Home > AndroidPCの話

2017.04.23

ヤフオクで白ロムのスマートフォンを購入しました

2017年4月18日

ホームページを運営していて、自分のサイトがスマートフォンでどのように見えるか判らないというのは具合悪いということで、ヤフオクで白ロムのスマートフォンを購入しました。
随分前から、Googleに自分のサイトがモバイルに優しくないと指摘されていて検索順位も落ちていたのです。
それと、使い終わったスマートフォンが携帯電話会社の契約なしで、どれだけ使えるのかも興味があったのです。

docomo契約だったスマートフォンなら、WiFi環境でのネット利用は問題なくできるということで購入対象はdocomoのものに絞りました。
今回購入したのはSONY XPERIA acroHD SO-03Dという機種で2012年発売のスマートフォンです。総額3454円でした。
充電池が相当へたっているとのことです。充電池は互換のものなら2000円程度で入手できるようです。ただし、自分で交換するのは、ちょっと大変なようです。
基本的には自宅でしか使わないのでケーブルにつないだまま使えば問題ないです。
内蔵のメモリは16GBあるようです。
OSはAndroidでバージョンは4.0.4に上げてあるようなので使えるアプリもそれなりにあり、タブレットPCで使い慣れているので安心です。

2017年4月20日

ネットで調べると、docomoの白ロムスマートフォンは、MVNOの格安SIMというものが使えるようです。MVNOの格安SIMは、データだけの契約だと高速通信容量が1か月3Gで毎月のパケット料金が1000円前後で使えるようです。
MVNOで専用のメールアドレスが付いてくるMVNOもあるそうです。
UQモバイルのメールアドレスはMMS形式を採用しており一般の携帯電話と同様な使い方ができるようです。MVNOでMMS形式のメールアドレスを採用しているのは珍しいようです。UQモバイルのメールアドレスを使えば郵貯の送金も制限なく使えます。
UQモバイルのメールアドレスの使用料は月額料金200円です。
AUでメールを使うにはEzwebの契約(月額300円)が必須で、その他にバケット料もかかるので、メールも安上がりです。
UQモバイルは、初期費用(SIM代)が3000円で、データ高速プラン980円/月 月間3Gまで受信最大225Mbps(送信最大25Mbps)3G超えると送受信最大200kbpsです。
データ通信だけでも電話番号が与えられるので、電話を受け取るだけなら普通のスマートフォンとして使えます。
申し込みは店舗でもできるようで、金沢ではイオン、キタムラカメラ、ヤマダ電機、100満ボルト、ジョーシン、平和堂、パソコンの館で受け付けているようです。
高速通信がつながる範囲は石川県では、全体の半分のようで、金沢市街地ではほぼ全域、幹線道路沿いではほとんど繋がるようです。
データ通信のみの契約の場合、いつでも解約可能のようです。

電話はガラ携で、メールやWEBはUQモバイルというのが最も賢い使い方なのではないかと思います。

2017年4月21日

SONY XPERIA acroHD SO-03Dが届きました。液晶画面にスレがありましたが、ボディは綺麗で、機能的には何の問題もありませんでした。
電池はへたっているとの事でしたが、それなりに使えます。

充電やデータ移行のためのケーブルは一般的なMicroUSBケーブルなので、Nexus7(タブレットPC)やSONYのデジカメのものが使えますし、購入する場合でも安く入手できます。

外付けのMicroSDカードも32GBのものまで使えます。さっそく東芝の32GBのMicroSDカード(1599円)を購入しました。

最初に、WiFiが使えるように設定を変更しました。
手動で無線LANのパスワードを入力し、自宅の無線LANに繋ぎました。
バッファローの無線LANに自動接続するためのAOSSをインストールしました。
外出先でWiFi接続ができるようにWiFiManagerをインストールしました。
すぐに画面が真っ黒になるので、スリープまでの時間を5分に設定しました。
安全のために、画面のロックを5分に設定してパスワードの設定をしました。
最初はDocomo用のアプリが動作するようになっていましたが、SONYの XPERIA acroHD SO-03Dのアプリ優先にしました。これで、純然たるAndroid用の端末になりました。
ChromeをインストールしてGoogleの登録をしました。
メールの設定をしましたが、メールが来てても反応しないので、K-9 Mailという通信アプリをインストールしてパソコン用のEメールの登録をしました。メールの自動登録は正常に動作しなかったので、手動で設定しました。
Googleカレンダー、ワンセグ(テレビを見る)、WALKMAN(音楽ファイルを再生)、カメラ(撮影)、Playストアは最初からインストールされていました。ExcelやWordの文書を読めるOfficeSuiteも最初からインストールしてありました。
Google日本語入力をインストールしました。
これでAndroidの端末として最低限の設定が完了したことになります。

セブンイレブンとファミリーマートでWiFiの接続を試してみました。ファミリーマートではすんなり接続できましたが、セブンイレブンでは最初はうまく繋がりませんでした。でも、しばらくして繋がるようになりました。セブンイレブンは最初の認証には時間がかかるようです。

AdobeAcrobat、QR Code Reader、Googleマップをインストールしました。

ファイルマネージャー、ESファイルエクスプローラーをインストールしました。これでスマートファン内部のファイルや自宅のLAN接続のハードディスクのファイルを自由に使用できます。

ウイルス対策で、ウィルスセキュリティゼロ(唯一の有料アプリ)をインストールしました。

RMaps(オフラインでGPS対応地図が使える)、懐中電灯(暗いところで使える照明)、楽天市場(楽天での買い物にポイント)、簡単ボイスレコーダー(録音)、ボイスレコーダー(録音)、Facebook、LINE(インターネット電話)、Twitter、ジョルテ(予定表)、シンプル単語帳、AnkiDroid(単語カード)、FP2級過去問、ハングアウト(Googleインターネット電話)、HOT PEPPER(クーポン)、Missing Link(スマートフォンのファイルを外部から利用)をインストールしました。

2017年4月22日

ファイナンシャルプラニングの単語カードの内容を、シンプル単語帳、AnkiDroidに移植しました。苦戦もしたけれど、なんとか使えるようになりました。

ラジオ放送を聴くために、NHKラジオらじる★らじる、radiko.jp for Android、Raziko、PCRadioをインストールしました。これで地元のラジオ番組も、東京のラジオ番組も、海外の音楽専用番組も聞けるし録音もできます。Razikoのインストールには得意の裏技を使いました。

お気に入りの音楽(MP3)を片っ端に取り込みました。

2017年4月23日

LINE(インターネット電話)とハングアウトダイヤル(Googleインターネット電話)を試してみました。

LINEの登録には苦労しました。LINEの登録には電話認証と、Facebook認証があるのですが、Facebook認証は何度やってもうまくいきません。ちなみに、Nexus7(タブレットPC)だとFacebook認証は問題なくできました。
何度やってもできないので、電話番号認証を試しました。
SONY XPERIA acroHD SO-03Dは白ロムのため電話番号が無いので電話番号認証ができないのだと思ってましたが、ガラ携の携帯電話の番号で試してみました。ガラ携の携帯電話はCメールは受け取れるのです。
ガラ携の携帯電話の番号でもあっけなく認証できました。
さっそくLINEでの無料通話を試してみたのですが、友人を検索する時に、年齢確認が求められました。DocomoかLINEモバイルに契約の選択しなければID検索ができなく使えませんでした。ID検索だけならPC版のLINEで検索すれば良いのですが、IDを登録して通話する方法が判りません。
娘にLINEのIDを聞いて、通話をしようと試したのですが、やっぱり通話できません。
とりあえず友達検索で検索許可に設定しましら。
娘に頼んで一緒にスマートフォンを振動(ふるふる機能というようです)させて友人登録して動作確認をしました。なんとか通話ができました。
友達検索で検索許可に設定すると、知人がずらずらと表示されてびっくりしました。表示されても白ロムのままでは、友人登録はできないようです。

ハングアウトダイヤル(Googleインターネット電話)の登録も、電話番号認証が必要です。最初動作がうまく動作しなかったのですが、ハングアウトを更新すると動作するようになりました。
正常に動作してからは、ガラ携の携帯電話の番号であっけなく認証できました。以前、GoogleVoiceで通話料を事前支払いしたのですが、ほとんど使わなかったので、まだ残っているかなと思います。
実際にインターネット外の電話番号に電話してみましたが、問題なく通話できました。1分10円程度だったと思います。
ハングアウトダイヤルでは連絡先に、過去に交流があった人(メールを送った人とか)がずらりと登録されていてびっくりしました。本当になんでこの人が登録されているのかなあっていう人もいっぱい登録されていました。

SONY XPERIA acroHD SO-03Dは、いろんな用途で使用できるので、電池も交換して外出先でフルに使おうかなと思います。
そうなるとケースと交換用バッテリーも買わないといけません。ついでに接続ケーブルも各部屋に設置しておきたくなります。
ケーブル2本と、USB出力ACアダプタとクリアケースとバッテリーで総額3945円になりました。一応、評判の良いものを選んでの価格です。
特にUSB出力ACアダプタについては性能差が大きいようで安物は買わない方が良いようです。

2017.04.22

電子暗記カードを使っています。

2016年12月7日

宅建の受験では紙の単語カードを使っていたのですが、電子暗記カードに興味をもちヤフオクでKOKUYOの電子暗記カードmemoriboLISNYを購入しました。総額3100円でした。ちなみにKOKUYOの電子暗記カードmemoriboLISNYは発売中止になっています。

2017年1月29日

KOKUYOの電子暗記カードmemoriboLISNYは、使う事無く放置していました。

旅行業務取扱管理者はフォーサイトの通信教育を利用することにしたのですが、フォーサイトには道場破りというユーザーページがあり、そこに単語カードという項目がありました。その単語カードはオンライン用なのですが、COPY&PASTEして電子暗記カードmemoriboLISNYに移植することにしました。
カードは全部で600枚程度あるので紙の単語カードだとかさばるのです。

Excelのデータをcsv形式で保存して、それからmemoriboLISNYに移植しなければいけません。

memoriboLISNYのソフトウェアをインストールするのは苦労しました。CD-ROMに入っていたソフトは古く、バージョンアップを求められます。

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/support.html

に行ってUpDate_1004.zip(http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/download/UpDate_1004.zip)をダウンロードします。解凍してインストールCDをドライブに挿入した状態でインストールします。
その後、

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/support_091110_1.html

に行ってUpDate_1005.zip(http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/download/UpDate_1005.zip)をダウンロードします。解凍してインストールすると最新のバージョンにアップグレードしてWindows10でも使えます。
ついでに本体のアップグレードもします。

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/support_100226.html

に行って説明通りにします。
ちなみにmemoriboLISNYのソフトウェアはすべてのパソコンで動作する訳ではなさそうです。自分のパソコンでも1台では動作しませんでした。原因は不明です。

単語カードの内容をExcelに移して、それから使いやすいように内容を全面的に改変して電子暗記カードmemoriboLISNYに移植しました。旅行業務取扱管理者のカードは自分で追加もしたので最終的に641枚になり、とても時間がかかりました。

Excelのデータをcsv形式で保存して、それからmemoriboLISNYに移植するにあたり、「:」とか「,」や金額の3桁ごとの「,」や改行があると、途中で独立したデータと判断されたりして修正するのにも苦労しました。
改行が使えないというのは、かなり都合が悪いです。
ただmemoriboLISNYに移植してからだと「:」とか「,」や金額の3桁ごとの「,」や改行の使用は可能です。
改行無しのデータをコンバートして、memoriboLISNYで編集加工しないといけないのが面倒です。
ちなみにmemoriboLISNYに移植してからの編集はCOPY&PASTEは出来ません。
それと、電子暗記カードmemoriboLISNYとパソコンは1対1の関係なので、どのパソコンでもデータの編集ができるという事ではないのが惜しいです。
memoriboLISNYのソフトは欠陥だらけです。発売中止になるのも頷けます。

