石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

玲瓏餃子(りんろん)

2020年5月27日

凝りもせず再訪です。なんとなく気になるんです。

コロナリスクを避けて、開店11:00ちょっと過ぎに行きました。
すでに、お客が1人いて、カウンターに座っていました。
なるべく離れて座ろうと思ったのですが、一番離れている席は4人掛けのテーブル席でした。さすがに1人で2つしかない4人掛けのテーブルに座るわけにもいかないので、次に離れている2人掛けのテーブルに座りました。
そしたら、お店の人から、一番離れている4人掛けのテーブル席でお願いしますと言われました。お店の人のありがたい配慮に感謝です。
今日は、定食はやめて、餃子単品でいろいろなものを食べようという作戦です。
水餃子小8個450円、玲瓏餃子小5個380円、蒸し餃子小5個350円を注文しました。
テーブルに冷たいお茶の入ったペットボトルとコップが置かれていました。パックに入ったにんにくと和辛子も置いてありました。
最初に、蒸し餃子が出されました。餃子たれに酢を加えて、和辛子もつけて食べました。
包んだ口の部分が少し硬いのは、ちょっぴり気になりましたが、ジューシーで餡の味も絶妙で、半端なく美味しかったです。
すぐに、水餃子も出されました。蒸し餃子と較べて、当然に水っぽいのですが、こちらのほうもジューシーで美味しかったです。
最後に、玲瓏餃子が出されました。注意して食べると皮の食感が焼き餃子と微妙に違いますが、誤差程度の違いだと感じました。
蒸し餃子も水餃子も焼き餃子も同じ餡を使っているのだと思いますが、焼き餃子だと、餡にインパクトがなく物足りなさを感じます。
このお店では、蒸し餃子が突出して美味しいと思います。
なんで蒸し餃子を一押しで営業しないのかなあ?日本の人は餃子というと焼き餃子なので、蒸し餃子を頼む人って少ないと思うんですよね。
玲瓏餃子のお店に来たほとんどのお客が、蒸し餃子の美味しさに気づかないで、帰っていくなんて、なんか勿体なあ。

玲瓏餃子の蒸し餃子はお薦めです。

ご飯は食べなかったのですが、結構お腹いっぱいになりました。

rinron4.jpg

rinron5.jpg

rinron6.jpg

2020年5月13日

1時ごろに前を通ったら、1台も駐車していなかったので、久しぶりに玲瓏餃子(りんろん)に入りました。お客は1人もいませんでした。テーブル席でも良いですかと聞くと、どうぞと言われたので、奥のほうのテーブル席に座りました。
メニューを見ると、水餃子定食(大16個1230円、小8個780円)、蒸し餃子定食(大10個1030円、小5個680円)、小籠包定食(大10個1480円、小5個910円)が新たに加わっていて、曜日によって替わる日替わりランチも加わっていました。日替わりランチと言っても、別に変わった料理が出るわけではなく、通常の定食が曜日によって安くなったり、餃子の数が増えていたりしてお得になっているだけです。
今日の日替わりランチは、焼き餃子の数が1個増えていて値段が変わらずというものでした。

今日は焼き餃子ランチ(小6個680円)を注文しました。
やっぱり、ぱっとしない感じでした。なんで美味しくないと感じるのか考えてみました。皮が焼かれている部分が、硬いのがイヤなんです。それからタレが美味しくない。途中でタレに酢を加えると、それなりに美味しく食べられました。
そもそも日本で餃子というと焼き餃子なんですが、中国で餃子というと水餃子か蒸し餃子なんですよね。
玲瓏餃子(りんろん)は中国の人が本場の餃子を食べさせたいということで作ったお店だという事なので、水餃子や蒸し餃子のほうが美味しいのかもしれません。

途中で、お客が1人入ってきたのですが、一番離れたテーブル席に座ってくれてホッとしました。お客は焼き餃子ランチと玲瓏餃子単品5個を注文していたのですが、玲瓏餃子は裏返しにしてなく見た目も随分違うような感じに見えました。
前回来た時に、玲瓏餃子定食(小5個)と焼き餃子単品5個を注文して、どの餃子も同じに感じたのは、間違えて全部焼き餃子で出されたのではないかという気がします。


rinron3.jpg

2019年10月30日

以前から、玲瓏餃子の看板だけがでていたので、いつ開店するのかなあと思っていたのですが、開店してました。
カフェ&ランチ Nagomiのあったところです。
玲瓏餃子は、開店して間もないということで、かなり早い時間だったのですが、満席に近い状態でした。
店員さんもめいっぱいと言う感じで大変そうでした。中国の人がやっているお店のようです。
水はセルフになっていました。
メニューを見ると、玲瓏餃子定食(大10個1080円、小5個710円)、焼き餃子定食(大10個1030円、小5個680円)+100円でご飯お替り自由になっていました。
玲瓏餃子単品5個380円、単品10個750円、焼き餃子単品5個350円、単品10個700円です。
玲瓏餃子は1日限定200個ということです。
せっかくなので両方食べようという事で、玲瓏餃子定食(小5個)と焼き餃子単品5個を注文しました。
15分以上待って玲瓏餃子定食(小5個)が出され、それほど待つことなく焼き餃子単品5個が出されました。玲瓏餃子と焼き餃子は見た目、それほど違いはありません。
玲瓏餃子定食には、玲瓏餃子と刻みキャベツが中心の野菜サラダ、漬物、ご飯、スープが付いていました。
玲瓏餃子と焼き餃子を替わりばんこに食べましたが、違いが判りません。形も同じだし、味も同じで、皮の種類もそれほど違いを感じません。
お店の人に、玲瓏餃子と焼き餃子はどう違うのですかと聞くと、皮が違ってて、玲瓏餃子はふわっとして肉まんのようだと言われました。
とてもそうとは思えないんだけどなあ。本当に違う種類のものを出されたのかなあ?
皮は、どちらも厚めで、餡の味はあまりしなくてパンチがなく物足りなさを感じました。
漬物は美味しかったです。ご飯の量は少なめです。

