金沢~新潟 高速バス

新潟に行ってきました。新潟って遠いんですよね。JR特急だと乗り換えもあるので4時間程度かかり片道7770円で高速バスで4時間30分で4120円だったので高速バスで行くことにしました。
金沢-新潟線は新潟交通が運行しています。金沢-新潟線は需要が少ないので、空いているのですが、予約は遅めのほうが良いです。早めに予約すると、まわりに人がいない余裕のある席を頼んでも、後から近くの席を予約されたりするので、遅めに予約して好きな席を頼んだほうが良いです。やっぱり前の席や後ろの席は利用されていないほうが椅子を好きに使えるので気が楽です。平日だったので行きも帰りも10人程度の乗客でした。
金沢-新潟線のバスは、トイレもないし、給湯器も無いです。席は4列シートですが横方向は2列ごとに段違いで配列されているので、横方向は比較的余裕があります。足を乗せるステップがあるのは便利です。
金沢駅を7:50に出発し9:00に有磯海サービスエリア、10:40に米山サービスエリアで各10分ちょっとの休憩がありました。米山サービスエリアではお茶が飲める無料の給湯器がありました。
新潟県では乗降地が何箇所ありますが、万代シティバスセンター前で降りることにしました。
万代シティバスセンター2階に新潟の代表的B級グルメの「みかづき」があるのです。シティバスセンター前には定刻の時間に着いたのですが、方向感覚が全く無くどこが万代シティバスセンターなのか判りません。そのあたりの地図は持って行ったのですが、目印になる目立つ建物が無くかなり迷いました。
あちこちに地図が掲示されていましたが、現在地の記入が無く目立つビルも無いので役に立ちません。新潟って駅周辺でも同様で地図は掲示してあるけど、役に立ちません。新潟って、観光地では無いので、他県から来た人を迎えるって感覚があまりないのだと思います。
それで歩いている人に万代シティバスセンターは、どこですかと聞くと、すぐ近くでした。どの建物もインパクトがありません。
食事が終わって、バスターミナルに行ったのですが、なんとなく暗くて垢抜けしない感じです。新潟って街自体がそんな感じです。万代シティバスセンターのバスターミナルには短時間に気軽に利用できる食事処がありました。
20分ほど待ってバスに乗って目的地に行きました。市内バス料金は200円です。
帰りの金沢行きバスは新潟駅発だったのですが、乗車場は新潟駅内ではなく、少し離れていました。コンビニの前だったのですが、待つにはベンチも少なくて雨が降った時とかは困りそうです。帰りは万代シティバスセンターで乗ったほうが良いと思います。
新潟駅にバスが来るのは少し遅れました。
帰りも米山サービスエリアと有磯海サービスエリアで休憩をとりました。
金沢駅には20分以上早く着きました。金沢での乗降は金沢駅と金沢駅西の合同庁舎前だけです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。