石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

餃子の店 ちゃおず

今日は、「餃子の店 ちゃおず」に入りました。
「餃子の店 ちゃおず」は平日(月曜から金曜日)の11:30から14:00までしか営業していないお店です。
店内に入ると、発券機がどーんと置いてありました。
メニューはちゃおず定食(ごはん小)490円、ちゃおず定食(ごはん並)500円、ちゃおず定食(ごはん大)560円、餃子7個240円、餃子14個480円、ご飯(小)90円、ご飯(並)100円、ご飯(大)160円、めった汁160円、アイスコーヒー80円、ホットコーヒー80円、ノンアルコールビール290円だけです。ご飯には漬物が付いています。
定食であろうが、餃子の量が多かろうが、価格は単品を加えた金額というのは、ある意味潔いです。
店内はカウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。
すぐに冷たい水が出されました。カウンターには冷たいお水が入ったピッチャーが置かれていました。
今日はちゃおず定食(ごはん並)500円を注文しました。
10分弱でちゃおず定食が出されました。
ちゃおず定食には、餃子7個、ご飯、漬物、めった汁が付いていました。
餃子は、金沢には珍しい羽根つきの餃子です。ニンニクは入っていません。
「餃子の店 ちゃおず」の餃子は、癖が無く万人向けの餃子ですが、決して物足りない味ではなく、とても美味しかったです。
金沢では最も美味しい餃子かもしれません。気に入りました。
めった汁はボリュームがあり、味も申し分なく美味しかったです。
「餃子の店 ちゃおず」はクラウドファイティングで開業資金を集めたようです。

chaoz.jpg

餃子の店 ちゃおずの場所はこちら  石川県金沢市黒田1-59


餃子のあひる

今日は餃子のあひるでランチをとりました。
餃子のあひるには以前から行きたいと思っていたのですが、ちょうど野々市近辺で昼食をとらないといけない用事が出来て行くことが出来ました。
今週水曜日に、MROテレビの絶好調Wで紹介されたので、混雑してたら入れないと思っていたのですが、すんなりと駐車場に入れたのでラッキーでした。
お昼過ぎと一番忙しい時間にもかかわらずお客は1組しか入っていませんでした。
意外とテレビの影響って少ないんだなあと感じました。

カウンターと小上がりの席がありましたが、カンター席に座りました。
すぐに冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。冷たい水が入ったピッチャーも置いてありました。
メニューを見ると、餃子定食700円、揚げ餃子定食700円、水餃子定食800円、しそ餃子の定食850円、にんにく抜き餃子定食700円、から揚げ定食800円、生姜焼き定食800円、野菜炒め定食800円、レバニラ定食800円、肉ニラ定食800円、酢豚定食900円、焼きそば定食800円、その他に週替わりの定食が何種類かありました。
御飯大盛50円高、食後のコーヒー120円です。単品の餃子でチーズ餃子450円というのもありました。
今日は2人だったので、餃子定食2人分の他にチーズ餃子も頼みました。餃子定食は1人分だけ御飯大盛を頼みました。
10分ほど待って、餃子定食やチーズ餃子が出されました。
餃子定食には、焼き餃子8個、マカロニサラダ、おかかのふりかけ、御飯、味噌汁、オレンジが付いていました。焼き餃子は餡は肉が中心だけど柔らかくて味付けもしっかりついていて、とても美味しかったです。他には無い味の餃子ですが、好きなタイプの餃子です。金沢近辺では最も美味しい餃子じゃないかと思います。
おかかのふりかけは自家製との事でとても美味しかったです。80g390円で販売しているという事なので購入してきました。
チーズ餃子は塩がふってあり、そのまま食べるという事でした。
個人的には普通の餃子の方が美味しかったです。

チーズ餃子ですがメニューにはミニサイズ10個入りと掲載されていましたが、出てきたのは5個だけでした。ちなみにメニューの写真はチーズ餃子は8個しか写っていませんでした。帰りにレシートを見ると、チーズ餃子は500円になっていました。
ちょっと釈然としません。