ギョウザのタレを差す容器は横漏れしていました。安物の醤油さしって液漏れするんですよね。

ランチタイムは玲瓏餃子と焼き餃子だけなのですが、夜には蒸し餃子や水餃子があるようです。

rinron1.jpg
rinron2.jpg

玲瓏餃子の場所はこちら  石川県七尾市藤橋申53


カフェ食堂 れんげや

2020年3月30日

「カフェ食堂 れんげや」が移転してから初めて行きました。駐車場は裏側の方に10台以上あります。
開店の11時を少し過ぎた時間だったのに、ほとんど駐車場が埋まっていました。
でも、店内は、かなり余裕がありました。お客は女性ばっかりでした。
1人だというとカウンターの席に案内されました。以前のお店は、昔の農家の古民家にテーブルをおいてあるだけのお店でしたが、こちらは、外装は古民家ですが、中は普通に食堂になっていました。すぐに冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
席にはメニューと注文書が置かれていました。初めてですかと聞かれたので、移転前に来たことがありますと答えました。
システムが変わったということで、説明がありました、注文書にチェックマークをつけてオーダーするということでした。
メニューを見ると、はらぺこランチ1080円、ハンバーグ定食1080円、能登豚のローストポークステーキ定食1350円、からあげ定食1080円、デミカツ定食1260円、チキン南蛮定食1260円、エビフライ定食1530円、オムライス810円、カレーライス810円、カツカレーライス954円などがありました。
黒板に週替わりのはらぺこランチのメイン料理が書かれていました。今週は「スープをかけて能登豚丼」でした。
今日は、はらぺこランチを注文しました。飲み物を選べるという事でしたが、アイスコーヒーが無かったのでぶどうジュースにしました。
1分もたたないうちに、はらぺこランチが出されました。びっくりしました。スープを能登豚丼にかけて食べてくださいとの説明がありました。
はらぺこランチには、野菜のほうが断然多い能登豚丼、丼にかけるためのトマトスープ、野菜サラダ、ポテトサラダ、ひじきの煮物、切り干し大根の煮物、味噌汁、ぶどうジュースが付いていました。
スープを単独で少し飲んでみたのですが、塩っぱくて、やっぱり丼にかけて食べるためのものでした。
能登豚丼は豚肉は糀味で野菜がいっぱいでスープをかけて食べるなど斬新で工夫が感じられ、見た目とても綺麗で、このお店が女性に人気があるのも頷けるのですが、味については、なんか響かない感じがしました。
その他の小鉢の料理は、特筆することはありませんでした。
なんか一品でも心に響くものがあればと残念に思いました。

客応対については、とても感じが良かったです。
食事が終わると食器を返却口に出すシステムになっていました。

renge4.jpg

2016年11月8日

今日は久しぶりに火曜日に能登に出かけたので、メニューが変わったと聞いていた「カフェ食堂 れんげや」に行きました。駐車場は変更になって近くなったのですが、6台分しかなくて、1台長い自動車が駐車すると、奥の駐車場が使えなくなるので、なお一層狭く感じます。今日は13:00を過ぎていましたが、やっと1台駐車できたって感じでした。
お店に入ると、お客がかなり入っていてびっくりしました。しかも女性が多い。
店内は以前は普通の民家におじゃましたって感じでしたが、今はテーブル席がたくさん並べられていて、食堂って感じになっていました。
お茶やお水はセルフになっていました。スプーンや箸、紙のおしぼりなどが出されました。
メニューを見ると、以前からは想像できないくらい品数が増えていました。
れんげやの選べるランチ1000円では、前菜プレートがあり、メインディッシュを能登豚の黒酢酢豚、とろとろ煮込みハンバーグ、10種類のスパイスのジャークチキン、豆乳入りれんげや混ぜうどん、和牛肉と特性白ごましょうがタレの鉄板めしの5種類が選べて、飲み物もホットコーヒー、アイスコーヒー、自家製ジンジャーエール、季節の自家製ドリンクの4種類から選べます。
時間が遅かった事もあり、とろとろ煮込みハンバーグは品切れでした。
今日はれんげやの選べるランチでメインディッシュは10種類のスパイスのジャークチキン、飲み物は季節の自家製ドリンクで頼みました。ちなみに今日の自家製ドリンクはイチジクと蜂蜜とヨーグルトのジュースでした。
その他にも、メニューには能登豚丼750円、能登豚のしょうが焼きセット850円、三元豚のデミカツセット980円、とびせるエビフライセット1280円、カルボナーラうどん800円、えびトマトクリームうどん850円、オムライス750円などなど書ききれないほどあります。凄い進化です。
ちょっと待ってれんげやの選べるランチが出されました。お店の人は両手で料理を持ってくるので、必ずお尻で戸(スライド式)を開けて部屋に入ってきます(笑!)
れんげやの選べるランチには、10種類のスパイスのジャークチキン、クリームシチュー、パスタのキノコとナスと貝和え、ごはん、前菜プレート、デザートのヨーグルト、フランスパンの炒り卵添え(写真に写っていない)が付いていました。
10種類のスパイスのジャークチキンは鶏肉って感じはあまりしなく不思議な食感でした。美味しかったしボリュームもありました。クリームシチューもヨーグルト(甘い)も美味しかったです。前菜プレートはボリュームいっぱいの野菜に自家製のドレッシングがかけられ、ポテトサラダもたっくさん付いていました。
パスタのキノコとナスと貝和えは、ちょっと味付けが物足りなかったし、ドレッシングの味は海鮮風だったのですが好みで無かったです。
食事が終わる少し前のちょうど良いタイミングでイチジクと蜂蜜とヨーグルトのジュースが出されました。ジュースも美味しかったです。これで1000円は大満足です。
本当に「カフェ食堂 れんげや」は進化しました。
「カフェ食堂 れんげや」を能登の食 美味しいランチの飲食店1つ星に登録することにしました。かなり2つ星に近い1つ星です。全部の料理が美味しいというわけではないのが残念です。

