Home > 2011/12

2011.12.30

WindowsXPのリモートアクセス機能に挑戦

2011年12月30日
ラジコのFM録音に使っているAOA150をせっかくWindowsXP professionalエディションに変えたので、他のパソコンから番組予約の変更ができるリモートアクセス機能も使えるようにしました。
WindowsXP homeエディションでは標準的な使い方では他のパソコンからリモートアクセスが出来ないのですが、WindowsXP professionalエディションは他のパソコンからのリモートアクセスができる機能が標準でついているのです。
操作されるコンピュータ(AOA150)のマイコンピュータを右クリック・・・・プロパティ・・・・リモート・・・・リモートデスクトップの項目の「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェック・・・・OK・・・・同ページの「リモートユーザーを選択」をクリック・・・・追加・・・・詳細設定・・・・今すぐ検索・・・・ユーザーを選択・・・・OK・・・・OK・・・・OK・・・・システムのプロパティのページでOK
操作されるコンピュータ(AOA150)には起動時のパスワードの設定が必要です。パスワードの設定はコントロールパネル・・・・ユーザーアカウント・・・・ユーザーを選択してダブルクリック・・・・パスワードを設定で設定できます。
AOA150のフルコンピュータ名、ワークグループ名、ユーザー名、パスワードを調べてメモしておきます。(マイコンピュータ右クリック・・・・プロパティ・・・・コンピュータ名 で調べることが可能)

操作側のコンピュータはWindowsXP homeエディションでも可能です。
スタート・・・・すべてのプログラム・・・・アクセサリ・・・・リモートデスクトップ接続・・・・オプション・・・・全般・・・・ログオン設定で操作したいコンピュータ名(コンピュータのIPアドレスでも可)とユーザー名(操作されるコンピュータの設定時のメモを参照)を入力して資格を保存するをクリック・・・・接続のボタンをクリック・・・・パスワードを入力してパスワードを保存するにチェックを入れる。・・・・接続ボタンをクリックすればOKです。
次からアクセスする場合はスタート・・・・リモートデスクトップ接続でコンピュータ名を選択して接続ボタンをクリックで接続できます。接続を切る場合はスタート・・・・切断で良いです。

操作されるパソコンにユ-ザーアカウントにパスワードを設定したので,XPの自動起動が出来なくなったので,起動時に自動的にパスワードを入力する設定が必要になりました。
スタート・・・・ファイル名を指定して実行でcontrol userpasswords2 を入力してOK・・・・「ユーザーがこのコンピュータを使うには,ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外しOKをクリック・・・・ユーザー名とパスワードを入力して終了。
これでXPの自動起動ができるようになり、電源を入れると全ての動作が自動でできるようになりました。

2011年12月31日
リモートアクセス機能を使うことができたので,今度はインターネットを経由してリモートアクセス機能を使ってみようと,いろいろ調べてみました。
最初に自分のインターネット環境のIPアドレスを調べてみましたがスペースLANの場合はIPアドレスが変動しているようです。
現時点のIPアドレスを調べるには,いろいろな方法がありますが,Gmailにログインしてアカウントアクティビティの詳細をクリックするとIPアドレスが表示されます。時間を見て,操作される側のパソコンがアクセスしたと思われるIPアドレスをチェックします。

baffaroのエアステーションの設定はhttp://192.168.11.1/で行う。変更などのユーザー名はroot。管理設定をクリック、アクセスをクリックしてInternet側リモートアクセス設定を許可するにチェックマークを入れて操作する側の許可IPアドレスと許可ポートを入力して設定ボタンをクリック。許可IPアドレスは操作する環境のIPアドレスを入れれば良いです。許可ポートは3389を入れます。その数字はメモしておきます。
ゲーム&パプリでポート変換を選択して任意のTCPポートを3389に設定。
Internet/LANをクリックしてPPTPサーバーをクリック、PPTPサーバー機能を使用するにチェック。PPTP接続ユーザーの編集でユーザー名とパスワードを設定。新規追加をクリック・・・・編集を終了。

外出先で使用するパソコンの設定。
スタート・・・・コントロールパネル・・・・ネットワークとインターネット接続・・・・ネットワーク接続・・・・新しい接続を作成・・・・次へ・・・・職場のネットワークへ接続・・・・次へ・・・・仮想プライベートネットワーク・・・・次へ・・・・会社名に任意の名前を設定・・・・操作される側の無線親機のInternet側IPアドレスを入力・・・・次へ・・・・完了

操作される側のパソコンの設定の確認
スタート・・・・マイコンピュータ右クリック・・・・プロパティ・・・・リモート・・・・このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可するにチェック・・・・OK

外出先から接続
スタ-ト・・・・コントロールパネル・・・・ネットワークとインターネット接続・・・・ネットワーク接続・・・・仮想プライベートネットワークの接続先をダブルクリック