何度か失敗しながらmemoriboLISNYで使用できるようになりました。

2017年2月1日

電子暗記カードmemoriboLISNYを実際に使って学習してみました。

レジューム機能あり、シャッフルありに設定しましたが、毎回同じようなカードばかり表示して使い物になりません。それでシャッフル無しに変更しました。
本当にショボいです。画面も白黒だし・・・
やっぱり紙の単語カードが良いです。ただ、旅行業務取扱管理者資格試験用の単語カードはカードの枚数が多いので、そう意味ではmemoriboLISNYの利点もあります。

memoriboLISNYは、重要度を3段階で登録できて、それを利用すれば、希望の段階のカードだけを学習することができます。これは便利かなあと思います。

2017年2月24日

ファイナンシャルプランニング受験のデータを移植しました。
紙の単語カードは良いのですが、人前で使うのは、ちょっと恥ずかしいんです。

2017年3月12日

memoriboLISNYに移植してからの編集はCOPY&PASTEは出来ないのですが、参照機能を使うと外部のテキストファイルを読み込めることが分かったので、テキストで編集してから読み込むという作業をしました。取説には何も書かれていません。

memoriboLISNYのデータは登録したパソコン以外のパソコンでは編集できなかったのですが、マイドキュメントのmemoriboLISNYフォルダごと全部コピーすると他のパソコンでも編集できました。
ただ、LAN接続のハードディスクにデータを入れて、そのままパソコンから編集する事はできないので、1つのデータをいろんなパソコンで編集する場合には、LAN接続のハードディスクのデータをパソコンにコピーして、編集が終わると、またLAN接続のハードディスクに戻さないといけません。

2017年4月23日

白ロムのスマートフォン(docomo契約だったSONY XPERIA acroHD SO-03D)を3454円で購入したので、Androidアプリの単語カードを試してみました。やっぱり画面が大きく文字が見やすいのが良いです。

シンプル単語帳はパソコンのEXCELからデータが移植できるので便利です。
それなりの文字数でも登録可能です。
改行とか入っているとボロボロになるのは電子暗記カードmemoriboLISNYと同様です。データの編集加工はできますが、編集モードに入るのがコツがいります。慣れても3回に1回程度しか編集モードに入る事ができません。文字が大きすぎるのが気になります。
データを取り出して、他のAndroid端末で使う事はできません。
レジューム機能が無いのが惜しいです。ランダム表示は可能です。

AnkiDroidもパソコンのEXCELからデータが移植できます。
それなりの文字数でも登録可能です。
データの編集可能は簡単です。文字の大きさも適度で読みやすいです。
データを取り出して、他のAndroid端末で使う事もできます。
レジューム機能が無いのが惜しいです。ランダム表示は可能です。

単語カードのAndroidアプリで、文字数が多い問題を使う用途ではAnkiDroidが最強だと思います。

電子暗記カードmemoriboLISNYは使いにくいと思っていましたが、単語カードのAndroidアプリを使ってみて、良いところも再認識できました。レジューム機能があるのは便利ですし、問題をランク分けして、ランクを指定して表示する機能があるのが嬉しいです。画面が小さくて文字は見にくいけど、小さいので持ち運びには便利です。

2017.04.09

ZERO ウイルスセキュリティのAndroid版/iOS版の有効期限が無期限に

パソコンのウィルス対策は「ZERO ウイルスセキュリティ」を使っているのですが、Android用「ZERO ウイルスセキュリティ」は毎年課金されるので、無料アプリAntivirus & Mobile Security(TRUSTGO)を使っていました。
供給会社が中国の企業に買収されたこともあって、不安を感じていたのですが、「ZERO ウイルスセキュリティ」のAndroid版/iOS版が、インストールした機器を使い続ける限りは無期限に使えるようになったようなので「ZERO ウイルスセキュリティ」を5台分追加購入しました。5台で3758円なので1台は約750円です。これくらいの価格だと嬉しいです。
さっそく2台のAndroidタブレットにインストールしました。
今まで、Androidタブレットは外出先でWiFi環境で使うのが主で、一番危険な環境だったので、不安だったのですが、これからは少し安心して使えます。

ちなみに「ZERO ウイルスセキュリティ」は元々10台分(10台分はすべて使用中)購入しているので、これで15台分です。

2017.02.20

Razikoで、引き続き他の地域のラジオを聞く

2017年4月22日

Androidの白ロムスマートフォン(SONNY ドコモ)を購入したので、さっそくRazikoをインストールしました。
最初にエリア設定が可能なRazikoのインストーラー(エリア設定可能ver.apk)でインストールして、地域と東京に設定してから、raziko-1-2-0260.apkで(個別データを残したままという設定で)更新をすると、ちゃんと動作しました。
なんと、地域エリアの選択ができる機能は残ったままになっていました。

そういえば、AMラジオファンさんもRazikoがエリアフリーに戻ったと言っていたけど、スマートフォンとタブレットPCでは違うのかなあ。

Nexus7やMeMO Pad HD7などタブレットPCは、地域エリアの選択ができる機能は無いままなので不思議です。

以前の投稿を見たら、タブレットPCは自動更新を切ってあるのでした。自動更新したら、エリアフリーになっていたのかもしおれません。

2017年2月20日

Razikoは最近は録音失敗もなく、順調に動作しています。

2016年10月29日

Razikoは順調に動作しています。Radikoolでの録音が失敗が多いので、本当に助かります。

2016年10月19日

Nexus7でRazikoを動作させようとしたら起動すらしませんでした。Radikoをアンインストールして、以前のバージョンのをRadikoを再インストールして、Google Playの自動更新を無しに設定で解決するのかなあ?
今は忙しいので夜にやってみようと思います。

Nexus7で痛い目にあったので、ASUS MeMO Pad HD7では一番最初にGoogle Playに行って、Radikoの自動更新のチェックを外しました。それでRazikoを起動させたら問題なくRazikoが動作しました。
とりあえずRadikoをapk抽出しておきました。

Nexus7でGoogle Playに行って、Radikoの自動更新のチェックを外して、Radikoをアンインストールしました。その後radiko.jp for Android.5.0.4.apkをインストールしてRazikoを起動させたらRazikoが復活しました。あー良かった。

next book 7のほうは自然とRazikoが復活していました。Radikoの自動更新のチェックを外しておきました。

2016年10月18日

久しぶりにnext book 7でRazikoを起動したら、Radikoとの接続ができませんとのエラー表示が出て使えなくなっていました。
AMラジオさんがコメントで情報提供してくださっていたのは、この事なんだろう。困りました。

最近、パソコンのRadikaもRadikoの仕様変更の為、使えなくなったし、パソコンのRadikoolもRadikoの仕様変更に対応する為、バージョンアップを繰り返しています。ネットワーク機器でラジオを予約録音して聞くということができなくなってくるのかなあ?

2016年8月19日

最近、資格取得のため、自動車運転中は、録音した番組を自動車の中で聞くことが無かったので、AndroidタブレットのRazikoは使ってなかったのです。
ところが、先日、Razikoを久しぶりに起動したら、Androidタブレットの画面でRazikoはRadikoの要請で、GooglePlayでの配信を中止したとの表示がありました。
現時点では使えているけど、将来的には使えなくなるかもしれません。残念です。

2016年3月30日

Nexus7で録音を途中で終える場面に実際に遭遇しました。特にRazikoがフリーズしたりしている訳でもなく、突然、音が聞こえなくなりました。

2016年3月12日

next book 7で予約録音が失敗して、ブラウザでインターネットの接続を修復し、次の予約録音を待ち、再び録音を失敗というのを3回も繰り返しました。
さすがに自然復旧をあきらめて、1度電源を消して、電源を入れなおしました。それでやっと復旧できました。
やっぱり、一度不具合が起きた時には、再起動が必要なようです。

2016年2月21日

next book 7が復旧してからの動作は安定しています。
反面、Nexus7のTBSの録音が途中で切れていました。
2台のAndroid端末で、やっと1人前という感じです。

2016年2月20日

next book 7の状態を調べてみました。WiFiの接続はされていましたが、ブラウザやメールソフトは動作していませんでした。インターネットの接続がされていないようです。何度かブラウザを立ち上げるとインターネットに繋がりました。

2016年2月19日

前回の録音失敗の後、next book 7をそのまま放置しておいたのですが、昨日の予約録音でも、録音が失敗(ファイルは出来ていたけど容量がゼロ)していました。Nexus7では正常に録音できていました。やっぱり自然に回復する事は無いのかもしれません。

2016年2月18日

前回の録音失敗の後、next book 7をそのまま放置しておいたのですが、昨日の予約録音でも、録音が失敗(ファイルは出来ていたけど容量がゼロ)していました。Nexus7では正常に録音できていました。

2016年2月15日

昨日の予約録音でnext book 7ではNACK5とInterfMの番組で、2回連続録音が失敗(ファイルは出来ていたけど容量がゼロ)していました。Nexus7では正常に録音できていました

2016年2月12日

最近、next book 7のRaziko録音が安定しています。Nexus7のRaziko録音がNHKFMを中心に途中で切れるトラブルが時々起きるのと対照的です。
マニュアル予約での録音をしなくて放置状態にしているのが良いのだろうか?

2016年1月30日

そのまま放置して使っていましたが、next book 7でのRazikoの録音は安定していました。

その反面、Nexus7でのRazikoの録音が途中で切れたりすることもありました。

昨日は、next book 7とNexus7と同時にNHK-FMの番組をRazikoで録音をしてみたのですが、両方とも途中で切れていました。でも、Nexus7よりnext book 7のほうが長い時間切れないで録音されていました。

Razikoは、なかなか手ごわいです。不安定の原因はやっぱりRaziko自体にあるように思います。

2016年1月25日

next book 7で、1度録音が失敗したのを、そのままにしていおいたのですが、自然に復旧していました。録音の失敗はnext book 7の性能の低さにも関係あるのかもしれません。

2016年1月24日

Nexus7では正常に録音できた番組で、next book 7では2回連続録音が失敗していました。このままの状態で今後自動的に復旧するか試してみようと思います。
Nexus7は寝室でしか使用していないし、ラジオの録音に影響がある使い方をしていないので、今後はNexus7で関東地域のラジオ番組の録音をすることにしました。
next book 7は関西地域でのラジオ番組録音専用にして使おうかな。

2016年1月16日

昨日の夕方から、再びRazikoの録音が出来なくなりました。その時もインターネットの接続がされていない状況でした。GoogleChromeを使える状態にしてRazikoを再起動してRazikoを復旧させることができました。
やっぱり、1週間に1度はAndroidタブレットを再起動したほうが良いようです。

今日の11:00から13:00の録音は成功したのですが、15:00から16:50の録音は失敗していました。Razikoのメモリ不足の表示が出ていました。
Razikoの不具合か機種の不具合か調べるために、しばらくNexus7とnext book 7の両方で予約録音してみようと思います。

2016年1月11日

昨日の22:00から22:30の番組とその後25:30から26:00までの番組も録音が失敗していました。
やっぱり1度録音に失敗すると再起動しないとRazikoが正常に動作しないようです。

今までは、Razikoが不具合を起こした時には、タブレットを再起動していたのですが、今回は、Razikoだけ終了して、Razikoを再起動してみました。そしたら、「Razikoサービスへの接続が出来ません。Razikoの利用の前に、ネットワークの設定を行ってください」のメッセージが表示されました。その状態でインターネットができるか確認したのですが、時間がかかりましたが、問題なくインターネットができました。
その後、再びRazikoを起動したら正常にRazikoが起動しました。その状態でテスト録音してみたら無事予約録音ができました。
ひょっとしたら、1時回線が切断すると、回線が復旧してもRazikoでは自動的には再接続できないのかもしれません。

強制的に回線を切断した状態で、予約録音してみましたが、その時には容量ゼロのファイルになっていました。今まで録音失敗していた状況と全く同じです。

念のため、Nexus7とnext book 7で試してみたのですが、Nexus7の場合は、1度回線が切断しても回線が回復した時に接続も復旧するのですが、next book 7の場合は、1度回線が切断すると、自動的には接続が回復しない場合があるようです。

ただ、その場合でも、いつものトラブルの現象とは違うので、回線の不良が主な原因ではなさそうです。

2016年1月10日

昨日の15:00から16:50の番組とその後の25:00から5:00までの番組の録音が失敗していました。
1度録音に失敗すると再起動しないとRazikoが正常に動作しないかを確認してみようと思います。

2016年1月2日

木曜日23:00からの録音と金曜日過ぎた0:00からの録音が失敗していました。

これまで試行錯誤して判ったRazikoの予約録音についての仕様をまとめると、Razikoでは同じ時間の重複録音はできません。重複録音が無ければ、マニュアルでの予約録音の複数登録はできます。但しマニュアルでの予約録音は24時間以内にスタートする番組だけです。1度録音に失敗すると再起動しないとRazikoが正常に動作しないようです。

2015年12月19日

深夜の番組(12月19日0:00からTBSの粋な夜電波)の録音がされていませんでした。12月18日23:10から12月19日1:00までのNHKFMのワールドロックナウ特番は録音されていました。Razikoでは重複録音はできるはずなんですけど、キーワード予約の重複録音はできないのかもしれません。最近、Razikoでの録音失敗が多いです。next book 7インチタブレットの性能にも原因があるのかもしれません。

