村山 早紀 に、はまっている

2020年3月27日

頭の働きも衰えてきたというので本を読もうと2015年から2年で300冊ほど読んでいたのですが、さすがに読む本が無くなっていました。

その後1年ちょっとで宅建・FP・旅行業務管理者・電気工事士・旅行業務取扱管理者・福祉住環境コーディネーターなどの資格を取得しました。
その後も、1000時間以上かけてホームページのモバイル対応の更新をしたり、PHPの勉強をしたり、いろんな手続きのための対策の研究など、それなりに忙しくしていました。

今年に入ってから、することが無くなって、暇なのは耐えられないので、再び本を読むことにしました。
真山仁、中脇初枝、湊かなえ、池井戸潤、有川浩、石田衣良、森沢明夫は前回すでにほとんど読みつくしていたのですが、以前読んだ本で気に入っていたけど、それほど多くの本を読んでいない作者の他の本を読むことにしました。
それで最近気に入っているのは村山早紀です。

村山早紀は、元々童話作家なのですが、読んでいてほっこりします。
必ず、魔法とか現実には存在しないものがでてきますが、違和感がありません。
いい年したおっさんが読む本でもないのかもしれませんが、完全にはまっていて、読み漁っています。
コンビニたそがれ堂 セレクション、桜風堂ものがたり を読んでみたら、きっとその魅力にはまると思います。お奨めします。

桜風堂ものがたり
コンビニたそがれ堂
コンビニたそがれ堂 セレクション
コンビニたそがれ堂 神無月のころ
コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状
コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙
コンビニたそがれ堂 祝福の庭
コンビニたそがれ堂 空の童話
コンビニたそがれ堂 星に願いを
コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 村山早紀
百貨の魔法
星をつなぐ手
カフェかもめ亭
カフェかもめ亭 猫たちのいる時間
その本の物語 上
その本の物語 下
ルリユール
海馬亭通信
海馬亭通信 2
花咲家の人々
花咲家の休日
花咲家の旅
花咲家の怪
かなりや荘浪漫
かなりや荘浪漫 〔2〕
竜宮ホテル迷い猫

2020年4月11日

村山早紀の読んでない本は、残り少なくなって、次は森沢明夫の読んでいない本を読もうかなと思っていたら、突如、市立図書館がコロナウイルスで連休明けまで休館になってしまいました。
少しでも猶予があれば、休館前にまとめて借りたかったのですが仕方ないです。
4月9日に6冊借りた本は全部読んでしまって読む本は読んでしまった。

ところで、市立図書館には、ほぼすべての本があるのかなと思っていたのですが、村山早紀や北川恵海のような人気作家でも無い本があるんですね。特に文庫本で書き下ろしの場合は無い事があるようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。