外出先から自宅(会社)のパソコンを使用
ブラウザを起動・・・・アドレス欄にIPアドレス/hosts.htmlを入力してリターン(IPアドレスが123.456.78.90なら123.456.78.90/hosts.html)・・・・ネットワークサービス一覧が表示されるので、操作される側のパソコンのアイコンをクリック(操作される側のパソコンのコンピュータ名とネットワーク内のIPアドレスは前もって調べておいたほうが良いです)

外出先から遠隔操作
スタート・・・・すべてのプログラム・・・・リモートデスクトップ接続・・・・操作したいパソコンのIPアドレス(コンピュータ名)を入力して接続・・・。ユーザー名とパスワードを入力して接続

WindowsXP homeエディションでは遠隔操作はできないという説明があったりもしたので、操作側のパソコンのOSもWindowsXP professionalエディションに入れ替えました。実際に遠隔地からの操作ができるかどうか確認してみなければいけません。

2012年1月10日
リモートアクセス機能を使ってラジコのFM録音に使っているAOA150に入ると、AOA150がログオフして、リモートアクセスを切断してもログオフの状態のままになっていることに気づきました。
でもFM録音はちゃんとされているので問題はないのですが、ちょっと気になります。

2012年1月13日
今日、外出先からのリモートアクセスを試してみました。外出先のIPアドレスを調べて自宅のパソコンやエアステーションの設定もしたのですが、うまくいきませんでした。
ブラウザを起動してアドレス欄にIPアドレス/hosts.htmlを入力してリターン(IPアドレスが123.456.78.90なら123.456.78.90/hosts.html)するとネットワークサービス一覧が表示されるはずなんですが表示されません。
原因がわからずスキル不足を痛感します。

2012年1月28日

http://yakushima-tonbo.com/windows/remote_access.htm を参考に設定の訂正をしてみました。

操作される側のパソコンの設定の追加
[スタート]-[コントロールパネル] から「プログラムの追加と削除」を起動する。
「Windows コンポーネントの追加と削除」をクリックする。
[インターネット インフォメーション サービス (IIS)] を選択して「詳細(D)」ボタンをクリックする。
[WWW (World Wode Web) サービス] を選択して「詳細」ボタンをクリックする。
[リモートデスクトップ Web 接続] にチェックして 「OK」 — 「OK」 をクリックする。
ウィザードに従い、IIS のインストールを完了。

2012年2月16日
ブラウザを起動してアドレス欄にIPアドレス/hosts.htmlを入力してリターン(IPアドレスが123.456.78.90なら123.456.78.90/hosts.html)するとネットワークサービス一覧が表示されるはずなんですが今回も表示されませんでした。
うまくいきません。もう手詰まりです・・・・
123.456.78.90:3389

http://itaya.corso-b.net/RDT/

2011.12.29

Aspire one AOA150にWindowsXP professional

Aspire one AOA150を使って、ラジコでFM放送を外部の共有ハードディスクに録音しているのですが、WindowsXP Homeエディションだと、システムがスタンバイする度に、共有ハードディスクに手動でアクセスしなおさないといけなく録音失敗する原因になっていたので、OSをWindowsXP professionalエディションに変えて自動的に共有ハードディスクにアクセスできるようにしました。
内蔵ハードディスクがSATAなので、ちょっと心配していたのですが、全然問題なくOSの入れ替えができました。
パソコン起動時にファンクションキーF2を押して、外部USBのDVDドライブから起動するようにBIOSを設定して、OSのCDを入れて起動すれば、あとは画面の指示に従い、パーテーションの変更、フォーマット、OSのインストールの処理が行われます。
時間はたっぷりかかりましたが大丈夫でした。

2011.12.25

Aspire3100のハードディスクとメモリの増設

2011年12月25日
今、個人的に一番使っているパソコンはノートブックのAcer Aspire3100なのですがハードディスクの容量が80Gしかなく、しかもC:の部分が30Gなのでプログラムを最低限にしても、そろそろ窮屈になってきたのでハードディスクを入れ替えることにしました。
ドスパラで2.5inch IDE 160G(サムスンHM160HC 5980円)のハードディスクを買ってきました。ネットのほうが1000円以上安いんですけどハードディスクの移植は時間がかかるので、早く欲しかったのです。
従来の80Gのハードディスクを取り出して、USB変換器を利用して、デスクトップのパソコンのハードディスクにコピーして、そのデータをUSB変換器に接続した新しいハードディスクに移植しようという作戦ですが、これがなかなかうまくいかなくて困りました。ハードディスク丸ごとバックアップできるフリーソフトもあるのですが、エラーが出たりして使えませんでした。
ちなみにUSB変換器にハードディスクを接続して、ノートパソコンのUSBに接続したのですが、電力が弱くてハードディスクが動作しませんでした。
結局、普通にコピーしてコピー漏れのファイルはCOPIE.EXEで同じ名前のファイル以外をコピーするを選択してコピーを完了しました。
Acer Aspire3100のハードディスクはなぜかFAT32でフォーマットされていましたが交換したハードディスクはNTFSでフォーマットしました。100Gと60Gとでパーテーションをきりました。
絶対に大丈夫だと思っていたのですが、ハードディスクを取り付けると起動しませんでした。
かなりの時間を費やしたのですが、無駄に終わりました。

