Home > 2010/8

2010.08.29

冨木八朔祭礼

2010年8月22日
去年,富来の冨木八朔祭礼の本祭りに行ったのですが,本祭りは神輿が主役でキリコの数は少ないのです。やっぱりキリコが主役の初日の「お旅祭り」も見に行きたいということで,今年は行ってこようと思います。ついでに輪島から富来にかけての海岸線の調査もしてこようと思います。
28日の「お旅祭り」では大小約40基のキリコが参加します。
16:30ころから地頭町バス停近くの玉川薬局前を出発して,徐々に各町のキリコが合流し18:30ころから冨木八幡神社前に集合し始め19:00ころには集合が完了します。19:00から順番に冨木八幡神社境内に一気に駆け上ります。この時が最初の見所になります。
20:00には神事が始まり20:30に神事が終わります。
20:30にキリコが冨木八幡神社から住吉神社へ出発しはじめます。21:00に冨木八幡神社の神輿が出発して住吉神社に向います。
23:30ころに住吉神社に到着し,キリコは各町に帰って行きます。

撮影条件
SIGMA シグマ AF 20mm F1.8 EX DG RF ASPHではISO1600でF1.7かF2.0,シャッタースピード1/25秒か1/50秒での撮影。暗いところで動きが少ない場合はシャッタースピード1/15秒か1/10秒での撮影。
FA50mm1.4FのレンズではISO1600で絞りF2.0かF2.2,シャッタースピード1/60秒から1/90秒。離れた場所の静止キリコはF3.2,1/6秒。
PENTAX DA 14mm F2.8 EDのレンズではISO1600で絞りF2.8で,1/10秒から1/25秒で撮影。

ホワイトバランスCTEモードを試してみる

その他に寄る所
輪島の鴨が浦海岸から西保海岸,県道49号線沿いの門前・志賀町の海岸の調査

持ち物
シュラフ,着替え(下着,靴下,上下服),予備サンダル,折畳椅子,保冷BOX,デジカメ(K7,K100D,Optio M10,X70),デジカメリモコン,充電池,枕,ジャケット,リュックサック,三脚(クイックシュー),歯ブラシ,髭剃り,水,携帯電話用イヤホン,ティッシュペーパー,財布,メモ帳,ボールペン,名刺,ハンカチ,雨具,エアクッション,空気入れ,アイマスク,地図,資料,睡眠薬,超音波虫除け,釣用ベスト,帽子,風呂セット,雨具

2010年8月29日
冨木八朔祭礼に行ってきました。輪島から富来町にかけての海岸の写真を撮るために金沢を9:00に出発しました。カーナビで有料道路を使わないという条件設定で輪島へ行くルートを検索すると富来町・門前町経由で行くルートで案内されました。当然,穴水経由で案内されると思っていたので,驚きました。
最初に富来町の吹き上げの滝に行ってきました。吹き上げの滝は,案内看板を見て,何度か探したのですが海岸に下りる方法がわからなくて行けなかったのですが,樹木や雑草に隠れた階段の入り口を発見して海岸に下りて行き,なんとか見ることができました。もう少し判りやすい案内があっても良いのではと感じました。
吹き上げの滝の入口吹き上げの滝
増穂浦海岸の手前にある富来町の増穂浦海岸を一望できる荒木ヶ丘の展望台に寄りました。荒木ヶ丘の展望台はグランドボール場への案内看板に従って林道を登っていくのですが,途中自動車で交差できないかなり狭いところもありました。新林業構造改善事業総合案内所の裏にあります。展望台はちゃんとした展望台が整備されていました。増穂浦海岸の方向は樹木が手入れされていて美しい光景を見る事ができましたが,その他の方向は樹木が生い茂っていて見晴らしが悪かったです。せっかくなら,展望がきく方向だけでも樹木を伐採してくれると良いと思いました。材木にならないような雑木数本なんですけどね。
荒木ヶ丘から見た増穂浦海岸
荒木ヶ丘の展望台で撮影して,ヤセの断崖に行きました。前回もヤセの断崖に行ったのですが,地震前と地震後のヤセの断崖比較に必要な方向からの画像が欠けていたので撮影してきました。
その後,琴ヶ浜海岸,赤神漁港,道の駅赤神,藤浜ポケットパーク,黒島町の伝統建造物保護地区に寄り,ドライブインはまなすで食事をとりました。
黒島町の伝統建造物保護地区はかなり広いので歩いて周ると大変です。地震の影響で損壊した部分もありました。有名な2件の建造物のうち,1軒は無くなっていて跡地という感じになっていて,もう1軒は修復工事をしていました。
黒島伝統建造物保存地域
門前の樋の水で水を補給して,輪島の鴨が浦海岸へ行きました。
鴨が浦海岸
その後,袖ケ浜海岸,光浦海岸,ゾウゾウ鼻,小鵜入漁港,夫婦岩に寄りました。
袖ケ浜海岸
光浦海岸
そこで大変な事が判明しました。きまっし金沢でゾウゾウ鼻と紹介していた画像は実はゾウゾウ鼻では無かったのです。ゾウゾウ鼻より象に似ている岩(夫婦岩の近く)は実は無名な岩だったのです。
本物のゾウゾウ鼻象に似た無名の岩
            本物のゾウゾウ鼻                     象に似た無名の岩  
小鵜入漁港は民宿漁火の案内板を目指して行きました。狭くてカーブのある急な坂道を降りていきます。帰りはクーラーをかけていたこともあるのですが,1人しか乗っていないのに坂を上りきるのに自動車はヘトヘト状態でした。
小鵜入漁港
大沢町を通って再び門前経由で富来町に向いました。帰りに道の駅赤神でお土産を買って帰ろうと思っていたのですが17:00を越えたので開いているか心配だったのですが18:00まで開店しててお土産を購入できました。購入したいお土産は要冷蔵だったで,少しでも帰る時間に近いほうが良いと思って行く時に買わなかったので開いていて安心しました。ついでにソフトクリームも食べました。
夕食を食べる時間の余裕が無かったので,スーパーでパンを購入して富来庁舎に17:50に着きました。
18:15に最後尾のキリコに遭遇し,18:30に冨木八幡神社に着きました。キリコは車輪をつけて移動しているのがあったり担いで移動するキリコがあったり,いろいろでした。
冨木八朔祭礼
冨木八幡神社ではカメラを撮る場所取りをしている人は数人で,まだどこでも場所を確保できる状況でした。
トイレは道の駅とぎ海街道,領家町の蔵谷自動車近く(仮設簡易トイレ),冨木八幡神社近くにあります。
冨木八幡神社前には露店がたくさん出ていましたが飲み物の自動販売機が富来市街地に行かないとありません。飲み物は確保してから行くのがお勧めです。
19:00過ぎからキリコが冨木八幡神社に入場し始めて最後のキリコが冨木八幡神社に入ったのが21:30でした。キリコは1台ずつ順番に鳥居の横から冨木八幡神社に入場し境内で乱舞します。基本的には1台ずつ乱舞しますが2台で乱舞することもあります。
冨木八朔祭礼
キリコの乱舞は冨木八幡神社の境内でもありますが,冨木八幡神社の鳥居に入る前の道でも行われます。冨木八幡神社の鳥居に入る前の道の乱舞のほうが上から見えるので担ぎ手の顔の表情が見えて見ごたえがあるのです。
冨木八朔祭礼
今回は2回目の冨木八朔祭礼見学だったので,前回の教訓を生かし,冨木八幡神社境内,冨木八幡神社の鳥居に入る前の道,冨木八幡神社境内へ入る坂での撮影と,いろいろな場所での撮影をしてきました。
冨木八朔祭礼
21:45からキリコが冨木八幡神社境内から出て住吉神社へ向い始めました。最初3台の子供キリコが降りていきましたが,その後のキリコが降りるのに時間の間隔があいていました。神輿やその他の多くのキリコが住宅の在る地域に入ってくるのは23:15頃からでした。
冨木八朔祭礼
24:30に主だったキリコが住吉神社に入場し始めて住吉神社境内でのキリコ乱舞が行われました。24:40に神輿が住吉神社に入場しました。
25:00に神輿の神様が住吉神社の社殿に入ってキリコと神輿の乱舞は終了します。住吉神社境内でのキリコ乱舞も入場したキリコが順番で行われて多くても2基のキリコでの乱舞になります。神輿と2基のキリコの乱舞が最多の競演だったと思います。
冨木八朔祭礼
住吉神社へは全てのキリコが入場するわけではなくて,一部のキリコだけの入場になります。
富来庁舎に戻って,汗でびっしょりの服を着替えして25:30に睡眠薬を2錠飲んで,すぐに熟睡しました。
3時間30分ほどで目が覚めて,西海地域の海岸の撮影をして金沢に帰りました。熟睡したはずだったのですが,途中眠かったりして,家に帰ってから日中寝てばかりいていました。かなり疲れていたようです。

