ダブルルーターは難しい  有線ルーター(BHR-4GRV2)

2020月8月1日

最近、一部のパソコンの通信が不安定だという事で、家族がスイッチングHUBが原因だと判断しスイッチングHUBを交換したと言うのです。
一応、今まで不安定だったパソコンの通信は安定したようなのですが、元々繋がっていた無線ルーターに無線で接続していたパソコン2台の調子が悪くなりました。
1台はFMラジオの録音専用に、もう1台はAPIデータの取得とネット上のデータベース更新専用に使っていたのです。
ネットサーフィンはできるのですが、専用に使ってた用途が失敗するのです。最初、2台のパソコンの不調の原因が判らなかったのです。
2台のパソコンが同じ機種でWindows7だったので、OSがらみのトラブルかと思っていたのです。
ひょっとしてと思って新たに設置したスイッチングHUBを確認したら、スイッチングHUBではなくて、有線ルーター(BUFFALO BHR-4GRV2)だったのです。
これが、無線接続のパソコンの不調の原因だと確信しました。

予備のスイッテングHUBを持っていたので、それを接続したら、2台の無線接続のパソコンの不具合は解消されたのですが、こんどはスイッテングHUBに接続したパソコンのネット接続が不安定になりました。
仕方が無いので有線ルーター(BHR-4GRV2)をスイッチングHUBモードで使う事にしました。
最近の機器は取扱説明書が無いんですよね。ネットで取扱説明書をダウンロードして読むと、有線ルーター(BHR-4GRV2)はソフト的な設定でしかスイッチングHUBモードで使えるようにならないんです。

まずはパソコンと有線ルーター(BHR-4GRV2)のLAN端子をLAN接続してブラウザーのアドレス欄に192.168.12.1と入力して、ユーザー名:admin パスワード:password でログインして有線ルーター(BHR-4GRV2)の設定画面に入ります。
詳細設定—-LAN—LAN でDHCPサーバー機能の使用するのチェックマークを外すで、スイッチングHUBモード(APモード、ブリッジモード)になるのです。
設定を変更してから、有線ルーター(BHR-4GRV2)のLAN端子だけで接続してスイッチングHUBとして使ってみたのですが、接続したパソコンでインターネットができません。

BUFFALOに電話して相談したのですが、設定方法や接続方法は間違いないとのことでした。
結局、有線ルーター(BHR-4GRV2)をスイッチングHUBとして使うのは断念しました。

替りにダブルルーターとして使用する方法を教えてもらいました。

ブラウザーのアドレス欄に192.168.12.1と入力して、ユーザー名:admin パスワード:password でログインして有線ルーター(BHR-4GRV2)の設定画面に入り、
詳細設定—-LAN—LAN でDHCPサーバー機能の使用するのチェックマークにチェックを入れて
詳細設定—-Internet—-Internet—-IPアドレス取得方法  で DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得を選択
デフォルトゲートウェイ 192.168.11.1
DNS(ネーム)サーバーアドレスのプライマリー 192.168.11.1

モデムに接続してある無線ルーターからのLANケーブルを有線ルーター(BHR-4GRV2)のINTERNET端子に接続

これで、すべてのネット環境が安定して使えるようになりました。

ちなみに、ダブルルーターだと、インターネット通信速度が遅くなる恐れがあるし、インターネットがつながらないトラブルが起きやすいそうです。

そもそも、有線ルーター(BHR-4GRV2)をスイッチングHUBにしてインターネットが繋がらなかったのと、最初からついていたスイッチングHUB(エレコム製)でも予備のスイッチングHUB(エレコム製)でもインターネットが不安定だった原因は、一時側の(モデムに接続してある)無線ルーターの不具合かもしれません。
とりあえず、しばらく様子を見ようと思います。

2020月8月3日

また無線LAN接続のパソコンのインターネット接続が不安定になりました。
Wi-Fiのアクセスポイントが1つのルーターで3つあったのですが、優先的に接続するアクセスポイントを変更しました。アクセスポイントごとに周波数などが違うようですが、違いはよく判りません。

セキュリティの種類 WPA2-パーソナル  暗号化の種類 AES のアクセスポイントは不安定でだったので接続しないように設定しました。

FMラジオの録音専用のパソコンでは
セキュリティの種類 WPA-パーソナル  暗号化の種類 AES
のアクセスポイントへ自動接続するように設定しました。

APIデータの取得とネット上のデータベース更新専用のパソコンでは、
セキュリティの種類 認証無し(オープンシステム) 暗号化の種類 WEP
のアクセスポイントへ自動接続するように設定しました。

2020月8月10日

無線LAN接続のパソコンのインターネット接続が不安定だったり、共有フォルダのアクセスがすっきりしないので、家族がBUFFALOのスイッチングHUB(LDSW6-GT-5EP)を購入して、有線ルーター(BHR-4GRV2)を外しました。
動作が安定しました。

やっぱりネットワーク環境はBUFFALOで統一した方がよいようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。