石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

キッチンユキ松任本店

今日は、白山国際太鼓エクスタジア2017に行くついでに、キッチンユキ松任本店に入りました。
開場が17:30で駐車場に入れるか心配だったので、早めの夕食を食べられる白山市のお店という事でキッチンユキ松任本店を選びました。16:30頃に営業しているお店って少ないんです。
キッチンユキ松任本店は1階が駐車場になっていて、お店は2階です。金沢カレーの元祖のお店の1軒でもあり人気店でもあるので期待して行きました。
お店に入ると、どこでも好きな席で良いと言うので、奥のほうのテーブル席に座りました。
すぐに水と、紙のお手拭きが出されました。テーブルには冷たい水が入ったピッチャーが置いてありました。決まったらブザーを押して下さいと言われました。
メニューを見ると、玉子野菜スパ&金沢ブラックカレーセット1102円、ユキ風トルコライス1382円、チーズinメンチカツベーキライス886円、チーズinメンチカツカレー857円、タンドリーチキンベーキライス950円、カレースパ&ベーキ810円、カレースパ&カレートンカツのせ1026円、ハンバーグ定食918円、スパゲテイ定食918円、イタリアンスパ定食1026円、玉子野菜スパ定食1026円、生姜焼き定食1080円、とんかつ定食1188円、オールスター定食1620円などがありました。
今日は、玉子野菜スパ&金沢ブラックカレーセット1102円を注文しました。息子はカレースパ&カレートンカツのせ1026円を注文しました。

ほとんど待つ事無く、頼んだ料理が出されました。
いずれも味噌汁が付いていました。玉子野菜スパの玉子がお皿をはみ出していて、一部がテーブルにべちゃっと乗っかかりました。
なんとガサツなお店だと驚きました。

カレーは元祖金沢カレーの一軒ということで、味はチャンピオンカレーと共通点があります。塩っぱいのは同じですが、それでもチャンピオンカレーよりは食べやすいです。でも、やっぱり金沢カレーは好きにはなれません。
カレーが塩っぱいせいなのか、玉子野菜スパのスパゲティは味が薄くて、塩をかけて食べました。ハンバーグは瑞々しさが全くなく個人的には不味いハンバーグの代名詞みたいなハンバーグでした。
食器は先の割れた(昔の給食で使われていた)スプーンとフォークでした。味噌汁が付いているのに箸はありません。
ボリュームがありお腹いっぱいになりました。
ボリュームがあり、それなりに手頃な価格設定でメニューも工夫されていて好感を持てますが、料理は個人的には最低だと感じました。金沢カレーが大好きな息子も、塩っぱかったというのが感想でした。
なんで、こんなお店が人気あるのか不思議でなりません。

yuki1.jpg
yuki2.jpg

キッチンユキ松任本店の場所はこちら  石川県白山市幸明町331−1

サイラムキャンティーン Sairam Canteen

今日は、家族でサイラムキャンティーンに行きました。
インド料理を始めとしてエスニック料理は大好きなので、一度は入りたかったのですが、なかなか行く機会が無くやっと行けました。
南インドのベジタリアンのお店だということです。
ランチメニューとしては、Aランチ(カレー1品、サラダ、ナンORライス、ドリンク)950円、Bランチ(カレー2種、サラダ、ナン、ライス、ドリンク、サモサ)1382円、Cランチ(カレー2種、サラダ、ナン、ライス、ドリンク、カバブ、ティッカ)1598円、ビリヤニ(インド風焼きめし)1080円、マサラドーサ(インド風クレープ状態カレー)1382円などがありました。
カレーは、チキン、日替わり、豆、サンバル(南インド風野菜カレー)、ひき肉から選べますが、土日曜日は日替わりが無いそうです。
自分はAランチでカレーはチキン(辛口)、ナン、ドリンクはラッシーのセット、嫁さんはAランチでカレーはチキン(普通辛さ)、ナン、ドリンクはラッシーのセット、母親はAランチでカレーはチキン(甘口)、ナン、ドリンクはアップリドリンクのセット、息子はBランチでカレーはチキン(普通辛さ)とサンバル(南インド風野菜カレー)、ドリンクはラッシーのセットを頼みました。
ドリンクは出すタイミングを聞かれたので一緒に出してくれるよう頼みました。