これで今年の能登祭りの見学は終了です。
でも来週はおわら風の盆見学です(笑!)。

2010.08.25

のとじま水族館のジンベエザメ

のとじま水族館に8月20日よりジンベエザメが公開されて9月1日より料金が1800円(現在1320円)に値上げされるということで,能登に仕事に行ったついでにのとじま水族館に寄ってきました。のとじま水族館は能登島大橋から20分かかりました。
夏休みですが平日なので空いていると思っていたんですが,甘かったです。駐車場にはかなりの自動車が入っていました。考えることはみんな一緒で値上げ前にジンベエザメを見ておこうと考えていた人が多かったみたいです。
インターネットで割引券をダウンロードして1180円で入場しました。入場券を購入して最初に入るところがジンベエザメの水槽の在る「ジンベエザメ館 青の世界」になっていました。ジンベエザメ館自体がそれほど大きな建物ではなかったのですが,水槽はそれなりに大きく感じました。ジンベエザメ館の水槽にはジンベエザメやその他の魚やエイやサメが泳いでいました。
のとじま水族館のジンベエザメ
照明のせいか水槽の構造のせいか,水の透明度が低く,ジンベエザメやその他の魚がそれほど鮮やかには見えません。青の世界っていうことで青っぽさが強調されています。ジンベエザメは5mということで,それほど大きくは無いと思っていましたが,それなりに大きいと感じました。でも水槽の水の透明度が低いせいでインパクトに欠けます。海遊館のジンベエザメはもっと,くっきりはっきりと見えたはずだと思ったのですが,どうなのかなあ?
ジンベエザメの撮影はちょっと難しいかもしれません。広角で明るいレンズが必要だと思います。AF 20mm F1.8でISO1600でF2.5,シャッタースピード1/30秒で撮影したのが一番綺麗でした。フラッシュ撮影は禁止です。
ジンベエザメを水槽近くから撮影するよりも,水槽から離れて撮影するほうが綺麗に撮れてました。水槽から離れてジンベエザメとジンベエザメを見る人を一緒に写すとジンベエザメの大きさを表現できて良いと思います。
のとじま水族館のジンベエザメ
のとじま水族館のジンベエザメ
のとじま水族館のジンベエザメ
のとじま水族館のジンベエザメ
のとじま水族館のジンベエザメ
のとじま水族館のジンベエザメ
のとじま水族館のジンベエザメ
入館して最初にジンベエザメを見れる場所が混みあうのはどこも一緒だと思いますが,のとじま水族館のジンベエザメ館では最初にジンベエザメを見れる場所がジンベエザメを見る一番良い場所なので混雑に拍車をかけているようです。ジンベエザメ館の水槽は円柱の水槽をぐるっと周って,いろんな方向から段々下がりながら見るのですが,ジンベエザメは水面に近いほうを周るので下の方になると下から見上げる感じになります。ジンベエザメの背中には魚(コバンザメ?)がくっついていました。
この水槽はジンベエザメの魅力を生かしきれていないので,勿体無さを感じました。これではジンベエザメ目的のリピーターの確保は難しいのではないかと思います。
「ジンベエザメ館」を見た後,一通り周ってきました。トンネル水槽はイルカのプールにつなげてあり,イルカが泳いでいるところも見られます。以前来たときにはトンエル水槽とイルカのプールは繋がっていませんでした。
のとじま水族館のトンネル水槽
ペンギンが見れる場所が2箇所あって,時間によってペンギンが観覧者の通る通路を一緒に歩いたりもしてました。
のとじま水族館のペンギン
ラッコの水槽は,ラッコがあまりはっきりとは見えません。もっとはっきり見えるように工夫が必要だと思いました。
のとじま水族館は魚の展示自体は地味であまり見所は無いのですが,くらげの水槽は綺麗でした。AF 20mm F1.8のレンズでシャッタースピードを短く撮影して綺麗に撮れました。以前,コンパクトデジカメで撮影に苦労したのが嘘のようです。
のとじま水族館のくらげ
熱帯魚の水槽でクマノミとイソギンチャクが入った水槽は,熱帯魚屋さんでも見れるのですが,やっぱり美しいです。もう少し,大きな水槽で展示してくれると良いです。ちょっとしたロビーの展示に負けています。
のとじま水族館のクマノミ
アシカとイルカのショーは何度見ても楽しいです。
のとじま水族館のイルカ

2010.08.21

東京へ日帰り出張

2010年7月8日
8月に東京に日帰り出張に行く予定ですが,朝早くに東京に着かないといけないので,夜行高速バスを利用しようと思います。

金沢~東京間の激安高速バスは以前からあったのですが,最近は3列シートでトイレ付の夜行高速バスでも格安の便が出てきています。
JR高速バスは21早割(予約は1ヶ月と1日前から21日前まで)を利用すると片道5100円(通常料金7840円)です。東京駅(6:13),上野駅(6:38)に停車します。池袋,新宿に停車する便もあります。

MKツアーランドでも2010年7月2日より金沢~東京間3列シートでトイレ付の夜行高速バスが片道5500円,往復10000円で運行されます。新宿駅(6:20),東京駅(6:50),東京ディズニーランド(7:30)に停車します。ネックピロー(枕)が用意されてるようです。

仕事の関係で上野のほうが都合が良いのでJR高速バスのほうが良さそうです。帰りの上野駅発は22:10。

浅草のホッピー通りの「居酒屋とん平」,御徒町の銭湯「燕湯」

持ち物
傘,デジカメ,お風呂道具,歯ブラシ,髭剃り,本,教科書,マーカーペン,シャープペン,鉛筆,消しゴム,空気枕,アイマスク,携帯電話,携帯電話のイヤホン,眼鏡ケース,フリース,トイレの紙,小さいポーチ,マスク,耳栓,地図,バス切符,睡眠薬

2010年7月20日
JR高速バスの21早割は月曜~木曜(祝日、祝前日及び夏休み等の繁忙期を除く)という制限があったので断念しました。MKツアーランドで予約することにしました。
MKツアーランドは通常,楽天トラベルでも予約できるのですが,3列ゆったりシートの予約はできませんでした。MKツアーランドのホームページを見たら,基本は電話で予約して,振込用紙が送られてきてから,送金するという手続きになります。振込みの控えが乗車券になるということでした。
ネット送金の場合は,振り込み画面の印刷で良いとの事です。ゆうちょの口座もあるので送金料がかからなくてすみます。さっそく予約電話をしておきました。

2010年7月22日
MKツアーランドから振込用紙が送られてきました。郵貯の場合は窓口で送金しても送金料無料でした。さっそく送金しました。

2010年8月10日
カナショクに給油しに行ったらMKツアーランドのバス運転手の募集をしていました。
MKツアーランドのバス運転手って正社員扱いでは無いんですね。ちゃんと社員教育とか訓練とかしてるんだろうか?かなり不安です。

2010年8月14日
MKツアーランドの3列高速バスで東京まで行ってきました。
金沢駅西22:30発ですが22:10にはバスが金沢駅に着いていました。特に送金伝票の提出は求められませんでした。1番前の運転席の後ろの席でした。
椅子についての説明書などはありませんでした。枕と毛布とスリッパが用意されており,スリッパは持ち帰り自由でした。冷房はかなり効いてて毛布をかけて眠るのがちょうど良いくらいでした。枕はまあまあ使いやすく,エアー枕は用意していかなくても大丈夫でした。フットレストはありますが位置が低くて,一番前の席という事もあって足元が窮屈でした。後ろの人が足が長い人だったので,あまり傾斜もできなく全体的に窮屈感が強かったです。アイマスクとマスクをして携帯電話で音楽を聞きながら最初睡眠薬を1錠飲んだのですが,眠れそうも無く,もう1錠飲んで5時間熟睡しました。
MKツアーランドの高速バスは2時間おきにパーキングで休憩をとりますが,特に車内放送はしません。フロンドガラスに出発時間の掲示をかかげます。
4:30に高坂サービスエリアに停車したので,歯磨きと髭剃りをしました。
予定より25分早く6:25に東京駅に着きました。
バスを降りたところには,吉野家やなか卯があったので,なか卯で親子丼とミニうどんのセット590円を食べました。なか卯の親子丼は美味しいです。
東京駅から御徒町まで移動し,銭湯の燕湯に行きました。途中,駅の中のトイレに入りましたが,トイレにトレットペーパーがついていました。JRのトイレにはトレットペーパーがついていないと思っていたのですが,改札した中のトイレだけトイレットペーパーがついているのかな?そういえば仙台の駅では改札外のトイレにもトイレットペーパーがついていました。最近はJRのトイレの全てにトイレットペーパーがついているのかな?
燕湯は朝6時から営業していている東京でも貴重な銭湯です。液体石鹸とシャンプーは持って行ったので入浴料450円と貸しタオル20円を支払って入浴しました。前回は,それほど熱い湯ではなかったのですが,今回はかなり熱い湯でした。銭湯に入りすっきりして講習会が行われる会場に向いました。
会場の近くに食べ物屋さんが少ないと聞いていたので,コンビニでパンを買っていきました。
高速バスでの車中泊でしたが,途中いねむりすることなく,無事試験も終了する事ができました。丸一日の講習を終えて,浅草ホッピー横丁の居酒屋とん平に行きました。牛スジ煮込み650円とピリ辛キムチポッカ(小)600円,チャンジャ600円とチジミ600円を注文して生ビール2杯飲みました。浅草ホッピー横丁の居酒屋とん平は,かなりの有名店ですが,値段も有名店価格のように感じました。味は美味しいのですが,人気店であるという期待の大きさと値段の高さから,それに見合うだけの満足感は得られませんでした。次回,浅草ホッピー横丁に行く時には他のお店で飲みたいと思いました。
バスの時間には早かったのでJR東京駅地下の待合フロアーで時間をつぶすことにしました。東京子供達から東京ばな奈をおねだりされてたのですが,荷物が増えるのもイヤだったし,ぎりぎり最後に買って帰ろうと思って,東京駅地下街でいいものが無いかと,いろいろ探していたのですが,22:00にあちこちのお店のシャッターが一斉に降りだしました。
キオスクも閉店して,残ったキオスクには東京ばな奈が売っていなくて,かなり焦りました。やっとのことでコンビニに東京ばな奈を売っているのを見つけ買いました。危なかったです。

