石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

夢茶寮

Gotoイートのポイントを消化するために、ホットペッパーを通じて予約して夢茶寮に行きました。
1400円分のポイントを予約時に使いました。
雰囲気の良いお店です。
早い時間でしたが、自動車がたくさん駐車されていました。
店内にはカウンター席もありましたが4人掛けの個室に案内されました。
熱いお茶と、紙のお手拭きが出されました。使い捨てマスクケースも出されました。珍しいです。
メニューを見ると、日替わり茶寮弁当(御飯もしくは変り種ご飯セット1430円、釜飯セット1650円、海鮮ちらし寿司セット1870円)、晴れの日御膳2189円、能登一夜干しとチキン南蛮の二味膳1870円、板前心弁当1650円、鍋焼きうどん定食1529円、豚ロースかつ鍋定食1529円、牛すき焼き定食2409円、釜炊きご飯と選べるおばんさい2品セット1430円など、かなり多くの種類がありました。
今日は、日替わり茶寮弁当(御飯もしくは変り種ご飯セット1430円)を注文しました。ご飯とちりめんじゃこ御飯を選べたので、ちりめんじゃこ御飯を頼みました。
10分ほど待って、茶碗蒸しが出されました。ちょっと迷ったのですが、次の料理が出てくるのが遅そうな気がしたので、次の料理が出るのを待たず食べました。
茶碗蒸しには、いろんな具が入っていました。あまり具の多い茶碗蒸しは好きでは無いのですが、入っていた具が、おのおの個性的な味と食感を主張していて、とても楽しめたし美味しかったです。
さらに17分待って、料理が出されました。サケと甘エビの刺身の盛り合わせ、ヒレカツ、高野豆腐の煮物、風呂吹き大根の牛そぼろ味噌かけが付いていました。
刺身の鮮度は抜群で、甘エビは明らかに地物って感じでトロっとして美味しかったです。
ヒレカツは国産豚ということですが柔らかく衣もサクサクして美味しかったです。
風呂吹き大根の牛そぼろ味噌かけも美味しかったです。
少しは予想していたのですが、ご飯や味噌汁や漬物がなかなか出てきません。
結局、料理が出てから11分後に、チリメンジャコ乗せのご飯や味噌汁や漬物が出されました。

夜の会席料理とかなら、そういうのが普通ですが、ランチだとちょっときついかなあ。一緒に出すのと、ゆっくりと出すのとを選べればいいかなと思いました。

お茶を飲みほしてあるのに気づいて追加でお茶を入れてくれました。ついでにお茶の入ったポットも置いて行ってくれました。
箸が、とても食べやすくて、それも得点が高かったです。
ランチとして1430円というのは個人的には高いと感じましたが、1430円の価値は十分あると思いました。

料理が美味しくて、雰囲気も良くて、接客も良かったのですが、席のすぐ横の窓のサッシの内側にクモの巣が張っていたのは残念でした。

yumesarou1.jpg
yumesarou2.jpg
yumesarou3.jpg

夢茶寮の場所はこちら  石川県金沢市有松4丁目13−8

氷見魚市場食堂

今日は氷見魚市場食堂 に行きました。
氷見魚市場食堂は、氷見漁港の市場の2階にあります。氷見漁港の市場の2階は市場の見学場でもあり、観光を意識した施設です。
店頭にメニューが掲示したあるので安心して入れます。
氷見魚市場食堂は;かなり広く団体さんでも対応できそうな感じです。氷見魚市場食堂も観光を凄く意識した食堂って感じです。
氷見魚市場食堂は6:30〜15:00の営業で、平日の10:50なのに、それなりにお客が入っていました。
お茶や水はセルフになっています。

レジの近くに、本日入荷のお魚の掲示がありました。
今日は、フクラギ、マダイ、メジナ、スズキ、アンカン、サワラ、アオリイカ、甘えび、カジキ、シイラでした。焼き魚はカマス、カレイでフライはカンパチ、シイラでした。

メニューは、氷見浜丼ちょっこし盛(小盛)1419円、氷見浜丼やわやわ盛(普通盛)1969円、氷見浜丼はんさ盛(大盛)2519円、氷見海鮮漬丼1969円、お刺身定食1969円などがありました。