調理人はインド系の人でしたが接客は日本の人で、気配りのある接客をしていただけました。
母親が、辛いカレーは嫌だとか、他の飲み物は無いのとか、我がままを言っていたのですが、気持ちよく応対してくれて、選べるドリンクに入っていなかったアップルジュースを出してくれたり、カレーも辛さが選べるとは書いてなかったのですが、調節できるということだったので好みにしてもらいました。途中で何回も水のお替りを入れてくれました。

最初に、サラダとドリンクが出され、ちよっと間隔を置いて、カレーとナンが出されました。
カレーは今まで食べた味と少し違っていました。なんなのかなあ焦げてはいないけど、焦げっぽい味がしました。そういう味のスパイスが入っていたのだと思います。変わった味を楽しめました。
ちなみに息子から、サンバル(南インド風野菜)カレーも少し貰ったのですが、その焦げっぽい味が強くて、ああこれが南インドの味なのかなと妙に納得しました。
途中でナンのお替りはいかがですかと聞かれました。メニューにナンのお替りができると書いてなかったのでびっくりしました。
嫁さんと2人で1枚頼むと半分に切って出してくれました。息子はナン1枚お替りしました。

母親と息子は外でカレーを食べるのは好きではないと言っていたのですが、とても喜んでくれました。良かったです。

sairamu.jpg

サイラムキャンティーン Sairam Canteenの場所はこちら  石川県金沢市泉野4-22-1

サンボアン

今日は、食品衛生責任者の資格をとるための講習会があったので、金沢市内では珍しく外食になりました。

金沢駅西地区で安いと評判の「サンボアン」に入りました。
店頭にランチメニューが掲示されていて安心して入れました。
ランチメニューには、エビフライ、とりの唐揚げ、豚の生姜焼き、トンカツ、アジフライ、チキンカツ、チキンステーキ、豚ロースステーキのランチセットが各540円、刺身3種盛、焼き魚、トン刺し、カキフライ、サーロインステーキのランチセットが各648円です。安い!

店内にはカウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。今日はサーロインステーキのランチセットを注文しました。でも売り切れと言われました。時間の余裕が無かったので、早くできるものは何ですかと聞くと豚の生姜焼きだと言うので、豚の生姜焼きのランチセットを注文しました。
サンボアンは水も、お手拭きもセルフになっています。
注文してすぐに、オシッコ行って、戻ってみると、もう豚の生姜焼きのランチセットが出されました。びっくりしました。ちなみにサンボアンのトイレはカラオケのトイレと共用になっているので、ちょっと離れています。
豚の生姜焼きのランチセットには、豚の生姜焼き、多めの刻みキャベツ、ナメコの味噌汁、御飯、漬物、春雨の煮物が付いていました。ドレッシングもセルフですがあります。
御飯は少な目のように感じましたが、豚の生姜焼きがボリューム満点だったので、お腹いっぱいになりました。味付けも良く、これで540円は超お得だと思いました。店内は広いので、満席にはなっていなかったけど、次から次へとお客が入っていました。
サンボアンでは、おのおのの料理は数量限定で用意されているようで、品切れメニューの連絡が続々と聞こえました。サーロインステーキなど人気メニューは早めに行かないとありつけないようです。

一時期、国道8号線沿いにサンボアン2号店ができていたけど、やっていけなかったのかなあ?不思議です。

sanboan.jpg

サンボアンの場所はこちら  石川県金沢市西念2丁目1−9

ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ Le berger

今日は「ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ」へランチに行きました。
ミシュランのビブグルマンに選定されたお店です。
翌日が父の日ということで、娘からご馳走されたんです。予約を12:00に入れて、ぴったりの時間につきました。
店頭にランチ2800円から ディナー(平日 3500円から 土日 3900円から)となっていました。
店内に入ると、カウンター6席と4人掛けのテーブル4脚とこじんまりしたお店です。
予約席のテーブルには飲み物のメニューが置いてありました。すぐにタオルのお手拭きと冷たい水と、瓶に入ったお水が出されました。
娘にご馳走になって飲み物まで頼むつもりは全く無かったのですが、遠慮せんでもいいからと、しつこく言われたので、自家製ぶどうジュース白(400円)を頼みました。ちなみに自家製ぶどうジュース赤というのもありました。
料理は前もって頼んであるということでした。
自家製ぶどうジュースは上品な味で、市販のものとは別物でした。

