海の銭湯 海浜あみだ湯

曽々木方面の観光スポット周遊を終えて、再び珠洲へ戻りました。
とりあえずお風呂に入りたいということで、珠洲近辺にある唯一の(?)銭湯「海の銭湯 海浜あみだ湯」に行きました。でも「海の銭湯 海浜あみだ湯」は14:00からの営業なのでまだ営業していませんでした。仕方ないので近くにあるショッピングセンターに行って食事の調達に行きました。

そうこうして時間をつぶして14:00を過ぎたので「海の銭湯 海浜あみだ湯」に再び訪れました。「海の銭湯 海浜あみだ湯」は自動発券機でチケットを購入します。料金は大人が420円でした。休憩スペースは男女共用になっていました。受付でチケットを渡して入りました。石鹸やシャンプーなどお風呂に必要なものは販売もしています。開店早々、結構入浴していました。
「海の銭湯 海浜あみだ湯」には、各種ジェット式の浴槽や泡風呂、普通の浴槽、海が見える風呂、サウナ(別料金)、日替わりの湯もあり、今日の日替わり湯はブルーベリー湯でした。全体的にミニスーパー銭湯という感じでした。ブルーベリー湯では身体を洗わないようにと書かれていて、かなりぬるいお湯でした。
他の浴槽はちょうど良い湯加減でした。
お風呂を上がって、休憩室で新聞を読もうとしたら、置かれていたのは1日前の新聞でした。今日の新聞はありませんかと尋ねると、入れ替えておくのを忘れてたということで当日の新聞を出してくれました。新聞をゆっくり見ました。前日の蛸島キリコ祭りの狂言の記事が掲載されていました。
奥能登に来て低料金のスーパー銭湯があるというのはありがたいことです。
amidayu
鉢ヶ崎に鉢ヶ崎温泉すずの湯という施設もあるのですがお風呂に1100円というのは行く気がしません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。