結局、新しいハードディスクを再びフォーマットして、新たにOS(WindowsXP HOME)のインストールからはじめてアプリケーションを1つ1つインストールしました。WindowsXP HOME用のドライバはAcerからダウンロードしてCDに焼いておきました。
起動時F2を押してCDドライブから起動する設定に変えて、OSのCDを入れて起動すると自動的にOSインストールが始まります。
以前と比べると、随分ハードディスクの使用済みの容量が少なくなりましたし、比較にならないくらい早く起動するようになりました。新たにインストールして良かったです。
自作パソコンのOS入れなおしは何度も経験があるのですが、ノードパソコンのOS入れなおしは、それほど経験がないので心配だったのですが、意外と簡単にできました。
ついでにメモリもオークションで落札して1Gから4Gに増設することにしました。2G(PC2 5300 DDR2-667MHz対応)のメモリ2個で送料込3770円でした。
10000円も出せばメモリ4Gでハードディスク160Gの、もっとCPUの性能のよい中古ノートパソコンを入手できそうな気もしますけど。

2011年12月27日
メモリが届きました。相性保証のメモリでしたがPC2 6400 DDR2-800MHzでした。
4Gに増設しましたが2.6Gでしか認識しませんでした。XPの仕様では、全てのメモリを合計して4Gまでしか認識しないようです。ビデオメモリなどで1.4G使っているので2.6Gしか認識しないということです。
ちなみにBIOSでは4G認識していました。
起動は早くなりましたが、その他に事については特に実感がありません。

160Gのハードディスクが問題なく使えたので、今まで使っていた80Gのハードディスクを初期化しようとしたのですが、Acerのリカバリが入っているパーテーション(EISA領域)はディスク管理では消すことができませんでした。
ネットで調べると
1.「ファイル名を指定して実行」に “diskpart” と入力
2.”list disk[Enter]“と入力し、ディスク一覧を表示。EISA領域が存在するディスクの番号を確認する。
3.”select disk 番号[Enter]“でディスクを選択。
4.”list partition[Enter]“と入力し、今度はEISA領域のパーティション番号を確認。
5.”select partition 番号[Enter]“でEISA領域のパーティションを選択
6.”delete partition override[Enter]“でパーティションを削除
で削除できるということだったので試してみましたが、見事にパーティションを削除できました。

2011年12月25日
Acer Aspire3100を使って外出先から自宅のパソコンを操作できるようにできるリモートアクセス機能について、いろいろ試していたのですが、自宅のパソコンだけではなくて、Acer Aspire3100もWindowsXP professionalエディションしするのが良いということだったので、Acer Aspire3100のOSもWindowsXP professionalエディションに入れ替えました。
時間はたっぷりとかかりましたが、すんなりと入れ替えできました。

2012年1月8日
自分のAspire3100から外した80Gのハードディスクを息子のAspire3100に入れ替えてWindowsXP Proをインストールすることにしました。
息子のAspire3100のハードディスクの底板を外してみたら、なんとSATAのハードディスクでした。同じAspire3100でIDEのハードディスクとSATAのハードディスクを使っている機種があるとはびっくりしました。誤算です。でもプレイステーション3から取り外したSATAの80Gハードディスクがあったので、それを利用することにしました。でもSATAだと大きな容量のハードディスクもあるし値段も安いので拡張性が高いので良いです。
なんのトラブルもなく、すんなりとOSをWindowsXP Proに入れ替える事ができました。

2011.12.24

Amazonはありがたい

このごろ新しい音楽に触れる機会が少なくなってFM放送をパソコンで録音して聴き始めたのですが,ミュージックマガジンの1月号(年間ベストアルバムの発表がある)は毎年買っています。
アメリカロックとイギリスロック,ワールドミュージックの1位のアルバムは聴いた事が無かったので,さっそくAmazonで注文しました。3枚で送料込3492円とお手軽価格で助かります。Amazonって本当にありがたいです。

2011.12.18

娘がスマートフォンにしたいと

2011年10月22日

娘がスマートフォンが欲しいという事で,いろいろ調べました。
今の契約はフルサポートプランで42ヶ月使っているのですが,誰でも割の更新が今年の8月だったので、他社の携帯電話に変更すると中途解約の違約金9975円の負担は避けられないようです。