日帰りで夜,東京駅からMKツアーランドの3列高速バスに乗りました。東京駅のバス乗り場は,東京八重洲口でブリジストン美術観の向かい側の通り3丁目バス停付近です。冬は寒空で辛そうですが,夏だから特に問題ありません。22:50の予定より早く22:40にMKツアーランドのバスが到着しました。東京駅出発の人数が揃ったので,早めに出発になりました。
帰りも同じ一番前の席で足元が窮屈でした。後ろの人が足が長い人だったので,あまり傾斜もできなく全体的に窮屈感が強かったです。

疲れていたので帰りは睡眠薬1錠で寝れるかなあと思っていたのですが,アイマスクをして携帯電話で音楽を聞きながら最初睡眠薬を1錠飲んだのですが,眠れそうも無く,結局もう1錠飲んで熟睡して帰りました。途中,喉が乾燥したのでマスクをしました。
翌日は,それほど疲れが残らなかったように思います。

居酒屋とん平 浅草ホッピー横丁

前回,三社祭で混雑していて入れなかった浅草ホッピー横丁の居酒屋とん平に行ってきました。21時頃でお客が多かったのですが,カウンターに空き席があったので座りました。最初に生ビール650円を頼むとグリーンピースの付け出しが出ました。
牛スジ煮込み650円とピリ辛キムチポッカ(小)600円を注文しました。
居酒屋とん平のスジ煮込みは大根が一杯入っていて,味はしみこんでいましたが,和風な味付けであっさりしていました。
居酒屋とん平の牛スジ煮込み
ピリ辛キムチポッカはキムチと豆腐と豚肉の鍋という感じの料理です。
居酒屋とん平のピリ辛キムチポッカ
ピリ辛キムチポッカのほうが味が濃いので両方注文する場合はスジ煮込みを食べてから,しばらくしてピリ辛キムチポッカを注文するのが良いです。
その後,生ビールを追加で頼んで,チャンジャ600円とチジミ600円を注文しました。
チャンジャはイカのキムチって感じの料理で少し生臭さがあって,完食するのに苦労しました。
居酒屋とん平のピリ辛チャンジャ
チジミはお好み焼きのようなおでんの練り物のような感じでピリ辛のタレをつけて食べます。
居酒屋とん平のチジミ
居酒屋とん平の料理は全体的には美味しかったのですが,値段がかなり高めで,そのわりには味は感動するほどではなかったので,今度,浅草ホッピー横丁に行く場合には他のお店で飲みたいです。ただ,居酒屋とん平は店員も多く注文しやすく,感じの良いお店だし,料理の種類も多いので浅草ホッピー横丁観光には最適のお店なのかもしれません。

居酒屋とん平の場所はこちら  東京都台東区浅草2-3-17

2010.08.17

沖波大漁祭り

2010年8月17日
今日,明日と穴水町で沖波大漁祭りがあります。沖波大漁祭りでは初日の夜には夜中過ぎまでキリコを巡回します。沖波大漁祭りでは朝にキリコを担いで海に入るのが一番の見所ということです。
明日は能登での仕事なので早めに行って見てこようかなと思います。
明日の沖波大漁祭りは9:00から11:00までのようですが,海に入るのは10:00頃だということです。場所は沖波の立戸海水浴場のようです。
K100D,X70で撮影しようと思います。K100Dは標準ズームレンズだけ持って行きます。

2010年8月18日
今日,早めに出て沖波大漁祭りに行ってきました。7:15に出発して国道8号線,能登有料道路を経由して沖波の立戸海水浴場に9:00に着きました。沖波近くの海岸線沿いの道路は,かなり狭くて自動車が交差できない部分も多いです。特に臨時駐車場の看板が無かったのですが,自動車が駐車された空き地があったので,駐車しました。三重県からカメラ撮影のバスツアーも入っていたりして,沖波の立戸海水浴場にはカメラマンがかなり大勢いました。
今日は日差しが強かったので,日陰になるところで待機してました。
9:45に最初のキリコが立戸海水浴場の砂浜に入ってきました。キリコは5基なのですが,担ぎ手が足りなく,星陵大学の学生達がバスで乗り付けて担ぎ手の手伝いをしていました。それでも担ぎ手が足りなくて1基のキリコを担いだ後に,再び戻って別のキリコを担いでいるような状態です。
沖波大漁祭り
10:00にキリコが立戸海水浴場に揃いました。
沖波大漁祭り
10:05から太鼓演奏が始まりました。
沖波大漁祭り
太鼓は打ち手が交代して代わる代わる演奏します。太鼓の演奏は8分程度で終わり,合図の笛が鳴って,キリコが1基ずつ順番に海に入ります。キリコが海に入るときの撮影のベストポイントは海の中です。沖波大漁祭りの撮影には靴は向いていません。海に入っても良い準備をしておいたほうが良いようです。
沖波大漁祭り
ここで3人組のカメラマンが海に入ってキリコのすぐ近くに陣取って近距離から撮影して離れません。砂浜から撮影していた人数人から,どいてくれるように注意されて,「なんやっちゅうげん」と逆に怒鳴り返して怒号が飛び交っていました。祭りの撮影をする人には迷惑を気にしない人が多いので,こういうことが多いのです。
沖波大漁祭り
キリコが順番に海に入りますが,担ぎ手が足りないので,海に入ったキリコをそのままにして,砂浜に戻り,他のキリコを担いでまた海に入ります。
テトラポットのある場所より手前のところで,しばらくキリコを担いで移動したり,水をかけあったり,キリコの上で太鼓を鳴らしたりしてました。
沖波大漁祭り
沖波大漁祭り
キリコが海に入り始めて50分後,11:05に笛が鳴らされて,キリコが1基ずつ順番に砂浜に戻っていきます。こちらも担ぎ手が足りないため,同じ人が浜から海に戻り,他のキリコを担いだりしていました。
沖波大漁祭り
11:08に最初のキリコが砂浜に上陸して11:30には全てのキリコが砂浜に上陸しました。地元の人がスイカをたくさん持ってきて担ぎ手の頑張りを慰労していました。星陵大学の学生さん達も,お疲れ様でした。

沖波大漁祭りの場所はこちら

2010.08.15

西海祭りに行けなかった

今年も西海祭りに行こうと思っていたのですが,天気予報で雨っぽい予想だったので断念しました。ギリギリまで迷っていたのですが,去年も行ったし,雨でデジカメが濡れるのもイヤだったし,お盆で道路が混んでいそうだったので能登の海岸の調査も無理っぽかったので。それにうさぎの世話もしなければいけなくなったし,今週東京に行くにあたって講習会の予習もしないといけなかったので今年は諦めました。
西海祭りは,能登の祭りの中でもお気に入りベスト3のお祭りだし,去年はデジカメなど夜の祭りを撮影する環境が整ってなかったので,今年はちゃんとした撮影をしたかったのですが・・・・・   来年は行きたいです。

2010.08.11

明専寺のサルスベリと水琴窟

2010年7月21日
白フジで知られる宝達志水町の明専寺はサルスベリも美しいということで行ってきました。見頃は8月上旬ということでしたが,金沢市内のサルスベリはもう咲いているので下見ということで行ってみました。
でもまだ咲いていませんでした。8月に入ってからのほうが良いみたいです。
せっかく来たのでということで庭を見てこようとしたら水琴窟の石碑のところに水琴窟は後の庭園にありますとの説明書きがありました。前回,説明書きが無く諦めたのですが,明専寺の住職さんは「きまっし金沢」の記事を読んだということなので,水琴窟の事もわかりやすいように配慮されたのだと思います。
通常の水琴窟は竹筒に耳をあてて聞くのですが,明専寺の水琴窟は前にいて心静かにすることで不思議な音が聞こえてきました。これは凄いです。
庭は季節外れで山野草とかは見れなかったのですが,水琴窟の音が聞こえただけで大感激です。
8月に入ってから再訪したいと思います。
明専寺の水琴窟

2010年8月11日
今日はサルスベリが見頃ということで,明専寺を再訪しました。今朝の北国新聞,北陸中日新聞の能登版で明専寺のサルスベリの記事がのったということで,何人かの人が見学に来てました。今朝から,入れ替わり立ち代わりで見学者が訪れていたようです。
何枚か撮影してから住職に挨拶してきました。以前,住職と電話をしていて,訪れた時に挨拶に行く旨,約束してあったのです。
座敷から庭を見ながら,いろんな話をしていたのですが,水琴窟の話をしている時に,偶然,その水琴窟を作った庭師のひとが訪れて話を聞きました。
水琴窟は庭師の人が依頼を受けて,住職に相談したのが始まりで,石川県内にいくつか設置したそうです。
最近では和倉温泉の足湯公園や西茶屋街の飲食店に設置したそうです。下世話な話ですが,水琴窟1個いくらくらいするのですかと聞くと,100万円くらいだということでした。
明専寺の庭には,カノコユリやツルガネニンジンソウなどが咲いていました。
明専寺のサルスベリ

羽咋郡宝達志水町菅原エ87  明専寺の場所はこちら

眼鏡市場

2010年8月11日
眼鏡が合わなくなって,デジカメのマニュアルフォーカスのピントを合わせるのに不便なので眼鏡を買い替えることにしました。
前回は弐萬圓堂で買ったのですが,眼鏡の検眼調整が雑なので,今回は眼鏡市場で買うことにしました。
眼鏡市場ではフレームは自社製品しか無いですが,検眼調整は結構しっかりやってたので安心していられました。
傷がつきにくいということで,ガラスレンズで頼んだのですが,盆の時期という事もあって10日間くらいかかるそうです。
18900円でした。

