石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

加賀亭

今日は、加賀亭に入りました。
加賀亭は激安ランチがあるというので、気になっていたのです。
店頭に定食のメニューが掲載されていたので安心して入れました。
店内には4人掛けのテーブル席が並んでいたのですが、小さめのテーブル席に座りました。
店主がやってきて、お茶は熱い方が良いですか、冷たいのが良いですかと聞かれたので、熱いお茶を頼みました。一緒に紙のおしぼりが出されました。
メニューを見ると、ワンコインランチ(おまかせ)500円、お得セット(ステーキ、海鮮酢の物、一品)1800円、ヒレカツ丼750円、ステーキ丼1100円、牛ハンバーグ定食(牛タン入り)1000円、コラーゲンカレー750円、ステーキ定食(300g)2950円、ヒレカツ定食1550円、ロースカツ定食(200g)1450円などがありました。

今日はワンコインランチ(おまかせ)500円を注文しました。
注文して7分で、ワンコインランチが出されました。
ワンコインランチには、ポークソテー、野菜サラダ、焼き豆腐とカボチャとゴボウの煮物、麦飯、漬物、味噌汁が付いていました。
ポークソテーは素朴な味付けでしたが、好みの味でした。

kagatei.jpg

加賀亭の場所はこちら   石川県金沢市高尾南1丁目107−3

和食レストラン えん

今日は、珍しく火曜日に能登へ出かけたので、ゲストハウスがやっているカフェに行ったのですが、たまたま臨時休業していて、仕方なく、こちらも水曜日定休の「和食レストラン えん」に行きました。
店頭に日替わり定食の値段と料理内容が掲示してあり安心して入れました。
店内にはカウンター席があり、その他に個室や座敷があるようでした。津幡の和風料理屋さんはこういう感じのお店が多いように思います。
カウンターに座ると、冷たいお茶と、紙のおしぼりが出されました。
お昼のメニューには、日替わり定食(限定15食)800円、おまかせ定食(日替わり定食の小鉢が刺身になっている)1000円、親子丼定食870円、カツ丼定食1230円、焼き魚定食1540円、お造り定食1850円などがありました。ご飯お替りは+100円で、最初からご飯大盛というのもあるようです。
今日は、おまかせ定食(日替わり定食の小鉢が刺身になっている)1000円を注文しました。
7分ほどして、おまかせ定食が出されました。おまかせ定食には、刺身の盛り合わせ、鶏の柳川、大根煮、味噌汁、ご飯がついていました。食後にコーヒーも出されました。
どの料理も美味しかったのですが、刺身3種盛り合わせに入っていたマグロのトロは絶品でした。
津幡の飲食店のランチのレベルって相当高いと改めて感じました。
料理は良かったのですが、入店時から食事を終えてカウンター席で新聞を読んでいた客が、俊の食事中にタバコを吸い始めて、タバコの煙の臭いを感じながらの食事になったのは不愉快でした。
だからカウンター席は嫌いなんです。

en.jpg

和食レストラン えんの場所はこちら  石川県河北郡津幡町津幡ニ558−3

季節料理 和 (やわらぎ)

今日は、季節料理 和 (やわらぎ)に行きました。
店内には、大きなカウンター席があり、その他は個室になっています。個室にはテーブルの部屋や座敷の部屋もあるようです。
メニューを見ると、刺身定食2200円、日替わり定食800円、お子様定食1000円、やわらぎ定食(日替わり定食+刺身)1100円などがありました。日替わり定食と和らぎ定食は平日の昼のみです。
すぐにお茶とタオルのお手拭きが出されました。
今日はやわらぎ定食(日替わり定食+刺身)1100円を注文しました。
5分ほどで、やわらぎ定食が出されました。
やわらぎ定食には、ナスとエビのフライ、野菜サラダ、こんにゃくとゼンマイの煮物、刺身盛り合わせ(イカ、甘エビ、フクラギ)、漬物、御飯、味噌汁、お茶が付いていました。
どの料理も美味しかったですが、刺身の新鮮さは特筆ものでした。特に甘エビは玉子付きで、とろっとした甘さは、そんじょそこらで口にできるものではありません。ランチでこれほどの甘エビの刺身を食べられることは滅多にありません。
満足できる食事でした。
津幡って、美味しいお店が多いなあって思います。

