熱帯魚プラティにゼオライトは向かない

2020年8月5日

熱帯魚のプラティが好きで、結構飼っているのですが、あまり繁殖しないし、徐々に元気がなくなってくることが多いのです。
1か月前に、やっと1匹だけ生まれたのですが、その後は生まれる気配がありません。
プラティは1か月に1回くらいの頻度で20匹から100匹ほど生まれるようです。
全部、食べられると言うのも考えにくいし、環境が悪いのではないかと調べることにしました。
まずはメルカリでPHメーターを1350円で購入しました。


今日届いたので、さっそく測定しました。PH値は5.9でした。弱酸性です。
PH値は中性が7.0で、プラティに適しているのは弱アルカリ性で7.0から8.0です。
水道水を調べましたが6.9くらいでした。弱酸性なのは水道水が原因では無いようです。
ちなみにプラティの排せつ物はアンモニアなので弱アルカリ性です。弱酸性になるのは不思議です。
ひょっとしてと思い、アンモニアを除去するために上部フィルターに入れてあるスーパーゼオライトについて調べました。商品の説明にはアンモニアを除去するとは書かれていましたが、PHについては何も書かれていません。
念のためネットで調べたのですが、ゼオライトには水を弱酸性にさせる働きがあるとのことでした。
どうもアンモニアを除去するために良かれと思ってしたことがプラティには逆効果だったようです。
ちなみにエンゼルフィッシュは弱酸性(pH6.0~7.0)を好むようです。そういえば、エンゼルフィッシュは結構大きくなるまで長生きしていました。
ネットで水をアルカリ性にする方法を調べると、pH調整剤というのがあるようですが、それよりも手軽にアルカリ性にするものがあるそうです。
牡蠣貝の貝殻を入れると良いということです。100円ショップでも売られているそうです。
とりあえず、スーパーゼオライトを外して牡蠣貝の貝殻を入れてみようと思います。

2020年8月6日

100円ショップで「ろ過シェル」を買ってきました。中身は牡蠣の貝殻です。
今まで上部フィルターにスーパーゼオライト2袋を入れてあったのを1袋減らして、「ろ過シェル」を1袋入れて、水槽内にも「ろ過シェル」を1袋沈めておきました。

5時間後にPH値を測ったらPH値は7.2でした。効果てきめんです。
心なしかプラティが元気そうに見えます。

2020年8月7日

朝にPH値を測ったらPH値は7.32でした。
プラティは元気そうです。PHメーターを購入して良かったです。

プラティは温度が高いほうが繁殖しやすいということなので、24℃だったのを26℃に変更しました。

プラティは1度受精したら、その後受精しなくても1か月ごとに3度ほど出産するそうです。

1度赤ちゃんが生まれているので、また出産する可能性が高いので、どれかなあと注意してみたのですが、お腹がパンパンに膨らんでいるプラティが3匹ほどいて、どれかは判りません。

よく見るとオスがメスにしつこくツンツンしているのが目に入りました。
そのオスは一番若いプラティです。2カ月もたっていないんじゃないかと思います。
そのメスのプラティは、他のメスのプラティと較べてもお腹が小さいです。将来的に出産するのかもしれません。
そのプラティのお腹が膨らんだら隔離しようと思います。

2020年8月2日

朝にPH値を測ったらPH値は7.58でした。

念のために水道水のPH値を測ったら7.80でした。
水道水のPH値が毎日違うのか、PHメーターの精度が悪いのか、どちらか判りません。

ネットで調べると、水道水のpH値は5.8~8.6ということで、必ずしも一定では無いようです。
牛乳のpH値は6.6∼6.7ということなのでチェックの目安に使えるかもしれません。

2020年8月16日

プラティの赤ちゃんが、1匹だけ生まれました。どのプラティが生んだのか判りません。
隔離しました。
元気のないプラティが3匹います。

2020年8月17日

プラティが1匹死にました。

2020年8月19日

またプラティが1匹死にました。
生まれたのが1月だから寿命というんじゃないと思うけど。

2020年8月20日

プラティの赤ちゃんが、1匹だけ生まれました。隔離しました。

2020年8月27日

プラティの赤ちゃんが、また1匹だけ生まれました。
今までの2匹より随分小さいです。色もはっきり出ていません。早めに発見できたという事なのかもしれません。隔離しました。

2020年8月30日

プラティの赤ちゃんが、また1匹だけ生まれました。
随分小さいです。色もはっきり出ていません。隔離しました。
隠れる場所を増やしました。

2020年8月31日

隔離したプラティの赤ちゃん1匹が脱出しました。見つかりません。

2020年9月9日

水槽が水漏れするようになったので、水槽を交換しました。
45cmの水槽で、水槽単体ってのがなかなか売られていなくて探すのに苦労しました。
結局ネットで購入しました。
熱帯魚や砂利などを移動したのですが、ほとんど移動し終わた残りの水槽(深さ1cmも無かった)を、よく見ると、プラティの赤ちゃんが2匹いました。
最後まで全く気が付きませんでした。
さっそく隔離しました。

2020年9月11日

プラティの赤ちゃんを1匹見つけて隔離しました。

2020年9月15日

繁殖隔離ボックスが汚れたので、綺麗にして、プラティの赤ちゃんを戻した時に4匹確認したのに、その後1匹が見当たりません。綺麗にしたせいで隙間が大きくなって脱走したのかもしれません。
その後、どれだけ探しても見つかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。