自作パソコン(ASUS M4A785TD-V EVO)にWindows10をインストールしました

2016年9月24日

さすがに、Wordが無いと不便なので、MicroOffice2010をインストールしました。でも状況は変わりませんでした。
不具合は、ソフトの問題ではなく、ユーザープロファイルが壊れたのが原因のようです。新規ユーザー(新規アカウント)を作り、その新規ユーザーで問題が起きないか確認したらどうかと回答があって、やってみたら見事に解決しました。
その後、LAN接続のハードディスクが繋がらないとか、今まで使っていたユーザーアカウントの設定の継承ができなかったりと苦労もありましたが、なんとかすべての問題をクリアできました。
でも今度は電子地図帳Zi9がパソコンを起動するたびに、このソフトは対応していませんと警告メッセージが出るようになりました。問題なく使えるのに不思議です。うっとうしいので、電子地図帳Zi16に入れ替えました。

2016年9月20日

MicroOfficeXPのWordで表の部分の表示がしなくなりました。修整処理をしても改善しなかったのでアンインストールして再びインストールしようとしたらOSとの互換が無いという理由でインストールできませんでした。う~ん 困りました。MicroOfficeXPは他のパソコンでも表関係(関数の挿入)の不具合が発生したりしているのです。
正式にはWindows10はMicroOffice2010以降しか対応していないようです。

2016年5月14日

Windows10の無償アップグレードがもう残り2か月になり、Windows10をインストールした他のパソコンの動作も安定しているので、自作パソコン(マザーボードはASUS M4A785TD-V EVO)もWindows10にアップグレードしました。途中3回程度のクリックがあるだけで、ほとんど放置でインストールが完了しました。

心配していたパソコン用地デジチューナーKTV-FSPCIEのK1106(TS抜き)は、Windows10では認識しなくてテレビの視聴・録音はできなくなりました。ほとんど使っていないので、それほど不便ではないのですが、ちょっと寂しいです。パソコン用地デジチューナーKTV-FSPCIEのK1106(TS抜き)はWindowsXPのマシンに付け替えようかな。
FSUSB2NのWindows10用ドラバーがないか探してみようかな。

いろいろ試行錯誤してFSUSB2Nのドライバを関連付けして、Windows10でもパソコン用地デジチューナーKTV-FSPCIEのK1106(TS抜き)を動作させることができました。
結局どれが有効だったのかは不明ですが、やった事というのは
TVTestフォルダのktv-fsusb2.infをフォルダの外に移動して、BonDriver_FSUSB2i.dllをダウンロードしてTVTestフォルダに入れる。
Shiftキーを押しながら再起動してトラブルシューティング・・・詳細オプション・・・スタートアップ設定・・・ドライバ署名の強制を無効にする(F7キーを押す)で起動させて、デバイスマネージジャーからドライバーを更新(ドライバーの入手先をTVTestフォルダ)で正常にドライバの更新に成功しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。