最近,携帯電話のハードの価格って全然判らないんですね。どの機種が毎月どれくらいの費用がかかるか調べても全然判りません。なんか変な感じです。
auでiPhone4sの32Gを使う場合は,2年間継続の誰でも割のシンプルSSコースを利用して基本料980円,EZ WIN315円,iPhone4sの特別キャンペーン月額定額料4980円(24ヶ月を過ぎると5460円に上がる),iPhone4sのハード負担金820円(24ヶ月を過ぎると無料になる)で総額7095円+通話料ということでした。シンプルSSコースを使う場合は1050円分の通話料が含まれます。
今までためたポイントは最初の5ヶ月間2500円ずつ安くなることで還元されるそうです。家族間通話の無料があるのが良いです。
今より少し高くなりますが,たいしたことはないです。
ちなみに1050円分の通話料が含まれずau同士の通話1:00から21:00まで無料のプランも同額です。

NTTドコモに変えた場合は,2年間継続のひとりでも割50のタイプSS バリューコースを利用して基本料は980円,spモード月額使用料315円,バケホーダイフラットで月額定額料5460円で,その他にハード負担金ということなので,auと料金体系に差はありません。
NTT間無料のコース(機種限定)は月額700円ということです。ファミ割で家族間無料通話。その他にauから乗り換えた場合にはチェンジ割というのもあるようです。

2011年11月19日
娘のスマートフォンはNTTドコモになりそうです。俊の携帯電話も誰でも割の更新時の来年2月にNTTドコモに変えようかと思います。

2011年11月27日
AUから従来の携帯電話が来年7月で使えなくなるので,買い替えの勧めのパンフレットが届きました。今までは無料交換の機種は,ワンセグや音楽を聴く機能の無い機種だけだったのですが,今回初めて,ワンセグや音楽を聴く機能のある機種(京セラK009)が無料交換の対応機種になったので,AUとの契約を継続することにしました。本当は来年の2月に携帯電話の会社をNTTドコモに変更しようと思っていたのですけど。

自分の携帯電話をAU継続にすることにしたので,娘の携帯電話をNTTドコモにするメリットが無くなったのですが,娘の友人ではソフトバンクを使っている人が多く,ソフトバンクの携帯電話にしたいというので,希望通りにさせることにしました。ソフトバンクのアイフォンに変更した場合,パケット使い放題の料金がNTTドコモ,AU,ソフトバンクの中で最も安くつく事も判明しました。ちなみにNTTドコモの場合はハードの金額が高いので月額が最も高くつくようです。
ちなみに娘のAU携帯電話のポイントが1万5千円程度あるので,それを無駄にしないで済む方法がないか調べると機種変更の他に付属品(ACアダプタや充電池)と交換できるそうです。
その他に誰でも割を契約しなく機種変更して,すぐに解約して,他の回線で使用するという選択もあるのかもしれません。

2011年11月28日
さっそく自分の携帯電話を無料交換対象の機種(京セラK009)と交換してきました。最近の機種って,充電用の接続端子とイヤホンの端子が共有されているんですね? 結局余分なパーツを買わなければ,今まで通りの使い方ができませんでした。
ポイントが少しあったので,それを使おうと思ったのですが,ポイントは充電池とACアダプタ以外のパーツは店舗で使えないようです。その他のパーツはオンラインストアからの購入で,しかも5000円以下は送料がかかります。待つ余裕が無かったので,結局購入することにしたのですがAUショップに在庫がなくてオートバックスで購入しました。

今まで使っていた携帯電話は音楽を聴くのと、デジカメは使えるようです。但し音楽を聴くのは、今まではEZwebのソフトを利用していたのですが、それは使えなく、SDオーデイオプレイヤーという機能を使って聴くようです。音楽データも別の様式になるので、改めてその様式でデータを転送しないといけません。ちなみにSDオーデイオプレイヤーに対応のソフトって有料のものしかないようです。結局はデジカメ代わりにしかならないようです。

携帯電話は電話と,ワンセグ,Cメール,録音した音楽を聴くくらいしか使わないので,Eメールとネットの使用は出来ないように設定しておきました。
携帯電話の会社を変更する娘のポイントは自分と息子が使うパーツと交換することにしました。15000円分はかなりのものが買えそうです。100円ショップで300円で買えるものが3000円だったりして結構高いので,それほどありがたくないのですけど。しかも購入した機種の充電池がオンラインストア売り切れになっている・・・・

ついでにソニーの機種はどれくらいの料金で交換できるのか聞くと毎月40円以下で2年間ということでした。こっちのほうが良かったかなあ?
娘の携帯電話をソフとバンクに変更するに当たって,携帯電話を自分名義から娘名義に変更しようということで,名義変更の委任の書類ももらってきました。家族間で名義変更する場合は,その委任の書類と自分の免許証のコピーと娘の住民票を揃えて娘が身分証明書と印鑑をもって手続しないといけないようです。

2011年12月1日
娘のポイントを携帯電話のパーツと交換する手続きをしたのですが,パーツを送る前に解約手続きをしたら,発送を取りやめるということのようです。AUって本当にせこくて陰険だと思います。

