石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

能登前寿司 千代ずし

今日は、能登前寿司 千代ずしに行きました。
のと前回転寿司 夢市七尾店を閉店して、こちらに移転したようです。
ちょっと奥まったところにあり、道路に表示もなく、店頭にランチの掲示もありませんでした。
知らない人が、たまたま入る事は無さそうな感じです。
正午くらいにお店に入るとお客は自分一人でした。
どこでもどうぞと言われましたが、カウンター席に座りました。
すぐに熱いお茶と、タオルのお手拭きが出されました。
熱いお茶は、ちゃんとした寿司屋のお茶でした。

ランチメニューには、にぎりランチA1000円、にぎりランチB1300円、にぎりランチC1600円、ちらしランチ1300円、能登前寿司10カン1800円、能登前寿司14カン2500円、能登前ちらし寿司1800円などがありました。
AとかBの値段の差は寿司の数とデザートの有無のようです。
今日は、にぎりランチA1000円を注文しました。

5分ほど待って、にぎりランチAが出されました。
にぎりランチAには、にぎり寿司8貫と野菜サラダ、モズクの酢の物、あらの入った味噌汁が付いていました。
とても税込み1000円とは思えない豪華さです。
野菜サラダは海草入りで、かなり気合の入ったサラダで美味しかったです。
モズクは穴水産には敵いませんが美味しかったです。
味噌汁はあらの身がしっかりと付いていて美味しかったです。
寿司については美味しかったけど、ネタはそれほど新鮮さを感じませんでした。
茹でたエビが入っていたのは、ちょっと減点かな。茹でたエビってそんなに原価が低いわけでは無いと思うのですが、それくらいなら、もっと新鮮さをアピールできるネタの寿司を出したほうが良いかなと思いました。
まあ値段からするとりっぱなものだと思いました。
茹でたエビが入っていなかったら、「能登の食 美味しいランチの飲食店」に登録していたかもしれません。

キャッシュレスで5%還元の掲示があったので、普通のクレジットカードでも5%還元ですかと聞くと、VISAカードだと大丈夫だと言われたので、お客は他にいなかったのでVISAカードで支払いました。

能登前寿司 千代ずしではWiFi環境が整備されていました。

tiyozusi.jpg

能登前寿司 千代ずしの場所はこちら  石川県七尾市松本町 ニ−25−1


海鮮御飯処 陣笠

前から気になっていたのですが、海鮮御飯処 陣笠に行きました。
13:00頃だったのですが、駐車場はほぼ満車状態でした。
店内入ると、待っている人がいて、名前と人数を記入して、順番を待つ仕組みになっていました。
それほど待つことなく、席に案内されました。

海鮮御飯処 陣笠にはカンター席や小さいテーブルは無いようで、1人なのに6人掛けのテーブル席に案内されました。まだ待っている人がいたので、ちょっと申し訳なく思いました。

すぐに熱いお茶が出されました。
ランチメニューとしては陣笠刺身ランチ1080円、すしランチ1080円、すしざるそばランチ1188円、ほっけ焼き定食1069円、ねぎとろ丼みそ汁ランチ994円、天丼みそ汁ランチ961円、まぐろと大和いもの山かけ丼ランチ994円などがありました。
飲み物は162円になっていました。
今日は、陣笠刺身ランチ1080円を注文しました。
テーブルには、取り分けのためかお皿が置いてあったのですが、ちゃんと木製の蓋をかぶせてあったのが印象的でした。
jingasa1.jpg
10分ほど待って、陣笠ランチ定食1080円が出されました。
陣笠刺身定食には、刺身盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、茶わん蒸し、味噌汁、ご飯、漬物が付いていました。
刺身盛り合わせは、大量の氷の上に、5種類の刺身が乗せられ、海草や野菜のつまも6種類あって、いろんな味を楽しめました。魚の新鮮さも感じられました。
天ぷらもサクサク感があり美味しかったです。
味噌汁の味は濃い目なのは気になりましたが、ご飯の量もじゅうぶんでした。

