PHPで検索表示できるページにトライ

2019年3月25日

PHPでのプログラムも慣れてきたので、次は条件を設定してデータを表示できるページを作ろうかなと思っています。
商品を探すときに、いくらからいくらの範囲で、どういう条件のものを安い順に一覧表示してクリックしたら詳細情報を得られるというようなページってよく見かけますよね。

これをマスターすると、ほぼどんなホームページでも作成できるようになります。

とりあえず、激安の戸建ての家をテーマに作ってみようと思います。
業者に頼らなくても、家を処分したい人が無料で掲載できるようにすれば面白いかなと思います。

データベースの項目はno,id,date,tiiki,tyoumei,tikunensuu,tyuusya,map,setback,saikentiku,bikou1,bikou2,totimenseki,tatemonomenseki,madori,sennin,mail,namae,kakaku,gazou1,gazou2,gazou3,gazou4,gazou5,gazou6,gazou7,gazou8,gazou9,gazou10
検索対象はtiiki,tikunensuu,kakaku,tiiki2
表示順はdate,kakaku
一覧表示はdate,tiiki.tyoumei,tikunensuu,saikentiku,bikou2,totimenseki,tatemonomennseki,kakaku,madori,gazou1,new
だいたい、こういう感じかな。

2019年3月30日

XAMPP上のデータベースを作成してみました。画像ってデータベースに登録するには不向きなようです。画像へのアドレスを登録して画像は別にアップロードするようです。

2019年3月31日

とりあえずデータベースから読み込んで、画像を1つと築年数と価格を表で表示するPHPを作ってみました。
¥は画面上は\になって表示されますがエディターでcopy&pasteは問題なくできます。

<?php
try {
$pdo = new PDO(‘mysql:dbname=gekiyasukodate;host=127.0.0.1;charset=utf8’, ‘root’, ”);
} catch (PDOException $e) {
echo ‘DB接続エラー: ‘ . $e->getMessage();
}
?>

<?php

echo “<table bgcolor=\”#fbe48c\”>\n”;
$stmt =$pdo->query(“SELECT * FROM gekiyasukodate”);
$result = $stmt->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);
foreach ($result as $results) {

$price=number_format($results[‘kakaku’]);

echo “<tr>\n”;
echo “<td bgcolor=\”#ffffff\” ><p class=\”resizeimage2\”><IMG src=\”{$results[‘gazou1’]}\” border=\”0\”></p></td>\n”;
echo “<td bgcolor=\”#ffffff\” class=\”gyou2\”>築年数 {$results[‘tikunensuu’]}年<BR>価格 $price 円</td>\n”;
echo “</tr>\n”;
}
echo “</table>\n”;

?>

2019年4月1日

1ページに5件のデータの表示にして、その以上のデータは次のページで表示しようと思ったのですが、なかなかできません。
ネットで調べて、試してみたのですが、なかなか正常に動作しませんでしたが、なんとか正常に動作するプログラムを見つけました。

https://manablog.org/php-pagination/

を参考に、とりあえず該当するデータを5件ずつ表示する事ができました。まだまだ改良が必要です。

<?php
try {
$pdo = new PDO(‘mysql:dbname=gekiyasukodate;host=127.0.0.1;charset=utf8’, ‘root’, ”);
} catch (PDOException $e) {
echo ‘DB接続エラー: ‘ . $e->getMessage();
}
?>

<?php

// GETで現在のページ数を取得する(未入力の場合は1を挿入)
if (isset($_GET[‘page’])) {
$page = (int)$_GET[‘page’];
} else {
$page = 1;
}

// スタートのポジションを計算する
if ($page > 1) {
// 例:2ページ目の場合は、『(2 × 5) – 5 = 5』
$start = ($page * 5) – 5;
} else {
$start = 0;
}

echo “<table bgcolor=\”#fbe48c\”>\n”;
// postsテーブルから5件のデータを取得する
$stml = $pdo->prepare(”
SELECT *
FROM gekiyasukodate
ORDER BY kakaku ASC
LIMIT {$start}, 5
“);
$stml->execute();
$result = $stml->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);

foreach ($result as $results) {

$price=number_format($results[‘kakaku’]);

echo “<tr>\n”;
echo “<td bgcolor=\”#ffffff\” ><p class=\”resizeimage2\”><IMG src=\”{$results[‘gazou1’]}\” border=\”0\”></p></td>\n”;
echo “<td bgcolor=\”#ffffff\” class=\”gyou2\”>築年数 {$results[‘tikunensuu’]}年<BR>価格 $price 円</td>\n”;
echo “</tr>\n”;
}
echo “</table>\n”;

// postsテーブルのデータ件数を取得する
$page_num = $pdo->prepare(”
SELECT COUNT(*) id
FROM gekiyasukodate
“);
$page_num->execute();
$page_num = $page_num->fetchColumn();

// ページネーションの数を取得する
$pagination = ceil($page_num / 5);