まあ釈然としない事もありましたが、餃子のあひるの餃子定食はコストパフォーマンス抜群で満足しました。

ahiru1.jpg
ahiru2.jpg

餃子のあひるの場所はこちら   石川県野々市市矢作3丁目128−3


京華 窪店

今日は墓参りのついでに家族で京華 窪店に行きました。
11:15でしたが、もうお客が入っていました。
京華 窪店では日曜日でもランチがあるので助かります。
ランチメニューは、日替わりランチA(一品料理2種類付)700円、日替わりランチB(特性ラーメン、炒飯、揚げ物)800円、ラーメンセットランチ(6種から選べる麺類+6種類から選べる飯物)750円、京華セット(ラーメン、炒飯、餃子、漬物、杏仁豆腐)1050円、満腹セット(炒飯、焼きそば、鶏唐揚げ、スープ、漬物、杏仁豆腐)1050円、中華料理とラーメンのセット(メイン料理が18種から選べる)800円から980円などがありました。
ランチタイムにはドリンクが1杯サービスで付きます。ドリンクはセルフです。

日替わりランチはエビと野菜の炒めものと、カニカマボコの天ぷらだということなので、日替わりランチを注文しました。息子は台湾豚骨ラーメンと天津飯のセットに回鍋肉、嫁さんは台湾ラーメンと五目炒飯のセット、母親はエビ春巻きと玉子おかゆを注文しました。

日替わりランチには、エビと野菜の炒めもの、カニカマボコの天ぷら、野菜サラダ、御飯、スープ、味付ザーサイが付いていました。エビと野菜の炒めものはあっさりして美味しかったです。カニカマボコの天ぷらはサクサク感がなく美味しくなかったです。スープも味が薄くて美味しくなかったです。

炒飯も少し食べましたが、お米がたっていて美味しかったです。エビ春巻きと玉子おかゆも食べましたが、味が薄くて美味しくなかったです。玉子おかゆの味の薄さは半端なくてお店の人に塩を頼みました。
京華 窪店の料理には当たり外れが大きいように感じました。

何故か、デザートにオレンジ4切れがサービスで出されました。
食後のドリンクも、しっかりいただきました。

レジのところに飴が置いてあったので1個いただきました。

kyouka1.jpg
kyouka2.jpg
kyouka3.jpg
kyouka4.jpg
kyouka5.jpg
kyouka6.jpg
kyouka7.jpg
kyouka8.jpg
kyouka9.jpg

京華 窪店の場所はこちら  石川県金沢市窪3丁目325


華龍亭 南新保店

2018年2月11日

今日は、6人で夕食に「華龍亭 南新保店」に行きました。
食欲大聖な若者が多いので食べ放題があるというので、「華龍亭 南新保店」を選びました。
今回は、食べ放題コース(制限時間90分で2138円)を頼みました。メニューの価格が書き直されていて、以前は2480円だったようです。
「華龍亭 南新保店」は過去に行った事があり、その時も食べ放題を選択したのですが、その時と比べると食べ放題メニューの内容が限定されていて、料理と麺・飯物を含めて36種類、デザート3種類と種類が随分減っていました。
メニューには一度に4種の料理しか注文できないと書いてありましたが、何品でも頼んでも良いですと言われました。しかも注文したら、すぐに料理が出てきたし、量が減る事も無かったです。
それでも制限時間の90分近く、ほぼ食べ続けました。本当にお腹いっぱいになりました。
注文したのはホイコーロー、麻婆豆腐、棒棒鶏、エビチリ、エビマヨ2回、海鮮炒め、かに玉、炒飯2回、チンジャオロース2回、上海焼きそば、フカヒレスープ、黒酢酢豚、小籠包、ラーメン、杏仁豆腐・マンゴプリンです。
杏仁豆腐・マンゴプリンは1人につき、どちらか1個しか注文できなく、杏仁豆腐を6個頼んだのですが、杏仁豆腐が5個しかなく1人だけマンゴプリンにしたのです。
ラーメンは美味しくなかったし、フカヒレスープのフカヒレはフカヒレっぽく無かったのですが、その他の料理は美味しくて楽しめました。

karyuu1.jpg
karyuu2.jpg
karyuu3.jpg
karyuu4.jpg
karyuu5.jpg
karyuu6.jpg
karyuu7.jpg
karyuu8.jpg
karyuu9.jpg
karyuu10.jpg
karyuu11.jpg
karyuu12.jpg
karyuu15.jpg
karyuu13.jpg
karyuu14.jpg


