石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

CAFE OHANA

手づくりランチのポスターをみてCAFE OHANAに入ってみました。
お好きなところにどうぞと言われたので、テーブル席に座りました。
すぐに冷たい水とメニューが出されました。なんとなくハワイっぽい音楽が流れていました。
メニューにはランチが見当たりません。特にランチというのは無いようです。ちょっと拍子抜けしました。
アメリカンハーバーガー930円、ロコモコ(ハンバーグ丼)850円、ふわとろオムライス850円、ホワイトオムライス950、本格ビーフシチューオムライス1050円、オハナセット(半オムライス&半パスタ)1000円、ナポリタン800円、明太クリームパスタ800円、ミートドリア800円、きのこドリア800円、キーマカレー850円、大人のカレーライス800円、バターチキンカレー900円などがありました。ドリンク付きで+150円、ドリンク・ワフル付き300円です。
食べ終えてから気が付いたのですが、ごはん・パスタは小・中・大があって料金は同じだそうです。そういうのは注文時に聞いてほしかったなあと思いました。
かなり迷って、今日はミートドリア800円を注文しました。
15分ほど待ってミートドリアが出されました。
ミートドリアには、ミートドリアと野菜サラダ、ポテトサラダ、スープが付いていました。
ミートドリアは辛さを抜いた焼きカレーのチーズ乗せとという感じでした。グラタンののったのがドリアだと思っていたので拍子抜けしました。御飯の量は控えめでした。

CAFE OHANAへ行く時には、向かいの衣料品スーパーの駐車場を利用できるようです。

ohana.jpg

CAFE OHANAの場所はこちら  石川県羽咋市旭町ア14-5

麺's じむり

今日は、羽咋駅前にある「麺's じむり」に行きました。麺's じむりは、麺屋まるの跡地にあり、金沢バス実況さんや伊藤正喜さん、匿名さんから情報提供をいただいていたのですが、やっと行けました。
予備情報通り、駐車場が裏にある事や、餃子ランチ、唐揚げランチ500円と大きく掲示されていて、旗もたっていました。
2階まで登ってお店に入るとお客は誰もいませんでした。
メニューを見ると、餃子定食(6個)500円、唐揚げ定食(3個)500円、気まぐれ定食650円、+600円で麺に変更できます、+450円で半麺になっていました。その他に、あごそば700円、あごそば半麺550円、餃子300円、セット(餃子6個or唐揚げ3個とライス小)300円になっていました。

なんか紛らわしいメニューです。
あごそば半麺550円+セット(餃子6個or唐揚げ3個とライス小)300円は850円
あごそば半麺550円+餃子300円は800円
餃子定食500円+半麺450円は950円
餃子定食500円と半麺単品550円で1050円

紛らわしいでしょ。どう頼めば、どういう組み合わせで来るのか意味不明です。
ちなみにセットはライス小で、定食はライス中だと書かれていました。
麺は太麺も選べるようです。
匿名さんが店員から無いと言われた、替え玉はしっかりメニューにはのっていました。

今日は、餃子定食の半麺プラスを頼みました。注文して8分で餃子定食の半麺プラスが出されました。
餃子6個と野菜サラダが同じ皿に乗せられていて、ライス中とあごそば半麺が付いていました。通常の定食は麺の替わりにスープが付くようです。
あごそばの麺は昔ながらの細麺で、スープは甘めで濃い目の醤油味です。チャーシューと味タマゴは、しっかり味付けされていました。餃子もしっかり味付けされていました。
どれも、ちょっと食べるのには美味しさを感じますが、量を多めに食べると途中で飽きそうな感じです。リピートは無いと思います。

