石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

旬の味処 なごみ(和)

今日は宇野気駅近くのかほくホテルなごみ亭にある「旬の味処 なごみ(和)」に入りました。
ランチタイムのラストオーダーの13:30ぎりぎりだったのですが、気持ちよく迎えていただきました。
カウンタ-席とテーブル席があったのですが、空いていたのでテーブル席に座ろうと思ったのですが、テーブル席のすべてに箸が出されていたので、予約席ですかと聞くと、違いますと言われたのでテーブル席に座りました。
すぐにタオルのお手拭きと熱いお茶が出されました。
ランチのメニューを見ると、豚カツ定食880円、天ぷら膳1080円、刺身膳1080円、なごみ膳(刺身と天ぷらが付く)1400円などがありました。
今日は刺身膳1080円を注文しました。
10分程度で刺身膳が出されました。刺身膳には5種の刺身盛り合わせ、魚の身入りの味噌汁、茶碗蒸し、漬物、豆腐と野菜のサラダ、御飯が付いていました。
どの料理も美味しかったのですが、特に刺身は鮮度は抜群でとても美味しかったです。
食後にタイミング良く、コーヒーが出されました。
支払い時に、刺身の種類を聞いたのですが、ガンド、マグロ、スズキ、クロムツともう1種類覚えられませんでした(笑!)
最近、質の高いランチに続けて出会えて感激です。
食事は美味しかったのですが、食事中に他の客がタバコを吸って、臭いが届いていたのには、がっかりさせられました。

nagomiunoke.jpg

旬の味処 なごみ(和)の場所はこちら   石川県かほく市宇野気り207-6

CAFE OHANA

手づくりランチのポスターをみてCAFE OHANAに入ってみました。
お好きなところにどうぞと言われたので、テーブル席に座りました。
すぐに冷たい水とメニューが出されました。なんとなくハワイっぽい音楽が流れていました。
メニューにはランチが見当たりません。特にランチというのは無いようです。ちょっと拍子抜けしました。
アメリカンハーバーガー930円、ロコモコ(ハンバーグ丼)850円、ふわとろオムライス850円、ホワイトオムライス950、本格ビーフシチューオムライス1050円、オハナセット(半オムライス&半パスタ)1000円、ナポリタン800円、明太クリームパスタ800円、ミートドリア800円、きのこドリア800円、キーマカレー850円、大人のカレーライス800円、バターチキンカレー900円などがありました。ドリンク付きで+150円、ドリンク・ワフル付き300円です。
食べ終えてから気が付いたのですが、ごはん・パスタは小・中・大があって料金は同じだそうです。そういうのは注文時に聞いてほしかったなあと思いました。
かなり迷って、今日はミートドリア800円を注文しました。
15分ほど待ってミートドリアが出されました。
ミートドリアには、ミートドリアと野菜サラダ、ポテトサラダ、スープが付いていました。
ミートドリアは辛さを抜いた焼きカレーのチーズ乗せとという感じでした。グラタンののったのがドリアだと思っていたので拍子抜けしました。御飯の量は控えめでした。

CAFE OHANAへ行く時には、向かいの衣料品スーパーの駐車場を利用できるようです。

ohana.jpg

CAFE OHANAの場所はこちら  石川県羽咋市旭町ア14-5

台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店

2017年8月9日

今日は久しぶりに台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
ランチは、620円のままでした。
今日は、八宝菜のランチを注文しました。

八宝菜のランチには、八宝菜、大根が中心の野菜サラダ、鶏の唐揚げ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
八宝菜は塩っぱくて困りました。とりの唐揚げは衣が硬くて困りました。デザートは缶詰っぽい味がして困りました。
今日はちょっとがっかりしました。
コーヒーはアイスもありました。

sikikou5.jpg

2016年11月30日

お気に入りのお店、再訪シリーズで今日は台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
ランチは、620円のままでした。
今日は、ほうれん草と玉子炒めのランチを注文しました。

ほうれん草と玉子炒めのランチには、ほうれん草と玉子炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
野菜サラダはドレッシングが少なく、漬物の量は少なく、玉子スープの量も少なかったです。これも節約なんでしょうか?なんか貧乏くさい感じがしました。以前はこんなんじゃなかったと思うんですけど・・・・
ほうれん草と玉子炒めは美味しかったです。

sikikou4.jpg

2015年12月22日

今日は久しぶりに火曜日の能登だったので、水曜日定休のお店に入ろうと何軒か行ってみたのですが、お休みだったり、駐車場が混んでいたり、営業してなかったりで、結局、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店まで来てしまいました。
値段は変わっていませんでした。
今日は細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ620円を注文しました。
細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチには、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。