2010年7月11日

今日は家族5人で華龍亭に行きました。華龍亭は注文バイキングがあり人気があるということだったので18:00に予約をしておきました。
華龍亭に予約の時間通りに行くと予約席は4人掛けのテーブルに椅子を1個追加してある席でした。
冷たい水とタオルのおしぼりが出されてバイキングでお願いしますと申告しました。
バイキングは専用の別メニューがあり,90分で人数にかかわらず1回に注文できる料理数は4つまでと決まってました。
バインキングのメニューを見ると牛肉料理やアワビなど高級素材の料理は入っていませんでした。デザートも含まれていませんし,飲物も別注文です。飲み放題付プランで3500円というプランもありました。

前菜は,自家製チャーシュー,バンバンジー,くらげの冷菜,ピ-タン,前菜の盛り合わせ,よだれ鶏など9品
豚肉料理は黒酢酢豚,ニラレバ炒め,豚肉の四川炒め,豚肉の生姜炒め,豚肉とにんにくの芽の炒め物,回鍋肉など9品
鶏肉料理は鶏肉のカシューナッツ炒め,鶏肉のオイスターソース,鶏肉の甘酢あんかけ,鶏肉の四川風炒め,鶏の唐揚など9品
海鮮料理はエビチリ,エビマヨ,かに玉,イカの塩味炒め,いかニラもやし炒め,えびカシューナッツ炒め,イカの四川風炒めなど10品
野菜料理は青梗菜炒め,ほうれん草炒め,八宝菜,麻婆なす,ニラもやし炒め,ナスの四川炒めなど6品
豆腐・卵料理は麻婆豆腐,五目豆腐,蟹豆腐,ニラもやし卵炒めなど6品
スープは白粥,野菜スープ,フカヒレスープ,玉子スープ,サンラータン,スープ餃子,ピータンお粥など8品
丼物はご飯,天津飯,五目炒飯,中華半,麻婆豆腐丼,えび炒飯の6品
麺類は五目あんかけかた焼きそば,五目あんかけ焼きそば,担々麺,北京ジャンジャン,ラーメンなど6品
点心は焼売,小龍包,手打ち水餃子,手作り焼餃子,ゴマ団子,ちまき,春巻き,肉まんの8品
合計77品目のなかから選べます。

最初にバンバンジー,くらげの冷菜,よだれ鶏,前菜盛り合わせを頼みました。
前菜盛り合わせは,バンバンジーとくらげの冷菜とピータンだったので料理がだぶってしまいました。バンバンジーとよだれ鶏が美味しかったです。よだれ鶏はラー油がきいた辛目の料理で華龍亭人気No1の料理ということです。
華龍亭のバンバンジー華龍亭のくらげの冷菜
華龍亭のくらげのよだれ鶏華龍亭の前菜盛り合わせ

次に焼き豚,エビチリ,エビマヨ,黒酢酢豚を注文しました。黒酢酢豚は華龍亭おすすめの料理でした。
エビマヨは甘めの味付けて美味しかったです。エビチリも甘めの味付けでしたが違和感を感じました。焼豚は美味しく無かったです。
黒酢酢豚は味が濃いめでした。
華龍亭の焼き豚華龍亭のエビチリ
華龍亭のエビマヨ華龍亭の黒酢酢豚

