無料の画像処理ソフト GIMP を使ってみた

以前から、無料の画像処理ソフトの良いものが無いかなと探していたのですが、無料だと思っていたのに、無料は期間限定で、途中で有料化を求められたり、性能に満足できなかったりして、結局Photoshop Elementsの古いバージョンを騙しだまし使っていたりしていたのですが、GIMPという無料の画像処理ソフトがあることを知ってインストールしてみました。

かなり使いやすいです。
主に使うのは、画像の縮小と、シャープ加工なのですが、シャープ加工の使い勝手が、従来の他のソフトと違います。
Photoshop Elementsの場合は、画質調整—シャープを調整で量95%、半径1.0pixelを使っていたのですが、GIMPの場合はフィルター—-強調—シャープ(アンシャープマスク)でRadius1.000、Amount1.000、Threshold0.000です。
保存の場合はエクスポートで品質70%にすると、今までのPhotoshop Elementsと同等な解像度の画像が得られました。
ただ、エクスポートの保存先を選んだり、ファイルを選ぶ時、同じフォルダに大量の画像がある場合に、表示処理が極端に遅くなります。ファイルを選ぶ時、アイコン表示されないのは、ちょっと残念です。

北国新聞の連載記事が興味深い

北国新聞って、右翼の雑誌の特大広告を掲載したり、解説の評論家も右傾向が強い人ばかりなので、好感度はかなり低いのですが、最近の連載記事は興味深くで楽しみにしています。

前々回が羽咋市の神子原で、前回が金沢市民芸術村、今回は川北町中島の挑戦です。

いずれも奇跡的な成果について、物語風に書かれているのが良いです。

あと石川県で奇跡的な成果について誇れることって、珠洲の芸術祭とか能登演劇堂とかが思いつきますが、そういうのが出てくるのかなあ?

今クールのドラマも小粒ですね

テレビ局の予算の減少が影響しているのか、前クールも今クールもドラマは不作です。
これから、ずっとこんな感じだと残念だなあ

その中で気に入っているドラマは

NHK ドリームチーム
NHK 六畳間のピアノマン
テレビ朝日系 モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~
フジテレビ系 その女、ジルバ
TBS オー!マイ・ボス!恋は別冊で

ちょっとメインから外れているけど、それだけ全体的に小粒になっているって事かな

HUAWEI P10 Liteを購入しました

最近、録音ラジオサーバーで録音した音源の音飛びが激しくなっているのですが、原因がスマートフォンの性能による可能性が大きかったので、メルカリで画面割れのHUAWEI P10 Liteを2000円で購入しました。
HUAWEI P10 Liteはオクタコア CPU「Huawei Kirin 658」RAM 3GB Android 8.0です。
Aondroid10だと動作が不安定なアプリも多いようですが、Android 8.0だとMissing LinkもFake GPS Locationも警告なくインストールできました。
でも、Missing Linkはsleep時に動作しませんでした。Android 8.0でも完全には動作しないようです。

AQUOS sh701を購入しました

最近、録音ラジオサーバーで録音した音源の音飛びが激しくなっていたのですが、原因がスマートフォンの性能による可能性が大きかったので、メルカリで画面割れのAQUOS sh701を2300円で購入しました。
AQUOS sh701は、オクタコア CPU「Snapdragon 660 SDM660」RAM 3GB Android 10.0と持っているスマートフォンで最も高性能です。

届いてから気づいたのですが、接続がUSB Type-Cでした。USB Type-microBのケーブルならたくさん持っているのですが、USB Type-Cのケーブルは持っていなかったのです。
ネットで調べると100円ショップのダイソーでmicroB>>TypeC変換アダプタが売られていて、それほど性能が悪くないとのことなので購入しました。
実際に使ってみたのですが、問題なく使えて良かったです。