石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

山勝角ふじ

2020年6月17日

今日も、山勝角ふじに入りました。
期間限定の「辛モツ角ふじ麺」が食べたかったのです。発券機で食券を購入してから気がつきました。「辛モツ角ふじ麺」は無くなっていて、「角ふじ流台湾ラーメン」に変わっていました。950円でした。
取り消しを頼むのもはばかられて、そのまま食べる事にしました。発券機は、どうも苦手です。

「辛モツ角ふじ麺」は激盛ではなく普通の大きさのラーメンです。
スープの味は、辛めですが、かなり濃い目です。野菜の中心はもやしですが、もやしや麺を食べる時には、ちょうど良いスープですが、残ったスープを飲むには、かなり塩っぱいです。健康にも悪そうだし、全部は飲めませんでした。
麺はコシが強い太麺です。台湾ラーメンで太麺というのは、あまり経験したことが無いですが、意外と台湾ラーメンに合っていました。
とても美味しいと思いましたが950円は高いと感じました。
普通の角ふじ麺にしたほうが良かったな。

kakuhuji2.jpg

2020年6月10日

今日は、山勝角ふじに入りました。
山勝角ふじのところの駐車場は、道路から見ると、いつもガラガラなので人気無いのかなと思っていたのですが、道路から見えるところは1台だけ山勝角ふじの駐車場で、残りはお店の裏側にあったのでした。きっと同じように感じる人もいるので、ちょっと損してると思います。駐車場がガラガラのラーメン屋には誰も入りたくないですものね。
山勝角ふじは、つけ麺と激盛の角ふじ麺のお店です。
最初に、自動発券機で券を購入するのですが、大きなメニューの掲示も無かったので戸惑いました。
今日は、最初からつけ麺を食べるつもりだったのですが、つけ麺にもタレの種類が6種類もあるので、どれにしようか迷っていたら、、迷ってたらお客が入ってきたので焦りました。発券機は1台だけなので迷っている余裕はありません。
一番左にあった醤油つけ麺850円を購入しました。
ちなみに激盛の角ふじ麺も味が5種類あります。その他に通常の中華そばなどもあります。量によって中盛、大盛、特盛、特特盛、バカ盛、漢盛などがあります。激盛の角ふじ麺も850円からです。
値段は、ちょっと高めです。
1人だったので、カウンターにどうぞと言われました。他のお客から一番離れた一番奥に座りました。カウンターにはコップとピッチャーが置かれていました。箸もレンゲもセルフです。
カウンターに食べ方の説明があって、つけ麺は食後にスープを入れてもらって飲むのが良いとの事でした。
待っている間に、お店の人が大量のタマネギを切っていました。眼鏡もしていなくても平気で切っていましたが、カウンターにいても、目がショボショボしました。
10分ほどして醤油つけ麺が出されました。タレが熱いので注意してくださいと言われました。
醤油つけ麺は、極太でコシのある麺で、あまり味についていないチャーシューと海苔とはべんが入っていました。
醤油ダレは熱々でタマネギや天かすが入っていました。

少し甘めで、とても美味しかったです。麺が冷たいので、途中でタレがぬるくなってきました。個人的にはタレは熱いほうが美味しいので麺も熱いままのほうが良かったかなあと感じました。
食べ終わってから、スープを頼みました。ユズとタマネギを入れますかと聞かれたので、お願いしました。スープを入れてもらって飲んだのですが、それでも、かなり濃かったです。もうちょっと薄めてもらえば良かったかなあ?

かなり気に入ったので、激盛の角ふじ麺も食べてみようかな

kakuhuji.jpg

石川県金沢市北町丁31  山勝角ふじの場所はこちら


コメントする