資格取得」カテゴリーアーカイブ

食品衛生責任者の資格をとりました

今日、食品衛生責任者養成講習会を受講して食品衛生責任者の資格をとりました。

食品衛生責任者養成講習会は3カ月に1回あるのですが、6月1日から受講申し込みが始まって、6月9日(金)まで金沢市内の人を限定して受講申し込みを受け付けていました。
食品衛生責任者の資格を取ろうと思ったのは6月10日だったのですが、6月12日(月)は金沢市外の人の受付開始日だったので混雑していました。受講料は6500円でした。

受講の定員は190人でしたが、今日の受講者も190人でした。定員いっぱいの申し込みがあって1人も欠席者がいなかったことになります。

受付順に、前から座るようになっていました。

9:40から昼休みと途中休憩があり16:00までぎっしり講習がありました。

お昼に自動車で外出したら、戻った時には駐車場がいっぱいで焦りました。

講義の内容は食中毒の話が中心で、知らない事が多く有意義でした。

試験は無かったので、食品衛生責任者の資格が無条件でいただけました。

これで施設さえ基準を満たせば、食事のお店を営業できます(笑!)

ファイナンシャル・プランナーの資格をとった

2016年10月19日

宅地建物取引士の資格試験で合格が確実になったので、次はファイナンシャル・プランナーの資格試験に挑戦です。

3級のファイナンシャル・プランニング技能検定は1年に3回(1月と5月と9月)あって、次は平成29年1月22日にあります。平成29年1月22日に受験する場合は、平成28年11月7日から11月28日が受験申請期間です。金沢でも受験できます。

独学の人は3級に合格しないと2級に受験できないので、2級の試験を受けるのは早くても5月になります。

もう1つ、旅行業務取扱管理者の資格試験も受けたいと思っているのですが、申し込みは6月で試験は9月初めのようです。金沢から一番近い受験地は名古屋になります。

3級のファイナンシャル・プランニング技能検定は簡単だということなので、3級のファイナンシャル・プランニング技能検定の勉強と旅行業務取扱管理者の勉強を並行して行って、3級のファイナンシャル・プランニング技能検定が終わったら2級のファイナンシャル・プランニング技能検定の勉強に集中し、2級のファイナンシャル・プランニング技能検定が終わったら、旅行業務取扱管理者の資格試験に集中という作戦が良いかなと思います。

ファイナンシャル・プランナーの資格試験は学科試験と実技試験ががあり、学科試験は宅建試験と内容がかなり重複しています。学科試験は筆記(マークシート形式)で問題60問で120分、実技試験は3級の場合は、資産設計提案業務、個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務から選べて筆記(マークシート形式)で問題20問で60分です。一般的には個人資産相談業務のようです。学科試験と実技試験の両方に合格すると合格証書が発行され3級FP技能士と認定されます。

とりあえず、
「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(‘14-’15年版) 」滝澤ななみ著 498円
「みんなが欲しかった!FPの問題集3級(‘14-’15年版) 」滝澤ななみ著 498円
パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編(‘15~’16年版) 個人資産相談業務 649円
最短合格・2級FP技能士上巻・下巻(‘15~’16年版)
パーフェクトFP技能士2級対策問題集・学科編(‘15~’16年版)  3冊で1600円
を入手しました。

旅行業務取扱管理者の資格試験ってどういうものか知るために
「U-CANの旅行業務取扱管理者速習レッスン国内総合(2014) 498円
完全制覇国内旅行地理【旅行業務取扱管理者試験対応】 600円
を入手しました。

2016年10月22日

テキストだけでは、物足りないので講義CDと講義DVDを入手しました。

資格の大原 フィナンシャル・プランナー講座 の学習用CD(FP2級基礎講座CD22枚、直前対策(実技)CD1枚、直前対策CD8枚)、テキスト無  4000円  5年位前の物?

東京ファイナンシャルプランナーズ AFP+2級FP技能士講座のテキスト7冊とDVD7枚 2014年度版  8100円

2016年10月24日

講義CDと講義DVDが届きました。

2級基礎講座CD22枚をミュージックプレイヤーに取り込みました。明日から毎日聴きます。

資格の大原 フィナンシャル・プランナ講座 の学習用CDはファイルに名前がついていなく都合が悪いので、ファイル1つ1つに名前を付けました。

2016年10月25日

今日、2級基礎講座CDを聞きましたが、覚える事がたくさんありますねえ。宅建の時も、とても全部は覚えきれないと思っていたのですが、先は長いなあって感じです。
これから自動車で運転するときは講義CDを聞き続けようと思います。

2016年11月7日

今日からFP3級の受験申し込みの受付だったのでインターネットで申し込みしました。ここ最近、レコードのヤフオク出品のため、自動車の中でFP2級の講座CDを聴く以外は勉強が全くできなかったのですが、そろそろ始めないといけないなあとは思っています。

2016年11月21日

レコードのヤフオク出品のため、自動車の中でFP2級の講座CDを聴く以外は勉強が全くできなかったのですが、今日からテキスト(「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(‘14-’15年版) 」滝澤ななみ著)の勉強を始めました。覚えないといけない数字もそれなりにありそうです。

2016年11月27日

なんとなく他にすることがあって、はかどらなかったのですが、やっと一通り読み終えました。
数字で変更になっているものも、それなりにあったので訂正しました。数字はすべてネットで確認しようと思います。手間がかかりますが、関連知識も得られるし決して無駄にはならないです。確認した部分は赤ボールペンで印をつけよういと思います。
宅建で完璧に覚えたはずの数字は見事に忘れてしまってます。試験が終わって1か月ちょっとしかたっていないのに我ながら呆れてしまいます。

金融、保険、年金で覚えないといけない事は多いですが、3級だと、あまり内容が深くないので1月の試験までなら、なんとかなりそうです。

「みんなが欲しかった!FPの教科書3級」滝澤ななみ著は初心者向きで判りやすいです。良いテキストだと思います。

2016年12月3日

テキストの内容をネットで確認しながら読み進んでいったのですが、想像以上に内容に変更がありました。やっぱり年金や税金は内容の変更が多いです。

ただテキストだけでは内容がはっきり判らない箇所も多いので、ネットを調べないといけなかったのは、どっちにしても一緒なので、労力はたいして変わらないかもしれません。

この調べるという事が、結構、理解を深めるんです。

2016年12月11日

ファイナンシャルプランナー記憶用単語カードを作成しました。
宅建用単語カードと内容が重複している部分があるのですが、重複していない部分で90問です。
これで本格的に勉強ができそうな気がしてきました。

2016円12月14日

単語カードを作ってから、急に理解が深まったみたいで、ファイナンシャルプランナー2級のCD聞いていても頭に入ってくる率が増えたようです。以前は自動車を運転しながら聞いていても右に耳から左の耳に抜けていく感じでしたが、なんとなく頭に入っていくような感じです。やっぱり言葉を覚えるという事は大切な事です。

2016年12月16日

広範囲に少しずつ理解が深まってきたので、問題集を始めました。ファイナンシャルプランナー3級の試験は、宅建と違って、引っ掛け問題や、以下か未満かまで覚えないといけないような問題は無く、素直な問題ばかりなので、過去問をすべてチェックするといった事までは必要ないようです。
でも問題をやってみて、理解が深まるという面は多大なので、問題集をするというのは必須だと思いました。

数字はある程度覚えておかないといけないので単語カードは有益だと思います。

残り一か月しか無いので、急いで問題集を済ませないといけません。

2016年12月17日

問題集を半分ほどやっていみたのですが、すでに合格ラインである6割は、クリアできているようです。
聞き流して頭に入っていないと思っていた2級用の講義CDで聞いていた内容が、意外に身についています。
宅建で覚えた不動産、相続、税金の知識はかなり役に立っています。

問題集が終わったら、2級用の講義DVDも見てみようと思います。

単語カードは、結構、良い出来だったので、ファイナンシャルプランナー3級用の単語カードをヤフオクに出品しました。
3級の資格取るのに、単語カード使ってまで完璧に勉強する必要はないような気もしますが、世の中広いし、欲しい人がいるかもしれません。

2016年12月18日

ファイナンシャルプランナー3級の試験に向けて、テキスト、単語カード、問題集とかしてみたのですが、聞いている時は他の事を考えたりして頭に入っていないような気がしていましたが、2級基礎講座CDを聞いていた事が、意外と身についているようです。
2級と3級では対象としている内容は同じで、内容の深さが違うだけなので2級用のCDでも3級の試験に役立ちます。

ただ、テキストを読んだ後のほうが、言葉の意味が分かっているので、理解度が大きいです。

2016年12月19日

問題集を全部やってみました。実技は個人資産相談業務だけでなく、保険顧客資産相談業務、資産設計提案業務もやりました。だいたい80%程度の正解率でした。
残り1か月もあれば2級もいけてたんじゃないかと思います。
2級と3級の違いは、2級は少し範囲が広くて、4択問題だということのようです。3級は正しいか間違っているかの問題と3択問題だけです。

問題集は、テキストで使っている「みんなが欲しかった!FPの教科書3級」の姉妹版の「みんなが欲しかった!FPの問題集3級 」を使ったのですが、内容が近すぎるので、別の問題集のほうが広い知識を得られて良いと思います。
それに「みんなが欲しかった!FPの問題集3級 」は回答・解説が別冊なので、回答が別冊の中のどこにあるのか探すのも結構苦労します。

2016年12月21日

ファイナンシャルプランナー3級の問題集をやってみて、残り1か月もあれば2級の合格圏に到達できそうな気がしてきたので、1月22日までにファイナンシャルプランナー2級に合格するレベルをめざして頑張ってみようと思います。

1月22日のファイナンシャルプランナー3級の試験が終わってからは、宅建の実務講習の勉強(3月中旬に終了)とファイナンシャルプランナー2級の勉強を並行して5月下旬に行われるファイナンシャルプランナー2級の試験を受けようと思います。
当初10月上旬の旅行業務取扱管理者の資格試験が終わってからファイナンシャルプランナー2級の試験を受けようと思っていたのですが、やっぱり宅建の知識とファイナンシャルプランナー3級の知識の記憶が残っている時に受験した方が絶対に有利だと思ったんです。
但し、宅建の実務講習が終わってからは、旅行業務取扱管理者の資格試験の関連として日本地理も並行して勉強しようと思います。

2016年12月24日

ファイナンシャルプランナー2級の勉強は「最短合格・2級FP技能士上巻・下巻」を使っているのですが、あまり内容が説明されていなくて重要事項を箇条書きにしているって感じなので、わからない事は自分で調べないといけません。しかも索引が無いので、調べたい内容がどこにあるのか分からなく使いにくいです。
そういう意味では、「みんなが欲しかった!FPの教科書3級」を先に使えたのは良かったと思います。
本当なら「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」も併用して使うのが良いのかもしれません。

理想的なのは、テキストは「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」で、問題集は「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 学科編」「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編  個人資産相談業務」の組み合わせなのかもしれません。

2016円12月30日

2級のテキストをひと通り読んでみました。宅建で勉強した効果は大きいようで、なんか今でも2級の問題で60%程度の正解率は確保できそうな気がします。

次は3級用の単語カードを2級用にバージョンアップしようと思います。

2017年1月1日

ファイナンシャルプランナー3級用の単語カードは1組も売れませんでした。ファイナンシャル・プランニング技能検定3級では、単語カード使って頑張るほど、内容が難しくないという面もあると思います。
ファイナンシャル・プランニング技能検定2級の勉強を始めた事もあって、単語カードをファイナンシャル・プランニング技能検定2級対応にバージョンアップしました。

ファイナンシャル・プランニング技能検定3級の範囲外で、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級だけが範囲の内容は意外なほど少なく17枚だけでした。そのカードは別紙にして文字の色も変えて、2級・3級の試験の両方に対応できるようにしました。
総数158枚になりました。

