「読み上げ可能な単語帳・単語カード」は便利なアプリ Android

「読み上げ可能な単語帳・単語カード」というAndroidアプリを見つけて使ってみました。

csv形式でのデータのインポート、エクスポートが可能なのでパソコンでの編集も可能です。
スマートフォン上での編集も可能です。
長文の登録もできるので問題集としても利用できます。
編集でのコピー&ペーストが可能です。データの表示順をランダムにもできます。
単語を3段階のレベルを設定できるので覚えていない単語だけの表示も可能です。
文字の表示サイズの設定も可能です。
スマートフォンの電源を切らなければ、リジューム機能も有効です。
複数の単語カードの登録も可能です。

最初に単語カードのデータを用意しておきます。
Androidのメールでcsvデータを受信した場合はcsvデータを保存しておきます。
メールでcsvデータを送る場合のファイル名は英数字だけが使えます。日本語名はダメなようです。
PCにcvsデータがある場合は、USBでAndroid端末と接続し、Android端末のメインメモリのDownloadフォルダ(他のフォルダでも大丈夫です)にcvsデータをコピーしておきます。

GooglePlayで読み上げ可能な単語帳・単語カードを検索してインストールします。

「読み上げ可能な単語帳・単語カード」を起動します。

右下の+をクリックします。

単語帳の名前を記入します。漢字でも大丈夫です。

単語カード名の右側のペンのマークをクリックします。

メニューが出てきます。
単語カードのデータが既にある場合は、インポートを選択します。

csvファイル選択をクリックします。

一覧でもブラウザでも該当のcsvファイルが表示されるはずです。
該当のcsvファイルをクリックします。

ファイルの文字コードはShift_JISを選択してインポートをクリックします。

確認がありますので、インポートをクリックしてインポートは完了です。
単語帳のデータ一覧の画面が表示されます。
データの右側の☆がランクになります。★の数で3段階のレベルを設定できますが、★無しを含めると4段階として使えます。

データをダブルクリックするとデータの編集や削除ができます。

編集の必要が無い場合は、画面を戻します。

単語帳のデータ一覧の画面で右下の暗記のボタンを押すと表示順の設定が出来ます。。

条件設定で表示させる☆の数を選択できます。覚えていない単語だけの表示や超難関の単語だけの表示など工夫次第でいろいろな使い方が可能です。

出題順の設定でランダムも選べます。

開始をクリックすると単語カードでの学習が始まります。

画面を左にスライドすると裏の画面が表示できます。

右にスライドすると前のデータに戻れます。
上の分数をクリックすると表示するページ数を指定して表示できます。
左下の点縦3個のマークをクリックすると、データの編集や文字サイズの設定ができます。
設定をクリックすると文字の色の設定もできます。

編集画面では、データの編集もできますし、データの★の数の設定もできます。
データをダブルクリックすれば、文字列のコピーやカットができます。
挿入したい位置でクリックすれば貼りつけのマークがでるので、クリックすればペーストできます。

編集が終わったら上の方のメモリのマークをクリックして保存します。

次回からは「読み上げ可能な単語帳・単語カード」を起動して、学習する単語カードを選択して、ダブルクリックして暗記をクリックして、表示順を選択して、開始でスタートです。

途中で学習を中止しても、スマートフォンの電源さえ切らなければ、リジューム機能が生きているので、中止した地点から学習を続けられます。

もうPANASONICの製品は買わない

先日、ネットでパナソニックのビデオレコーダー買ったのです。
他の製品と組み合わせて使うので、全部揃うまで開封しないでいたのです。
システムが全部揃ったので、いざ使おうと思ったら、画面が映らない。初期画面すら映らないのです。

購入先に連絡したら1週間過ぎてるので、お店での対応はできないのでPANASONICのサービスで修理対応になると言うのです。

それで、PANASONICのサービスステーションに持ち込んだら、大阪に送るので最低1週間から10日かかるというのです。
新品で開封時から使えないのに、この仕打ちは無いです。