ハプニングはレジの時に起きました。当然950円だと思って1000円札を出すと1050円だと言うのです。「ええっそんなんですか」と大きめの声で言って50円を出すと、店長が慌てて来て、店員に間違っていると指摘して950円になりました。
この料金体系だとお店の人も間違えて当たり前だと思います。

gimuri1.jpg
gimuri2.jpg

麺's じむりの場所はこちら 石川県羽咋市川原町チ187−9

ハマヤ

2017年5月10日

ハマヤでイニシシの肉を使った料理を食べられるという情報をキャッチして行ってきました。
テーブル席は団体さんで賑わっていたのでカウンター席に座りました。
メニューを見ると、8年前より少しだけ値上げされていました。メニューにはイノシシの肉の料理が掲載されていなかったのですが、ホワイトボードでイノシシ料理が書かれていたので、イノシシの料理の定食は無いのですかと、聞くと、イノシシ料理を集めたメニューが出されました。
マルカツ丼780円、のとししオムライス730円、イノシシ肉の生姜焼き定食930円、竜田揚げ定食930円、マルカツライス930円などがりました。豚肉の生姜焼き定食は780円なので、イノシシ肉は150円割高になっています。

今日は、イノシシの生姜焼き定食930円を注文しました。
13分ほど待ってイノシシの生姜焼き定食930円が出されました。
イノシシの生姜焼き定食には、イノシシの生姜焼きの他に、野菜サラダ、ポテトサラダ、タケノコ入りの味噌汁、御飯、漬物が付いていました。ポテトサラダはレモンの味がしました。前回は違和感を感じましたが、今日は美味しく食べられました。
イノシシの生姜焼きは、かなり濃い味付けで、肉の味が判りくい感じでした。それでもイノシシの肉は少し臭みを感じました。食感は歯ごたえが強めでした。
今まで捨てていたイノシシの肉を有効利用するのは良い事です。でも、イノシシ肉でもいいかなとは思いますが、イノシシ肉が美味しいとは思いません。それが豚肉よりイノシシの肉の方が高いというのは、どうなのかなあ? 肉の加工に手間がかかるということなのかも。
マスコミと行政が共謀して、変な情報操作をするのは止めて欲しいと常々感じています。こういうのは信用を無くすだけです。

hamaya2.jpg

2009年7月29日

今日はランチ、定食の看板に惹かれて羽咋市のハマヤに入りました。お店に入る前に料理のサンプル(樹脂製)がショーケースに入れられていて、ちょっと貧弱だったので躊躇しました。こういう貧弱で美味しくなさそうなサンプルは置かないほうが良いと思うんだけど。主なメニューの掲示だけのほうが良いです。

お店に入るとカウンター席とテーブル席があり空いていて、近かったこともありテーブル席に座りました。
メニューを見るとランチはライス付でAランチ(チャップ、エビフライ、ハンバーグ、ハム)900円、Bランチ(エビフライ、オムレツ、ハム)700円、Cランチ(ハンバーグ、魚フライ)650円、お子様ランチ(ハンバーグ、魚フライ、カレーライス、おまけ)500円があり、その他に定食(味噌汁、御飯、漬物付き)としてからあげ750円、ハンバーグ800円、エビフライ850円、魚フライ750円、カニクリームコロッケ700円、とんかつ700円、ヒレカツ800円、ミンチカツ650円、豚生姜焼き750円、豚ロースのケチャップ炒め900円、牛肉と玉葱炒め750円、牛焼肉1000円、すきやき900円、刺身900円、うなぎ850円がありました。

お店の人がなかなかこないので、カウンターのほうに行ってカニクリームコロッケの定食を注文しました。どうもお店に入った事を気づかなかったようです。すぐに冷たい水と、タオルのおしぼりを持ってきてくれました。
それほど待たずにカニクリームコロッケの定食が運ばれて来ました。カニクリ?ムコロッケのプレートにスパゲティとサラダがのっていて、御飯、味噌汁、漬物がついていました。

水は飲み干してあったのですが,特に配慮は無かったです。

カニクリームコロッケそのものは美味しかったのですが,ソースの味が濃すぎてカニクリームコロッケの味を消していたのが残念でした。サラダのドレッシングも市販のを使わないで自家製のドレッシングを使って欲しかったです。ポテトサラダが少し変な味がしました。基本的には値段が手頃で美味しい料理を作れるお店なので,もうひと工夫すれば,すごく良いのになあと思いました。

ハマヤのカニクリームコロッケ定食

ハマヤの場所はこちら  石川県羽咋市飯山町イ57-9

インド・ネパールレストランDEVi(デビ)