2011年12月2日
ソフトバンクに電話したら、アイフォンの4S(32G)は予約でないと入手できなくて、今注文したら年末に入るということです。とりあえずは予約から始めないといけません。
ちなみにAUからソフトバンクに移行する場合は、月末がお得ですかときくと、途中で移行しても日割りで計算するので、いつ移行しても損得は無いと言ってました。
バケット定額も日割りで計算するのですかと聞くと、それは無いというのです。そうすると途中で移行すると、AUとソフトバンクの定額上限の金額を両方払わないといけないんじゃないですかと聞くと、それはそうだと言う事でした。AUにしてもソフトバンクにしても携帯電話の会社の人の言う事を鵜呑みにすると大損します。
ちなみにAUは利用料は月末で締めですが、ソフトバンクは締め日が10日、20日、月末の3通りあるとのことでした。
携帯電話の会社を変更(MNP)するには、最初に今まで使っていた携帯電話の会社のほうでの手続きが必要のようです。その手続きはインターネットでも可能なようで、今まで使っていた携帯電話の会社からMNP予約番号が発行され、2週間以内に変更手続きをしないといけないようです。
AUではMNP転出予約手数料2100円が請求され、ソフトバンクに入会する際に新規の契約事務手数料3150円がかかるようです。

ちなみに知人からの紹介でソフトバンクに新規登録すると知人にホワイトプラン基本料1ヶ月無料の特典があるそうです。

2011年12月5日
ソフトバンクで、アイフォンの4S(32G)を予約しました。1週間から1ヶ月かかるということです。1週間と1ヶ月では随分違いますよね。いいかげんな対応です。

2011年12月9日
ソフトバンクからアイフォンの4S(32G)が届いたと連絡がありました。それくらいで来るのなら予約時に納期わかるはずなのに・・・・・
19日までに契約をしないといけません。
完全に予定が狂いました。バケット料の定額分の最高額をAUとソフトバンクと両方に払わなくてはいけません。
ソフトバンクの締め日が10日、20日、月末の3通りあるとのことなので,AUをギリギリまで使うことにしました。
AUにMNP予約の申請をしました。

2011年12月18日
今日,ソフトバンクのアイフォンの4S(32G)を受け取りに行きました。締めは20日なのですが,今日から20日までの料金はバケット料も含めて日割計算になるそうです。18日19日20日で3日間なので月額定額料も10分の1程度の料金になるそうです。ちょっと安心しました。
アイフォンの4S(32G)のモニタ画面は傷つきやすいのでシールの購入が必要だったのですが,AUのポイントで交換しておけば良かったと悔やみました。
AUの携帯電話の電話とメールの登録もしてくれました。

2011.12.17

シグマのレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DCを購入しました

自動車以外で旅行に行くときにはPENTAX X70は広角28mmから超望遠624mmまで撮れて軽くて便利なのですが,充電池がすぐになくなるので困るんです。先日も京都旅行の途中で6個の電池が切れて不便でした。たまにしか使わないので充電池の性能を生かしきれていない面もあるのかもしれませんが,充電機能も不安定で充電したはずなのに数枚で撮れなくなる事もあります。
デジタル一眼レフカメラだとレンズを複数持って行くのが面倒だったのですが,腰にかけるカメラバックとシグマのレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DCを購入して自動車以外の旅行でもデジタル一眼レフカメラを使うことにしました。18-200mm F3.5-6.3 DC1本でほとんどの用途で使えるので、余分なレンズを持ち歩かなくても良いので助かります。18-200mm F3.5-6.3 DCはオークションで諸経費込みで17398円でした。
望遠は200mmなので超望遠624mmと較べると劣りますが,624mmまで拡大しても,それほど良い写真を撮れないからいいかなと思います。18-200mm F3.5-6.3 DCは思ったより軽かったので使えそうです。ただ,レンズに手ぶれ防止機能が付いていないので,撮影に注意が必要です。俊が持っているPENTAXのK-7も手ぶれ防止機構がボディに内蔵されているのでなんとかなるのかな?
フィルター径がØ62mmなので今まで購入したフィルターレンズは使えません。

2011.12.04

京都へ紅葉を見に行きました

12月3日に京都の紅葉を見てきました。
12月2日の深夜に金沢駅を出発して深夜バスで京都駅烏丸口に着いたのは5:10でトイレなどを済ませて、八条口にのなか卯で食事をして6:01発のJRで宇治駅に6:25に着きました。小雨が降っていてがっかりました。
外は暗かったのですが、照明が必要なほどではなくて、雨もあがっていてほっとしました。
6:40くらいから少しずつ明るくなってきて、宇治の町を一望できる仏徳山(大吉山)の展望台を目指しました。JR宇治駅から仏徳山(大吉山)の上り口までは18分ほどかかり、仏徳山(大吉山)の展望台までは15分ほどかかりました。仏徳山(大吉山)の展望台までの坂は広い道ですが舗装はしてなくて自転車では無理のようです。途中の坂には、モミジもあってモミジのトンネルのようになっていて紅葉が綺麗でした。
仏徳山(大吉山)の展望台には7:00ごろに着いたのですが、雨もすっかり上がっていて平等院も一望できて、とても美しい光景でした。

