石川の食 美味しいもの食べたい

石川の食についての情報です

味処 美夢

今日は、味処 美夢に行きました。実は12月にcomorantさんに情報提供いただいていたのですが、完全に忘れていたのです。最近、伊藤正喜さんに知ってる?って言われてネットで検索してみましたが情報がほとんど無くて、自分のブログのコメントが検索の上位に掲載されていて、コメントの存在に気付いたという次第です。
それほど情報が無いんです。ご主人さんがfacebookしているんですが、お店の住所も掲載されていなくて、未だに住所も七尾市三島町だけしか判らないし、今日行ったのに位置がはっきりしません(苦笑!)

味処 美夢の店頭にはランチメニューが掲載されているので安心して入れました。メニューには、にぎりランチ1000円、ちらしランチ1000円、刺身定食1200円、豚生姜焼き定食950円、味噌ホルモン定食900円などがありました。
店内に入ると、カウンターだけのこじんまりしたお店で(奥に部屋はあるのかもしれません)お寿司屋さんっていう感じです。カウンターには紙のお手拭きとか、醤油皿とか割りばしが置かれていました。

今日は、にぎりランチ1000円を注文しました。しばらくして熱い緑茶が出されました。あまり味がしなくて美味しくないお茶でした。
8分ほどして、にぎりランチが出されました。
にぎりランチには、寿司の盛り合わせ(カッパ巻、玉子焼き、たらこ、ホタルイカ、甘えび、イカ、貝、ハチメだと思う、赤身の魚?)、ガリ、魚のアラが入った味噌汁、玉ねぎの和風マリネ、シメジの玉子とじが付いていました。
寿司のネタは、生魚など素材の新鮮さを感じられる種類のネタは少なかったです。ちょっとインパクトに欠けるなあと思いました。
後でネットで調べるとfacebookで開店したてのにぎりランチを撮影したのが掲載されていたのですが、新鮮さを感じられる生魚がいっぱい出ていました。たまたま、今日は生魚が少なかったのかもしれません。
赤身の魚が、歯ごたえが強く珍しい食感で気になったので帰りに何ですかと聞くとクジラだという事でした。びっくりしました。臭みも全くなく珍しいものを食べられて良かったです。でも勿体ないです。せっかく珍しいものを食べているのに、聞かなければ何を食べたか知らないで済んじゃう。食べる前に知っていたほうが感動は大きかったと思います。寿司の盛り合わせについて、ネタを説明してもらえると印象がかなり良くなると思います。
味噌汁は薄味でした。小鉢2種は味付けが良かったです。
食事が終わると、コーヒーが出ますがブラックで良いですかと言われたので砂糖入りでお願いました。
帰りに、傘はお持ちですかと聞かれました。入店時には青空も出ていたのですが、途中で雨天になっていたのです。帰りに、たまたま雨がやんでいたので傘を借りなかったのですが、駅前の駐車場に着く前に降り出し、建物に入ると雨が強くなりました。危機一髪でした。

味処 美夢は、能登の美味しいランチのお店に登録するか随分迷いましたが今回は取りやめました。今度また再訪してみようと思います。

mimu1.jpg
mimu2.jpg

味処 美夢の場所はこちら  石川県七尾市三島町

藤よし

今日は津幡の藤よしに行きました。藤よしも水曜日が定休日なので、なかなか行けませんでした。
13:00頃でしたが駐車場がほぼ満車で、1台分だけ空いていたので入れました。
ついでで通るような道では無いのに人気があるんだと思います。
店頭に、ランチメニューが掲載されていたので安心して入れました。
ランチメニューには、Aランチ1000円、Bランチ1500円、Cランチ1800円、ちらしランチ1800円、にぎりランチ1000円、湯豆腐ランチ1000円などがありました。
店内はカウンター席と小上がりの席と、個室形式になったテーブル席がありました。
駐車場は満車でしたが、店内はまだ余裕がある感じで、空いているカウンター席に座りました。
すぐにタオルのお手拭きと、熱いお茶が出されました。お茶は寿司屋定番の熱々の緑茶でした。お寿司屋のお茶はこれでなくっちゃ。
今日はAランチを注文しました。
10分程度でAランチが出されました。藤よしのAランチには、魚のフライとモズク酢と野菜サラダ、貝の味噌汁(写真の外になっちゃいました)、ガリ、柑橘系のフルーツ、寿司盛り合わせがついていました。魚のフライは熱々で美味しかったし、その他の料理の味付けも良く美味しかったです。味噌汁の貝は大きかったです。寿司は、新鮮なものとそうでないものの差が出やすい素材のものは無かったのですが、どの寿司もとても美味しかったです。
これで1000円とは驚きです。満足しました。