ファイナンシャルプランナー2級の問題集「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 学科編」を始めました。

2017年1月2日

問題集をすると理解度が飛躍的に深まります。テキストで何気なく読み飛ばしていた事が重要である事に気づくことも多々あります。こんな細かい事まで出題されるの?ってお問題が多いです。3級と2級では求められる理解力の深さが全く違う事を実感しました。
ただ、4択なので、ほとんど判らなくても一部知っているだけで回答できる問題も多いので、6割ギリギリの正解率は保てています。

2017年1月7日

資格の大原 フィナンシャル・プランナー講座 の学習用CD(FP2級基礎講座CD22枚、直前対策(実技)CD1枚、直前対策CD8枚)、テキスト無 をヤフオクで3000円で売りました。

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級の単語カードは少しずつ進化しています。間違ったところの修正というより、より理解が深まるように修正しています。

2017年1月8日

問題集の学科編の総合問題以外を完了しました。宅建の勉強で、それなりに勉強してきた不動産や相続関係でも初めて見るような事例もかなり多く、苦戦しました。同じ分野でも、宅建とファイナンシャルプランナーでは見る方向や重要視する視点が違います。

全体的でも6割ギリギリの正解率です。全く安心できるレベルではありません。単語カードの内容をしっかり覚えれば随分違うんではないかと思います。

2017年1月9日

2級学科試験の過去問をやってみました。60問で2時間の試験です

平成26年9月の2級学科試験は1時間10分で完了しました。点数は51点でした。
平成27年1月の2級学科試験は1時間15分で完了しました。点数は47点でした。

36点以上が合格なので、合格にはかなり余裕のある点数です。

問題集が難しすぎるのか、2級学科試験の過去問をもとに問題集を作っているので、問題集をやった後に過去問をやって高点数なのは当たり前なのか、どちらとも言えますが、ちょっと安心しました。

ファイナンシャル・プランナーの2級と3級の過去問を検索したら、Android用のアプリが存在していました。解説まであるので便利です。

ちなみに3級学科の最新の過去問をやってみたら9割以上の正解率でした。最近2級用の勉強ばかりしていたので、直前には、3級用の勉強もしないといけないかなと思っていたのですが、このまま2級の勉強を続ければよさそうです。

2017年1月10日

ファイナンシャル・プランナー3級の受験票が届きました。

2017年1月12日

Android用のアプリの2級学科の新しめの過去問をやってみましたが、かなりの正解率でした。2級学科なら今でも合格できそうです。

2017年1月14日

ファイナンシャル・プランナーの勉強をしていると、生活の不安要素が見えてきて、落ち込むこともありますが、確定申告で控除できる事についての知識が増えるので、節税には役立ちます。

医療費控除について、家族の医療費の総額が10万円に満たなくても、所得が少ない息子には医療費控除の対象になる事や、息子の国民年金の追納のお金を最大限控除するには、源泉徴収票を参考に、家族に分割して確定申告をすれば無駄にならなく全額控除できるなど、知らないと損する事がいっぱいあります。

ファイナンシャル・プランナーの教材に使ったお金くらいは、1回の確定申告で、それ以上取り戻せる感じです。

Android用のアプリの2級実技の過去問をやってみましたが、問題のページが1面で見れないので使いにくいです。どちらにしても計算も必要なので出先で使うより、パソコンで過去問を見ながらじっくり取り組んだほうが良いです。

2017年1月15日

「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」の総合問題以外を3日間で完了しました。

「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」は、難問が多いのですが、テキストを読んでもあまりよく理解できなかったことについて理解が深まりました。やっぱり問題集は良いです。
出来ない問題も多かったですが、単語カードの内容をしっかり覚えれば、もうちょっと正解率もあがるような気がします。

2017年1月16日

ファイナンシャル・プランナー3級実技の過去問(4回分)をしました。ほとんどの問題が正解だったので安心しました。

2017年1月21日

3級のファイナンシャル・プランニング技能検定前日にて2級の単語カードの修正がほぼ終了しました。
かなり良い出来だと思います

明日はファイナンシャル・プランニング技能検定3級の試験なので、昨日から単語カードを中心に復習しました。
改めて、隅から隅へと内容を精査すると、修正した方が良い箇所がかなりありました。
それだけ理解力が深まったということだと思います。

2017年1月22日

今日、ファイナンシャル・プランニング3級の資格試験に行ってきました。試験場が歩いて20分の場所なので、歩いていきました。雪が降っていて寒かったので、万全を期して腹巻をしていきました。

20分前に会場に着いたのですが、すでに試験の説明をしていました。普通の試験は3人掛けのテーブルに間を空けて座るのですが、会場は2人掛けのテーブルで、隣が近いです。
午前中は学科試験で、10:00から12:00までです。40分で解答を書き終えました。60分過ぎないと退席できないので、満点目指して60分間頑張りました。単語カードえ覚えた数字がフルに役立ちました。単語カードは合格だけ目指す場合は必要ないと思いますが満点を目指す場合は、とても役立ちます(笑!)。
つまり3級の受験には単語カードまでは必要ではないという事です。

60分を過ぎると、ほとんどの人が退席していた感じです。

早めに退席したので、午後の試験まで2時間30分もあるので、昼食時間に余裕があったので、以前から気になっていたラーメン屋さん「麺屋大河」に行きました。

12:00にお店を出て、まだ時間の余裕があったので金沢駅で時間をつぶすことにしました。

さすがに金沢駅にいてもすることが無いので、試験会場に早め(試験の40分前)に行きました。すでに多くの人が待っていました。でも試験場の入場は30分前からなので少し待っていました。
午後の試験は実務だったのですが、周りに電卓を用意していない人があちこちにいたのにはビックリしました。
試験は60分ですが25分で解答を書き終えました。実務試験は60分が終わらないと退席できないので退屈しました。仕方ないので満点目指して40分ごろまで頑張りました。さすがに60分まではする事が無く退屈でした。

夕方にも模範解答が発表になるそうですが、満点とれたかなあ?

2級の問題が掲載されたら、2級の問題を試してみようと思います。2級受けても受かってたような気がするんですけど。

17:30に模範解答が発表になりました。

3級学科は60問中6つも間違えていました。60点満点で54点です。36点で合格なのですが、ショックです。
3級実技は15問中1つ間違えていました。点数としてはマイナス4点です。50点満点で46点です。30点で合格なので、それで十分なのですが、ちょっとがっかりしました。

ファイナンシャル・プランニング3級の試験が合格したようなので、旅行業務取扱管理者の資格のために国内旅行の地理の勉強を始めることにしました。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者のテキストと、完全制覇国内旅行地理検定試験を見てみたのですが、覚える事がたくさんあって呆然としています。こんなにたくさん、どうやって覚えれば良いのか悩んでしまいます。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者のDVDは10枚あります。1枚で2時間程度の講義のようです。しかも範囲のすべての内容がDVD講義になっている訳ではなく、その部分はテキストでの自習も必要です。

2017年1月27日

東京ファイナンシャルプランナーズのDVDをMoo0ボイス録音器を使って音声だけMP3で抽出する事にしました。
今まで聞いていた「資格の大原 フィナンシャル・プランナー講座 の学習用CD」は6年以上前の教材なので、数字で変わった部分が多く、理解力が深まった今としては、あれっ数字が違うんじゃないかなと気づいて、違和感を感じる事が多くなったのです。
東京ファイナンシャルプランナーズのDVDは2年前のものなので、違和感を感じる部分は少ないと思います。
東京ファイナンシャルプランナーズのDVDは7枚あって1枚2時間程度なので、それなりのボリュームです。
東京ファイナンシャルプランナーズのDVDは1枚の内容の全てを連続再生できないので、面倒です。

どちらにしても、東京ファイナンシャルプランナーズのファイナンシャル・プランニング2級のDVDを一度見てみようと思います。テキストを見ながら動画を見ると理解が深まると思います。

2017年1月30日

ファイナンシャル・プランニング2級の先日(2017年1月22日)の学科の試験問題をやってみました。

学科は2時間の試験でしたが1時間45分で回答を済ませる事ができました。60問中51問正解でした。あまりなじみのない問題が多く、結構ボロボロだと思ってやっていたけど、意外なほど高い正解率でした。30点で合格なので相当な高得点です。先日の2級試験を受けときたかったなあ。

2017年2月1日

ファイナンシャル・プランニング2級の先日(2017年1月22日)の実技の試験問題をやってみました。

実技(個人資産相談業務)は90分間の試験でしたが60分で回答を済ませる事ができました。50問中33問正解でした。苦手な問題もあって、苦戦しました。配点は公表されていませんが、6割で合格なので合格はしてたと思いますが楽勝という訳ではありません。

単語カードをもっとしっかり覚えれば正解できた問題がかなりありました。
宅建の試験の時には覚えていたけど、ファイナンシャル・プランニングでは対象外だと思っていて忘れていた事も、試験に出ていました。

2017年2月2日

ファイナンシャル・プランニング2級2017年1月22日の実技の試験問題の回答率が不出来だったので、2016年9月11日の実技(個人資産相談業務)の試験問題をやってみました。

60分で回答を済ませる事ができました。49問中42問正解でした。ちょっと安心しました。

2017年2月3日

ファイナンシャル・プランニング2級2016年5月22日の実技(個人資産相談業務)の試験問題をやってみました。

60分で回答を済ませる事ができました。49問中33問正解でした。決して安心できるような状況ではありません。

2017年2月4日

ファイナンシャル・プランニング2級2016年1月24日の実技(個人資産相談業務)の試験問題をやってみました。

50分で回答を済ませる事ができました。48問中37問正解でした。まだまだです。

今日、TACの登録実務講習のテキストが届きました。

旅行業務取扱管理者の資格試験とファイナンシャル・プランニング2級の試験対策の勉強を並行してやっていたのですが、しばらくお休みして、登録実務講習の勉強を始めないといけません。とは言え、テキストを見ながらのテストなので、暗記の必要は無く、ある程度の理解だけで良いので、テキストと動画を一通り見て問題をすれば良いかなと思います。

実際の講習の第一回は3月4日なので1か月あります。

ファイナンシャル・プランニング2級の試験は5月28日で、時間に余裕があるので、しばらくは登録実務講習と旅行業務取扱管理者の地理の勉強を並行してしようと思います。

2017年2月5日

旅行業務取扱管理者の講義を動画で見ると便利だったので、ファイナンシャル・プランニング2級のDVDもMakeMKVを使って動画化(mkv)しました。

これでいつでも、自宅のどのパソコンでも学習できます。やっぱり動画は理解力が強いです。

2017年2月7日

東京ファイナンシャルプランナーズのMP3音源を一通り聞いてみました。
すでにFP2級の内容のほとんどは理解しているのに加えて、初めて聞く内容だったので気合を込めて聞くことができ、忘れていた事の再確認もできたし、有意義でした。

旅行業務取扱管理者のMP3音源を聞き始めました。国内旅行業法から聞き始めましたが、結構わかりやすくて勉強になります。
宅建やファイナンシャル・プランニングと較べると素直な内容なので馴染みやすいです。

ファイナンシャル・プランニング2級は、ほぼ合格圏に届いているし、宅建の実務講習も覚える事の必要性も低いので、3月末までは旅行業務取扱管理者の勉強を中心にしようと思います。

2017年2月24日

電子暗記カードmemoriboLISNYを購入したので、データを移植しました。
紙の単語カードは良いのですが、人前で使うのは、ちょっと恥ずかしいんです。
電子暗記カードmemoriboLISNYはデーターの移植がしにくいし、画面が白黒だし、データーの修正も面倒だし、使いにくいです。
パソコンのEXCELからコンバートできるのですが、改行とか入っているとボロボロになるので、改行無しのデータをコンバートして、memoriboLISNYで編集加工しないといけないのが面倒です。
それと、電子暗記カードmemoriboLISNYとパソコンは1対1の関係なので、どのパソコンでもデータの編集ができるという事ではないのが惜しいです。
レジューム機能があるのは便利ですし、問題をランク分けして、ランクを指定して表示する機能があるのが嬉しいです。