renge2.jpg
renge3.jpg

2013年4月15日

今日、急に七尾に行かなければならなくなって、せっかくなので水曜日定休のカフェ食堂れんげやへ行くことにしました。久しぶりだったので、見逃さないように慎重に通りました。カフェ食堂れんげやの場所は見つけたのですが、駐車場の場所が変わったようでうろうろしていました。新しい駐車場は村の生活道路の少し七尾寄りで便利になりました。でも、もう少し判りやすい掲示にすればもっとありがたいです。
お店の店頭に「やってますよ」と書かれた大きな立て看板がありました。平日の14:00までコーヒーサービスという掲示もありました。
営業中だというのは判ったのですが、のれんがかかっている訳でもなく、ごく普通の民家の戸しかないので入りにくいです。カフェ食堂れんげやに営業日に来る機会は滅多に無いので勇気をだして戸をあけてみました。
すると、いらっしゃいという声がしたので、どこに入れば良いのですかというと入ってすぐ右の部屋に案内されました。靴を脱いで、部屋に行くと、田舎にありがちな大きな部屋に、テーブルと座卓が置かれていました。
玄関に入って右の部屋に行かないで、まっすぐ奥に行くとカウンターの席があるようですが、そちらは地元の常連の人達のたまり場になっているようで、声が聞こえました。
13:30ということもあって大部屋はお客がいなくて貸切り状態でした。
店主らしい女性の方が、紙のお手拭と、冷たいお茶とメニューを持ってきました。食事には、能登豚の生姜焼きセット800円、デミカツセット980円、能登豚丼750円(小うどんセット880円)、ハンバーグセット880円などがありました。以前は日替わりランチとかあったようですが、今は決まったメニューしか無いようです。
今日はハンバーグセット880円を注文しました。
それほど待つことなくハンバーグセットが出されました。ハンバーグセットには、デミグラスソース系の煮込みハンバーグ、もやしと鶏肉と青菜の和え物、茶碗蒸し、野菜サラダ、天かす入りのミニうどん、ご飯、漬物が付いていました。
煮込みハンバーグは、ちょっとぬるめなのは気になりましたが、味は抜群で美味しかったです。もやしと鶏肉と青菜の和え物は味が無くて美味しくは無かったです。天かす入りのミニうどんは生姜の味がしました。
食事が終わりそうな時にアベックの2人が入ってきました。お店の人が食事用のメニューを持ってきたのですが、その2人は飲み物が欲しかったらしく、飲み物のメニューを貰いに行ってました。
店頭の掲示にコーヒーがサービスと書いてあったので、コーヒーが出るのかなと思って待っていたのですが、結局コーヒーは出されませんでした。お茶は飲み干してあったのですが、特に配慮は無かったです。

カフェ食堂れんげやのハンバーグセット

2012年3月7日

今日、カフェ食堂れんげやへ行ってみました。
カフェ食堂れんげやは、幹線道路(国道)に面していません。幹線道路と平行して村内の生活道路があるのですが、その道路にも面していません。その村の生活道路から狭い道を入った奥にある農家がカフェ食堂れんげやです。
最初、村の生活道路をゆっくり通っていて、カフェ食堂れんげやが見つからず通り過ぎてしまいました。
地図をしっかり調べて2度目に行って、やっとカフェ食堂れんげやを見つけたのですが、奥まっている道があまりにも狭くて入るのを断念しました。
今日が3回目だったのですが、自動車のトラブルを覚悟して、狭い道を入って行き駐車ガレージに入りました。
苦労してカフェ食堂れんげやにたどり着きましたが、お店の前に立ってみると、なんか営業している雰囲気が無いです。結局、今日も入るのを断念しました。
カフェ食堂れんげやの店頭に駐車場の説明図が掲げられていました。道路沿い(神社前)の古川薬局隣の駐車場の道路側3台も駐車できるようです。

旧カフェ食堂れんげやの場所はこちら   石川県鹿島郡中野登町能登部上八8

新カフェ食堂れんげやの場所はこちら   石川県鹿島郡中能登町良川 庚61-2


台湾家庭料理 福興

2020年3月18日

今日は、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは野菜炒めでした。値段は580円と変わっていませんでした。
その他のメニューも消費税の増税にも関わらず値段据え置きになっていました。
今日は、豚角煮を食べたくなったので台湾家庭料理 福興に入ったのですが、ランチセットには豚角煮は無かったです。
定食には、豚角煮があったので、注文しました。880円でした。
いつものように、ほとんど待たされず5分で出されました。
最初に、豚角煮、ご飯、台湾ラーメン、漬物、デザートが出されました。台湾ラーメンは完全に1人前ありますし、ご飯も大盛なので、かなりのボリュームです。しばらくして鶏のから揚げが出されたのですが、こちらのほうもボリュームがあります。
豚角煮は、柔らかかったのですが、味付けがちょっと好みでは無かったです。中華料理の豚角煮は和風のものとちょっと味が違うんですよね。
台湾ラーメンは最後に食べたのですが、台湾ラーメンを食べる前にお腹いっぱいになりました。
なんとか完食しましたが、夕食時まで満腹感が残っていました。
台湾ラーメンは麺が美味しくなかったです。後から食べたので麺がのびていたのかもしれません。
メニューには昼食時のコーヒーサービスが記載されていなかったので、定食でもコーヒーサービスが付くのですかと聞くと、大丈夫だということなので、コーヒーもいただきました。
ちなみにコーヒーを飲んでいる人は他にいませんでした。

久しぶりに台湾家庭料理 福興に入ったのですが、随分、愛想が悪くなったように感じました。店名は変わったけど、最初に中華のお店が開店した時には初々しい娘さんが接客してて感じよかったのになあっと思いました。
店員さん同士が、やたら大きな声で話していて、喧嘩していたわけでもないでしょうが、中国語で大声の早口で話しているのを聞くと居心地悪いですよねえ。

hukukou12.jpg
hukukou13.jpg
hukukou14.jpg

2017年1月11日

今日は、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは野菜炒めでした。値段は580円と変わっていませんでした。
中華系の人がやっているお店では、ちゃんとした中華料理を食べるようにしているのですが、メニューを見ていたら、餃子や鶏の唐揚げが食べたくなって、焼きそばセット880円を注文しました。過去の投稿を見ると3年前から値段が変わっていないようです。
焼きそばセットには、焼きそばと鶏の唐揚げ、焼き餃子、卵スープ、缶詰の桃が付いていました。