今日は、羽咋市のインド・ネパールレストランDEVi(デビ)に行きました。
マナカマナの跡地で、金沢バス実況さんに教えていただくまで、お店が変わった事に全く気付いていませんでした。
金沢のお店も一部、インド・ネパールレストランDEVi(デビ)に変わっているようです。どうも、マナカマナにいた人が独立してインド・ネパールレストランDEVi(デビ)になったようです。
店内は結構混んでいて、カウンター席しか空いていませんでした。
メニューを見ると、おすすめランチ(11種から選べるカレー、6種から選べるナンorライス、チキンティッカ、サラダ、ソフトドリンク、ナンのお替りは2回まで無料)1080円、日替わりランチ(日替わりカレー、ナンorライス、サラダ、6種のソフトドリンク、ナンのお替りは1回無料)864円、700円ランチ(4種から選べるカレー、ナンorライス、サラダ、6種のソフトドリンク)756円、タンドリーチキンランチ(11種から選べるカレー、6種から選べるナンorライス、タンドリーチキン、サラダ、6種のソフトドリンク、ナンのお替りは2回まで無料)1296円、お子様ランチ637円などがありました。

今日はおすすめランチ1080円を注文しました。カレーはチキンチーズカレーを選び、ナンはガーリックナンを選び辛さは5段階で2番目に辛いのを選びました。ソフトドリンクも選ぼうとしたら、セルフだというので、何杯もお替りできるのですかと聞くと、そうですということでした。メニューに書いておけばいいのにね。
最初にラッシーにマンゴジュースを混ぜてマンゴラッシーにして持ってきました。しばらくするとニンジンドレッシングがかかったサラダが出されました。これは大好きなんです。
その後が、なかなか来なくて、メニューの写真に写っているスープはどうなんているのかなと思っていたら、他のお客がスープを持っていくのを見てやっと気づきました。スープの容器もソフトドリンクの場所にあったのでした。テーブルより低い位置にあったので気が付かなかったのです。
それでスープを持ってきました。スープはマナカマナ七尾店と同じスープです。カウンターに塩と七味が置かれていたので、自分で味を整えて飲めました。ありがたい配慮です。結局スープは3杯飲みました。
サラダが出されて8分ほど待ってチキンティッカが出されました。チキンティッカは熱々で、とても美味しかったです。
この後どれだけ待ってもナンやカレーが出されません。おかしいなあと思いながらも辛抱強く待ちました。カウンター席に座っていたので、その様子に気付いたのか、カウンター内がソワソワしだしました。
チキンティッカが出された後に、カレーとナンが揃ったのは16分後でした。なんと注文して27分後です。おいおい、いーかげんいせーよって感じです。
なんか、カレーとナンが来る前に、お腹が膨れてしまいました。
チキンチーズカレーは美味しかったけど、別にチキンカレーでも良いかなと思いました。ガーリックナンは、特に変わった味ではなく、普通のナンで良かったかなという感じです。口臭だけはしっかりニンニクしていました。もうガーリックナンを頼みません。
ナンのお替りはいいですかと聞かれましたが、さすがにもう食べられません。
最後にアイスコーヒーを飲もうとドリンクコーナーに行ったら、見当たりませんでした。後から見ると紫色に見えたポットがアイスコーヒーだったようです。グレープジュースだと勘違いしました。
まあ、いたらない点もありましたが、料理の内容には満足しました。

インド・ネパールレストランDEVi(デビ)は、能登の食 美味しいランチの飲食店星1つに登録することにしました。

debi1.jpg
debi2.jpg
debi3.jpg

インド・ネパールレストランDEVi(デビ)の場所はこちら   石川県羽咋市石野町ト14−1

丸亀製麺

2017年3月19日

俊の家では墓参りした跡は、丸亀製麺へ行くというのがパターン化しているのですが、いっつも釜玉うどんなので、ブログに掲載していなかったのですが、今日は甘辛ぶっかけ釜玉というのがあったので、大盛を注文しました。タケノコの天ぷらもあったので取りました。無料の天かすも加えました。
甘辛ぶっかけ釜玉は辛いのを期待したのですが、ほとんど辛くなく甘いだけのうどんでした。美味しかったのですが拍子抜けしました。たけのこの天ぷらは、味を付け煮たタケノコを天ぷらにしたもので、柔らかすぎて食感は楽しめなかったです。
ネットで調べると、甘辛ぶっかけ釜玉はラー油で辛さを調節できるとの事でしたが、そういう説明もなかったしテーブルにラー油が無かったように思います。

