DELLのノートパソコンを購入した

娘がノートパソコンが欲しいと言うので、どこのパソコンが良いか調べてみました。
officeは必要というので、Core i3以上の性能のCPUでoffice付のパソコンを対象に調べました。

結局、DELLのパソコンが一番コストパフォーマンスが高いので購入する事にしました。
Inspiron 15 3000 シリーズ-3567
液晶サイズ:15.6インチ CPU:Core i3 6006U
ストレージ容量:HDD1TB メモリ容量:4GB OS:Windows 10 Home 64bit
Microsoft®Office Personal Premium (日本語) MPI カード
DVD ドライブ
無線LAN、有線LAN、WEBカメラ
HDMI™出力 、USB 3.0 2個 、USB 2.0 1個
で4年保証付きで66,853円でした。

購入時、年末年始割引や限定期間クーポンがあったので、急いで購入しましたが、期限後にまた別の割引サービスが始まっていました(苦笑!)

Microsoft®Office Personal Premium (日本語) MPI カードとは、そのパソコンを利用している間だけライセンスが有効なソフトです。つまりパソコンが壊れたら、他のパソコンにインストールして使えないということです。

Windows10にログインする際にマイクロソフトのアカウントの所有が必須だったのでびっくりしました。しかもパスワードの入力が必須です。自分以外の人に設定を済ませた状態で渡すのが難しくなりました。

Windows10のバージョンが古かったのか更新に多くの時間をとられました。
1年しか有効期間の無いセキュリティソフトウェア(マカフィーR) をアンインストールして、永久使用できるZERO ウイルスセキュリティ をインストールしました。
プリンターのドライバをインストールしました。
Microsoft®Office Personal Premium (日本語)の認証を済ませて娘に渡しました。

注文後にネットで調べるとDELLのパソコンは壊れやすくアフターサポートに難ありということなので、少し心配です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。