Nexus7でRazikoでのマニュアルでの予約録音の複数登録を試してみましたが、問題なく録音できていました。
Nexus7でRazikoでのキーワード予約の重複録音も試してみました。Razikoではキーワード予約に限らず同じ時間の重複録音はできないようです。今まで知りませんでした。

2015年12月18日

今週は、先週失敗した水曜日と木曜日のRazikoでの録音が成功していました。今日はマニュアルでの予約録音も成功していました。
推定なのですが、回線の不良などで1度録音に失敗すると再起動しないとRazikoが正常に動作しないのではないかと思います。

2015年12月11日

ここのところRazikoでの録音が3回連続失敗しています。最初は、なんの痕跡も残らず失敗しました。その時点で、いろいろ調べてみたのですが聴取はできるようでした。
2回目はファイルは出来ているのですが、容量は0でした。3回目はマニュアルでの予約録音をしたのですが、こちらもファイルは出来ているのですが、容量は0でした。
マニュアルでの予約録音以外はキーワード録音だったので、2台のAndroid機器での番組表での予約録音を試してみましたが、2台とも無事に予約録音が成功していました。Android機器のトラブルでは無いようです。ちなみに予約確認をすると、キーワード予約の対象番組は、間違いなく予約対象になっています。
次に、今まで使用していたAndroid機器ではキーワード予約録音をして、他のAndroid機器では番組表での予約録音を試してみました。
なぜか今度は両方とも録音が成功していました。よく判りません。

2015年12月4日

マニュアルでの予約録音を複数指定するのをやめたら、トラブル無く録音できています。

2015年11月27日

Razikoでマニュアルでの予約録音を複数指定すると、両方とも失敗するようです。先週失敗したのは回線のせいだと思っていたのですが、今週も失敗したので、マニュアルでの予約録音を複数指定したのが原因の可能性が強いです。
1度失敗すると、その後の予約録音も全部失敗するので要注意です。

2015年11月12日

Razikoでマニュアルでの予約録音も複数指定できるか試してみましたが一応、予約の受け入れはしているようです。
NACK5の小林克也 FUNKY FRIDAYは9:00〜17:55なのですが、その中の9:00から11:00と15:00から16:55だけを予約録音したいのです。

2015年10月29日

Razikoで東京地域のラジオを予約録音し、録音ラジオサーバーというソフトで地元のラジオを予約録音ができるか試してみました。
録音ラジオサーバーでの録音が、途中で録音が終了して、また録音し始めて、また途中で終了というのが繰り替えされて1回の録音でファイルがたくさんできてしまいました。タイマーを使わないで録音するのは問題なくできます。
録音ラジオサーバーは、できてからそんなにたっていないようで、タイマー録音が不安定なようです。

2015年10月12日

Razikoでのキーワード録音の複数指定が見事に機能していました。Razikoは最高です。

2015年10月11日

Razikoでキーワード録音が複数指定できるようになったので、今まで地元の放送局の番組を録音していたパソコンが不要になったと思っていたのですが、八神純子のMUSIC TOWNと木村多江のSound Libraryは、東京では聴けない事が判明しました。

2015年10月10日

去年の11月からRazikoでキーワード録音が複数指定できるようになったようです。キーワードとキーワードの間に:を入れると良いみたいです。
これで毎週月曜日に1週間分の録音予約をしなくても済みそうです。

2015年9月27日

Nexus7を東京地域のラジオ録音専用として同じ場所に置きっ放しにしているのですが勿体無いので、格安のタブレットPCを購入してラジオ録音専用にすることにしました。
next book 7インチタブレット、機種はM726HMで、CPUはCortex-A8:1GHz、メインメモリは512MB、OSはAndroid2.3、メモリ4G、カメラ無し、Googleplay無し、画面800×480というのを購入しました。。
カスタムROM(ファームウェア)を見つけてAndroid4.0.3(ICS)にバージョンアップして、Googleplay対応にして、Razikoを動作させることに成功しました。作戦成功です。

2015年9月23日

AMラジオファンさんから情報提供していただいて、エリア設定が可能なRazikoのインストーラー(エリア設定可能ver.apk)を入手できました。

http://ux.getuploader.com/2chup_kanra/download/1/raziko%E3%80%80%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E5%8F%AF%E8%83%BDver.apk

razikoをアンインストールしてから、エリア設定可能ver.apkをインストールしました。
でも、いざ起動してみると、razikoの画面から、すぐにGoogleplayへ飛ばされ、更新を求められました。
何度か試して、razikoの画面が出た瞬間に、すぐに設定をクリックするということを何度も試してみると、なんとかエリアの設定ができました。
でもなかなか起動しませんでした。起動を断念して、Googleplayにアクセスして、更新手続きしました。
これで東京の放送が聴けるようになりました。

2015年5月22日

その後、AndroidタブレットMeMO Pad HD7でrazikoをHelium – App Sync and Backupを使って保存してあったバックアップファイルからRazikoをリストアできたのですが、何故か地域の設定が石川県になってしまいました。
それで、radiko.jp for AndroidとRazikoをアンインストールして、東京でバックアップファイルからRazikoをリストアしました。東京では当然、東京のラジオを聞けたのですが、金沢に帰ると石川県のラジオ局しか聞けなくなりました。
MeMO Pad HD7では、今でも東京のラジオ局の番組を録音できているのに何が違うのかなあ?
ちなみにAndroidタブレットMeMO Pad HD7のRazikoのバージョンは1.2.0249でした。Nexus7のRazikoのバージョンも1.2.0249です。

2015年2月19日

AndroidタブレットMeMO Pad HD7でWi-Fiが出来なくなり初期化することにしました。
それでrazikoをHelium – App Sync and Backupを使って保存してあったバックアップファイルからリストアすることにしました。
でもHelium – App Sync and Backupでリストアしようとすると途中で処理済の%の値が止まってしまって100%までいきません。困りました。
Nexus7の時は大丈夫だったのですが・・・・

2014年10月26日

居住地域以外のラジオ局の番組を聴けるということで人気だったRazikoが2014年3月末をもって居住地域のラジオ局だけしか聞けなくなりました。
でも2014年3月末の時点で他の地域に設定してあったRazikoは引き続き、その地域の放送を聞き続ける事ができています。当然、東京を中心とする関東地域が一番ラジオ局が多く内容も充実しているので、できれば地域を東京に指定されているRazikoを使いたいと思うのは当然です。

今まで使っていたMeMO Pad HD7では、地域を東京に指定されたRazikoを利用していたのですが、新たに購入したNexus7でも地域を東京に指定されたRazikoを使用したいと思い、ネットでもいろいろ調べてみましたが解決策は無いような感じでした。

そこで、Helium – App Sync and Backupを使って、今まで使っていたMeMO Pad HD7からrazikoのアプリ環境をバックアップして、バックアップファイルをNexus7にコピーして、Helium – App Sync and Backupでリストア(復元)しようという作戦を思いつきました。

Helium – App Sync and Backupを使用するにはhttp://androidlover.net/apps/backupapps/helium-how-to-use.htmlが参考になります。

Helium – App Sync and Backupを動作させるために、MeMO Pad HD7とNexus7の両方を、開発者向けオプションから、USB デバッグを有効にします。(設定→タブレット情報→最下部にある「ビルド番号」を連続タップ)。

何故かパソコンからUSB接続のNexus7を見るとDCIMとPicturesのフォルダしか見れませんでした。
パソコンからUSB接続のNexus7を見るとデジカメと表示されているんです。そのあたりに原因がありそうです。
Nexus7側で、「設定」→「ストレージ」→ 右上のメニュー→「USBでパソコンに接続」→メディアデバイス(MTP)に変更しました。
その設定だとパソコンからNexus7を認識しなくなりました。
開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグをオンにすると、パソコンのドライバーを別途インストールしなければ、Nexus7を正しく認識しなくなるようです。
パソコンで、Google USB Driverにアクセスして、「Download Google USB Driver」をクリックしてダウンロードしました。ダウンロードしたドライバーを従来のドライバーと入れ替えます。
これでパソコンからNexus7を認識できるようになりました。
ちなみに新しいドライバーをインストールしたパソコンと接続する場合は、Androidの設定を開発者向けオプションをUSBデバッグをオンにしないと認識しないし、従来のドライバのままのパソコンと接続する場合は、Androidの設定を開発者向けオプションをUSBデバッグをオフにしないと認識しないので面倒です。

接続しようとするパソコンは全てドライバを入れ替えないといけなく面倒なので、バックアップが完了したら、開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグのチェックを外しておいたほうが無難です。

今まで使っていた「MeMO Pad HD7シリーズ」 ME173(WH16)からHelium – App Sync and Backupを使ってバックアップした後、carbonフォルダを丸ごとパソコンにコピーします。次に、carbonフォルダを丸ごとNexus7にコピーしてHelium – App Sync and Backuでリストア(復元)してみました。
バックアップの時には、アプリデータのみ(最小のバックアップ)のチェックを外しておかなければいけません。
ちなみにHelium – App Sync and Backupを動作させる場合は、タブレットとパソコンをUSBで接続して、タブレットとパソコンの両方でHelium – App Sync and Backupを起動していないといけません。

carbonフォルダを丸ごとコピーしないと、「.json」のファイル(見えない)が不足となりリストア(復元)では表示されません。
リストア(復元)で表示されない場合は、Nexus7でradiko.jp for AndroidとRazikoをインストールした上で、Helium – App Sync and Backupを使ってバックアップします。その上からパソコンに保存したバックアップデータを上書きすると、リストア(復元)で表示されリストア(復元)を実行できるようになります。
raziko拡張(有料)はリストア(復元)を実行できませんでした。それで改めて購入してインストールしようとしたのですが、いつのまにかraziko拡張が無料になっていました。1度購入すれば、GoogleのIdが同じならば、他の端末でもインストールできるようです。

実際にNexus7でRazikoを動作させてみましたが、問題なく東京のラジオ放送を録音できました。

ちなみに現在動作しているRazikoはv1.2.0233です。
Android機器でもGoogleplayに対応していないものもあるようなので、どんなAndroid機器でもRazikoを使えるということではないようです。基本的にはAndroid OS バージョン 2.2・Froyo以降のAndroid機器でGoogleが定めた基準-Compatibility Definition Document (CDD)に従った端末でGoogleplayにアクセスできるようです。例外もあるようです。

Helium – App Sync and BackupはAndroid 4.0 以上でないと動作しないので、Googleplayに対応していて、Android 4.0以降のOSのAndroid機器なら使用できるということだと思います。

2016.03.24

お気に入りのラジオ番組をパソコンで録音して聴いています

2013年4月18日

パソコンを利用してインターネットでラジオ放送を録音できるようになってから、いろんな音楽番組(渋谷陽一のワールドロックナウ、山下達郎のサンディソングブック、ピーターバラカンのウィークエンドサンシャイン)を録音して、自動車の中で聞いています。本当に便利な世の中になりました。

何気なくFMの番組欄を見ていたら、ビッグスペシャルという番組で萩原健太の名前を見つけて、聞いてみました。こんな番組があることすら知らなかったのですが、月曜から木曜まで夜中1時から4時までやっている3時間の番組で水曜日の夜(実際には木曜日)は音楽評論家などが週替りで選曲構成DJをやっているようです。
その週以降、シンガーソングライター特集やハードロック特集など涙もんの特集か組まれていました。DJにとっては1回1回が単発の番組なので渾身の選曲で番組が作られています。
ビッグスペシャルは2011年11月から続いているようですが、お気に入りの音楽番組が増えて嬉しいです。

2014年5月13日

NHK-FMで月曜日から金曜日(正確には火曜日から土曜日)の00・00から1:00まで、音楽評論家の大伴良則の「とことんポップス今昔物語り」というのをやっているのに気づいて、ネット録画しています。
なかなかマニアックな選曲で面白いです。
5月24日までの期間限定のようです。この時間は、テーマを変えて「とことん*****」というのをシリーズ化しているようです。

2014年5月29日

最近、いろんな番組を録音して、面白いのがないか試聴しています。
その中で、NHK-FM ラジオマンジャック、木村 多江のSound Library (世界にひとつだけの本)は、気に入ったので毎週録音することにしました。

2014年6月19日

録音するラジオ番組の対象を増やすため、AndroidタブレットのRazikoというアプリを使うことにしました。Razikoだと全国のラジオ番組を録音できるのです。但しパソコンでは動作しないので、AndroidタブレットをAC接続して録音しないといけません。録音ファイルはaccという見慣れないファイルなんですが、使っているミュージックプレイヤーで再生することができました。

Razikoは2014年3月までは聴取地域を設定できて、全国どの地域のラジオ放送でも聴取できていたのですが、2014年4月からは地域の設定ができない仕様に変わってしまいました。
ただし、2014年3月末時点でインストール済みの場合は、アップデート(自動でアップデートされてしまいます)後に、聴取エリアは旧バージョンで指定していたエリアに固定になる仕様になっていたのです。インストールし直すと現在地に聴取エリアが定まるようです。俊は聴取エリアを東京に設定してあったのでギリギリセーフでした。

NACK5の小林克也のベストヒットUSA(水曜日過ぎた24:00から25:00)を録音してみましたが、期待を裏切らなく良かったです。毎週録音しようと思います。

知人からINTERFMのThe Selector(木曜日過ぎた25:00から26:00)と細野晴臣のDaisy Holiday!(日曜日過ぎた25:30から26:00)が良いと薦められたのでチェックしようと思います。
NACK5の小林克也のFUNKY FRIDAY(金曜日の9:00から17:55)も面白そうです。約9時間連続ってのは凄いです。

パソコンのフリーソフトRadikoolというのでもラジオ番組を録音できるのですが、このソフトは最初の設定で聴く地域を設定できるんです。聞く地域を東京で設定するとINTERFMもNACK5も録音できそうなので試してみたのですが、自分の地域以外の番組は聴けませんでした。世の中甘くありません。

2014年6月20日

NACK5のFUNKY FRIDAY(金曜日の9:00から17:55)をRazikoで録音予約したのですが録音されていませんでした。やっぱり9時間の番組を録音するは無理なのかな?