今日は氷見浜丼ちょっこし盛(小盛)1419円を注文しました。
最初に土鍋の漁師汁が出されました。カセット燃料のコンロに乗せられていていました。魚のあらとつみれ団子が入っていました。魚のあらは、しっかりと身が付いていたしボリュームもあり美味しかったです。
コンロは自分で消さなくても途中で消えました。ちょうど良い量のカセットがあるのか、たまたま燃料切れだったのかは不明です。
その後、氷見浜丼ちょっこし盛と漬物とかぼちゃの煮物が出されました。
氷見浜丼ちょっこし盛に使われている魚の種類の説明がありました。フクラギ、スズキ、アンカン、甘えびが入っていました。
魚は普通の刺身くらいの厚さに切られていて、ちょっこし盛(小盛)といえどボリュームもあったし、新鮮さを感じました。ただご飯の量は少なさを感じました。
漬物も自家製だと思われました。
全体的な量としては不満には感じませんでした。
店員さんの感じも良かったです。
ただし、市場の食堂ってイメージの割にはお得感は感じられず、値段相応の料理だと思いました。
あくまでも観光目当ての食堂って感じです。

himiitiba.jpg

氷見魚市場食堂の場所はこちら   富山県氷見市比美町435

鮨正

今日は、津幡町の鮨正に入りました。店頭にランチメニューが掲載してあって安心して入れます。
ランチメニューは、にぎりランチ1100円と、ちらしランチ1500円があります。
開店時間11:30に入店しました。お客はいませんでした。
にぎりランチ1100円を注文しました。
熱いお茶と、タオルのお手拭きが出されました。お寿司屋さんに入ったんだなあと感じました。
最初に、うどんが出されました。
揃ってから一緒に撮影しようと思っていたのですが、すぐに寿司が出てくるような感じでなかったので、先に食べることにしました。
天かすが入った美味しいうどんでした。
うどんがきて9分ほどたってから、握り寿司の盛り合わせが出されました。
握り寿司が9貫あってボリューム満点です。玉子とか茹で海老など入れて数だけ間に合わすような小細工はありません。
新鮮さも感じられて美味しかったです。
新型コロナの影響でお客が少ないので良いネタをたくさん仕入れられない面と、魚が安いので良いネタを仕入れられる面とでプラスになっているかマイナスになっているか分からない面もありますが、これくらいの水準は常時保っていると思われます。
その他に、味噌汁とデザートのバナナが付いていました。コストパフォーマンス抜群です。
津幡にはランチの水準が高いお店が多いです。
お客は途中で1人入ってきましたが、離れた席に座ってくれました。狙い通りお昼前に店を出ることができました。

susimasa1.jpg
susimasa2.jpg
susimasa3.jpg

鮨正の場所はこちら  石川県河北郡津幡町庄ト116

みつき庵

2020年4月1日

今日は、ランチをみつき庵でとりました。

今日も知人の奢りです(笑!)
夜には来たことがあるのですが、お昼に利用したのは初めてでした。
店頭にランチメニューが掲示してありました。
ランチは30食限定で松花堂弁当が2420円でデザート付で2640円です。
今日はデザート無しでいただきました。
店内にはメニューは置いていないような感じでした。
今日は運転手替わりなので、知人はお酒も頼みましたが、俊は大人しくお茶です。
最初に茶わん蒸しが出されました。とても美味しかったのですが、知人はこの店は出汁が秀逸で茶わん蒸しは、どこよりも美味しいと言っていたのですが、俊にはよくわかりませんでした。
その後、松花堂弁当のおかずと寿司の盛り合わせ、甘エビの頭と魚のアラの味噌汁が出ました。
松花堂弁当には、蟹の身の酢の物や刺身、焼き魚、春巻き、ごま豆腐、ホタルイカの酢の物、出汁巻玉子、タラの子の煮物、野菜の煮物など9種類の料理があり豪華過ぎでした。
刺身の鮮度も申し分なく、とても美味しかったです。
いろんな種類の料理が食べられるというのは至福な事です
寿司の盛り合わせも、新鮮でとても美味しかったです。
知人が食べきれないという事なので、知人の分の寿司も少し食べました。
食後のコーヒーも、とても美味しかったです。
自分では、こんな高級なランチは食べに行けませんが、当然のことながら満足しました。
知人が常連のお店だったので、カウンターでマスターとも話をしていたのですが、コロナの影響は多大で300人のキャンセルがあったということです。

