Androidの話」カテゴリーアーカイブ

Androidって劣化が早い

Android4.4.2を使っているのですが、Androidの端末ってOSのバージョンアップが出来ないんですよねえ。

今年、メルカリで出品ができなくなって、がっかりしてたのですが、今度は楽天アプリが使えなくなりました。
楽天アプリはそれほど使いやすくはないのですが、買い物で1%のポイントが通常購入より加算されるので、よく利用していました。

問題なく使える端末がOSの関係だけで使えなくなるって不条理ですね・・・・・



メルカリアッテがサービス終了

2018年3月16日

今日、メルカリアッテにアクセスしたら、2018年5月31日をもってメルカリアッテがサービス終了するというアナウンスがありました。
とっても気に入っていただけに残念です。

2018年3月24日

今日もメルカリアッテでタイヤを入手しました。
メルカリアッテが終了した後は、ジモシティを利用するしかないかなあと思いますが、1度に見える商品の数が少なく応募済みかどうかの表示もないので使いにくいです。

2018年3月30日

昨日でメルカリアッテの新規出品が無くなりました。残念!!!!



メルカリ アッテを使ってみました

2017年5月26日

メルカリからの新しいお知らせで、メルカリが運営する地域別のフリマ「メルカリ アッテ」というのができたということなので覗いてみました。無料の物もあったけど、今の段階ではあまり魅力は感じませんでした。今後に期待です。

2017年6月14日

NOXPlayerを使う事で、パソコンで「メルカリ アッテ」が見れることになり操作性が良くなったので、金沢周辺の過去の出品を全部見てみました。
なんと自動車まで出品されていました。ちなみに出品されていた自動車は、かなりのお買い得で、買い替え時期にきてたら購入していたかもしれません。

2017年10月5日

「メルカリ アッテ」で実際に購入してみました。
「メルカリ アッテ」の取引には、いろいろ制約があります。
「メルカリ アッテ」の取引は、基本的には商品とお金は手渡しですが、送金をする場合には「メルカリ アッテ」のシステムを使うことが必須です。相手側とのメッセージで送金の文字を使うと警告が来ます。
メッセージで電話番号を連絡したり、メールアドレスを連絡したりすると、しばらくしてメッセージが削除されます。
俊は白ロムのスマートフォンなので、Wifi環境でないとスマートフォンでの連絡ができないし、スマートフォンでの入力が苦手なので、なんとかメールアドレスと携帯電話の番号を連絡しあいました。
購入したものが大きすぎてデミオでは運べないことが判明し届けていただくことにしました。

2017年10月6日

引渡しが完了しました。
売り側が「メルカリ アッテ」上で取引中をクリックして、買い側が受け渡し完了をクリックして取引完了です。
メルカリでは売り側は売上から10%の手数料が引かれますが、アッテは完全無料で利用することができます。

2017年10月13日

「メルカリ アッテ」で安くてきれいなAndridスマートフォン(電池交換可)が出品されていて応募しました。
出品者は白山市の人だったのですが、俊は平日の日中は時間の融通が効き、いろんなところを周っているので、ついでの時に受け取りに行けば良いと思っていたのです。
でも当たり前なんですが、相手の人も受け渡しに都合の良い時間と都合の悪い時間があるので、結構大変です。相手の人が会社での勤務だと、受け渡しは休日か夜になるので、往復1時間近くかけて受け取りにいかなければいけません、
しかもメールアドレスや電話番号の交換はダメで、「メルカリ アッテ」のシステム上での連絡しか許可されていません。スマートフォンが白ロムの俊には、かなりの壁です。

結局、受け渡しはWifiが使えるファミマかセブンイレブンでということでお願いし、仕事を18:00に白山市を通るのに調整して、その時間に受け渡しをすることにしました。

せめてUQモバイルのデータ高速プランの利用申し込み(初期費用3000円1か月980円)をしようかな。

メルカリ アッテではメールアドレスや電話番号の交換はダメで、受け渡し場所で、「メルカリ アッテ」のシステム上での連絡だけなのですが、相手の名前を知らない状況で、「着いていますか?」「着いています」「自動車のナンバーを教えてください」「*****です。」それで取引相手が近づいてきて現物を渡されて、お金を渡して取引終了です。
夜だったので相手の顔もはっきり判らず、なんか凄くヤバイ物の受け渡しみたいな雰囲気がぷんぷんしていました。
受け渡しは無事完了しましたが、やっぱり直接渡しは面倒です。