?>

<?php for ($x=1; $x <= $pagination ; $x++) { ?>
<a href=”?page=<?php echo $x ?>”><?php echo $x; ?></a>
<?php } // End of for ?>

PHPのプログラムでエラー表示の際に、行数が表示されるのですが、実際のエディターでの行数とずれるので、不都合だったのですが、原因はエディターで2行に渡る文が実際には1行である場合があって、それが原因だと気づきました。
エディターの1行で表示できる文字数を最大にして解決しました。
秀丸の場合は、表示—-折り返し—-最大 でOKです。

2019年4月2日

ページへのリンクで現在表示されているページへのリンクを外して現在のページが判るようにしました。

// postsテーブルのデータ件数を取得する
$page_num = $pdo->prepare(”
SELECT COUNT(*) id
FROM gekiyasukodate
“);
$page_num->execute();
$page_num = $page_num->fetchColumn();

// ページネーションの数を取得する
$pagination = ceil($page_num / 5);

?>

<?php for ($x=1; $x <= $pagination ; $x++) {
if ($x <> $page ){
?>
<a href=”?page=<?php echo $x ?>”><?php echo $x; ?></a>
<?php
} else {echo $x;}?>
<?php }// End of for ?>

2019年4月5日

チェックボックス、ラジオボタンで条件を設定して、選択条件に従って検索するページを出力するPHPを作ろうと試行錯誤しています。
例えば、データから金沢と野々市の物件を価格の安い順に表示するような感じです。

チェックボックス、ラジオボタンの表示ができるのですが、選択した条件をデータとして取得するところが全く分かりません。結構し選べたのですが、分かりません。
それと複数の条件を1つの「送信する」でデータを取得する方法が判りませんでした。
これで3日間悩みました。

結論として、チェックボックス、プルダウン、ラジオボタンの使い方って、PHPでなくて、HTMLのformの勉強が必要だったのでした。ホームページは長年作っているけど、スタイルシートとformは避けていたので気が付きませんでした。
それと1つのフォームに複数のチェックボックスやプルダウン、ラジオボタンを入れて、まとめて送信する事も可能だとわかりました。

formではmethod= はgetかpostのどちらかを使い、action= では選択したデータを使って改めて表示しなおす場合は、今作動しているphpファイル(というかそのphpファイル自身)の名前を記入すれば良いようです。
(hudousan.phpというファイルなら<form method=”get” action=”hudousan.php”>)

option value= で選択したデータ(<option value=”kakaku”>ならkakaku)は、method=”get” の場合、<select name=”example1″>なら$_GET[‘example1’]で取り出せます。
こういう基本的な事を教えてくれる資料ってなかなか見つからなくて本当に苦労しました。
とりあえず、プルダウンで表示順を選択して表示する事ができるようになりました。

<?php
try {
$pdo = new PDO(‘mysql:dbname=gekiyasukodate;host=127.0.0.1;charset=utf8’, ‘root’, ”);
} catch (PDOException $e) {
echo ‘DB接続エラー: ‘ . $e->getMessage();
}
?>

<?php
function h($var) // HTMLでのエスケープ処理をする関数
{
if (is_array($var)) {
return array_map(‘h’, $var);
} else {
return htmlspecialchars($var, ENT_QUOTES, ‘UTF-8’);
}
}
// 表示する順番を設定 デフォルトは価格順
if (isset($_GET[‘example1’])) {
$example1=h($_GET[‘example1′]);
}
else { $example1=’kakaku’;}
?>

// 選択した条件を基に、現在のページを再読み込み
<form method=”get” action=”hudousan.php”>
<p>掲載順</p>
<select name=”example1″>
<option value=”kakaku”>物件の安い順</option>
<option value=”date”>登録が新しい順</option>
</select>
<p><input type=”submit” value=”送信する”></p>
</form>

<?php
echo “<table bgcolor=\”#fbe48c\”>\n”;
$stml = $pdo->prepare(”
SELECT *
FROM gekiyasukodate
ORDER BY $example1 ASC
“);
$stml->execute();
$result = $stml->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);

foreach ($result as $results) {
$price=number_format($results[‘kakaku’]);// 数字を3桁ごとに,を入れて表示
echo “<tr>\n”;
echo “<td bgcolor=\”#ffffff\” ><p class=\”resizeimage2\”><IMG src=\”{$results[‘gazou1’]}\” border=\”0\”></p></td>\n”;
echo “<td bgcolor=\”#ffffff\” class=\”gyou2\”>築年数 {$results[‘tikunensuu’]}年<BR>価格 $price 円</td>\n”;
echo “</tr>\n”;
}
echo “</table>\n”;

でもチェックボックスで複数の条件を選択する方法がわかりません。

2019年4月6日

チェックボックスで複数の条件選択して、その選択条件に従って検索表示するPHPが動作しました。これだけで1日以上かかりました。
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”金沢市”>金沢市
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”野々市”>野々市
のようにして受け入れ画面を設置します。
example[] と ”野々市”>野々市 は各自が選びます。
example[]は配列なので[]は必須です。
<input type=”submit” value=”送信する”> でデータを送るのはプルダウンと同様です。