mitukian11.jpg

mitukian12.jpg

mitukian13.jpg

mitukian14.jpg

mitukian15.jpg

2015年12月5日

今日は、みつき庵で飲み会がありました。金沢の飲食店の料金が高騰しているので白山市で飲み会という訳です。
料理5000円、飲み放題2000円のコースのようです。
生ビールを頼んだのですが、最初はグラスで出てくるのですが、2杯目からはピッチャーで出てきます。それはまあ我慢できるのですが、そのピッチャーは何故だか、どのように工夫しても泡が大量に出てしまうので困りました。飲み放題対策のつもりかもしれませんが、これはセコイです。
最初に、カツオの内臓とタコの石焼が出てきました。なんか凄くしょっぱくて困りました。

mitukian1.jpg
mitukian2.jpg

次に刺身の盛合わせが出されました。さすがに鮮度は抜群でした。

mitukian3.jpg

白子の茶碗蒸しはとても美味しかったです。

mitukian4.jpg

mitukian5.jpg

猪のつみれ汁は珍しくて良かったです。

mitukian6.jpg

定番の香箱蟹と揚げ物が出て最後にお寿司がでました。

mitukian7.jpg
mitukian8.jpg
mitukian9.jpg

強烈なインパクトのある料理はありませんでしたが、どれも美味しかったです。

みつき庵の場所はこちら   石川県白山市中町18-1

くら寿司の旬の海鮮丼

くら寿司で、ランチ限定で旬の海鮮丼550円を始めたというので、行ってきました。
実はくら寿司へ行くのは初めてです。
13:00を過ぎていたのですが、新型コロナウィルスの影響もあってか、空いていました。最初に、手をアルコール消毒することを勧められました。皿はカプセルのカバーを触らないで皿だけを抜き取ってくださいとの説明がありました。
周っている寿司も少しはありましたが、基本的にはタッチパネルでの注文になっています。
醤油皿が無いので、ガリを乗せておくのに戸惑いました。
ランチ限定の旬の海鮮丼550円と、少し後で胡麻香る担々麺429円を注文しました。
4分ほど待って、旬の海鮮丼が流れてきました。普通の寿司用のレールと違うレールで、しかもパネルで音と表示があるので分かりやすいです。
旬の海鮮丼には味噌汁も付いています。
旬の海鮮丼は、イクラやウニも乗っていましたが、本物かどうかは判断できません。具はたくさん乗っていました。特別美味しいとは思いませんでしたが550円の海鮮丼としては、りっぱなものです。
胡麻香る担々麺は基本的な味付けは良いのですが、塩気が強すぎだと感じました。麺は太麺でコシが強く好みの感じです。ボリュームは通常ラーメンの半分以下かなと思います。水が欲しくなりました。
食後にデザートを頼もうかと思っていたのですが、お腹いっぱいになったのでやめました。

kurasusi1.jpg
kurasusi2.jpg

すし食いねえ!県庁前店

今日は、すし食いねえ!県庁前店に入りました。
時間が遅かったので、空き席が結構あったのですが、受付の端末の操作をして待たないといけないシステムになっていました。
すぐに席に案内されましたが、回転のレールがありません。すし食いねえって回転すしかと思っていたけど違うんですね。
ランチメニューは得々ランチ(限定30食)660円、満腹ランチ(限定20食)1210円、特上ランチ(限定20食)2200円、得盛ランチ(限定数無し)1045円がありました。得々ランチと満腹ランチは売り切れでした。
今日は得盛ランチ(限定数無し)1045円を注文しました。
お茶はおのおのの席からセルフで3種類ほどから選べます。ガリも食べ放題です。