marugame2.jpg

丸亀製麺金沢店の場所はこちら  石川県金沢市長土塀2-6-33

2009年10月7日

今日は丸亀製麺で食事をしました。讃岐うどんのチェーン店です。
基本的にトッピング無しの釜揚げうどん,ぶっかけうどん,かけうどん,ざるうどんは並280円,大380円です。この判りやすい値段設定は,はなまるうどんより好きです。
丸亀製麺は,お客が来てからうどんを茹でるのでは無くて,あらかじめ茹でておいてお客が来たら,すぐ出せるようにしています。
讃岐うどんでは釜玉うどんが一番好きなので,釜玉うどんの大盛り(430円)を注文しました。
茹でたうどんに温泉卵を落としてダシ醤油をいれてかき混ぜて出来上がりです。本来なら熱々のうどんの上に生卵を入れて半熟にするのが正式な釜玉うどんですが,丸亀製麺は味より,早さ重視です。
無料のトッピングである天カスをたくさん入れて,醤油を少しかけて食べました。美味しかったです。
ちなみに丸亀製麺では,かけうどんの汁は自分で給汁機から入れます。

丸亀製麺の釜玉うどん

丸亀製麺羽咋店の場所はこちら   石川県羽咋市石野町ト10-1 

旬亭 きどぐちや

今日は「旬亭 きどぐちや」に入りました。「旬亭 きどぐちや」はちょっと前に見つけたのですが、水曜日定休なので、なかなか行けませんでした。
店頭には、お昼のメニューが掲示されていました。
「旬亭 きどぐちや」の店内はカウンター席と、テーブル席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。すぐに、冷たい水とタオルのお手拭きが出されました。
お昼のメニューには、日替わり定食950円、お刺身定食970円、天ぷら定食970円、焼肉定食970円、ヒレカツ定食970円、海鮮丼1080円などがありました。日替わり定食はまぐろ丼でした。
今日は刺身定食970円を注文しました。注文して5分くらいで刺身定食が出されました。
刺身定食には9種の刺身盛り合わせ、茶わん蒸し、茄子の味噌焼き、御飯、味噌汁、漬物、お茶がついていました。
9種の刺身盛り合わせというだけでも凄いのですが、鮮度が抜群で感動しました。茶わん蒸しも手間がかかっていて美味しかったです。料理に関しては満足しました。食後のコーヒーも出されました。

ただ残念な点もありました。メニューは税抜きで掲載されているのですが、お昼のメニューには税抜きであるとの表示がありませんでした。店頭の掲示には税抜きとの表示はありました。
もうひとつ、とっても残念な点があります。「旬亭 きどぐちや」は夫婦でやっているんではないかと推測されるのですが、女将さんが板前さんを口汚く罵るのを数回聞きました。ああいうのはやめて欲しいなあ。やっぱり店員さん同士は仲が良い方が、雰囲気が良くて落ち着けますよね。

「旬亭 きどぐちや」は「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録しました。

kidokuraya1.jpg
kidokuraya2.jpg

旬亭きどくちやの場所はこちら   石川県羽咋市千里浜町ホ103

ぼうぼう 魚

2016年9月28日

最近、あまりにもインド料理のお店に通い詰めて、毎週同じ店の記事ばかりだとお叱りを受けた(笑!)ので、お気に入りのお店再訪シリーズということで、ぼうぼう魚に行きました。
ランチタイムのメニューには日替りぼうぼうランチ860円、海鮮丼860円、刺身定食1080円、寿司定食1080円、天婦羅定食1080円、エビフライ定食1080円、うな重定食2200円と前回通りの値段でした。
今日も日替りぼうぼうランチ860円を注文しました。
一歩が値上げしたということなので、そういう事を考慮すると、ぼうぼう魚も3つ星が妥当かなと考えていました。

