石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

らーめん 二刀流

すしべん八幡のあったところが、しばらく串カツ屋さんだったのが、いつの間にか閉店して、「らーめん 二刀流」になっていました。
新しいラーメン屋さんができると最初は混雑するのが普通ですが、目立つ場所にありながら駐車している自動車が少ないので、なんとなく期待感が盛り上がらなくて入っていませんでした。
八幡すしべんの時は、住宅の前も駐車出来ていましたが、今は住宅の前には駐車できないようです。
今日は行こうと思っていた3店がいずれもやっていなかったので(水曜日定休なのかも)、入ってみました。
看板が「新旭製麺」と「らーめん 二刀流」の2つあって、ユニフォームは「新旭製麺」になっていました。
どちらが店名なのかネットで検索すると、「新旭製麺」が和倉でうどん屋をやってて、「らーめん 二刀流」はその系列店ということらしいです。検索した時にブラック企業と名指しされていたのは、少し気になりました。
店内はテーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。冷たい水の入ったピッチャーとコップが置いてあって、自分で入れるようになっていました。
メニューを見ると、しょうゆとんこつらーめん、みそとんこつらーめん、しおとんこつらーめんがいずれも650円、餃子セット350円、唐揚げセット350円、春巻セット350円、らーめんセット700円、野菜らーめん70円高、チャーシューラーメン230円高などがありました。麺大盛150円高です。

今日はしおとんこつらーめん麺大盛を注文しました。
5分ほどで、しおとんこつらーめん麺大盛が出されました。
麺は、昔ながらの細麺でした。麺がくっついて塊みたいになっているところが、ところどころにありました。
スープは豚骨感はほとんど無く、どちらかというと昔ながらの塩ラーメン風ですが、塩っぱかったです。
チャーシューは厚かったのですが、あまり味がしませんでした。
不味くはないけど、全くインパクトの無いラーメンでした。お客にこういうラーメンを食べさせたいという情熱みたいなものは全く感じられませんでした。
リピートは無いと思います。

nitouryuu.jpg

らーめん 二刀流の場所はこちら  石川県七尾市国分町ラ

麺's じむり

今日は、羽咋駅前にある「麺's じむり」に行きました。麺's じむりは、麺屋まるの跡地にあり、金沢バス実況さんや伊藤正喜さん、匿名さんから情報提供をいただいていたのですが、やっと行けました。
予備情報通り、駐車場が裏にある事や、餃子ランチ、唐揚げランチ500円と大きく掲示されていて、旗もたっていました。
2階まで登ってお店に入るとお客は誰もいませんでした。
メニューを見ると、餃子定食(6個)500円、唐揚げ定食(3個)500円、気まぐれ定食650円、+600円で麺に変更できます、+450円で半麺になっていました。その他に、あごそば700円、あごそば半麺550円、餃子300円、セット(餃子6個or唐揚げ3個とライス小)300円になっていました。

なんか紛らわしいメニューです。
あごそば半麺550円+セット(餃子6個or唐揚げ3個とライス小)300円は850円
あごそば半麺550円+餃子300円は800円
餃子定食500円+半麺450円は950円
餃子定食500円と半麺単品550円で1050円

紛らわしいでしょ。どう頼めば、どういう組み合わせで来るのか意味不明です。
ちなみにセットはライス小で、定食はライス中だと書かれていました。
麺は太麺も選べるようです。
匿名さんが店員から無いと言われた、替え玉はしっかりメニューにはのっていました。

今日は、餃子定食の半麺プラスを頼みました。注文して8分で餃子定食の半麺プラスが出されました。
餃子6個と野菜サラダが同じ皿に乗せられていて、ライス中とあごそば半麺が付いていました。通常の定食は麺の替わりにスープが付くようです。
あごそばの麺は昔ながらの細麺で、スープは甘めで濃い目の醤油味です。チャーシューと味タマゴは、しっかり味付けされていました。餃子もしっかり味付けされていました。
どれも、ちょっと食べるのには美味しさを感じますが、量を多めに食べると途中で飽きそうな感じです。リピートは無いと思います。