帰るのは13:40を超えていましたが、相変わらず駐車場はほぼ満車状態で、新たに来店するお客も次から次へとって感じでした。

海鮮御飯処 陣笠はお薦めです。

jingasa2.jpg

海鮮御飯処 陣笠の場所はこちら   石川県野々市市本町6丁目14−51


味処 一心

今日は、味処 一心に入りました。
店頭にランチメニューが掲載されていて安心して入れます。日替わり定食850円もあるのですが、肉料理の日替わり定食と魚料理の日替わり定食があり、その内容も掲示されていました。日替わりランチは魚料理と肉料理で各10食で合計20食の限定です。
今日の日替わり定食の魚料理はイカフライで肉料理は回鍋肉でした。
ランチメニューには他に、刺身定食1100円、天麩羅定食1100円、サイコロステーキ定食1100円、うどん定食750円、一心定食1750円などがあります。
定食には選べるドリンクが付いていて、ご飯のお替りができます。
+100円でデザートを付けることもできます。デザートはアイスクリームか3種のわらび餅を選べます。

店内はカウンター席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。すぐに冷たいタオルのお手拭きと冷たいお茶が出されました。

今日は、イカフライの日替わり定食と、3種のわらび餅を注文しました。ドリンクはアイスコーヒーを頼みました。

10分ほど待って、日替わり定食が出されました。
日替わり定食には、イカフライと野菜サラダ、フクラギとカツオの刺身、豆腐の冷ややっこ、蕎麦、2種の漬物、なめこの味噌汁、ご飯が付いていました。
イカフライは熱々で美味しかったし、刺身は新鮮さを感じました。その他の料理も美味しかったし、ご飯の炊き具合もちょうど良かったです。

食後に、アイスコーヒーと3種のわらび餅が出されました。チョコと抹茶ときな粉のわらび餅でした。とても美味しかったです。

どの料理も美味しかったし、客応対も良かったし、味処 一心は良いお店だと思います。お薦めです。
今年の忘年会は自分が感じなのですが、味処 一心でもいいかなと思いました。でも場所的に無理があるかなと思い断念しました。残念!!

issin1.jpg
issin2.jpg

味処 一心の場所はこちら   石川県金沢市京町28-16


廻転寿し 西海丸

久しぶりに金曜日に能登へ行ったので、水曜日定休のお店に行く事にしました。
何軒か候補はあったのですが、「廻転寿し 西海丸」に行く事にしました。
西海地区は、ついでに通るところでは無いので、かなり頑張らないと続かない場所にあります。西海市場のすぐ近くで網元が経営しているので、新鮮さは期待できそうです。ちなみに水曜日は魚の陸揚げがないので休日になっています。

平日で13:00頃だったのですが、それなりにお客は入っていて、食べている間も、ちょくちょくお客が入ってきていました。

1人だと言うと、カウンター席に案内されました。禁煙なのでカウンター席でも全然問題ありません。
注文はタブレットPCで注文するのですが、セット物を探しにくいです。でもメニューも置いてあるので、メニューで注文するものを選んでからタブレットPCで注文するというパターンです。

廻転寿しではありますが、ほとんど回転レールにはお寿司は乗っていません。その数少ないお寿司は超高級な物(ウニとすじこを乗せられた軍艦巻きとか、まぐろとすじこを乗せられた軍艦巻きとか)だけなので、それを食べてくださいというより飾りなのだと思います。

他のお客を見ていても、セット物を注文している人が多いようです。
セット物としては、おまかせ握りセット上(味噌汁・サラダ付)1296円、季節の八点盛り(味噌汁付)1296円、能登豪華盛り(味噌汁付)1944円、おまかせ握りセット特上(味噌汁・サラダ・小鉢付)2592円、こだわり握りセット極み(味噌汁・サラダ・小鉢付)3024円などがありました。