2010年8月21日
眼鏡市場から眼鏡ができたと電話があったので,行ってきました。できた眼鏡を装着してみたのですが,すっきりしません。近眼のほうは真ん前は綺麗に見えるのですが,ちょっとずれるとぼやけて見えるのです。遠視のほうも目を対象物に近づくとぼやけて見えるのです。呆然としました。
とりあえず,近眼のほうが今より不都合なので,そっちのほうから原因を調べてもらいました。眼鏡の枠を変形したりいろいろ試してみたのですが,多少の改善はあったものの,根本的には大差ありませんでした。現在している眼鏡を調べたら,レンズはHOYA製で,眼鏡市場が選んだNIKON製の遠近両用タイプのレンズははっきり見える視野が極めて狭い事がわかりました。遠視のほうはレンズが弱めだったようです。
そういう訳で,HOYA製のレンズに交換してくれる事になりました。遠近両用レンズの場合,遠視と近視を両方ベストな強度にすると,歩く時に揺れる感じがするということで,遠視と近視のどちらかを犠牲にしないといけないんだそうです。実際に,近視と遠視の両方とも最善な状態のレンズの眼鏡をかけると,揺れる感じがして眩暈がしそうです。
前回は近視の視力を優先してレンズを調整したので遠視が物足りなかったと言う事です。でも遠視も近視も現在使っている眼鏡より度を強くしたはずなのに近くが今までより見えないのは,どちらにせよ,おかしな話です。不思議です。
最終的にはHOYA製のレンズで遠視の度を強くして,近視の度は今使っているレンズと同じ度数のレンズにすることにしました。なんかすっきりしませんが仕方ありません。乱視も少しあるので,そっちのほうも関係があるような気もするのですが・・・・・・・  でも前回,乱視のほうもちゃんと検査したので,問題ないはずだし・・・・

2010年8月27日
眼鏡ができたということで取りにいきました。レンズが新しいせいか明るくて見やすいです。近距離で見やすくなったので,良かったです。
3ヶ月間はレンズの度の変更が無料だそうです。

2010年12月2日
最近,遠視の度が進んで,ちょっと見にくくなってきたのですが,確か3ヶ月までは1回に限りレンズを無料交換できるということで,いつ購入したんだったのかなあと思いながら2週間。確認したら購入が8月27日で,つい先日3ヶ月を越えていました。バカだなあ(苦笑!)

2010.08.08

石崎奉燈祭と宝立七夕キリコ祭り

2010年7月29日
石崎奉燈祭と宝立七夕キリコ祭りに行こうと思います。
本当は石崎奉燈祭へは8月7日の本祭に行くのが良いのですが,宝立七夕キリコ祭りは毎年8月7日なので今年は石崎奉燈祭に関しては前夜祭で我慢しようと思います。
8月6日(金)の石崎奉燈祭は大キリコは19:00から19:45と20:15から23:00です。和倉温泉駅近くで行われます。早く終わるので,一度帰宅しようと思います。
駐車場はイソライト工業,のと楽横県有地,村田製作所です。
8月7日(土)の石崎奉燈祭は大キリコは14:30から18:40と20:00から24:00です。
8月7日(土)の宝立七夕キリコ祭りは見附海岸で18:00から23:00頃までです。19:30に鵜飼川の河口(キリコ広場)に集合し22:30ころに海に入り花火が打ち上げられるようです。宝立七夕キリコ祭りの駐車場は見附海岸,鵜飼駅前,珠洲実業高校,宝立中学,珠洲保険所です。

デジカメK7のマニュアルホワイトバランスを試してみようと思います。
DA18-55mm F3.5-5.6 AL ⅡではISO1600,焦点18mm,F3.5,シャッタースピードは対象物によって1/10秒から1/60秒で撮影。
SIGMA シグマ AF 20mm F1.8 EX DG RF ASPHではISO1600でF1.8かF2.0,シャッタースピード1/25秒より短い時間での撮影。
FA50mm1.4FのレンズではISO1600で絞りF2.0かF2.2,シャッタースピード1/60秒から1/90秒。
花火時はISO100,F10,焦点∞,シャッタースピードオート

その他に寄る所
関野鼻から県道49号線沿いの海岸の調査

持ち物
シュラフ,着替え(下着,靴下,上下服),予備サンダル,折畳椅子,保冷BOX,デジカメ(K7,K100D,Optio M10,X70),デジカメリモコン,充電池,枕,ジャケット,リュックサック,三脚(クイックシュー),歯ブラシ,髭剃り,水,携帯電話用イヤホン,ティッシュペーパー,財布,メモ帳,ボールペン,名刺,ハンカチ,雨具,エアクッション,空気入れ,アイマスク,地図,資料,睡眠薬,超音波虫除け,釣用ベスト,帽子,風呂セット,雨具

2010年8月7日
昨日,石崎奉燈祭の前夜祭に行ってきました。18:50に和倉温泉駅からすぐ近くのイソライト工業に自動車を駐車しました。駐車している自動車は,数台でした。19:00前に和倉駅に着くと大きめのキリコと小さいキリコが並んでました。
石崎奉燈祭
露店がいろいろ並んでいました。それほど見物人は多くなく,19:05に大きいほうのキリコ1台だけが出発し和倉駅前を一周しました。数メートル移動しては一休みという感じでゆっくり移動して19:45には元の位置に戻り休憩になりました。
石崎奉燈祭
20:15から大きいほうのキリコが石崎の町の巡回に出発しました。
石崎奉燈祭
すると突然,キリコの灯りが消えてしまいました。トラブルがあったようです。
しばらく和倉駅前で待機していたのですが,なかなかキリコが来そうに無かったので,待つのを断念して,キリコを追っかけていきました。相変わらずキリコの灯りは消えたままでした。
休憩の時間に,一生懸命灯りの復旧に頑張っていたようですが,なかなか治りませんでした。それでも懸命の復旧作業の結果再び灯りがついて,和倉駅に向いました。
石崎奉燈祭
22:00に和倉駅前に戻り22:30に和倉駅前の最初の場所に戻り石崎奉燈祭の前夜祭が終わりました。
石崎奉燈祭
イソライト工業の駐車場に戻ると自動車は1台も残っていませんでした。
石崎奉燈祭の前夜祭は石崎奉燈祭の予告編みたいなもので,あまり石崎奉燈祭の魅力を感じさせるものではありませんでした。やっぱり本祭を見ないと石崎奉燈祭を見たうちに入りません。
金沢に着いたのは24:00でした。

2010年8月8日
昨日,宝立七夕キリコ祭りに行ってきました。
15:00に金沢を出発して,能登有料道路を利用して,途中コンビニに寄って夕食をして宝立中学校の駐車場に着いたのは17:50でした。
途中コンビニは天坂西(宇出津に向う交差店),松浪西(松浪の市街地に向う交差点)のほかに見附島へ向う金峰寺交差店にもありますので,慌てて食料を先に買っておかなくても大丈夫です。
宝立鵜飼の会場(キリコ広場)には,すでに数台のキリコが集合していました。
宝立七夕キリコ祭り
地元に人に呼び止められて,写真を何かのコンクールに出すのか聞かれたので,ホームページに掲載しますというと,写真を撮って掲載して欲しいということなのでリクエストにお答えして(笑!)
宝立七夕キリコ祭り
海には3箇所,松明が設置されていました。撮影の場所はどこが良いかを知るために花火の打上場所を確認しました。水上花火は松明の近くで,打上花火は川の対岸の堤防のところだということでした。
宝立七夕キリコ祭り
18:30に花火の号砲が上げられ,残りのキリコが会場に向かい,舞台では子供達の演技が行われていました。
宝立七夕キリコ祭り
大きなキリコは6台あり,勢揃いしたキリコを川の対岸まで行って撮影しました。
宝立七夕キリコ祭り
20:00から4台のキリコが移動して,橋を渡った広場に集合しました。キリコは1台ずつ順番に所定の場所で待機してました。
宝立七夕キリコ祭り
宝立七夕キリコ祭り
21:05に橋を渡った広場から再びキリコ広場に向いました。
宝立七夕キリコ祭り
それにあわせて,海中キリコを撮影する場所の確保に向いました。砂浜の松明の設置してあるところには観覧席が設けられていて,その後ろには仮説トイレが設定してありました。飲食物も販売されていて,飲食するためのテントも設定されています。観覧席は有料で,桟敷席が3000円とか4000円とかしてました。その料金は1人分ではなく,4人の料金のようです。観覧席は,かなり高い所に設定されていて,キリコが海に入るの邪魔にならないよう砂浜は十分な広さを確保されているため,一般の観客が見るのに観覧席が邪魔に感じるということはありません。
21:20には,すでに撮影の場所取りをしている人がいました。砂浜には1台の小さなキリコが置いてありました。このキリコは他のキリコが海に入る時の目印にもなっているようで,そのキリコより手前から他のキリコが海に入ります。
つまり,その目印のキリコの手前に場所取りをしていても,どかされますし,位置的に打上花火とキリコを一緒に撮影することはできません。
ちょうど良さそうな場所に三脚を低めに立てて待機しました。
しばらくすると,つるつる頭のカメラマンが目の前に三脚を立てだしたのです。どうも業務での撮影のようで,後ろに人が何人か待機しているのに平気で高い三脚を立てているんです。あまりにも常識外れな行為で最初何をしているのか理解できなかったのですが,そこで撮影しようとしていることを理解して,仕方が無いので,その前に低めに三脚を立てました。
しばらくして,最初から場所取りをしているその他の人が,たまりかねて,いつまでそこにいるつもりですかとつるつる頭のカメラマンに聞くと,最初の海に入る時にだけいて,海に入ったら,すぐに退却するというのです。
22:00になると,撮影に適した場所は,ほとんど無くなるくらいに人が集まってきました。
しばらくすると,つるつる頭のカメラマンが,キリコが海に入る時に撮影のために前に出ますかと聞くので,判らないけど出るかもしれないと言うと,前に出られると,かぶるので困ると言うのです。三脚のカメラの他に首にカメラをぶらさげていたので気になっていたようです。しかし,平然と人の前に割り込んでおいて,よくそんなことが言えると呆れました。結果的に前に出ることはしませんでしたが,つるつる頭のカメラマンは,結局ほとんど最後まで,その場所に居続けました。信じられません。
キリコが海に入る時間に近づくと,夜祭りでよく見かける変な帽子を被った写真連盟の爺さんがいつのまにか前に出てきました。さすがに他の人に注意されて,少しだけ下がりましたが,写真連盟の人達って人の迷惑なんて考えません。実際にキリコが海に入る瞬間に何食わぬ顔をして,前に出てきて,そのうちにベストポイントに三脚を移動して撮影してました。最初から場所取りをしていた人が唖然としていたのは言うまでもありません。海に入ろうとするキリコを撮影しようとすると,もろにアングルに入ってしまいます。祭りの時の撮影って人間の醜さの縮図のようで本当になんでもありの世界です。
宝立七夕キリコ祭り
22:30にキリコが海に入り始めると同時に打上花火が打ち上げられました。
宝立七夕キリコ祭り
宝立七夕キリコ祭り
キリコが松明に向っていくと今度は海上から花火が打ち上げられました。
宝立七夕キリコ祭り
海上からの花火は,キリコが海中にいる間中打ち上げられました。
最後に近くなると再び打ち上げ花火が打ち上げられました。
宝立七夕キリコ祭り
場所的には,目印のキリコより奥の場所(鉢ヶ崎方向)ならキリコと打ち上げ花火と一緒に撮影はできると思うし,海上の花火とキリコはどの場所からも一緒に撮影できます。
23:20にはキリコが上陸し,宝立七夕キリコ祭りのクライマックスは終わりました。23:20以後も少し離れた奥の位置のキリコはまだ海の中に入っていました。
宝立七夕キリコ祭りは,今まで見た能登の祭りの中でお気に入りベスト3に入る素敵な祭りでした。
宝立中学校の駐車場に戻りましたが,さすがに宝立中学校の駐車場で車中泊はできないので,見附島のすぐ近くの見附園地に移動しました。見附園地は宝立七夕キリコ祭りの公式駐車場でもありますし,キャンプ場もあるのでトイレも水場もあるので車中泊には最適でした。
睡眠薬を飲んだらすぐに寝る事ができ,3時間ほど熟睡しました。その後も横になっていたら,空が朝焼けになっていたので,見附島まで歩いて見てきました。朝焼けの見附島を撮影している人が数人いました。
朝焼けの見附島
5:20に見附園地を出てカーナビで目的地を関野鼻に設定したら予定時間が2時間になっていました。宇出津,穴水,門前を経由して行くルートになっていました。同じ奥能登の観光地を移動するのに2時間もかかるというのはどうかと思います。

