花の話」カテゴリーアーカイブ

赤いバラのドライフラワーに挑戦

娘が赤いバラの花束を貰って、記念に残したいと言うのでどうすれば良いのか調べてみました。

本当はブリザードフラワーにすれば、花の色も残せるし、長期保存もできるので最善なのですが、業者に頼むと高いんです。
ブリザードフラワーの制作キットというのもネットで入手できるのですが、それでも5千円ほどするし、取り寄せしている間に花が劣化するとまずいので、ドライフラワーにすることにしました。

ネットで調べると、ドライフラワーの作り方は3種類あるようなので、全部試してみることにしました。

一番簡単なのは、紐で縛って逆さにして日の当たらない風通しの良い場所で自然乾燥する方法です。
その時によって最適な場所に移動できるようにと、ハンガーに吊るす事にしました。


簡単で良いのですが、色がかなり黒っぽくなりますし、花びらの形も劣化感があります。

シリカゲルで急速に乾燥するという方法もあります。シリカゲルはドライフラワー用のものが良いです。ドライフラワー用シリカゲルは一般のものと比べて粒が細かいので、花の隅から隅までシリカゲルを入れる事ができます。
ホームセンターで1kg880円のものを買ってきました。

シリカゲルで急速に乾燥するのも2種類方法があります。

1つは、バラの花の部分だけ切ってシリカゲルで埋めて電子レンジでチンする方法です。
電子レンジにかけても大丈夫で、ちょうど良い大きさの容器を探したのですが、100円ショップで購入したスープカップがちょうど良かったので利用しました。
スープカップに少しシリカゲルを入れて、茎の部分を埋めます。それから匙を使って少しづつ花の隙間にも入るようにシレカゲルを入れて最終的には、バラの花をすべて埋めてしまいます。電子レンジで600Wで2分間チンすると出来上がります。
シリカゲルは何度も使えるので、たくさんのドライフラワーができます。
高温をかけるので、熱による変形は多少ありますが、色の変化は比較的少ないです。

もう1つの方法は、バラの花をシリカゲルで埋めて、密閉してそのまま2週間ほどで乾燥させる方法です。容器は100円ショップで見つけました。1度にできるドライフラワーの数は知れているので、それほど多くのドライフラワーはできません。
花の色は赤黒くなってしまいますが、花の形は美しいまま保存できます。

飾り容器にシリカゲルを敷いて、シリカゲルでの2種類の方法で作ったバラを入れると違う色のバラが混ざって綺麗になりました。



小松でアジサイが美しいお店

今日、小松市街地を自動車で移動してたら、店先にアジサイが大量に咲いていて美しい店舗があったので、一度通り過ぎてからUターンして撮影してきました。
北陸銀行小松南支店の隣のお店で、どうも美容室のようですが看板が無いので、営業しているのかは不明です。

石川県小松市本折町64



内灘大橋の潟畔の桜並木が大規模

今日、河北潟の内灘大橋近くの道路の桜並木を通ったのですが、道の両側にかなり長い距離に桜が植えてあります。
今まで気づきませんでした。残念な事に、ダメージを受けている桜も多く、惜しいなあと思います。
桜並木を通るのも良いですが、内灘大橋から見る景色も、なかなか良いです。


内灘大橋の潟畔の桜並木の場所はこちら



ひまわり村のクリムソンクローバーを見てきました

今日、ひまわり村のクリムソンクローバー畑を見に行ってきました。
夏になると、ひまわりの迷路ができるあの場所に植えてあるのです。かなりの広さです。
クリムソンクローバーを刈った後に、ひまわりを植えるそうです。相当な労力です。
藤も咲いていました。




ひまわり村の場所はこちら   石川県河北郡河北郡津幡町湖東 湖東245-1 



芦城公園の藤を見てきた

芦城公園の藤は以前からお気に入りです。芦城公園の藤は樹木が美しいのです。
今まで何度か、芦城公園の藤を見に行ったことがあるのですが、時期がずれていたり、晴天で影が濃かったりで、満足できる写真が撮れなかったのです。
今日は、藤が満開とまではいかなかったのですが、ついささっきまで雨が降っていて雨上がりの状態だったので、公園は貸切状態で人がいない芦城公園の藤を思う存分撮影できました。

rojoufuji1
rojoufuji2
rojoufuji3
rojoufuji4

芦城公園の場所はこちら  石川県小松市丸の内公園町19