メルカリって購入者には優しい

メルカリで購入した2.5インチのハードディスクが届いたのですが、運送の途中で落下でもしたのかカタンタカンと異音がしてパソコンから認識しなくて全く使えない状況でした。
出品者に状況を申告したのですが、出品者は送る前には正常に動作していたので、購入者が諦めるしか無いと言うのです。
このまま、このまま何もなかったことにして取引を完了するか、お互いに悪いの評価を加えるか、どちらにするかと言うのです。

このまま何を言っても話にならないので、取引キャンセルの手続きをしました。
メルカリでは商品を受け取った後でも取引キャンセルの手続きができるのです。
メルカリでは取引キャンセルの手続きが認められると、取引メッセージを含めて、その取引に関する全ての情報が消えます。
しかもメルカリ便で発送するとお互いの住所氏名が匿名扱いになっているのです。

取引キャンセルを認めるのは、それなりに調査して慎重にされるのかなと思っていたのですが、なんと数分で取引キャンセルが認められました。

メルカリは基本的に送料込みで出品されているので、当然に出品者は送料を負担していますし、送った商品は返却してもらう手段もなく購入者の手元に残り、すべてが終わります。
つまり出品者は、送料は負担させられ、商品も戻ってこなく、取引自体が無かったことになります。

今回は、購入者の立場で、なんの損失もなかったので、ありがたいシステムではあったのですが、もし購入者側に悪意があった場合、出品者に不当な損害を与える可能性が大きいです。

メルカリの出品はリスクが大きくて慎重さが必要だと思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。