それほど待たずに得盛ランチが出されました。11貫の寿司と、結構な量のアラ汁が出されました。
寿司は玉子、生ゲソ、イカ、甘えび、ねぎとろなども入っていたけど、魚に新鮮さを感じましたし、アラ汁も食べられる魚がちゃんと入っていたし美味しかったです。お腹もいっぱいになったし満足しました。お奨めです。
キャッシュレス5%還元だったのでクレジットカードで支払いました。
16:00までランチをやっているのも得点高いです。

susikuinee.jpg

すし食いねえ!県庁前店の場所はこちら  石川県金沢市西都1−51

喜乃屋

毎年、高校の部活の時の仲間と忘年会をしています。
幹事は持ち回りで今年は俊が幹事です。
俊は宴会にあまり行かないので、宴会の幹事は苦手なんです。
11人と半端な人数なので、難しいんですよね。1年に一回会うのだから話をしたいので席の移動がしやすいというのが最重要なのです。11人は入れる部屋があっても、ぎりぎりの狭さだとダメなんです。
できれば座敷の方が理想的なのですが、料理が安くて美味しくて、みんなが集まりやすい金沢駅周辺のお店ってなかなか無くて、テーブルの席のお店で妥協しました。法事なんかだと年寄りが多いのでテーブル席の方が喜ばれるのでテーブル席の部屋のお店って増えています。
喜乃屋は十年以上前にネットの仲間から安くて美味しいと聞いていて興味を持っていたのですが行った事は無かったのです。

喜乃屋さんには、打ち合わせの時から随分無理を言いました。
とにかく、家庭でも食べられる当たり前の料理は避けて、量は少なくても良いから、美味しいというのを最優先にして欲しいと伝えました。
料理の内容を確認したら、甲箱蟹を出すと言うので、甲箱蟹はどんな料理で出すのかと聞くと、普通にゆでると言うので、それでは月並みだという事で、おでんの蟹面にして出してもらう事にしました。喜乃屋はおでんもやっているのです。
喜乃屋のメニューを見て、牛スジ煮込みがどうしても食べたくなって、牛スジ煮込みをなんとか入れようと思い、さすがに全員に牛スジ煮込みっていうのも好き嫌いがあるかなということで、1品を牛スジ煮込みと選択制にする事を思いつきました。
喜乃屋の店長と相談して、白子のしゃぶしゃぶと牛スジ煮込みを選択制にすることにしました。もちろん前日までに白子のしゃぶしゃぶと牛スジ煮込みの数の配分は連絡しました。
骨を出すのに気を使わないといけないような焼き魚は避けるように頼みました。
それと、焼き魚と刺身でサワラとタイは使わないように頼みました。サワラとタイって安易な魚の代表って印象があって、せっかく金沢に住んでいてサワラやタイを出すようなお店は外道だと思っているんです。
そういう要望を快く引き受けてくれた喜乃屋さんには感謝です。
それほど飲まないと思ったので、飲み放題は付けないことにしました。飲み代は1人2000円で計算して会費8000円に設定しました。

定時にみんな揃いました。喜乃屋は良いと数人の参加者から言われました。なかなか予約がとれないって言われました。やっぱり評判が良いようです。入店時に、お店の入り口に今日は予約で満席ですとの掲示がありました。ちなみに予約は9月末に入れときました。

生ビールから始めました。

最初に茶わん蒸しが出されました。ちょっと拍子抜けしました。
でも、タラコが入っていたり一部分だけ柚子の味がしたり食感や味に変化が施されていて、とても美味しかったです。
kinoya1.jpg
なんとなく、ノドクロの話題になって、ノドクロは塩焼きが一番おいしくて、刺身で出すのは邪道だと言っていたのです。
そこで出てきたのは、ノドクロの刺身でした。ギャーって感じです。
でも、肉厚で美味しい刺身でした。なんとか面目を保てました。
kinoya2.jpg
次に出されたのは鯨の刺身でした。臭みが全くなく美味しかったです。こういう珍しい素材を出されるのは大歓迎です。
kinoya3.jpg
次に牛スジ煮込みが出されました。しらこのしゃぶしゃぶはまだ出されません。味の種類とかを考えて料理の順番を考慮したのだと思われます。喜乃屋の牛スジ煮込みは独特で、野菜やキノコがたくさん入っていて、すき焼きのように卵につけて食べます。
牛スジは柔らかくて、とても美味しかったです。
kinoya4.jpg
次にあん肝が出されました。これも珍しくて、とても美味しかったです。
kinoya5.jpg
次におでんの蟹面が出ました。実は、おでんの蟹面を食べるのは初めてなんです。甲箱蟹を食べたのは今年初めてという人も多くて評判が良かったです。おでんの蟹面に批判的な人もいたのですが、この蟹面は美味しいと言ってくれました。その人が言うには、この蟹面は、他の具材と一緒に似たものではなく甲箱蟹単独で似たので美味しいのだと言っていました。真相は不明です。
kinoya6.jpg
次に、白子のしゃぶしゃぶが出されました。新鮮な白子で自分の好みのゆで加減で食べられるので評判が良かったです。
kinoya7.jpg
次は、ノドクロの塩焼きでした。かぶら寿司と鯖のへしこが添えられていました。
ノドクロの塩焼きは当たり前に美味しかったですし、鯖のへしことかぶら寿司も美味しかったです。
実は、個人的に、かぶら寿司と鯖のへしこは生臭いので苦手なんです。でも、喜乃屋のかぶら寿司と鯖のへしこは生臭くなく美味しかったです。びっくりしました。
kinoya8.jpg
最後の締めは、具がたっぷりの蕎麦でした。お腹いっぱいになりました。
kinoya9.jpg