yawaragi.jpg

季節料理 和(やわらぎ)の場所はこちら  石川県河北郡津幡町字加賀爪ル201

珉来 若宮店

緊急で福井に用事が出来て、福井で昼食をとろうと思ったら財布を持っていない事に気づいて、金沢に戻ってから昼食をとる事にしました。

珉来 若宮店がいつも駐車場が満車になっているのが気になっていたので入ってみました。13:30を過ぎていたので、すんなりと入れました。眠来の本店(内灘)には何度も行った事があるのですが眠来飯がNo1なのは同じようです。
メニューを見ると飯物も麺物もかなり種類があります。
らーめん(中)と飯物(小)のAセットとらーめん(小)と飯物(中)のBセットのお得なセットもありました。

今日は眠来飯のBセット(950円)を注文しました。ちなみに眠来飯の単品700円です。
最初に漬物が出され、しばらくしてラーメン(小)が出され、すこし間をおいて眠来飯(中)が出されました。
漬物はキャベツがメインのものでしたが、ゴマ油が効いていて美味しかったです。
ラーメンは昔懐かしい味で美味しかったです。
眠来飯は内灘店のは、皿だったように記憶していますが、若宮店では丼でした。眠来飯は何度も食べた事はあるのですが、濃いめの味付けは内灘店のものと同じでした。量は思ったより控えめでした。
お昼の営業時間は14:30まででしたが14:00がラストオーダーで暖簾を片付けていました。
記憶違いかもしれませんが、レジで眠来飯のCセット900円って言われました。Cセットなんてメニューには無かったので勘違いかもしれませんが、ひょっとしたらラーメンも眠来飯も小だったのかもしれません。

minrai1.jpg
minrai2.jpg

珉来 若宮店の場所はこちら  石川県金沢市若宮2-37

キッチンユキ松任本店

今日は、白山国際太鼓エクスタジア2017に行くついでに、キッチンユキ松任本店に入りました。
開場が17:30で駐車場に入れるか心配だったので、早めの夕食を食べられる白山市のお店という事でキッチンユキ松任本店を選びました。16:30頃に営業しているお店って少ないんです。
キッチンユキ松任本店は1階が駐車場になっていて、お店は2階です。金沢カレーの元祖のお店の1軒でもあり人気店でもあるので期待して行きました。
お店に入ると、どこでも好きな席で良いと言うので、奥のほうのテーブル席に座りました。
すぐに水と、紙のお手拭きが出されました。テーブルには冷たい水が入ったピッチャーが置いてありました。決まったらブザーを押して下さいと言われました。
メニューを見ると、玉子野菜スパ&金沢ブラックカレーセット1102円、ユキ風トルコライス1382円、チーズinメンチカツベーキライス886円、チーズinメンチカツカレー857円、タンドリーチキンベーキライス950円、カレースパ&ベーキ810円、カレースパ&カレートンカツのせ1026円、ハンバーグ定食918円、スパゲテイ定食918円、イタリアンスパ定食1026円、玉子野菜スパ定食1026円、生姜焼き定食1080円、とんかつ定食1188円、オールスター定食1620円などがありました。
今日は、玉子野菜スパ&金沢ブラックカレーセット1102円を注文しました。息子はカレースパ&カレートンカツのせ1026円を注文しました。

ほとんど待つ事無く、頼んだ料理が出されました。
いずれも味噌汁が付いていました。玉子野菜スパの玉子がお皿をはみ出していて、一部がテーブルにべちゃっと乗っかかりました。
なんとガサツなお店だと驚きました。

カレーは元祖金沢カレーの一軒ということで、味はチャンピオンカレーと共通点があります。塩っぱいのは同じですが、それでもチャンピオンカレーよりは食べやすいです。でも、やっぱり金沢カレーは好きにはなれません。
カレーが塩っぱいせいなのか、玉子野菜スパのスパゲティは味が薄くて、塩をかけて食べました。ハンバーグは瑞々しさが全くなく個人的には不味いハンバーグの代名詞みたいなハンバーグでした。
食器は先の割れた(昔の給食で使われていた)スプーンとフォークでした。味噌汁が付いているのに箸はありません。
ボリュームがありお腹いっぱいになりました。
ボリュームがあり、それなりに手頃な価格設定でメニューも工夫されていて好感を持てますが、料理は個人的には最低だと感じました。金沢カレーが大好きな息子も、塩っぱかったというのが感想でした。
なんで、こんなお店が人気あるのか不思議でなりません。