中華系の人がやっている中華料理のお店は、日本人がやっている中華のお店の定番の餃子、ラーメン、チャーハン、焼きそばなどは不味いのが一般的ですが、台湾家庭料理 福興は違っていました。
焼きそばは、味は濃いめでしたが唐辛子が入っていたりして刺激的で美味しかったです。ただ、生のニンニクのスライスとかも入っていたので、仕事中などは要注意かもしれません。
餃子もジューシーで美味しかったです。ただ餃子のタレは美味しくなかったので酢を加えて食べました。
鶏の唐揚は特大のが2個も付いていました。これも美味しかったです。

食後にセルフのコーヒーもいただきました。

hukukou11.jpg

2016年1月6日

今日は、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは回鍋肉でした。値段は580円と変わっていませんでした。今日は日替わりランチを注文しました。
日替わりランチには回鍋肉と、コロッケ、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。御飯はお替りができます。できれば、コロッケではなく鶏の唐揚げにして欲しい。
食後にセルフサービスのコーヒーもいただきました。
回鍋肉はお肉は少なかったけれど、味付けは良かったです。台湾家庭料理 福興では安心してランチをいただけます。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2015年3月18日

今日は、昼食が遅く(14:00過ぎ)なったので、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチ580円は豚肉と白菜のうま煮だったので注文しました。注文した時、一瞬何か言いたそうな沈黙があったのですが、そのまま厨房のほうに戻っていきました。
ランチや定食の値段は以前のままでしたが、無くなったメニューもありました。
日替わりランチには豚肉と野菜のうま煮と、コロッケ、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。御飯はお替りできます。
豚肉と野菜のうま煮は、豚肉もたくさん入っていたし野菜の種類も多く、味付けも良かったです。
前回も感じましたが中華料理にコロッケというのは違和感を感じます。
スープも前回同様、具がいろいろ入っていましたが、味が薄く、あまり美味しくはありませんでした。
食後にサービスのコーヒーを飲みました。
帰りにレジで680円請求されました。あれっと思ったのですが、そのまま支払いました。台湾家庭料理 福興では、レジでの間違いが多いので単に間違えただけなのかもしれませんが、ひょっとしたら、日替わりランチは14:00までで、時間を過ぎていたので680円だったのかもしれません。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2014年6月25日

今日は、他に行く予定のお店があったのですが、その店の定休日がいつの間にか水曜日に変わっていて入れなかったので、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは野菜炒めだったので日替わりランチ580円を注文しました。
消費税が上がったのに、すべての値段が以前のままでした。
日替わりランチには野菜炒めと、コロッケ、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。御飯はお替りできます。
野菜炒めは、ちゃんと豚肉も入っていて、味付けも良かったです。ただ、味付けがまばらで、しょっぱい部分と普通の味の部分がありました。大きな唐辛子が3本入っていて、最初気づかずに食べて辛かったです。残りの2本は避けておきました。
中華料理にコロッケというのは違和感を感じます。鶏のから揚げのほうが嬉しいです。
スープは具がいろいろ入っていましたが、味が薄く、胡椒や醤油を入れても美味しくはなりませんでした。塩が置いてあると良かったです。
食後にサービスのコーヒーを取りに行ったのですが、コーヒーメーカーの電源が切られていて平温になっていました。別に冷えてても良いのですが、せめて氷を用意しておいて欲しかったです。
帰りにレジでチョコレートを1個貰ってきました。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2013年12月18日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00前だったのですが、日替わりランチの看板は残っていました。
今日の日替わりランチも回鍋肉でした。
今日はエビチリセット880円を注文しました。今日はラーメンの種類を聞かれたので台湾ラーメンを注文しました。
エビチリセットにはエビチリと小サイズの台湾ラーメンと山盛りのご飯と漬物と、コロッケがついてきました。
俊はエビチリに関してはこだわりがあるので、ちょっと評価が厳しいです。台湾家庭料理 福興のエビチリは5段階なら3、優良可不可なら可という感じです。
ボリュームいっぱいなのに揚げ物がコロッケというのはちょっと困りました。台湾ラーメンはまあまあ美味しかったです。
前の客がコーヒーを飲みに行こうとしたら、もう残っていなかったようですが、ちゃんと補充してくれていました。食事中に他のテーブルの客がタバコを吸っていて、臭いがしたのは閉口しました。
気のせいか、お店の人が、このブログで紹介しているのに気づいているような感じがします。

台湾家庭料理 福興のエビチリセット

2013年12月3日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00前だったのですが、日替わりランチの看板は残っていました。
今日の日替わりランチは回鍋肉でした。今日は日替わりランチ580円を注文しました。
日替わりランチには回鍋肉と、春巻き、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。量的にはこれくらいがちょうど良いです。
サービスの食後のコーヒーもいただきました。
会計の時に680円と言われたので、580円ではなかったですか?と聞くと、すみませんでしたと言っていました。680円という金額が好きみたくて、良く勘定を間違えるようです。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2013年11月13日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00前だったのですが、日替わりランチの看板は下げられていました。
今日は小龍包セット780円を注文しました。
小龍包セットには小龍包と小サイズのラーメン、漬物、野菜サラダ、デザートの杏仁豆腐が付いていました。小龍包は包んで閉じた部分が固くて中の餡も美味しくなかったです。冷凍物だったのではないかと思われます。
全体的は量は控えめでした。

台湾家庭料理 福興の小龍包セット

2013年10月30日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00ちょっと過ぎていたので、日替わりランチの看板は下げられていました。
今日は青椒肉絲セット780円を注文しました。
青椒肉絲セットには青椒肉絲と小サイズのラーメンと山盛りのご飯と漬物と、少し遅れて鶏の唐揚がついてきました。青椒肉絲は、とても美味しかったし、鶏の唐揚は大きいのが2つ付いていて熱々で美味しかったです。今日のラーメンは味が薄くて美味しくなかったです。ラーメンの味はその時その時みたいです。
サービスの食後のコーヒーも頂いたし、チョコレートも頂きました。
お釣りを受け取って、店外に出ると、お釣りが多すぎることに気づいて、お店に戻り余分に受け取ったお釣りを返しました。
店員の娘さんから、極上の笑顔をいただきました。
台湾家庭料理 福興の店員の娘さんは、とても可愛いいんです。多分料理人夫婦の娘さんなのだと思います。ひょっとして日本語を話せる若い男性の奥さんなのかもしれません。
まだまだ食べたいメニューがたくさんあります。