藤よしは「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録する事にしました。かなり2つ星に近い1つ星です。

hujiyosi1.jpg
hujiyosi2.jpg

藤よしの場所はこちら   石川県河北郡津幡町潟端393−2

旬亭 きどぐちや

今日は「旬亭 きどぐちや」に入りました。「旬亭 きどぐちや」はちょっと前に見つけたのですが、水曜日定休なので、なかなか行けませんでした。
店頭には、お昼のメニューが掲示されていました。
「旬亭 きどぐちや」の店内はカウンター席と、テーブル席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。すぐに、冷たい水とタオルのお手拭きが出されました。
お昼のメニューには、日替わり定食950円、お刺身定食970円、天ぷら定食970円、焼肉定食970円、ヒレカツ定食970円、海鮮丼1080円などがありました。日替わり定食はまぐろ丼でした。
今日は刺身定食970円を注文しました。注文して5分くらいで刺身定食が出されました。
刺身定食には9種の刺身盛り合わせ、茶わん蒸し、茄子の味噌焼き、御飯、味噌汁、漬物、お茶がついていました。
9種の刺身盛り合わせというだけでも凄いのですが、鮮度が抜群で感動しました。茶わん蒸しも手間がかかっていて美味しかったです。料理に関しては満足しました。食後のコーヒーも出されました。

ただ残念な点もありました。メニューは税抜きで掲載されているのですが、お昼のメニューには税抜きであるとの表示がありませんでした。店頭の掲示には税抜きとの表示はありました。
もうひとつ、とっても残念な点があります。「旬亭 きどぐちや」は夫婦でやっているんではないかと推測されるのですが、女将さんが板前さんを口汚く罵るのを数回聞きました。ああいうのはやめて欲しいなあ。やっぱり店員さん同士は仲が良い方が、雰囲気が良くて落ち着けますよね。

「旬亭 きどぐちや」は「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録しました。

kidokuraya1.jpg
kidokuraya2.jpg

旬亭きどくちやの場所はこちら   石川県羽咋市千里浜町ホ103

東山

今日も宅建の実務講習だったので、外食でした。以前から気になっていた東山に入りました。

店頭にメニューが掲示されていました。おまかせ定食780円、和定食1380円、天ぷら付き刺身定食1380円、サイコロステーキ定食、刺身定食1280円、海鮮丼1180円、天ぷら定食1180円、ひれかつ定食1180円、カキフライ定食1200円、ぶり刺身定食1300円、真いか刺身定食850円、さわらと甘海老刺身定食1000円などがありました。
店内に入るとカウンター席と小上がりの席がありました。
今日は、おまかせ定食を注文しました。注文してから、すぐにおまかせ定食が出されました。びっくりしましたが、午後の講習に遅れると大変だったので助かりました。
おまかせ定食には、コロッケ、魚と野菜の胡麻和え、ナメコの味噌汁、野菜の煮物、漬物、御飯が付いていました。
どの料理も味付けは良かったのですが、インパクトは感じませんでした。

higasiyama.jpg

東山の場所はこちら   石川県金沢市西泉4丁目3

ごはん処 一歩

2016年12月27日

久しぶりに「ごはん処一歩」に行きました。12:45でしたが駐車場が1台分だけ空いていたので入ることにしました。お店に入って1人だけだというと、最初、名前と携帯電話の番号を書いて下さいと言われましたが、たまたまカウンターで1人分だけ空いていたので、すぐに座れました。すぐに、熱いお茶と、紙のおしぼりが出されました。カウンターにはお茶が入ったポットも置かれていました。
日替ランチ850円、おまかせ定食が1200円に値上げになっていました。日替ランチはヒレカツでした。
今日は、おまかせ定食を注文しました。20分ほど待っておまかせ定食が出されました。
おまかせ定食には、ヒレカツ、刺身盛り合わせ、ブリの塩焼き、茶わん蒸し、御飯、漬物が付いていました。
どの料理も美味しくて、値上げしても三ツ星の価値はあると思いました。でも、他のお店との差はぐっと縮まったように思いました。「ごはん処 一歩」が三ツ星なら「漁師屋 秀」「夢喰庵」も三ツ星かなあと思いました。

隣のお客は日替ランチを注文していたので内容を見ると、ヒレカツ、味噌汁、茶わん蒸し、小鉢、漬物、御飯が付いていました。これで850円だと、あまり魅力が無いなあと感じました。その他のお客は天丼や海鮮丼を注文したりしてました。
わざわざ「ごはん処 一歩」に行って、入店するのに待たされて、その上、おまかせ定食を食べないというのは噓でしょうって感じです。

食後にコーヒーを飲んでいる人は誰もいませんでした。奥の方にコーヒーカップは置いてあるので、いまでもやっているのだと思いましたが、一応、セルフのコーヒーは今でもやっているのですかと聞くと、やっていますというのでコーヒーもいただきました。