地元の人がすでにいて挨拶をすると、いろいろ話をしてくれました。毎日早朝に散歩に来ているそうで、家が近いからパンでも食べていかないかと誘われましたが食事を済ませていたので丁重にお断りしました。この時間になると随分明るくなって普通に撮影できるようになりました。
登るときは暗くて撮影できなかったのですが、降りるときには綺麗な紅葉を撮影しました。

仏徳山(大吉山)の登り口近くには紅葉の美しい民家の庭や、源氏物語ミュージアムがあるのですが、源氏物語ミュージアムの敷地にもモミジがたくさん植えてあり紅葉が美しいです。源氏物語ミュージアムに入館しなくても紅葉を楽しめるのでお奨めの紅葉スポットです。

その後、宇治上神社、宇治神社、興聖寺と周りました。宇治上神社では紅葉を楽しめましたが宇治神社には紅葉はありませんでした。

興聖寺は参道がモミジのトンネルになっていて紅葉の見所として知られていますが、境内も紅葉は無いながらも立派なものでした。今年は紅葉が遅いということで興聖寺の参道のモミジは上のほうだけが色づいていて下のほうはまだ緑が多かったです。

ついでだったので、橋寺放生院、恵心院、東禅寺も拝観してきました。恵心院の庭園はなかなかりっぱなものでした。ここまでは全て無料で拝観できるところばっかりです。

朝露橋と橘橋を渡って平等院に着いたのは8:55でした。平等院の拝観は8:30なので、すでに修学旅行の生徒など拝観者がそれなりにいて、ベストスポットで撮影するのに苦労しました。

300円別料金(一定時間内に50人限定)で鳳凰堂の内部も拝観できるのですが、通常の拝観料で見れる鳳凰館(博物館)で仏像を充分見たので入りませんでした。
平等院を50分ほど見学して,晴れ間もでてきたので,レンタサイクルを利用しようとJR宇治駅近くにある自転車屋(林田自転車商会)に行きました。料金は500円で1日中使えますが最初に1000円を支払い返却時に500円が戻ってくるというシステムになっています。林田自転車商会の自転車は変倍速ができないので,ちょっと心配でした。
林田自転車商会を9:55に出て天ヶ瀬吊橋には10:10に着きました。天ヶ瀬吊橋近辺では釣りをしている人が多かったです。

天ヶ瀬吊橋を自転車を押して渡り,少し上流の白虹橋近くではカヌーを楽しむ人が大勢いました。近くにカメラを構える人が何人もいたので動物でもいるんですかと聞くと鳥を撮っているということでした。
このあたりまで,ずっとゆるい登り坂道だったのですが,ここから天ヶ瀬ダムへ向う坂道はかなり傾斜が大きくて変速のない自転車では自転車を押しながら行くしかありません。途中で厭になって,通りがかりの人に天ヶ瀬ダムへ行く価値はありますかと聞くと,行く価値は充分で是非行って下さいと言われたので,頑張って行きました。受付で住所氏名を記入してダムに入っていきました。ダムから見える天ヶ瀬発電所を含む下流の光景は素晴らしかったです。苦労して来たかいがありました。

宇治市観光協会の宇治イラストマップを見ると天ヶ瀬ダム近くに靖国寺というのが掲載されていたので,近くまで寄ってみることにしました。靖国寺の下に靖国寺の境内の地図があったのですが,いくつも建物があり,凄くりっぱそうなお寺だったので拝観することにしました。坂を登っていっても拝観できるのですが,長い坂道を自転車で行くのが辛かったので,自転車を置いて急な長い階段を上っていくことにしました。やっとこ着いた靖国寺の境内はなかなかりっぱなものでしたが紅葉は楽しめませんでした。

再び階段をおりて,もみじ谷へ向いました。もみじ谷に入る道には特に表示もなく,なかなか見つからなかったのですが,東海自然歩道と書いてあるので間違いないだろうと自転車を置いて入っていきました。たしかにモミジはあちこちにありますが,モミジのトンネルというほどではなくて,ゆっくり散策するのが目的で,時々モミジが見れるという感じで行くのなら良いですが,モミジだけが目的だとがっかりするかもしれません。