2014年6月21日

RazikoはRazikoフォルダに1つでも録音されたファイルがあると、次に録音できない仕様になっています。
Raziko拡張アプリというソフトを購入するとこの制限が解除されるということなので購入しました。
Raziko拡張アプリは105円って聞いていたのですが、216円に値上げしていました。GooglePayで購入したら自動的にインストールされました。Razikoの設定で録音制限の解除にチェックを入れてOKです。なお216円払えば、Googleに同じIDでログインしている端末すべてにインストールすることができます。
これで東京での聴取地域のラジオ番組を制限無く録音できます。

Razikoでは毎週録音というのが無いので、定期的に録音するにはキーワード予約という機能を使いますが、登録できるキーワードは1個だけです。

2014年6月23日

The Selector(木曜日過ぎた25:00から26:00)は良かったです。さまざまな職業の音楽好きの方が日替で選曲する番組で、1時間、曲だけが流れます。毎週録音しようと思います。

2014年6月24日

細野晴臣のDaisy Holiday!(日曜日過ぎた25:30から26:00)も話が面白く、マイナーな音楽がかかり気に入りました。毎週録音しようと思います。

2014年6月27日

NACK5の小林克也のFUNKY FRIDAY(金曜日の9:00から17:55)を再び録音してみました。
今日は、なんとか録音できました。17:30にAndroidタブレットを操作したのが悪かったのか、録音は17:30に終わっていました。
ASUS MeMO Pad HD7でラジオを聴くと音質の悪さが気になります。そういう訳で、「Equalizer」で音質を調整しました。

2014年7月10日

NHK-FM ラジオマンジャックは飽きてきました。
MROラジオの八神純子 MUSIC TOWN(日曜日18:00から19:00)とNACK5の鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY(日曜日 22:00から22:30)を最近録音しています。

2014年8月10日

NACK5の小林克也のFUNKY FRIDAYをやっと聴けたのですが、番組内の15:00から17:00のトーキョー・トップ20が面白かったです。番組内の9:00からのオール・ジャパン・シングル・トップ20も良いのですがマニュアルの番組予約は1個しかできないので15:00から17:00のトーキョー・トップ20だけを録音しようと思います。

2014年9月6日

TBSラジオの粋な夜電波は今ではニコニコ動画からダウンロードしてMP3に変換していたのですが、最近、ダウンロードのソフトが不安定なのと時間がかかるので、Razikoで直接録音することにしました。

2014年10月1日

The Selector(木曜日過ぎた25:00から26:00)が中止になりました。

2014年10月27日

FM横浜の畠山美由紀のTravelin’Light(土曜日の11:00から13:00)とニッポン放送の中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ(日曜日過ぎた3:00から5:00)を録音予約しました。

2014年10月28日

中島みゆきの翌日は中島美嘉のオールナイトニッポンがあるようです。

Radikoの番組表の更新は放送局によっても違うようですが、月曜日だけは日曜日に更新され、その他の曜日は、月曜日にまとめて更新されます。

2014年11月7日

中島みゆきと中島美嘉のオールナイトニッポンは楽しめましたが、毎回録音するほどでは無かったです。
FM横浜の畠山美由紀のTravelin’Lightは選曲がよく、次回からも録音して聞こうと思います。

NISSAN あ、安部礼司 ~beyond the average~が面白いということなので録音してみようと思います。

2014年11月10日

NISSAN あ、安部礼司 ~beyond the average~は面白く無かったです。

2014年11月14日

Androidタブレットの何日も電源を入れっぱなしにしておくと、アプリケーションが全て終了になって再びアプリケーションを起動しないと動作しないことがあるようです。
数日に1度はRazikoを起動しなおしたほうが良いようです。

2015年6月10日

元々、音楽関係の情報を得るために、ラジオの番組をパソコンで録音し始めたのですが、今一番楽しみにして聴いているのは、木村 多江のSound Library (世界にひとつだけの本)です。
木村 多江のSound Library (世界にひとつだけの本)の昔の放送が、公式サイトのポッドキャストで聴取やダウンロードができるようになったので、まとめてダウンロードすることにしました。
一番古いので第138話(2013年6月4日)なので途中からしか聴けないのですが現在260話を越えているんで半分くらいは聴けることになっています。

2015年9月18日

最近は、INTERFMのKENROCKS NITE 大貫憲章(木曜日23:00から24:00)も録音しています。ハードロック系の新しい音楽も聴けます。

2015年10月11日

TBSラジオの宮川賢のパカパカ行進曲が面白いという事なので、録音予約に入れておきました。

現時点の予約録音は

NACK5の小林克也のベストヒットUSA(水曜日過ぎた24:00から25:00)
INTERFMの大貫憲章 Kenrocks Nite – Ver. 2(木曜日の23:00から24:00)
NACK5の小林克也 FUNKY FRIDAY(金曜日の15:05から16:55)
TBSの菊地成孔の粋な夜電波(金曜日過ぎた0:00から1:00)
FMヨコハマの畠山美由紀のTravelin’ Light(土曜日の11:00から13:00)
TBSの宮川賢のパカパカ行進曲(土曜日の15:00から16:50)
NACK5の鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY(日曜日の22:00から22:30)
INTERFMの細野晴臣 Daisy Holiday!(日曜日過ぎた25:30から26:00)

NHKFM ワールドロックナウ(金曜日の23:00から24:00)
NHKFM ウィークエンドサンシャイン(土曜日の7:20から9:00)
FM石川 山下達郎のサンデー・ソングブック(日曜日の14:00から14:55)
FM石川 Sound Library ~世界にひとつだけの本(日曜日の18:00から18:30)
MRO   八神純子 Music Town(日曜日の20:00から21:00)

です。

2015年10月24日

TBSラジオの「宮川賢のパカパカ行進曲」はエッチな題材だったこともあり、とても面白かったです。

2016年1月17日

NACK5の小林克也 FUNKY FRIDAY(9:00から11:00)を録音する事にしたので、FM石川 JA全農 COUNTDOWN JAPAN(土曜日の13:00から13:55)と
FM石川 コスモポップスベスト10(土曜日の15:00から15:30)を録音するのをやめました。
bayfmのPOWER ROCK TODAY (土曜日過ぎた1:00から5:00)も録音する事にしました。

現時点の予約録音は

NACK5の小林克也のベストヒットUSA(水曜日過ぎた24:00から25:00)
INTERFMの大貫憲章 Kenrocks Nite – Ver. 2(木曜日 23:00から24:00)
NACK5の小林克也 FUNKY FRIDAY(金曜日の9:00から11:00 15:00から17:55)
TBSの菊地成孔の粋な夜電波(金曜日過ぎた0:00から1:00)
FMヨコハマの畠山美由紀のTravelin’ Light(土曜日の11:00から13:00)
TBSの宮川賢のパカパカ行進曲(土曜日の15:00から16:50)
bayfmのPOWER ROCK TODAY (土曜日過ぎた1:00から5:00)
NACK5の鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY(日曜日 22:00から22:30)
INTERFMの細野晴臣 Daisy Holiday!(日曜日過ぎた25:30から26:00)

NHKFM ワールドロックナウ(金曜日の23:00から24:00)
NHKFM ウィークエンドサンシャイン(土曜日の7:20から9:00)
MRO   八神純子 Music Town(土曜日の20:00から21:00)
FM石川 山下達郎のサンデー・ソングブック(日曜日の14:00から14:55)
FM石川 Sound Library ~世界にひとつだけの本(日曜日の18:00から18:30)

FMかほく 明日を夢見て(木曜日19:00から19:25)

です。

NACK5の小林克也のベストヒットUSA(水曜日過ぎた24:00から25:00)
INTERFMの大貫憲章 Kenrocks Nite – Ver. 2(木曜日 23:00から24:00)
TBSの菊地成孔の粋な夜電波(金曜日過ぎた0:00から1:00)
FMヨコハマの畠山美由紀のTravelin’ Light(土曜日の11:00から13:00)
TBSの宮川賢のパカパカ行進曲(土曜日の15:00から16:50)
bayfmのPOWER ROCK TODAY (土曜日過ぎた1:00から5:00)
NACK5の鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY(日曜日 22:00から22:30)
INTERFMの細野晴臣 Daisy Holiday!(日曜日過ぎた25:30から26:00)
はRazikoで録音

NACK5の小林克也 FUNKY FRIDAY(金曜日の9:00から11:00 15:00から17:55)
は「録音ラジオサーバー」と「偽のGPSー偽の場所」の組み合わせで録音

MRO   八神純子 Music Town(土曜日の20:00から21:00)
FM石川 山下達郎のサンデー・ソングブック(日曜日の14:00から14:55)
FM石川 Sound Library ~世界にひとつだけの本(日曜日の18:00から18:30)
はradikaで録音

NHKFM ワールドロックナウ(金曜日の23:00から24:00)
NHKFM ウィークエンドサンシャイン(土曜日の7:20から9:00)
はradikoolで録音

FMかほく 明日を夢見て(木曜日19:00から19:25)
はMoo0 ボイス録音器で録音です。

2016年3月25日

TBSラジオの「宮川賢のパカパカ行進曲」が4月2日を最後に終わってしまうそうです。残念です(泣!)
TBSの菊地成孔の粋な夜電波が最近、全然面白くありません。粋な夜電波は歌舞伎町の話題があったので面白かったのに・・・・
NACK5の鈴木雅之 FUNKY・BROADWAYとINTERFMの細野晴臣 Daisy Holiday!も飽きたので録音するのをやめました。
ついでにbayfmのPOWER ROCK TODAYも録音するのをやめました。

INTERFMのMorning Grooves(月曜日から金曜日の5:00から7:00)を最近聞いていますが、なかなか良い選曲です。曲名もインターネットに残っているので、気に入った曲があると後で調べられます。

2016年3月31日

INTERFMのMorning Grooves(月曜日から金曜日の5:00から7:00)が、突然 終了を迎えました。
Shin Barakan(ピーターバラカンの息子)さんの選曲、気に入っていたんですけど・・・29日のBlktop Projectの特集も良かった。

2016年4月7日

4月に入って1週間たったのですが、それほど気に入った新番組はありません。
「簡易恋愛プログラム 宮川賢のデートの時間でそ?」はちょっと期待しています。

2016年4月12日

「簡易恋愛プログラム 宮川賢のデートの時間でそ?」は期待はずれでした。

これからの予約録音は

Razikoで録音は
NACK5の小林克也のBest Hit USA(水曜日過ぎた24:00から25:00)
INTERFMの大貫憲章 Kenrocks Nite – Ver. 2(木曜日 23:00から24:00)
NACK5の小林克也 FUNKY FRIDAY(金曜日の9:05から11:00 15:05から17:00)
FMヨコハマの畠山美由紀のTravelin’ Light(土曜日の11:00から13:00)

radikaで録音は
MRO   八神純子 Music Town(土曜日の21:00から22:00)
FM石川 山下達郎のサンデー・ソングブック(日曜日の14:00から14:55)
FM石川 Sound Library ~世界にひとつだけの本(日曜日の18:00から18:30)

radikoolで録音は
NHKFM ワールドロックナウ(金曜日の23:00から24:00)
NHKFM ウィークエンドサンシャイン(土曜日の7:20から9:00)

