ファイナンシャルプランニング技能検定2級に合格しました。

2017年5月28日

今日は、ファイナンシャルプランニング技能検定2級の試験に行ってきました。

お昼は早めに出て、近江町で食べようかなと思っていたのですが、めぼしいお店はどこも10人以上の列ができていて断念しました。午後の試験に遅刻したら大変です。
そういう訳で中華料理の仙桃で食事しました。

午前が学科の試験で2時間、午後は実技の試験で1時間30分でした、
試験が終わったら、どっと疲れました。

17:30から模範解答が発表されたので、確認しました。
学科は60問中49問正解でした。36問正解で合格なので学科は合格です。
実技は49問中39問正解でした。配点が不明なのでなんとも言えませんが、6割正解で合格なので不合格では無いと思います。計算がボロボロだったのでショックが大きいです。判ってて間違えたのも2問あるので馬鹿馬鹿しいです。

なんかすっきりしません。なんか負けたって感じです。
とても1級の受験なんで考えられません。

合格発表は7月4日です。

これからは旅行業務取扱管理者の受験勉強をします。

2017年7月4日

ファイナンシャルプランニング技能検定2級の合格発表が今日あったのですが、無事合格していました。

自己採点で不合格になることは無いとは思っていたけど、配点割合も判らなく、100%絶対という事はないので安心しました。

学科は24.85% 実技は34.1%の合格率だったようです。学科の方が合格率が低いのは意外でした。

2017年7月8日

やっと、FP2級の合格証書と合否通知書が届きました。

学科試験は60点中50点(合格ラインは36点)、実技試験は50点中39点(合格ラインは30点)でした。

実家の処分について失敗しないように

親戚や友人で実家の処分について、知らないで損したって話を耳にしました。
こういうのは知らないと損するのですよねえ。俊もファイナンシャルプランナーと宅建の資格をとらないとわからない事でした。

親戚の1人暮らしの女性高齢者が、身体が不自由になり、有料老人ホームに入所することになりました。
それで住居は誰も住まない状況が続いていたんです。
女性高齢者の息子が、どこからか3年間居住しないと不動産譲渡した場合の控除を受けられないという事を聞きつけて、3年経過する直前に実家を処分することにしたのです。それで家財をすべて二束三文で処分して、建物を自腹で壊して更地にして、更地として格安で不動産屋に売却しました。まんまと不動産屋にやられたって感じです。

不動産の税金については居住している住居(住んでいる住居又は住まなくなって3年経過後の12月末日まで)を譲渡すると譲渡益3000万円までが非課税になる特例があります。
3年の間に住居を貸したりすると特例が受けられなくなります。
ちなみに、10年間所持して住んでいる住居の譲渡益が6000万円までは非課税になるという特例もあります。

不動産って一般的には、すぐ売れる訳ではないので、もし有料老人ホームに入所して住居に戻ることが無く、住居を処分する事を考えているなら早めに処分する事をお奨めします。
使わない住居に固定資産税を毎年支払うのも大変ですしね。

友人は父親が亡くなった時に実家の建物(土地も)を相続したのです。実家には母親が1人で住み続けました。
母親が認知症になって友人の家に一緒に住むことになり、実家は誰も住まない事になりました。
ほどなく、その住居を売って欲しいという人が現れたのです。
母親と一緒に住むことになってお金も必要になるし、住まない住居を放置しておくだけ無駄だという事で売ることにしました。
結果的に、売った時に、税金が山ほどかかり大損したということでした。

この場合、友人はその住居に住んでいなかったので、3000万円控除の特例を受ける事をできなかったのです。
3000万円控除の特例には、住んでいた期間に規定がないので、短期間でも(1週間でも?)、住んでいれば3000万円の控除を受けられ税金は払わなくても良かったのです。
ちなみに3000万円控除の特例を受けられるのは3年に1回だけです。

本当に知らないと損するってことって多いですよね。

退職後の健康保険の話

出産を機に会社を辞める場合の出産手当金の扱いの話のついでに、ファイナンシャルプランナーの勉強をして学んだ退職後の健康保険についての話を1つ。
会社を定年になった時に、すぐに国民健康保険に加入する選択と、健康保険の加入者である配偶者の扶養者になる選択と、健康保険の任意継続を選択する方法があります。
まあ、、健康保険の加入者である配偶者の扶養者になる選択が一番得なのですが、全員が選べる方法ではありません。
その場合、すぐに国民健康保険に加入する選択と、健康保険の任意継続を選択する方法を比べると一般的には1年目は健康保険の任意継続を選択する法が安いです。
国民健康保険の場合は、前年度の収入が保険料の算定の基準になるので、退職後2年目は国民健康保険のほうが格段に安いです。

つまり1年目は健康保険の任意継続にして、2年目は国民健康保険にすれば良いと気づくと思います。
でも、健康保険の任意継続は2年のみ可能で、健康保険の任意継続を選択すると2年継続しないといけません。途中でやめる事はできません。
でも抜け道はあるんです。
2年目に、健康保険の保険料を払わなければいいんです。そうするとどうなるかと言えば、健康保険を退会させられます。
自分で退会する事はできませんが、退会させられたら仕方ありません。国民健康保険に加入するしかありません。

結果的に、知っている人だけが得をするという話です。

全国住みやすさランキングでかほく市が4位

全国814市区を対象とした東洋経済新報社の全国住みやすさランキングで、かほく市が4位、野々市市が5位、能美市が9位に入ったそうです。
金沢市は86位だったそうです。
ちなみに、安心度、利便度、快適度、富裕度、住居水準度が判定基準になっているそうです。
川北町など、郡になっている町は含まれていませんので、ちょっと片手落ちな気はするのですが、それにしてもベスト10に3市が入っているのは価値がある事だと思います。

中日本高速道路乗り放題

中日本高速道路は2017年7月1日から11月30日まで、中日本高速道路エリア内の高速道路が乗り放題になる「速旅『飛騨・富山ドライブプラン』」を発売するそうです。
金沢東・金沢森本インターチェンジから富山県よ岐阜県の区間を周遊できるようです。
富山県は朝日IC、岐阜県は飛騨清見ICまでの区間が普通自動車3500円、軽自動車2800円(連続する2日間有効)
富山県は朝日IC、岐阜県は郡上八幡ICまでの区間だと普通自動車6600円、軽自動車5300円(連続する3日間有効)
8月10日(水)~16日(火)は対象外です。
利用開始前までにNEXCO中日本公式WEBサイトからお申込みが必要です。