結局,白山神社まで行って,帰りは普通の道路を通って自転車の置いてあるところまで戻りました。白山神社は観光と言う意味では魅力のある施設ではありませんでした。

モミジ谷の紅葉を見ようということでしたら,5分ほど入って途中で戻ってくるのが良いでしょう。
モミジ谷の登り口から平等院あたりまでは下り道なので楽で13分で行けました。
次は三室戸寺に行きました。こちらのほうも坂道になります。途中で足をつってしまい辛かったので,自転車を押して行きました。自転車では9分かかりました。三室戸寺は拝観料500円で,自動車だと駐車料金が500円かかります。
汗をかいてしまって,下着を肌に押すと冷たく感じました。即乾式の下着を着てくれば良かったと思いました。
三室戸寺は,敷地が広く,大きな庭園もあるのですが,多くの人は庭園の存在に気づかず,境内だけ見て帰っていくようでした。もったいないです。

三室戸寺から萬福寺へは,最短距離で行こうとすると,道がわかり辛いです。途中道に迷いながらたどり着きました。萬福寺は敷地が広いのですが,入口は一箇所だけなので,入口を探すのにも苦労しました。三室戸寺から萬福寺に行く場合は,遠回りになりますが,いったん大通りに出て行くのが良いと思います。三室戸寺から萬福寺には自転車で25分かかりました。徒歩で移動するのは,かなりキツイでしょう。
萬福寺の拝観料は500円で,自動車の場合は駐車料が別途500円(2時間まで)かかります。萬福寺には,モミジがそれなりにあるのですが,宇治からは離れているので,人がほとんどいなくて,時々観光客を見かけるという感じでした。

萬福寺を見終わって,JR黄檗駅近くのパン屋さん「たま木亭」に行きました,たま木亭は小さなお店で14:00頃だったのですがお客がかなり入っていました。結局4個買って一度に全部を食べてしまいました。最高に美味しかったです。
14:20に自転車を返却しました。
宇治に14:20だと直接嵐山に行っても予定していた祇王寺,厭離庵に入る時間には暗くなっていそうなので,計画を変更しました。とりあえず京都駅に寄ってお土産を買ってロッカーに預けて,東福寺近くの天得院に行くことにしました。天得院はライトアップがあるのですが,昼夜の入れ替えがないので,明るい時間の天得院とライトアップの天得院の両方楽しみ,ついでにゆっくりと休憩するという作戦です。
JR奈良線にトラブルがあったらしく列車が11分遅れになっていました。
京都駅で七味家本舗の七味,満月の阿闍梨餅,土井志ば漬本舗の漬物,おたべ,美玉屋の黒みつだんごを購入しました。 
京華堂利保のしぐれ傘も買いたかったのですが,販売されていなく,京都駅TheCUBEの京華堂利保のブースで聞いたのですが,もう無くなったということですが,後でネットで調べたら,しぐれ傘は本店でないと販売してないようです。不親切な店員でした。
お土産はコインロッカーに入れようということでコインロッカーを捜したのですが,帰りのバス乗車場に近いところに1個空いていました。ラッキーと思って使おうと思ったら使用時間が22:00まででした。バス発車の時間が23:40なので,22:00までに戻るつもりが無かったので他のロッカーを探しました。地下に23:40頃まで使えるロッカーがあったので利用しました。
京都駅を15:45に出発し,JRを利用して16:10に東福寺近くの天得院に着きました。天得院は,L字型の庭が唯一の見所の施設で,すでにそれなりの人数の拝観者がくつろいでいました。結局それらの人のほとんどは夜のライトアップの時間まで滞在していました。

だんだん暗くなって17:00からライトアップが始まりました。みんなライトアップ以前から暗くなるまで待っているので段々人が増えてきて足の踏み場も無いような状況でした。天得院ではライトアップの期間中は17:30からお坊さんのライブをやっていて座敷に機材を持ち込むのでなおさら混雑に拍車をかけました。暗くなってきたのでライブの途中で天得院を出ました。

JR東福寺から京都駅で乗り換えてJR嵯峨嵐山まで30分かかりました。
JR嵯峨嵐山駅で観光マップを貰って大覚寺を目指しました。観光マップには道路が1本省略されていて迷ってしまいました。途中で道を聞きながらなんとか大覚寺に着きました。嵯峨嵐山駅から大覚寺まだ徒歩で18分かかりました。
大覚寺のライトアップは,かなり広い範囲でライトアップが楽しめます。建物の中,邸内の庭,池など見所いっぱいです。ただ,大沢池のまわりは一部しか周れないようです。