最近、旅行業務取扱管理者の勉強を中心にしていたのですが、せっかく覚えたファイナンシャル・プランニングの記憶がボロボロになっています。まあ一度覚えたので、再び覚えるのは比較的簡単だと思います。

ファイナンシャル・プランニングの勉強は3月下旬から再開しようと思います。

2017年3月1日

今日、FP3級技能検定の合格発表だったので、インターネットで確認しましたが、学科、実技共に合格していました。

2017年3月6日

今日、FP3級技能検定の合格証書が届きました。賞状みたいな合格証書と密封された合否通知書が入っていました。

合否通知書には、細かい分野別で得点が表示されていました。
ちなみに学科は60点中54点、実技試験は50点中46点で、自己採点通りでした。

有料ですが、3級の場合は1620円、2級の場合は1944円支払えば、ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士カードという写真付きの身分証明書みたいなものが発行されるようです。
2級に合格したら、発行してもらおうと思います。

2017年3月18日

FP2級の受験申請の受付をしました。学科と実技で8816円でした。

試験は5月28日です。

最近は旅行業務取扱管理者の受験勉強に専念してますが、そろそろFP2級の勉強を始めないといけないかな。

連休明けから旅行業務取扱管理者の観光地理とFP2級の勉強を並行してやろうと思っています。

2017年3月21日

最近、旅行業務取扱管理者の勉強を中心にやっていたのですが、ひと通り旅行業務取扱管理者試験の講義動画も見たので、国内地理以外は休憩して、ファイナンシャル・プランニングの勉強を再開することにしました。

とりあえず、自動車の中で講義音源を聞き始めました。1か月半のブランクがあり、数字は忘れていましたが、内容はかなり覚えていました。

講義動画をひと通り見れば、かなり取り戻せそうです。その後、単語カードを覚えて問題集をすれば、臨戦態勢に入れそうです。

しばらくはファイアンシャルプランニングと国内観光地理を並行して勉強しようと思います。

ファイアンシャルプランニング2級試験まで2か月です。

2017年3月23日

ファイナンシャル・プランニング2級の講義動画を見始めました。

東京ファイナンシャルプランニングの講義DVDですが、フォーサイトForesightの旅行業務取扱管理者合格講座 国内用 講義DVDと比べると、ただ講師がしゃべっているだけで、DVDの必然性はそれほど感じませんでした。それだけフォーサイトの教材が優れているということなんだろうと思います。

基礎編の半分で3時間程度でした。全部で7枚あるので合計42時間程度でしょうか?
かなり時間がかかります。試験まで2か月なので気合入れて頑張らなくては。

基礎編は全体の概要のようなもので試験対策上はどうでも良い内容でした。途中で眠くなりました。
ちなみに基礎編のテキストは不足していましたが、別に問題ありませんでした。

2017年3月25日

最短合格・2級FP技能士上巻・下巻は理解するという意味では役立たないので、
みんなが欲しかった!FPの教科書2級(’14~’15年版)を559円
で購入しました。数値は変わっているので役に立たないけど、理解するという意味では役立つと思います。

東京ファイナンシャル・プランニング2級の講義動画の基礎は3時間分は半分だと思っていたのですが、実際は3時間ですべてでした。ファイルが3つになっていて最初の1ファイルが3時間あったのですが、残りの2ファイルは最初の1ファイルを2個に分割したファイルでした。
全部で21時間程度なら4月中には全部見る事ができるので、5月28日の試験までには楽々間に合います。

ライフプランニング・リタイヤメントプランニングの講義動画を見ました。かなり内容を端折って本当にテストに出やすい60%の正解を目指す講義内容でした。特に年金の部分は内容が多い割に出題数が少ないということで特に学科の試験対策上は捨てても良い範囲だということです。実技では年金を捨てることは出来ないけど、出題傾向が決まっているので、そこだけやれば大丈夫ということのようです。

まあ忘れていた内容を思い出すだけには役立つかもしれません。

2017年3月26日

新聞を見てたら、4月から国民年金の老齢基礎年金の満額受給額が下がり、保険料の金額が上がると掲載されていて、慌てて、テキスト、問題集、単語カードの値を変更しておきました。
国民年金の老齢基礎年金の満額受給額が779300円になりました。

宅建の勉強をしている時は、よくYAHOO知恵袋を利用していたのですが、国民年金の若年・50歳猶予や免除期間の老齢基礎年金額への反映について判らないことがあったのでファイナンシャル・プランナーの勉強で初めて、YAHOO知恵袋を利用しました。
すぐに回答があって、とても参考になりました。

東京タックスプランニングの講義動画を見ました。本当に試験に出そうな部分だけの説明でびっくりしちゃいます。今まで随分深いところまで勉強していたので、拍子抜けします。

動画と一緒に動画用のテキストと最短合格・2級FP技能士上巻・下巻の両方をチェックしているのですが、最短合格・2級FP技能士上巻・下巻の内容も随分浅く、物足りないです。FP3級の勉強していた時ですら、これより深い学習をしていたので拍子抜けします。
最小の努力で60点の合格点をとろうというのが目的なんだなあと思いました。
動画をひと通り見たら、自動車の中で聞くのは、東京ファイナンシャルプランニングの講義をやめて、ちょっと古いけど、大原FP基礎講座にしようと思います。

改めて、「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(‘14-’15年版) 」を見てみると、内容が深くて判りやすいです。2級のテキストや2級の講義DVDより、3級の教科書のほうが詳しいって、なんなんだろう。
「みんなが欲しかった!FP」シリーズにはDVDも発売されているので、そちらのほうが良かったのかもしれません。

FPの勉強するなら、みんなが欲しかった!FPの教科書が良いという事を再認識したので、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級(‘14-’15年版) 」を購入する事にしました。変更個所は把握しているので、多少古くても大丈夫です。内容を訂正するのも勉強の一部です。

金融資産運用設計の講義動画も見ました。金融資産運用設計は満遍なく説明されていたと思いました。

2017年3月30日

リスクと保険の講義動画を見ました。

2017年4月2日

相続・事業承継の講義動画を見ました。相続・事業承継は満遍なく説明されていたと思いました。

2017年4月6日

東京ファイナンシャルプランニングの不動産運用設計の講義動画を見ました。

東京ファイナンシャルプランニングの講義動画を見終わったのですが、やっぱり年金関係の苦手意識が残りました。講義動画では、年金関係を浅くしか扱っていなかったので、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級(‘14-’15年版) 」で勉強してみようと思います。
やっぱり理解しようという事だと「みんなが欲しかった!FPの教科書 シリーズ」が良いです。
14-’15年版なので、数値の変更があるので、最初に修正しようと思います。
「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(‘14-’15年版) 」と「15~16年度最短合格・2級FP技能士上巻・下巻」で、データの修正点を確認済みなので、それほど手間はかからないと思います。

東京ファイナンシャルプランニングの講義DVDと教科書はヤフオクで売ってしまおうと思います。8100円で購入したので6000円くらいで売れれば良いなあ。

2017年4月7日

「みんなが欲しかった!FPの教科書2級(‘14-’15年版) 」の修正をしました。

おおまかに内容を見ると3級の「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(‘14-’15年版) 」と内容は8割がた同じです。ただ、「みんなが欲しかった!FPの教科書3級(‘14-’15年版) 」に自分で記入した補足説明が「みんなが欲しかった!FPの教科書2級(‘14-’15年版) 」には掲載されていたりするので少しは内容が深くなっているようです。

結局はFP2級も3級も、それほど変わらないという事なんだと思います。

2017年4月8日

遺族厚生年金の、遺族基礎年金と中高齢寡婦加算と経過的寡婦加算の関係と、老齢厚生年金の経過的加算と加給年金と振替加算の関係、国民年金の寡婦年金がよくわからなかったのですが、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級(‘14-’15年版) 」とネットからの情報で、なんとなく理解できました。

こういうのは、「最短合格・2級FP技能士」では、ダメなんですよね。

他にも年金・保険料・税金などで4月から変わった部分があったので、テキスト、問題集、単語カードの値を変更しておきました。

2017年4月9日

今日から、ファイナンシャル・プランニングの単語カードでの学習を再開しました。やっぱり数字関係の記憶はかなり消えています。

「みんなが欲しかった!FPの教科書2級(‘14-’15年版) 」を最初から最後まで読みました。数字以外はほぼ記憶を取り戻しました。

単語カードで数字を覚えなおして、過去問をすれば試験対策としては万全だと思います。残り50日もあるので、相当余裕があります。

旅行業務取扱管理者試験の国内地理と並行して勉強しても大丈夫そうです。WEB上の国内観光地理を早く完成させようと思います。

2017年4月10日

ファイナンシャル・プランニング2級の試験まで残り50日になったのですが、今すぐ受験しても受かりそうな気がしてきました。

1月の3級受験時点で合格ラインまで行っていたので当然と言えば当然なんですけど。
あまりにも50日間が無駄な時間の消費のような気がして、ファイナンシャル・プランニング1級の勉強をしようと思い調べたのですが、ファイナンシャル・プランニング1級の受験資格は実務経験が1年必要ということでした。
1級と2級では難易度が相当違うようです。かなり深いところまで勉強しないといけないし、マイナーな問題も出るそうです。
実務経験って、自分でFPの仕事をやっているって思っていれば、無料相談だけ受けていても経験になるのかなあ?
ネットで調べると、ブログでファイナンシャル・プランニングの相談を受けるのも実務期間に含まれるそうです。これだと簡単に実務経験の1年はクリアできそうです。

ファイナンシャル・プランニング1級の試験は学科が9月と1月の2回、実技が6月と2月の2回です。

ファイナンシャル・プランニング1級は通信教育も少ないし教材も少ないです。
みんなが欲しかった! FPの教科書 1級を買ってみようかな。6月になると新版が出るようです。6月では遅いけど、すぐ古くなるのは買いたくないなあ。

2017年4月12日

東京ファイナンシャルプランナーズ AFP+2級FP技能士講座のテキスト7冊とDVD7枚 2014年度版 がヤフオクで8000円で売れました。

2017年4月13日

東京ファイナンシャルプランナーズ AFP+2級FP技能士講座のテキスト7冊とDVD7枚 2014年度版 をヤフオクで8000円で売りました。

DVDは動画化してひと通り見たのですが、再び見ようという内容では無かったですし、テキストも市販のもののほうが優れていると思いました。聞くだけに使うなら大原 フィナンシャル・プランナー講座の直前対策CDのほうが役立ちます。

2017年4月19日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理のインターネット地図が完成したので、今日から本腰を入れてファイナンシャル・プランニングの勉強をすることにしました。
まずは過去問からです。

2017年4月22日

ファイナンシャル・プランニングの単語カードが初めて売れました。宅建の単語カードはかなり売れているのですが、やっぱり合格の難易度の違いなのだろうか?
ファイナンシャル・プランニングの単語カードも便利なんですけどね。

白ロムのスマートフォン(docomo契約だったSONY XPERIA acroHD SO-03D)を3454円で購入したので、Androidアプリの単語カードを試してみました。やっぱり画面が大きく文字が見やすいのが良いです。

ファイナンシャルプラニングの単語カードの内容を、シンプル単語帳、AnkiDroidに移植しました。パソコンのEXCELからデータが移植できました。苦戦もしたけれど、なんとか使えるようになりました。

「シンプル単語帳」はデータを取り出せないので、他の端末で共用できません。レジューム機能も無く、文字の表示が大きすぎて使う気がしませんでした。ランダム表示は可能です。