台湾料理 四季紅の細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ

2015年4月15日

今日は、七尾を出るのが早かったので、jimmyさんが教えてくれたマルシンに行こうと思ったのですが13:40でもう閉まっていて入れませんでした。最近、仕事の都合で七尾を離れる時間が遅くなったので13:40でも閉まっているようなら入れそうもないです。
あの場所で13:40になっちゃうと他に入るお店の選択が極狭くなります。
そういう訳で、久しぶりに台湾料理 四季紅 かほく店に入りました。
ランチは620円になっていて、玉ネギと豚肉炒め、ほうれん草と玉子炒め、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、焼肉、回鍋肉、油淋鶏、焼きソバの7種類から選べます。定食の値段は980円で変わっていませんでした。
今日は回鍋肉のランチを注文しました。回鍋肉のランチには、回鍋肉、豆腐の冷奴、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付きます。回鍋肉も美味しかったし、豆腐の冷奴、玉子スープ、デザートも美味しかったです。これで620円は大満足です。
台湾料理 四季紅を「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録しました。

台湾料理 四季紅の回鍋肉のランチ

2014年3月31日

今日は、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に行きました。台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店は、以前からあるのを知っていたのですが、ランチタイムが終わる14:30までになかなか入れなくて、今日やっと入れました。
14:20に入ったのですが、お客はそれなりに入っていました。テーブル席がかなり埋まっていたので、空いている大きめのテーブル席に座りました。水をポットごととコップと紙のおしぼりを持ってきてくれました。
台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店の店員さんは全員が中国系(台湾?)の人で、女性の若い店員さんはなかなかの美人でした。
ランチは600円で、エビチリ、油淋鶏、野菜炒め、ニラレバ、八宝菜、麻婆豆腐、焼きソバの7種類から選べます。デザートがついていて、セルフでコーヒーも付きます。料理によって、副菜が野菜サラダだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。+150円でスープをラーメンに変更できます。
980円の定食もありました。定食には酢豚、餃子、チヤーハン、中華飯、エビチリ、麻婆豆腐、焼きソバ、鉄板牛肉などがあります。こちらも料理によって、副菜がラーメンだったり、エビフライだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。今までの台湾料理店はどの定食もラーメンが入っていたりするのと較べると工夫が感じられます。誰もが大食漢ってわけではないですからね。副菜を選べるともっと良いけど片言の日本語じゃ無理なんでしょう。
今日はエビチリランチを頼みました。
それほど待つことなくエビチリランチが出されました。
エビチリランチにはエビチリとダイコンが中心の野菜サラダと玉子スープと大盛りのご飯とメロンと漬物が付いていました。
それほど美味しいというものは無かったのですが、600円でこの内容だと満足です。
セルフのコーヒーの場所が判らなかったので、コーヒーいいですかと聞くと、いいですよとコーヒーのある位置を指差してくれました。セルフのコーヒーは入口の一番目立つ場所に置いてありました。
台湾料理 四季紅(しきこう) は全国的なチェーン店のようですが、フランチャイズとかそういう感じではなくて組織的なものは不明です。この手の台湾料理のお店はどこもそういう感じですよね。

台湾料理 四季紅 かほく店のエビチリランチ

台湾料理 四季紅 かほく店の場所はこちら  石川県かほく市高松ノ8−1

お好み焼笑楽

2017年8月2日

水曜日に営業しているお店で、行ってないお店のストックが無くなったので、お気に入りのお店の再訪という事でお好み焼笑楽に行きました。

今日は、牛カットステーキ定食950円のドリンクバー108円付を注文しました。
ソースが玉ねぎソースと、おろしソースから選べるという事なので、玉ねぎソースを頼みました。ご飯を大・中・小から選べるということなので中を頼みました。

ドリンクバーではスムージー(ソフトなかき氷)は中止になっていました。夏になって、かき氷などのデザートに力を入れているようで、そのためにスムージー(ソフトなかき氷)を中止にしたようです。ちょっとイメージダウンです。