過去の「ごはん処 一歩」の画像を見ると、おまかせ定食の内容って、毎回同じという事に気づきました。まあ、内容に不満はないので、たまに行くにはいいんですけど・・・・

ippo4.jpg

2013年8月7日

久しぶりに「ごはん処一歩」に行きました。普段、「ごはん処一歩」が断トツでNo1と言っていて、能登のお奨めのランチで唯一の三ツ星のお店に登録しておきながら、最後に入ったのは5年前になっていました。
11:30の開店直前に行ったら駐車場が1台だけあいていてギリギリ入れました。
11:30にはカウンター席は満席になり、予約の客は奥の小上がりの部屋に入るのですが、その部屋も11:40には満席になっていました。
カウンターに座るとすぐメニューを見て、おまかせがある事を確認して、すぐにおまかせ定食1000円を注文しました。すべての料金は5年前と変わっていませんでした。但しご飯のお替りは有料になって中盛100円大盛り150円になっていました。でも最初に出されるご飯を大盛りにするのは無料で出来ます。味噌汁のお替りも無料です。
今日の日替ランチ750円はネギトロとマグロ中おち丼でした。
嬉しいことにランチタイムは禁煙になっていました。これで「ごはん処一歩」に対する不満は全く無くなりました。
満席になっても次から次へと客が入ってきました。以前は客は前の駐車場で待っていて、席が空いたら店員が呼びに行っていたのですが、今は席が空いたら電話で呼ぶシステムになっていました。
12:00には9組の空席待ちが溜まってました。12:00に来た客には13時台に空くかもしれないと返事してました。13:00に来れるなら最初から13:00に食事するつもりで12:00に受付して、空く時間の予定だけ聞いておいて、一時間ほど他で用事を済ませてから戻ってくるというのが「ごはん処一歩」の賢い利用法かもしれません。

注文したおまかせ定食は30分後の12:00に出されました。先に来ていて、注文を聞きに来てから注文した客はそれより10分遅れで料理が出されました。
「ごはん処一歩」に来たら、入るなり、おまかせ定食をお願いしますと言うのが鉄則です(笑!)
今日のおまかせ定食は、卵付き甘エビとサワラ、フクラギ、カツオの刺身4種盛、トンカツ、白身の焼き魚、茶碗蒸し、ご飯、味噌汁、漬物が付いていました。刺身4種盛もトンカツも白身の焼き魚もいずれもそれ1品でも定食のメイン料理として成り立つくらいの量がありました。味も文句無く、刺身は新鮮だし、トンカツも美味しいし、白身の焼き魚も塩加減も焼き加減も絶妙でした。
最後にセルフのコーヒーもいただきましたし、水を飲み干してあったのも追加で入れてくれました。但しセルフのコーヒーについては、どこにも掲示されていないし、あることの説明もされませんでした。

改めて「ごはん処一歩」に訪れてみて、やっぱり「ごはん処一歩」は凄いと思いました。他のお店とは比べ物にならない断トツのNo1です。

ごはん処一歩のおまかせ定食


2008年4月16日

ごはん処一歩の日替わりランチも食べてみたかったので、行ってきました。13:00を過ぎていたので、なんとか待たずに座れました。
ごはん処一歩の今日の日替わりランチは牛肉の焼肉定食750円でした。
さっそく日替わりランチを注文しました。
日替わりランチ(牛肉の焼肉定食)の内容は牛肉の焼肉と、野菜たっぷりのサラダ、茶碗蒸し、はるさめの酢の物、漬物、味噌汁、ご飯でした。ご飯と味噌汁はお替り自由だということでした。ランチでもコーヒー(セルフ)をいただけるそうです。
牛肉の焼肉は凄く美味しくて、野菜たっぷりのサラダもドレッシングが美味しくて、茶碗蒸し、はるさめの酢の物も味噌汁も美味しかったです。お茶も空になってるのに気づいて注いでくれました。コーヒーもなかなかな美味しくて大満足でした。なんか幸せな気持ちになりました。
美味しい昼食というのは、それなりに経験しますが、幸せな気持ちになれる昼食って、そうあるものではありません。ごはん処一歩はそういう気持ちにさせてくれる貴重なお店です。

ただ難を言えば禁煙でないことです。
今日も他のお客が、そのお客自身の食事中にタバコに火をつけたまま灰皿に放置して食べてました。ちょっと珍しい光景でした。食事を終えてコーヒーを飲んでいる時だったので救われましたけど。それでも、気持ちは良くないです。

ごはん処一歩の日替わりランチ(焼肉定食)

2008年3月26日

紹介していただいた「ごはん処一歩」に行ってきました。最初に行ったとき、駐車場が満車だったので時間をおいて、改めて行きました。

ごはん処一歩の店内に入るとカウンターの6席があり、奥のほうには座敷がありました。カウンター席が1つ空いてたので座りました。席の予約も可能なようです。

ごはん処一歩のメニューを見ると定食(小鉢2品、ご飯、味噌汁、漬物付)は刺身定食並800円、上1000円、天麩羅定食800円、エビフライ定食900円、和風とんかつ定食900円、とんかつ定食900円、豚バラ焼肉定食850円、焼魚定食800円、豚の生姜焼定食800円、一歩おまかせ定食(刺身、焼魚、揚げ物、茶碗蒸し、味噌汁、漬物、ご飯)1000円がありました。その他に海鮮丼900円、天丼800円、海老天丼900円、ゲソ天丼800円などがありました。
ごはん処一歩のメニューにはのってないのですが、日替わりランチもあるようで、今日の日替わりランチは豚バラおろしポン酢味だと貼り紙がしてありました。後でお店の人に聞いたのですが日替わりランチは平日のみで750円だそうです。