AnkiDroidもパソコンのEXCELからデータが移植できました。データの編集可能は簡単です。文字の大きさも適度で読みやすいです。それなりの文字数でも登録可能です。ランダム表示は可能です。
AnkiDroidはレジューム機能が完全ではないのと、単語の難易度の登録も使いにくいのが難点ですが、スマートフォン上でのデータの修正が楽なので使いやすいです。文字の大きさも適度で読みやすいです。
データを取り出して、他のAndroid端末で使う事もできます。

単語カードのAndroidアプリではAnkiDroidが最強だと思います。

2017年4月25日

2級FP暗記カード+過去問徹底対策(解説付き) というアプリを使ってみました。
学科問題だけの掲載ですが、解説もついているし、問題を赤(要チェック)、黄(普通)、青(バッチリ)の3段階にチェックできて、色を指定して問題を表示することもできます。リジューム機能もあるので、途中でやめても、そこから再開できます。
本当に理想的なアプリです。

過去問は2014年9月、2015年1月、2015年5月だけしかないので、ちょっとデータが古いですが良くできたアプリです。75%程度の正解率でした。

新しいデータのものがあれば300円程度なら購入しても良いかなと思いました。

2017年4月26日

ファイナンシャルプランナーの資格試験には国家資格のFP技能士1級、2級、3級と民間資格のAFP、CFPがあります。

AFPとFP技能士2級が同じレベルでCFPとFP技能士1級が同じレベルだそうです。

FP技能士1級、2級、3級は1度合格すると永久的な資格ですが、AFP、CFPは会費を支払って、講習の受講を続けなければ資格が無くなります。

FP技能士1級、2級、3級は日本国内だけで通用する資格だけど、AFP、CFPはアメリカなど海外でも通用する資格と日本FP協会は主張しているようです。

ちなみにFP技能士2級合格者は日本FP協会の講習を受ければAFPの資格も取得できるそうです。

実務で活かしたい人は、情報収集の意味からもAFPやCFPの資格が有効なのかもしれません。

まあ、FP技能士2級を名乗るよりAFPのほうが耳触りが良いですよね。名刺に入れるにも見栄えがします。2級というのは、あまりにもダサいです。

2017年4月29日

最新版FP2級(2016年度版2級3級FP一問一答過去問 解説 無料)というアプリを使ってみました。
最新版といえ、2015年1月と、2015年5月と、2015年9月の過去問だけでした。
2級FP暗記カード+過去問徹底対策(解説付き)と較べると機能が素朴ですが、有意義に使えました。
リジューム機能があるのが嬉しいです。

FP2級過去問解説も使ってみましたが、2015年9月、2016年1月、2016年5月、2016年9月、2017年1月の過去問が掲載されていました。4択問題では無く、すべて〇✖式なので、ちょっと使いにくいです。それに難しい問題のチェック(登録)もできないし、レジューム機能も無いです。
データは有意義ですが、広告が過大でソフトとしては評価できません。

2017年5月7日

FP2級過去問解説(学科)の2015年9月、2016年1月、2016年5月、2016年9月、2017年1月の過去問を全部やりました。

90%程度は判る問題でした。本当は、できなかった問題だけ、再びやってみたいのですが、基本的に記憶する機能が無いので、それはできません。効率の悪いアプリです。

残り3週間あるので、実技の過去問と単語カードで勉強しようと思います。

2017年5月8日

AnkiDroidで単語カードの学習をしました。
AnkiDroidは、この問題は10分後に再びするとか、4日後に再びするとかいうのが難易度の登録で、しかも登録は必ずしないといけないので、不定期に短時間ずつの学習には不向きですが、1日にある程度の時間を使って学習するのには便利です。またファイルを他の人にメールで送るモードもあります。

自作の単語カードは、自分で言うのもなんですが、要点がしっかり抑えられていて便利です。
やっていると自信がつきます。

単語カードの数字をしっかり覚えてから実技の過去問をしようと思います。

2017年5月9日

memoriboLISNYで単語カードの学習をしました。

やっぱり、memoriboLISNYのほうが学習しやすいです。
165個の単語カードの内、完全に覚えきれていないカード(レベル2)を89個に絞りました。
枚数を絞ると、効率が上がります。

さらに、もう1段階絞ろうと思います。

2017年5月13日

最終的に単語カードは164枚になりました。

FP2級の試験まで2週間と迫りました。

学科試験については不合格になることはまず無いと思われるので、残りは単語カードで数値を完全に覚えるのと、実技の過去問に絞って勉強しようと思います。
単語カードは覚えていない物に絞っての学習に切り替えました。

実技の過去問をするのは2月上旬以来なのですが、2週間はちょうど良い期間かなと思います。
こちらのほうは覚える事は少ないし、前回やった時に要注意の問題には印をつけてあるので効率よく勉強できると思います。

それが終わったらテキスト「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」を最初から読んでみようと思います。3級の試験が終わってからは、あまりテキスト類を読んでいないんです。

2016年1月の実技の過去問をしたのですが、ボロボロでした。
計算ミスはするし、勘違いはするしメチャクチャでした。やっぱり実技は練習しないといけません。
前回の時は、先に問題集をやっていたので対応できましたが、今回はいきなりだったので、計算方法を完全に忘れていたようです。

2週間あれば完全に取り戻せると思います。

2016年5月の実技の過去問もしました。単純なミスが多いです。次回からは使い慣れた大きい電卓を使おうと思います。

自動車の中で聞く音源も直前対策用のものに切り替えました。

2017年5月14日

ファイナンシャルプランナー2級の問題集「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」の復習をしてみました。

1月に1回やっているので、前回チェックをつけておいた部分を中心にやってみました。

前回より随分勉強したと思っていましたが、やっぱり難問が多いです。テキストの隅のほうまで理解していないと解けない問題がかなりあります。テキストだけでは解けない問題も少しはあります。
受験対策上だけなら、ここまでやらなくてもいいかなという感じです。でも確かに、理解が浅かった部分の理解が深まります。

2016年9月の実技の過去問をしました。やっぱり単純ミスがあります。

当たり前のことをころっと忘れていたりもします。でも80%以上の正解率はあります。

2017年1月の実技の過去問をしました。やっぱり単純ミスがあります。まあ時間ギリギリまで確認しないので仕方ないです。正解率は90%以上でした。

忘れていた事も思い出しました。

せっかくなので2級の問題集「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」を再びやってみることにしました。

前回より随分勉強したと思っていましたが、やっぱり難問が多くて、テキストの隅のほうまで理解していないと解けない問題がかなりあります。テキストだけでは解けない問題も少しはあります。
受験対策上だけなら、ここまでやらなくてもいいかなという感じです。でも、理解が浅かった部分の理解が深まります。

特に覚えておかないといけない事は、ラインでマークしておきました。

2017年5月15日

FP2級の受験票が届きました。
会場は前回と違っていました。

2017年5月19日

FP2級の試験まで2週間を切って、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」を改めて読みました。

やっぱり判りやすいです。
忘れていたことや、記憶していたことが頭の中で整理されました。

記憶があやふやなところにはラインをひいておいたので前日1時間ほどでチェックできると思います。

後は単語カードを完璧に覚え、問題集の残りをしようと思います。完璧状態に近づいています。

2017年5月21日

問題集「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」を全部やりました。

理解が浅かった部分の理解が深まりました。

完璧状態に近づいています。

これから実技の過去問の、前回間違えたところを中心に復習します。

単語カードもかなり完璧に近い状態で覚えました。

2017年5月22日

実技の過去問2016年の3回分しました。相変わらず凡ミスがあります。

でも、中途半端な理解が、より深い理解になった点もありました。

2017年5月23日

最短合格・2級FP技能士上巻を改めて読み始めました。

最短合格・2級FP技能士は初歩段階での勉強には役立ちませんが、ある程度理解が進んだ段階での学習には役立ちます。
「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」では掲載されていない箇所で、実技の過去問をやって見て重要だなと思った箇所も最短合格・2級FP技能士には掲載されているので、最後の頭の整理には良いです。

6割とる事だけが目的ならば、ここまでしなくても良いのかもしれません。

実技の過去問2017年1月の過去問しました。満点でした。

2017年5月24日

最短合格・2級FP技能士上巻を読み終わりました。

ほとんどが理解できているので、苦手な部分を中心に学習でき、苦手だった部分がかなり理解できました。

2017年5月25日

最短合格・2級FP技能士下巻を読み終わりました。

ほとんど頭に入っていない事が、いくつもありました。良い復習になりました。

後は、過去問の間違えたところの復習です。

2017年5月27日

昨日は忙しくて勉強できませんでした。

実技過去問の間違えたところの復習をしました。それほど時間がかかりませんでした。

苦手は厚生年金の経過的加算と、遺族年金と、一時所得と譲渡所得の計算(50万円控除と1/2)だということが明確になりました。

実技問題集のラインマークをつけたところもチェックしました。

青色申告特別控除(65万円 山林所得の場合は10万円のみ)を忘れてしまいます。

住宅借入金の残高の控除限度額の4000万円も忘れます。

基礎控除の38万円も油断していると忘れます。

最後は単語カードで勉強です。

2017年5月28日

今日は、ファイナンシャルプランニング技能検定2級の試験に行ってきました。
試験場は武蔵方面(上堤町)だったので近くまで自転車に行きました。

10:00から試験で、20分前に集合だったので、30分前に行ったのですが、道路に100mほど行列ができていました。なんでこんなに行列ができているのかなと思ったら、エレベーターが狭いのでエレベーターを待つのに行列ができていたのです。試験会場は7階なので、さすがに階段では行く気がしません。

午前中の学科試験は2時間だったのですが、1時間でできると思っていましたが1時間30分かかりました。点数は高いと思いますが、決して楽勝ではありませんでした。

お昼は早めに出て、近江町で食べようかなと思っていたのですが、めぼしいお店はどこも10人以上の列ができていて断念しました。中華料理の仙桃で食事しました。

食事を終えて、試験会場に戻ったのですが、試験会場は入室禁止で座る場所も無かったので、松枝公園で時間をつぶしました。

午後の試験は13:30からで13:10に集合だったのですが13:00になっても入室禁止で、開場になったのは13:04でした。

午後の実技試験は1時間半だったのですが、ほぼ時間いっぱいかかりました。よもや不合格ということは無いと思いますが、決して楽勝では無かったです。
実技の試験は途中の計算経過も採点の対象だと思っていましたが、回答欄には答えのみの記入になっていました。ちょっと計算間違えをすると、その後の答えも間違えになるので悲惨です。

試験終わったら、どっと疲れました。

とても1級の受験なんで考えられません。

これで旅行業務取扱管理者の受験勉強に着手できます。

17:30から模範解答が発表されたので、確認しました。
学科は60問中49問正解でした。36問正解で合格なので学科は合格です。

実技は49問中39問正解でした。配点が不明なのでなんとも言えませんが、6割正解で合格なので不合格では無いと思います。計算がボロボロだったのでショックが大きいです。判ってて間違えたのも2問あるので馬鹿馬鹿しいです。

なんかすっきりしません。なんか負けたって感じです。

合格発表は7月4日です。

2017年7月4日

ファイナンシャルプランニング技能検定2級の合格発表が今日あったのですが、無事合格していました。

自己採点で不合格になることは無いとは思っていたけど、配点割合も判らなく、100%絶対という事はないので安心しました。

学科は24.85% 実技は34.1%の合格率だったようです。学科の方が合格率が低いのは意外でした。

2017年7月8日

やっと、FP2級の合格証書と合否通知書が届きました。

7月4日発送なのに4日間もかかっています。

学科試験は60点中50点(合格ラインは36点)、実技試験は50点中39点(合格ラインは30点)でした。

特に点数配分はなく基本的に1問1点のようです。
なぜか学科試験では自己採点49点より1点多かったです。多分、問題のミスかなにかで正解が2通りあったのだと思います。
実技問題は49問で満点が50点なので1問だけ2点の問題があったのだと思います。