牛カットステーキは肉は柔らかかったのですが、少し臭みがありました。肉好きの俊としては許容範囲ですが、ちょっとイメージダウンです。

waraku4.jpg

2017年3月22日

今日は、お好み焼笑楽に行きました。お好み焼笑楽がランチやっているのは、ちょっと前に気づいたのですが、なんか営業している感が無くて、伊藤正喜さんにランチやっているか聞いたら、電話で確認してくれて、間違いなく営業してるとの事で行きました。ちなみにお好み焼笑楽は、焼肉蔵の系列店です。
今日は、店内が少し明るくなっていて、営業中の旗も立っていて営業している感がありました。
店内に入ると、4人掛けの席に案内されて、注文する前にプレートの火を入れてくれました。
メニューを見ると、ランチメニューとしてワイルドステーキ定食950円、鶏つくねハンバーグ定食885円、豚の生姜焼き定食842円、牛カットステーキ定食950円、豚そば&ハーフ豚玉のW定食799円などがありました。
定食を頼むとドリンクバー(20種あるらしい)が108円で、ご飯のお替りが無料だということです。
呼びボタンを押して、ワイルドステーキ定食950円にドリンクバー108円をつけてもらいました。俊にしてはちょっと贅沢なランチです。
ソースが玉ねぎソースと、おろしソースから選べるという事なので、玉ねぎソースを頼みました。ご飯を大・中・小から選べるということなので中を頼みました。

最初に、ドリンクバーのコップが出され、ドリンクバーの場所の説明を受けました。最初にウーロン茶を持ってきました。ドリンクバーにはスムージー(ソフトなかき氷)もありました。
それほど待つことなく、ステーキの肉が出されました。その後、しばらくしてご飯、サラダ、味噌汁が出されました。
ステーキ肉は、上質な肩ロースの厚切りで130g、とても柔らかいとメニューには書かれていましたが、かなり硬いお肉でした。でも硬いお肉は嫌いでは無いので全く気になりません。それほど良い肉では無いですが、美味しく食べさせていただきました。ご飯、サラダ、味噌汁も美味しかったです。
食後にメロンのスムージーを食べました。最初の1口で鼻の上部がツーンときて泣きそうになりました。2口目からは舌の下で慣れさせてから食べました。
スムージーを食べた後、エスプレッソコーヒーをただきました。ノンカロリーのコーラがあれば、言う事なしなんですが、それは求めすぎですね(笑!)
とても満足できたランチでした。
お客は、次から次へと結構入ってきました。
帰りに気づいたのですが、お好み焼笑楽ではFree WiFiに対応しているようです。

お好み焼笑楽を能登の食 美味しいランチの飲食店 1つ星に登録することにしました。

waraku1.jpg
waraku2.jpg
waraku3.jpg

お好み焼笑楽の場所はこちら   石川県七尾市藤野町ロ−4

カフェ&ランチ Nagomi

カフェ&ランチ Nagomi にランチの旗が立てられているのを見つけて入ってみました。
店頭に今日のランチはチキン照り焼きって書かれていました。
店内に入ると、カウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。12:00を過ぎていましたが、お客は誰もいませんでした。
中は小綺麗ですが、ママはオシャレっ気が全く無く、農家のおばさんって感じで、そのギャップが凄かったです。
カウンター席に座ると、冷たい水を出してくれました。
メニューを見ると、モーニングセットとしてトーストセット500円、バターロールセット500円、おにぎりセット500円があり、ランチとしては日替わり(10食限定)600円、オムライス500円、おまかせパスタ500円、半オムライスとパスタのセット500円、丼と小うどん500円などがありました。ランチには味噌汁と小鉢が付きます。
驚くことに、1日通じてコーヒー(セルフ)100円、オレンジジュース100円、リンゴジュース100円です。ランチを注文した時の価格では無く、単品で注文しても、その値段です。
ミニパフェが300円、アイスクリーム200円もありました。安い!
営業時間は8:00から16:00のようです。
今日は日替わりランチを頼みました。待っている時に気づいたのですがカウンターの上に小さい蟻がたくさん動いていました。暇なので1つ1つ潰して退治しました。それでも次から次へと出てきます(笑!)
13分ほど待って、日替わりランチが出されました。
日替わりランチには、チキン照り焼きと野菜サラダ、茄子の炒め物、玉子のスープ、豆腐の冷ややっこ野菜の昆布漬け、御飯が付いていました。
ドレッシングは3種類用意されていました。どの料理も家庭の味でしたが美味しかったです。御飯は少なめでした。
食後にホットコーヒーかアイスコーヒーが出ますと言われたのですが、冷房がかなり効いていたのでホットコーヒーにしました。
コーヒーはセルフですが、作ってあるコーヒーを自分で注ぐのではなくて、自動でコーヒーを挽いていれる機械が置いてありました。コンビニの機械の家庭用のものです。コーヒーカップを設置して、ボタンを押して、出来上がるのを待ちます。なかなか美味しかったです。

