Androidの暗記ドリルメーカーを使ってみた

電気工事士の資格をとろうと勉強を始めたのですが、予想以上に知らない事ばっかりで唖然としました。

そういう訳で、暗記するのは単語カードを利用するのが定番なのですが、電気工事士の勉強は、画像・回路・図面がほとんどなので、お気に入りの「読み上げ可能な単語帳・単語カード」を使えません。
それで見つけたのは、「暗記ドリルメーカー」です。
最初は使い方が判らず当惑しましたが、慣れるととても使いやすいです。
教科書(もしくは資料)をスマホで撮影して、右上のチェックマークをクリックして、綺麗に撮れていれば完成をクリックして、ツールボックスの引くをクリックして、覚えるところにラインを引くだけで問題ができます。
記憶するフォルダが時々勝手に変更されるに注意する事と、ファイル名を設定し忘れる事以外は失敗無く簡単に問題が作れます。

実際に使う場合は、フィイルを開いてラインの部分をクリックするとラインが薄くなるので答えが見れます。
設定により、ファイルを開いた時に、必ず答えを隠して表示する事も可能です。

著作権上、ちょっと危うい面があるように思いますが、自分だけで使う分には問題ないかなと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。