品物については大満足でした。

2017年10月27日

先日「メルカリ アッテ」で40W蛍光灯68本無料というのが出品されていて、10本だけ応募して、いただけることになりました。事務所に取りに行けば良いので取引は楽でした。

今日、40W蛍光灯が2本ダメになって、さっそく役立ちました。

2018年1月12日

メルカリアッテで日産ノート24年式(走行距離少ない)、スタッドレスタイヤも新品同様、車検も1年以上ありが20万円で出品されています。県内なので陸送料もかかりません。
これは超お買い得品です。自動車を購入を検討してたら即購入していたと思います。



メルカリで出品しました

メルカリを使用する事は多いのですが、今回初めてメルカリで出品しました。
季節物の本を、メルカリで購入し、同じ値段で出品しました。
アプリ「カウル」をインストールして、本のバーコードを読み取り、実物を撮影して、値段と商品の状態を記入するだけで出品完了です。
あっという間に出品できました。



「読み上げ可能な単語帳・単語カード」は便利なアプリ Android

「読み上げ可能な単語帳・単語カード」というAndroidアプリを見つけて使ってみました。

csv形式でのデータのインポート、エクスポートが可能なのでパソコンでの編集も可能です。
スマートフォン上での編集も可能です。
長文の登録もできるので問題集としても利用できます。
編集でのコピー&ペーストが可能です。データの表示順をランダムにもできます。
単語を3段階のレベルを設定できるので覚えていない単語だけの表示も可能です。
文字の表示サイズの設定も可能です。
スマートフォンの電源を切らなければ、リジューム機能も有効です。
複数の単語カードの登録も可能です。

最初に単語カードのデータを用意しておきます。
Androidのメールでcsvデータを受信した場合はcsvデータを保存しておきます。
メールでcsvデータを送る場合のファイル名は英数字だけが使えます。日本語名はダメなようです。
PCにcvsデータがある場合は、USBでAndroid端末と接続し、Android端末のメインメモリのDownloadフォルダ(他のフォルダでも大丈夫です)にcvsデータをコピーしておきます。

GooglePlayで読み上げ可能な単語帳・単語カードを検索してインストールします。

「読み上げ可能な単語帳・単語カード」を起動します。

右下の+をクリックします。

単語帳の名前を記入します。漢字でも大丈夫です。

単語カード名の右側のペンのマークをクリックします。

メニューが出てきます。
単語カードのデータが既にある場合は、インポートを選択します。

csvファイル選択をクリックします。

一覧でもブラウザでも該当のcsvファイルが表示されるはずです。
該当のcsvファイルをクリックします。

ファイルの文字コードを選択してインポートをクリックします。
デフォルトはUTF-8になっているので、この時点で文字化けして表示するようならファイルの文字コードが違っています。UTF-8のところをクリックすると、UTF-8とShift_JISの選択ができるのでShift_JISを選択します。

確認がありますので、インポートをクリックしてインポートは完了です。
単語帳のデータ一覧の画面が表示されます。
データの右側の☆がランクになります。★の数で3段階のレベルを設定できますが、★無しを含めると4段階として使えます。

データをダブルクリックするとデータの編集や削除ができます。

編集の必要が無い場合は、画面を戻します。

単語帳のデータ一覧の画面で右下の暗記のボタンを押すと表示順の設定が出来ます。。

条件設定で表示させる☆の数を選択できます。覚えていない単語だけの表示や超難関の単語だけの表示など工夫次第でいろいろな使い方が可能です。

出題順の設定でランダムも選べます。

開始をクリックすると単語カードでの学習が始まります。

画面を左にスライドすると裏の画面が表示できます。

右にスライドすると前のデータに戻れます。
上の分数をクリックすると表示するページ数を指定して表示できます。
左下の点縦3個のマークをクリックすると、データの編集や文字サイズの設定ができます。
設定をクリックすると文字の色の設定もできます。

編集画面では、データの編集もできますし、データの★の数の設定もできます。
データをダブルクリックすれば、文字列のコピーやカットができます。
挿入したい位置でクリックすれば貼りつけのマークがでるので、クリックすればペーストできます。

編集が終わったら上の方のメモリのマークをクリックして保存します。

次回からは「読み上げ可能な単語帳・単語カード」を起動して、学習する単語カードを選択して、ダブルクリックして暗記をクリックして、表示順を選択して、開始でスタートです。

途中で学習を中止しても、スマートフォンの電源さえ切らなければ、リジューム機能が生きているので、中止した地点から学習を続けられます。