自分では、珍しい事ですが、いろいろと話を聞きました。聞いたこと以外は話さない、それほど社交的ではないママでしたが人の好さを感じさせる素朴なママです。こういうお店は嫌いではありません。

途中でお客が来て、10分後に取りに来るので日替わりランチをお願いしますと言って出て行きました。その料理が出来た時間と、そのお客が再び訪れた時間が同時だったのでびっくりしました。コーヒー無しなので500円で良いですとママが言っていました。

300円のミニパフェがどうしても気になって、注文しました。ママは驚いた顔をして、大丈夫ですかと言われました(笑!)

ミニパフェにはバニラアイスとチョコアイス、ホイップクリーム、サクランボ、キウイ、柑橘系果物、ブルーベリー、コーンフレーク、カラースプレーチョコが入っていました。家庭的なパフェでしたが美味しかったです。

カフェ&ランチ Nagomiは4月から営業を始めているそうです。

nagomi1.jpg
nagomi2.jpg
nagomi3.jpg

カフェ&ランチ Nagomiの場所はこちら  石川県七尾市藤橋町申53

らーめん 二刀流

すしべん八幡のあったところが、しばらく串カツ屋さんだったのが、いつの間にか閉店して、「らーめん 二刀流」になっていました。
新しいラーメン屋さんができると最初は混雑するのが普通ですが、目立つ場所にありながら駐車している自動車が少ないので、なんとなく期待感が盛り上がらなくて入っていませんでした。
八幡すしべんの時は、住宅の前も駐車出来ていましたが、今は住宅の前には駐車できないようです。
今日は行こうと思っていた3店がいずれもやっていなかったので(水曜日定休なのかも)、入ってみました。
看板が「新旭製麺」と「らーめん 二刀流」の2つあって、ユニフォームは「新旭製麺」になっていました。
どちらが店名なのかネットで検索すると、「新旭製麺」が和倉でうどん屋をやってて、「らーめん 二刀流」はその系列店ということらしいです。検索した時にブラック企業と名指しされていたのは、少し気になりました。
店内はテーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。冷たい水の入ったピッチャーとコップが置いてあって、自分で入れるようになっていました。
メニューを見ると、しょうゆとんこつらーめん、みそとんこつらーめん、しおとんこつらーめんがいずれも650円、餃子セット350円、唐揚げセット350円、春巻セット350円、らーめんセット700円、野菜らーめん70円高、チャーシューラーメン230円高などがありました。麺大盛150円高です。

今日はしおとんこつらーめん麺大盛を注文しました。
5分ほどで、しおとんこつらーめん麺大盛が出されました。
麺は、昔ながらの細麺でした。麺がくっついて塊みたいになっているところが、ところどころにありました。
スープは豚骨感はほとんど無く、どちらかというと昔ながらの塩ラーメン風ですが、塩っぱかったです。
チャーシューは厚かったのですが、あまり味がしませんでした。
不味くはないけど、全くインパクトの無いラーメンでした。お客にこういうラーメンを食べさせたいという情熱みたいなものは全く感じられませんでした。
リピートは無いと思います。

nitouryuu.jpg

らーめん 二刀流の場所はこちら  石川県七尾市国分町ラ

さと海 鹿島店

今日は、伊藤正喜さんから情報提供いただいた「さと海 鹿島店」に行きました。
同じ建物で営業していた回転すし店「かいおう」の運営会社が破産したので、フランチャイズオーナーが改名して、今年2月に開店したようです。

ランチの掲示が目立っています。店頭に、ランチの内容の掲示もありました。

店内に入ると、1人ですかと聞かれて、そうですと言うと、カウンターでお願いしますと言われました。
店内は空いていたので、どこに座っても良さそうなのにと思ったのが顔に出たのか、テーブル席のほうが良かったですかと言われました。
基本的に、座る席を指示されるのが嫌いなのですが、言われたとおりにカウンター席に座りました。
その後、お客がそれなりに入ってきたのすが、全ての客に座る場所を指示していました。

