金沢で森山開次の舞台が

2010年12月28日
2月27日(日)に音楽堂邦楽ホールで行われる「若き鼓動~芸の息吹」で森山開次が踊ります。
1日2公演あるのですが,チケットは残り少ないようです。
北陸の演奏家をバックに森山開次が踊るという企画です。

2011年1月4日
インターネットでは,良い席は残っていませんでしたが,音楽堂のチケットボックスでは,まだまだ良い席が残っているようです。今日,購入してきました。

2011年2月27日
今日,音楽堂邦楽ホールで「若き鼓動~芸の息吹」に行ってきました。前から3列目の真ん中の席です。
前から3列目だと,息遣いも聞こえるほどかなり臨場感があるのですが,前の人の頭がかなり気になりました。邦楽ホールはステージは客席よりかなり上の方にあるんです。やっぱり1番前の席で見たかったです。
前半1時間は邦楽の演奏と踊りでした。1つの演奏が終わる度に舞台の飾り付けを変える為に途中大工仕事をしている音が聞こえたりしました。
後半は,いよいよ森山開次の舞踏です。会場の入りは8割程度でした。
琴,太鼓,横笛,チェロの演奏と森山開次の舞踏とのコラボレーションですが,森山開次の舞踏が素晴らしいのはもちろんですが,琴,太鼓,横笛,チェロの演奏との緊張感も素晴らしかったです。50分間,会場の中が異様な緊張感に包まれ会場全体が息を凝らして見ているという感じでした。舞踏が終わった後の拍手も本当に感動して拍手しているという事が伝わる熱狂的な反応でした。
こんな素晴らしいステージが満席で無かった事が残念に思いました。
ステージを終えてから森山開次のDVDなどの販売があるのかなと思いましたが,特にそういうブースも設置されていませんでした。
会場で懐かしい人に偶然出会って嬉しかったです。



金沢で森山開次の舞台が」への5件のフィードバック

  1. いつも情報ありがとうございます。今回は自由席なのですね。
    是非行きたいと思います。
    でも早めに行って列をつく根性がないので、あまり良い席では見れないかも。

  2. Yas

    地元での告知、もっとされるべきでしたね。
    とっても残念!!
    そしたら、満席で、拍手喝采ももっと多かったのに。

    結構県外から足を運んだ方々が多かったようなことを
    聞きました。
    今回金沢は初めてだったのですが、さんざん歩き回って、
    金沢の特に裏通りに残っている古い町家がすっかり気に入りました。

    こちらのサイトをもっと研究してから行けばよかったなぁ。
    また開次さんが金沢でやるといい、と思います。

    武蔵が辻近くにある手打ちそばのむさし坊という
    お店、偶然入りましたが、大根おろしそばが
    美味しかったです。
    香林坊の脇道を入ったところにある蛇の目寿司も偶然入ったのですが、いい老舗のお寿司屋さんでした。有名なお店だったようです。

  3. Yasさんのお陰で森山開次の情報を早くキャッチできて良かったです。
    地元でも今回のステージに関する広報を見たのは1週間前の新聞広告だけで他のメディアが紹介しているのを見かけませんでした。

  4. Yas

    こんばんは。
    いらしたんですね。
    私も昨日二回共観ました。
    開次さんのダンスも迫力があったし、
    和楽器とチェロのコラボレーションが
    とてもステキでした。
    チェロ一本で開次さんが踊ったら、
    もっと洋物っぽくなるんじゃないかな、と
    勝手に妄想していました。

    楽しまれたみたいで、よかったです。

    今朝の北國新聞に記事が出てました。
    http://moby.to/w7ghyl

    DVDとか、グッズの販売もあると良かったのに、残念ですね。
    今日は、偶然帰りの飛行機が同じで、ちょっとお話して(初めて!)
    写真を撮らせてもらいました。
    でも、ネットには載せないという約束。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。