Moo0 ボイス録音器で録音は
FMかほく 明日を夢見て(木曜日19:00から19:25)

2016年6月2日

資格試験の受験のため、自動車の中では、講義のCDを繰り返し聞くことにしたので、ラジオの録音は
FM石川 Sound Library ~世界にひとつだけの本(日曜日の18:00から18:30)
NHKFM ワールドロックナウ(金曜日の23:00から24:00)
だけになりました。

2016.01.18

Missing Link は便利

2016年1月18日

Android端末の主な用途は東京のラジオ放送の番組を録音する事なので、録音したファイルをパソコンに取り込む事は重要な事です。

AirDroidというアプリが一般に広く使われているようですが、パソコンから http://web.airdroid.com/ にアクセスしなければいけないので、なんとなくセキュリティ上の不安があるのでやめました。

最初はOnAirというアプリを使用していたのですが、Android端末Nexus7のIPアドレスが変更になる事があって、その都度パソコンのFTPの設定を変更しなければいけないのが不満でした。

その後も、いろいろなアプリを試してみたのですが、Missing Linkというアプリが最も便利でした。英語で、しかもAndroid端末とパソコンの両方にアプリをインストールしないといけませんが、ダウンロードも早く、ファイルの削除もできます。

http://www.gigafree.net/utility/smartphone/MissingLink.html

でダウンロードができ、説明も判りやすいです。でも使用法は少し自分の環境と違っていました。
Android端末にインストールして、起動すると初期画面になるので、左上のツール(3本の横線)をクリックして、Sharesをクリックします。右上の+ボタンをクリックして、フォルダを選んでNextをクリック。AddShareをクリック  これでAndroid端末の設定は終了です。Missing Linkは動作し続けないとパソコンからの処理もできませんが意識しなくても動作し続けているようです。

転送速度はOnAirの場合、状態が良い時で、1MB/Sくらいですが、Missing Linkは500KB/Sくらいです。時間は2倍かかりますが、設定が楽なので、どの端末からも簡単に使えます。

パソコンにMissing Linkをインストールして、初期画面のDevicesをクリックすると、Android端末が表示されますのでクリックして選択します。Browseウインドウに共有化したフォルダ一覧が表示されるので選択してダブルクリックすると、フォルダ内のファイルが表示されるので、右側のボタンで希望の処理をクリックします。
Android端末からパソコンへのファイルの取り込みも、Android端末のファイルの削除も、パソコンからできますので便利です。

実際に試してみましたが、問題なく動作しました。

家の中では2台のAndroid端末を使っていますが、部屋を移動するとAndroid端末のIPアドレスも変更になります。たまたま同一の無線ターミナル親機に接続したところ2台のAndroid端末が同じIPアドレスになって片方が接続できなくなりました。
Nexus7のIPアドレスを変更(設定・・・Wi-Fi・・・接続中のネットイワーク回線を長押し・・・ネットワークを変更・・・詳細オプションを表示・・・IPアドレスの値を変更・・・保存)したところ問題なく使えるようになりました。

Missing Linkは大変使いやすいのですが、何故か1台のパソコン(Nexus7)だけAndroid端末からファイルを取り込めません。Android端末にあるファイルの表示はするのですがダウンロードが出来ないのです。原因は長い間不明です。OSも一緒だし、そのパソコンに特別な要因は何も無いのでとても不思議です。
今回、Android端末の不具合の原因がIPアドレスの重複だったので、念のために調べてみると、他のパソコンとIPアドレスが重複していました。さっそくIPアドレスを変更したのですが、やっぱりダウンロードできませんでした。ただ、そのパソコンからAndroid端末のファイルの削除はできます。
ちなみに、そのパソコンでMissing Linkの再インストールしてみたのは言うまでもありません。

2016年1月19日

IPアドレスを変更したパソコンでインターネットができなくなりました。IPアドレスを自動的に取得に変更したらインターネットができるようになりました。パソコンのIPアドレスを固定にした場合、その他に、いろいろ設定をしなければインターネットとの接続が出来ないようです。

2016年2月5日

昨日、2台のAndroid端末の内、1台(Nexus7)だけがMissing Linkを使ってパソコンにデータをダウンロードする速度が遅くなって、どうしたのかなと思っていたのですが、今日は、昨日遅くなったAndroid端末(Nexus7)からのダウンロードが全く出来なくなりました。データの削除はできるのです。
以前から、1台のパソコンだけAndroid端末からファイルを取り込めないのですが、それと同じような現象です。
いろいろ試してみたのですが、現在遅くなったAndroid端末(Nexus7)は、スリープ状態になっている場合には、Missing Linkが正常に動作しないようです。ただ、もう一台のAndroid端末(next book 7)はスリープ状態になってもMissing Linkが正常に動作してます。
ちなみに、どちらのAndroid端末でも、スリープ状態になっていてもラジオ番組の録音には影響ないです。

1台のパソコンだけAndroid端末からファイルのダウンロードが出来ない件についても、いろいろ試してみたのですが、ダウンロード先をLAN接続のハードディスクではなく、パソコンのハードディスクをダウンロード先に設定すると動作するようです。別系統のLAN接続の2台のハードディスクともダウンロードができないので、そのパソコンとLAN接続のハードディスクに関しての個別の設定が原因ではないと思います。
ちなみに、そのパソコンからLAN接続のハードディスクについて、ファイルのコピーや移動は問題なくできます。それと他のパソコンでは、Missing Linkを使って、LAN接続のハードディスクにダウンロードができます。
でもトラブルの原因がどのあたりにあるか判っただけでも前進です。

2016年2月6日

引き続き、いろいろ試行してみました。
Android端末からファイルのダウンロードに不具合のあったパソコンについて、ダウンロード先の指定を、ネットワーク経由(スタート左クリック・・・コンピューター左クリック・・・左側ウインドウのネットワーク)ではなくて、対象のLAN接続のハードディスクをネットワークドライブの割り当てをした上で、コンピューター経由(スタート左クリック・・・コンピューター左クリック・・・ネットワークドライブ割り当てしたハードディスク)で指定すると問題なくダウンロードができることに気づきました。
ちなみに、他のパソコンでは、ネットワーク経由であろうとコンピューター経由でも、どちらでもLAN接続のハードディスクにダウンロードできます。かなり問題点が絞れてきました。

2016.01.17

Nexus7でQRコードを読めない

2015年1月16日

QRコードを読み取る必要があったのですが、スマートフォンを持っていないのでAndroidタブレットNexus7でQRコードを読んでみる事にしました。
Androidで動作するQRコードを読み取るアプリがいろいろ出ているのでQRコードリーダー、QRコードスキャナー、バーコードスキャナのプロなどを試してみましたが、いずれもQRコードを読み取ることができませんでした。
QRコードをアップで写すとピントが合わないからなんだと思います。ちなみに、AndroidタブレットNexus7では、小さな文字を鮮明に写す事もできません。スマートフォンだと問題なく読み取れるのでしょうね。

2015.11.15

LAN接続のハードディスクの整備とAndroidタブレットからのアクセス

2015年11月15日

LAN接続のハードデイスクが便利で、今では用途ごとに3つのハードディスクをLAN上で共有しています。
仕事のハードディスクはRAID機能のあるLS-WX4.0TL/R1J(バッファロー)を使い、それにUSBでHD-LB1.5TUS(バッファロー)を接続し、両方ともネット接続で使っています。HD-LB1.5TUS(バッファロー)は普段使いのデータ(ラジオ録音とか音楽、ホームページ関連)を入れてあります。
その他にHDL-C1.5/EC(アイオーデータ)をLAN接続して使っているのですが、性能の問題か、不良品なのか、ネットラジオなど他のパソコンで自動にデータを保存する場合にエラーが頻発するので、他から見れないほうが都合の良い個人的なデータを入れています。やっぱりアイオーデータはネット関連の機器は良くないです。

今回、ハードディスクに、上記の用途以外のデータが入っているのを、きちんと用途分けして、アクセス制限も厳格にすることにしました。設定がうまくいかないこともあって、guestでも入れるようにしてあったハードディスクもあったのですが、今回全てのハードディスクにアクセス制限をかけました。

アイオーデータのLAN接続のハードディスクは、ユーザー名とパスワードさえ入力すれば、どのパソコンからもアクセスできるのですが(方法を知らないだけかもしれません)、バッファローのLAN接続のハードディスクはどのパソコンからアクセスできるのかの制限もかけられるので安心です。

バッファローのLAN接続のハードディスクの設定はBUFFALO NAS Navigator2を使います。
BUFFALO NAS Navigator2を起動すると、ネットワーク接続しているバッファローのハードディスクが表示されます。そのハードディスクのアイコンを右クリックして、Web設定を開く を選択します。
初期画面でユーザー名とパスワードが求められます。ユーザー名の初期設定は admin パスワードの初期設定は password になっています。これは後で変更可能です。
最初にユーザー/グループを登録します。ユーザーの登録は「ユーザーの作成」ボタンをクリックしてユーザー名とパスワード、確認用パスワードを入力して保存ボタンを押します。
ユーザー名はWindowsXPやWindows7の場合はパソコンのユーザー名を登録しないといけません。Windows10の場合は、パソコンのユーザー名と一緒でなくてもアクセス可能のようです。WindowsXPやWindows7の場合は外から利用するパソコンの台数分のユーザー登録が必要です。パソコンに同じユーザー名を登録することは出来ないはずです。
ユーザー名の登録が終わると、共有フォルダーの登録をします。
設定したいハードディスクをクリックして、アクセス制限のボックスにあるローカルユーザーを選択して、追加ボタンをクリックします。すると先ほど登録したユーザー一覧が表示されるので、選択して追加ボタンをクリックします。
アクセス制限のボックスに新たに追加したユーザーが表示されるので、権限が書込可能か読取専用かを指定します。読取専用を書込可能に変更したい場合は、読取専用をクリックすると選択できる画面に変わるので希望の権限を選択します。
アクセスできるユーザーをすべて追加し終わったら保存します。
Androidタブレット(nexus7)でもハードディスクにアクセスしたいのでユーザー名を1つ余分に登録しておきました。Androidタブレット(nexus7)用のユーザー名は読取専用にしておきました。
これでハードディスク側の設定は終わります。
Windows7のパソコンからはコンピュータ・・・ネットワーク  でアクセス可能なパソコン、ハードディスクの一覧が表示されるので、LAN接続のハードディスクをダブルクリックすると、ユーザー名とパスワードを求められます。
パソコンのユーザー名と、NAS Navigator2のユーザー登録で設定したパスワードを入力してログインします。今後、ユーザー名とパスワードを入力するのが面倒だということでしたら記憶するをチェックしてログインすると良いです。ネットワークドライブの割り当てを設定すると、内蔵ハードディスクのように簡単にアクセスできるようになります。
WindowsXPの場合も、Windows7と同様に使えます。
Windows10の場合は、パソコンのユーザー名と一緒でなくても、NAS Navigator2のユーザー登録で設定した、他のパソコン用のユーザー名とパスワードでもログインできます。でも同じユーザー名で同時ログインすると具合悪いので、Windows10のパソコンには独自のユーザー名を登録したほうが無難です。

Androidタブレット(nexus7)でハードディスクにアクセスするのは、ちょっと苦労しました。Androidタブレットでハードディスクにアクセスできるアプリはそれほど無いようです。
「ESファイルエクスプローラー」は「個人情報を不正にBaiduサーバに送信している」疑いがあるので避けたほうが良いのですが、Androidからパソコンの共有フォルダにアクセスする場合には「ESファイルエクスプローラー」以外には見当たりません。共有フォルダにアクセスする時に、ユーザー名とパスワードの設定ができるのは「ESファイルエクスプローラー」ぐらいしか見当たりません。有料アプリにはあるのかもしれませんが試せないので判りません。
ESファイルエクスプローラーを起動して ネットワーク・・・ネットワーク・・・ネットワーク接続しているバッファローのハードディスクをのアイコンを長押し・・・下側にある「サーバーを編集」ボタンをクリック・・・匿名のチェックを外し、NAS Navigator2でユーザー登録したユーザー名とパスワードを入力してOKボタンをクリックして設定が完了です。
これでハードディスクのアイコンをクリックすると、フォルダが開き、目的のファイルを探すことができます。
ハードディスク内にある目的のファイルをアプリで開くことによりAndroidで音楽を聴いたり、画像を見たりできます。ただ、Androidタブレット(nexus7)の場合、ハードディスク内の音楽を聴きながらネットサーフィンするなどの多重処理はできないようです。