注文して、ほとんど待つことなく料理が出てきたのでびっくりしました。
今日の日替りぼうぼうランチには、サンマの塩焼き、3種の刺身盛合わせ、子イワシの煮物、自家製の漬物、子付け昆布の佃煮、ご飯、アサリののお吸い物が付いていました。刺身はどれも新鮮さが感じられ美味しかったです。その他の料理も美味しくて申し分なかったですと言いたいところだったのですが、思ってもいない誤算がありました。サンマの塩焼きが冷たかったのです。冷たいサンマの塩焼きって無いでしょう。まあ焼き魚は時間がかかり、客の流れを考えると仕方ない面もあるのですが、がっかりました。13:00過ぎと遅い時間に行ったのも悪かったのでしょうけど。その後にきたお客も注文してすぐに料理が出されたので、みんな冷たいサンマの塩焼きを出されたんだと思います。

もう1つショックが・・・ぼうぼう魚はランチタイムは14:00なんです。でも13:25にランチメニューを回収してしまったのです。入口の暖簾はかけたままなので、この状態でお客が入ってきたらどうするつもりなんだろうか不思議に思いました。 
今日はぼうぼう魚の悪い面ばかりが目につきました。まあそれでも2つ星の価値はあると思うのですが・・・・

食後のセルフのコーヒーもいただきました。

boubou3.jpg

今週の鶴瓶の家族に乾杯に出てた「志お食堂」の前を通りましたが14:00頃でしたが駐車場に自動車がいっぱい停まっていました。

2015年2月4日

今日は久しぶりで、ぼうぼう魚に行きました。値段が上がっていました。
ランチタイムのメニューには日替りぼうぼうランチ860円、海鮮丼860円、刺身定食1080円、寿司定食1080円、天婦羅定食1080円、エビフライ定食1080円、うな重定食2200円などがありました。
今日も日替りぼうぼうランチ860円を注文しました。
今日の日替りぼうぼうランチには、サンマの塩焼き、3種の刺身盛合わせ、魚の照り焼き、自家製の漬物、昆布の佃煮、ご飯、鱈のあら入りのお吸い物が付いていました。刺身はどれも新鮮さが感じられ美味しかったです。その他の料理も美味しくて申し分なかったです。満足しました。
セルフのコーヒーもいただきました。ちなみに、水もお茶もセルフサービスですが何も掲示が無いのは残念なところです。

ぼうぼう 魚の日替わりランチ

2013年3月15日

ぼうぼう魚では土曜日も限定数量で日替りぼうぼうランチをはじめたそうです。

2012年3月16日

今日は久しぶりで「ぼうぼう魚」に行きました。
日替りぼうぼうランチは相変わらず840円でした。
今日も日替りぼうぼうランチを注文しました。
日替りぼうぼうランチにはハチメの煮物、子付けとフクラギの刺身、焼きイカ、小魚の揚げ物2尾、漬物、ご飯、いわし2尾入りのカス汁が付いていました。
本当にいつ行っても魚づくしのボリュームあるランチです。どれも美味しかったです。
食後にセルフサービスのコーヒーもいただきました。
今日は仕事関係のお客を連れての食事だったので写真はありません。

2008年2月27日

今日は羽咋市の魚料理屋ぼうぼう魚に入りました。国道沿いに大きな広告看板が出てたので興味を持っていたのですが、羽咋には14:00までになかなか入れなかったので今日やっと行けました。

ぼうぼうは魚屋さんがやっている直営の割烹のお店で、14:00までのランチタイムには日替りランチやお得な各種定食をやっています。
ぼうぼう魚の駐車場は結構ありますが、魚屋さんとかと共用なので満車の事も多いです。
ぼうぼう魚の店構えがちょっと入り難い感じですが、勇気を出して入ってみました。

13:00を越えていたんですが、ぼうぼう魚の店内はお客がいっぱい入っていて、活気がありました。地元では相当の人気店のようです。

カウンター席があいてたので、座ると席の前にランチタイムのメニューが置いてありました。
日替りぼうぼうランチは月曜から金曜日の平日だけで840円です。焼き魚or煮魚、刺身、小鉢、ご飯、漬物、汁があってコーヒーはセルフサービスです。
ちなみにコーヒーだけではなく、水もお茶もセルフサービスです。お茶は自分でお茶缶からお茶っ葉を出して紅茶の半球状の網に入れてお湯を注がないといけません。
ぼうぼう魚のランチタイムのメニューには日替りぼうぼうランチ以外に刺身定食1030円、寿司定食1030円、焼魚定食1030円、天婦羅定食1030円、エビフライ定食1030円、うな重定食1370円があります。ぼうぼう魚の定食にはメイン料理の他に茶碗蒸し、小鉢、果物、ご飯、汁、漬物がついてコーヒーがセルフサービスです。

