コンパクトデジタルカメラOptio P70を買った

2009年12月27日

娘がデジカメを使いたいときは,俊のPENTAX Optio M10を貸していたのですが,食べ物関係のブログを始めてからOptio M10を手放せなくなって,クリスマスプレゼントということで新しいコンパクトデジカメを買ってあげることにしました。
PENTAXのデジカメは画像が綺麗でお気に入りなので,Optio P70を購入しました。ネットで送料込み10600円でした。
有効画素数1200万画素で,広角27.5mmから光学4倍まで写せる優れものです。電子式手ぶれ補正があって最高ISO6400まで自動撮影ができるので,娘でも綺麗な写真が撮れそうです。顔認識機能もついています。
約97 (幅)× 54(高)× 21.5(厚)mmとPENTAX Optio M10より,かなり小さくて娘には,それが一番嬉しかったようです。
バッテリーは単3電池が使用できないので,Yahooオークションで予備の互換バッテリーを注文しました。純正の専用バッテリーは税別5000円するのですが,互換バッテリーは諸経費込みで1000円程度で購入できました。

2014年4月4日

娘がOptio P70を使わなくなったので貰いました。外食の料理を撮るのに使っていたPentax Optio E30が壊れたので、これからはOptio P70を使おうと思います。本当は外食の料理を撮るのと動画を撮るのにソニーのCyber-shot DSC-HX50Vを購入したのですが、Cyber-shot DSC-HX50Vは室内での撮影において、明るさの調整がうまくいかないので、外食の料理を撮るのはOptio P70でやってみようと思います。
予備の互換バッテリーと充電装置はどこに行ったのか判らなくなったというので、購入しようと思います。予備の互換バッテリーと充電装置で諸経費込み938円というのを見つけました。

2014年4月12日

充電装置は見つかったので、D-LI88互換バッテリーだけ購入しました。諸経費込みで460円でした。

2014年4月15日

Optio P70は暗めのところでフラッシュを使わないで料理を撮ったら、色が黄色っぽく写ります。フラッシュを使うと綺麗に撮れました。Optio E30だとフラッシュ使わなくても色は綺麗だったのですけど・・・ その分、シャッタースピードが長くなるのでブレたりするんですけど。
Optio P70はオートホワイトバランスの性能が良くないのかもしれません。

2014年4月16日

D-LI88互換バッテリーが届きました。互換バッテリーは最初の手入れが重要です。最初に充電して、デジカメのモニターをつけっぱなし(もしくは再生状態のまま)にして完全放電し、再び充電という事を繰り返します。5回くらい繰り返すと良いようです。
ちなみにD-LI88はモニターをつけっぱなし(もしくは再生状態のまま)にして約200分はもつ仕様になっているようです。

2014年4月22日

Optio P70でフルオートで料理を撮りました。かなり明るかったのにフラッシュが焚かれてびっくりしました。明るすぎて使い物にならない画像になりました。フラッシュ無しで撮ったらそれなりに撮れました。決して使いやすいデジカメではありません。

2014年5月31日

Optio P70は暗めのところでフラッシュを使わないで料理を撮ったら、やっぱり色が黄色っぽく写ります。画像処理である程度補正できますが、あくまでもある程度です。
暗めのところでの条件設定を考えないといけません。

2014年7月15日

Optio P70が、電源がなかなか入らなくなる事が2回あったので、使うのをやめました。食事に行って使えなくなったら、困るので・・・・・



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。