296円、能登豪華盛り(味噌汁付)1944円、おまかせ握りセット特上(味噌汁・サラダ・小鉢付)2592円、こだわり握りセット極み(味噌汁・サラダ・小鉢付)3024円などがありました。

今日は店長おすすめの季節の八点盛り(味噌汁付)1296円を注文しました。注文の時に、わさびの有無・ネギの有無・薬味の有無を指定します。全部有で注文しました。

カウンターには醤油と甘タレが置かれていて、お茶は玄米茶と緑茶を選べるようになっていました。ガリは普通のお寿司屋さんのように大きいのが取り放題です。

8分ほど待って季節の八点盛りが出されました。
出された時に、お魚の名前の説明と、3種類の寿司にはあらかじめ味が付いているので、そのまま食べて下さいとの説明がありました。
それは良い事なのですが、あまりに早口で、どれに味が付いているのか覚えきれず、味の付いていないお寿司を醤油無しで食べて惜しい事をしてしまったとがっかりしました。
ちょっと求めすぎですが、紙に書いたものを一緒に出されるとありがたいなあと思いました。

八点盛りには甘えび、マグロ、アオリイカ、タコ、スルメイカの炙り、カワハギ、アジ、ヒラメでした。甘えびの頭の揚げ物も付いていました。
すこし遅れて味噌汁が出されました。海藻入りの味噌汁でボリュームがありました。

アマエビは地物のものかなあと疑問に感じましたし、イカ2種・タコ・マグロというのは感心しませんでした。もっと網元らしく地元感満載の魚を出して欲しかったと思いました。まあ新鮮さが感じられ美味しかったですけど。
他のお客が単品で生鯖を頼んでいましたが光っていました。

金沢から、わざわざ食べに行くほどでは無いですが、近くに行った時には行く価値はあると思いました。

saikaimaru1.jpg
saikaimaru2.jpg

廻転寿し 西海丸の場所はこちら  石川県羽咋郡志賀町西海風戸6


リトルピクニック (little Picnic)

金沢バス実況さんの情報提供で和倉温泉のリトルピクニック (little Picnic) に行きました。
トレーラーハウスを店舗にしていて、店内はアメリカングラフィティっぽさ満載でした。
最初に、注文品を決めて支払いを済ませるシステムで、ほとんどセルフになっています。
テーブル席とカウンター席がありましたが、テーブル席は埋まっていました。
カウンター席にはスマートフォンをUSB充電できるようになっていました。WiFiも使えるようになっていました。
メニューを見ると、ランチタイムスペシャル1000円というのがお奨めのようです。
単品メニュー+400円でセットメニューにすることも可能です。
今日はランチタイムスペシャル1000円を注文しました。
飲み物は保冷庫の中から好きな物を選びます。500ccのペットボトルのお茶や、缶入りのノンアルコールビールや缶入り飲料がありました。缶入りのノンカロリーコーラを選びました。
12分ほど待ってランチタイムスペシャルが出されました。
ランチタイムスペシャルには本日のスープ、メキシカンサラダ、イカフライ、ピクルス、野菜たっぷりのチーズバーガー、ドリンクが付いていました。
味については特筆するものは何も無いですが、ボリュームがあってお腹いっぱいになりました。

littlePicnic.jpg

リトルピクニック (little Picnic) の場所はこちら  石川県七尾市和倉町ヨ部17-11


食工房ファミーリエ

2019年4月3日

かほく市に美味しいソーセージを製造販売しているお店があるという事で、食工房ファミーリエに行ってきました。
地図で、ある程度の場所を確認して行ったのですが、思ったより奥まったところにお店があって、道を間違えたかなと不安になりましたが、なんとかたどり着きました。
店内に入るとお肉屋さんのショーケースがあって、2種のソーセージとベーコン、ハムがありました。
すぐにお店の人が出てきました。
今日はソーセージの種類が少なくってと申し訳なさそうに言っていました。
2種のソーセージはレンコン入りと剣先なんば入りのものでした。
ノーマルなソーセージが欲しかったのですが、仕方がないです。
今日は剣先なんば入りのソーセージを購入しました。4本入りで540円でした。
ボイルでも炒めても良いという事でした。
ついでにベーコンを購入しました。ベーコンは1100円くらいでした。
お持ち帰りの時間を聞かれたのですが2時間程度と言うと、保冷剤と保温袋をサービスで付けてくれました。
保冷剤と保温袋をサービスで付けてくれたからいう訳ではないけど、とても感じの良いお店でした。

さっそく夕食にソーセージを炒めて食べました。
剣先なんば入りと言っても、極端に辛い訳でもなく、程よい辛さでした。
食感は、ちょっと硬い印象でジューシーさも感じませんでした。硬いと言うのは材料が硬いという訳ではなく、腸の中の肉の密度が濃いという感じです。
この食感は、好みが分かれると思います。シャウエッセン好きの俊としては個人的には辰口の「シャルキュトリー ガリビエ」のほうが好きかな

familie.jpg

食工房ファミーリエの場所はこちら   石川県かほく市木津ハ90-1