お店の人がおしぼりを持ってきてくれたので、日替りぼうぼうランチを注文しました。

そんなに待たなく、日替りぼうぼうランチが来ました。量の多さにびっくりしました。
今日の日替りぼうぼうランチはさんまの塩焼き、さわらの刺身、切干大根の子付け煮、小鯵の唐揚、大根の漬物、魚の味噌汁、ご飯でした。
さんまの塩焼きは頭はついていないけど1匹ついていました。さわらの刺身もちょっと飾りにというような感じでは無くて完全に1人前分くらいありました。切干大根の子付け煮も凝った料理だし、魚の味噌汁も魚のアラだけが入っているのでは無くて、ちゃんとした魚の身がいくつも入っていました。小鯵の唐揚も2匹ついていました。
これでもかこれでもかというくらい魚がいっぱいの日替りぼうぼうランチですが、量だけでは無くて味も美味しくて文句のつけようが無いです、これでコーヒーがついて840円とは、まさしく奇跡です。ありえません。
手軽な料金で美味しい魚料理を堪能できるという面で、石川県じゅう捜してもぼうぼう魚以上のお店を見つけるのは難しいと思います。
ぼうぼう魚は超お奨めのお店です。もちろん完全に満足しました。

ぼうぼう 魚の日替わりランチ

ぼうぼう魚の場所はこちら   石川県羽咋市川原町エ161

麺屋まる 羽咋店

今日は、金沢バス実況さんから情報提供していただいた「麺屋まる 羽咋店」に行きました。羽咋駅のロータリーにあるってことなので、場所はすぐにわかりました。
開店の花輪がいくつも並べられていたけど、なんかシャッターが閉まっているような・・・・

marumen2.jpg

駐車場も見当たらないので、羽咋駅に自動車を停めて様子を伺いました。よく見ると2階に「麺屋まる 羽咋店」があるようです。ちょっと入りにくい雰囲気ですが、恐る恐る2階に上がってみると、建物の中は外から見るより広い感じです。テナントが入っていなくてガラガラではあるけど、何軒ものお店が入れるような感じのフロアーです。そんな中に「麺屋まる 羽咋店」がありました。12:50にお店に入ったのですが、お客は誰もいなくて店員がお客の席に座っていたりして寛いでいました。
「麺屋まる 羽咋店」の店内は小上がりの席とカウンター席があり、カウンター席に座りました。
メニューを見ると基本的には和風ラーメンと豚骨ラーメン、焼きラーメンなどがありましたが、何を選べば良いのか判らなかったので、お店の人に、この店の定番は何ですかと聞きました。そしたら和風ラーメン700円と牛すじラーメン780円がお奨めということでした。和風ラーメンは一番安いラーメンですが、それでも700円というのはちょっと高いかなあと感じました。
牛すじは大好きなので、今日は牛すじラーメンを頼みました。大盛はあるのですかと聞くと、大盛は無いけど、替え玉120円があるということでした。ちなみに御飯は小が100円でした。お昼にはセットメニューとして、ミニ焼きめしorミニ牛すじ丼orミニチャーシュー丼とのセット300円というのもありました。御飯+(唐揚げ3個or春巻き2個or餃子4個)のセット300円というのもありました。
カウンターには、冷たい水が入っているピッチャーとコップが置かれていました。お水はセルフのようです。
それほど待つ事無く牛すじラーメンが出されました。
麺は細麺で昔ながらの麺って感じです。牛スジは柔らくぽちゃぽちゃで味付けも良く美味しかったです。スープはあっさり系ですが、塩気がかなり効いています。でも、しょっぱくはなく美味しいスープです。具は牛スジの他に、かまぼこ、ほうれん草、ネギが入っていました。
美味しいラーメンだと思いました。最初は、替え玉を頼もうと思っていたのですが、麺とスープをバランスよく食べていたら、麺を食べ終わった時にはスープはあまり残っていなかったので替え玉は断念しました。
結局、帰る時までお客は入ってきませんでした。
開店の花輪が無くなるとお店の存在感がより希薄になると思うけどお客さん来るのかなあと余計な心配をしました。
駐車場は無いのですかと聞くと、裏側にあるという事でした。

marumen.jpg

麺屋まる 羽咋店の場所はこちら   石川県羽咋市川原町チ   

カフェ 夢喰庵(バグアン)