ランチには、さと海ランチ(にぎり11貫+細巻+味噌汁orデザート)880円、小町セット(にぎり8貫+味噌汁orデザート)680円、特上セット(にぎり10貫+味噌汁orデザート)1280円がありました。
さと海ランチを注文しました。
すると、朝獲れランチ(にぎり8貫+味噌汁)880円もあるということなので、朝獲れランチ(にぎり8貫+味噌汁)880円に変更しました。
ラウンターには普通の醤油と甘口大野しょうゆが置いてありました。

8分ほど待って朝獲れランチが運ばれました。

見た感じ、ネタはそれほど瑞々しさは感じませんでした。なんとなく乾いている感があるんです。切り置きしているからなのかなあ?
七尾は水曜日は市場が休みだということですが、当日獲れた8種類のネタをどうして入手したんでしょうか? 朝獲れと言えば、今日の朝に獲れた魚だという事なんだと思うのですが、まさか前日の朝に獲れたから朝獲れなんという事は無いと思いますけど・・・
シャリは少なくて、なんとなく乾いた感じがします。しかも箸でとると壊れやすいです。シャリ部分も作り置きしてあって、上にネタを乗せるだけって感じなのかなあ?
まあ小さいのはシャリだけではなく、ネタも小さいのですけど・・・・・
ランチの寿司にはワサビが入っていないので、自分でワサビを加えて食べます。
味噌汁の具は貝でしたが、なんかガリガリ感がありました。砂というより殻の食感に近いガリガリ感です。

なんか良いところが何も無いみたいな記述になりましたが、それでも不味くはないです。まあ美味しいと言ってもいいかもしれません。

satoumi1.jpg

回転のレールには、それほどお寿司が回っていないのですが、写真や文字の乗ったお皿が回っていました。
能登フグに力を入れている感じでした。

生シラスの軍艦巻き(2貫で108円)とイノシシの炙りの寿司(1貫108円)に興味を感じたので追加で注文しました。
注文はタブレットで注文するのですが、注文した寿司が出来ると、回転のレールとは別のレールで新幹線が届けてくれます。新幹線の列車は、注文したお客の前で停車するので、他のお客に横取りされたり、取り損なうという事はありません。

生シラスの軍艦巻きは、とても美味しかったです。イノシシの炙りの寿司も美味しかったです。
前回、他のお店でイノシシの肉の生姜焼きを食べて臭みを感じましたが、今日のイノシシの肉は臭みも無く美味しかったです。

satoumi2.jpg
satoumi3.jpg

さと海 鹿島店の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町徳前よ109−1

旬菜割烹 あづま家

今日は、金沢バス実況さんと伊藤正喜さんから情報提供いただいた、「旬菜割烹 あづま家」に行きました。
「旬菜割烹 あづま家」の前は何度か通ったのですが、駐車場に自動車がいっぱい入っていて断念していたのです。今日は、自動車が少なめだったので入れました。
店頭には本日の焼き魚セット アジ塩焼き4食、カマス塩焼き4食 と掲示がありました。

店内に入るとカウンター席が6席だけ見えました。帰る時に奥を覗いたのですが、2人掛けのテーブル席2つと座敷もあったようです。カウンター席には他のお客はいませんでした。
メニューを見ると、本日のにぎり寿司ランチ(にぎり7貫と細巻1本、その日の1品、サラダ、茶碗蒸し、味噌汁、デザート、セルフでコーヒー)1300円(にぎり寿司と味噌汁のセット(にぎり7貫と細巻1本、味噌汁、デザート、セルフでコーヒー)980円、本日の海鮮丼ランチ1300円、海鮮丼と味噌汁のランチ980円、天ぷらランチセット980円、天丼ランチセット980円、本日のお刺身ランチセット1300円、本日の焼き魚ランチセット1100円などがありました。
すぐに、冷たい水と紙のおしぼりが出されました。今日は、贅沢して本日のにぎり寿司ランチ1300円を注文しました。水を飲み干したら、ポットごと持ってきてくれました。