2020年9月3日

「読み上げ可能な単語帳・単語カードは便利」のcvsデータを公開しました

甲種防火管理新規講習会に行ってきました。

2017年5月15日

不動産業をやるのに役立つというので甲種防火管理新規講習会の申し込みをしてきました。

第1回が5月30日から2日間で第4回は6月7日(水)から2日間なのですが、申し込みは今日から5日間だけでした。

お昼に行ったのですが、申し込みの人が次から次へと訪れていました。

1人当たりの手続きの時間がかなり長くて待ちくたびれました。

2017年6月1日

今日、甲種防火管理新規講習会に行ってきました。受付で5000円を支払いテキストを受け取りました。申し込み順に付けられた番号に従って座る場所が決められていました。
定員は100人でしたが、今回は60人でした。前回は80人だったそうです。見た感じ、欠席者もいなかったようです。
必要な人には、必須の資格なので、別にどうしても必要では無いのに講義を受けていた人は、かなり少なかったのだと思います。

昨日は忙しくて疲れたのですが夜遅くまでする事があって、しかも早めに目が覚めて作業をしていたので、朝から眠たかったです。
講習会ではDVDでの講習の時には2回とも眠ってしまいました。

お昼休みは1時間あったので、久しぶりにホットハウスに行きました。

2日目には、効果測定というテストみたいなものもあるのですが、講義の時に、重要ポイントを繰り返し説明していたので、その点は安心です。

10:00から16:30までぎっしり講習がありました。

金沢では去年1年で86件の火災があり、1件あたりの損害は220万円ということでした。意外に少ないなあと思いました。これくらいなら火災保険を使う必要ないなあと思いました。
金沢の火災の原因は、1番が放火で、2番がタバコの不始末、3番がコンロで、これで40%以上を占めるそうです。

2017年6月2日

今日、甲種防火管理新規講習会2日目でした。途中、効果測定のための重要ポイントの説明もありました。
午後からは実地講義もあり、水の入った消火器の実習や、ホースでの放水体験などもありました。
効果測定と称するテストは、自己採点で提出という方式でした。10問中2つも間違いました。
甲種の終了証は効果測定に関係なしに配布されました。

宅地建物取引士(宅建)の資格を取った

2016年5月14日

きまっし金沢で制作したい新しいページも無くなってきたし、記憶力も落ちてきて、頭の働きも衰えてきたので、新しい事に挑戦する事にしました。

無駄なことをするのもつまらないし、きまっし金沢を利用して副業しようとする場合に役立つという事で、宅地建物取引士の資格をとることに挑戦する事にしました。

宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の資格は、一般的に宅建と呼ばれていますが、国家資格で合格率15%の難関のようです。試験問題は4択で50問中35問程度の正解で合格のようです。

今年のインターネットでの申し込みは7月1日(金)9時30分から7月15日(金)21時59分まで受験手数料は7000円、試験日は10月16日13時から15時までだそうです。合格発表は11月30日です。
石川県では金沢工業大学で試験があるようです。
石川県で受験できるなら、失敗しても、たいした負担では無いです。

とりあえず、テキストや問題集を揃えることにしました。毎年、その年用のテキストや問題集が発刊されているようですが、少しぐらい古くても大丈夫だろうという事で、ヤフオクで揃えることにしました。

わかって合格る宅建基本テキスト(2014年度版)
わかって合格る宅建 一問一答セレクト600(2014年度版)
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(1) 権利関係
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(2) 宅建業法
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(3) 法令

以上で1754円の出費でした。

2016年6月 5日

6月から、「わかって合格る宅建基本テキスト」を読んで、勉強を始めています。試験まで4か月半もあります。
宅建の試験では4択なので、覚えるという事以上に理解するって事が重要なようです。
「わかって合格る宅建基本テキスト」は民法から始まるのですが、広く浅く説明されているせいもあるけれど、実際に経験して無い事だったり専門用語が使われたりしているので、なかなか理解が出来ません。そういう時にはネットで検索すると、Yahooの知恵袋などで具体的な例で説明されていたりします。宅建をとろうと勉強している人が、それだけ多いということなんですね。GoogleChromeを使っていて、そういうページをブックマーク(宅建関係のフォルダを設置しておく)しておくと、どこにいてもインターネット環境があればパソコンでもスマートフォンでも復習できます。
もちろんそれだけではなくて、テキストで重要なところはマーカーペンで印をつけておいて、何度も確認しておく必要はあります。
全体的に理解ができたと思ったなら問題集で確認です。

2016年6月18日

宅建のテキストを一通り読んでみると、範囲が広くて、覚える数字も多いので、テキストや問題集だけでは安心できないということで、仕事上、運転の時間が長いので、聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)を購入することにしました。

一週間に運転する時間は12時間はあるので、その時間を有効利用できるとずいぶん違うと思います。ただ、居眠りしないように気をつけないといけません。
本当は、最新のCDを購入しようと思ったのですが、今年のものはすでに売り切れていて購入できなかったので平成24年版を購入しました。意外と新しめの中古が出回っていないんです。

法令上の制限(平成27年版)1450円、宅建業法(平成27年版) 1249円、権利関係(平成27年版)2499円でした。

2016年6月22日

今日初めて聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)を聞いてみたのですが、参考書を読むよりは理解度が相当高いです。どうして、こんな法律ができたとかいう思想みたいなものも理解できるので、ひねった問題とかに対する対応力もつくように思います。購入して良かったです。

消費税など、ちょっと現状と違っているところはありますが、あまり細かい数字は言っていないので、ほとんどは違和感なく利用できました。

2016年6月24日

聞くだけ宅建CDでも、覚えないといけない数字があって、それは単語カードやメモで覚えるのが良いという事なので100円ショップで単語カードを探してきました。
普通の単語カードもあったのですが、赤や青のマーカーペンで覚えておかないといけない部分にマークして着色したフイルムで透かすとマークした部分が黒くなって見えないというのもありました。テキストの覚えないといけない部分にマークしてフイルムで透かすと見えなくなるというマーカーペンとフイルムのセットも売っていたので買ってきました。
世の中、便利になりました。

2016年6月26日

パソコンで綺麗な単語カードが作れたら良いなあと思ってケーズデンキに探しに行ったのですが見つからず、ネットで調べました。

A-one 51163 (マルチカード 各種プリンタ兼用紙 白無地 A4判 30面 単語カードサイズ 穴あきタイプ/5シート(150枚))
というのを見つけて購入することにしました。540円と少し高いのですが・・・・・
実は、A-oneでは、マルチカードを印刷するためのソフトが無料でダウンロードできるようになっているんです。ある意味、そのソフトだけで登録したデータを使って、クイズとしても使えるんです。
ひょっとして、宅建用記憶カードを販売したら売れるんじゃないかという気がしています。宅建用記憶カードって購入しようと探しても売ってないんです。
データを入力してしまえば、プリントすれば、いくらでも簡単に作成できます。

2016年6月28日

不動産業と宅地建物取引士の資格の関係が、いまいちはっきりしないまま宅建の勉強を始めたのですが、宅建のテキストを読んでだんだん判ってきました。

まず、宅建の資格試験に合格すると、その合格資格というのは、原則として一生有効です。
基本的には、不動産業の実務経験が2年以上ないと宅地建物取引士になれないようですが、国土交通大臣の登録を受けた登録実技講習を受けると未経験者でも宅地建物取引士になれるようです。
都道府県知事に申請して欠格要件が無ければ、宅地建物取引士の登録ができて、宅地建物取引士証が交付されます。
不動産業(宅建業)をはじめる場合は、60万円の保証金(弁済業務保証金)が必要です。
宅建業の事務所には、常勤の専任宅地建物取引士が必要ですが、自分が経営者か役員で宅地建物取引士の資格をもっていれば、それで要件を満たすという特例があるそうです。自分も含めて5人以下の従業員だと、宅地建物取引士を別に雇って常任さなくても良いです。
事務所は、ちゃんとした建物の中であれば問題ないようです。

不動産取引って地主と繋がりがないと成り立たないのかと思っていたのですが、不動産を借りたいとか買いたいという人さえ確保できれば、基本的に、どの物件であろうと媒介仲介ができるようです。不動産業の収入って基本的には売ったり貸したりする側の不動産屋と、買ったり借りたりする側の不動産屋と折半になるんです。

なんか副業として営業するのも可能なような気がしてきました。

2016年7月2日

今日、宅地建物取引士の受験の申し込みをしました。インターネット経由での申し込みで、写真も家族にデジカメで撮ってもらいました。
応募規格に切り取るソフトもあって、問題なく対応できました。
支払いはカードで、受験料7000円の他に事務手数料257円がかかりました。

宅建の受験用記憶カードが完成しました。結構、良い出来だと思います。
ただ、用紙の上下左右端で文字が消えてたりしていたので対策が必要です。


2016年7月3日

宅建の受験用記憶カードのすべてのカードを、内容が間違ってないかネットでチェックしました。
入力ミスや法律が変わっていたとか、いろいろミスが見つかりました。
やっぱり古いテキストだと余計な手間が増えます。

CD1種類だけだと飽きるので、ユーキャン 平成26年度 「スキマ時間で聴く なるほど CD」16枚セットをヤフオクで購入しました。最新版ということです。
出品者のカルチャースクールで使用している、最新版(平成27年度版)のテキストデータ と、平成16年度から、平成26年度までの過去11年間の宅建本試験の過去問題集も付属していて総額4551円でした。

2016年7月4日

改めて単語カードをプリントしてみると、1か所だけ字が切れているところがありました。完璧なものを作成する見通しがついたので、宅建の受験用記憶カードをヤフオクで出品しました。クリックポストの送料込みで1500円です。
原価はA-one 51163 が378円で、送料164円、リング2本が20円程度とインク代です。
インク代は馬鹿にならないと思うので、それほど儲かるものではありません。

2016年7月7日

ユーキャン 平成26年度 「スキマ時間で聴く なるほど CD」16枚セットが届きました。
ちょっと聞いてみましたが、「聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)」とポイントとしている点が違うので、新鮮に聞けますし、新たに理解が深まります。消費税が5%で講義されているので、実際には平成26年度より古いものだと思われます。

2種類の違う種類のCDセットを利用するのは決して無駄になりません。価値は十分ありました。

2016年7月16日

宅建の受験用記憶カードが初めて売れました。

ついでに今年買った宅建のCDも1セット売れました。

2016年7月23日

数字など細かい部分の記憶は十分ではないのですが、理解度はかなり深まったので、平成9年からの過去問で模試を始めました。
まずは回答欄を作って、問題は http://ss-up.net/ 回答解説は http://e-takken.tv/ を利用しました。
本試験では50問2時間ですが、よっぽど気合を入れてテキパキしないと時間内に全問回答することはできません。
正しいのはどれですかとか、誤っているのはどれですかという4拓の問題ですが、途中で正しいのと誤っているのがごっちゃになって、自分では分かっているのに間違った回答をする事が多いので、問題1つ1つに、正しい(T)誤り(A)不明(?)を記入して、最後に回答を決めるようにしました。そのようにしたら判ってて間違うというミスが少なくなり、時間も節約できて2時間以内にすべての問題に回答を記入できるようになりました。
ちなみに、正しいと思うけどはっきりとは分からない場合はT?、誤っていると思うけどはっきりしないはA?、全く判断できない場合は?と記入します。そうすれば、後で解説を読む時に、どの部分を集中的に読めばよいかの判断材料にもなります。
?のついた部分と、間違った部分は、必要と思うところは、コピー&ペーストしてまとめておくと、弱いところを後から何度も読み返せます。こういうところはネットというのは楽で便利です。本だと改めて入力しないとできません。

http://e-takken.tv/では法改正されている部分は訂正してあるので助かるのですが、それでも統計や住宅金融公庫など現状では該当しない部分もあります。

過去問をすると、今まで勉強していない事も新たに知ることができて理解度が深まります。

2016年7月27日

過去問をしていますが、すでに合格圏を超えている年がほとんどですが、散々な年もあります。
とにかく単語カードで記憶が必要なものを完璧に記憶して、安定して合格圏に入るようにしなければいけません。