今日は一歩おまかせ定食を注文しました。他のお客もほとんどが一歩おまかせ定食を注文していたようです。

注文して20分して一歩おまかせ定食がきました。
今日の一歩おまかせ定食は甘エビ・フクラギ・マグロなど4種の刺身、ブリの焼き物、とんかつ、味噌汁、漬物、ご飯のセットです。とんかつには刻み野菜がいっぱいつけられていて味噌ダレのドレッシングもとても美味しかったです。ブリの焼き物はヒレまわりの一番美味しいしい部分で最高に美味しかったです。刺身も申し分無かったです。ご飯の量は少なめですがおかずの量が多いのでちょうど良いです。ご飯のお替りも可能なようです。

ごはん処一歩の料理はどの料理も丁寧に愛情込めて作られていて20分かかるのも納得できます。本当に贅沢を感じられた料理でした。この内容で1000円というのは奇跡だと思います。

お茶が無くなっているのにお店の人が気づいて、途中で入れに来てくれました。

ごはん処一歩のメニューには書いてないのですが、コーヒーがセルフでついているようです。他の客に習ってコーヒーもいただきました。コーヒーは1杯だけでお替りはできないようです。

ごはん処一歩に入ったのは1時近くだったのですが、その後もお客が何人も入ってきて、満席のため諦めて帰っていきました。満席で席があくまで待っている人もいました。店内は狭くて待っている場所がないため自分の自動車の中で待つことになります。席が空いたらお店の人が呼びに行くシステムになっているようです。

食事が終わって会計をした時に、あと半日頑張って下さいって言ってくれました。

ごはん処一歩での昼食は満足しました。超お奨めのお店です。お昼の営業は14:00までです。
定休日は木曜日なので観光客の人が日曜日に行くのもOKです。

ごはん処一歩のおまかせ定食


ごはん処 一歩の場所はこちら    石川県七尾市小島町大開地3-8

ぼうぼう 魚

2016年9月28日

最近、あまりにもインド料理のお店に通い詰めて、毎週同じ店の記事ばかりだとお叱りを受けた(笑!)ので、お気に入りのお店再訪シリーズということで、ぼうぼう魚に行きました。
ランチタイムのメニューには日替りぼうぼうランチ860円、海鮮丼860円、刺身定食1080円、寿司定食1080円、天婦羅定食1080円、エビフライ定食1080円、うな重定食2200円と前回通りの値段でした。
今日も日替りぼうぼうランチ860円を注文しました。
一歩が値上げしたということなので、そういう事を考慮すると、ぼうぼう魚も3つ星が妥当かなと考えていました。

注文して、ほとんど待つことなく料理が出てきたのでびっくりしました。
今日の日替りぼうぼうランチには、サンマの塩焼き、3種の刺身盛合わせ、子イワシの煮物、自家製の漬物、子付け昆布の佃煮、ご飯、アサリののお吸い物が付いていました。刺身はどれも新鮮さが感じられ美味しかったです。その他の料理も美味しくて申し分なかったですと言いたいところだったのですが、思ってもいない誤算がありました。サンマの塩焼きが冷たかったのです。冷たいサンマの塩焼きって無いでしょう。まあ焼き魚は時間がかかり、客の流れを考えると仕方ない面もあるのですが、がっかりました。13:00過ぎと遅い時間に行ったのも悪かったのでしょうけど。その後にきたお客も注文してすぐに料理が出されたので、みんな冷たいサンマの塩焼きを出されたんだと思います。

もう1つショックが・・・ぼうぼう魚はランチタイムは14:00なんです。でも13:25にランチメニューを回収してしまったのです。入口の暖簾はかけたままなので、この状態でお客が入ってきたらどうするつもりなんだろうか不思議に思いました。 
今日はぼうぼう魚の悪い面ばかりが目につきました。まあそれでも2つ星の価値はあると思うのですが・・・・

食後のセルフのコーヒーもいただきました。

boubou3.jpg

今週の鶴瓶の家族に乾杯に出てた「志お食堂」の前を通りましたが14:00頃でしたが駐車場に自動車がいっぱい停まっていました。

2015年2月4日

今日は久しぶりで、ぼうぼう魚に行きました。値段が上がっていました。
ランチタイムのメニューには日替りぼうぼうランチ860円、海鮮丼860円、刺身定食1080円、寿司定食1080円、天婦羅定食1080円、エビフライ定食1080円、うな重定食2200円などがありました。
今日も日替りぼうぼうランチ860円を注文しました。
今日の日替りぼうぼうランチには、サンマの塩焼き、3種の刺身盛合わせ、魚の照り焼き、自家製の漬物、昆布の佃煮、ご飯、鱈のあら入りのお吸い物が付いていました。刺身はどれも新鮮さが感じられ美味しかったです。その他の料理も美味しくて申し分なかったです。満足しました。
セルフのコーヒーもいただきました。ちなみに、水もお茶もセルフサービスですが何も掲示が無いのは残念なところです。