お店に会費8000円(総額88000円)と言っておいたので、飲み物の追加で予算を超えそうになった時に、連絡してくれました。結果的に93000円くらいになったのですが、1人カードは持っているけど財布を忘れた人がいたので、全額カード払いにしてもらって足りない分を負担してもらいました(笑!) その人は裕福なので良いのです。

いつも、料理がたくさん残っていたりするのですが、今回の忘年会は料理を残している人がほとんどいませんでした。
みんな最高に美味しかったと言ってくれて俊の面目が保たれました。

忘年会が終わって、その人と2人で2次会に行きました。
1軒目に行ったところは、営業していませんでした。近くにある2軒目は満席で入れませんでした。
諦めて金沢駅まで行ったのですが、電車の時間に30分もあったので、金沢駅で飲むことにしました。
金沢駅構内でお店を探したのですが、1軒目は満席で入れなくて、他の店はもう閉店していました。
仕方が無いので吉野家で牛皿でビールを飲みました。ちょっと恥ずかしかったです。当然、支払いは自分でしました。

喜乃屋の場所はこちら  石川県金沢市昭和町5−7

能登前寿司 千代ずし

今日は、能登前寿司 千代ずしに行きました。
のと前回転寿司 夢市七尾店を閉店して、こちらに移転したようです。
ちょっと奥まったところにあり、道路に表示もなく、店頭にランチの掲示もありませんでした。
知らない人が、たまたま入る事は無さそうな感じです。
正午くらいにお店に入るとお客は自分一人でした。
どこでもどうぞと言われましたが、カウンター席に座りました。
すぐに熱いお茶と、タオルのお手拭きが出されました。
熱いお茶は、ちゃんとした寿司屋のお茶でした。

ランチメニューには、にぎりランチA1000円、にぎりランチB1300円、にぎりランチC1600円、ちらしランチ1300円、能登前寿司10カン1800円、能登前寿司14カン2500円、能登前ちらし寿司1800円などがありました。
AとかBの値段の差は寿司の数とデザートの有無のようです。
今日は、にぎりランチA1000円を注文しました。

5分ほど待って、にぎりランチAが出されました。
にぎりランチAには、にぎり寿司8貫と野菜サラダ、モズクの酢の物、あらの入った味噌汁が付いていました。
とても税込み1000円とは思えない豪華さです。
野菜サラダは海草入りで、かなり気合の入ったサラダで美味しかったです。
モズクは穴水産には敵いませんが美味しかったです。
味噌汁はあらの身がしっかりと付いていて美味しかったです。
寿司については美味しかったけど、ネタはそれほど新鮮さを感じませんでした。
茹でたエビが入っていたのは、ちょっと減点かな。茹でたエビってそんなに原価が低いわけでは無いと思うのですが、それくらいなら、もっと新鮮さをアピールできるネタの寿司を出したほうが良いかなと思いました。
まあ値段からするとりっぱなものだと思いました。
茹でたエビが入っていなかったら、「能登の食 美味しいランチの飲食店」に登録していたかもしれません。

