その他の話」カテゴリーアーカイブ

期日前投票で比例代表はN国党(NHKから国民を守る党)に投票した

2019年7月15日

期日前投票に行ってきましたが、今回は比例代表でN国党(NHKから国民を守る党)に投票しました。
N国党(NHKから国民を守る党)が信頼できる党とは決して思えないし、大切な国政選挙で投票権を放棄したようなものですが、国政の選挙に投票する機会は今後いくらでもありますが、国民がNHKのあり方に なんらかの意思表示が出来る機会って、今後は無いかもしれません。

このままNHKに好き放題させてたらスマートフォン・パソコン・カーナビを持っているだけで強制的に料金を徴収して、好き放題にお金を使って、料金の値上げも好き放題にやって、とんどもないことになります。
裁判を頻発して料金を徴収したかと思えば、民放の放送局の総計数千台のテレビからは料金の徴収はしていないそうです。

一等地にりっぱな放送局を作って、職員に高額の給与を大判振る舞い(NHK職員の平均年収が約1780万円)して、チャンネル数(BSとかも含めて)をやたら増やして、やたら娯楽番組を増やしたり、なんのためにNHKを運営しているのか、さっぱりわかりません。
NHKの事業収入が過去最高の7332億円なんて信じられません。単なる放送局が1兆円企業に迫るるなんて尋常じゃありません。ちなみにNHKの総資産が1兆円を超える1兆27億円だそうです。
テレビ局や放送媒体が少ない昔ならとにかく、情報が氾濫しているこの時代に、無理やり料金を徴収して放送を続ける意義があるとは、とても思えません。

公明正大で中立な放送局ならまだしも、NHKからは全くそういうものは感じられません。
戦前に,NHKがマスコミの先頭に立って軍国主義の一翼を担ったことの反省もなく、「国際放送については政府が右ということを左とは言えない」なんて公式に発言するNHKは、とても公明正大で中立なんて思えません。

政治に関心も信頼もなく、選挙に行く気がしないと思っているけど、NHKの存在に疑問を感じている人は、今回はN国党(NHKから国民を守る党)に投票するのも1つの選択だと思います。自分の意思をしっかりと表明できるチャンスです。

2019年7月21日

比例代表でN国党(NHKから国民を守る党)が1人当選しました。
この意義は大きいです。
これから、NHKについて、このままで良いのかを考える人が増えていくと思われます。



ソニーも変わってしまった

ソニーの業務用機器が壊れたので、金沢のサービスステーションに行ったら、受付はするけど修理は金沢でやっていないので往復の送料がかかるというのです。
5kg~10kgなので往復7000円かかるというのです。それに加えて見積もりして修理しない場合は、診断料として6000円が別途かかるというのです。
なんでも現在は大阪と東京だけしか修理拠点が無いというのです。
まあ、金沢にサービスステーションが残っているだけマシかもしれませんが、以前は基盤のコンデンサンサを数個交換なんていうマニアックな修理をしていた(他のメーカーは基板交換で対応していた)事を考えると、随分変わったなあと感じました。



FAXを購入した

FAXが古くなって調子がいまいちだったので、チェックしていたのですがメルカリで新品未使用未開封の複合機KONICA MINOLTA bizhub3620が着払い11000円で出品されていたので、衝動買いしました。
2018年9月発売の機種という事でした。
送料は2470円でした。
キャッシュバック5%期間だったので実質12920円です。
標準価格89800円標準搬入設置料20000円の商品なので、かなりのお買い得です。

届いたので、さっそく設置してみました。
紙の取扱説明書が無いので、かなり戸惑いました。
ネットで取扱説明書をダウンロードしたのですが、説明がおおまかで、なかなか要領を得ません。
苦労して設定が終わって、やっと使えるようになったと思った頃に。購入した複写機がbizhub3320という機種で、もう発売中止になっている機種だと気づきました。

ありゃー、やってしまった。

まあ、修理してまで使う事は無いと思うので、新品なら古い機種でも問題ないんですけど。

出品の画像を見ると箱はbizhub3320になっていました。

ネットで検索したら、bizhub3320でも最低価格24000円くらいなので安いには変わりないんですけど・・・・

最近は各社のレーザープリンターもbrother製のものが多いのですが、これもbrother製でした。

リサクルトナーも売っていないことは無いのですが、売られている販売元が少ないです。ちょっと不安かな?
FAX専用で使うので、印字はそれほど多くはなくトナーを交換するほどでは無いかな?