途中,藤波長島公園でちょっと撮影して,総持寺口にある名水(樋の水)をペットボトルに入れて,ついでに旧門前町の海岸や関野鼻から増穂浦海岸までの海岸も見て周りました。
門前の樋の水
途中,道路脇に変な形に侵食された岩肌があるところがあって,駐車場になっていました。橋とかあって庭園風になっているのですが,すっかり廃れていてパークの名前の表示もありません。岩肌も自然の岸壁が侵食されたのか,補強した部分が腐食したのか,受けを狙ってそういうふうに造形したのかわかりません。北前船のモニュメントがありました。藤浜ポケットパークという名前なのかもしれません。
藤浜ポケットパーク?
赤神隧道の海岸には赤い岩があちこちに見られました。内浦の赤崎海岸の岩の赤さは黄色っぽい赤ですが,赤神隧道の海岸の赤は小豆色のような錆っぽい赤さです。
赤神隧道
赤神海岸の岩
赤神隧道から細腰のあたりは,海岸に,ぽつりぽつりととんがった岩石が見られます。
赤神海岸の岩
泣き砂の琴ヶ浜あたりにくると,岬や断崖が見られます。黒崎岬の「レストハウス大納言茶屋」は琴ヶ浜方面の岬や,関野鼻やヤセの断崖が見えますし,裏手には遊歩道が整備されていて,黒埼岬の断崖や奇岩の島が見えます。裏手は以前はキャンプ場だったようですが,現在は使われている気配はありません。
黒崎岬は観光スポットとしては,ほとんど知られていませんが,見逃すには惜しいポイントです。
黒崎岬からの風景
黒崎岬から関野鼻に行く手前に中央がトンネル状になったくぐり岩があります。
くぐり岩
関野鼻は関野鼻パークハウスの一部が崩落して営業していないために,駐車場も関野鼻への立ち入りも禁止になっていました。
関野鼻
関野鼻と関野鼻パークハウスは所有者が同一な私有地のようです。ちょっと覗いてみましたが,関野鼻は目だった崩落はなさそうでしたが,ちょっと覗いただけなので詳しいことはわかりません。
関野鼻
観光地が私有地の場合は,何かあったときには観光地自体が入れなかったり見れなくなったりするので地域に対する影響が大きく問題が多いです。関野鼻パークハウスは現在,不動産屋がオーナーを募集する一方で県に対して補助を求めてるという記事があったように記憶してます。
ヤセの断崖は先端の飛び出たところが崩落してしまっていて,先端部分はほとんど残っていません。しかも柵がしてあって先端へは行けません。
ヤセの断崖
ヤセの断崖としての魅力は失われてしまっています。
義経の舟隠しはヤセの断崖から散策路で300mほど歩いて行きます。義経の舟隠しの近くの岩場で釣りをしている人が何人かいました。
義経の舟隠し
以前怖い思いをして革靴を履いたままヤセの断崖近くの岩場を降りてヤセの断崖を撮影したのですが,今回はウォーキングシューズだったので怖いながらも少し楽な気持ちで岩場を降りてみました。ここから見るとヤセの断崖の崩落具合が一目瞭然です。なんの変哲も無い断崖になっていました。
ヤセの断崖
関野鼻が立ち入り禁止で,ヤセの断崖がこうなった状況では,観光地としての価値はほとんど無いと言っても過言ではありません。後から観光バスも入っていましたが,観光客の人たちはどう感じたのか心配です。

関野鼻,ヤセの断崖,義経の舟隠しを過ぎると,北脇崎を見たいということで,前浜の海岸のほうに入って行きました。テトラポットがあり,漁港になっていました。片側には北脇崎の岬,もう片方には玄徳岬が見え,なかなか美しい光景です。
前浜海岸
すぐ近くには日本棚田百選の大笹波水田を見渡せる展望台があったので見てきました。千枚田と較べるとインパクトは少ないです。
大笹波棚田
玄徳岬を間近から見たいということで,玄徳岬の真上あたりを歩いてみましたが,近くに行く道は存在しないようです。地元の人にも聞いてみましたが,玄徳岬の近くまで行ける道はないとのことでした。
玄徳岬を反対側から見たいということで,浜田港に入って行きました。こちらのほうも最初歩いて行こうとしたら,地元の人がいて,自動車で行っても大丈夫ということだったので,自動車で入って行きました。
こちらも,なかなか美しい海岸です。
浜田漁港
浜田港を過ぎると,しばらく海岸が見えない区間が続きます。新宮橋あたりから再び海が見えてきますが,落ち着いた海岸が続きます。再び海が見えなくなりますが,西海千ノ浦の西海水産への案内板に従って入っていくと行き止りに海士崎灯台がありました,ここは海士岬という岬になっていて釣りのための自動車が何台か駐車してました。岬となっていますが海岸線の光景としては地味な落ち着いた光景でした。
海士岬
海士岬からの風景で,しばらく落ち着いた景色が続いていたような感じだったので,少し自動車を走らせて,ワイエムマリーン㈱のところから海岸のほうへ入って行きました。道路は行き止まりになっていましたが,自動車を降りて奥に進んでみました。水産関係の作業場みたいな小屋があって,黙って隙間から海岸へ出ようとしたら,作業している人がいて,海岸で写真を撮らせて下さいと申し出ると,快くどうぞどうぞと言ってくれました。
それほど期待していたわけではないのですが,岩が千畳敷のようになっていて,断崖も見えてなかなかの風景でした。
西海地域の海岸

2010.08.01

白山の高山植物

2010年4月15日
以前から白山の高山植物を見に行きたいと思っていたのですが,初心者向けの白山登山をつきあってくれる知人がいなくて,一人で登山する勇気も無かったので行けなかったのですが,今日,図書館に行って貰ってきた「いしかわ県民大学校」の受講案内に,花の時期の白山登山を案内してくれる企画があって,これならひとりでも行けると思い連絡をとってみました。
そしたら,交通機関や宿の手配は各自が行って登山時と下山時の案内をするという企画でした。白山に登った後は,現地で案内してくれる人が別においでるということでした。すべて無料でやっているとのことです。こういう活動を全部ボランティアで行っているというのですから凄いことです。特に申し込みなどは必要なく,当日別当出合に出発時間に集合するだけとの事です。
とにかく宿泊の手配をしなくては何もはじまらないということで調べていたのですが白山室堂の予約も南竜山荘の予約も4月1日から始まっているようです。もう遅いかもしれません。明日電話してみます。

2010年4月16日
白山室堂と南竜山荘へ電話しました。
第一希望の7月24日は白山室堂と南竜山荘ともに予約でいっぱいでした。
第2希望の7月31日は白山室堂は満室で南竜山荘は少しだけ空いていたので予約しました。
南竜山荘でもアルプス展望歩道でご来光が見れるようですし,高山植物も多いようなので楽しみです。
ちなみにインターネットでも予約情報は調べることができるようです。
白山室堂の予約状況  南竜山荘の予約状況
南竜山荘のほうは1泊2食で7600円(素泊まり4900円)ということです。白山室堂は1泊2食で7700円(素泊まり5100円)です。
両方とも4月1日の朝9時から電話予約のみ受け付けているようです。