2015年12月1日

Androidタブレット(nexus7)は、しばらくするとアクセスできなくなりました。アクセス権限が無くなったというようなメッセージです。

改めて、ESファイルエクスプローラーを起動して ネットワーク・・・ネットワーク・・・ネットワーク接続しているバッファローのハードディスクをのアイコンを長押し・・・下側にある「サーバーを編集」ボタンをクリック・・・匿名のチェックを外し、NAS Navigator2でユーザー登録したユーザー名とパスワードを入力してOKボタンをクリックして設定すると、またアクセスできるようになりました。

2015.11.11

Googleカレンダーを使ってみた

以前はパソコンでオーガナイザーというソフトを使って予定表を作っていたのですが、面倒くさくて知人の誕生日や毎年の重要日の記憶くらいでしか使っていませんでした。
今ではGoogleカレンダーを利用することによって家中のパソコンやタブレットPCで情報を共有できるようになって随分便利になっていました。なにを今更っていう話なのですが今回初めて知った次第です。
ただ、Googleカレンダーは見た目に休日とか判りにくいですし、月ごとの移動が不自然で使いにくいです。それでGoogleカレンダーのデーターを共有して、もっと使いやすいソフトが無いか調べてみました。
やっぱり探せばあるもので、Androidではジョルテ カレンダー(Jorte Calendar)というソフトが使いやすくて便利です。
ジョルテ カレンダー(Jorte Calendar)はオンラインで使ったときのスケージュールを記憶しているのでオフラインでも使え、オフラインで記入したスケジュールもオンラインで繋がった時にGoogleカレンダーに同期させます。

ジョルテ カレンダー(Jorte Calendar)がパソコンでも使えれば良いのですが、Windows10からしか使えないのです。
それでパソコンではFavGCalSchedulerいうソフトをインストールしました。
FavGCalSchedulerではGoogleカレンダーとの同期に関する設定で、ちょっと戸惑いました。
最初に 設定・・・アプリ設定・・・GoogleAccount設定・・・OAuth認証コードを取得するをクリックしてGoogleに行くとOAuth認証コードが表示されています。そのOAuth認証コードをコピーして入力して認証テストをクリックするとデーターの共有ができるようになります。
その後で 設定・・・アプリ設定・・・Googleカレンダー設定で同期にチェックマークを入れます。
最後に FavGCalSchedulerが起動している画面下のカレンダーの設定ボタンを選んで使うカレンダーをダブルクリックして同期(Googleカレンダー)の設定を選ぶとGoogleカレンダーのデーターを共有したカレンダーを表示できます。
以降は自動的にGoogleカレンダーのデーターを共有したカレンダーを使用できます。FavGCalSchedulerもオフラインでも使えます。

これで、どこにいてもスケジュールの共有が可能になりました。

FavGCalSchedulerもオンラインで使ったときのスケージュールを記憶しているので、オフラインでも使えます。試した事がないのですが、多分FavGCalSchedulerでもオフラインで記入したスケジュールをオンラインで繋がった時にGoogleカレンダーに同期させるのだと思います。

2015.10.30

ASUS 7型ワイドタブレットPC Nexus7(2012) 32GB ME370Tを購入しました

2014年10月25日

東京のラジオ録音のためのタブレットと外出用のタブレットを使い分けたいので7インチのタブレットをもう1台購入することにしました。

100満ボルトの増築リニューアルのオープニングセールで中古のASUS 7型ワイドタブレットPC「Nexus7(2012)32GB」ME370Tが税抜き9990円(税込み10789円)で10台売られていたので購入することにしました。
Nexus7(2012)32GBの中古が飛ぶように売れるとは思わなかったので、夕方に買いに行きました。
店内は混んでいたのですが、中古のブースは空いていました。Nexus7(2012)32GBはまだ7台残っていました。封がしてあるので中身は見ることが出来ません。中の状態は買ってみないと判らないということなので、早く買っても遅く買っても運しだいです。よく見ると、1030円で3年保証が付くということなので利用することにしました。修理費の30%は負担しないといけないのですが、中古で購入して3年間は確実に使えるというのはありがたいです。実は3年保証は1万円以上の商品にしか使えないと最初に言われたのですが、価格に部分にはっきりと1030円で3年保証って書かれていたので、ゴリ押しで3年保証をつけてもらうことにしました。総額11819円です。ヤフオクの価格と較べても決して高くはないと思います。
家に帰って開封してみたのですが、本体は新品と言われても納得するくらい綺麗なタブレットでした。

Nexus7(2012)はMeMO Pad HD7シリーズより上位機種ですが、少しだけ古いので、カメラの性能に劣り、MicroSDカードは使えません。

ASUS 7型ワイドタブレットPC「MeMO Pad HD7シリーズ」 ME173(WH16)
メインメモリ1GB、500万画素のカメラ、記憶容量16GB、CPUはMediaTeck MTK8125 (クアッドコア1.2GHz)、バッテリー駆動時間約10時間
タッチパネル付き 7型ワイド カラー液晶(広視野角/省電力LEDバックライト) 1,280×800ドット
USBはmicroUSBです。OSはAndroid 4.2.1です。
MicroSDカードを使えるのが便利です。

ASUS 7型ワイドタブレットPC「Nexus7(2012)」ME370T 
メインメモリ1GB、120万画素のカメラ、記憶容量32GB、CPUは1.3GHz(NVIDIA Tegra 3 クアッドコア1.3GHz)、バッテリー駆動時間約8時間
タッチパネル付き 7型ワイド カラー液晶(広視野角/省電力LEDバックライト) 1,280×800ドット
USBはmicroUSBです。Nexus7だと有線LANを使用できます。OSはAndroid 4.1です。

さっそく充電して最初に言語を日本語に設定します。最初、英語だけしか選択の表示が無かったので戸惑いましたが、画面を下にこすると日本語の選択が出てきました。
次にWifiの設定が求められ、接続しているアクセスポイントの暗号化キーを入力してインターネットにアクセスします。
次にGoogleアカウントを入力します。これでタブレットの設定は完了です。
ディスプレイの設定でスリーブを10分に延ばしました。
セキュリティの設定でパスワードを表示するを選択しました。

AOSS、Helium – App Sync and Backup、WiFi Manager、radiko.jp for Android、ネットラジオらじるらじる、razikoをインストールしました。

新たに購入したNexus7を使ってrazikoで東京のラジオを録音できるようにしなければいけません。ネットで調べても、良い方法は無いような感じです。
そこで、Helium – App Sync and Backupを使って、今まで使っていたMeMO Pad HD7からrazikoのアプリ環境をバックアップして、バックアップファイルをNexus7にコピーして、Helium – App Sync and Backupでリストア(復元)しようという作戦です。

Helium – App Sync and Backupを動作させるために、開発者向けオプションから、USB デバッグを有効にします。(設定→タブレット情報→最下部にある「ビルド番号」を連続タップ)

何故かパソコンからUSB接続のNexus7を見るとDCIMとPicturesのフォルダしか見れませんでした。パソコンからUSB接続のNexus7を見るとデジカメと表示されているんです。そのあたりに原因がありそうです。
Nexus7側で、「設定」→「ストレージ」→ 右上のメニュー→「USBでパソコンに接続」→メディアデバイス(MTP)に変更しました。
その設定だとパソコンからNexus7を認識しなくなりました。
開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグをオンにすると、パソコンのドライバーを別途インストールしなければ、Nexus7を正しく認識しなくなるようです。
Google USB Driverにアクセスして、「Download Google USB Driver」をクリックしてダウンロードしました。ダウンロードしたドライバーを従来のドライバーと入れ替えます。
これでパソコンからNexus7を認識できるようになりました。

今まで使っていた「MeMO Pad HD7シリーズ」 ME173(WH16)からHelium – App Sync and Backupを使ってバックアップしたradiko.jp for AndroidとRazikoをNexus7にコピーしてHelium – App Sync and Backuでリストア(復元)してみました。
でもパソコンに保存したバックアップデータはリストア(復元)では表示されませんでした。
試行錯誤して、解決策を見つけました。Nexus7でradiko.jp for AndroidとRazikoをインストールした上で、Helium – App Sync and Backupを使ってバックアップします。その上からパソコンに保存したバックアップデータを上書きすると、リストア(復元)で表示されリストア(復元)を実行できるようになりました。
実際にNexus7でRazikoを動作させてみましたが、見事に東京のラジオを録音できるようになりました。Raziko拡張もインストールしてNexus7を主にラジオ録音で使おうと思います。
無料で音楽聴き放題Music Tubee もGooglePLAYからインストールできなくなっていたので、Helium – App Sync and Backupを使ってMeMO Pad HD7からコピーしました。

2014年10月27日

100円ショップでタッチペンと液晶用フィルムを購入しました。
以前購入してMeMO Pad HD7では使えなかったUSBに接続するLANアダプタを試してみましたが無事使えました。

2014年10月28日

Nexus7はRaziko専用機にすることにしたので、置く場所の問題と常時電源ON、データのやりとりの面で便利だということで今までラジオ録音専用で使ってたパソコンAspireOne AOA150にUSB接続しておくことにしました。AspireOne AOA150は東京地域でしか聞けない番組以外を録音するので引き続きラジオ録音専用として使い続けます。Razikoは毎週録音という機能がないですし、東京地域でやっていなくて、こちらの地域で聴取できる番組もあるので、Nexus7だけでラジオ録音を全てまかなうのは無理なんです。
AspireOne AOA150にUSB接続しておけば、データのやりとりはAspireOne AOA150にリモートデスクトップ接続して、どのパソコンからでも操作できます。

2014年10月31日

前からNexus7のRazikoフォルダを共有化できれば、他のパソコンから録音したデータを自由に取り出せるので良いと思っていたのですが、有線環境で共有フォルダを設定できる方法がなかなか見つかりません。

2014年11月6日

Google Nexus 7(2012モデル)レザーケース (ブラック)を購入しました。Amazonで送料込み408円でした。

2015年10月5日

東京のラジオ録音は、他の安いタブレットPCを購入して使う事にして、Nexus7は家の中で使う事にしました。

2015年10月31日

Nexus7が突然壊れました。全く起動しません。3年保証を付けといて良かったです。

2015年11月2日

100満ボルトのソフマップ ユーフロントにNexus7を持っていきました。3年保証で修理費の30%の自己負担で修理できるというのに加入していたのです。
修理見積に10日から2週間かかるそうです。まあそれは仕方ないのですが、修理費が購入価格より高い場合は、購入価格の28%分のポイント還元で対応するというのです。ソフマップ ユーフロントなんて、元々価格が高くて購入する価値のあるものなんて販売されていないので、購入価格の28%分のポイント(つまり2800円分のポイント)なんて全く価値がありません。そんなもの無価値で意味がないと言うと、購入価格の30%の金額+修理費と購入価格の差額の全額を支払って修理することも可能だと言うのです。しかも購入価格以上の修理費がかかった場合には、次回からの保証は無いというのです。今時、1万円以下の修理費での修理なんて、ほとんど無いとは思うけど、修理費が高いほうがお店にとって有利な保証制度ってどうかなあとは思います。
2万円くらいの修理費だと、13000円の負担です。先に1030円を支払っているので総額14030円になります。程度の良い中古買った方がよっぽと安くて良いです。 定価2万円の修理費で、お客の負担が14030円だと、お店にしてみれば、それほど損害を被る事が無いと思われます。1030円の保証金払っても3年保証を使わない可能性が高いので、結局ユーザーにとっては、ちっともお得でない制度だと思います。
なんか詐欺みたいな3年保証です。 

2015年11月3日

Nexus7は充電したら動作したとの電話がありました。ACに接続しても動作しなかったし、充電中の表示もなかったので、充電の問題では無いと確信があったのですが、Nexus7は完全放電すると、そういう状態になるんだそうです。
前日に使った時には、電池の残量が減っている状態では無かったので不思議です。
最近変えたケースは、閉じてもスリープ状態にならないので、電源が入ったままの状態が持続されていたのかもしれません。

2015.10.20

タブレットPC用のキーボード付ケースを買いました

2015年10月20日

マルツ電波に行ったら、7インチタブレット用のキーボード付ケースが1191円で売っていたので衝動買いしました。7インチタブレットなら多少の大きさの違いは問題なく収納できるような構造になっています。キーボードとタブレットPCとはUSBで接続されます。さっそくNexus7で使ってみました。

androidkey1
androidkey2

日本語入力もできて、なかなか使えるなあと思っていたのですが、日本語入力と英語入力の切り替えの方法が判らず苦労しました。いろいろ試行錯誤して〜のキーをクリックすると切り替えが出来ることを見つけました。
ただ、日本語入力をする場合、最初の文字入力の時に、キーを押すと、そのキーの文字が必ず複数入力になって使いものになりません。