台湾家庭料理 福興の青椒肉絲セット
台湾家庭料理 福興の青椒肉絲セット

2013年10月23日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日も14:00ちょっと前だったのですが、日替わりランチでした。今日の日替わりランチはニラレバでした。
今日は豚角煮定食880円を注文しました。今日はラーメンの種類を聞かれました。台湾ラーメンを頼みました。
ちょっと待って豚角煮定食が出されました。豚角煮定食には豚角煮の他に台湾ラーメン、ご飯、鶏唐揚、ふくしん漬、杏仁豆腐が付いていました。ご飯は大盛りで、ラーメンはしっかり1人前、鶏唐揚は大きいのが2つ付いていました。豚角煮は本格的中華の味付けでした。中華の豚角煮は和風の豚角煮と較べると味に癖があります。好き嫌いが分かれると思います。鶏唐揚は熱々で美味しかったです。
さすがに量は多くて、ラーメンのスープは飲めなかったし、ご飯も半分残しました。食後のコーヒーを飲む余裕も無かったです。
ちなみに今日はコーヒーのヒーターは入っていたし、砂糖も用意されていました。
店員さんの中で接客の若い男の人は日本語が流暢で日本人なのかもしれません。その男の人は台湾語もプラペラのようでした。

台湾家庭料理 福興の豚角煮定食

2013年10月16日

今日は台湾家庭料理 福興に入りました。台湾家庭料理 福興は中華料理 翠園 徳前店が閉店した跡に出来たお店ですが、内装に変化は無く店員さんは違うものの店員さんが台湾の人だろうとというのは同じでした。
ランチメニューが豊富で麻婆豆腐セット780円、八宝菜セット780円、唐揚セット780円、青椒肉絲セット780円、回鍋肉セット780円、エビチリセット880円、、五目野菜セット780円、小龍包セット780円、坦々麺セット780円、焼きソバセット880円、餃子セット780円、ニラレバセット780円、油淋鶏セット780円、天津飯セット780円などがありました。手軽な価格で本格的な中華料理を楽しめます。
日替わりランチ580円もあるようですが、行ったの時間が遅かったようで、もうありませんでした。他には選べる麺類と丼物の組み合わせのセットが680円であります。
定食のメニューも見ましたが、こちらは全品880円で種類がランチより多くてデザート(杏仁豆腐)がついているので定食のほうが得なのかもしれません。定食には子供定食400円から580円まで4種類ありました。ランチメニューに無くて定食にあるメニューとしては豚角煮定食やコマ焼き定食、エビマヨ定食、酢豚定食、トントロ定食、キクラゲと豚肉炒め定食、野菜炒め定食、かに玉子定食、水餃子定食などがあります。一般的な中華料理のすべてが手軽な料金で食べられるという感じです。
今日は回鍋肉のセットを注文しました。
回鍋肉のセットには回鍋肉としょうゆラーメン(少しミニサイズ)とふくしん漬けとご飯と揚げ餃子が付いていました。回鍋肉は豚肉の量が控えめなものの味付けは抜群でとても美味しかったです。揚げ餃子も皮が柔らかくて具も美味しくて3個もついていました。今まで大衆台湾料理店についてくる揚げ餃子が美味しかった事は皆無でしたが、台湾家庭料理 福興の揚げ餃子は美味しかったです。
ラーメンについては塩、しょうゆ、台湾の3種類から選べますが、特に聞かれる事なくしょうゆ味のラーメンが出されました。今まで大衆台湾料理店で食べたしょうゆ味のラーメンが美味しかった事は無かったのですが、台湾家庭料理 福興のしょうゆ味のラーメンは、まあまあです。ラーメンの量もちょうど良いです。ご飯は山盛りでした。漬物がふくしん漬けだったのにはがっかりしました。
メニューには写真が載っているのですが、写真の内容と出てくる料理の内容は違っています。漬物や揚げ物の内容は日によって変わるようです。メニューに説明しておかないと注文したものと違うと怒る客もいるだろうと思います。
ランチタイムはコーヒー付なのですが、コーヒーはセルフになっています。メニューには、ただコーヒー付としか書いてないので知らない人はコーヒー付と書いてあったのにコーヒーが出なかったと気分悪くして帰るかもしれません。
ちなみにコーヒーは確かに置いてあったのですがヒーターの電気が切ってあり、ぬるいコーヒーでした。ミルクはあるけど、砂糖がありませんでした。他のお客が砂糖が無いですと店員さんに言うと、店員さんは言葉を理解できなくて、お客がコーヒーを指差して入れるものだと説明すると、スプーンを持ってきました。店員さんは、ほとんど日本語を理解していないようです。
お勘定のときにレジにチョコレートが置いてあったので、いただいてもよろしいですかと聞くとどうぞと言われたので1個貰って食べましたが、とても美味しかったです。
総合的には数ある台湾人料理人の大衆台湾料理店の中でもかなり良い部類のお店だと思います。しばらく通ってみようと思います。のと里山海道を利用するのには都合悪いのですけど。

台湾家庭料理 福興の回鍋肉セット

台湾家庭料理 福興の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町徳前ゐ2-1


ナチュラルハーブカフェ(Natural)

今日は田鶴浜のナチュラルハーブカフェ(Natural)に入りました。
国道249号線にランチの立て看板を見つけて、矢印の方向に向かって行きました。なかなかたどり着かないので不安になったのですが400m(GoogleMapでは200m)ほど入ったところにナチュラルハーブカフェがありました。
入口は民家っぽいので、ちょっと入りづらいです。ドアを開けると、靴を脱いでスリッパに履き替えるようになっていました。ドアを開けると音が鳴って、奥の方から声が聞こえました。中に入って奥まったところにカフェの部屋があります。初めてだと、ちょっと敷居が高いです。
カフェに入って一人だと言うと、好きなところにどうぞと言われました。
内装は、この辺りでは巡り合えないシャレた内装でした。
natural1.jpg
テーブル席に座ると、そば茶が出されました。とても美味しいお茶でした。
natural2.jpg
ランチメニューはサーモンのパイ包み焼エビクリームソース、ハンバーグステーキ デミグラスソース、日替わり(今日はエビグラタンのパイ包み焼 ジェノベーゼソース)の3種から選べて、いずれも1400円です。デザートを加えると1940円です。
個人的にはランチ1400円は贅沢な感じです。店頭に価格の表示はあったほうが良いです。