ハプニングはレジの時に起きました。当然950円だと思って1000円札を出すと1050円だと言うのです。「ええっそんなんですか」と大きめの声で言って50円を出すと、店長が慌てて来て、店員に間違っていると指摘して950円になりました。
この料金体系だとお店の人も間違えて当たり前だと思います。

gimuri1.jpg
gimuri2.jpg

麺's じむりの場所はこちら 石川県羽咋市川原町チ187−9

ラーメン藤

2017年5月31日

今日は内灘方面で早めに昼食をとらないといけなかったのですが、行こうと思っていた3軒とも11:30からの営業だったので、早くから開店しているラーメン藤に行きました。
お店の前の駐車場には自動車が1台停まってましたが店内にはお客がいませんでした。駐車場をそれなりに確保しているのに一番近いところに従業員の自動車を停めるというのは、どうなんでしょうね。
店内に入ると、、お客が1人もいないのに座る場所を指定されました。
ラーメン藤では過去にもイヤな思いをした事があるのですが接客精神というものは皆無だと思います。
ちなみに、テーブル席は2つあるのですが、いずれも予約席になっていました。ちなみに帰るまで予約席は空いたままでした。
並ラーメン(700円)、白湯ラーメン(800円)、煮干ラーメン(800円)、溜まり醤油ラーメン(900円)、特製ラーメン(900円)、豚骨醤油ラーメン(800円)など10年前と比べて100円程度値上げしていました。大盛りは100円高です。
最近、白湯ラーメンが自分の好みだと気づいたので、白湯ラーメンの大盛を頼みました。
麺の硬さとネギともやしの量を指定できるので。硬めの麺で、ネギの量普通、もやし多めで注文しました。
麺は細めなので、硬めを注文してもそれほど硬くはないですし、途中で柔らかくなります。
スープはとても美味しかったです。やっぱり白湯ラーメンは美味しいです。

fuji2.jpg

2007年5月2日

今日は久しぶりにラーメン藤に行きました。ラーメン藤は北鉄内灘駅のすぐ近くにあるのですが、あの辺りには美味しいラーメン屋さんが無いこともあって、いつ行ってもお客さんが多いです。ラーメン藤は京都が本店のチェーン店ですが、あまりチェーン店っぽくない雰囲気です。

ラーメン藤では、こってりラーメン(700円)、白湯ラーメン(700円)、煮干ラーメン(700円)、溜まり醤油ラーメン(700円)、特製ラーメン(800円)があります。大盛りは100円高です。
学生の方のみ学生ラーメン600円というのがあります。
いつもはこってりラーメンを食べるのですが、今日は特製ラーメンを注文しました。
薄いチャーシューが丼を埋め尽くすほど入っています。麺の硬さとネギともやしの量を指定できます。
硬めの麺で注文しましたが、これで普通の硬さの麺って感じです。
ラーメン藤のスープはあっさりとした味ですが、普通の醤油味でもないし塩味でもなく、個性的というわけではないけど、他のラーメン店では味わえない味です。
ラーメン藤のラーメンは、どの味のラーメンを食べてもハズレは無く美味しいのですが、感動するほどのインパクトは無いです。

ラーメン藤は年中無休で10:30から23:00で途中休憩が無いのが嬉しいです。

ラーメン藤の特製ラーメン

ラーメン藤の場所はこちら      石川県河北郡内灘町アカシア1-3-2

龍龍亭

龍龍亭は、エスニック系のお店が少ない時代には、よく行っていました。特に、ミ-クワが大好きで、金沢で一番おいしいラーメンだと思っていました。いつも家族や友達と行っていたので、いろんな料理を頼んで、その中にミ-クワって感じだったので、1人当たりの量が控えめだったのです。
1人で行って、ミークワだけ注文するってありかなと思い、何度か足を運んでみたのですが、いつも休業していて入れませんでした。今日はドゥービーブラザースのコンサートの帰りに寄ってみたら営業していました。龍龍亭は18:30開店なので、行くのが早すぎたり、たまたま休日にあたったりということだったようです。
龍龍亭にはカウンター席がないので、テーブル席に座りました。メニューが出されて、よく見るとミ-クワは普通サイス860円と小サイズ480円があるようです。
今日は念願のミ-クワ単品を頼みました。15分ほど待ってミ-クワが出されました。
ミークワはコシのある平麺(8番ラーメンと感じが似ている)で、ココナッツミルクと胡麻とラー油の組み合わせのスープにパクチーを乗せてあるっていう感じのラーメンです。
相変わらず美味しいなあと思ったのですが、以前はこんなにパクチーの味が強くなかったような気がしたので、ミークワは以前からパクチーが入っていましたかと聞くと、最初から入っていたという事でした。なんか以前と味が変わったような気がするんだけどなあ・・・・

ronrontei.jpg

龍龍亭の場所はこちら   石川県金沢市片町1丁目10−15

らーめん王蘭

2017年3月8日

今日も、「らーめん王蘭」に行きました。
今日はラーメン大盛450円を注文しました。
懐かしい味でした。昔はラーメンといえば、こういう味だったんです。

ouran3.jpg

2017年3月1日

今日も、「らーめん王蘭」に行きました。
今日は焼きめし大盛450円を注文しました。
半端なく大盛で、御飯のパサつきも絶妙で美味しかったです。お腹いっぱいになりました。