ぼうぼう 魚の日替わりランチ

2013年3月15日

ぼうぼう魚では土曜日も限定数量で日替りぼうぼうランチをはじめたそうです。

2012年3月16日

今日は久しぶりで「ぼうぼう魚」に行きました。
日替りぼうぼうランチは相変わらず840円でした。
今日も日替りぼうぼうランチを注文しました。
日替りぼうぼうランチにはハチメの煮物、子付けとフクラギの刺身、焼きイカ、小魚の揚げ物2尾、漬物、ご飯、いわし2尾入りのカス汁が付いていました。
本当にいつ行っても魚づくしのボリュームあるランチです。どれも美味しかったです。
食後にセルフサービスのコーヒーもいただきました。
今日は仕事関係のお客を連れての食事だったので写真はありません。

2008年2月27日

今日は羽咋市の魚料理屋ぼうぼう魚に入りました。国道沿いに大きな広告看板が出てたので興味を持っていたのですが、羽咋には14:00までになかなか入れなかったので今日やっと行けました。

ぼうぼうは魚屋さんがやっている直営の割烹のお店で、14:00までのランチタイムには日替りランチやお得な各種定食をやっています。
ぼうぼう魚の駐車場は結構ありますが、魚屋さんとかと共用なので満車の事も多いです。
ぼうぼう魚の店構えがちょっと入り難い感じですが、勇気を出して入ってみました。

13:00を越えていたんですが、ぼうぼう魚の店内はお客がいっぱい入っていて、活気がありました。地元では相当の人気店のようです。

カウンター席があいてたので、座ると席の前にランチタイムのメニューが置いてありました。
日替りぼうぼうランチは月曜から金曜日の平日だけで840円です。焼き魚or煮魚、刺身、小鉢、ご飯、漬物、汁があってコーヒーはセルフサービスです。
ちなみにコーヒーだけではなく、水もお茶もセルフサービスです。お茶は自分でお茶缶からお茶っ葉を出して紅茶の半球状の網に入れてお湯を注がないといけません。
ぼうぼう魚のランチタイムのメニューには日替りぼうぼうランチ以外に刺身定食1030円、寿司定食1030円、焼魚定食1030円、天婦羅定食1030円、エビフライ定食1030円、うな重定食1370円があります。ぼうぼう魚の定食にはメイン料理の他に茶碗蒸し、小鉢、果物、ご飯、汁、漬物がついてコーヒーがセルフサービスです。

お店の人がおしぼりを持ってきてくれたので、日替りぼうぼうランチを注文しました。

そんなに待たなく、日替りぼうぼうランチが来ました。量の多さにびっくりしました。
今日の日替りぼうぼうランチはさんまの塩焼き、さわらの刺身、切干大根の子付け煮、小鯵の唐揚、大根の漬物、魚の味噌汁、ご飯でした。
さんまの塩焼きは頭はついていないけど1匹ついていました。さわらの刺身もちょっと飾りにというような感じでは無くて完全に1人前分くらいありました。切干大根の子付け煮も凝った料理だし、魚の味噌汁も魚のアラだけが入っているのでは無くて、ちゃんとした魚の身がいくつも入っていました。小鯵の唐揚も2匹ついていました。
これでもかこれでもかというくらい魚がいっぱいの日替りぼうぼうランチですが、量だけでは無くて味も美味しくて文句のつけようが無いです、これでコーヒーがついて840円とは、まさしく奇跡です。ありえません。
手軽な料金で美味しい魚料理を堪能できるという面で、石川県じゅう捜してもぼうぼう魚以上のお店を見つけるのは難しいと思います。
ぼうぼう魚は超お奨めのお店です。もちろん完全に満足しました。

ぼうぼう 魚の日替わりランチ

ぼうぼう魚の場所はこちら   石川県羽咋市川原町エ161

cafe&炭火焼 なぎさGARDEN

2016年6月28日

今日は、穴水町のcafe&炭火焼 なぎさGARDENに入りました。cafe&炭火焼 なぎさGARDENができたのは、随分前から知っていたのですが、水曜日定休なので、なかなか入れませんでした。お店の前に営業中の看板が置いてあったので開店しているのかなと思って入ろうとすると閉店してたり、自動車がたくさん停まっているので開店してるのかなと思って入ろうとすると閉店していたり何度も空振りしていたのです。
どうも道路沿いのところに営業中の看板が立っている時にのみ営業しているようです。

nagisa1.jpg

店内はカウンター席と牡蠣貝を焼く炭火焼用テーブルがありますが、カウンターは食事するには狭い感じだったので、炭火用テーブルに座りました。でも炭火焼用テーブルなので、テーブルがかなり低くて、それに比べて椅子が高めなので食べにくい感じです。元々はバーベキュー小屋だったようで、炭焼きする時に牡蠣貝の殻が顔に飛んだりして怪我をしないようにというのを第一に考えているのかもしれません。、店内は手作り感たっぷりです。見た感じエアコンも無さそうでした。煙突付きのストーブがあったので、冬は寒くないかもしれませんが、真夏は暑いかもしれません。
メニューは黒板に書かれており、本日のおすすめは、刺身定食1080円、天然かきフライ定食1080円、魚フライ定食1080円、ミニ海鮮丼800円、天然岩カキ食べ放題3000円などありました。定食にはコーヒーが付いています。刺身定食の刺身の内容は黒板に書かれていましたが、こういう配慮は嬉しいものです。