プルダウンの条件とチェックボックスで複数の条件選択の両方を一緒に条件を送るのは下記のような感じです。

 

<form method=”get” action=”hudousan.php”>
<p>掲載順</p>
<select name=”example1″>
<option value=”kakaku”>物件の安い順</option>
<option value=”date”>登録が新しい順</option>
</select>

<p>複数選択可</p>

<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”金沢市”>金沢市
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”野々市”>野々市
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”白山市”>白山市
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”川北町”>川北町
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”内灘”>内灘
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”津幡町”>津幡町

<p><input type=”submit” value=”送信する”></p>
</form>

このページはhudousan.phpなのでaction=”hudousan.php”というのは自らのページを読み直すということになります。

最も重要なポイントは、1つの項目(カラム)で複数のデータを対象に検索する書式を把握する事でした。
例えば、tiikiという項目(カラム)で金沢市と白山市と川北町というデータを対象に検索する場合は、SELECT文の条件設定で WHERE  tiiki IN (“金沢市,白山市,川北町)   という書式が必要という事です。
tiiki IN (“金沢市,白山市,川北町)  の部分の文字列を取得するために 変数を設定します。ここでは$where にしました。
<form method=”get” action=”hudousan.php”>
<input type=”checkbox” name=”example[]” value=”金沢市”>金沢市
で入力したので、そのデータを受け取るには $_GET[‘example’] を使います。
つまり method=”get” と name=”example[]” の部分が受け取る配列名を決めているようです。

$where=”tiiki IN (“;
if (isset($_GET[‘example’])) {
foreach ($_GET[‘example’] as $value) {
$where=$where.”‘”.$value.”‘,”;
}
}

配列 $_GET[‘example’]  を 変数$whereに加えて、 $_GET[‘example’] の前に「 ‘ 」を後ろに「 ‘ 」と「 , 」を加えるという処理です。
$whereの文末が「 , 」 になるので、下記で、文末の「 , 」を削除して「 ) 」を加えます。

$where=substr($where, 0, -1).”)”;

SELECT文の条件設定の部分は

WHERE $where

になります。
なお条件設定して表示するので、表示のデータ数も減るのでページネーションの部分の変更も必要になりました。

$page_num = $pdo->prepare(”
SELECT COUNT(*) id
FROM gekiyasukodate
“);
$page_num->execute();
$page_num = $page_num->fetchColumn();

を下記に変更しました。

$page_num = $pdo->prepare(”
SELECT COUNT(*)
FROM gekiyasukodate
where $where
“);
$page_num->execute();
$page_num = $page_num->fetchColumn();

これでPHPで検索表示できるページの基本的な手法は理解できたのだと思います。

2019年4月7日

テーブル内の画像の上下部に余白ができるので、スタイルシートの

<STYLE>
<!–
@media(min-width: 600px){p.resizeimage2{
width: 240px;
}
}
p.resizeimage2 img{
width: 100%;
}
–>
</style>

を下記に書き換えました。

<STYLE>
<!–
@media(min-width: 600px){p.resizeimage2{
margin-top: 0px;margin-bottom: 0px;width: 240px;
}
}
p.resizeimage2 img{
width: 100%;
}
–>
</style>

2ページ目を見る時に、設定した条件がリセットされて、初期条件の2ページが表示され、設定した条件の2ページ目が見れなくなっていました。
2ページ目に飛ぶリンクは

<a href=”?page=<?php echo $x ?>”><?php echo $x; ?></a>

になっていますが、現状のページのアドレスを取得して、それを基に2ページ目のアドレスを指定するプログラムに変更しました。ばっちり動作しました。

<a href=”<?php echo $_SERVER[‘REQUEST_URI’]?> &page=<?php echo $x ?>”><?php echo $x; ?></a>

今まで、XAMPP上で動作させていたのですが、ある程度、動作するようになったので、オンラインで動作させる事にしました。
データベースのアドレスやデータベース名、テーブル名を変更してアップロードしたのですが、データベースのデータが表示されません。
プログラムを簡略化してもダメです。

$stml = $pdo->prepare(“SELECT * FROM gekiyasukodate”);

の部分が、XAMPPでは動作するけどオンラインでは動作しないようです。

$stml = $db->prepare(“SELECT * FROM gekiyasukodate”);

に変更すると動作しました。

https://kimassi.net/hudousan/hudousan.php

2019年4月8日

チェックボックス、ラジオボタンで条件を設定して、選択条件に従って中古戸建ての激安物件を検索一覧表示するページに必要項目をすべて表示できるように作り変えました。
詳細ページへのリンクも挿入しました。
詳細ページを作れば、とりあえずは基本的な処理はできます。
詳細ページの画像はスライドできてクリックで拡大できるといいかな。
投稿者の会員登録のページと投稿者のデータ入力のページや物件ごとの掲示板も設置しようと思います。かなり本格的なシステムになりそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。