今日は店長おすすめの季節の八点盛り(味噌汁付)1296円を注文しました。注文の時に、わさびの有無・ネギの有無・薬味の有無を指定します。全部有で注文しました。

カウンターには醤油と甘タレが置かれていて、お茶は玄米茶と緑茶を選べるようになっていました。ガリは普通のお寿司屋さんのように大きいのが取り放題です。

8分ほど待って季節の八点盛りが出されました。
出された時に、お魚の名前の説明と、3種類の寿司にはあらかじめ味が付いているので、そのまま食べて下さいとの説明がありました。
それは良い事なのですが、あまりに早口で、どれに味が付いているのか覚えきれず、味の付いていないお寿司を醤油無しで食べて惜しい事をしてしまったとがっかりしました。
ちょっと求めすぎですが、紙に書いたものを一緒に出されるとありがたいなあと思いました。

八点盛りには甘えび、マグロ、アオリイカ、タコ、スルメイカの炙り、カワハギ、アジ、ヒラメでした。甘えびの頭の揚げ物も付いていました。
すこし遅れて味噌汁が出されました。海藻入りの味噌汁でボリュームがありました。

アマエビは地物のものかなあと疑問に感じましたし、イカ2種・タコ・マグロというのは感心しませんでした。もっと網元らしく地元感満載の魚を出して欲しかったと思いました。まあ新鮮さが感じられ美味しかったですけど。
他のお客が単品で生鯖を頼んでいましたが光っていました。

金沢から、わざわざ食べに行くほどでは無いですが、近くに行った時には行く価値はあると思いました。

saikaimaru1.jpg
saikaimaru2.jpg

廻転寿し 西海丸の場所はこちら  石川県羽咋郡志賀町西海風戸6


回転寿司 左衛門

今日は、回転寿司 左衛門に行きました。
14:30を過ぎていたのですが、左衛門のランチは15:00までなのが嬉しいです。
店内にはJAZZがかかっていました。お寿司は全く回っていませんでした。
ランチメニューとしては、おまかせランチ(10貫)896円、冴えもん盛り合わせ(10貫)1490円、なないろランチ(7貫)896円、まぐろランチ(5貫)896円、海鮮丼1000円、豪華丼1944円がありました。
今日はおまかせランチを注文しました。ランチにはすべて味噌汁が付いていて、平日は味噌汁のお替りが可能です。
お茶はパックで1種類だけです。
最初に味噌汁が出されました。しばらくしてお寿司10貫が出されました。定番のお寿司を中心に、いずれも鮮度を感じられるお寿司が揃っていました。
とても美味しかったです。

saemon.jpg

回転寿司 左衛門の場所はこちら  石川県金沢市泉が丘2丁目12−35


西念 秀よし

今日は「西念 秀よし」に行きました。メニューが書かれた大きな看板に駐車場ありますと番号が書かれていたので、隣接する大きな駐車場のどこが「西念 秀よし」の駐車場なのか判りました。
看板には、日替わり定食780円、週替わり定食780円、にぎり定食1300円、海鮮丼定食1300円と書かれていました。
店内に入るとカウンターとテーブル席があって、寿司屋のような店構えでした。
黒板に日替わりと週替わりの定食の内容が書かれていました。日替わり定食は、赤かれいの一夜干し+刺身、甘エビのかき揚げ天+刺身の2種類で、週替わり定食は特性げそ天丼でした。値段は日替わり定食が800円、週替わり定食が800円、、にぎり定食1300円、海鮮丼定食1300円になっていました。
ちょっとの事ですが看板に偽りありです。
カウンター席に座ると熱いお茶(茶色のお茶)と紙のお手拭きが出されました。
今日は、甘エビのかき揚げ天+刺身の日替わり定食を注文しました。骨付きの魚は苦手なんです(特にカレイは面倒くさいです 笑!)
5分ほど待って日替わり定食が出されました。
日替わり定食には甘えびのかき揚げげと量は少ないもののマグロ・ブリ・サワラの刺身、だし巻玉子、味噌汁、ご飯がついていました。
刺身はいずれも新鮮さを感じましたし、甘えびのかき揚げは熱々でサクサクしてて甘えびの香りがぷ~んとしました。出汁巻玉子も甘さがちょうどよく美味しかったです。