次は豚肉とにんにくの芽の炒め物,イカの塩味炒め,鶏の唐揚,かに玉を注文しました。
豚肉とにんにくの芽の炒め物は美味しかったです。イカの塩味炒めは味付けは良かったのですがイカがスルメイカで硬かったです。鳥の唐揚は美味しかったのですがボリュームがありすぎでした。
蟹玉は食感が硬めで味が薄く美味しく無かったです。
華龍亭の豚肉とにんにくの芽の炒め物華龍亭のイカの塩味炒め
華龍亭の鶏の唐揚華龍亭のかに玉

次に焼餃子と小龍包とスープ餃子とフカヒレスープを注文しました。小龍包は希望の数を聞かれたので人数分の5個注文しました。
焼き餃子はまずまずの味でした。小龍包はあまりジューシーではなく皮も厚めでした。スープ餃子のスープは濃いめでした。フカヒレスープはかなり濃い目で飲みきれませんでした。
華龍亭の焼餃子華龍亭の小龍包
華龍亭のスープ餃子華龍亭のフカヒレスープ

最後にゴマ団子と,五目あんかけかた焼そばを注文しました。ゴマ団子は希望の数を聞かれたので人数分の5個注文しました。
五目あんかけかた焼そばは味付けは良かったのですが,イカがするめいかで硬かったです。ゴマ団子は餡子が入っていて熱くて美味しかったです。
華龍亭のゴマ団子華龍亭の五目あんかけかた焼そば

そろそろ90分になろうとしてラストオーダーを聞きにきたのですが,もうお腹いっぱいで注文しませんでした。

華龍亭は料理を注文してから料理が出されるのが早く,90分もあればお腹いっぱい食べられると思います。華龍亭の料理の素材はそれほど良いものは使われていませんが,炒め具合と揚げ具合は良いです。味付けは全体的濃い目の甘めです。ビールを飲みながら食べるとちょうど良かったのかもしれません。味は好みもあるのですが当りハズレがあるので,何回か行って好みの料理を見つけてオーダーすれば有意義な食事が楽しめるのかもしれません。

華龍亭はどちらかというとランチがお奨めです。

華龍亭 南新保店の場所はこちら   石川県金沢市南新保町ハ45−1−1


和風中華 招龍亭

新年会で「和風中華 招龍亭」に行きました。
「和風中華 招龍亭」は過去に何度か来ているので、多くは期待してなかったのですが、それほど美味しいものはありません。
料理で一番美味しかったのは前菜の焼き豚でした、フカヒレはフカヒレっぽさが無く、パサパサな奇妙な食感でした。海鮮炒めは唯一ちゃんとした中華料理って感じでした。

syouryuutei1.jpg
syouryuutei2.jpg
syouryuutei3.jpg
syouryuutei4.jpg
syouryuutei5.jpg
syouryuutei6.jpg
syouryuutei7.jpg
syouryuutei8.jpg

和風中華 招龍亭の場所はこちら  石川県金沢市西念3丁目5−35


台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店

2018年1月10日

今日は、食事に時間をかけられなかったので、すぐに料理を出してもらえる台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に行きました。
ランチは620円のままでした。
今日はエビチリランチを頼みました。
エビチリランチにはエビチリとダイコンが中心の野菜サラダと玉子スープと大盛りのご飯と缶詰の桃と漬物が付いていました。
相変わらず野菜サラダはドレッシングが少なく、漬物の量は少なく、玉子スープの量も少なかったです。ちょっと貧相な印象を受けます。
そんなに美味しいというわけではないですが、620円なら充分です。前回と変わらぬ感想でした。

sikikou6.jpg

2017年8月9日

今日は久しぶりに台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
ランチは、620円のままでした。
今日は、八宝菜のランチを注文しました。

八宝菜のランチには、八宝菜、大根が中心の野菜サラダ、鶏の唐揚げ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
八宝菜は塩っぱくて困りました。とりの唐揚げは衣が硬くて困りました。デザートは缶詰っぽい味がして困りました。
今日はちょっとがっかりしました。
コーヒーはアイスもありました。

sikikou5.jpg

2016年11月30日

お気に入りのお店、再訪シリーズで今日は台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
ランチは、620円のままでした。
今日は、ほうれん草と玉子炒めのランチを注文しました。