「いしかわ県民大学校」の企画は白山室堂と南竜山荘の場合で別に出発するのですが,南竜山荘の場合は別当出合の休憩舎を8:00に出発で,翌日は南竜山荘を9:00出発というスケジュールです。
白山室堂の場合は別当出合の休憩舎を7:00に出発で,翌日は室堂を9:00出発というスケジュールです。
白山まで自動車で1人で行くのは不経済です。

この時期はマイカー規制で市ノ瀬~別当出合間はマイカー規制が行われ,市ノ瀬で駐車し別当出合まではシャトルバス(約20分間隔 片道400円)を利用することになるようです。別当出合へは2時間30分はかかりそうなので,自宅を5時に出発しなくてはいけないようです。
北鉄の登山バス(北鉄片道2000円)というのも運行されているようです。運行ダイヤを見ると金沢駅5:30出発で別当出合7:40着になってました。他の便は金沢駅6:45出発で別当出合8:55着,金沢駅7:30出発で別当出合9:45着です。
「いしかわ県民大学校」で白山室堂の場合はバスでは間に合いません。
帰りは別当出合11:30出発で14:00金沢駅着,別当出合13:30出発で16:00金沢駅着,最終便が別当出合15:30出発で18:00金沢駅着でした。

2010年4月19日
今日,白山通の知人と話をしてたら,8:00に別当出合だと駐車場が満車で,手前1kmくらいのところで駐車しないといけなくなるとのことでした。そういうことなので自動車で行くのを断念してバスで行くことにしました。
7月24日の室堂・南竜山荘は現在満室ですが,6月に入るとキャンセルがでて予約できることがあるということなので,時々チェックしようと思います。やっぱり7月24日のほうが花を見るには良いそうです。
今日確認したら,7月31日の南竜山荘も満室になっていました。

2010年6月27日
6月に入ってから,南竜山荘の空き室が時々出るようになってきたのですが,6月25日付けの更新で室堂の7月24日に空き室が出てました。
今年は全体的に季節が遅れ気味なので,ちょっと迷うところです。ホームページのためのレポートということでしたら室堂もほうが一般的で良いのですけど。

夕方に見たら7月24日が再び満室になっていました。迷っていたのですが,今年は季節が1週間程度遅くなっているので,日程は7月31日にしたいと思います。7月31日の室堂が空いたら申し込みしようと思います。でも室堂だと白山登山を案内してくれる企画の登山時間に間に合わせるにはバスで行けません。やっぱり迷います。

2010年7月15日
白山を1年に何度も行っている知人の話では今年の高山植物の見頃のピークは7月26日くらいでないかと言っていました。
7月14日付更新の室堂で7月31日の空き室がでてました。ちょっと迷ったのですがホームページ作成にはメジャーな白山室堂のほうが良いと思ったので白山室堂の予約をしました。南竜山荘の予約はキャンセルしました。
予約受付9:00には通話中でつながりませんでしたが,何度もかけなおしてなんとか繋がりました。
白山室堂まで案内してくれる企画を利用する場合には別当出合の休憩舎を7:00出発なので自動車で行かなくてはいけません。ちょっと不経済です。
白山室堂の空き室状況は,お昼には,満室になっていました。
バスだと別当出合まで2時間10分かかるので自動車だと市ノ瀬駐車場まで2時間,市ノ瀬駐車場が満車で離れた場所に駐車したときのロス時間が最悪20分,市ノ瀬駐車場から別当出合までのシャトルバスが10分程度でバス待ちが最悪20分と考えると金沢を4:00過ぎに出発しないといけません。前日にも睡眠薬を飲んで早く寝ようと思います。
「いしかわ県民大学校」では白山室堂に着いた後も,室堂周辺の自然観察会というボランティアの企画があります。
室堂周辺の自然観察会は山頂に日の出後に集合というのと,室堂に15:00集合,室堂に16:00集合で各40分程度の散策だそうです。帰りは室堂9:00出発です。

持ち物
着替え(下着,靴下,長袖Tシャツ,ズボン),帽子,長袖Tシャツ,手袋,運動着ズボン,ヒートテック上下,フリース,カメラベスト,デジカメ(Optio M10,X70),薄いジャケット,リュックサック,小型三脚,タオル3枚,歯ブラシ,携帯電話,携帯電話用イヤホン,ティッシュペーパー,財布,メモ帳,ボールペン,名刺,ハンカチ,雨具上下,資料,睡眠薬,下痢止め,食料(初日昼食,予備分),お菓子,栄養ゼリー,ペットボトルお茶500cc2本,湿布薬,LEDヘッドライト

2010年7月20日
連休に白山へ行った知人に話を聞いたら,駐車場は早朝から凄い混雑だったということでした。5時過ぎから満杯状態だったということでした。連休の2日目なので前日の人の自動車もあったからだということもあったようです。シャトルバスの混雑状況も凄かったということです。
高山植物は18日ですでにピークに近くなっているということでした。7月31日より7月24日のほうが良さそうです。
知人の手のひらが凄く日焼けしていたので,日焼け止め対策は必須のようです。
ご来光を見に行くときは防寒衣やヘッドライトが必須だそうです。

2010年7月21日
7月20日(AM)更新の白山室堂で7月24日の空き室がでてました。24日,25日に他の予定を入れてなければ変更するところですが,今回は諦めて7月31日にします。

2010年7月22日
7月22日(AM)更新の白山室堂で7月24日,31日ともにの空き室がでてました。ギリギリでもなんとかなるものですね。
白山室堂のページを見たら,NPO法人ネイチャープロジェクト白山 ・ 白山観光協会の企画で 白山登山企画 「白山に登ろう!」 とうのもあるようです。定員20名で
1日目 9:00 別当出合集合 ~ (砂防新道) ~ 黒ボコ岩 ~ 15:00 室堂到着(自由行動)
2日目 早朝、山頂で御来光を見て、お池巡りをして、室堂で朝8:00室堂発 ~ (エコーライン・砂防新道) ~ 12:00 別当出合到着(各自解散)
という内容です。こちらでしたらバスでも行けそうです。
但し,期間は8月下旬~9月上旬なので高山植物の見頃の季節とは外れています。