Google日本語入力をインストールしたら、日本語入力での、トラブルは激減しましたが、最初に入力したアルファベットが勝手に確定されるトラブルが時々発生しました。発生を入力したいのに、h発生と入力されたり、hあっせいというふうになります。英字入力の場合はトラブルが起きにないのでキーボードの故障ではないように思います。

Google日本語入力を使うと、日本語入力と英語入力の切り替えは簡単になりました。
ソフトによっては日本語入力と英語入力の切り替え表示が出ない事がありますが、文字を挿入する場所をクリックすると文字切り替えのアイコンが表示されます。

ATOKでも試してみましたが、やっぱり最初に入力したアルファベットが勝手に確定されるトラブルが発生しました。

2015年10月24日

いろいろ試行錯誤して、ハードキーボードを使って最初に入力したアルファベットが勝手に確定されるトラブルはGoogleChromeを使った時に起きることがわかりました。
ブラウザをFirefoxやLitter Penguinに変更するとハードキーボードが問題なく使えました。
GoogleChromeを使うのはやめて、Firefoxを使う事にしました。Firefoxもパソコンのブックマークなどを共有できます。

ブラウザをFirefoxに変更してから快適に使えています。

2015年12月21日

最近、ハードキーボードを接続していなく、Firefoxでも最初に入力したアルファベットが勝手に確定されるトラブルが起きる事があります。タブレットPCを入力用に使う事自体が間違っているんでしょうね。

2015.10.17

FMかほく(radikoで聴けないラジオ局)をパソコンで録音

2015年9月12日

FMかほくで、千寿さんの「明日を夢みて」という番組があるということなので、パソコンから録音しようと思い、いろいろ調べてみました。基本的にラジオ番組は録音して、自動車を運転しながら聴くので、オンラインで聴くという習慣がなのです。
「FMかほく」はローカルなので、radikoで聴けなく自動録音ができません。
番組は、FMかほくのホームページで聴けます。  
http://fm.kahoku.net/event/?ucate=8
FMかほくのホームページで、番組をパソコンで聴く方法や録音の方法まで掲載されていました。
♪超録 – パソコン長時間録音機というフリーソフトをインストールして試してみました。♪超録 – パソコン長時間録音機を使ってMP3形式で録音する場合は、lame_enc.dll が必要です。lame_enc.dll をキーワード検索して、♪超録 – パソコン長時間録音機のアプリケーションと同じフォルダに入れます。最初、入力デバイスの設定をデフォルトで使って録音してみたのですが、番組の録音ではなくて、マイクからの録音がされてしまいました。それで設定を変更しました。入力デバイスの名称はパソコンによって違うようです。
♪超録 – パソコン長時間録音機でパソコンの音源を録音してみたのですが、2台のパソコンでは問題なく録音できるのですが、番組録音に一番都合の良いパソコンでは録音できませんでした。他のソフトで試しても同様でした。
いろいろ調べたのですが、ASUS M2A-VM HDMIのオンボードのサウンドカードはマイクやLINEからの録音は可能ですが、パソコンで再生する音源を録音する機能がないようです。そういう訳で、そのパソコンにはクリエイティブUSBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2 を購入して設置しました。無事録音できるようになりました。送料込みで4050円でした。

2015年9月25日

FMかほくをパソコンで聴く方法は、3種類ほどあるのですが、listen.plsで聴くと、録音した音が小さくて良くなかったです。
tuneinだと大丈夫なようです。いずれにしても録音した音にはプチプチとノイズが入ります。
http://tunein.com/station/?stationId=159022

2015年10月8日

tuneinでも音が小さめだったので、♪超録 – パソコン長時間録音機から、パソコン音源のレベルを上げておきました。

2015年10月11日

10月8日の録音に失敗しました。30分間、無音で録音されていました。
tuneinは、時間が立って画面が消える設定にしておくと、画面が消えた時に音も消えるようです。スリープにならない設定にしてあってもダメでした。
今日の再放送を録音しましたが、やっぱりプチプチとノイズが入っていました。

2015年10月15日

実際の音と録音した音を較べてみたのですが、実際の音でノイズがないのに、録音した音はノイズが入っていました。♪超録 – パソコン長時間録音機での不具合のようです。
Moo0 ボイス録音器というフリーソフトを試してみました。録音した音にノイズは入っていませんでした。
Moo0 ボイス録音器でも録音開始時間と録音終了時間を設定でき、録音レベルの設定も出来るようなので、今後はMoo0 ボイス録音器を利用しようと思います。

2015年10月18日

パソコンは、パソコンをディスプレイの電源を切る10分、コンピュータ=をスリープ状態にする1時間の設定なのですが、Moo0 ボイス録音器で2時間後の録音開始で、tuneinを予約録音をしてみたのですが、無音のファイルになっていました。tuneinはあまり安定していないようです。

FMかほくのホームページからSHOUTcastRadioの再生ボタンを押して長時間の動作を試してみたのですが、SHOUTcastRadioも長時間鳴らしっぱなしにすると途中で音が鳴らなくなりました。

http://www.shoutcast.com/Search   から FMkahoku を検索して再生したところ、長時間鳴らしっぱなしにしても大丈夫でした。

http://www.shoutcast.comでは、自動的にFMかほくの放送を、選択したソフトで再生するショートカットも製作できます。WinampでFMかほくの放送を再生するショートカットtunein-station.plsをデスクトップに設置しました。その場合、Winampを予めインストールしておく必要があることは言うまでもありません。

tunein-station.plsを動作させて、Moo0 ボイス録音器の予約録音を試してみましたが問題なく録音できていました。Moo0 ボイス録音器のボリュームの増量は30%くらいがちょうど良いようです。
パソコンをディスプレイの電源を切る10分、コンピュータ=をスリープ状態にする1時間の設定で、tunein-station.plsを動作させて、Moo0 ボイス録音器の2時間後の予約録音をしてみましたが、問題なく録音できていました。スリープ状態でも、tunein-station.plsとMoo0 ボイス録音器の動作は維持されているようです。

リモートデスクトップを使って、他のパソコンからMoo0 ボイス録音器が動作しているパソコンに入ると、その時点でMoo0 ボイス録音器は動作を停止しました。リモートデスクトップを使って録音予約するのはダメみたいです。

ラジオ録音専用のパソコンでRadikaとtunein-station.plsとMoo0 ボイス録音器を同時に動作させてみましたが、なんの問題もなく動作しました。Moo0 ボイス録音器の予約録音は当日分しかできませんが、それでも随分楽になります。

2015年10月19日

ソースネクストのB’sサウンドレコーダーを、ソースネクストのマイレージポイントで入手して、録音してみました。こちらもリモートデスクトップを使って設定すると正常に動作しなくなります。
しかも録音した音はノイズ有りまくりです。有料ソフトなのにボロボロです。

2015年10月20日

ソースネクストにB’sサウンドレコーダーの件を問い合わせすると、翌日に返事が来ました。添付ファイルを送ってきたのですが、ソースネクストのウィルスセキュリティZEROにウィルスと判断されて削除されてしまいました。

2015年10月21日

ウィルスセキュリティZEROの設定を変えて、メールの添付ファイルを受け取る事ができました。
ソースネクストのサポートの指示通り、ファイルを入れ替えると、B’sサウンドレコーダーでの録音でノイズが全く無くなりました。
リモートデスクトップでの予約録音をしてみました。
B’s サウンドレコーダーが動作しているパソコンに、他のパソコンからリモートデスクトップでアクセスし、抜け出ると、B’s サウンドレコーダーの動作がストップする状況は変わりませんでした。ソースネクストに問い合わせしました。

2015年10月22日

朝にB’s サウンドレコーダーで、FMかほく千寿さんの「明日を夢みて」(tunein-station.pls)を予約録音しましたが無事成功しました。音の大きさも申し分ありませんでした。

Moo0 ボイス録音器の場合は、ファイルの保存場所や録音開始時間、録音終了時間、録音レベルの情報が保存されるので、次回はセットボタンをクリックするだけで予約ができますが、B’s サウンドレコーダーの場合は、その都度、時間や保存場所を入力しないといけないので、どちらかというとMoo0 ボイス録音器のほうが良いです。無料ソフトに負けてるようじゃダメですね。

リモートデスクトップの件は、ちゃんと調べてくれているようで、もう少し時間を下さいという連絡がきました。これが解決したら、本当に助かるんですけど。
自作パソコンの上に、ラジオ録音専用に使っている8.9 インチのノートパソコン(AspireOne AOA150)を閉じた状態で置いて、その上にラジオ録音専用の7インチタブレットPC(next book)を置いているので、ラジオ録音専用のノートパソコンはできれば触らないで使いたいんです。

2015年10月26日

ソースネクストのサポートセンターから返事が来ました。ソースネクストの環境からはトラブルの現象が再現されなかったようです。

1.Windows アップデート
2.常駐ソフトの停止
3.テンポラリファイルの最適化
4.ハードディスクの修復とデフラグ
5.再インストール
6.ドライバのアップデート

を試して欲しいという返事でした。具体的な操作方法も親切に説明されていました。
実際に試してみたのですが、最初の2回ほどは正常に動作しましたが、すぐに元に戻ってしまいました。
ノートパソコン(AspireOne AOA150)の処理能力が原因なのかもしれません。メモリが1GBなので仕方ないです。AspireOne AOA150はメモリを最大1.5GB(スロットの512MBを1GBに交換  PC2-5300)までにはできるそうですが、分解するのがかなり難しいようです。諦めました。

リモートデスクトップするのをやめて、録音は、時間設定が楽なMoo0 ボイス録音器を使う事にしました。

2016年3月18日

最近、録音したファイルにノイズが入ることが多くて困っています。
tunein-station.plsの音源自体にノイズがのっているようです。

2016年4月23日

Listen.plsだと比較的ノイズが無く録音できるようです。
Moo0 ボイス録音器を使う場合は、コンピュータをスリープ状態にする及びディスプレイの電源を切るを適用無しにする必要があります。

ラジオななおでもインターネット配信を始めたので、千寿の虹と海ライブを録音できるようになりました。今回、念のため2台のパソコンで千寿の虹と海ライブを録音しました。1時間のライブをCM無しで連続聴けました。ローカルなラジオ局は、こういうところが良いです。

2015.10.14

next book(M726HN)タブレットを購入しアップグレード

2015年9月27日

Nexus7を東京地域のラジオ録音専用として同じ場所に置きっ放しにしているのですが勿体無いです。格安のタブレットPCを購入してラジオ録音専用にすれば、Nexus7を有効利用できて便利だと思い、ヤフオクで、ガラスパネルがひび割れたnext book 7インチタブレットを、1200円で落札しました。今年6月に買ったばかりで動作は問題ないということなので、今回の使用目的には、ちょうど良いかなと思います。ただ正式な機種が明記されていないので、Razikoが動作するかは判りません。next bookの機種はGoogleplayに対応していない機種も多いようなので、苦労するかもしれません。ちなみにnext bookはEfunという会社の製品のようです。アメリカの会社なのか台湾の会社なのかはっきりは判りません。
まあ諸経費を含めても1790円なので、Razikoが使えなくても遊べるし、ブログのネタにもなるので良いかなと思います。

2015年9月29日

今日、next book 7インチタブレットが届きました。機種はM726HNで、CPUはCortex-A8:1GHz、メインメモリは512MB、OSはAndroid2.3、メモリ4G、カメラ無し、Googleplay無し、画面800×480です。

next book(M726HN)は、現在使っているMeMO Pad HD7やNexus7と較べると、いろんな面で性能の悪さを実感します。画面の鮮明さ、処理速度の遅さ、画面のタッチセンサーの感度の悪さ、スクロール時に勝手にクリックした状態になる等々です。MeMO Pad HD7の画素数が800×1280、Nexus7の画素数が1920×1200で、MeMO Pad HD7やNexus7のCPUがクアッドコア、メモリの容量もMeMO Pad HD7は1G、Nexus7は2Gと、あまりにも違うので差が出るのは当たり前ですけど。
Googleplayが無いので、自由度は少ないのですが、他にGoogleplay対応のタブレットを持っていれば、apk抽出でアプリのインストーラーを取り出せるので、それをコピーすれば、Googleplayに対応していないタブレットでも使用できるはずです。
でも世の中、そんなに甘くはありません。アプリのインストーラーを起動させても、「解析エラー パッケージの解析中に問題が発生しました。」という表示が出てインストールできないアプリも結構あります。今回、7個のアプリをインストールした内のRadiko、Music Tubbee、YouTubeがインストールできませんでした。この現象はOSのバージョンにアプリが非対応な場合に出る表示のようです。

