金沢で空き家を買う

空き家を買ってリフォームして大家に お金持ちで無くても家を持てる そのためのヒントにと 実体験する企画です。 2018.10.14開設

トリマーが欲しい

ほとんど使わないのに、やたら工具を買い集めています。
かなり、いろいろ揃ったのですが、最近トリマーが欲しくてたまりません。
トリマーって木材の加工(溝堀、飾り面取り、組み接ぎ加工)が簡単にできる電動工具なのです。
欲しいと言いながら、使い方を全く知らない(笑!)ので、「新トリマー&ルーター テクニック」という本を借りてきました。
読んだら、以前に増して欲しくなりました。
「新トリマー&ルーター テクニック」という本も入手しようと思います。
結構遊べそうです。



生活保護の住宅扶助

生活保護を受けた場合には、住宅扶助を受けることができます。

基本的には住宅や預貯金を所有している人には生活保護の認定がおりません。
資産になるような住宅を所有している人が生活保護を受ける場合、住宅を処分するのが前提になります。
住宅ローンが残っていなくて、資産にならないような住宅の場合は、売却しなくても生活保護を受けることができる場合もありますが、所有している不動産から収入を得られる可能性があれば、収入を得るように指導され、収入分は生活保護費から差し引かれます。

生活保護の認定がおりて、住宅扶助を受ける場合、各自治体の生活保護の窓口を担当する相談員(ケースワーカー)に相談する必要があります。
了承を得られた範囲内で物件を探した場合には、敷金・引越し費用・仲介手数料・火災保険料・保証料などの家賃以外の費用も保護金として支給されます。

金沢では1人で住む場合の生活保護の住宅扶助家賃上限額は1か月33,000円です。
内灘での生活保護の住宅扶助家賃上限額は1人で住む場合1か月31,000円です。

ただ、生活保護を受けている人に住居を貸してくれる不動産屋・家主は少ないです。
貸してくれるとしても、通常は、賃貸料の支払いの保証のため、身元のしっかりとした連帯保証人がいるか、生活保護者が加入できる保証会社をつける必要があります。
連帯保証人がいない場合、加入できる保証会社は少ないようです。

生活保護を受けることを検討している場合には、「路上からできる生活保護申請ガイド/ホームレス総合相談ネットワーク (著)」「本当に困った人のための生活保護申請マニュアル/湯浅誠」「生活保護のもらい方/茶々 天々」が参考になると思います。



多機能脚立を購入しました

2019年10月31日

前から、高い脚立が欲しかったのですが、ジモティでアルインコ多機能脚立WKM-15を4000円で購入しました。

脚立時の高さが1.7mで、本当は2m程度の脚立が欲しかったのでちょっと低めですが、3.7mの梯子としても使えるし、長さ1.5m高さ1mの作業台としても使えるので便利です。
自動車に積める梯子も欲しかったので、ちょうど良いです。

ネットで調べると最安値12800円なので、かなりのお買い得です。

11.7kgなので少し重いです。耐荷重100kgなので2人乗るのは無理のようです。

収納サイズ幅52×高さ104×奥行29 cmなので場所をとりません。

2019年11月1日

アルインコ多機能脚立を受け取りました。
簡単に自動車に乗せれるのが便利です。

さっそく、脚立にしたり、梯子にしたり、作業台にしたりしてみました。
固定の解除は簡単なのですが、固定のロックは難しくて、なかなかうまくいきません。
なんかの拍子でロックできたりするのですが、意図的に簡単にロックができません。
コツがあるのかもしれません。

そうこうしてると、バランスを崩して、コンクリートの場所に頭から落ちてしまいました。
凄い出血で、頭部にホッチキスを14針打ち込みました。
CTとかMRIの検査もしたのですが、脳に2か所傷があるけど、小さいので心配ないと思いますということでした。

今度から、脚立を使う時にはヘルメットをしようと思います。

アルインコ多機能脚立WKM-15の取扱説明書やロックの方法などで検索してみたのですが、公式サイトにも取扱説明書が無いし、とにかく、販売のページで同じ内容のページばかり表示されます。
以前のGoogleって、こうじゃなかったんだけどなあ。あまりにも酷いです。

2019年11月2日

アルインコ多機能脚立の組み立てを試行錯誤してみました。
ロックを解除して、少し角度を変えるとガタンと音がします。
その音がしてから、固定したい位置にゆっくりと角度を変えていくと、また音がしてロックされます。

