おうすの里の梅干

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,おうすの里で梅干を購入してきました。
先日京都旅行をしてきた娘がおうすの里の梅干を買ってきてくれたのです。娘が買ってきたのは献上梅という種類の梅干だったのですが,美味しかったので他の種類の梅干も食べたいということで行ってきたのです。

おうすの里は祇園の四条通りにあるので場所が判りやすいです。

おうすの里には,いろんな味付けの梅干があって,こんな味の梅干があるのかと驚かされます。おうすの里の店内では,梅干や梅ジュースなどを試食させてくれます。おうすの里の梅干は日持ちもしますし1176円から1365円でポリ製の壺に10個ほど入ったものが手軽に購入できて良いです。手軽に買えるといっても1個100円以上の梅干ということで,かなりの高級品です。おうすの里の梅干は祇園本店以外にも二年坂(高台寺と清水寺の間)や嵐山にも店舗がありますが,京都のデパートでは購入できません。
今回は蜜な梅という梅干(1260円)と梅茶(735円)を購入しました。蜜な梅は,良質の梅に天然蜂蜜をたっぷりと漬け込んだ梅干で梅の酸味と蜂蜜の甘さがひとつになった風味豊かな梅干ということです。

おうすの里の場所はこちら  京都市東山区四条通祇園町北側262番地



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。