コニカミノルタ Bizhub3320本体|manzoku-tonya



NEC MultiWriter 5000Nを修理した Brotherと部品の互換

LAN接続のレーザープリンターNEC MultiWriter 5000Nが印刷時に汚れるようになりました。
最初は1度に大量(20枚程度)のプリントをする時だけの症状だったのですが、段々症状が重くなって1枚印刷しても汚れるようになりました。

トナーが古くなったので、汚れるようになったのかなと思ってトナーを交換したら、しばらくは調子が良かったのです。でもしばらくすると、また調子が悪くなりました。
リサイクルトナーだから、不良品だったのかなと思って、またトナーを交換したのですが、症状が改善しません。
トナーが原因で無いとすると次に考えられるのはドラムです。
でもドラムって10000円ほどするんです。リサイクル品もあるのですが評判は良くないんです。
もし10000円で購入して、他に原因があったりすると目も当てられません。

NEC MultiWriter 5000Nの互換トナーを購入すると、BROTHERのトナーが送られてくるので、BROTHERのレーザープリンター(HL-2170W、HL-2140、MFC-7840W、MFC-7340、DCP-7040、DCP-7030」や富士ゼロックスのレーザープリンター(DocuPrint 2020)と部品の互換性があるような感じです。それらは全部、BROTHERで製造しているようです。
それで、メルカリで互換性のある機種の純正ドラムが出品されてないかチェックしていたんですが、メジャーな機種では無いようで、なかなかそれらの機種のドラムが出品されません。

しばらく待っていると、BROTHERのHL-2170Wのジャンク品(紙詰まりするけど400枚程度の印刷)送料込み3000円というのを見つけ購入しました。不要な部分を捨てるのが面倒なので、トナーとドラムだけを送ってもらいました。

さっそくトナーとドラムを取り付けてみようと思ったのですが、NEC MultiWriter 5000Nに挿入できません。
見た感じ同じなんだけどなあ。

でも、よく見ると若干違ったところがあります。
他のメーカーのトナーとドラムを購入しないようにメーカー毎に、形状を若干変えているようです。
画像の下のNEC MultiWriter 5000N用のトナーの裏側には突起物は無いですが、画像の上のBROTHERのHL-2170W用のトナーの裏側には突起物があるのです。リサイクルのトナーはBROTHERのトナーだけど突起物は切ってありました。

ニッパとカッターとやすりで、リサイクルトナーと同様に、突起物を削ったらNEC MultiWriter 5000N用のドラムにも使えるようになりました。

NEC MultiWriter 5000N用のドラムと、BROTHERのHL-2170W用のドラムでは若干形状が違っていて、NEC MultiWriter 5000の蓋が閉じれなくなっていました。
画像の上のNEC MultiWriter 5000N用のドラムは、下の画像の矢印の位置で、蓋の突起物が収まるようになっていて、画像の下のBROTHERのHL-2170W用のドラムだと、その部分が空いていないので蓋の突起物にぶつかるのです。

こちらのほうもニッパーとカッターで画像の下のDR-21Jを画像の上のPR500D-31の矢印のように削りました。ちょっと汚なくなりましたが大丈夫です。

NEC MultiWriter 5000Nに実際に設置しましたが、汚れもなく綺麗にプリントできました。

完全に修理成功です。やったね。

トナーの予備が増えたので、当分トナーを購入しなくても使えます。