今日は日替わり(エビグラタンのパイ包み焼 ジェノベーゼソース)を注文しました。
ご飯とパンを選べるので御飯でお願いしました。飲み物が紅茶とコーヒーを選べるので、アイスコーヒーでも良いですかと聞くと、ちょっと困った顔をしていたので、ホットコーヒーでいいですと答えました。
20分ほど待って、日替わりのランチ(エビグラタンのパイ包み焼 ジェノベーゼソース)が出されました。
コーヒーを出しても良い時間になったら呼び鈴をお願いしますという事でした。
日替わりのランチには、エビグラタンのパイ包み焼 、かぼちゃと紫芋のスープ、紫芋とニンジンとキャベツの温野菜、野菜サラダ、ご飯が付いていました。
natural3.jpg
そば茶を飲みほしてあったのに気づいて、冷たい水が出されました。
かぼちゃと紫芋のスープも紫芋とニンジンとキャベツの温野菜も、とても美味しかったです。
エビグラタンのパイ包み焼は味は良かったのですが、パイの中身のエビグラタンが冷たかったのは残念でした。エビは冷蔵庫から出されたままというくらい冷たかったです。
食事を終えて、呼びブザーを押すと、すぐにコーヒーが出されました。
natural4.jpg
お帰りの時には呼び鈴をお願いしますと言われました。会計はテーブル席で行うシステムになっていました。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいということなんだと思います。

ナチュラルハーブカフェ(Natural)の場所はこちら  石川県七尾市田鶴浜町63−1


ICOU(イコウ)

2020年1月8日

今日は久しぶりにICOU(イコウ)に行きました。
メニューが随分変わっていました。
ICOUのいつもごはん1518円、パワーサラダランチ1518円、パンランチ1408円、玄米チャーハン1298円、ICOUの気まぐれカレーランチ1518円などがありました。
ドリンク無しのリーズナブルなメニューが無くなったのは寂しい限りです。
今日はICOUのいつもごはん1518円を注文しました。飲み物が選べるということなので、アイスコーヒーでもよろしいですかと聞くと、コーヒーはホットコーヒーだけだと言うので、ノンアルコールビールを頼みました。
15分ほど待ってICOUのいつもごはんが出されました。
ICOUのいつもごはんには、ほうれん草とエノキのおひたし、たまご焼き、キンピラごぼう、ブロッコリーとさつまいものサラダ、シイラの唐揚げおしょうゆソース、ローストチキン、玄米ご飯、野菜のお吸い物が付いていました。
玄米ご飯には、ゴマ塩が付けられていました。調子に乗ってゴマ塩をかけたら塩っぱくなってしまいました(笑!)
相変わらず、ICOUの料理はどれも美味しいです。
ランチ1518円は高いと思いますが。値段だけの価値は十分あると思います。
飲み物なしの、リーズナブルなランチがあると申し分ないと思うのだけどなあ・・・

icou4.jpg

2014年12月18日

今日はmaboさんお奨めの香華園 川原町支店のカツ丼を食べに行こうとお店の前に自動車を駐車したのですが、お店の人が出てきて、ここで駐車したら都合が悪いと言われました。仕方が無いので香華園川原町支店に入るのを断念しました。もうちょっと言い方があると思うんですけど。香華園川原町支店に行く事は、もう一生無いと思います。
せっかくなので水曜日定休のお店に行こうということで、イル・ピアット・ハタダに行きました。ところが除雪のため(?)臨時休業になっていました。
そういう訳で、久しぶりにICOU(イコウ)に行きました。急な豪雪のため大通り以外に自動車で入るのはリスクがあるので、駅近辺から歩いていきました。結構大変でした。
この豪雪なので店内は空いていて、ストーブに一番近いテーブル席に座りました。今日のランチは七尾産サバの竜田揚げ、野菜オムレツ、加賀レンコンのキンピラ、能登娘の柚子酢和え、能登島豚の豚汁でした。
今日はランチのドリンク無し950円を注文しました。ご飯は玄米で頼みました。
ICOU(イコウ)は、Wifiのフリースポットが整備されているので、タブレットでインターネットをしながら料理が来るのを待ちました。店内には相変わらず趣味の良い音楽が流れていました。
今日は、それほど待つ事無くランチが出されました。
七尾産サバの竜田揚げと、能登娘の柚子酢和えの美味しさは格別でしたが、他の料理の味付けもよく、全部美味しかったです。
ICOU(イコウ)は本当に良いお店です。お奨めです。

ICOUのランチ
ICOUのランチ

2014年5月9日

今日は七尾市のICOU(イコウ)に行ってきました。一本杉通りの近くに新しいお店が出来たと聞いていて、店名も知らずに、ふらふら歩いていたら、Lunchの看板が出ている古風なお店がありました。数量限定ICOUランチ950円と掲示されていましたが、どうみても食べ物屋さんと思えない店構えだったので、戸を開けて食事できるのですかと聞くと出来るというので入ってみました。
お客は、それなりに入っていて、カウンター席とテーブル席と小上がりの席がありました。1人ですけどと言うと、カウンター席か大きなテーブル席でお願いしますと言われました。カウンター席はかなり狭そうで、あまりにも入口に近く落ち着かないので、大きなテーブル席でも良いですかと改めて聞いてテーブル席に座りました。大きなテーブル席と言っても4人用なので、ちょっと気がひけました。
テーブル席に座ると、紙のお手拭を持ってきてくれました。水はセルフということでした。本日のICOUランチの内容が書かれた大きな黒板を持ってきました。料理がたくさん書かれていたので、どれかを選ぶのですかと聞くと、ICOUランチに全部の料理が入っているということでした。ICOUランチは950円ですが、400円までの飲み物付きは1100円、それ以上の料金の飲み物付きは1200円ということです。
今日はICOUランチ950円を注文しました。白米と玄米とパンを選べるということなので玄米を頼みました。
店内を見回すと、元々は酒屋であった古い町家を改装したお店で、パソコンからセンスの良い聴きやすい音楽がかかっていました。天井の柱もものすごく大きく頑丈そうな造りです。
食事が出されるまで20分ほど待ったのですが、他の女性のお客がテーブルに大きなレンズのついた一眼レフのカメラを置いていて、料理が来たら、料理の撮影を始めたのでびっくりしました。立ったり座ったり複数枚撮っていました。
ICOUランチには、フクラギのカレー粉揚げ、鶏の甘辛煮、ミズフキとレンコンの煮物、小松菜のゴマ和え、ジャガイモとスナップエンドウの煮物、玄米、味噌汁が付いていました。ご飯の大盛りはサービスのようです。
フクラギのカレー粉揚げ、鶏の甘辛煮の美味しさも格別でしたが、他の料理も全部美味しかったです。
玄米も美味しかったけど、他の客が頼んでいたパンも美味しそうでした。
ICOU(イコウ)はお奨めです。満足しました。久し振りに 「能登の食 美味しいランチの飲食店」 2つ星に登録です。
ICOU(イコウ)は火曜日か水曜日に不定期に休みをとっているようです。