2016年8月6日

宅建受験の受付票が届きました。受験の申し込みが届きましたよという通知です。 受験票は、別途、後程届くようです。

「スキマ時間で聴く なるほど CD」「聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)」を順番に聞き続けていますが、理解している部分が増えてくると、頭に入っていなかった部分には、より集中して聞けるので理解度が深まります。全体的に集中して聞いていたつもりですが、初めて聞くように感じる部分も結構多いです。最近、過去問と単語カードを集中してやっているので、テキストに書かれている基本的な事で、つい忘れてしまっている事もCDを聞くことで思い出すことも多いです。CDを何度も繰り返し聞くって事は、とても有意義な事だと思います。

過去問をしていて、2時間で50問というのは、時間的にギリギリです。最初の10問ほど権利関係の問題が出るのですが、問題を理解するのにも時間がかかるし、考えるのも時間がかかるので、問題の半分くらいが終わった時には時間の2/3くらい過ぎてたりします。そうなると焦ってしまいます。最終的には、時間内に全部の問題の回答を記入できるのですが、もし時間切れになって分かっている問題なのに回答を記入できなくなることになると悲惨です。
こういう事態を回避するためには、時間がかからなくても解ける11問以降から先にやってしまうのが良いと気づきました。

それと万が一、時間が余った時のために、後から再考したい問題には印をつけておくのが良いということが判りました。

2016年8月13日

単語カードは、とても便利で役立つのですが、単語カードだと、所得税・不動産所得税・固定資産税・登録免許税の特例の関係性や、防火・準防火地域における建築物の構造の規制、建築確認の要否、35条書面と37条書面の記載事項の関係性が、すっきり覚えられません。
こういう関連性をはっきり理解するには表を見て理解するのが有効です。

2016年8月15日

判らない事をネットで調べると、Yahoo知恵袋が一番わかりやすい事が多いです。
それで、どうしても判らないことを、Yahoo知恵袋で問い合わせする事にしました。1日もたたずに回答していただいて理解する事ができました。あんまり安易になんでも聞くのは迷惑だと思うので節度を守って利用したいと思います。

Yahoo知恵袋って最初に1050ポイントが与えられました。ベストアンサーにお礼として25ポイントから任意の報酬を設定できます。
答えてベストアンサーに選ばれると、その報酬が与えられますが、質問者も、ログインしたり質問したり、ベストアンサーの登録をしたりするとポイントが与えられるので、所持ポイントはあまり減りません。

Yahoo知恵袋の場合は、質問の細かいカテゴリー選択は自動になるので、質問の最初にどういう系統の質問であるかが判る文を入れておくと良いようです。

2016年8月18日

やっと、平成27年までの過去問が終わりました。だいたい合格圏にきているのですが、5年に1回ほど不合格になっていたりします。合格の年でもギリギリだったり、2,3問しか余裕がなかったりというのが多いです。
しかも最新の平成27年の過去問では不合格でした。ショックでした。テレビをつけながらで、途中、気を取られた時もあったこともあり、明らかな不注意ミスもあったのですが、自分の知識からすると間違えても仕方ない問題も多かったのです。相変わらず、売主自らの販売だとか、相手が宅建業者であることを読み落とすことがあります。
どれだけ知識を増やしても、間違える問題が減りません。後で解説を読んでも、全く聞いたことないという事例が結構出題されています。過去問はテキストに反映されているので、新しい過去問になるほど、テキストにのっていない事例が多くなるのは当然のことかもしれません。
結局、テキストは隅から隅まで理解・記憶する事は最低限必要で、そのうえで過去問で出題された事例をカバーしておかないといけないという事になります。それだけ勉強しても、聞いたこともない事例の問題も数多く出てきます。
それはともかくとして、「わかって合格る宅建基本テキスト」って優れたテキストだと思います。
まあ全部正解しなくても70%程度の正解率で合格なので、テキストと過去問を完璧に理解・記憶しておけば大丈夫なのですがハードルは高いです。運不運はかなりあると思います。

最近、問題の傾向が少し変わってきて、正しいか誤っているかだけではなくて、正しいのはいくつあるかとか、正しいものの組み合わせはどの組み合わせかというような問題が増えています。以前の形式だと、はっきり判らなくても、正しいものを選ぶときに、誤っているとはっきりしているものは除外して、残りの物から1つ選ぶという方法ができたのに、今の問題形式だと1つでもはっきりしないものがあると正解を導くことができない事になります。

これからは、問題集にとりかかろうと思います。試験まで2か月です。

2016年8月20日

過去問が終わったので、問題集「わかって合格る宅建 一問一答セレクト600」を始めました。
問題集「わかって合格る宅建 一問一答セレクト600」は基礎的な問題が多くて歯ごたえがありません。最低限これくらいは完璧に理解しておかないといけないということだと思います。
過去問をしっかりすれば、問題集は必要ないと思いますが、もし問題集をする場合は、先に問題集をしてから、過去問をするのが良いです。問題集だけして過去問をしないのはお奨めしません。

2016年8月28日

問題集「わかって合格る宅建 一問一答セレクト600」が終わりました。間違った問題や、迷った問題は、メモしておこうと思います。ネット上の問題と違って文を打ち込むのは面倒です。

2016年8月29日

間違った問題や、迷った問題の数が少なかったので、メモはすぐに終わりました。
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(1) 権利関係を始めました。

2016年9月2日

出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(1) 権利関係が終わりました。
「出る順宅建ウォーク問過去問題集」は、「わかって合格る宅建 一問一答セレクト600」と比べると有意義だと思いました。「出る順宅建ウォーク問過去問題集」も歯ごたえは無いのですが、理解しにくいポイントを理解しやすく整理してあるので重点を集中的に勉強するには良いです。でも過去問を満遍なくやってみる完璧さには到底及びません。
間違った問題や、迷った問題は、メモしておこうと思いますが、それほどの量では無いので、それほど時間はかからないと思います。

2016年9月3日

出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(2) 宅建業法を始めました。

2016年9月4日

出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(2) 宅建業法が終わりました。
こちらも、歯ごたえは無いのですが、理解しにくいポイントを理解しやすく整理してあるので重点を集中的に勉強するには良いです。

間違った問題や迷った問題は、メモしておこうと思いますが、量はかなり少ないので、それほど時間はかからないと思います。

宅建業を副業で行おうとする場合の要件って意外と厳しい事が判明しました。

宅建業の事務所は、「継続的に業務を行うことができる施設」である必要があり、かつ「他業者や個人の生活(居住)部分からの独立している」必要があります。つまり、他の法人や個人事務所と混在していたり、生活部分と混在している場合には免許を受けることができません。

代表者は事務所に常駐し、代表権行使のできる者です。代表者が事務所に常駐できなければ、政令で定める使用人を置く必要があります。

宅建業が主でない場合、全ての従業者を宅建業の従事者にする必要はありません。従事者に該当する方は、次の通りです。
代表者(非常勤でも該当)、専任の宅地建物取引士、政令2条2の使用人、宅建業に関わる役員、宅建業に関わる従業者
*非常勤役員と監査役は該当しない。
*宅建業が主でない場合、一般管理部門に従事する方は該当しない。

2016年9月9日

最近ちょっと忙しかったり眠かったりしてはかどらなくて、出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(2) の間違った問題や迷った問題のメモが終わりました。

出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(3) 法令上の制限・税・その他を始めました。

Yahoo知恵袋に数件相談しましたが、世の中親切な人が多く、回答がない相談はありませんでした。
適切な回答で、目からウロコという時もあるのですが、もっともらしいけど間違った回答も多いです。そういう回答に対して、根拠を出して再質問すると、回答を削除されたりします。1週間で回答を求める期間が終わってしまうので、もっともらしいけど間違った回答に納得してそのままにしておくと、それが最終的な回答になって、それを見た人は、その回答が正しいと思ってしまいます。
まあボランティアで回答しているので、仕方ないですが、Yahoo知恵袋の結論をまともに信じてはいけません。

2016年9月10日

出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(3) 法令上の制限・税・その他が終わりました。
こちらも、理解しにくいポイントを理解しやすく整理してあるので重点を集中的に勉強するには良いです。

2016年9月15日

最近ちょっと忙しかったり眠かったりしてはかどらなくて、出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(3) の間違った問題や迷った問題のメモが終わりました。

2016年9月16日

聞くだけ宅建CD3種がヤフオクで売れました。

2016年9月19日

過去問と問題集で間違った問題や迷った問題のメモが54ページにもなったのですが、集中して復習しました。間違った部分や、日本語がおかしい部分も全部修正しました。これはこれで、とても良い勉強になりました。

2016年9月20日

問題集がすべて終わって、間違った問題や迷った問題のメモが終わりました。
宅建の試験まで1か月になったので基本に戻って「わかって合格る宅建基本テキスト」での復習を始めました。宅建業について広範囲に理解が深まっていると思いますが、基本中の基本の事を忘れているところもあると思うし、今まで重要視していなくて抜け落ちていた部分もあると思うので、そういうところをチェックできるのではないかと思います。

2016年9月23日

実際に「わかって合格る宅建基本テキスト」を読んでいると、理解しているところがほとんどなので、そういうところを読むのは、それほど時間がかかりません。赤線がついていなかったり、強調文字でない部分で、今まで気合を入れて見ていなかった部分でも、過去問を経験した今となっては、覚えておかないといけないと思える部分も新たにあって有意義です。特に図とかはあまり気合を入れて見ていなったのですが、改めて見ると役に立ちます。ほとんど記憶に残っていない部分もありました。

やっぱり基本はテキストです。良いテキストを選ぶということは重要だと思います。教材は中古で揃えたものを使ってきましたが、テキストだけは最新のものを購入するのが良いです。問題集やCDなどは、少しくらい古くても、ほとんど問題ないと思います。ただ、ネットでの過去問とその解説を参考にするのは絶対に外せません。

2016年9月24日

「スキマ時間で聴く なるほど CD」がヤフオクで売れました。これでCDは完売です。

CD全部売って6744円回収できました。

2016年10月8日

「わかって合格る宅建基本テキスト」に50問形式の模試が付いていたので、やってみたらすごく緊張します。やっぱり、本番前にこの雰囲気に慣れておかないと安心できません。
模試といっても、ほとんどが過去問からの出題なので、間違えたのは数個でした。まあ、当たり前なんでしょうけど。

2016年10月14日

不動産業(宅建業)をはじめる場合は、宅地建物取引業保証協会に入会すると60万円の保証金(弁済業務保証金)で開業できるのですが、ネットで調べると、宅地建物取引業保証協会に入会するのには入会金や会費などで、保証金の他に100万円ほど払わないといけないようです。毎年の会費も10万円以上するそうです。「わかって合格る宅建基本テキスト」の復習を一通り終えてから、今まで重要視していなくてなじみの薄い部分に印をつけて、その部分をワープロで打ち込んで印刷しました。
過去問や、覚えにくい部分をワープロでメモしてあったノートの記憶が曖昧な部分にも印をつけました。
明後日は試験なので、明日は、上記の復習を集中的にしようと思います。
単語カードの内容も覚えたし、満点を目指します。もちろん満点をとれるとは思っていないのですが、満点を目指すくらいに徹底的にやらないと100%の確率で合格できないですから。 なんといっても1年に1回の試験なんですから、落ちたら取り返しがききません。