最初にオードブル2種が出されました。パテとミニシュークリームみたいな形の料理(グジェール)でした。粒マスタードが添えられていて、パテに付けて食べると言われましたが、粒マスタードの味が強くてほんの少しだけ使って、ほとんど残しました。
娘は美味しいと食べていましたが、ちょっと返答に困りました。

Leberger1.jpg

次はポタージュスープが出されました。
ポタージュスープは大好きなんです。とっても美味しかったです。
ただ、テーブルに置いてあったスープスプーンがカップと比べて大きくて、スプーンは使いませんでした。なんか狐と鶴のご馳走を思い浮かべました。

Leberger2.jpg

次にカンパチのカルパッチョが出されました。見た目、美しかったです。ただカンパチの切り身が大きくて、生臭さを感じました。カンパチの切り身はもっと薄くして、味がたくさんついていたほうが嬉しかったです。カンパチの素材を生かそうという意図だったのかもしれませんが個人的には辛かったです。

Leberger3.jpg

次にハード系のパンとオリーブ油が出されました。パンをオリーブ油に付けて食べるのは最近、時々経験します。

Leberger4.jpg

次にホタテ貝とズッキーニの料理が出ました。ズッキーニの中には料理が詰められています。ホタテ貝が柔らかくて美味しかったです。
追加でパンが出されました。

Leberger5.jpg

次には白身魚とエビの揚げ物のクリームソースの料理が出てきました。これは美味しかったです。基本的にクリームソースが好きなんですね。
エビの頭が食べられるのかどうか悩みました。普通はエビの頭は食べないのですが、揚げてあるし、なんとなく美味しそうだったので、少しずつ食べてみました。エビの濃厚な香りがして美味しかったです。
娘はエビの頭を食べませんでした。本当は食べるのを前提に料理してあったのか不明です。
それにしても、これでかこれでもかと海鮮料理が出てきます。
さすがにここまでくると、2800円のコースではない事に気づきました。

Leberger6.jpg

次は待望の肉料理が出ました。牛肉のワイン煮込みです。お肉がとても柔らかかったのですが、個人的にはソースの味が残念でした。

Leberger7.jpg

デザートの前に食器が出されました。アイスクリームかね、フルーツかね、ケーキかねと話していたら、テリーヌショコラと桃とココナッツのソルベが出されました。
テリーヌショコラはチョコレート好きな俊にはたまらない美味しさでした。桃も今年初めてだったので嬉しかったです。

Leberger8.jpg

最後に飲み物は紅茶かコーヒーを選べてアイスでもホットでも良いという事なのでアイスコーヒーをいただきました。

Leberger9.jpg

お店を出たのは14:30を超えていました。2時間30分の食事でした。娘とたっぷりと会話が出来ました。
娘に聞くと5200円のコースだったようです。

ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ Le bergerの場所はこちら  石川県野々市市押越2-18ホワイトハウス1階

魚処 厚生食堂

今日はいきいき魚市近くにある「魚処 厚生食堂」に行ってきました。「魚処 厚生食堂」へは以前から行ってみたかったのですが、土曜日が定休なのに土曜日に行ったりと、なかなか入れませんでした。
「魚処 厚生食堂」は以前は船員厚生食堂という名前で営業していたのですが、口コミで有名になり観光客も多く訪れる人気店になっているようです。
「魚処 厚生食堂」は11:00開店で、開店直後に行ったのですが、もう3組のお客が入っていました。その後も続々とお客が入ってきました。
「魚処 厚生食堂」にはカウンター席が無いのでテーブル席に座りました。
すぐに熱いお茶が出されました。
メニューはうどん類などもありますが、人気は定食類で、刺身定食1200円、近海フライ定食900円、海鮮丼1000円、ひれかつ定食1200円などがありました。
途中で他のお客が注文していて知ったのですが、日替わり定食800円というのもあるようです。ちなみに今日の日替わり定食はイカリングフライだったようです。たまたま座ったテーブルからは見えないところに本日のメニューのホワイトボードが掲げられていたようです。
今日は人気だという近海フライ定食900円を注文しました。御飯は多めですがよろしいですかと言われたので、それで良いですと答えました。普通でも量が多めですが、それより多めというのも頼めるようです。

8分ほど待って近海フライ定食が出されました。
近海フライ定食にはアジ、サバ、メギスのフライと、切り干し大根の煮物、御飯、味噌汁、漬物が付いていました。御飯は確かに量が多かったです。フライもボリューム満点で熱々で美味しかったです。お腹いっぱいになりました。