ICOUランチ

ICOU(イコウ)の場所はこちら    石川県七尾市木町1-1


とりごこち 七尾店

とりごこち定食590円の看板を見かけて「とりごこち 七尾店」に入りました。
いつの間にランチはじめたのだろう?
営業中の旗が掲げられていたので、入ろうと思ったら、開店は11:30からということだったので、近くで時間をつぶして入店しました。開店前に営業中の旗をたてるのはやめた方が良いと思います。
店内に入ると、店員がお迎えしました。靴は脱いで下駄箱に入れるシステムになっていました。
カウンター席もありましたが、4人掛けのテーブルがある個室に案内されました。
すぐに、冷たい水と、紙のおしぼりが出されました。
メニューを見ると、黒酢合い盛定食670円、味噌から合い盛定食670円、とりごこち定食(唐揚げ5個)637円、特製南蛮定食745円、おろしポン酢定食745円、超メガ盛り定食(唐揚げ12個)1058円、油淋鶏合盛り定食670円などがありました。
とりごこち定食は標準は唐揚げ5個ですが、4個、6個、7個も選べます。
定食でのランチタイムはご飯のお替りは自由です。

とりごこち定食590円の看板は税抜きの価格だったのでした。

今日は、味噌から合い盛定食670円を注文しました。
それほど待たずに、味噌から合い盛定食が出されました。
味噌から合い盛定食には、鮭のピリ辛和え、鶏の味噌から合い盛、ご飯、味噌汁が付いていました。
その後、紫蘇醤油ドレッシングと胡麻ドレッシングが出されました。しばらくしてタブレットPCを置いていきました。タブレットPCはレシート替わりで、おしぼり、熱いお茶、お冷、ひざ掛け、お子様の食器セット、食器、お箸、一味唐辛子、胡麻、マヨネーズ、スタッフを呼ぶのボタンがあり、押して送信をすると、すぐに対応するようになっています。
こういうのは良いです。

鶏の味噌から合い盛には薄く切ったキャベツが山盛りで付いていました。薄く切ったキャベツってドレッシングをかけて食べると美味しんですよね。半分ずつ2種類のドレッシングで食べました。美味しかったです。
とりごこち の鶏の唐揚げは下味がしっかり付いていて、熱々で、しかも衣が薄くて美味しいです。「からやま」とか「から好し」の唐揚げは衣が厚くて硬めなので違和感があるのです。そういう意味でとりごこちの唐揚げのほうが個人的には好みです。2種類の唐揚げを楽しめたのも得点が高いです。

ただ、ご飯は柔らかすぎて不味かったし、味噌汁も味付けが物足りなかったです。もちょっと頑張って欲しいです。

torigokoti.jpg

とりごこち七尾店の場所はこちら  石川県七尾市国分町6−3


桃花(メイファ)

金沢バス実況さんから情報提供をいただいた「桃花(メイファ)」に行ってきました。
「桃花」は、宇野気駅近くのかほくホテルなごみ亭にあるお店ですが、以前は「旬の味処 なごみ(和)」があったところです。

「桃花」は中華料理のお店で、店頭に本日の日替わりランチセット(平日のみ)1000円のメニューが掲示されていました。

カウンター席もありますが、奥まった場所にあり、そちらのほうは常連さんのための場所という感じです。どこでも良いですという事なのでテーブル席に座りました。
すぐに冷たいウーロン茶が出されました。
日替わりランチを注文しました。
メニューには日替わりランチセットの他に、梅花ランチセット(メイン料理を唐揚、麻婆豆腐、酢豚から選べる)1000円、ラーメンと丼とデザートがセットになっている麺飯セット950円などがあります。+100円でコーヒーとプチケーキが付きます。
その他に単品料理に+100円でご飯とスープを付けることができます。
単品料理には、中華料理の定番ものは、だいたい揃っていますし値段も手ごろに設定されています(例えば五目煮込み600円、麻婆豆腐650円、エビチリ850円など)。

8分ほど待って、日替わりランチセットが出されました。
日替わりランチセットには、スナップ豆とエビの炒め、ナスの味噌炒め、ご飯、スープ、タピオカみたいなデザートが付いていました。

メイン料理2種が、こってり系とあっさり系の組み合わせで好感が持てました。味はどちらかというと和風の中華料理で上品な味付けです。これはこれで美味しいです。
ご飯の量は、控えめで物足りなさを感じました。

スナップ豆という事でしたが、小さなスナップエンドウが入っているのかと思いましたが、大量の大きな豆が入っていたのは、ちょっと困りました。個人的に大きなエンドウ豆(グリーンピースも含む)が苦手なんです。
メニューに日替わりランチセットの料理の写真も載っていたので、ちゃんと見なかった自分が悪いんです。

