石油市場が能登のあちこちに進出

カナショクの関連のガソリンスタンド「石油市場」が金沢以外の地域のあちこちにオープンしています。
小松に2軒、能美市に1軒できていたのですが、今度は宝達志水町、輪島市にも開店しました。七尾市にも建設予定地があります。「石油市場」はカナショクより若干高いのですが、石川県じゅう、どこに行っても安く給油できるということは嬉しいです。



石油市場が能登のあちこちに進出」への1件のフィードバック

  1. RGM80

    石川県のガソリンスタンドを調べていまーす。

    『中日本石油市場』 は、小松と能美の3県だけで、
    能登や富山に出来てる 『石油市場』(中日本ではないです) のスタンドは、
    カナショクが看板に出してるだけらしいですよ(レシートで確認)。

     戦国時代に、尾張から前田家が家臣を引き連れ、金沢に入城し、加賀、能登、、富山の一向宗を殺しまくって以来、
    金沢周辺と加賀、能登、富山の住民には越えられない壁のようなモノがあるみたいで、
    そのため、「金沢」の名前には拒否反応が出るらしく、そのため、能登や富山では、スタンドの看板から『金沢食糧』を外して、
    『セルフ24』とか、『石油市場』の名前でスタンドを経営。
    加賀では特に拒否反応がひどいらしく、レシートにカナショクの名前が出るのもいやがられるので、
    わざわざ、中日本石油市場という会社を作って、ガソリンスタンドをやってるらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。