もうPANASONICの製品は一生買いません。

一心堂のフルーツ大福

娘が大阪のお土産に、一心堂のフルーツ大福を買ってきてくれました。
イチゴ大福は、珍しくないのですが、イチゴの代わりにいろんなフルーツが入っているのは珍しいです。
イチゴ、ブドウ、キウイ、モンブラン、マスクメロンのフルーツ大福が入っていました。
家族で少しずつ分けて食べました。
個人的には、イチゴとマスクメロンが美味しかったです。でも1度食べればそれで良いかな。

UQモバイルのデータ高速プランを申し込んだ

2017年11月2日

俊はいまだにガラ携ユーザーで、スマートフォンは白ロムなのです。それでネット接続はWiFi環境だけでしか使えなかったのです。
UQモバイルが月額980円(税抜き)でどこでもネットが出来るというので申し込みしてきました。
随分前から申し込みしようとは思っていたのですが、いつ申し込みしてもその月は1か月分の費用がかかるので月始めまで待っていたのです。

ネットで、手続きもすべてできるお店を調べて、パソコンの館に行きました。
申し込みに行くと、不思議そうな顔をして、なんか調べていました。
そしたら、パソコンの館では端末を申し込みした場合にのみ手続きに応じる事になっていて、端末を購入しない場合は、SIMの販売だけで、手続きなどは別途ネットでしないといけないと言うのです。手続きにはカードの登録や身分証明書の照会も必要なはずなので、2度手間になってしまうので、断念しました。

それでUQモバイルのショップ(UQスポット)で申し込みすることにしました。金沢には2店あって、イオンタウン金沢示野のほうのお店に行きました。UQスポットにはお客はいなくて、店員も1人のこじんまりしたショップでした。
スマートフォン XPERIA SOL23 を出してデータ高速プランの申し込みお願いしますと言うと、こちらもあまり慣れていないようで、いろいろ電話で聞きながら手続きしてくれました。
数枚書類を記入して、カード番号を登録して、免許証のコピーをして、SIMを取付けてもらって、自分でスマートフォン端末の設定をしました。最初ちょっとスペルを間違えて動作しなくて焦りましたが、正しいスペルに訂正すると、あっさりと繋がりました。
SIM代金は3240円で、あとは月額1058円で、どこでもネットができます。
ちなみに XPERIA SOL23 は、5580円で購入したスマートフォンです。
XPERIA SOL23 ではUQモバイルのメールアドレスが使えないので、ちょっと残念でした。メールアドレスはたくさん持っているのですが、ゆうちょ銀行で携帯電話のメールアドレスを持っていないと振り込みに制限がかけられるので、あったほうが便利かなと思っていたのです。メール使用料は月額216円です。AUは月額300円なのでちょっとお得です。

実際にWiFi以外でネット接続してみましたが、なんかWiFiより速いような気がします。

2017年11月6日

今日、UQモバイルの契約して初めて外出時に接続しました。
WiFi環境の場所では、自動的にWiFiにつながり、WiFi環境で無い場所では自動的にUQモバイルの回線につながります。
たまにsoftbankのWiFiに繋がってしまった時は、回線を取り消さないと、どこにも繋がりません。
改めて使ってみましたが、UQモバイルの回線のほうが速いようです。

今のところ不満はありません。
AUの携帯電話が1か月1011円で、UQモバイルも1058円で合計の通信料は2069円です。これで電話も使えて、データ通信も使えるのでお得です。

2017年12月3日

UQモバイルのデータ高速プランは1か月3GBまでは高速でデータ通信ができるのですが、結局、最初の1か月の使用量は1GB程度でした。
UQモバイルのアプリを起動すると、前月の残の2GBが今月分に加算されて5Gになっていました。
データ通信に余裕があるので、メールのチェックは手動だったのを自動チェック5分に設定しました。
これで、メールが届いても気づかないという事は少なくなるかもしれません。

着信音と通知音とアラームの音量は最大にして、音楽、動画、ゲーム、その他mpメィアの音量は最小にしました。