作業台にした時に使う天板を用意しないといけません。
380mm×1500mmくらいの大きさのもので良いようです。
売り主はコンパネが良いと言っていましたが、コンパネは900mm×1800mmが標準なので、随分無駄にしてしまいます。



コーナーカッター(パーキリ)を購入した

以前からコーナーカッター(パーキリ)が欲しかったのですが、メルカリで極刃のコーナーカッター(パーキリ)が7800円で出品されていたので購入しました。
床材や壁材を貼るときに、コーナーを綺麗に切るための道具です。
替え刃は市販の大きいカッター刃が使えます。

道具ばっかり揃っていきます。

あとは、トリマーを購入すれば完璧かな。



鈴見台5丁目の物件

2019年10月24日

鈴見台5丁目のバス停まで徒歩4分で200万円の物件が掲載されていました。
バス停まで徒歩4分と言っても1日に6本しかありません。
金沢駅方面へは7:13、9:15、10:35、13:18、14:38、18:23です。土曜・休日は1日に4本です。

土地面積119.74㎡、建物面積70.81㎡、築1976年6月で4K(6畳の和室3つと6畳の洋室1つ)の物件です。
駐車場もあります。
路線価は31Eなので370万円くらいの土地です。

地図と外観しか掲載されていないので、内部については何も分かりません。

鈴見台のなかでも、かなり高台で団地の端っこで山の斜面に面しています。
2017年7月25日に鈴見台5丁目で土砂災害の危険性が高まったとして、11世帯に対し避難勧告が出されました。まさしくこの物件が避難勧告が出された区域に含まれています。
ちなみに土砂災害警戒特別区域(レッドゾーン)に指定されているのに何も記載されていません。

この地域は積雪の多い地域なので雪が降ると大変だと思います。急な坂道もあります。
北陸でなければ高台って見晴らしがよくて良いんですけど・・・

近くに更生実習所があります。

建ぺい率40%、容積率60%なので、建築の制限が大きいです。未登記部分有なので、ひょっとしたら建ぺい率・容積率で建築法違反があるかもしれません。

雨漏りがあるとのことで、工事が必須です。

ハトマークサイトのみに掲載されていました。

2019年10月25日

現地を見てきました。道路はそれなりに広いので、運転でストレスを感じる事は無さそうです。
駐車場はかなり狭く、コンパクトカーがやっと駐車できるかという感じです。
建物は、それほど傷みを感じませんでした。
後ろの斜面は、雑木が生い茂った急斜面で、補強などの対処はなにもされていないようです。土砂災害警戒特別区域(レッドゾーン)を解消するのは無理っぽいです。



宇野気の事故物件

2019年10月23日

かほく市宇野気町に220万円の物件が掲載されていました。
かほく市は検索範囲から外れていたので気がつきませんでしたが10月初旬から掲載されていたようです。
土地面積が 289.37m²と広く、建物は平屋ですが87.76m²と広いです。

路線価も調べてみましたが、かほく市の路線価は公表されていませんでした。かほく市には路線価が無いよのかもしれません。

1968年4月(築51年7ヶ月)と古い建物ですが、2年前に内装と水回りが改装されているので綺麗です。

2018年7月まで飲食店(ごはんカフェ ことのは)として使われていたそうで、浴室が無いので住むには浴室を新設する必要があります。宇野気には銭湯がありません。
平屋の木造で、台所の横にも4畳半の和室があるし、トイレの横にも4畳半の和室があるので、どちらかを浴室にすれば、それほど大げさな工事にはならないと思われます。100万円程度でできるのではと思います。
プロパンガスで下水道が完備されています。

宇野気駅から徒歩8分と立地もそれほど悪くはないです。ただ鉄道から30mしか離れていないので列車の音が気になるかもしれません。往復があるので1時間に2本程度通りますが最終便が24:09まであります。始発は5:23です

再建築不可物件です。
再建築不可というのは道路関連かもしれません。SUUMOの説明によると南側の道路(公衆用道路)は、個人所有の建築基準法上道路に該当しない道路ということです。
まあ平屋なので、全焼しない限りは、改築や増築でどうにでもなりそうな感じです。
私道で自動車で交差できない道路のようですが駐車は3台は楽に停められそうです。

最も気になるのは事故物件という事です。
去年まで飲食店をしていて風呂も無いので住んでなかったと思うので病死ではないと思うんですよね。
事故物件は貸すときに申告が必要なので貸家としては不向きだと思われます。