ouran2.jpg

2017年2月22日

金沢バス実況さんの情報提供で「らーめん王蘭」に行きました。
大きなカウンターとテーブル席がありますが、カウンター席に座りました。
メニューを見るとびっくり、ラーメン350円、ワンタン350円、味噌ラーメン450円、塩ラ-メン450円、焼きめし350円、ギョーザ300円、中華飯500円などで大盛は100円高です。安い!
塩ラーメンと味噌ラーメンの大盛は超特大ということなので、今日は塩ラーメン大盛を注文しました。
ちょっと待って、塩ラーメン大盛が出されましたが、野菜が山盛りで、まさしく次郎系です(笑!)
量が多いだけでなく、美味しかったです。お腹いっぱいになりました。
こういうお店では焼き飯とラーメンも食べてみたいです。もちろん大盛を頼みます。

カウンターで食事をしていたのですが、近くにいた客が食事が終わると、雑誌を持ってきてタバコを吸い始め、食事中にずっとタバコの煙攻撃にあったのは残念でした。カウンターはタバコの煙リスクが大きいので嫌いです。

ouran.jpg

らーめん王蘭の場所はこちら    石川県かほく市森レ47

麺屋大河

ファイナンシャルプランニングの午前中の試験を早めに退席して、午後の試験まで2時間30分もあったので、以前から気になっていたラーメン屋さん「麺屋大河」に行くことにしました。「麺屋大河」の開店時間は11:30なのですが、11:10に着きました。すでに10人ほど行列を作って待っていました。先頭の人は2人の子供連れでした。最終的には30分以上は待っていたのだと思います。その内の1人は明らかに小学校に入る前という感じで、当然ぐずっています。この雪の降る寒空に、よく小さい子供を外で待たせてまでラーメン食べにくるなあと呆れてしまいました。

11:32に店が開けられました。「麺屋大河」はカウンター席13席だったので、最初に入店できました。「麺屋大河」は味噌らーめんが美味しいということなので味噌らーめんの大盛800円を注文しました。
最初に冷たい水が出されました。カウンターにはピッチャーが置いてあり水のお替りが自由にできます。
その後に、野菜ジュースが出されました。炭水化物を食べる前に野菜ジュースを飲むと、炭水化物が脂肪にならないので健康に良くて肥満対策にも有効だということです。

最初のラーメン6人分が11:42に出されました。自分たちのラーメンは次の6人分として11:50に出されました。カウンターは13席あるのですが6人分ずつだと残り1人分は3回目になるのかなと余計な事を考えていました。
待っている人には前もって注文を聞いていたので、3回目の調理は2回目が終わってすぐに始められました。
最初の人は10分程で食事が終わっていたので3回目の人はカウンターに座って数分でラーメンにありつけたのだと思います。回転は良いです。

「麺屋大河」の味噌らーめんは、スープは少し濃いめで生姜のおろしがたっぷりと乗っていて柚子や青海苔もはいっていました。ひき肉がロールキャベツのようにとろみをつけてあり、ひき肉は少しニンニクで炒めてあるような香りがしました。適度に濃いけどあっさりしているスープです。味噌味は個人的には大好きってほどでもないのですが、「麺屋大河」の味噌スープは文句なく美味しかったです。太めのプチちじれ麺もコシがあって美味しかったし、チャーシューもラーメンに合った上品なもので調和も抜群でした。レジのところにご自由にどうぞとガムが置いてあって1個もらいました。ちなみに包装の無いガムだったので捨てるのに苦労して1時間も口に入れていました。
個人的な好みからすると、他に好きなラーメン屋さんは、何軒かありますが、「麺屋大河」は誰にでも美味しいとお勧めできるラーメン屋さんだと思いました。

taiga1.jpg

麺屋大河の味噌らーめん

麺屋大河の場所はこちら   石川県金沢市堀川町6−3

くるまやラーメン金沢若宮店

昼食の時間が遅くなって、入りたいお店はどこもランチが終わっていたので、久しぶりに「くるまやラーメン」に入りました。
以前は、お気に入りでよく行きました。
味噌ラーメン630円を注文しました。半ライスがサービスというので頼みました。カウンターに座ったのですが、靴の裏がなんかヌルヌルしているのは「くるまやラーメン」らしいなあと、以前来ていた時の事を思い出しました。
「くるまやラーメン」の麺は太めで個人的には好みです。スープは特濃で健康には悪そうですが個人的には好みです。ニンニクもかなり入っています。ニンンクは無しでも頼めますが、ニンニクがあってのくるまやラーメンです。醤油味で濃いのは耐えられませんが、味噌味の濃いのは大丈夫なんです。もやしもたっぷり乗せられていますが、濃いスープとの相性がばっちりで美味しく食べられます。
身体に悪いとは思いながらスープはほとんど飲みました(苦笑)
美味しかった。