2010年8月1日
白山登山に行ってきました。前日の7月30日に睡眠薬を飲んで20:30に寝ました。すぐに眠る事ができました。
2:30に起きたので予定より早めに3:20に出発しました。吉野家の牛丼を食べて,コンビニでオニギリ3個と予備の食料としてレーズンパンを購入しました。
5:15に市ノ瀬に着きましたが,駐車場はかなり混雑していました。週間天気予報や当日の天気予報を見て,完全に安心しきっていたのですが,小雨が降っていました。一応は雨天のための準備はしておいたのですが,あくまでも一応という程度だったので,愕然としました。初めての登山で,しかも1人での登山ということだったので心細くて,かなり迷いました。
市瀬駐車場
市瀬駐車場
宿泊の予約もしてあった事ですし,高山植物の見頃は短いので,行くことにしました。「きまっし金沢」の取材では天気は大丈夫という根拠の無い自信もあったのですけど。
100円ショップで買ったレインコート上下を着てバスに乗りました。シャトルバスは20分間隔ということでしたが,高山植物の見頃の週末という超混雑期はバスの本数が多く,お客がいっぱいになる度に出発しているようです。市之瀬から別当出合まで20分かかって6:00に別当出合に着きました。
別当出合はトイレや水場がたくさんあり,自動販売機もありました。清涼飲料水は160円です。
白山室堂行きの自然観察会の集合時間の7:00までには1時間ありましたが,トイレを済ませて待つことにしました。
別当出合で歩いていたら滑ってしまって,靴の選択を間違ってしまったことに気づきました。靴はアシックスのハイテラックというタウンウォーキングシューズで足の負担を軽減する性能は抜群ですが滑りにくいという意味では物足りないのです。
しばらく待っていると雨がやんできたのでレインコートを脱いだのですが内側がかなり濡れていました。安物のレインコートは通気性がないので,汗が蒸れて水分が溜まるんです。
登山をする時はレインコートと靴はちゃんとしたものを選ばないといけないということを痛感しました。先が思いやられます。
7:00まで待っていたのですが,自然観察会の案内が無く,それらしい人もいなく別当出合の休憩舎の事務所も開いていなかったので聞きようも無く,仕方なく団体さんに行き先が白山室堂であることを確認して付いて行くことにしました。室堂に行くのに最も一般的な砂防新道を通って行くということでした。
白山別当出合
20分ほど歩くと急な斜面になり,白山が整備された山だといっても大変だなあっと感じました。
白山の登山道
白山の登山道
途中,花を見つけては写真を撮ったりして遅れたりしたり,お先にどうぞと言われたりして,結局,1人での登山になってしまいました。
白山の花白山の花白山の花
7:40に中飯場(休憩舎)に着き10分間休憩しました。
白山の中飯場
中飯場を過ぎると,いろいろな高山植物が見えるようになってきました。
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
9:00にテーブルのある休憩所にたどり着いたので,10分ほど休みました。
白山砂防新道の休憩所
その休憩所は甚之助避難小屋のすぐ下に位置し,5分歩いてまた甚之助避難小屋周辺でオニギリを1個食べて15分休憩しました。
甚之助避難小屋
甚之助避難小屋で1人で来ている人と話をしたのですが,今日の予定は決まっていなくて,途中で帰るかもしれないし,白山室堂に泊まるかもしれないし,南竜山荘に泊まるかもしれないと言っていました。両方の宿舎に予約しているのですかと聞くと,行けば何とかなると言う事でした。びっくりしました。今日は両方とも満室ですよと言うと,登山者を遭難させるわけにはいかないから,廊下でもどこでも,なんとかして泊めさせてくれるというのです。
9:30に甚之助避難小屋を出発し9:50に白山室堂に向かう道とエコーラインや南竜山荘に向う南竜道との分岐点に着きました。ここでも10分間休憩しました。
白山の室堂と南竜道との分岐点
白山の室堂と南竜道との分岐点への道でも登って行くごとに新しい高山植物に出会えます。
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の室堂と南竜道との分岐点からしばらく歩くと足の付け根が痛くなってきました。最近,長距離を歩くと痛くなるのです。
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の室堂と南竜道との分岐点から10分ほど歩くと,狭い道で片側が絶壁みたいなところがあり,怖かったです。高所恐怖所なので足がすくみ,へっぴり腰で通りました。
白山の登山道
白山の登山道
このあたりまで来ると,白山特有の高山植物に出会うことができます。
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
狭い道で片側が絶壁みたいなところを我慢してしばらく歩くと,斜面がお花畑になっている場所がありました。霧が多かったので近くからは撮影できましたが,お花畑を広く撮ることができませんでした。別当出合を出たところから,いたるところで高山植物は見えるのですが,ちょっと咲いている程度で大量に咲いているところは,ここが初めてでした。
白山の花
白山の花
お花畑を過ぎても細い道で下側が崖に近い急斜面になっている地点が続きました。
白山の登山道
恐々と下が崖になっている側とは反対側を通っていたら,斜面にリュックサックがあたって,幅の広いリュックサックを持ってきた事に後悔しました。着替えやら食物やらいっぱい入るので大きなリュックサックを持っていったのですが,他の人の持っているリュックサックを見ると,みんな縦長のリュックサックを持っていました。しかも持っていったリュックサックは肩に全ての重量がかかってくるタイプのものだったので肩も痛くなってきました。登山に行くときには,縦長の登山用のリュックサックを持っていくのが良いです。
将来的に登山する事があるかないかは別にして,靴,雨具,リュックサックは登山に適したものを持っていくことを強くお奨めします。ただでさえ,登山に馴れていなのに,道具が登山に不向きだとそれだけ過酷な登山になるということです。
途中で延命の水を飲みました。延命の水はちょろちょろしか水が出なく,コップいっぱいになるまで時間がかかります。
白山の延命水
10:55に黒ボコ岩という巨大な岩のある広くなっている地点に着き10分休憩しました。ここでもオニギリを1個食べました。
白山の黒ボコ岩
11:05に黒ボコ岩のところを出発すると最後の急斜面が待っています。
白山室堂に近い板の通路のところまで来ると,クロユリなど植物がいっぱい咲いていました。霧が多かったので,白山室堂のすぐ近くになってやっと到着したことが判りました。
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
11:30白山室堂のビジターセンターに到着しました。うすい霧がかかり周りが何も見えないので,白山室道のビジターセンターの宿泊予約が始まる12:00まで,館内で待つことにしました。オニギリが1個残っていたので食べました。霧が出ていて景色はいまいちでしたが,気温が低かったので登りやすかったし,雨にも降られずに済んだので結果的に良かったのかなあって思いました。白山からAU携帯電話をかけてみましたが,電波の届く範囲外で繋がりませんでした。白山室道のビジターセンターには公衆電話はあります。
12:00を過ぎてしばらくして受付をしました。支払いをして部屋に案内されました。
御前荘の部屋
白山室道には4つの宿泊棟があり,受付順に男性も女性も関係なく部屋を割り振られるようです。食事券もその時に渡され,夕食券には夕食の時間帯が書いてありました。16:40から17:00が割り当てられた時間帯でしたが,こちらも受付順で早く受付した人は早く食べるようになっているようです。
御前荘という宿泊棟に案内され,ベットの寝る位置を指定されました。宿泊棟には雨天のみ乾燥室が稼動して備え付けのハンガーに乾燥する衣服をかけて乾燥します。大勢の人が利用するので,衣服が乾いたら早めに取り込むよう言われました。身体が冷え切った人は,乾燥室に入って暖をとっても良いようです。高山植物の見頃の週末は混雑してハンガーが足りなくなるので心配な人はハンガーを持っていったほうが良いかもしれません。
宿泊の部屋は両側2段ベットで40人部屋と100人部屋がありました。早めに受付すると2段ベットの下を利用でき,遅めの人は上の段を利用することになるようです。
1人分の幅は60cmです。枕と毛布が2枚用意されていました。枕元に荷物の置く場所が2段になっています。下の段の人はリュックサックは足元の通路に置いていました。そういう訳で早めに宿泊受付をしたほうが良いようです。消灯は20:30だと説明があり,朝は8:00に片付けに来るので,それまでに部屋をあけておくように言われました。
水場や,トイレは宿泊棟の外に,ゴムサンダルを履いて行きます。トイレは男女別にわかれていて数も多いのですが,朝などは大便の場所は行列になります。大便は当然水洗トイレではなく,お尻をふいたトイレットペーパーは前においてある四角い箱に入れます。朝には前に使った人のお尻を拭いた使用済みの紙が山盛りになります。大便が終わると足元のボタンを数回押すよう説明書きがありました。
15:00から室堂付近の高山植物の観察会があるのですが,それまで何もすることがないので,横になっていました。他の人も横になったり,眠ったりしてました。同室には家族連れや,女性同士の人や,単独の男性とかさまざまな人がいました。
それほど眠くなかったので,同室の人と話をしてたのですが,徳島県や島根県や福井県や埼玉県など,いろんなところから来ていたようです。県外の人は,いろんな山を登っているけど,白山ほど登山道が整備されている山は無いと言っていました。これで,よく整備された登山道ってことなら他の山への登山は,とても出来ないと思いました。