yuki1.jpg
yuki2.jpg

キッチンユキ松任本店の場所はこちら  石川県白山市幸明町331−1

サイラムキャンティーン Sairam Canteen

今日は、家族でサイラムキャンティーンに行きました。
インド料理を始めとしてエスニック料理は大好きなので、一度は入りたかったのですが、なかなか行く機会が無くやっと行けました。
南インドのベジタリアンのお店だということです。
ランチメニューとしては、Aランチ(カレー1品、サラダ、ナンORライス、ドリンク)950円、Bランチ(カレー2種、サラダ、ナン、ライス、ドリンク、サモサ)1382円、Cランチ(カレー2種、サラダ、ナン、ライス、ドリンク、カバブ、ティッカ)1598円、ビリヤニ(インド風焼きめし)1080円、マサラドーサ(インド風クレープ状態カレー)1382円などがありました。
カレーは、チキン、日替わり、豆、サンバル(南インド風野菜カレー)、ひき肉から選べますが、土日曜日は日替わりが無いそうです。
自分はAランチでカレーはチキン(辛口)、ナン、ドリンクはラッシーのセット、嫁さんはAランチでカレーはチキン(普通辛さ)、ナン、ドリンクはラッシーのセット、母親はAランチでカレーはチキン(甘口)、ナン、ドリンクはアップリドリンクのセット、息子はBランチでカレーはチキン(普通辛さ)とサンバル(南インド風野菜カレー)、ドリンクはラッシーのセットを頼みました。
ドリンクは出すタイミングを聞かれたので一緒に出してくれるよう頼みました。

調理人はインド系の人でしたが接客は日本の人で、気配りのある接客をしていただけました。
母親が、辛いカレーは嫌だとか、他の飲み物は無いのとか、我がままを言っていたのですが、気持ちよく応対してくれて、選べるドリンクに入っていなかったアップルジュースを出してくれたり、カレーも辛さが選べるとは書いてなかったのですが、調節できるということだったので好みにしてもらいました。途中で何回も水のお替りを入れてくれました。

最初に、サラダとドリンクが出され、ちよっと間隔を置いて、カレーとナンが出されました。
カレーは今まで食べた味と少し違っていました。なんなのかなあ焦げてはいないけど、焦げっぽい味がしました。そういう味のスパイスが入っていたのだと思います。変わった味を楽しめました。
ちなみに息子から、サンバル(南インド風野菜)カレーも少し貰ったのですが、その焦げっぽい味が強くて、ああこれが南インドの味なのかなと妙に納得しました。
途中でナンのお替りはいかがですかと聞かれました。メニューにナンのお替りができると書いてなかったのでびっくりしました。
嫁さんと2人で1枚頼むと半分に切って出してくれました。息子はナン1枚お替りしました。

母親と息子は外でカレーを食べるのは好きではないと言っていたのですが、とても喜んでくれました。良かったです。

sairamu.jpg

サイラムキャンティーン Sairam Canteenの場所はこちら  石川県金沢市泉野4-22-1

サンボアン

今日は、食品衛生責任者の資格をとるための講習会があったので、金沢市内では珍しく外食になりました。

金沢駅西地区で安いと評判の「サンボアン」に入りました。
店頭にランチメニューが掲示されていて安心して入れました。
ランチメニューには、エビフライ、とりの唐揚げ、豚の生姜焼き、トンカツ、アジフライ、チキンカツ、チキンステーキ、豚ロースステーキのランチセットが各540円、刺身3種盛、焼き魚、トン刺し、カキフライ、サーロインステーキのランチセットが各648円です。安い!

店内にはカウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。今日はサーロインステーキのランチセットを注文しました。でも売り切れと言われました。時間の余裕が無かったので、早くできるものは何ですかと聞くと豚の生姜焼きだと言うので、豚の生姜焼きのランチセットを注文しました。
サンボアンは水も、お手拭きもセルフになっています。
注文してすぐに、オシッコ行って、戻ってみると、もう豚の生姜焼きのランチセットが出されました。びっくりしました。ちなみにサンボアンのトイレはカラオケのトイレと共用になっているので、ちょっと離れています。
豚の生姜焼きのランチセットには、豚の生姜焼き、多めの刻みキャベツ、ナメコの味噌汁、御飯、漬物、春雨の煮物が付いていました。ドレッシングもセルフですがあります。
御飯は少な目のように感じましたが、豚の生姜焼きがボリューム満点だったので、お腹いっぱいになりました。味付けも良く、これで540円は超お得だと思いました。店内は広いので、満席にはなっていなかったけど、次から次へとお客が入っていました。
サンボアンでは、おのおのの料理は数量限定で用意されているようで、品切れメニューの連絡が続々と聞こえました。サーロインステーキなど人気メニューは早めに行かないとありつけないようです。

