新型コロナの特別定額給付金など

2020年5月22日

特別定額給付金の申請書類が郵送されてきました。さっそく記入して送付しました。
インターネット申請は、結構敷居が高いという話でしたが、郵送での申請は、とても簡単でした。
通帳のコピーと身分証明書のコピーを添付して、捺印さえ忘れなければ、間違えようがない簡単な申請でした。
家族全員の特別定額給付金が全て世帯主の口座に振り込まれるようです。そのほうが経費削減になるからだと思うけど、ちょっと納得できない面もあるかな。
世帯主がパチンコ依存症で、全員の特別定額給付金がパチンコにつぎ込まれたりすることが無ければ良いなあと思います。

たまたま税理士が来ていた、持続化給付金についての説明がありました。
2020年1月以降12月末までの月で、売上高が前年度の同月比で50%以上減少している月があって、その月の売上高×12の額が、前年度の売上高より少なければ、法人の場合は最高200万円、個人事業主の場合は最高100万円まで差額が給付されるということでした。
俊の会社の場合、毎月の売り上げに、かなりのばらつきがあるので、売上高が前年度の同月比で50%以上減少している月もあり、新型コロナの影響もある業種なので、給付されるのではと言っていました。
持続化給付金は雑収入扱いになるとのことですが、繰越欠損金もあるので税金はかからないということでした。
締め切りは令和3年1月15日までです。

ちなみに石川県がやっているマスク購入券は値段が高いので使いませんでした。飛沫が外に飛んで他の人に感染させないのがマスクの主な用途なので、1日で捨てなくても大丈夫だと思うんですよね。不織布のマスク無くなったら、去年買った布マスクを使おうかなと思います。
アベノマスクは届いていませんが、ちゃんと使えるマスクだったら、世間が言うほど無駄な事では無いと思います。

税理士が帰った後、税理士から電話があって、税理士事務所でコロナが発生したので、税理士が使った机などの消毒をしておいて欲しいということでした。
急いで、オスバン液で消毒しました。

2020年5月24日

5月22日税理士事務所のコロナ発生の分は未だに石川県の感染発生数にカウントされていないですねえ。
ひょっとして、5月22日の津幡町の10代男性の家族という事だったのかなあ?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。