お茶は飲み干してあったのですが、途中で追加で注いでくれました。
それからもお客は続々と訪れたのですが、みなさん食事を終えたらさっさと帰っていたので、回転は速かったようです。

kousei.jpg

魚処 厚生食堂の場所はこちら  石川県金沢市無量寺町ヲ51

季家楼(リカロウ)

今日も甲種防火管理新規講習会があり、中華料理の季家楼(リカロウ)で昼食をとりました。
店頭に大きくメニューが表示させていています。この手の台湾料理のお店はハズレが無いので安心して入れます。
店内にはテーブル席と小上がりの席があり、2階もあるようでした。どこでも良いというのでテーブル席に座りました。
季家楼(リカロウ)のランチはメイン料理を21種類から選べて、その他におかず2品、ライス、サラダ、スープ、杏仁豆腐or半ラーメンがついていて、ご飯お替り可能で750円です。その他に選べる4種類の麺類と選べる11種類の飯物のセット700円というのもあります。
ランチのメイン料理は油淋鶏、豚肉とキクラゲ炒め、エビとチンゲン菜炒め、カニ玉、野菜炒め、麻婆茄子、シイタケとチンゲン菜炒め、豚肉とニンニクの芽炒め、八宝菜、エビチリ、エビマヨ、海鮮豆腐煮込み、麻婆豆腐、レバニラ、回鍋肉、五目鶏肉、鶏肉の黒胡椒炒め、酢豚、豚の生姜焼き、若鶏の唐揚げ、鶏肉とカシューナッツ炒めがありました。
本当は、豚肉とニンニクの芽炒めが食べたかったのですが臭いが気になるので、八宝菜のランチにしました。
杏仁豆腐と半ラーメンを選べたので杏仁豆腐でお願いしました。デザートとラーメンを選べるというのは、とてもうれしいです。定食にラーメンが入っているとお腹が一杯になりすぎるので本当はイヤなんです。
ちょっとトイレに行っている間に、料理が出ていました。びっくりするほどの速さです。

八宝菜のランチには、八宝菜、ザーサイ、カボチャの煮物、ライス、サラダ、玉子スープ、杏仁豆腐が付いていました。
八宝菜をはじめとして、料理はそれほど美味しいという訳では無かった(決してまずかった訳でも無い)のですが、ザーサイが美味しかったです。横浜の「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」で感動したザーサイと似た味でした。こういう味付けのザーサイは今の流行なのかな?

rikarou.jpg

季家楼(リカロウ)の場所はこちら   石川県金沢市米泉町1丁目77 

印度料理の店 ホットハウス 西泉店

2017年6月1日

今日は甲種防火管理新規講習会があり、印度料理の店ホットハウスで昼食をとりました。ブログを始めてから行くのは初めてかなと思っていたのですが、9年前に来ていたのですね。
料金はナーンセット(ベジタブルカレー、ナーン、サラダorスープ)1026円とランチ(3種類のカレー、ナーン、サフランライス、サラダ、タンドリー料理、ドリンク)1242円と2割程度値上げされていました。
今日はランチを注文しました。ドリンクはスープを頼みました。

注文してすぐにスープが来ました。しばらくして他の料理も出されました。3種のカレーは、甘めのチキンカレーとしょっぱめのポークカレーと具がいっぱいの野菜カレーでした。印度料理の店ホットハウスのカレーは、どのカレーも辛さはそんなに感じませんでしたが全く違う3種の味を楽しめて良かったです。タンドリー料理はタンドリーティッカでした。ヨーグルトといちごのデザートもついていました。写真では見えませんが、サフランライスはナーンの下に隠れています。

他の客が赤ちゃん連れで来ていて、一部の料理を持ち帰ろうとしていたのですが、間をおかず持ち帰りのための容器を持ってきていていました。その後の会話も心温まるものでした。以前も感じましたが、接客に関しては申し分なく素晴らしかったです。