cafe&炭火焼 なぎさGARDENは、女性2人でやっているようで、水と紙のお手拭きを持ってきてくれて、刺身はオコゼづくしか、アカイカ・サザエ・ハチメ・マグロの4種盛り合わせから選べると説明がありました。黒板に書かれていた刺身の内容とは違っていました(笑!)
今日は刺身定食で4種盛り合わせのほうを頼みました。
12分待って刺身定食が出されました。刺身定食には、刺身4種盛り合わせの他にご飯、味噌汁(アカモク入)、漬物(自家製)、野菜の煮物、そうめん瓜とキャラブキ(蕗の佃煮)が付いていました。
刺身は鮮度抜群でとても美味しかったし、ボリュームもあって満足しました。味噌汁もアカモクのぬるっとした感覚が新鮮で楽しめましたし、美味しかったです。野菜の煮物、そうめん瓜とキャラブキの味付けも申し分なく美味しかったです。特にキャラブキは絶品でした。キャラブキだけでも買って帰りたかったくらいです。
ご飯は、ちょっと少な目で物足りなさを感じましたが、食べ終わる頃になってご飯は足りましたかと言われたので、お替わりができたのかもしれません。どうせならもっと早く言って欲しかったなあと思いました。食後のコーヒーも美味しかったです。
この内容で1080円は大満足です。
cafe&炭火焼 なぎさGARDENは、能登の食 美味しいランチの飲食店の一つ星に登録しました。

nagisa2.jpg

cafe&炭火焼 なぎさGARDENの隣が魚屋(渚水産)だったので、お店と関係あるのですかと聞くと、渚水産がcafe&炭火焼 なぎさGARDENのオーナーだという事でした。
それで渚水産のパンフレットを渡され、見てみるとイカの丸干しがあったので、美味しいのですかと聞いたら、美味しいですよと言うので、食事が終わってから買いに行きました。イカの丸干しって当たり外れが大きいのです。
魚屋さん(渚水産)は、魚の種類も少なく、金沢の魚屋さんとと比べると冴えない感じでした。田舎の魚屋さんは、だいたいこんな感じです。渚水産は、どうも加工品に重点をおいているお店のようです。イカの丸干しを下さいと言うと、奥の冷凍庫から出してくれました。加工品の売り場を見ると、イワシの味醂干しがあったので、そちらのほうも買いました。でも、よく考えたら、今日は保冷庫を持ってきてなかったのでした。穴水で買い物しようという時には保冷庫を持ってくるのですが、今日は突然だったので用意してかなったのです。金沢まで持って帰っても大丈夫ですかと聞くと保冷バックに入れましょうかと言われました。保冷バック代を払うのは嫌だったし、袋に氷入れて、その中に入れてくれれば良いですと言ったのですが、結局、保冷バックに入れてもらう事になりました。話してる途中で、ひょっとして保冷バックはサービスかなって気はしていたのですが、あまりにりっぱなのでビビリました。しかも大きめの保冷剤を入れてくれました。
余計な物にお金を払うのは嫌だけど、お店に余計な負担をかけるのも嫌なので、保冷バックは次回に返しに来るという事にしました。
ちなみにイカの丸干しは4入りで600円、イワシの味醂干しは6入りで400円、総額1000円でした。家に帰ってパンフレットを改めて見ると、ネット販売にも力を入れているようです。
魚屋さんの方は水曜日も営業しているそうです。cafe&炭火焼 なぎさGARDENによると、季節にはナマコや牡蠣も売っているそうです。最近、穴水では魚屋さんが減って、美味しいナマコや牡蠣貝やモズクが入手しにくくなっていたので期待できるかな?