一度見てこようと思います。

2019年10月24日

現地を見てきました。
土地面積が289.37m²というのがピンとこないのですが、後ろに駐車場として利用していた広い空き地があったのですが、それは含まれないようです。ちなみに空き地は売地になっていました。
後ろの空き地に至る道路は、自動車の交差はできないながらも、それなりに広いのですが、該当物件の正面に至る道路はコンパクトカーでも、かなりストレスを感じる狭さの道路です。道路というより通路です。
正面にギリギリ4台の自動車が並ぶ程度の駐車場がありますが、道路が狭いので3台駐車するのがやっとだと思います。
40m程度奥まった場所になります。
外観は、それなりに古さを感じますが、平屋なのでそれほど工事費はかからないと思われます。

2019年11月2日

もう掲載されていませんでした。
売れたようです。

2019年11月15日

再び掲載されていました。
話がまとまらなかったようです。



配偶者居住権

民法の改正により2020年4月より配偶者居住権が創設されます。

配偶者居住権とは、「相続が発生する前から住んでいた配偶者の自宅は、配偶者がその自宅の権利を相続しなかったとしても、ずっと住めます」という権利です。

自宅という資産を「配偶者居住権」と「その他の権利」に分けて、配偶者はずっと住み続ける権利は有しているけど、自宅という資産は配偶者が相続しないという制度です。

配偶者居住権は、相続発生した時点で、その自宅に住んでいた配偶者にだけ認められ、かつ、配偶者居住権の登記が必要になります。

配偶者にとっては、自宅は自分の持ち物でなく共有の権利もないので売却することはできませんし、その権利を相続することもできません。

配偶者が亡くなられた場合は、自宅は「その他の権利」を相続した人のものになります。



被相続人の居住用財産(空き家)に係る特別控除の特例

平成31年度税制改正において、「被相続人の居住用財産(空き家)に係る3000万円の譲渡所得の特別控除の特例(以下、「空き家特例」とします。)」に関する改正が実施されています。

平成35年(2023年)12月31日までの特例で、被相続人の居住の要件に、老人ホーム等に入所したような場合であっても含まれる事になりました。

➀被相続人が介護保険法に規定する要介護認定等を受け、かつ、相続の開始の直前まで老人ホーム等に入所をしていたこと。
②被相続人が老人ホーム等に入所をした時から相続の開始の直前まで、その家屋について、その者による一定の使用がなされ、かつ、事業の用、貸付けの用又はその者以外の者の居住の用に供されていたことがないこと。
③昭和56年5月31日以前に建築されたこと。



不動産ジャパンの検索結果一覧画面に複数の巨大広告

先日から、不動産ジャパンの検索結果一覧画面の途中に複数の巨大広告が表示されるようになりました。
検索結果が著しく見にくくなりました。
広告入れても、それほどの収入になるとは思えないのに、利用者に著しい不便さを感じさせて何のメリットがあるのかなあ?



笠舞3丁目の競売物件

2019年10月18日

久しぶりに競売物件を調べたら、手ごろな物件が3件ありました。

その内の一件が、笠舞3丁目の物件(令和01年(ケ)第45号 (物件番号1〜5))で築年数47年土地面積187.28㎡、床面積223㎡です。隣接する2軒の建物が対象です。
売却基準価額4,260,000円、買受可能価額3,408,000円です。

路線価は38Eと40Eになっています。土地の価格は700万円程度です。

11月6日締め切りです。

住みやすい地域ではありますが、崖の下になっていて一部土砂災害警戒地域イエローゾーンに指定されています。斜面緑地地域にも指定されているようです。
南西側間口が幅3mの市道で、南東側が幅2mの市道なので2方向でのセットバック(土地が減らされる)が必要です。
建蔽率オーバーの可能性もあるそうです。
訳アリの土地なので、実際には路線価の700万円よりも、かなり価値が低いと思われます。

2世帯住宅として使われていたようです。部屋は多いですし、必要な設備は揃っているようです。
室内は、かなり散らかっていて整理には苦労させられそうです。
雨漏りがあるそうです。

相続に関しての物納のようで立ち退きなどの心配は無いようです。

2019年10月25日

現地を見てきました。現地に至る道路はいずれも狭く、自動車を運転する際にはストレスを感じます。
建物は、古さを感じますし傷みも見られます。

2019年11月13日

今日開札されました。
不売になっていました。入札が無かったようです。

2019年11月14日

特別売却になっていました。
3,408,000円から入札可能になっています。