最近、インド料理のお店は随分安くなっているので1242円だと割高感を感じますが、有意義なランチだと思いました。

hothouse3.jpg
hothouse4.jpg

2008年8月19日

今日は印度料理の店ホットハウスで昼食を食べました。ホットハウスは竪町にあるときに入って以来なので随分久しぶりです。
印度料理の店ホットハウス西泉店はテーブル席だけですので混んでいる時に1人では入りにくそうです。
印度料理の店ホットハウスのランチタイムにはナーンセット(ベジタブルカレーorミートカレー、ナーン、サラダorスープ)850円とランチ(3種類のカレー、ナーン、サフランライス、サラダ、タンドリー料理、ドリンク)1050円があります。印度料理の店ホットハウスではランチのドリンクはビール、ワイン、コーラ、ウーロン茶、オレンジジュース、本日のスープから選べます。
今日はランチでドリンクはスープで注文しました。
注文してすぐにスープが来ました。冷めたら美味しくないので、すぐに飲みました。ラーメンのスープのような味で美味しかったです。そんなに待たずに他の料理も来ました。3種のカレーは、甘めのチキンカレーとしょっぱめのポークカレーと具がいっぱいの野菜カレーでした。印度料理の店ホットハウスのカレーは、どのカレーも辛さはそんなに感じませんでしたが美味しかったです。タンドリー料理はソーセージのような料理でした。ヨーグルトとバナナのデザートもついていました。写真では見えませんが、サフランライスはナーンの下に隠れています。
1050円で、この内容はありがたいです。満足しました。
印度料理の店ホットハウスの料理人はインド人でした。コップの水が無くなってないか、何度もチェックして周ってました。印度料理の店ホットハウスのランチタイムは14:30までです。

印度料理の店ホットハウスのランチのスープ印度料理の店ホットハウスのランチ

印度料理の店ホットハウスの場所はこちら  石川県金沢市西泉2-27

ラーメン藤

2017年5月31日

今日は内灘方面で早めに昼食をとらないといけなかったのですが、行こうと思っていた3軒とも11:30からの営業だったので、早くから開店しているラーメン藤に行きました。
お店の前の駐車場には自動車が1台停まってましたが店内にはお客がいませんでした。駐車場をそれなりに確保しているのに一番近いところに従業員の自動車を停めるというのは、どうなんでしょうね。
店内に入ると、、お客が1人もいないのに座る場所を指定されました。
ラーメン藤では過去にもイヤな思いをした事があるのですが接客精神というものは皆無だと思います。
ちなみに、テーブル席は2つあるのですが、いずれも予約席になっていました。ちなみに帰るまで予約席は空いたままでした。
並ラーメン(700円)、白湯ラーメン(800円)、煮干ラーメン(800円)、溜まり醤油ラーメン(900円)、特製ラーメン(900円)、豚骨醤油ラーメン(800円)など10年前と比べて100円程度値上げしていました。大盛りは100円高です。
最近、白湯ラーメンが自分の好みだと気づいたので、白湯ラーメンの大盛を頼みました。
麺の硬さとネギともやしの量を指定できるので。硬めの麺で、ネギの量普通、もやし多めで注文しました。
麺は細めなので、硬めを注文してもそれほど硬くはないですし、途中で柔らかくなります。
スープはとても美味しかったです。やっぱり白湯ラーメンは美味しいです。

fuji2.jpg

2007年5月2日

今日は久しぶりにラーメン藤に行きました。ラーメン藤は北鉄内灘駅のすぐ近くにあるのですが、あの辺りには美味しいラーメン屋さんが無いこともあって、いつ行ってもお客さんが多いです。ラーメン藤は京都が本店のチェーン店ですが、あまりチェーン店っぽくない雰囲気です。

ラーメン藤では、こってりラーメン(700円)、白湯ラーメン(700円)、煮干ラーメン(700円)、溜まり醤油ラーメン(700円)、特製ラーメン(800円)があります。大盛りは100円高です。
学生の方のみ学生ラーメン600円というのがあります。
いつもはこってりラーメンを食べるのですが、今日は特製ラーメンを注文しました。
薄いチャーシューが丼を埋め尽くすほど入っています。麺の硬さとネギともやしの量を指定できます。
硬めの麺で注文しましたが、これで普通の硬さの麺って感じです。
ラーメン藤のスープはあっさりとした味ですが、普通の醤油味でもないし塩味でもなく、個性的というわけではないけど、他のラーメン店では味わえない味です。
ラーメン藤のラーメンは、どの味のラーメンを食べてもハズレは無く美味しいのですが、感動するほどのインパクトは無いです。

ラーメン藤は年中無休で10:30から23:00で途中休憩が無いのが嬉しいです。

ラーメン藤の特製ラーメン

ラーメン藤の場所はこちら      石川県河北郡内灘町アカシア1-3-2

仙桃(せんとう)