hideyosi.jpg

西念 秀よしの場所はこちら  石川県金沢市西念3丁目2-32


ごはん処 一歩

2019年1月16日

久しぶりに「ごはん処一歩」に行きました
開店時間の11:30をちょっと過ぎて行きましたが、待たずにすんなりと入れました。店を出た12:00過ぎまで、待たないと入れない人はいませんでした。
値段は前回と変わっていませんでした。日替わりランチは「びんちょうまぐろとカツオたたきと甘エビの海鮮丼」でした。
今日もおまかせ定食を注文しました。
おまかせの内容は、いつも通り、ヒレカツ、刺身盛り合わせ、ブリの塩焼き、茶わん蒸し、御飯、漬物でした。
ブリの塩焼きは食べたいなあと思っていたのです。
時間に余裕が無かったので、セルフのサービスコーヒーを飲むのは断念しました。
いつもの事ですが満足しました。

ippo6.jpg

2018年1月31日

さよなら七尾シリーズ第2弾です。
なんといっても「ごはん処一歩」は行っておきたいお店です。
11:40に行きましたが、待たずにすんなりと入れました。店を出た12:00過ぎまで、待たないと入れない人はいませんでした。
値段は前回と変わっていませんでした。日替わりは「カツオのやまかけ丼」でした。
おまかせの内容は、いつも通り、ヒレカツ、刺身盛り合わせ、ブリの塩焼き、茶わん蒸し、御飯、漬物でした。
ブリの塩焼き、刺身の盛り合わせは最強の組み合わせだと思いますが、いつもこの内容だと、しょっちゅう通うのは無理っぽいです。多くのお客に料理を提供したという意味で同じ内容にしてるのでしたら、それもありかなと思います。食事が終わった時に電話がかかってきたので、コーヒーを飲むのは断念したのですが満足しました。

ippo5.jpg

2016年12月27日

久しぶりに「ごはん処一歩」に行きました。12:45でしたが駐車場が1台分だけ空いていたので入ることにしました。お店に入って1人だけだというと、最初、名前と携帯電話の番号を書いて下さいと言われましたが、たまたまカウンターで1人分だけ空いていたので、すぐに座れました。すぐに、熱いお茶と、紙のおしぼりが出されました。カウンターにはお茶が入ったポットも置かれていました。
日替ランチ850円、おまかせ定食が1200円に値上げになっていました。日替ランチはヒレカツでした。
今日は、おまかせ定食を注文しました。20分ほど待っておまかせ定食が出されました。
おまかせ定食には、ヒレカツ、刺身盛り合わせ、ブリの塩焼き、茶わん蒸し、御飯、漬物が付いていました。
どの料理も美味しくて、値上げしても三ツ星の価値はあると思いました。でも、他のお店との差はぐっと縮まったように思いました。「ごはん処 一歩」が三ツ星なら「漁師屋 秀」「夢喰庵」も三ツ星かなあと思いました。

隣のお客は日替ランチを注文していたので内容を見ると、ヒレカツ、味噌汁、茶わん蒸し、小鉢、漬物、御飯が付いていました。これで850円だと、あまり魅力が無いなあと感じました。その他のお客は天丼や海鮮丼を注文したりしてました。
わざわざ「ごはん処 一歩」に行って、入店するのに待たされて、その上、おまかせ定食を食べないというのは噓でしょうって感じです。

食後にコーヒーを飲んでいる人は誰もいませんでした。奥の方にコーヒーカップは置いてあるので、いまでもやっているのだと思いましたが、一応、セルフのコーヒーは今でもやっているのですかと聞くと、やっていますというのでコーヒーもいただきました。

