きまっし金沢の商標登録の更新をした

2020年1月12日

「きまっし金沢」は商標登録を取っているのですが、そろそろ10年の期限を迎えようとしています。特許庁からは、何の連絡も無いです。
10年前に登録した時は、「きまっし金沢」は既に多くの区分で商標登録されていたので、区分35(インターネットによる広告,広告,経営に関する助言,市場調査,商品の販売に関する情報の提供,ホテルの事業の助言,競売の運営)だけで商標登録してあったのです。
現在は「きまっし金沢」で商標登録されているのは、自分だけなので、もっと適した区分で商標登録しなおそうか、このまま更新しようか迷っています。
費用が結構掛かるので、更新と新規の両方は避けたいです。

前回は発明協会で商標登録の無料相談というのがあったのですが、現在は日本弁理士会が1か月に2回無料相談を行っています。
前日までの電話予約が必要なのですが、週明けが前日なので、もういっぱいで受け付けて貰えないかもしれません。ダメなら2週間後になります。

希望する区分は
インターネットでの観光情報の提供、インターネットでの生活情報の提供

建物の管理,建物の貸借の代理又は媒介,建物の貸与,建物の売買,建物の売買の代理又は媒介,建物又は土地の鑑定評価,土地の管理,土地の貸借の代理又は媒介,土地の貸与,土地の売買,土地の売買の代理又は媒介,建物又は土地の情報の提供
です。

関連する区分は下記のようなものかなと思われます

商標登録の区分 第36類
建物の管理,建物の貸借の代理又は媒介,建物の貸与,建物の売買,建物の売買の代理又は媒介,建物又は土地の鑑定評価,土地の管理,土地の貸借の代理又は媒介,土地の貸与,土地の売買,土地の売買の代理又は媒介,建物又は土地の情報の提供

商標登録の区分 第39類
旅行者の案内,旅行に関する契約(宿泊に関するものを除く。)の代理・媒介又は取次ぎ、観光地・観光施設に関する旅行情報の提供

商標登録の区分 第41類
技芸・スポーツ又は知識の教授及びこれらに関する情報の提供

商標登録の区分 第43類
宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ、レストラン等の飲食店に関する情報の提供

費用は商標登録出願に3,400円+(8,600円×区分数)で、登録が認められた場合、28,000円×区分数です。
郵送による出願には 電子化手数料 1,200円+(700円×提出書類の枚数)が必要です。

更新の場合は更新登録料(10年分) 区分の数×38,800円が必要です。新規も更新も費用的にはあまり変わりません。
更新期間を過ぎて、更新手続きをすると費用が倍額かかるそうです。

以前はISDNで登録しなければいけなかったので、発明協会で無料でやってもらいましたが今ではインターネットや郵送で申請できます。
但し、インターネットでの申請は一般的にはマイナンバーカードの取得が必要です。
マイナンバーカード以外でも電子証明書の取得が必要で、住民票、印鑑登録証明書、証明期間 3か月 の場合の費用2,500 円が必要になります。
マイナンバーカードの取得が面倒なので、郵送にしようかと思います。

ロゴマークも一緒に商標登録をしようかと検討したのですが、もし商標登録するのなら文字とロゴマークを別々に登録した方が良いようです。節約のため、文字とロゴマークのセットで登録すると、ちょっとした変形・改変で特許侵害が可能になるようです。
従来通り文字だけの登録にしようと思います。

2020年1月15日

前日に日本弁理士会の無料相談について問い合わせをしたら、まだ受付可能だという事で無料相談に行ってきました。
最初に申込書を記載して弁理士の人に相談しました。
資料を揃えて行ったので、話は早いです。

商標登録は、内容の変更というものは無くて、追加したい場合は、新たに申請するしかないそうです。

どういった区分で申請すれば良いかを調べるには、j-platpatで検索します。例えば、観光情報関連だと、観光 情報で検索して、似た業種の事業所を見つけて、その事業者がどういう区分及び類似群コードで取得しているかを調べると参考になるということです。

前回の申請時には、もうちょっと適した区分があるんじゃないかと思っていたのですが、
区分第35類(インターネットによる広告,広告,経営に関する助言,市場調査,商品の販売に関する情報の提供,ホテルの事業の助言,競売の運営)
というのはインターネットでの観光情報の提供、インターネットでの生活情報の提供という意味では、かなりど真ん中の区分で、このままで更新したほうが良いという事でした。
万全を期すなら、区分第39類で観光情報関連を取得するのが良いという事でした。

2020年1月16日

商標登録の更新はダウンロードした1枚の申請書に、特許印紙38,800円(1区分に付)を貼って簡易書留(404円)で特許庁に送ります。後ほど、電子化手数料(1,200円+(1枚×700円)=1,900円)が請求されます。
簡単な書類ですが弁理士に頼むと手数料が別途30,000円程度かかるそうです。
早速、手続きしました。
痛い出費ですが、これでインターネットで他の人が「きまっし金沢」を使う事を防げるので仕方がないです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。