kurumaya.jpg

くるまやラーメン金沢若宮店の場所はこちら  石川県金沢市若宮1-143

横濱家系らーめん 元喜家 かほく店

今日は、横濱家系らーめん 元喜家 かほく店に入りました。7月21日に開店したようです。横濱家系らーめん 元喜家は金沢店が大額3丁目にあります。
お店に入ると食券機がありました。食券機は何故かお札が千円札か二千円札しか使えません、千円札が無かったので焦りましたが、なんとか硬貨で対応できました。2千円札が使えて5千円札と1万円札が使えない食券機があるとは驚きです。
基本的には旨辛醤油(並)750円、つけ麺(並)750円、ラーメン(並)680円、チャーシュー麺(並)880円、元喜家餃子(5個)300円、ライス(並)100円などがあります。
今日は、ラーメン(大)780円にしました。
店員さんから、好みはありますかと聞かれたので、何が選べるんですかと聞くと、麺の硬さ、醤油の濃さ、脂の量ということだったので、麺は硬め、醤油は普通、脂は多めで頼みました。
横濱家系らーめん 元喜家 かほく店の店内には、カウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。
カウンターには冷たい水が入ったポットとコップが置かれていました。水はセルフのようです。レンゲもセルフです。おまけに、ティッシュもセルフで入り口近くまで取りに行かないといけません。
ポットは水が無くなっていないか、何度もチェックしていました。
他の客がチャーシュー麺を注文していたのですが、チャーシューが別皿で出されていました。
10分程度待って、ラーメン(大)が出されました。スープを飲んでみたのですが、変な臭みもなく飲みやすい味でした。麺はちょっと太めで希望通りの硬めで美味しかったです。チャーシューは上品な感じで自分としては好みで無かったです。
スープの調味料として、にんにく、ショウガ、酢、豆板醤、コショウがありましたが、何も入れないのが一番おいしく感じました。
ほとんど基本通りの味で食べて、残り少なくなってからショウガを入れて食べました。ショウガを入れると、あっさり食べられます。
家系のラーメンは臭みを感じることが多かったのですが、元喜家のラーメンは美味しかったです。

genkiya.jpg

横濱家系らーめん 元喜家 かほく店の場所はこちら  石川県かほく市遠塚ロ47-3

麺屋まる 羽咋店

今日は、金沢バス実況さんから情報提供していただいた「麺屋まる 羽咋店」に行きました。羽咋駅のロータリーにあるってことなので、場所はすぐにわかりました。
開店の花輪がいくつも並べられていたけど、なんかシャッターが閉まっているような・・・・

marumen2.jpg

駐車場も見当たらないので、羽咋駅に自動車を停めて様子を伺いました。よく見ると2階に「麺屋まる 羽咋店」があるようです。ちょっと入りにくい雰囲気ですが、恐る恐る2階に上がってみると、建物の中は外から見るより広い感じです。テナントが入っていなくてガラガラではあるけど、何軒ものお店が入れるような感じのフロアーです。そんな中に「麺屋まる 羽咋店」がありました。12:50にお店に入ったのですが、お客は誰もいなくて店員がお客の席に座っていたりして寛いでいました。
「麺屋まる 羽咋店」の店内は小上がりの席とカウンター席があり、カウンター席に座りました。
メニューを見ると基本的には和風ラーメンと豚骨ラーメン、焼きラーメンなどがありましたが、何を選べば良いのか判らなかったので、お店の人に、この店の定番は何ですかと聞きました。そしたら和風ラーメン700円と牛すじラーメン780円がお奨めということでした。和風ラーメンは一番安いラーメンですが、それでも700円というのはちょっと高いかなあと感じました。
牛すじは大好きなので、今日は牛すじラーメンを頼みました。大盛はあるのですかと聞くと、大盛は無いけど、替え玉120円があるということでした。ちなみに御飯は小が100円でした。お昼にはセットメニューとして、ミニ焼きめしorミニ牛すじ丼orミニチャーシュー丼とのセット300円というのもありました。御飯+(唐揚げ3個or春巻き2個or餃子4個)のセット300円というのもありました。
カウンターには、冷たい水が入っているピッチャーとコップが置かれていました。お水はセルフのようです。
それほど待つ事無く牛すじラーメンが出されました。
麺は細麺で昔ながらの麺って感じです。牛スジは柔らくぽちゃぽちゃで味付けも良く美味しかったです。スープはあっさり系ですが、塩気がかなり効いています。でも、しょっぱくはなく美味しいスープです。具は牛スジの他に、かまぼこ、ほうれん草、ネギが入っていました。
美味しいラーメンだと思いました。最初は、替え玉を頼もうと思っていたのですが、麺とスープをバランスよく食べていたら、麺を食べ終わった時にはスープはあまり残っていなかったので替え玉は断念しました。
結局、帰る時までお客は入ってきませんでした。
開店の花輪が無くなるとお店の存在感がより希薄になると思うけどお客さん来るのかなあと余計な心配をしました。
駐車場は無いのですかと聞くと、裏側にあるという事でした。

