グッピーの稚魚が生まれた

2021年11月28日

近親相関が原因か、プラティがだんだん減ってきてしまいました。

今度はグッピーを入手しました。
11月初めにメス13匹とオス2匹もらったのですが、オスは弱いようで、すぐに1匹死んで、追加でオスだけ購入したのですが、それもすぐに死んじゃいました。コリドラスとヤマトヌマエビも購入したのですが、ヤマトヌマエビは、すぐに全滅しました。

先週、グッピーのオスを7匹もらいました。でも2匹はすぐに死んでしまいました。
一緒に、ラムズホーン(貝)も、もらいました。ラムズホーン(貝)は水草のコケを食べてくれるのです。

水槽をよく見るとグッピーの稚魚がいました。随分前に身ごもったのだと思います。
隅から隅まで探すと、全部で6匹見つかりました。
さっそく、別の水槽に隔離しました。

2021年12月29日

1度に数匹ずつ生まれているようです。
別の水槽に隔離したグッピーの稚魚は30匹を超えました。

グッピーって、よく食べるし、排せつ物が多いので、1週間に1度は、100円ショップで購入したクリーナーポンプで砂の中の汚物を吸い取って、水を交換しています。
砂の中の汚物を吸い取りは、バクテリアを全滅させないため、水槽の半分ずつにしたほうが良いようです。
水は水槽の1/3以下の交換が良いようです。

ラムズホーン(貝)は増えています。そしで大きく成長してきました。

2022年2月11日

グッピーの稚魚を隔離していた水槽の清掃時に、温度センサーが水の外に出ているのに気づかなかったようで、翌朝見たら水が濁っていて、稚魚が全滅していました。
大きくなった稚魚の多くを大きい水槽に移してあったのですが、残りの50匹程度の稚魚が全滅しました。

気を改めて、隔離用の水槽を綺麗にしてリセットしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。