のと里山海道でスピード違反の取り締まり

能登から金沢へのと里山海道を利用して帰る途中、全体的な雰囲気に倣いそれなりの速度で走っていました。追い越しもしていたのですが、後ろから車間距離を縮めてくる自動車がありました。
車線を変更して、追い越しをさせましたが、のと里山海道ではそれほど特異でもない速度でした。
追い越されたことを忘れた頃に、バックミラーに突然、猛スピードの白バイが迫ってきました。
先ほど追い越していた自動車とは比べ物にならないほどの猛スピードで身の危険を感じるほどでした。白バイは軽く40キロ以上速度オーバーしていたと思います。
身に覚えもあったので、ヤラレタ~って感じでしたしたが、とりあえずスピードを落として左車線に車線変更しました。
そしたら、白バイはグ~ンと抜き去って行きました。そして先ほど抜いていった自動車が、しおパーキングエリアに誘導されていました。
捕まった自動車の運転手を見たら、おばさんでした。30キロオーバーくらいで捕まったのかなあ?

途中で、白バイなんて見かけなかったのに、どこで網を張っていたのか不思議です。
どこからの丘から監視していて、白バイの警官に連絡するような感じなのかもしれません。

そういえば、ちょっと手前でもパトカーに捕まっていた自動車を見かけました。

気をつけないといけません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。