一時期、国道8号線沿いにサンボアン2号店ができていたけど、やっていけなかったのかなあ?不思議です。

sanboan.jpg

サンボアンの場所はこちら  石川県金沢市西念2丁目1−9

ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ Le berger

今日は「ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ」へランチに行きました。
ミシュランのビブグルマンに選定されたお店です。
翌日が父の日ということで、娘からご馳走されたんです。予約を12:00に入れて、ぴったりの時間につきました。
店頭にランチ2800円から ディナー(平日 3500円から 土日 3900円から)となっていました。
店内に入ると、カウンター6席と4人掛けのテーブル4脚とこじんまりしたお店です。
予約席のテーブルには飲み物のメニューが置いてありました。すぐにタオルのお手拭きと冷たい水と、瓶に入ったお水が出されました。
娘にご馳走になって飲み物まで頼むつもりは全く無かったのですが、遠慮せんでもいいからと、しつこく言われたので、自家製ぶどうジュース白(400円)を頼みました。ちなみに自家製ぶどうジュース赤というのもありました。
料理は前もって頼んであるということでした。
自家製ぶどうジュースは上品な味で、市販のものとは別物でした。

最初にオードブル2種が出されました。パテとミニシュークリームみたいな形の料理(グジェール)でした。粒マスタードが添えられていて、パテに付けて食べると言われましたが、粒マスタードの味が強くてほんの少しだけ使って、ほとんど残しました。
娘は美味しいと食べていましたが、ちょっと返答に困りました。

Leberger1.jpg

次はポタージュスープが出されました。
ポタージュスープは大好きなんです。とっても美味しかったです。
ただ、テーブルに置いてあったスープスプーンがカップと比べて大きくて、スプーンは使いませんでした。なんか狐と鶴のご馳走を思い浮かべました。

Leberger2.jpg

次にカンパチのカルパッチョが出されました。見た目、美しかったです。ただカンパチの切り身が大きくて、生臭さを感じました。カンパチの切り身はもっと薄くして、味がたくさんついていたほうが嬉しかったです。カンパチの素材を生かそうという意図だったのかもしれませんが個人的には辛かったです。

Leberger3.jpg

次にハード系のパンとオリーブ油が出されました。パンをオリーブ油に付けて食べるのは最近、時々経験します。

Leberger4.jpg

次にホタテ貝とズッキーニの料理が出ました。ズッキーニの中には料理が詰められています。ホタテ貝が柔らかくて美味しかったです。
追加でパンが出されました。

Leberger5.jpg

次には白身魚とエビの揚げ物のクリームソースの料理が出てきました。これは美味しかったです。基本的にクリームソースが好きなんですね。
エビの頭が食べられるのかどうか悩みました。普通はエビの頭は食べないのですが、揚げてあるし、なんとなく美味しそうだったので、少しずつ食べてみました。エビの濃厚な香りがして美味しかったです。
娘はエビの頭を食べませんでした。本当は食べるのを前提に料理してあったのか不明です。
それにしても、これでかこれでもかと海鮮料理が出てきます。
さすがにここまでくると、2800円のコースではない事に気づきました。

Leberger6.jpg

次は待望の肉料理が出ました。牛肉のワイン煮込みです。お肉がとても柔らかかったのですが、個人的にはソースの味が残念でした。

Leberger7.jpg

デザートの前に食器が出されました。アイスクリームかね、フルーツかね、ケーキかねと話していたら、テリーヌショコラと桃とココナッツのソルベが出されました。
テリーヌショコラはチョコレート好きな俊にはたまらない美味しさでした。桃も今年初めてだったので嬉しかったです。

Leberger8.jpg

最後に飲み物は紅茶かコーヒーを選べてアイスでもホットでも良いという事なのでアイスコーヒーをいただきました。

Leberger9.jpg

お店を出たのは14:30を超えていました。2時間30分の食事でした。娘とたっぷりと会話が出来ました。
娘に聞くと5200円のコースだったようです。

ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ Le bergerの場所はこちら  石川県野々市市押越2-18ホワイトハウス1階