15:00の高山植物の観察会を待っている間に雨が降り出し高山植物が見えるか心配になりました。15:00に宿泊棟にも高山植物観察会のアナウンスが放送され,雨も極めて弱くなっていたので出かけました。集合場所の室堂前の神社で,自然観察会の人を見つけ,今朝は別当出合から室堂への案内は無かったのですか?と聞きました。そしたら,自然観察会の人は7:20頃に別当出合に着いて8:00頃まで待っていたというのです。元々,県外の人でバスを利用した人を案内するという意味合いもあるので始発バスに乗っても間に合わない時間設定することは無いというのです。通常は8:00前に出発するそうです。
いしかわ県民大学の紹介内容に誤りがあったようで,今まで,そんな掲載があったということを自然観察会の人も全然知らなかったということでした。
特に事前申し込みも無く,現地集合なのに時間を間違えて掲載するなんて,あまりにも無責任です。石川県のする事はあてになりません。ちなみに,いしかわ県民大学は石川県教育委員会の管轄のようです。
今朝の経緯を説明すると申し訳無いと謝っていただいて,明朝の下山時にはお願いしますと頼んでおきました。時間の確認をすると,いしかわ県民大学の紹介では9:00だったのですが,もう少し早めになるかもしれないけど,ちゃんとアナウンスをするので安心してくださいということでした。
室堂近辺の高山植物観察会は35分間程度で,霧があって気づかなかったのですが,室堂ビジターセンターのすぐ近く(神社の裏から南側一帯)に高山植物のお花畑がありました。
白山奥宮
いろんな種類の高山植物を丁寧に説明してくれて,とても有意義でした。イブキトラノオやクロユリの臭いを嗅いでみましたが変な臭いがしました。クロユリは雌しべのあるのと雌しべのないクロユリがあって雌しべのあるクロユリは何年も咲いているクロユリだということなども教えてくれました。
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の花白山の花白山の花
白山の高山植物の見頃は今年は5日ほど遅くて例年は7月下旬から8月初旬が見頃のピークですが,今年は7月の終盤から8月の上旬が見頃になっているということでした。つまり週末では今週と来週が見頃のピークということでした。宿泊者も今日と来週の土曜日がピークということでした。ちなみに今日は室堂だけで640人の宿泊者がいて,明日でも500人の宿泊者が予定しているということでした。南竜山荘やテントでの宿泊者を含めると白山に1000人ほどの人が宿泊するということでした。来週の土曜日は,もっと宿泊者が多いということでした。午後の観察会は16:00からもあるので,16:00からの観察会は同じルートですかと聞くと,参加する人数によって決めるということでした。
16:00に再び近くまで行ってみたのですが霧がもっとひどくなっていて,とても高山植物を観察する環境に無かったので参加を断念しました。
食事の時間(16:40)になったので室堂ビジターセンターの食堂に行きました。食事前に缶ビール(500円)を買いました。缶ビールの缶は持ち帰らないといけないということでした。室堂の夕食はカレーライスだと家族から聞いていましたが,ゼリーのデザートまでついている,ちゃんとした定食で,ご飯と味噌汁はお替り自由でした。テーブルには漬物やふりかけやお茶のポットが置いてあって自由にとれるようになっていました。なかなか美味しい食事でした。白山の頂上近くまで食料を運び食事を提供していただけることに感謝しました。
白山室堂の夕食
食事を終えて,外へ出ると霧が晴れていたので,改めて,先ほど案内していただいたお花畑のコースを歩いてみました。お花畑の綺麗な風景を撮影できました。
白山室堂の花白山室堂の花
白山室堂の花白山室堂の花
白山室堂の花白山室堂の花
18:00に宿泊棟に戻ると,もう寝ている人も多く,することも無いので翌朝のご来光に備えて寝ることにしました。歯磨きを済ませて,翌朝に備えてヒートテック上下を着て,フリース,ジャケット,カメラベスト,デジカメ,LEDヘッドライト,帽子を枕元に備えておきました。
翌朝はご来光が見えそうな時は4時頃に太鼓が鳴るとのことでした。ご来光の予定時間は4:58ということでした。ただ,人数が多いので4時過ぎに出発では頂上までたどりつけない可能性もあるということでした。
睡眠薬を飲んで,携帯電話の音楽を聞きながら眠ろうとしたのですが隣の人の鼾が半端じゃなく凄かったので,なかなか眠れずアルバム4枚分聞いてしまいました。最後は防音耳栓をして浅いながらも眠りつくことができました。
2:00頃に目がさめて,そのまま横になっていたのですが2:30ごろから周りの人がモゾモゾしはじめて,部屋を出て行く人もいたのでトイレにいってオシッコをしてうがいをしてきました。水場に居た人に今日は日の出が見えますかねと聞くと判らないけど空に星が出てますよと言っていました。確かに星がいっぱい見えました。
3:00にはリュックをかついで出て行く人も何人かいたので出発することにしました。
結構冷えていたので,上下ヒートテック,長袖Tシャツ,フリース,体操ズボン,薄いジャケットでも暑くはありませんでした。当然真っ暗なのでLEDヘッドライトをつけての出発です。
神社の前に行くと出発するグループがいたので着いていくことにしました。途中で休憩されて,お先にどうぞと言われて,先に行くことになりました。すぐに先ほどのグループが見えないほどに離れてしまいました。そこで気づいたのですが,前にも後にも誰も歩いている人が見えません。真っ暗な山の中たった1人で心細くなりました。空気が薄いせいか,重ね着しすぎたせいか息苦しくなって何度も休んで3:50に頂上に着きました。
白山頂上
頂上は風が強めでしたが,雲の上から山峰が出ていてオレンジ色の線が出来ているのがはっきり見えてご来光が見えるのだろうと期待できました。山頂に近い神社では,テントを張ろうとしている人がいました。山頂には,まだ誰もいなくてどこでも場所取りし放題でした。でも日の出がどちらから出るのかも判らないので場所取りのしようが無いです。人が来たので太陽がどちらから出るのか聞いたら室堂とは逆方向で山峰の見えるあたりかららしいと教えてくれました。
それで一番撮影しやすい場所に待機していました。次に来た人が白山山頂の杭の裏側に場所取りをしていたので,そちらのほうが良さそうですかと聞くと,風があたらなくて待機しやすいということでした。
確かに1時間も風に吹かれて待つのはきついということで移動しました。その場所は岩陰にかくれていたので風が当たらなく待っているのが苦になりませんでした。その時点の気温は13℃くらいでしたが,風が当たるので体感温度はかなり低く感じました。
4:10くらいまでは,人が少なくどこでも好きな場所を確保できる状態でした。時間がたつうちに霧が出てきて雲行きが怪しくなりました。日の出前から周りは随分明るくなってきました。
白山山頂白山頂上
白山の山頂白山の山頂
日の出があってから明るくなってくるのだと信じていたので意外でした。日の出近くなると神主さんが万歳のしかたの説明や日の出についての説明をしはじめました。今日は雲が厚いので実際の日の出は終わりましたが,日が出てくるのが見えるのは少し遅くなりそうだと言う事でした。霧が深くなって日の出が見えるのを諦めていた時に急に霧が消えだして真っ赤な太陽が少しずつ登っていくのがはっきり見えました。それと同時に周りの景色もはっきり見え出して,日の出を撮り終えてから池など周りの景色も写そうと思っていたのですが,日の出が終わると間も無く霧がかかってしまいました。その間5分程度でしたがまさしく奇跡のタイミングでした。本当にきまっし金沢の取材時には天気に救われます。神がかり的です。
白山の日の出白山の日の出
白山の日の出白山の日の出
白山の日の出白山の日の出
日の出を待っている間に,霧が風に飛ばされてデジカメのレンズが曇りました。頻繁にカメラの曇りを取るためにレンズを拭いていました。デジカメのボディにもすぐに水滴がたまりました。
撮影が終わって周りを見渡すと凄い数の人が頂上に上がってきてて,身動きできない状態でした。せっかく頂上まで登ってきたのだからと霧が収まるのを待って,いろんなところの撮影をしようと思っていたのですがなかなか霧が消えなく諦めて下山しました。
白山頂上白山頂上
満員の白山頂上満員の白山頂上
頂上は5:35に出発して室堂に着いたのは6:15でした。
行く時は真っ暗で何も見えなかったのですが,室堂から頂上に上がる道にも高山植物が一杯咲いていました。
白山室堂の花白山室堂の花
白山室堂の花白山室堂の花
宿泊棟に戻って,トイレに行ったのですが大便のほうは凄い行列だったので断念しました。
食事は6:00から始まるので,朝食を食べに行きました。朝食もちゃんとした食事で,ご飯と味噌汁はお替りが自由でした。テーブルにはお茶のポットと梅干とふりかけと海苔の佃煮が置いてありました。
白山室堂の朝食
食事を終えて宿泊棟に戻り,しばらくしてからトイレに行きました。
室堂ビジターセンターに8:00に行き,自然観察会の人の下山の案内を待ちました。特にチェックアウトの手続は必要が無いようです。
他の人が下山するのを見てると,みんなしっかりした装備をしています。りっぱな縦長のリュックをして,リュックには濡れ防止のカバーをして,ちゃんとした登山靴はいて,登山ズボンをはいて,雨の心配が多そうだということもあって,りっぱな雨具を着て,やっぱりこうでなくてはいけないんでしょうね。子供たちは,運動靴にポンチョ(雨具),運動着の子がいたりするんだけど,引率の人は気を遣うんだろうなあって思ってしまいます。
どちらにせよ,登山って最初に装備を揃えるのにお金がかかります。
最初は100円ショップで買ったレインコートを着ていたのですが,登ってきた人の格好を見ていると,濡れている感じが無かったので,レインコートは脱ぐことにしました。外は寒そうだったので長袖のTシャツの上にヒートテックを着て,その上から薄いジャケットを着ました。
9:00になると室堂ビジターセンターの柱に自然観察会の垂れ幕が掛けられ,9:05過ぎに口頭で自然観察会の案内がありました。自然観察会の人は腕に腕章がかけられていました。
説明を聞いていると,今日は天気が悪く足元が滑りやすいので,観光新道は避けて,砂防新道で下山するということでした。自然観察会の人は途中休み無く下山するので,各自が自分の体力に合わせて自分のペースに合わせて下山するようにということでした。つまり高山植物を紹介するけど,下山はあくまでも自己責任ということでした。
9:10に室堂を出発し,最初は自然観察会の人のペースに合わせて下山していたのですが,斜面のお花畑の時に偶然,霧が晴れてきたので,写真を撮ることにしました。登りの時は霧でほとんど景色が見えなかったのですが,なかなかの景色です。斜面のお花畑も美しいのですが,登りの時は初めて見た高山植物のお花畑だったので感激も大きかったのですが,室堂でお花畑をたくさん見てきたので,この程度のものだったのかと,ちょっと感激が薄れていました。霧が晴れていたのは下山中では,この瞬間だけでした。本当にラッキーです。
白山の登山道
白山の登山道と風景
白山の登山道と花畑
白山の登山道の花畑
そうこうしていると,遅れてしまったのでまたしても1人で下山することになりました。帰りは地面が濡れていたので,履いていた靴は滑りやすく気疲れしました。
甚之助避難小屋で休憩する事にしました。栄養ゼリーを食べました。つるつると飲めるので良い感じです。
1人で下山するのがイヤだったので,またしても団体さんについて行くことにしました。途中,休憩できる場所ではなるべく休憩をとって,予備の食料として持って行ったレーズンパンを1個ずつ食べました。食べ物を食べると,なんとなく疲れがとれるような気がします。
残り650mというところで,砂防新道の下りが急で危ないということで,下りは迂回になっていました。そうこうしながら,12:45に別当出合に着きました。足がおぼつかなかったせいか,釣り橋の揺れがいっそう怖くてロープをつかみながら恐々と渡りました。
バスが数台待機していて,時間とは関係なく,満員になりしだい出発していました。13:10に市ノ瀬に着きました。市ノ瀬ビジターセンターに入ってみると受付のところに白山登山のパンフレットがあったので貰ってきました。
ちなみに市ノ瀬ビジターセンターの開館時間が午前8時45分からなので,早朝に着くと市ノ瀬ビジターセンターでもパンフレットを貰えないのかもしれません。パンフレット架があるのだから,パンフレット架にパフレットを置いておけば早朝に白山に登山する人もパンフレットを入手できるのに,石川県の施設って利用者に優しくは無いです。
バスで直接別当出合まで行く時は,どのようにしてパンフレットを入手すれば良いのかなあ? バスの始発の時間になると別当出合でも事務所が開いていて,パンフレットを貰えるのかもしれません。別当出合にしても事務所があいていないとパンフレットを入手できないので利用者に優しくは無いです。
どこに駐車したのか覚えていなくて焦りましたが,なんとか自動車を見つけました。
帰りに日帰り温泉に入って行こうかと思っていたのですが,靴もズボンもどろどろだったので施設を汚すのがイヤだったので我慢しました。せめて自動車の中にサンダルでも入れておけば良かったと後悔しました。後で知ったのですが,市ノ瀬駐車場のすぐ横にある永井旅館でも日帰り温泉があるということなので利用すれば良かったと思いました。入浴料は600円のようです。
自宅には15:00に着きました。

2010年8月6日
月曜日から水曜日まで足がガクガクで階段の上り下りがまともに出来ませんでした。金曜日現在も右足ふくらはぎが痛いです。しかも風邪をひきました。
どうも登山は自分には合わないようです。
来年,白山の高山植物の見頃の時期にバスで出かけて南竜山荘で宿泊しようと思います。でも,それが最後の登山になりそうです。
登山道具をどうするか頭の痛い事です。