今日はカフェ 夢喰庵(バグアン)に行きました。カフェ 夢喰庵(バグアン)の存在は知っていたのですが、なんか細い道を登っていかないといけないって聞いていたので、ちょっと敷居が高かったのです。
実際には、それほど辺鄙な場所ではなく、幹線道路からちょっと入った場所で判りやすかったです。50mほど離れた神社の境内が駐車場になっていて、カフェ 夢喰庵(バグアン)に行くにあたってアクセスという点では全く問題はありません。
カフェ 夢喰庵(バグアン)は、ちょっと立派な田舎の古民家って感じで飲食店という雰囲気はありません。店頭に、メニューが掲示されていて安心して入れますが、普通の古民家の玄関って感じなので、中に入るにはちょっと勇気がいります。

bakuan1.jpg

カフェ 夢喰庵(バグアン)の店内は、ごく普通の古民家にテーブルと椅子が置かれているという感じで、飲食店として改装してあるって感じでは全くないです。13:30を過ぎていたのですが、お客さんは結構入っていて、1人だと言うと、片付けますのでちょっとお待ちくださいと言われました。待っている間、メニューを渡されました。ちなみにラストオーダーは14:00です。
それほど待つことなく、りっぱな庭の見えるテーブル席に案内されました。すぐに冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
ランチメニューはAランチ(メインディッシュのみ)1000円、Bランチ(メインディッシュ+デザート)1300円、Cランチ(前菜+メインディッシュ)1400円、Dランチ(前菜+メインディッシュ+デザート)1730円、Eランチ(前菜+メインディッシュ2種+デザート)2530円があります。その他に3800円、5000円、7000円、10000円のフルコースがありますが1週間以上前に予約が必要です。
ランチメニューのメインディッシュ、前菜、デザートはおのおの2種類から選べます。
今日のメインディッシュはサーモンのコンス、グリーンピースと新玉ねぎとともに 又は仔羊の煮込み、春野菜添え(+100円)
今日の前菜は鶏胸肉と菜の花のモモザサラダ 又はホタルイカと春キャベツのマリネ、オレンジラヴィゴット
今日のデザートはガトーショコラ、金柑のコンポートと共に 又はクレムブリュエ
から選べました。
今日は、Aランチでメインディッシュは仔羊の煮込み、春野菜添え(+100円)で注文しました。
ちょっと待ってAランチが出されました。Aランチには仔羊の煮込み、春野菜添えの他にパンが付いていました。
仔羊の煮込みは柔らかくて、フォークでもほろりと切れました。味付けも申し分なく、春野菜もとても美味しかったです。量はそれなりにありましたが、Aランチだと男性では量的に物足りないかもしれません。でも極上のフランス料理が1000円で食べられるのであれば、量的に足りなければコンビニでパンでも買って食べれば良いのですから問題無しです。1000円で極上のフランス料理が食べられるというのは本当にありがたいことです。幸せを感じました。満足しました。
場所が不便でも、内装にお金をかけなくても、店員が少なくても、美味しい料理を安く食べられるのなら、それで十分です。まあ、あまり貧相で汚いお店じゃマイナスですが、りっぱな庭があり、古いとはいえりっぱな豪邸なのでポイントは高いです。
水は飲み干してあったのですが、途中で注いでくれました。
食事が終わって支払いをしたのですが1000円だと言われました。1100円ではないですかと聞くと、1000円ですよと言われました。+100円の料理を頼んだので1100円ではないですかと聞くと、メニューを見て あっ1100円でしたと言われて1100円支払いました。
カフェ 夢喰庵(バグアン)のシェフはカンヌ国際映画祭のVIP料理も手掛けた事もあるそうで、6年のフランス生活の後、田舎暮らしをしたいという事で東京から家族で羽咋市に引っ越して開店したそうです。
カフェ 夢喰庵(バグアン)の営業は11:30~16:00で料理のラストオーダーは14:00です。月曜日と火曜日が定休日です。ディナーは1日1組完全予約制で対応しているそうです。
カフェ 夢喰庵(バグアン)を能登の食 美味しいランチの飲食店2つ星に登録しました。