それほど待つことなく本日のにぎり寿司ランチが出されました。
最初に、にぎり寿司7貫と細巻1本、野菜サラダ、茶碗蒸し、甘エビの頭が入った味噌汁、ガリが乗せられたプレートが出されました。にぎり寿司7貫のネタは定番の種類の内容で珍しさはありませんでしたが、みずみずしく鮮度は感じられ、とても美味しかったです。イカの柔らかさが印象的でした。
それほど間をおかず、その日の一品のカマスの塩焼きが出されました。その日の一品は魚料理であったり肉料理であったりするようです。カマスは開いた状態で焼かれていたのですが、開いた状態で細かい骨が残っていると、骨が余計に気になりました。切り身でない魚は、もともと食べるのが苦手なんです。
タイミング良く、デザートのチョコレートアイスが出されました。美味しかったです。
セルフのコーヒーもいただきました。

adumaya1.jpg
adumaya2.jpg
adumaya3.jpg

旬菜割烹 あづま家の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町良川リ7-1

まるにし食堂

今日は、まるにし食堂に入りました。まるにし食堂の存在は知っていたのですが、焼肉屋で食堂でラーメンまでやっていて、昔ながらの建物という事で、興味外のお店だったのです。
でも、最近、旗を新調したり看板を綺麗にしてあったりと意欲が感じられるので入ってみたのです。
まるにし食堂の店内は、カウンター席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。
すぐに水が出されました。
看板に定食って書いてあったので、定食は何があるのですかと聞くと、焼き魚定食、豚肉の生姜焼き定食、野菜炒めの定食が870円で、ラーメン、餃子、漬物、御飯のセット1000円があるとのことです。
今日は、焼き魚定食を頼みました。
焼魚を食べる時は、手をつかわないと食べられないので、手を洗いに行きましたが、槽にビニールがかけられていました。
よく見ると椅子のレザーは破れていましたが、ビニールがかけられていました。よく見ると焼肉の天板はボロボロでしたがピカピカに洗われていました。そういえば、どこも綺麗に手入れされていました。相当な綺麗好きのように思われます。
15分ほどして焼き魚以外の料理(御飯、漬物、味噌汁、野菜サラダ、豆腐冷やっこ、おでん風煮物)のお盆が出されました。お盆にはタオルのお手拭きものっていました。その後すぐに干しカレイの焼き物が出されました。
ボリューム満点で誠実な料理でした。
ただ、割り箸で干しカレイの焼き物を食べるのは苦労しました。

marunisi1.jpg
marunisi2.jpg

まるにし食堂の場所はこちら   石川県七尾市矢田新町ハ−77

麺's じむり

今日は、羽咋駅前にある「麺's じむり」に行きました。麺's じむりは、麺屋まるの跡地にあり、金沢バス実況さんや伊藤正喜さん、匿名さんから情報提供をいただいていたのですが、やっと行けました。
予備情報通り、駐車場が裏にある事や、餃子ランチ、唐揚げランチ500円と大きく掲示されていて、旗もたっていました。
2階まで登ってお店に入るとお客は誰もいませんでした。
メニューを見ると、餃子定食(6個)500円、唐揚げ定食(3個)500円、気まぐれ定食650円、+600円で麺に変更できます、+450円で半麺になっていました。その他に、あごそば700円、あごそば半麺550円、餃子300円、セット(餃子6個or唐揚げ3個とライス小)300円になっていました。

なんか紛らわしいメニューです。
あごそば半麺550円+セット(餃子6個or唐揚げ3個とライス小)300円は850円
あごそば半麺550円+餃子300円は800円
餃子定食500円+半麺450円は950円
餃子定食500円と半麺単品550円で1050円

紛らわしいでしょ。どう頼めば、どういう組み合わせで来るのか意味不明です。
ちなみにセットはライス小で、定食はライス中だと書かれていました。
麺は太麺も選べるようです。
匿名さんが店員から無いと言われた、替え玉はしっかりメニューにはのっていました。

今日は、餃子定食の半麺プラスを頼みました。注文して8分で餃子定食の半麺プラスが出されました。
餃子6個と野菜サラダが同じ皿に乗せられていて、ライス中とあごそば半麺が付いていました。通常の定食は麺の替わりにスープが付くようです。
あごそばの麺は昔ながらの細麺で、スープは甘めで濃い目の醤油味です。チャーシューと味タマゴは、しっかり味付けされていました。餃子もしっかり味付けされていました。
どれも、ちょっと食べるのには美味しさを感じますが、量を多めに食べると途中で飽きそうな感じです。リピートは無いと思います。

ハプニングはレジの時に起きました。当然950円だと思って1000円札を出すと1050円だと言うのです。「ええっそんなんですか」と大きめの声で言って50円を出すと、店長が慌てて来て、店員に間違っていると指摘して950円になりました。
この料金体系だとお店の人も間違えて当たり前だと思います。

gimuri1.jpg
gimuri2.jpg

麺's じむりの場所はこちら 石川県羽咋市川原町チ187−9