ほうれん草と玉子炒めのランチには、ほうれん草と玉子炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
野菜サラダはドレッシングが少なく、漬物の量は少なく、玉子スープの量も少なかったです。これも節約なんでしょうか?なんか貧乏くさい感じがしました。以前はこんなんじゃなかったと思うんですけど・・・・
ほうれん草と玉子炒めは美味しかったです。

sikikou4.jpg

2015年12月22日

今日は久しぶりに火曜日の能登だったので、水曜日定休のお店に入ろうと何軒か行ってみたのですが、お休みだったり、駐車場が混んでいたり、営業してなかったりで、結局、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店まで来てしまいました。
値段は変わっていませんでした。
今日は細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ620円を注文しました。
細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチには、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。

台湾料理 四季紅の細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ

2015年4月15日

今日は、七尾を出るのが早かったので、jimmyさんが教えてくれたマルシンに行こうと思ったのですが13:40でもう閉まっていて入れませんでした。最近、仕事の都合で七尾を離れる時間が遅くなったので13:40でも閉まっているようなら入れそうもないです。
あの場所で13:40になっちゃうと他に入るお店の選択が極狭くなります。
そういう訳で、久しぶりに台湾料理 四季紅 かほく店に入りました。
ランチは620円になっていて、玉ネギと豚肉炒め、ほうれん草と玉子炒め、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、焼肉、回鍋肉、油淋鶏、焼きソバの7種類から選べます。定食の値段は980円で変わっていませんでした。
今日は回鍋肉のランチを注文しました。回鍋肉のランチには、回鍋肉、豆腐の冷奴、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付きます。回鍋肉も美味しかったし、豆腐の冷奴、玉子スープ、デザートも美味しかったです。これで620円は大満足です。
台湾料理 四季紅を「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録しました。

台湾料理 四季紅の回鍋肉のランチ

2014年3月31日

今日は、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に行きました。台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店は、以前からあるのを知っていたのですが、ランチタイムが終わる14:30までになかなか入れなくて、今日やっと入れました。
14:20に入ったのですが、お客はそれなりに入っていました。テーブル席がかなり埋まっていたので、空いている大きめのテーブル席に座りました。水をポットごととコップと紙のおしぼりを持ってきてくれました。
台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店の店員さんは全員が中国系(台湾?)の人で、女性の若い店員さんはなかなかの美人でした。
ランチは600円で、エビチリ、油淋鶏、野菜炒め、ニラレバ、八宝菜、麻婆豆腐、焼きソバの7種類から選べます。デザートがついていて、セルフでコーヒーも付きます。料理によって、副菜が野菜サラダだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。+150円でスープをラーメンに変更できます。
980円の定食もありました。定食には酢豚、餃子、チヤーハン、中華飯、エビチリ、麻婆豆腐、焼きソバ、鉄板牛肉などがあります。こちらも料理によって、副菜がラーメンだったり、エビフライだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。今までの台湾料理店はどの定食もラーメンが入っていたりするのと較べると工夫が感じられます。誰もが大食漢ってわけではないですからね。副菜を選べるともっと良いけど片言の日本語じゃ無理なんでしょう。
今日はエビチリランチを頼みました。
それほど待つことなくエビチリランチが出されました。
エビチリランチにはエビチリとダイコンが中心の野菜サラダと玉子スープと大盛りのご飯とメロンと漬物が付いていました。
それほど美味しいというものは無かったのですが、600円でこの内容だと満足です。
セルフのコーヒーの場所が判らなかったので、コーヒーいいですかと聞くと、いいですよとコーヒーのある位置を指差してくれました。セルフのコーヒーは入口の一番目立つ場所に置いてありました。
台湾料理 四季紅(しきこう) は全国的なチェーン店のようですが、フランチャイズとかそういう感じではなくて組織的なものは不明です。この手の台湾料理のお店はどこもそういう感じですよね。

