津幡町で「フラット35」の優遇金利

津幡町議会全員協議会はUIJターン(地方から都市へ移住したあと、再び地方へ移住すること)促進と子育て世帯の住宅取得を促すため、当初5年間に限り、長期金利固定型住宅ローン(フラット35)の金利を0.25%引き下げられるよう住宅支援機構と協定を締結するそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。