カフェ 夢喰庵(バグアン)のランチ

カフェ 夢喰庵(バグアン)の場所はこちら  石川県羽咋市四柳町ナ-23

マナカマナ羽咋店

ちゃとらーさんからマナカマナの羽咋店ができているって聞いて行ってきました。
最初、先週土曜日の夕食に行こうと思ったのですが、いつでも行けるのに、なにも高くつく夕食に行かなくても、ランチで行けばよいということで今日になったのです。マナカマナ羽咋店の店内は、カウンター席と、テーブル席と、小上がりの席があり、小さなテーブル席に座りました。すぐに、冷たい水と、紙のお手拭が出されました。
マナカマナ羽咋店のランチメニューとしては
Aランチ756円(4種から選べるカレー、ナンorライス、サラダ、6種から選べるソフトドリンク)
Bランチ1026円(4種から選べるカレー、3種から選べるナンorライス、サラダ、6種から選べるソフトドリンク お替りに1回だけプレーンナンorライス)
Cランチ1080円(11種から選べるカレー、6種から選べるナンorライス、チキンティッカ、サラダ、6種から選べるソフトドリンク お替りに1回だけプレーンナンorライス)
Dランチ1296円(11種から選べるカレー、6種から選べるナンorライス、タンドリーチキン、サラダ、6種から選べるソフトドリンク お替りに1回だけプレーンナンorライス)
日替わりランチ864円(日替わりカレー、ナンorライス、サラダ、6種から選べるソフトドリンク お替りに1回だけプレーンナンorライス)
キッドランチ637円(チキンカレー、ハーフナンorハーフライス、サラダ、デザート、6種から選べるソフトドリンク)
がありました。
Bランチって選択は普通無いでしょう。
今日はAランチ756円を注文しました。カレーはポークカレーを選び辛さは5段階の中で2番目の辛さを選び、ナンを選び、ソフトドリンクはラッシーを頼みました。
しばらくして、スープとサラダが出されました。スープはあまり味がしなくて物足りなさを感じましたが、飲んでいるうちに慣れました。サラダはニンジンのドレッシングがかかっていて甘くて美味しいです。
かなり時間があいて、ポークカレーとナンが出されました。いつもは5段階の中くらいの辛さを選ぶのですが、今日選んだ2番目の辛さは、相当辛かったです。でもギリギリ大丈夫でした。ポークは硬くて美味しくなかったです。やっぱりチキンかマトンを頼んだほうが良かったです。Aランチの選べる4種のカレーには、その他にダルカレー(豆)があります。
その後しばらくしてラッシーが出されました。ラッシーはカルピスのような感じでした。ラッシーってもうちょっとどろっとしてシェークみたいな食感だったと記憶してるのですが・・・・・・・マナカマナ羽咋店では、もうラッシーは頼みません。
まあ756円でインド料理を楽しめるのなら、これで十分かなって気がします。
水は飲み干していたんですが、特に配慮は無かったです。辛いカレーを食べると水が欲しくなるので、ピッチャーを置いてくれると嬉しいのになあ。
途中で、他の客が、タバコを吸ってもいいがかと大声で言うと、お店の人は大丈夫と答えました。そしたら客が、灰皿を持ってきてって言っていました。
凄い嫌な気分でしたが、お店の人が換気扇のスイッチを入れてくれて、タバコの匂いは感じませんでした。

マナカマナ羽咋店のAランチ
マナカマナ羽咋店のAランチ
マナカマナ羽咋店のAランチ

インド・ネパールレストランDEVi(デビ)に店名が変わりました
マナカマナ羽咋店の場所はこちら  石川県羽咋市石野町ト14-1