お茶が減っていて、途中で追加で注いでいただけました。
若いご夫婦がやっているお店のような感じで、接客もよく感じのよいお店だと思いました。

momohana.jpg

桃花(メイファ)の場所はこちら   石川県かほく市宇野気り207-6

近くで600円ランチのお店を見つけました。


るるるん・ち

今日は、金沢バス実況さんの情報提供で「るるるん・ち」へ行きました。
「るるるん・ち」はJA羽咋の一角にあります。
就労支援施設が運営する夢生民(むうみん)の系列店になります。
ランチの看板が無かったので、ちょっと不安だったのですが、外にあるテーブル席に本日のワンプレートランチのメニューの小さい紙が置かれていたので入ってみました。もっと大きくランチの掲示をしたほうが良いと思うんだけど。

テーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。店内ではJAZZがかかっていました。
カウンター席には本日(日付入り)のワンプレートランチ750円のメニューが書かれた小さい紙が置かれていました。
毎日、ワンプレートランチのメニューを作っているようです。こういう配慮は嬉しいです。
能登豚と春キャベツのマスタード焼き、青菜とポテトのカレー風味ソテー、絹さやとバジリーナのパスタ、レタスと卵の炒め物、スープバー、ご飯(白米か玄米)でした。
店員さんが来たのでランチ750円を注文しました。
玄米と白飯を選べるという事で玄米を頼みました。
スープは飲み放題だという事でした。
すぐに冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
さっそくスープを取りに行きました。スープはポタージュスープとコンソメスープと味噌汁がありました。ポタージュスープを持ってきました。
ポタージュスープは薄めでしたが美味しかったです。
それほど待たなくワンプレートランチが出されました。
どれも手間のかかった料理でした。
ポタージュスープはお替りして飲みました。

rururunti.jpg

るるるん・ちの場所はこちら  石川県羽咋市太田町80


グリル&ハンバーグNino

金沢バス実況さんの情報提供で「グリル&ハンバーグNino」に行ってきました。
羽咋駅の真ん前です。
駐車場は、麺's じむりの建物の裏で、麺's じむりと共用のようです。駐車場は空いていました。
「グリル&ハンバーグNino」の店頭にはランチメニューが掲載されていて、安心して入れます。
店内はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席に座りました。
すぐに冷たい水と紙のお手拭が出されました。
ランチメニューとしてハンバーグ&フライドチキン900円、チキン&ベーコン900円、チーズハンバーグ&エビフライ&チキン1200円、チキン目玉焼き&ウインナー&ポーク1200円がありました。いずれも野菜サラダが付いていて、ライスとカレー食べ放題付です。ソフトドリンクが200円と安く設定しているのも好感が持てます。
女性一人で切り盛りしている感じです。

今日はチキン&ベーコン900円を注文しました。
最初に野菜サラダが出され、ライスとカレーがセルフで食べ放題である事の説明がありました。
水は柑橘系の香りがしました。
一緒に写真を撮りたかったし、そのまま待っていたのですが、なかなか料理がでてきません。
そろそろ料理が出そうな雰囲気だったので、カレーライスを量を控えめに持ってきました。
フォークとナイフは出されますが、箸とスプーンはセルフなので一緒に持ってきました。水のお替りもセルフになっていました。

それでも、なかなか料理が出てこないので、野菜サラダとカレーを食べ始めました。
野菜サラダのドレッシングは塩っぱかったです。カレーも少し塩っぱめでした。

写真にのっている野菜が無くなったので、フライドポテトでも良いかと聞かれました。野菜サラダが付いているので、添え物の野菜よりフライドポテトのほうが嬉しいので、いいですよと答えました。

カレーを食べ終わってひと心地ついた頃、注文して15分たってからメイン料理が出されました。

注文してから他のお客に料理を出した形跡が無いので、野菜が無くなっていたので、どうしようかと考えていて時間が遅くなったような感じです。

改めてご飯を持ってきました。

チキンソテーはソースをたくさんつけると塩っぱいし、ソースを付けないと味が薄いので、ソースの付け具合が難しいです。
ベーコンはソースをつけないで食べるとちょうど良い味付けでした。

全体的に味が塩っぱめだと感じました。そういえば、同じ羽咋の中華料理屋さんの開口笑も味が塩っぱめだった事を思い出しました。
羽咋市の人は、塩っぱめの味付けが好みなのかなあ?

レジの時に飴(チュッパチャックスの形)はどうですかと聞かれて、種類を言われたので、プリンをお願いしますと答えました。
そしたらプリンの飴を探して渡されました。

感じの良いお店ですし、ボリューム満点のお店ではありました。

nino1.jpg
nino2.jpg

グリル&ハンバーグNinoの場所はこちら  石川県羽咋市川原町チ175-4


KUKURI

今日は、金沢バス実況さんの情報提供でKUKURIに行きました。
駐車場が満車状態でしたが、席は空いているようだったので、自動車を近くの公共施設の巨大駐車場に停めて歩いて行きました。
店頭に本日のランチ 特性豚丼900円の掲示がありました。
この掲示がある内はランチがまだ残っているということなのだと思います。
店内は全員女性でした。窓際のカウンター(というより奥行きの浅いテーブル)が空いてたので座りました。
メニューをもってすぐに来てくれましたがメニューは見なくてランチを頼みました。今日のランチは豚丼ですけど良いですかと言われました。
冷たい水と、冷たいタオルのおしぼり、紙のお手拭きが出されました。

店内を見ると手作り感満載です。テーブルも棚も工作です。自分が座ったテーブルは天板が固定されていませんでした。木の板が足の上に置いてあるだけです。ちょっと寄りかかったら天板が動いてびっくりしました。
壁も自分で塗装してあるのがすぐわかりました。柱の部分も塗料がついていました(笑!)。

本日のランチ 特性豚丼には、ボリュームいっぱいの豚肉の焼肉がのっかっていて、その下には刻みキャベツがあって、その下に御飯って感じです。味付けも良くとても美味しかったです。御飯の量は控えめで、男性には物足りないかもしれません。
その他には味噌汁と、大根とニンジンの酢の物と市販の漬物が付いてました。

900円だからデザートでも付くのかなと思っていましたが、これで終わりでした。
美味しかったけど、料金はちょっと割高かなと感じました。
カフェなので食事だけするというより、のんびりくつろぐって感じなので、そんなもんかなと思いました。

kukuri.jpg

KUKURIの場所はこちら  石川県七尾市本府中町59−2