今日はFP2級の試験が上堤町で行われたので、お昼は試験を早めに切り上げて、近江町で食べようかなと思っていたのですが、めぼしいお店はどこも10人以上の列ができていて断念しました。
そういう訳で、中華料理の仙桃で食事しました。
海鮮系のお店は、どこも混んでいましたが、仙桃は待たずに入れました。店頭にメニューが掲示されていて安心して入れません。
1人で入ったのですが、お好きな席でどうぞと言われました。仙桃にはテーブル席と小上がりの席はありますが、カウンター席はありません。
テーブル席に座ると、メニューと水と紙のおしぼりが出されました。
メニューを見ると、週末限定ランチ1296円でエビチリ、アスパラと牛肉炒めがあり中華海鮮丼1296円、四川麻婆豆腐丼980円、炒馬麺+春巻き1296円、カニあんかけ台湾そば+デザート1296円、点心ランチ1620円、仙桃特選ランチ1620円、ラーメンセット1010円、炒飯セット1100円、フカヒレ炒飯セット1620円、焼きそばセット1215円、担々麺・餃子セット1010円、海老ラーメン・小籠包セット1317円などがありました。

今日は仙桃特選ランチ1620円を注文しました。お店にはCMでおなじみの「仕切るのは私だよ」のおばさんは見当たりませんでした。

14分待って仙桃特選ランチが出されました。

仙桃特選ランチには、前菜(焼き豚、クラゲの辛し冷菜、ピクリス)、野菜海鮮炒め、点心3品(シュウマイ、蒸餃子)、卵コーンスープ、カニ炒飯、杏仁豆腐が付いていました。

点心3品は味付けしてあるので、そのまま食べて下さいと言われました。
前菜(焼き豚、クラゲの辛し冷菜、ピクリス)は味が濃い目ですが、とても美味しかったし、カニ炒飯はパサパサ具合が絶妙で味付けも良く美味しかったです。
野菜海鮮炒めと点心(シュウマイ、蒸餃子)は味は薄めで、これ単体で食べれば美味しいのかもしれませんが、前菜とカニ炒飯がしっかり味が付いているだけに、ちょっと物足りなさを感じました。個人的には調味料を加えたかったです。
卵コーンスープも杏仁豆腐も美味しかったです。

仙桃のメニューは税抜きで表示されていたのですが、未だに慣れません。ちゃんと税抜きって書いてあるのに、勝手に税抜きの価格が値段だと思ってレジの時にびっくりします(苦笑!)

sentou.jpg

仙桃の場所の場所はこちら  石川県金沢市青草町88 近江 町 いち ば 館 2F

焼肉・ステーキ ほがらか

今日は「焼肉・ステーキ ほがらか」に入りました。
店頭にランチメニューが掲示されていました。
ランチメニューはステーキランチ(150g)1500円、ヒレステーキランチ(150g)2000円、ヒレステーキランチ(180g)2200円、サーロインステーキランチ(200g)3600円などがありました。
普段、ランチで1500円は使わないのですが、やっぱりお肉は好きなんですよね。ちなみにランチ営業は平日のみで13:30までです。
店内に入ると、カウンター席もあったのですが、お好きな席にどうぞと言われたので、小上がりの席に座りました。
冷たいお茶と、紙のお手拭きが出されました。
今日は、ステーキランチ(150g)1500円を注文しました。ニンニクはどうしますかと聞かれたので、入れないで下さいと答えました。御飯は大盛と普通と小がありますがどうしますかと聞かれたので大盛を頼みました。
最初にサラダが出されて、しばらくして御飯と味噌汁と漬物が出されました。その後、焼野菜とステーキがのせられたプレートが出されました。
タレに付けて食べて下さいと言われたのですが、最初少しだけ言われたとおりに食べていたのですが途中で、タレをかけて食べました。お肉はそれほど良い肉ではなかったのですが、美味しく食べさせていただきました。野菜(もやしが中心)も量が多く、御飯が大盛だったこともありお腹いっぱいになりました。
食後にオレンジジュースかコーヒーかを選べてコーヒーを頼みました。

お茶は飲み干してあったのですが追加で注いでくれました。

hogaraka1.jpg
hogaraka2.jpg

焼肉・ステーキ ほがらかの場所はこちら  石川県河北郡津幡町庄ヘ71−4