M2A-VM HDMIでSATAハードディスクにWindowsXPをインストール

メインに使っているパソコン(マザーボードM2A-VM HDMI)にWindowsXP Proをインストールしようとしたのですが失敗しました。OSを入れてあるハードディスクがSATA仕様で、その他にバックアップのためのIDEのハードディスクを接続してあったのです。
SATAのハードディスクのOSが入れられていたパーテーションを削除して改めてパーテーションを作成して、そのパーテーションにWindowsXP Proをインストールしたのですが、自動で再起動したところからおかしくなって、再びOSのCDから起動して最初からインストールを始めようとするのです。
それでCDを抜いて再起動するとOSが立ち上がらず、改めてそのパーテションにインストールしなおそうとすると勝手にIDEのハードディスクにインストールしようとしてフォーマットを求めるのです。最初間違えてIDEのハードディスクのフォーマットをしてデータを消してしまいました。
何度やっても同じなので、IDEのハードディスクの電源を外してインストールしたら問題なくインストールできました。
パソコンってどんなところに落とし穴があるか判らないので油断はできません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。