過去の「ごはん処 一歩」の画像を見ると、おまかせ定食の内容って、毎回同じという事に気づきました。まあ、内容に不満はないので、たまに行くにはいいんですけど・・・・

ippo4.jpg

2013年8月7日

久しぶりに「ごはん処一歩」に行きました。普段、「ごはん処一歩」が断トツでNo1と言っていて、能登のお奨めのランチで唯一の三ツ星のお店に登録しておきながら、最後に入ったのは5年前になっていました。
11:30の開店直前に行ったら駐車場が1台だけあいていてギリギリ入れました。
11:30にはカウンター席は満席になり、予約の客は奥の小上がりの部屋に入るのですが、その部屋も11:40には満席になっていました。
カウンターに座るとすぐメニューを見て、おまかせがある事を確認して、すぐにおまかせ定食1000円を注文しました。すべての料金は5年前と変わっていませんでした。但しご飯のお替りは有料になって中盛100円大盛り150円になっていました。でも最初に出されるご飯を大盛りにするのは無料で出来ます。味噌汁のお替りも無料です。
今日の日替ランチ750円はネギトロとマグロ中おち丼でした。
嬉しいことにランチタイムは禁煙になっていました。これで「ごはん処一歩」に対する不満は全く無くなりました。
満席になっても次から次へと客が入ってきました。以前は客は前の駐車場で待っていて、席が空いたら店員が呼びに行っていたのですが、今は席が空いたら電話で呼ぶシステムになっていました。
12:00には9組の空席待ちが溜まってました。12:00に来た客には13時台に空くかもしれないと返事してました。13:00に来れるなら最初から13:00に食事するつもりで12:00に受付して、空く時間の予定だけ聞いておいて、一時間ほど他で用事を済ませてから戻ってくるというのが「ごはん処一歩」の賢い利用法かもしれません。

注文したおまかせ定食は30分後の12:00に出されました。先に来ていて、注文を聞きに来てから注文した客はそれより10分遅れで料理が出されました。
「ごはん処一歩」に来たら、入るなり、おまかせ定食をお願いしますと言うのが鉄則です(笑!)
今日のおまかせ定食は、卵付き甘エビとサワラ、フクラギ、カツオの刺身4種盛、トンカツ、白身の焼き魚、茶碗蒸し、ご飯、味噌汁、漬物が付いていました。刺身4種盛もトンカツも白身の焼き魚もいずれもそれ1品でも定食のメイン料理として成り立つくらいの量がありました。味も文句無く、刺身は新鮮だし、トンカツも美味しいし、白身の焼き魚も塩加減も焼き加減も絶妙でした。
最後にセルフのコーヒーもいただきましたし、水を飲み干してあったのも追加で入れてくれました。但しセルフのコーヒーについては、どこにも掲示されていないし、あることの説明もされませんでした。

改めて「ごはん処一歩」に訪れてみて、やっぱり「ごはん処一歩」は凄いと思いました。他のお店とは比べ物にならない断トツのNo1です。

ごはん処一歩のおまかせ定食


2008年4月16日

ごはん処一歩の日替わりランチも食べてみたかったので、行ってきました。13:00を過ぎていたので、なんとか待たずに座れました。
ごはん処一歩の今日の日替わりランチは牛肉の焼肉定食750円でした。
さっそく日替わりランチを注文しました。
日替わりランチ(牛肉の焼肉定食)の内容は牛肉の焼肉と、野菜たっぷりのサラダ、茶碗蒸し、はるさめの酢の物、漬物、味噌汁、ご飯でした。ご飯と味噌汁はお替り自由だということでした。ランチでもコーヒー(セルフ)をいただけるそうです。
牛肉の焼肉は凄く美味しくて、野菜たっぷりのサラダもドレッシングが美味しくて、茶碗蒸し、はるさめの酢の物も味噌汁も美味しかったです。お茶も空になってるのに気づいて注いでくれました。コーヒーもなかなかな美味しくて大満足でした。なんか幸せな気持ちになりました。
美味しい昼食というのは、それなりに経験しますが、幸せな気持ちになれる昼食って、そうあるものではありません。ごはん処一歩はそういう気持ちにさせてくれる貴重なお店です。

ただ難を言えば禁煙でないことです。
今日も他のお客が、そのお客自身の食事中にタバコに火をつけたまま灰皿に放置して食べてました。ちょっと珍しい光景でした。食事を終えてコーヒーを飲んでいる時だったので救われましたけど。それでも、気持ちは良くないです。

ごはん処一歩の日替わりランチ(焼肉定食)