nagisa3.jpg
nagisa4.jpg
nagisa5.jpgnagisa6.jpg

cafe&炭火焼 なぎさGARDENの場所はこちら 石川県鳳珠郡穴水町曽根ネ-8-5 

2016年6月29日

今日、イワシのミリン干しを食べました。塩っぱくて、甘さがなく美味しくなかったです。家で作るのが何倍も美味しかったです。

2016年7月2日

今日、イカの丸干しを食べました。普通でした。

魚がし食堂

今日は魚がし食堂に入りました。魚がし食堂は水産卸会社直営の店という事で気にはなっていたのですが、個人的には魚嫌いなので、敷居が高いんです。今日は好みよりブログ優先です。
14:00を過ぎていたのですが、それなりにお客が入っていました。店頭にランチメニューが掲示されていたので安心して入れました。
ランチメニューには、日替わり魚ランチ918円、お魚大好き定食972円、お刺身と煮魚定食1026円、ミックスフライ定食972円、お刺身とトロホッケ定食1026円、お刺身と天ぷら定食1026円、ジャンボ海老と穴子の天ぷら定食1080円、本マグロ定食1026円、のど黒とお刺身の定食1458円、得盛お刺身定食1080円、お刺身とミックス唐揚げ定食972円、お刺身と焼魚定食1026円、お刺身とお魚づくし1080円、ジャンボ海老フライとヒレカツ定食1080円、本まぐろ丼1026円、唐揚げ定食820円、生姜焼き定食907円、トンカツ定食907円、チキン南蛮定食842円などがあります。ちなみに、生姜焼き定食にも刺身が付いています。
魚がし食堂にはカウンター席とテーブル席があります。水やお茶はセルフになっています。
今日は、日替わり魚ランチ918円を注文しました。御飯は大中小があるということなので、中でお願いしました。
15分程度で日替わり魚ランチが出されました。
とにかくボリュームに圧倒されました。タラ1匹丸ごとの煮物がどーんとあって、これだけでもびっくりです。それに加えて刺身の盛り合わせも十分な量があって、魚のフライがあって、別の魚の煮物、海藻の酢の物、味噌汁が付いていました。御飯も中ですが十分に大盛でした。食べる前から満腹になったような気がしました。
刺身の鮮度は抜群で美味しかったです。あまりの量で、やっとやっとで全部食べることができました。とはいえ、かなり汚く食べて、身をいっぱい残してしまいました。
魚がし食堂はコストパフォーマンスが抜群で、魚好きの人には最高のお店だと思います。

uogasisyokudou.jpg

魚がし食堂の場所はこちら  石川県金沢市東力2丁目159

網元(あみげん)

2016年4月27日

今日も「網元(あみげん)」に行ってきました。
店頭に、今日の地物海鮮丼に使われている魚の種類が掲示されているのですが、イワシ、がんどブリ、アオリイカ、すずきでした。
新たにカウンター席が出来ていました。カウンター席には、電源コンセントが設置されていました。
今日は地物海鮮丼800円を注文しました。
お店には、かなりお客が入っていて、しかも食事前の客ばかりだったのに、10分程度で料理が出されました。
地物海鮮丼には、海鮮丼と、たけのこと野菜の前菜、漬物、味噌汁が付いていました。
地物海鮮丼にも、とろろ芋とめかぶが入っていました。
地物海鮮丼は、特選海鮮丼と比べて、魚の種類も少ないですし、魚の量も少なめですが、通常の昼食とすれば十分です。
ただ、初めて「網元(あみげん)」で食事するのなら特選海鮮丼をお奨めします。200円以上の差は確実にあります。
お茶は飲み干してありましたが、追加で注いでいただけました。

網元(あみげん)の地物海鮮丼
網元(あみげん)の地物海鮮丼

2016年4月20日

今日も「網元(あみげん)」に行ってきました。12:20頃に行ったのですが、空いている席は6人掛けの小上がりの座卓だけでした。1人ですけどというと、6人掛けの小上がりの座卓に案内されました。小上がりは板の間で座るとちょっと足が痛くなります。
今日は季節限定の20食限りの炙り丼1000円というのがありました。
焼き魚定食は何ですかと聞くと、ガンドとイワシだということでした。どちらかを選ぶんですかと聞くと、両方とも付きますと言うのでびっくりしました。
今日は焼き魚定食800円を注文しました。
焼き魚定食は注文して10分後に出されました。早くてびっくりです。
焼き魚定食には、イワシの塩焼き1匹とガンド切り身の塩焼き2切れ、チマキ、キノコと野菜の煮物、漬物、魚の味噌汁、ご飯が付いていました。
味噌汁の魚もガンド切り身も骨が抜かれていました。
それにしても、焼き魚定食で2種類の魚が付いているのは本当に珍しいです。当然、ボリューム満点です。
イワシの塩焼き1匹とガンド切り身の塩焼きの味付けは醤油が必要としない程度の塩加減でした。新鮮なんだと思うのですが、季節がら?イワシもガンドも脂がのっていなくて、個人的には物足りなさを感じました。