台湾料理 四季紅 かほく店のエビチリランチ

台湾料理 四季紅 かほく店の場所はこちら  石川県かほく市高松ノ8−1


珉来 内灘本店

珉来 内灘本店に行きました。珉来 内灘本店は以前は何度も行っていたのですが、長い間行っていませんでした。
珉来 内灘本店は現在、ランチタイム(14時に完全閉店)しか営業していません。
テレビで見た時は、店主は随分老けたなあと思っていましたが、実際に久しぶりに見て、思ってたより元気そうで安心しました。女将さんは全然変わっていなくて元気いっぱいでした。
本当は眠来飯を注文するのが定番なんでしょうけど、実は眠来飯はあまり好きでは無いのです。若宮店にあるカニあんかけ炒飯を頼もうと思ったのですが、内灘本店にはありませんでした。
それで焼き豚炒飯の大盛(750円+150円)を注文しました。
焼き豚炒飯には漬物とスープ(中にチャーシューが入っていた)が付いていました。
焼き豚の味は自己主張が無くて物足りませんでしたが、炒飯、漬物、スープはさすがと思わされる安定した美味しさでした。
いつまでも元気で頑張って欲しいです。

minrai.jpg

珉来 内灘本店の場所はこちら  石川県河北郡内灘町向陽台1丁目1−4


珉来 若宮店

緊急で福井に用事が出来て、福井で昼食をとろうと思ったら財布を持っていない事に気づいて、金沢に戻ってから昼食をとる事にしました。

珉来 若宮店がいつも駐車場が満車になっているのが気になっていたので入ってみました。13:30を過ぎていたので、すんなりと入れました。眠来の本店(内灘)には何度も行った事があるのですが眠来飯がNo1なのは同じようです。
メニューを見ると飯物も麺物もかなり種類があります。
らーめん(中)と飯物(小)のAセットとらーめん(小)と飯物(中)のBセットのお得なセットもありました。

今日は眠来飯のBセット(950円)を注文しました。ちなみに眠来飯の単品700円です。
最初に漬物が出され、しばらくしてラーメン(小)が出され、すこし間をおいて眠来飯(中)が出されました。
漬物はキャベツがメインのものでしたが、ゴマ油が効いていて美味しかったです。
ラーメンは昔懐かしい味で美味しかったです。
眠来飯は内灘店のは、皿だったように記憶していますが、若宮店では丼でした。眠来飯は何度も食べた事はあるのですが、濃いめの味付けは内灘店のものと同じでした。量は思ったより控えめでした。
お昼の営業時間は14:30まででしたが14:00がラストオーダーで暖簾を片付けていました。
記憶違いかもしれませんが、レジで眠来飯のCセット900円って言われました。Cセットなんてメニューには無かったので勘違いかもしれませんが、ひょっとしたらラーメンも眠来飯も小だったのかもしれません。

minrai1.jpg
minrai2.jpg

珉来 若宮店の場所はこちら  石川県金沢市若宮2-37


季家楼(リカロウ)

今日も甲種防火管理新規講習会があり、中華料理の季家楼(リカロウ)で昼食をとりました。
店頭に大きくメニューが表示させていています。この手の台湾料理のお店はハズレが無いので安心して入れます。
店内にはテーブル席と小上がりの席があり、2階もあるようでした。どこでも良いというのでテーブル席に座りました。
季家楼(リカロウ)のランチはメイン料理を21種類から選べて、その他におかず2品、ライス、サラダ、スープ、杏仁豆腐or半ラーメンがついていて、ご飯お替り可能で750円です。その他に選べる4種類の麺類と選べる11種類の飯物のセット700円というのもあります。
ランチのメイン料理は油淋鶏、豚肉とキクラゲ炒め、エビとチンゲン菜炒め、カニ玉、野菜炒め、麻婆茄子、シイタケとチンゲン菜炒め、豚肉とニンニクの芽炒め、八宝菜、エビチリ、エビマヨ、海鮮豆腐煮込み、麻婆豆腐、レバニラ、回鍋肉、五目鶏肉、鶏肉の黒胡椒炒め、酢豚、豚の生姜焼き、若鶏の唐揚げ、鶏肉とカシューナッツ炒めがありました。
本当は、豚肉とニンニクの芽炒めが食べたかったのですが臭いが気になるので、八宝菜のランチにしました。
杏仁豆腐と半ラーメンを選べたので杏仁豆腐でお願いしました。デザートとラーメンを選べるというのは、とてもうれしいです。定食にラーメンが入っているとお腹が一杯になりすぎるので本当はイヤなんです。
ちょっとトイレに行っている間に、料理が出ていました。びっくりするほどの速さです。