2016年10月16日

今日、宅地建物取引士資格試験に行ってきました。朝早く起きて、覚えきれていない部分(用途地域の制限、税金の軽減措置、37条重要説明の項目)の最終チェックをしました。不必要な物は試験会場に持ち込めないって事だったので、参考書は持たず、単語カードから自信のない部分20枚だけピックアップして持っていきました。
10:30に家を出て、頭の回転を良くするために、いつもなら金沢駅まで自転車で行くのですが、金沢駅まで歩いて行きました。ちなみに会場の金沢工業大学へは自動車で行くことも自動車で送迎する事も禁止されています。
金沢駅から、バスで行くのですが、宅地建物取引士資格試験用の臨時バスがいっぱい出ているので、それほど待たなくてもよく、しかも混雑することなくバスに乗れました。全員が楽に座れるような感じです。バスの中では、単語カードを何度も見て、記憶を確かなものにします。金沢工業大学には11:30に着きました。集合時間の12:30までには時間の余裕があるので食事をしました。付近のお店の駐車場では、宅地建物取引士資格試験の受験者が駐車しないように厳重に見張りをしていました。
試験会場には12:00前に着きました。試験会場の入り口に、どこの部屋は何番から何番という掲示があったのですが、それを見ると受験者数は1480人ということのようです。仮に15%合格すると222人宅地建物取引士が新たに誕生するって事です。ちょっと多すぎなんじゃないのって気がします。

試験会場では、参考書や電子機器などの持ち込みは自由になっていました。こんなんなら参考書も持ってきたら良かったかなあって思いました。12:30には勉強はやめて飴をなめながら、心安らかに待つことにしました。何故か、自分の周り(前後左右斜め)8席のうち4人が欠席になっていました。
試験前には、スマートフォンなど電子機器は、既定の紙袋に入れて、3人掛けの真ん中の席の机の上に置くことになっていました。筆記用具以外は、通路側の床に置くことになっていました。
13:00から2時間の試験ですが、ギリギリに入室する人や遅刻してくる人もいました。試験が始まって30分過ぎに遅刻してくる人もいました。所要時間から考えると、30分遅れたらそれだけでアウトでしょう。
試験問題は、さすがに見慣れない問題も多く、過去問を完璧にやっていても出来ない問題も多いです。特に最初のほうは戸惑う問題が多かったように思います。やっぱり数字を覚える事は重要で、テキストの隅から隅まで覚えないと解けない問題も少なくは無かったです。
過去問をやっている時には、いつも時間ぎりぎりだったのですが、勉強のかいあって迷うような事は少なく、20分前には全問解けて、残りの時間は余裕をもって、確認ができました。分かっているのにミスしている問題も2問ほど見つかって一安心です。

試験が終わると、受験者が一斉に帰るので、人数の多さに圧倒されます。やっぱり学生さんって感じの若い人が圧倒的に多いのですが、自分より年上の人もいました。
バス停には大勢の人が待っていましたが、すぐにバスが来て、次のバスを待つことなく乗ることができました。さあすがに、ぎゅうぎゅう詰めでした。

問題用紙は持ち帰りができるので、自分の回答を控えておきました。
夜には、ネットで解答速報(非公式)が掲載されていました。自分の点数は50点中39点でした。予想合格ラインは34点ということなので合格は間違いなさそうです。ヤッター!

2016年12月1日

宅地建物取引士資格試験で50点中39点だったので合格は間違いないと思っていたので、もうすっかり過去の事になっていたのですが、11月30日の朝刊に宅地建物取引士資格試験の合格者が29日に発表されたとの記事が出てて、宅地建物取引士資格試験を受験したことを思い出しました。
石川県内では1207人が受験し合格者は去年より24人少ない167人合格率は13.8%だったそうです。
2016年の宅建試験の合格点は35点だったようで、全国の合格率は15.4%だったようです。
万が一って事もあるので、30日に県庁に合格者受験番号を見に行ってきました。間違いなく、自分の受験番号が掲載されていました。
それで、今日、合格証書在中の簡易書留が届きました。その中に、登録実務講習実施期間一覧も入っていました。20の講習機関が掲載されていましたが、金沢の講習機関はありませんでした。まさか東京まで講習を受けに行かないといけないのかと思いましたが、ネットを調べると日建学院、TAC、総合資格には金沢校があって、金沢でも講習が受けられることがわかりました。
すでに講習予定が発表されていました。複数回開催している講習機関もあるのですが、平日に行われる講習もありますし、土日に行われる講習もありました。講習は2万円程度です。
さすがに仕事を休んで行くのは都合が悪いので、土日に行われる講習がある講習機関を選びました。
1月22日に3級のファイナンシャル・プランニング技能検定があり、旅行業務取扱管理者の資格試験は9月初めなので、スクリーニングが3月4日(土)、11日(土)に行われるTACの登録実務講習を受けようと思います。
宅建士登録実務講習は、講習機関によっては教室講座やDVD講座、通信講座などを選べますが、2日間のスクリーニングは必ず講習の機関で受けないといけなくて、スクリーニングの後に試験があって80点以上で宅建士登録実務講習に合格ということになるようです。TACの登録実務講習は、WEB講義とスクリーニングだけのようです。DVD講座のほうが良いんですけど。
宅建の知識はすでに忘れてしまっているので、ちょっと不安です。
ネットで調べると、試験はテキスト持ち込み可で、試験に出るところは前もって重要個所として説明があるそうです。
TACの登録実務講習は2万円です。

宅建士登録実務講習に合格して37000円の登録料を支払って、宅地建物取引士の資格を取得ということのようです。

2017年2月4日

今日、TACの登録実務講習のテキストが届きました。

旅行業務取扱管理者の資格試験とファイナンシャル・プランニング2級の試験対策の勉強を並行してやっていたのですが、しばらくお休みして、登録実務講習の勉強を始めないといけません。とは言え、テキストを見ながらのテストなので、暗記の必要は無く、ある程度の理解だけで良いので、テキストと動画を一通り見て問題をすれば良いかなと思います。

実際の講習の第一回は3月4日なので1か月あります。

さっそく動画を見てみようかなと思ってTACのサイトに行ったら2月6日から配信でした。

2017年2月6日

宅建の登録実務講習の動画の配信が始まったので、さっそく見てみました。
2時間程度の講義が3本のようです。最初の1本だけ見てみましたが、どちらかというと復習のような感じでした。動画なのでわかりやすいです。
ネット環境以外で見たいことがあるかもしれないので、ダウンロードにトライしました。

なかなかダウンロードできなかったのですが、ファイルがFLASH形式だったので、動画ダウンロード無双というソフトでダウンロードしました。
動画ダウンロード無双は有料ソフトですが、3日間の使用期間があるので、3日内に3本の動画をダウンロードしてしまおうと思います。
とりあえずは1本だけダウンロードが完了しました。

ダウンロードファイルの保存場所が分からなくて、探すのに苦労しましたが、 ドキュメント — Apowersoft —– Video Download Capture 6 — Downroad にありました。F4Mという規格のファイルでした。

2017年2月8日

F4Mというファイルは動作が重く、動画の希望の位置から再生する事ができないので、VLCメディアプレイヤーでMP4のファイルに変換しました。
ちなみに、デフォルトの条件だと、VLCメディアプレイヤー以外のソフトだと音が出ません。
それだと都合が悪いので、設定を変更して、汎用性のあるファイルに変換できるようにします。
新しいプロファイルを作って変換します。カプセル化を MP4/MOV 、ビデオコーデックを H-264 でビトレートは未使用に設定します。オーディオコーデックを MPEG 4 Audio(AAC) Sample Rate 48000Hz に設定します。
ツール—設定—入力/コーデック—設定の表示—すべて—入力/コーデック—ビデオコーディック—FFmpeg—規格順守の制約— (-2に設定)
以上で設定は完了です。
この設置(プロファイル)を選択して、F4MのファイルをMP4のファイルに変換します。
ほとんどの動画再生ソフトで見れますし、軽いので、見たい位置への移動もスムーズにできます。タブレットPCでも問題なく見れました。

2017年2月12日

宅建の登録実務講習の動画を3本とも見終わりました。

2017年2月20日

登録実務講習 確認テキストの問題100問をやってみました。80%以上は正解でした。

動画を見るのは時間がかかるので、最初のスクリーニングがある3月4日までにテキストを1回読んでみようと思います。

2017年3月4日

昨年の宅建の試験に受かったのですが、不動産の業界に無関係だった人は、実務経験が無くても実務講習というのを受けると宅地建物取引士の資格がとれるのです。それで実務講習を受けてきました。
2日間の講習で、講習後に試験もあります。

受講者は12人で定員の20名には達しなかったようです。不動産屋で仕事している人は実務経験があるので実務講習は不要ですし、今回の講習は時期的に一番最後の講習であり唯一の平日ではない曜日(土曜日)の講習だったので、どういう人が受講するのか興味がありました。
最初に独力で合格した人はいますかと聞かれたので手を上げたら、自分だけだったようです。意外でした。
年齢は自分が最年長かと思っていたのですが、明らかに自分より年上の人が3人もいてビックリしました。中には30年前に宅建の試験に合格して実務講習を受けにきた人もいました。若い女の子もいました。

実務講習の試験は、授業さえきちんと受けていれば、ほぼ100%合格できるということなので安心しました。

不動産業界の雰囲気や仕事の仕方は地域によって、全然違うようです。実際の不動産取引の仕方も、宅建受験で勉強した内容とは全く違うとの事でした。

宅建業試験で今年受かった人は、いろんな面でラッキーだったという事です。近々、民法の大改正があって、今までの教材や過去問が役に立たなくなるそうです。
宅建業でも、現在は従業員の5人に1人以上は宅地建物取引士の資格が必要というふうになっていますが、近い将来、宅地建物取引士の資格が無い人以外は、不動産の売買に係る仕事はできなくなるそうです。
ただ、賃貸借に関しては別の簡単な2種類の資格を新設し、それをとれば賃貸借の取引だけができるようになるそうです。つまり現在、地元の大手の不動産業界がやっているような、資格を持たないカウンターレディが並んでやっているような営業形態はできなくなるそうです。

石川県は不動産業者が15年前には1400社あったのですが、現在は800社に減っているそうです。その中で実働しているのは220社で、そのうち賃貸専門が20社、積水ハウスのような建築が主なハウス会社60社なので、石川県で、不動産売買を中心に営業しているのは140社ということです。
それで、不動産業の社長の平均年齢が71歳で従業員の平均年齢が60歳という業界だそうです。それでも取引額は増えているそうです。凄い業界です。
不動産業は、外資の参入や、県外からの参入は少なく、ある意味、競争が少ない業界だそうです。

不動産の売買は、ほとんどが専任媒介だそうです。ということは、現在売買されている不動産のほとんどは、指定流通機構(レインズ)への物件登録がなされるということです。つまり、ほとんどの売買物件の情報は共有化されているということです。

不動産業を営業するにあたり、今でも駅前で窓じゅうに物件紹介の紙を貼り付けるのが最も効果があるそうです。

現場での広告・案内は道路の電柱に表示板をくくりつけるのが最も効果があるけど、既存の公告が隠れるような取付はまずいということで、標識などに取り付けるのは検挙されるので絶対に避けたほうが良いとの事でした。

建物の評価額は、固定資産税評価額はかなり正しい評価がされているので、参考になるそうです。一般的に固定資産税評価額の1.2倍が実際の評価額ということです。

土地の評価額は、路線価が参考になるそうです。
土地の固定資産税評価額は、ある程度は参考になるけど、地域によって実情より安かったり高かったりするそうです。東京などは実際の流通価格の1/10が固定資産評価額と異様に安く設定されているのですが、昔から住んでいる人が税金を払えなくて住むことができなくなるというような事も配慮されているようです。
金沢の場合は固定資産評価額の1.3から1.4倍が実際の流通価格で、逆に七尾は固定資産評価額は実際の流通価格の2倍だそうです。