途中、3人連れのお客が入ってきたので、店員さんに相席どうぞとジェスチャーで意思表示しました。

網元(あみげん)の焼き魚定食

今日、七尾市役所近くで、ランチをやっている新店を見つけました。それと近日中にインド料理のマナカマナ七尾店が開店するようで、工事をしてました。

2016年4月13日

伊藤正喜さんに開店情報をいただいた「網元(あみげん)」に行ってきました。駐車場があるかどうかも判らなかったので、七尾市観光駐車場に自動車を停めて、散歩がてらに徒歩で行きました。途中で「花嫁のれん館」の前も通ったのですが、入場料大人550円もしててびっくりしました。550円では誰も入らんでしょう。途中に小丸山公園駐車場もありましたが、原則小丸山公園利用者以外の利用は禁止されています。
網元(あみげん)には、3台分の駐車場がありました。
網元(あみげん)の店頭にはメニューが掲示されていて安心して入れました。網元(あみげん)の店内には2つのテーブルと3つの小上がりの座卓がありました。12:40でしたが、お客は2グループだけでした。
テーブル席に座ると、お茶が出されました。メニューを見ると、海鮮丼御膳のれん(限定15食)1500円、特選海鮮丼まつり(限定15食)1000円、地物海鮮丼800円、焼き魚定食800円、プチ海鮮丼600円などがありました。網元(あみげん)では、渡鹿島定置網で獲れた魚を使っているそうです。
今日は特選海鮮丼まつり(限定15食)1000円を注文しました。
網元(あみげん)ではWi-Fiも使えるようです。
それほど待つことなく、特選海鮮丼まつりが出されました。
特選海鮮丼まつりには、海鮮丼、漬物、野菜の煮物、味噌汁が付いていました。
海鮮丼には7種類の生魚と、その他にアオリイカとたこが入っていました。鮮度は抜群でとろろ芋とめかぶも入っていました。とろろ芋を入れるなんてズルいですよね。とろろ芋が入っているだけで美味しいですもん。それに加えて、新鮮な魚がたっぷり入っているんですから不味かろうはずがありません。普通、手軽な価格の海鮮丼の場合、玉子焼きなど魚以外のものでなんとか体裁を保っている場合がほとんどなのですが、「網元(あみげん)」の海鮮丼はそういうごまかしは一切なく、まさしく名前通りの海鮮丼です。近江町や金沢駅近辺のバカ高い海鮮丼なんかアホらしくなります。
味噌汁には、イカと魚が入っていて、魚の骨は全部抜かれていました。手間がかかっています。
満足しました。網元(あみげん)は超お奨めです。
「網元(あみげん)」は七尾での観光客人気No1のグルメスポットになる可能性があります。2つのテーブルと3つの小上がりの座卓だけなので、人気が出たら、入店に苦労しそうです。
「網元(あみげん)」を能登の美味しいランチのお店の2つ星に登録することにしました。

網元(あみげん)の特選海鮮丼
網元(あみげん)の特選海鮮丼

網元(あみげん)の場所はこちら  石川県七尾市魚町5番地

のと前回転寿司 夢市七尾店

2016年3月16日

maboさんが「のと前回転寿司 夢市七尾店」のちらし寿司を何度も勧めるので再訪しました。ちらし寿司ランチは880円です。+100円で大盛というのもあります。
ちらし寿司ランチには、ちらし寿司の他に、魚のあらが入った味噌汁と、魚のフライ(アジだと思う)2つとイカのフライ、野菜サラダが付いていました。フライは相変わらず熱々でした。
ちらし寿司のネタは新鮮さが感じられ美味しかったです。以前、にぎり寿司ランチを食べた時とは大違いでした。
今日のちらし寿司ランチを最初に食べていたら、のと前回転寿司 夢市七尾店を「能登の食 美味しいランチの飲食店」1つ星に登録していたと思います。惜しいです。
近くで、地物握りセットを注文した人がいたのですが、地物握りセットを出す時に、お店の人が1つ1つのお寿司の説明をしていたのは好感を持ちました。

のと前回転寿司 夢市七尾店のちらし寿司ランチ
のと前回転寿司 夢市七尾店のちらし寿司ランチ

2014年8月6日

今日はmaboさんから紹介していただいた「のと前回転寿司 夢市七尾店」に行きました。
行った時に休みの事が多かったりもしたのですが、定休日が第2、4水曜日ということでした。
ランチがあると前もって情報を得ていたので安心して入れました。ちなみに「のと前回転寿司 夢市七尾店」にランチがあるというのは、ネットではどこにも掲載されていません。
ランチセットは平日だけで14:00までです。消費税が8%になったので880円になっていました。
その他に、地物握りセット1550円もあります。
回転しているお寿司はありませんが、一応回転寿司なので単品は皿の色によって値段が決まっています。魚の寿司は最も安い皿で150円になっていました。
今日は、ランチセット880円を注文しました。回転寿司なのでお茶はセルフでガリは取り放題です。
それほど待つことなく、ランチセットが出されました。ランチセットには握り寿司8貫と、魚のフライ2種、煮物、野菜サラダ、魚のあらが入った味噌汁が付いていました。
握り寿司は、それほど上等なものは入っていませんでしたが、イカは柔らかくて美味しかったです。魚のフライは熱々で美味しかったし、味噌汁もとても美味しかったです。
手軽に美味しいランチを食べるという意味では、これで880円はかなりの満足度です。
ただランチセットのお寿司は、ネタの良さという意味では、七尾で最低ランクだと思います。880円で握り寿司8貫と、魚のフライ2種、煮物、野菜サラダ、魚のあらが入った味噌汁が付いていることを考えると仕方のない事とは思います。
美味しい寿司を食べたいのでしたら、地物握りセット1550円を頼めば良いと思います。特大のアナゴがのった寿司とかも入っていて豪勢な感じでした。地物握りセットには味噌汁が付きます。

のと前回転寿司 夢市七尾店のランチセット

のと前回転寿司 夢市七尾店の場所はこちら  石川県七尾市神明町1 ミナ.クル1F