石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

近江町市場は信用できない

春のむさしまつりが昨日から始まっていて,今日はイカの活き造りを食べるというイベントもあると大々的に宣伝してました。能登町直送で1パイ500円ということです。
以前からイカの活き造りを食べたいと強く思っていたのです。足とかが口の中で動いて吸着したりして想像するだけでゾクゾクします。

そういう訳で近江町市場の春のむさしまつりに行ってきました。お昼に行くと混んでるので早めに行こうということで11:00に近江町に着きました。イカの活き造りのコーナーにはイカの生簀があって20匹ほどのイカが泳いでいました。こんなに少ないイカでどうやって午後までイカの活き造りを提供できるのだろうと思ったのですが,実際に泳いでいるイカを見て,期待が高まりました。
列をついて,刺身を作っている所を見ていたら,なんとイカを発泡スチロールの箱から出して調理しているんです。一瞬目を疑いましたが,間違いなく,うず高く積み上げられた発泡スチロールの箱からイカを出しています。
近くにいた係員の人に,活きているイカを調理するのではないのですか?と聞くと,さっきまで生きていたと言うのです。さっきまで生きていたイカが,どうして大量の発泡スチロールの中に入れられているのか,どう考えても理解できません。さっきまで生きていても,もう死んでいるイカを調理して活き造りでも無いですよね。
午後に来たお客にも,さっきまで生きていたイカだと答えるのでしょうか?
近江町市場では,一部の蟹屋さんで芳しくない噂は聞いていましたが,もう近江町市場全体が信用できません。


コメントする