大覚寺を1時間見て回り,再びJR嵯峨嵐山まで歩いていきました。バスに乗ったほうが楽なんですが,時間が余計にかかるのでJRを利用することにしました。
JR嵯峨嵐山から,再びJR東福寺に行きました。JR東福寺駅から徒歩で数分のところにある銭湯「泉湯」に行きました。
泉湯は京都駅からJRで行けて徒歩ですぐなので帰りを考えると安心です。泉湯の営業時間は24:00までなので深夜バスを利用する時には便利です。お風呂に入ってすっきりして,東福寺駅近くの大黒ラーメンに入りました。大黒ラーメンでは安くておいしい物をたくさん食べられて満足しました。
京都駅に戻ってコインロッカーからお土産を出そうと思ったのですが,迷ってしまいました。一度地上に出てから捜せば良かったのですが,足が痛かったので楽しようと思って,却って苦労することになりました。
深夜バスの出発時刻を23:20と思っていたので,早めにバス出発場所に待機していたのですが,本当は23:40出発だったので,かなり長い時間待つことになりました。途中少し寒かったです。ヒートテックは長袖のほうが良かったかもしれません。

家に帰って,12月には神戸三宮でルミナリエがあることに気づきました。京都から阪急鉄道で往復1200円で行けるので,そちらのほうに周れたら良かったと思いました。
京都紅葉のライトアップもおおかた周ったので,来年は京都に12月に行ってルミナリエも見てこようと思います。

大黒ラーメン 東福寺店

京都の紅葉を見て周り,深夜の高速バスに乗るまでに時間があったので,京都駅からJR奈良線で一駅の東福寺駅近辺で時間をつぶすことにしました。東福寺駅近辺には気楽に飲めるお店もあって京都駅に帰るのも時間の計算ができるので便利です。
泉湯に入ってすっきりした後に,大黒ラーメンに入りました。
大黒ラーメンにはラップがかかっていました。大黒ラーメンにはカウンター席とテーブル席がありましたが,お店の人からテーブル席を勧められたのでテーブル席に座りました。
大黒ラーメンのメニューを見ると,ラーメン470円,餃子200円,ライス100円,ライス大盛150円,キムチ100円,生ビール450円など随分リーズナブルな価格設定になっています。
最初にラーメン,餃子,生ビールを注文しました。
すぐにビールを持ってきてくれましたが,風呂上りの冷たいビールは本当に美味しいです。それほど待つことなくラーメンが出されました。大黒ラーメンの麺は細麺で,スープは昔ながらの中華そばの味なのですがどろっとした食感でした。ありそうで今まで経験したことのないスープでした。美味しいラーメンでした。

少し待ってギョーザも出されました。ギョーザも美味しかったです。

その後,生ビール,ギョーザ,キムチを追加で注文しました。大黒ラーメンでは安くておいしい物をたくさん食べられて満足しました。

他の客がライス100円を注文してましたが普通盛100円でもかなり量が多そうでした。

大黒ラーメンの場所はこちら  京都府京都市東山区本町13丁目246-1

JR黄檗駅近くのパン屋さん「たま木亭」

京都の宇治方面の紅葉名所をレンタサイクルで見て周ったのですが,宇治近辺での最後の目的地である萬福寺を見終わって,JR黄檗駅近くのパン屋さん「たま木亭」に行きました,
たま木亭は小さなお店で14:00頃だったのですがお客がかなり入っていました。店内にはチーズやクリーム,フルーツなどを使った多くの種類のパンが並んでいました。どのパンも1個200円前後で決して安くはないです。どのパンもとても美味しそうで,目移りして結局4個も買いました。ゆっくり食べる時間の余裕が無かったので,自転車に乗りながら食べました。「たま木亭」のパンの生地は基本的にフランスパンなので,歯ごたえが半端でなくて1個食べ終わると顎が疲れてしまいました。パンの生地自体は好みではなかったのですが,中に入っている具など味付けが抜群で,結局4個全部を食べてしまいました。最高に美味しかったです。

「たま木亭」には,少し離れた場所に4台程度停まれる駐車場があるようです。

たま木亭の場所はこちら    京都府宇治市五ケ庄新開14-91  

京都東福寺駅近くの泉湯

京都の紅葉を見て周り,深夜の高速バスに乗るまでに時間があったので,京都駅からJR奈良線で一駅の東福寺駅近辺で時間をつぶすことにしました。東福寺駅近辺には気楽に飲めるお店もあって京都駅に帰るのも時間の計算ができるので便利です。
そういう訳でJR東福寺駅から徒歩で数分のところにある銭湯「泉湯」に行きました。京都駅から近い銭湯もあるのですが土曜日が休業日だったりするのです。
泉湯の営業時間は24:00までなので深夜バスを利用する時には便利です。泉湯の入浴料は410円で,貴重品は受付で預かってくれます。受付から浴場は見えないようになっています(番台が無い)。泉湯の浴場にはサウナ,水風呂,薬湯,泡風呂,ジェット風呂,普通の浴槽(深い)があります。
ちなみに刺青の人2人が別々に入っていました。脱衣場でぶつかりそうになって,相手の人が「すみません」って言うので「いいえ」と言ったのですが,服を脱ぐと全身が刺青でした。物腰の柔らかい人だなと感じたのですがちょっとびっくりしました。

泉湯の場所はこちら    京都府京都市東山区本町10丁目192

Next »