魚処 厚生食堂

今日はいきいき魚市近くにある「魚処 厚生食堂」に行ってきました。「魚処 厚生食堂」へは以前から行ってみたかったのですが、土曜日が定休なのに土曜日に行ったりと、なかなか入れませんでした。
「魚処 厚生食堂」は以前は船員厚生食堂という名前で営業していたのですが、口コミで有名になり観光客も多く訪れる人気店になっているようです。
「魚処 厚生食堂」は11:00開店で、開店直後に行ったのですが、もう3組のお客が入っていました。その後も続々とお客が入ってきました。
「魚処 厚生食堂」にはカウンター席が無いのでテーブル席に座りました。
すぐに熱いお茶が出されました。
メニューはうどん類などもありますが、人気は定食類で、刺身定食1200円、近海フライ定食900円、海鮮丼1000円、ひれかつ定食1200円などがありました。
途中で他のお客が注文していて知ったのですが、日替わり定食800円というのもあるようです。ちなみに今日の日替わり定食はイカリングフライだったようです。たまたま座ったテーブルからは見えないところに本日のメニューのホワイトボードが掲げられていたようです。
今日は人気だという近海フライ定食900円を注文しました。御飯は多めですがよろしいですかと言われたので、それで良いですと答えました。普通でも量が多めですが、それより多めというのも頼めるようです。

8分ほど待って近海フライ定食が出されました。
近海フライ定食にはアジ、サバ、メギスのフライと、切り干し大根の煮物、御飯、味噌汁、漬物が付いていました。御飯は確かに量が多かったです。フライもボリューム満点で熱々で美味しかったです。お腹いっぱいになりました。

お茶は飲み干してあったのですが、途中で追加で注いでくれました。
それからもお客は続々と訪れたのですが、みなさん食事を終えたらさっさと帰っていたので、回転は速かったようです。

kousei.jpg

魚処 厚生食堂の場所はこちら  石川県金沢市無量寺町ヲ51

季家楼(リカロウ)

今日も甲種防火管理新規講習会があり、中華料理の季家楼(リカロウ)で昼食をとりました。
店頭に大きくメニューが表示させていています。この手の台湾料理のお店はハズレが無いので安心して入れます。
店内にはテーブル席と小上がりの席があり、2階もあるようでした。どこでも良いというのでテーブル席に座りました。
季家楼(リカロウ)のランチはメイン料理を21種類から選べて、その他におかず2品、ライス、サラダ、スープ、杏仁豆腐or半ラーメンがついていて、ご飯お替り可能で750円です。その他に選べる4種類の麺類と選べる11種類の飯物のセット700円というのもあります。
ランチのメイン料理は油淋鶏、豚肉とキクラゲ炒め、エビとチンゲン菜炒め、カニ玉、野菜炒め、麻婆茄子、シイタケとチンゲン菜炒め、豚肉とニンニクの芽炒め、八宝菜、エビチリ、エビマヨ、海鮮豆腐煮込み、麻婆豆腐、レバニラ、回鍋肉、五目鶏肉、鶏肉の黒胡椒炒め、酢豚、豚の生姜焼き、若鶏の唐揚げ、鶏肉とカシューナッツ炒めがありました。
本当は、豚肉とニンニクの芽炒めが食べたかったのですが臭いが気になるので、八宝菜のランチにしました。
杏仁豆腐と半ラーメンを選べたので杏仁豆腐でお願いしました。デザートとラーメンを選べるというのは、とてもうれしいです。定食にラーメンが入っているとお腹が一杯になりすぎるので本当はイヤなんです。
ちょっとトイレに行っている間に、料理が出ていました。びっくりするほどの速さです。

八宝菜のランチには、八宝菜、ザーサイ、カボチャの煮物、ライス、サラダ、玉子スープ、杏仁豆腐が付いていました。
八宝菜をはじめとして、料理はそれほど美味しいという訳では無かった(決してまずかった訳でも無い)のですが、ザーサイが美味しかったです。横浜の「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」で感動したザーサイと似た味でした。こういう味付けのザーサイは今の流行なのかな?

rikarou.jpg

季家楼(リカロウ)の場所はこちら   石川県金沢市米泉町1丁目77