marumen.jpg

麺屋まる 羽咋店の場所はこちら   石川県羽咋市川原町チ   

麺屋神やぐら

今日は家族と「麺屋神やぐら」に行きました。お店の前の駐車場は満車でしたが、隣のGEOの駐車場も駐車しても良いと聞いていたので、問題なく駐車できました。「麺屋神やぐら」は土日祝日は11:30からの営業だということだったので開店少し前に行ったのですが、もう開店していて、ほぼ満席に近い状態でした。テーブル席があいていたので案内されました。
最初に発券機で食券を購入します。普通の大きさでもかなりの量だと聞いていたので、自分は「味噌やぐら」720円、家族は「ラーメン肉増」780円にしました。
ちなみに、ラーメン普通サイスは680円、つけめん普通サイスは780円、鬼油そば(汁なし)普通サイスは680円です。
食券には好みの選択が書かれていて、ラーメンは野菜の量、背脂の量、にんにくの量が選べて、味噌やぐらは野菜の量、にんにくの量が選べました。今日は、野菜の量普通、にんにくの量少な目を選びました。肉の種類も鶏肉と豚肉を選べたので、豚肉で頼みました。
テーブルには冷たい水のピッチャー、コップ、ティッシュの箱、テーブルを拭く付近、調味料が置かれていました。調味料の中には味付けを濃くするための醤油たれも置かれていました。茹でた野菜は味が薄めなので、醤油たれがあるのは嬉しいです。トッピングなどの追加の札もテーブルに置かれていて、食券を購入した後で、キムチ、味付玉子、爆辛、肉増、ビール、ギョーザなどを現金で追加注文することができます。
箸は割りばしとそうでない箸と2種類置かれていました。

麺は太麺なので茹でるのに時間がかかるという事でしたが、それほど待たずに頼んだラーメンが出されました。他の人が頼んだラーメンを見ると、野菜が山盛りになっていてびっくりしたのですが、普通盛りは、それほどでもありませんでした。初めて「麺屋神やぐら」を経験する人は、野菜多めを頼むことをお奨めします。驚くこと間違いなしです。
「味噌やぐら」はスープがこぼれんばかりにズルズルで、取り分けの容器をご用意しましょうかと言われたのでお願いしました。
にんにくは、てっぺんに生のすりおろしたのが乗せられていました。野菜普通盛りだと、見た目それほどインパクトはありません。家族は肉増を頼んだのですが、肉の量はそれほどの差があるとは思えませんでした。厚めのチャーシューが1個多いだけのようです。麺は丸い断面の太麺で歯ごたえがかなりあります。
「味噌やぐら」のスープは、かなり濃い目で、野菜や麺を食べるにはちょうど良いのですが、さすがに飲むことはできませんでした。でも飲むのにちょうど良くて、野菜や麺を食べるのに物足りないのよりは良いです。
家族は、あっという間にスープも飲み干して完食しましたが、自分は、食べても食べても減らない感じで、家族に味噌味も食べてみるって聞いて、食べるというので取り分けの容器に少し取り分けて食べてもらいました。
スープもほとんど飲まなくて、野菜も普通盛りなのに、やっとやっとで完食しました。でも美味しかったです。

麺屋神やぐら(神仙と経営が同じ)は経営者や従業員の男3人が、元従業員少年(18)が無断で店をやめたことに腹を立てて、監禁して怪我を負わせたとして 逮捕監禁致傷の罪に問われて逮捕されたという事件を起こしているので、どんな雰囲気なのかなあとドキドキして行ったのですが、活気があって良い雰囲気でした。

麺屋神やぐらのラーメン肉増
麺屋神やぐらの味噌やぐら

麺屋神やぐらの場所はこちら   石川県金沢市元菊町17-13