実務講習では、金沢の状況を中心に、いろいろ興味深い話を聞くことができました。

日本の土地って、元々、天皇の持ち物だったそうです。
豊臣秀吉の時代に太閤検地があったのですが、その時に初めて、測量がされて土地を境界が定められたという事だそうです。
その時には公図も作られたのですが、田畑が広いと年貢がきついので民は狭くなるよう(縄に目印つけて測っていたので、縄を濡らしたり、乾かしたりしたりして)に測り、山は年貢がかからないので広くなるように測ったので、実情とは合わない物となったそうです。その公図が現在も生きていたりするので、実際に売買する時に混乱したりするそうです。
その時代でも日本の土地は天皇の物で、大名は、その地域を自由に統治してよいと天皇に許可されて、自分の好きなように統治していたということです。
国民が土地を持つことが許可されたのは明治時代になってからですが、一部の人間が広大な土地の所有をして、地主制度が起こったそうです。
戦後にGHQによって地主の土地を小作に安く分け与えるようにして現在に至っているようです。
そういう訳で明治のころから住まれている土地には権利書は存在しなかったりするそうです。
金沢は人口の多い地域では、唯一爆弾が落とされなかった地域で、土地の区画が整理されていなく、測量図の無い地域がとても多いそうです。能登などでは、測量図どころか明治以前から居住している地域は、土地の権利書・登記すら存在しないので土地の売買ができない事もあるそうです。
そういう訳で、土地の形状もいびつで、狭い道路も多いそうです。通常、道路は1.8m以上ないと公道として認められないのですが、金沢では1mでも公道として認められていたりするそうです。金沢では階段の公道も存在するそうです。
金沢の道って、ほとんどが前田家のものだったそうですが、明治時代に金沢市に寄付したので市道が多いそうです。

金沢は町全体が遺跡のような地域で、土地の場合には相当な慎重さが求められるということです。
かつて金沢って、東京・大阪・京都と並んで日本で4大都市だったこともあるそうです。
ちなみに金沢でも森本から大量の不発弾が出てきたという事件があったそうです。爆撃されていないのに不思議なんですが、戦後に軍隊が野田から運んで埋めたということでした。

金沢では水道管が鉄管のものが多く残っていて、サビによる赤水が多いという問題もあるそうです。

金沢では景観がらみなどで、看板など、規制が多いので、建物を建てるのも調べないといけない事が多いそうです。看板などは後から条例を作ったのに、既存の看板を、持ち主の自腹で撤去させたりしているそうです。

金沢では擁壁の規制も厳しくて、窪町などがけ崩れが起きやすい地域は特に注意が必要という事でした。
暴力団関連や宗教関係で、新神田町・黒田町・昌永町・京町は土地が安い。駅西地区や小坂町近辺は、地下水が浅く地盤がゆるい。
などなど地域の特徴などの話もありました。

金沢ではラブホテルを作らせないという事に対して執念を持って取り組んでいるようです。最初は有人受付の無い宿泊施設はラブホテルとして判断し許可を出さないという条例があったそうですが、最近の若い人は受付があっても平気な人が多くなったので、現在は施設のダブルベット比率が多い施設はラブホテルとして判断して許可を出さないという条例になったそうです。
最近では若者はラブホテルを使わないため、営業をやめて売りに出されても、なかなか売れない状況が続いていたのですが、珍しいもの見たさの中国人に人気を集め、中国人に買われる例が多かったそうです。
ちなみに、金沢ではラブホテルが随分減ったのですが、不倫目的にテルメが利用されることが多いそうです。一緒に入っても言い訳もできるし、経費でも落とせるというのが人気なのだそうです。

北国新聞社の不動産広告(あの小さい広告)54000円、金沢情報の不動産広告(あの小さい広告)43000円。
北国新聞は田舎の人向き、金沢情報は若い人向けということです。最近の若い人は新聞を読まないからだそうです。

不動産を探す時に、特に子供のいる家庭は、その場所がどの校区に属するかということが重要になるのですが、石川県は校区で検索できる珍しい地域だそうです。校区(金沢では校下という)の意識が特別に強いんでしょうね。

9:30から17:50まで1時間の昼休みと、1時間毎の10分の休憩だけで、びっしりの講義でしたが、今回の講師は、不動産会社の経営や実務もして、大学での講義もやっている人だったので、面白くて眠くなることも無く、楽しめました。

不動産屋になるに当たっては、防火管理者甲種の資格をとると良いと言われました。防火管理者甲種の資格をとるには消防署で2日間講習を受けるともらえるそうです。受講費用は5000円だそうです。基本的は5月と11月の平日に実施されるそうです。
防火管理者甲種の講習は、5月に3回、11月に3回、各回100名定員で行われるようです。

2017年3月11日

今日も宅建の実務講習を受けてきました。今日の講義は比較的、実務講習の本道に近いものでした。
それでも興味深い話が多く有意義でした。

試験も無事クリアできたようで、安心しました。3月21日に合格証が送られて県庁で手続きすれば、宅地建物取引士になれます。
実務講習が終了して試験に合格したら、修了証明書が発行されますが、修了証明書は10年間は有効だそうです。つまり10年以内だったら、いつでも登録可能だということです。登録手数料は37000円のようです。

宅建の試験に合格後1年以上経過している人は、宅地建物取引士証の交付を受けるためにその後さらに法定講習という別の講習を受けないといけないということなので、1年経過するギリギリの時に登録しようと思います。宅建の試験の合格日というのは発表のあった日(11月29日)なのかな?万が一という事もあるので10月に手続きするのが良いかな。

ちなみに宅建協会に入会するには、石川県が日本一入会費が高く、300万円程度必要だそうです。

宅建業協会は加入者10万社で600億円のプールがあり、利息や運用で毎年10億円ほど運用益があり、その範囲なら、弁済金を負担しても宅建業者への負担はないそうです。過去20年間は、1年で5~6億円の還付金で済んでいたのですが、去年は980000万円の還付金があり、将来的にはカット割負担が出る可能性があるということです。

不動産の売買契約はローンについての知識が重要だということです。一般的には、購入する不動産を売却するといくらになるかという事が前提で、それからの差額が確実に回収できるかどうかがローンの審査が通るかどうかになるそうです。「ローンをつけるから買って」とかいうのが有効なんだそうです。ローンアドバイザーの勉強をすると良いそうです。

個人から個人への不動産の売買には消費税がかかりませんが、不動産屋の持ち物物件の場合、建物には消費税がかかります。

不動産の売買では、土地と建物の金額別にしますが、購入側からすると建物は税金的に償却できるので、建物の比率を高くしたいというのが一般的で、売る側は建物が高いと税金が高くなるので、総額が一緒の場合、建物の比率を安く売りたがるそうです。

売主が不動産屋の場合、不動産屋の立場としては、瑕疵担保2年をつけることと、クーリングオフに注意する事が重要だということです。

売買契約書については空白の乱は、必ず斜め線を入れるか———–線で消しておくようにと言われました。

小切手を受け取る場合は右上に斜め線2本を入れて、銀行渡しにして、裏に会社名を記入すると、落として紛失しても、拾った人が換金する事はできないそうです。

金沢では賃貸の8割が5社で占められているそうです。賃貸の管理手数料は石川県では5%でアーバンホームだと16000室程度管理しているそうです。

借地借家法では、部屋を貸していて、賃料を滞納された時に、1年滞納されてやっと、信頼関係が損なわれたとして追い出しができるそうです。でも、なんやかんやで追い出せるのは1年半というのが一般的だそうです。その場合でも弁護士料とかかかって大変だそうです。
追い出し目的に鍵を取り換えたりすると、器物損壊罪に問われたりするそうです。
あまりにも家賃を滞納がひどいので、大家さんが怒ってドアを取り外したという事があったそうです。その住人が法学部の女学生で裁判沙汰になってそうです。その時には、大家が女学生に300万円程度の賠償金を払う事で和解になったそうです。
鍵を渡してしまった時点で、借地借家法が適用になるので、貸すにあたって慎重に行わないといけないようです。

田上や旭町では高い木1本と低い木1本を必ず植えないといけないという条例があるそうです。

上安原は土壌汚染に注意が必要との事です。

金沢では街灯の上向はダメとかいう条例もあり、景観法の規制も多いそうです。金沢では津波災害区域もかなり広いそうです。

建物の解体は、普通2百万円から3百万円程度でできるそうですが、アスベストが使われていると10倍かかったりするそうです。

もし開業するなら、早い方が良いと力説されていました。不動産業の社長の平均年齢は70歳くらいで、不動産業者が段々減っているのに、不動産業の収益は上がっているので、最初はお客が来なくて苦しいかもしれないけど、夜にアルバイトをするなり、なんとか凌げば、きっとやっていけるということでした。

やっぱり最初は買い手の仲介から始めるのが良いそうです。

起業において若い人と、高年齢の人の場合の補助金の額が凄いそうです。女の子が起業する時、補助金が2千万円出て、それを元にして金融機関から2千万円融資されて、別のスポンサーから1千万円出資してもらい、無一文なのに5千万円で起業したなんて話もあるそうです。しかも会社として補助金が出て融資されているから、失敗しても借金が残ったりするリスクなく起業できているとのことです。補助金は要チェックですね。

最近は、雑誌や新聞の公告よりFacebookのほうが効果があるそうです。やっぱり人脈が重要ですね。

2017年3月21日

今日、宅建実務講習の終了証が届きました。
試験結果は1問1答、記述式ともに満点でした。
これで、手続きすれば、いつでも宅地建物取引士になれます。
10月に手続きしようと思います。

2017年10月2日

宅地建物取引士の資格登録の手続きを始めました。宅建の試験に合格してから1年経過すると、講習を受けないと宅地建物取引士の資格登録の手続きができなくなるのです。

とりあえず、写真3枚はあったので、住民票と身分証明書(本籍の市町村が発行)と登記されてないことの証明書(法務局が発行。成年被後見人及び被保佐人ではないことを証明する)を入手しました。いずれも300円で合計900円です。

あとは県の土木部建築住宅課に登録手数料37000円の県証紙を添えて手続きに行くだけです。申請してから登録まで1か月程度かかるそうです。登録の有効期間は永久です。

登録が完了すると、宅地建物取引業協会で宅地建物取引士証の交付を受けないといけません。

2017年10月3日

県の土木部建築住宅課に登録手数料37000円の県証紙を添えて手続きに行きました。
直接の担当者が不在だったので、確認しなければいけない事があれば、連絡するということでした。
特に問題がなければ、1か月くらいで登録できるということでした。

2017年11月7日

県の土木部建築住宅課から登録完了の通知が来ました。
宅地建物取引士証の交付を受ける場合に、宅建の試験に合格してから1年経過すると講習を受けないといけないそうです。
登録の手続きの際に、宅建の試験に合格してから1年以内だと大丈夫だと勘違いしてました。危ない!危ない!
11月30日までに手続きしないと講習を受けないといけなくなります。

2017年11月10日

石川県宅地建物取引業協会に4500円分の県の証紙を持って、宅地建物取引士証の交付申請に行ってきました。
2週間程度で、宅地建物取引士証ができるそうです。

2017年11月28日

石川県宅地建物取引業協会から宅地建物取引士証ができたとの連絡がありました。

2017年11月30日

石川県宅地建物取引業協会へ宅地建物取引士証を取りに行きました。
登録年月日は11月2日で5年後の11月19日まで有効になっていました。
受け取る時にリストに捺印したのですが、昨日は2人、今日も2人になっていました。
この時期に受け取るという事は去年合格した人だと思いますが、宅建の試験に合格してから1年ギリギリに登録しようと考える人は結構いるんですね。

2020年9月3日

「読み上げ可能な単語帳・単語カードは便利」のcvsデータを公開しました