八宝菜のランチには、八宝菜、ザーサイ、カボチャの煮物、ライス、サラダ、玉子スープ、杏仁豆腐が付いていました。
八宝菜をはじめとして、料理はそれほど美味しいという訳では無かった(決してまずかった訳でも無い)のですが、ザーサイが美味しかったです。横浜の「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」で感動したザーサイと似た味でした。こういう味付けのザーサイは今の流行なのかな?

rikarou.jpg

季家楼(リカロウ)の場所はこちら   石川県金沢市米泉町1丁目77


仙桃(せんとう)

今日はFP2級の試験が上堤町で行われたので、お昼は試験を早めに切り上げて、近江町で食べようかなと思っていたのですが、めぼしいお店はどこも10人以上の列ができていて断念しました。
そういう訳で、中華料理の仙桃で食事しました。
海鮮系のお店は、どこも混んでいましたが、仙桃は待たずに入れました。店頭にメニューが掲示されていて安心して入れません。
1人で入ったのですが、お好きな席でどうぞと言われました。仙桃にはテーブル席と小上がりの席はありますが、カウンター席はありません。
テーブル席に座ると、メニューと水と紙のおしぼりが出されました。
メニューを見ると、週末限定ランチ1296円でエビチリ、アスパラと牛肉炒めがあり中華海鮮丼1296円、四川麻婆豆腐丼980円、炒馬麺+春巻き1296円、カニあんかけ台湾そば+デザート1296円、点心ランチ1620円、仙桃特選ランチ1620円、ラーメンセット1010円、炒飯セット1100円、フカヒレ炒飯セット1620円、焼きそばセット1215円、担々麺・餃子セット1010円、海老ラーメン・小籠包セット1317円などがありました。

今日は仙桃特選ランチ1620円を注文しました。お店にはCMでおなじみの「仕切るのは私だよ」のおばさんは見当たりませんでした。

14分待って仙桃特選ランチが出されました。

仙桃特選ランチには、前菜(焼き豚、クラゲの辛し冷菜、ピクリス)、野菜海鮮炒め、点心3品(シュウマイ、蒸餃子)、卵コーンスープ、カニ炒飯、杏仁豆腐が付いていました。

点心3品は味付けしてあるので、そのまま食べて下さいと言われました。
前菜(焼き豚、クラゲの辛し冷菜、ピクリス)は味が濃い目ですが、とても美味しかったし、カニ炒飯はパサパサ具合が絶妙で味付けも良く美味しかったです。
野菜海鮮炒めと点心(シュウマイ、蒸餃子)は味は薄めで、これ単体で食べれば美味しいのかもしれませんが、前菜とカニ炒飯がしっかり味が付いているだけに、ちょっと物足りなさを感じました。個人的には調味料を加えたかったです。
卵コーンスープも杏仁豆腐も美味しかったです。

仙桃のメニューは税抜きで表示されていたのですが、未だに慣れません。ちゃんと税抜きって書いてあるのに、勝手に税抜きの価格が値段だと思ってレジの時にびっくりします(苦笑!)

sentou.jpg

仙桃の場所の場所はこちら  石川県金沢市青草町88 近江 町 いち ば 館 2F