Windows7に更新したらウイルスセキュリティZEROが不調に

WindowsXPからWindows7に移行するにあたってウイルスセキュリティZEROでVISTAまで対応のバージョンの分をWindowsXPのパソコンに、Windows7まで対応のバージョンの分はWindows7のパソコンに移植しました。
ウイルスセキュリティZEROはパソコンの個体番号を検知して登録と間違い無いかを監視していて、そのあたりのせいか、新たにWindows7にインストールしたウイルスセキュリティZEROが最初は調子よく動作しているのですが、バージョンアップしている間にウイルス自動検知が無効になる事が続いていたのです。
アンインストールしてインストールしなおしたりしてもダメで、いろいろ調べてみると、同じ現象に困っている人が多く、ウイルスセキュリティZEROは結構評判が悪く、安いから使い物にならないという意見も多かったです。
とりあえず、ウイルスセキュリティZERO専用の削除ツールを利用して再インストールしてみたのですが、やっぱりダメでした。
前から使っているWindows7のノートパソコンでは問題が起きてないので、なんでだろうと両方を見較べてみると、プログラムバージョンが違っていました。自動更新になっているのになんでこんなことになるんだろう。
そういう訳で、再びウイルスセキュリティZERO専用の削除ツールでインストールされているウイルスセキュリティZEROを削除して、ソースネクストから最新のウイルスセキュリティZEROをダウンロードしてインストールしました。それでも、バージョンアップするとウイルス自動検知が無効になったのですが、修正しますかという表示が出てクリックすると長時間待たされたけれど無事解決しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。