2008年3月26日

紹介していただいた「ごはん処一歩」に行ってきました。最初に行ったとき、駐車場が満車だったので時間をおいて、改めて行きました。

ごはん処一歩の店内に入るとカウンターの6席があり、奥のほうには座敷がありました。カウンター席が1つ空いてたので座りました。席の予約も可能なようです。

ごはん処一歩のメニューを見ると定食(小鉢2品、ご飯、味噌汁、漬物付)は刺身定食並800円、上1000円、天麩羅定食800円、エビフライ定食900円、和風とんかつ定食900円、とんかつ定食900円、豚バラ焼肉定食850円、焼魚定食800円、豚の生姜焼定食800円、一歩おまかせ定食(刺身、焼魚、揚げ物、茶碗蒸し、味噌汁、漬物、ご飯)1000円がありました。その他に海鮮丼900円、天丼800円、海老天丼900円、ゲソ天丼800円などがありました。
ごはん処一歩のメニューにはのってないのですが、日替わりランチもあるようで、今日の日替わりランチは豚バラおろしポン酢味だと貼り紙がしてありました。後でお店の人に聞いたのですが日替わりランチは平日のみで750円だそうです。

今日は一歩おまかせ定食を注文しました。他のお客もほとんどが一歩おまかせ定食を注文していたようです。

注文して20分して一歩おまかせ定食がきました。
今日の一歩おまかせ定食は甘エビ・フクラギ・マグロなど4種の刺身、ブリの焼き物、とんかつ、味噌汁、漬物、ご飯のセットです。とんかつには刻み野菜がいっぱいつけられていて味噌ダレのドレッシングもとても美味しかったです。ブリの焼き物はヒレまわりの一番美味しいしい部分で最高に美味しかったです。刺身も申し分無かったです。ご飯の量は少なめですがおかずの量が多いのでちょうど良いです。ご飯のお替りも可能なようです。

ごはん処一歩の料理はどの料理も丁寧に愛情込めて作られていて20分かかるのも納得できます。本当に贅沢を感じられた料理でした。この内容で1000円というのは奇跡だと思います。

お茶が無くなっているのにお店の人が気づいて、途中で入れに来てくれました。

ごはん処一歩のメニューには書いてないのですが、コーヒーがセルフでついているようです。他の客に習ってコーヒーもいただきました。コーヒーは1杯だけでお替りはできないようです。

ごはん処一歩に入ったのは1時近くだったのですが、その後もお客が何人も入ってきて、満席のため諦めて帰っていきました。満席で席があくまで待っている人もいました。店内は狭くて待っている場所がないため自分の自動車の中で待つことになります。席が空いたらお店の人が呼びに行くシステムになっているようです。

食事が終わって会計をした時に、あと半日頑張って下さいって言ってくれました。

ごはん処一歩での昼食は満足しました。超お奨めのお店です。お昼の営業は14:00までです。
定休日は木曜日なので観光客の人が日曜日に行くのもOKです。

ごはん処一歩のおまかせ定食


ごはん処 一歩の場所はこちら    石川県七尾市小島町大開地3-8


魚笑(うおしょう)

今日は、魚笑(うおしょう)に行きました。
店頭にメニューが掲示されているので安心ですが、入口がちょっと物置っぽくて、その奥に本当に入口があるので、ちょっと入りづらいです。
店内に入ると思いの外、こじんまりしたお店でした。
1人という事でカウンター席に案内されました。ランチタイムは禁煙になっていました。禁煙ならカウンター席でも安心です。
メニューを見ると、お奨めは刺身定食で、1080円と1382円、1706円、2160円の4種類あります。
寿司ランチは1080円2種類と1814円がありました。店頭には864円の寿司ランチも掲示されていましたが、店内のメニューには消されていました。
その他に、フライや焼魚と煮魚の定食がありました。864円(鯛かぶと煮)から2160円(のどくろ焼き)まで、いろいろありました。
メニューの裏に、刺身定食の内容が書かれていました。1080円の刺身定食はさわら、イカ、白身魚、青魚と書かれていました。