キャッシュレスで5%還元の掲示があったので、普通のクレジットカードでも5%還元ですかと聞くと、VISAカードだと大丈夫だと言われたので、お客は他にいなかったのでVISAカードで支払いました。

能登前寿司 千代ずしではWiFi環境が整備されていました。

tiyozusi.jpg

能登前寿司 千代ずしの場所はこちら  石川県七尾市松本町 ニ−25−1

海鮮御飯処 陣笠

前から気になっていたのですが、海鮮御飯処 陣笠に行きました。
13:00頃だったのですが、駐車場はほぼ満車状態でした。
店内入ると、待っている人がいて、名前と人数を記入して、順番を待つ仕組みになっていました。
それほど待つことなく、席に案内されました。

海鮮御飯処 陣笠にはカンター席や小さいテーブルは無いようで、1人なのに6人掛けのテーブル席に案内されました。まだ待っている人がいたので、ちょっと申し訳なく思いました。

すぐに熱いお茶が出されました。
ランチメニューとしては陣笠刺身ランチ1080円、すしランチ1080円、すしざるそばランチ1188円、ほっけ焼き定食1069円、ねぎとろ丼みそ汁ランチ994円、天丼みそ汁ランチ961円、まぐろと大和いもの山かけ丼ランチ994円などがありました。
飲み物は162円になっていました。
今日は、陣笠刺身ランチ1080円を注文しました。
テーブルには、取り分けのためかお皿が置いてあったのですが、ちゃんと木製の蓋をかぶせてあったのが印象的でした。
jingasa1.jpg
10分ほど待って、陣笠ランチ定食1080円が出されました。
陣笠刺身定食には、刺身盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、茶わん蒸し、味噌汁、ご飯、漬物が付いていました。
刺身盛り合わせは、大量の氷の上に、5種類の刺身が乗せられ、海草や野菜のつまも6種類あって、いろんな味を楽しめました。魚の新鮮さも感じられました。
天ぷらもサクサク感があり美味しかったです。
味噌汁の味は濃い目なのは気になりましたが、ご飯の量もじゅうぶんでした。

帰るのは13:40を超えていましたが、相変わらず駐車場はほぼ満車状態で、新たに来店するお客も次から次へとって感じでした。

海鮮御飯処 陣笠はお薦めです。

jingasa2.jpg

海鮮御飯処 陣笠の場所はこちら   石川県野々市市本町6丁目14−51

味処 一心

今日は、味処 一心に入りました。
店頭にランチメニューが掲載されていて安心して入れます。日替わり定食850円もあるのですが、肉料理の日替わり定食と魚料理の日替わり定食があり、その内容も掲示されていました。日替わりランチは魚料理と肉料理で各10食で合計20食の限定です。
今日の日替わり定食の魚料理はイカフライで肉料理は回鍋肉でした。
ランチメニューには他に、刺身定食1100円、天麩羅定食1100円、サイコロステーキ定食1100円、うどん定食750円、一心定食1750円などがあります。
定食には選べるドリンクが付いていて、ご飯のお替りができます。
+100円でデザートを付けることもできます。デザートはアイスクリームか3種のわらび餅を選べます。

店内はカウンター席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。すぐに冷たいタオルのお手拭きと冷たいお茶が出されました。

今日は、イカフライの日替わり定食と、3種のわらび餅を注文しました。ドリンクはアイスコーヒーを頼みました。

10分ほど待って、日替わり定食が出されました。
日替わり定食には、イカフライと野菜サラダ、フクラギとカツオの刺身、豆腐の冷ややっこ、蕎麦、2種の漬物、なめこの味噌汁、ご飯が付いていました。
イカフライは熱々で美味しかったし、刺身は新鮮さを感じました。その他の料理も美味しかったし、ご飯の炊き具合もちょうど良かったです。

食後に、アイスコーヒーと3種のわらび餅が出されました。チョコと抹茶ときな粉のわらび餅でした。とても美味しかったです。

どの料理も美味しかったし、客応対も良かったし、味処 一心は良いお店だと思います。お薦めです。
今年の忘年会は自分が感じなのですが、味処 一心でもいいかなと思いました。でも場所的に無理があるかなと思い断念しました。残念!!

issin1.jpg
issin2.jpg

味処 一心の場所はこちら   石川県金沢市京町28-16