紙のお手拭きと、大きな湯のみに緑茶を入れて出されました。今日は、1080円の刺身定食を注文しました。
9分ほど待って刺身定食が出されました。
簡単に料理の説明をしてくれました。
刺身を見てビックリしました。とにかく刺身の1切れが大きいしボリューム感もかなりあります。刺身を実際に食べてみて新鮮さを感じました。刺身の魚の種類が書かれた紙が添えられていました。魚音痴な俊は刺身は何を食べてるか分からないで食べていることがほとんどなので、こういう配慮はとても嬉しいです。
今日の刺身は、さわら、車鯛、赤いか、天然ぶりでした。
刺身の他には、あんこうの煮物、豆腐の冷ややっこ、山椒味のちりめんじゃこ、大根の葉のお浸し、ナスそうめん、あらの入った味噌汁、御飯が付いていました。
あんこうの煮物にしても、大根の葉のお浸しにしても、味噌汁のあらにしても、普通なら捨てるような材料ですが、手間をかけてちゃんとした料理にしています。特に、あんこうの煮物はとても美味しかったです。
個人的には同じ料理をたくさん食べるより、いろんな味を少量ずつ食べたいほうなので、こういうのはありがたいです。
お茶は半分ほど飲んであったのですが、途中で追加で注いでくれました。
店主の従業員に対する態度も優しさが感じられ良かったです。
魚笑(うおしょう)はお奨めです。

uosyou.jpg

魚笑(うおしょう)の場所はこちら  石川県金沢市諸江町30−1


道三(どうざん)

今日は道三(どうざん)に行きました。
お店に入ったところに今日のランチメニューが掲示されていました。ランチタイムは日替わりランチ(15食限定)850円と寿司ランチ(10食限定)980円の2種類だけです。日替わりランチは、かに玉でした。
店内には靴を脱いで入ります。カウンター席と小上がりの席がありました。かなり混んでて唯一空いていたカウンター席に案内されました。
お茶と紙のお手拭きが出され、日替わりと寿司ランチのどちらにしますかと聞かれたので日替わりランチを頼みました。
20分ほど待って日替わりランチが出されました。
日替わりランチには、かに玉、ひとくちチキンカツ、刺身、ポテトサラダ明太子味、もやしとキャベツとささみのサラダ、ご飯、キャベツの漬物、魚と甘えびのアラ入りの味噌汁が付いていました。
味については特筆するものは無かったのですが、これだけの内容で食後のアイスコーヒーまで付いて850円はお得なランチだと思います。
お腹いっぱいになりました。

日替わりランチは15食限定と書かれていましたが、それほどシビアには対応してないようです。入っているお客の数を考えても十分15食を超えていると思われます。
ちなみに自分より後に来たお客も日替わりランチを注文していたのですが、刺身の魚も違っていたし、サラダはもやしが入っていなく替わりにマカロニが入っていました。
アスコーヒーはシロップも付いていたのですが、混ぜるものが無くて戸惑いました。

dousan1.jpg
dousan2.jpg

道三の場所はこちら  石川県金沢市 西念3丁目8−3


にし料理茶屋

今日は、法事の食事で、にし料理茶屋に行きました。
以前、巨人軍の角投手がオーナーをしていたお店の建物です。
高級な食材を使ってはいなかったのですが、とにかく味付けが良くて、美味しいものがいっぱいありました。
和食の料理では1つでも美味しいなあと積極的に感じた料理があって、ハズレが無ければ上等だと思っているので、そういう意味では大満足でした。
素材を最大限生かした薄口の和食より、味がしっかりついた和食(決して濃い口という意味では無く)が好きな自分の好みに合っていたのかもしれません。
他にも、先付けの鴨肉の焼き物や、魚の焼き物、煮物、フルーツのデザートも美味しかったのですが、特にトウモロコシ御飯が美味しかったです。
8000円のコースでした。
最後に、女将による笛の演奏があったのも得点アップでした。女将は芸妓だったそうです。

nisiryouri1.jpg
nisiryouri2.jpg
nisiryouri3.jpg
nisiryouri4.jpg
nisiryouri5.jpg
nisiryouri6.jpg
nisiryouri7.jpg
nisiryouri8.jpg
nisiryouri9.jpg

にし料理茶屋の場所はこちら   金沢市野町2丁目26−2