Razikoはインストールできたのですが、Razikoを動作するためはRadikoがインストールされていないと動作しません。昔のバージョンのRadikoはインストールできるのですが、起動するとアップデートのボタンが出て、クリックするとGoogleplayに対応したブラウザではないとのことで拒否されます。

com.android.vending-2.apkというGoogleplayのアプリをインストールしたら、Googleplayには入れるようになったのですが、端末にアカウントを追加してくださいというメッセージが出て、その先へは進めません。
端末にアカウントを追加する方法は、 設定 ・・・アカウント ・・・アカウントを追加 という事なのですが、 この機種では、設定をクリックしてもアカウントという項目がありません。
Googleplayに対応していない機種をGoogleplayに対応する事はできないようです。まあ、Googleplayに対応していない機種でも、アプリのインストーラー(apkファイル)を入手すれば、アプリがその機種のOSに対応していれば、そのアプリは使えるので致命的な問題ではありません。

格安のタブレットを購入する場合は、使いたいアプリが動作するOSになっているかが、一番重要な事のようです。これは解決のしようが無い問題みたいです。

2015年9月30日

next book(M726HN)は、カスタムROM(ファームウェア)を見つけられれば,Android4.0.3(ICS)にバージョンアップできるという情報を得たので、試してみました。

http://loiterabout.doorblog.jp/archives/3490915.html

http://www38.atwiki.jp/novo/pages/64.html

を参考に、カスタムROMは、Nextbook 7P1N ICS Finless ROM 1.2 – Full Root and GPlay (210 megs)を使用しました。

http://freaktab.com/forum/tablet-support-android/nextbook-tablets/nextbook-rom-s-by-finless-bob/1193-nextbook-7p1n-ice-cream-sandwich-finless-rom-1-2-root-and-google-play?989=

を開き、ROM -> Nextbook 7P1N ICS Finless ROM 1.2 – Full Root and GPlay (210 megs)のところをクリックするとダウンロードできます。

パソコン側で、next book(M726HN)のドライバが見つからず、デバイスのインストールが正常にならないので、コントロールパネル・・・デバイスとプリンターで不明になっているデバイスのプロパティでドライバの更新を選択し、RK29updateのフォルダ内のドライバフォルダから探す設定にする。

http://www38.atwiki.jp/novo/pages/64.htmlを参考に、next book(M726HN)の認識に成功したら、Nextbook_7P1N ICS Finless 1.2 Root and Gplayフォルダ内のRK29update.exeを起動させます。

その後はhttp://www38.atwiki.jp/novo/pages/64.htmlを参考に処理を進めます。
無事、Android4.0.3(ICS)にバージョンアップできました。あっという間でした。

最初に設定で言語を日本語に設定します。

WiFiを繋げるようにして、com.android.vending-2.apkというGoogleplayのアプリをインストールしました。

設定・・・アカウントと同期 をクリックして、右上のアカウントを追加をクリック・・・Googleをクリック・・・既存のアカウントをクリック・・・WiFiを接続して指示に従います。
GooglePlayをアップデートして、GooglePlayが使えるようになりました。

時刻の設定が、アメリカが標準地点になっていたので、日本を標準地点に設定しました。

表示を日本語にしても、入力言語が英語になっています。設定を調べてみたのですが、日本語入力の選択がありません。
Google 日本語入力(カテゴリは仕事効率化)をインストールしました。

エリア設定可能ver.apkを使って、Razikoの地域の東京固定化も成功しました。

今回、たまたま買ったnext book(M726HN)がネット上にカスタムROM化についての情報が多かったのでAndroid4.0.3に成功しましたが、通常のタブレットだと、このようには、うまくいかないと思います。そういう意味ではラッキーでした。

2015年10月1日

next book(M726HN)で録音したファイルを、パソコンに転送するため、OnAirの動作をチェックしてみました。OnAirを使うためには、タブレット側で、IP設定を静的にする設定が必要なのですが、どうしても設定の項目が見つかりません。
それでOnAirも動作しません。

Googleのアカウント(gmail.com)の同期がうまくいってなくて不思議に思っていたのですが、gmailのメール設定を手動でやりなおすと解決しました。自動登録にすると受信サーバーがpop3.gmail.com、送信サーバーがsmtp3.gmail.comになるのですが、自分の場合は受信サーバーがpop.gmail.com、送信サーバーがsmtp.gmail.comに設定しないとダメだったのです。

2015年10月3日

Nextbook 7P1N ICS Finless ROM 1.2 – Full Root and GPlay (210 megs) は、自分が使う使用目的としては不具合があるので、
カスタムROM(ファームウェア)を MyAndroidz ROM (ICS) Kustom Kream v1 for Nextbook Premium 7 に入れ替えようとしたのですが、もうファイルが無くなっていて入手できなくなっていました。

設定・・・ユーザー補助・・・押し続ける時間 長め   設定・・・言語と入力・・・ポインターの速度・・・速めに設定することで、画面のタッチセンサーの感度の悪さ、スクロール時に不必要にクリックの問題は少し良くなったみたいです。

これで、あとはnext book(M726HN)のファイルを無線でパソコンに取り込めれば満足ですが、改めて調べてみました。

タブレット(スマホ)にESファイルマネージャをインストールする。
タブレットやPCを自宅のLAN環境に接続する。
ESファイルエクスプローラを起動して、左上のツールボタンをくりっくする。・・・リモートマネージャ を選択する。
アドレスをメモする。 ftp://192.168.**.**:****/ **.**:****/ の値は、状況によって変わる。
パソコン側から、ブラウザで ftp://192.168.**.**:****/  にアクセスするとnext book(M726HN)のファイルが見えます。
ただ、あくまでもインデックスの表示なので、ファイルをパソコンに取り込むことは出来ますが、取り込んだ後に削除することは出来ないようです。
エクスプローラーからコンピューター・・・空白の画面で右クリック・・・ネットワークの場所を追加する・・・ftp://192.168.**.**:****/にアクセスするとファイルのコピーや削除が出来るはずなのですが、ftp://192.168.**.**:****/にアクセスしようとすると「入力したフォルダーは有効でないようです。別のフォルダーを選択してください。」との表示が出て動作しません。
なかなか今までの使いやすさを完全に引き継ぐことはできません。

その後も、いろいろなアプリを試してみたのですが、Missing Linkというアプリが最も便利でした。英語で、しかもAndroid端末とパソコンの両方にアプリをインストールしないといけませんが、ダウンロードも早く、削除もできます。

http://www.gigafree.net/utility/smartphone/MissingLink.html

でダウンロードができ、説明も判りやすいです。でも使用法は少し自分の環境と違っていました。
Android端末にインストールして、起動すると初期画面になるので、左上のツール(3本の横線)をクリックして、Sharesをクリックします。右上の+ボタンをクリックして、フォルダを選んでNextをクリック。AddShareをクリック  これでAndroid端末の設定は終了です。Missing Linkは動作し続けないとパソコンからの処理もできません。
転送速度はOnAirの場合、状態が良い時で、1MB/Sくらいですが、Missing Linkは500KB/Sくらいです。時間は2倍かかりますが、設定が楽なので、どの端末からも簡単に使えます。

パソコンにインストールして、初期画面のDevicesをクリックすると、Android端末が表示されますのでクリックして選択します。Browseウインドウに共有化したフォルダ一覧が表示されるので選択してダブルクリックすると、フォルダ内のファイルが表示されるので、右側のボタンで希望の処理をクリックします。
Android端末からパソコンへのファイルの取り込みも、Android端末のファイルの削除も、パソコンからできますので便利です。
実際に試してみましたが、問題なく動作しました。

そういえば、Nexus7はケースの蓋を閉じると画面が消えるのですが、next book(M726HN)には、そういう機能がないようです。Nexus7には、ケースについている磁石を使って検出しているようです。Nexus7って、当たり前に使っていたけど、なにかと優れたところが多いんですねえ。
カバー自動画面スイッチというアプリも存在するようです。でも、メモリ4Gで、インストールできるアプリの容量が500MBしかなく、現在414MBなのに、1MBのアプリをインストールしようとしても、容量不足でエラーが出るので諦めました。
GoogleChrome(84.83MB)やGoogleplayに関するもの(Googleplay開発者サービス121MB、Googleplayストア21.93MB、Googleplayテキスト読み上げ31.51MB)とGoogle日本語入力(17.36MB)の容量が大きいんです。
とりあえず、ディスプレイのスリーブの時間を短く設定しておきました。でもAC電源に繋ぎっぱなしだと、スリーブ機能が動作しません。いろいろと調べてみると、設定・・・開発者向けオプション・・・充電時のスリーブモードにしない で設定できました。

スリープ状態で録音が開始してくれるかが問題です。
実際には、スリープ状態であっても、Razikoは動作しました。
Missing Linkは、スリープ状態でもファイルをパソコンからダウンロードできます。新たに増えたファイルについても、パソコンでMissing Linkを起動しても、以前の画面の表示で、新たに増えたファイルの表示はしませんが、上のフォルダに移動した後に、また元のフォルダに戻ると、新たに増えたファイルも表示され、処理もできます。

これで、next book(M726HN)を、ラジオ録音専用装置として使えるようになりました。 
渋谷陽一のワールドロックナウは最重要なので、キーワード検索に登録しておきました。最近、パソコンでのNHK録音の失敗が多いので両方で録音予約をしようという作戦です。

2015年10月5日

無事動作したので、Nexus7と入れ替えました。これでNexus7は、自宅にいる時に、自由に使えるようになりました。とりあえずパソコンの無い寝室で使う事にしました。これで、装置を持ち運ばなくても、居住する部屋のどこでもネットができるようになりました。
ちなみに、MeMO Pad HD7は自動車での外出時にWifiでのインターネットに使っています。

2015年10月6日

100円ショップで、タッチペンと、タブレットミニ用の防水ソフトケースと、マイクロUSBケーブル(Nexus7の充電用に使用)を買ってきました。タブレットミニ用の防水ソフトケースは、next book(M726HN)を外に置きっぱなししているとホコリがつくので、それを防ぐためのものです。防水ソフトケースに入れたままタッチやスクロールが出来るので便利です。
小物で欲しいものがあると、大抵の物は100円ショップで購入できるのが嬉しいです。

next book(M726HN)は、充電中に起動操作をすると、バッテリーが壊れる事があるというので、以前から持っていて使っていなかった 24時間タイマーを接続しました。24時間タイマーは1000円くらいで購入できます。
毎日、AM2:00からAM5:50まで充電するように設定しておきました。AM5:50以降は操作する可能性があるので、その時間は避けました。

2015年10月7日

1日4時間の充電で、スリープ状態のnext book(M726HN)のバッテリーが20時間もつかは不明ですが、とりあえずタイマーで一定時間充電してもスリープ状態を保持できることが確認できました。充電時間は徐々に調整しようと思います。

19:00の時点で、バッテリーの残量が相当やばかったので、18:00から20:00も充電するように設定しました。

2015年10月8日

24:00から25:00までの録音はできていましたが、朝起きたらRazikoが動作状態になっていなかったので、夕方の充電時間を少し延ばして17:00から20:00に設定しておきました。予約録音のデーターは保持されていました。
金曜日の夜中から日曜日の夜中にかけて録音が集中するので、ちょっと心配です。

2015年10月10日(土)

問題なく動作していました。

2015年10月14日

内蔵のメモリが4Gと小さいので、端末内でアプリをSDカードに移動すれば良いと思って調べてみたのですが、SDカードに移動できるアプリは1つもありませんでした。残念です。

2015年10月26日

今日、next book(M726HN)を起動させてみたら、初期画面に戻っていました。昨日の深夜(今日の早朝)の録音は無事行われていました。
Razikoを改めて起動しておきました。
Missing Linkで録音したファイルをパソコンにダウンロードしようとしたら転送速度が極端に遅いです。next book(M726HN)を調べたら、他の階の回線に繋がっていて遅くなっていたのです。放置しておいたら録音も失敗しかねませんでした。
なんらかの原因で、リセットされたのかもしれません。
たまには確認しておかないといけませんね。

2015年11月7日

Missing Linkで録音したファイルをパソコンにダウンロードしようとしたらアクセスできません。next book(M726HN)を調べたら、他の回線に繋がっていて電波が弱くなっていました。昨日の録音が全部失敗していました。ラジオ録専用で使っているパソコンも作業が正常に終わっているはずなのに、録音のファイルがありませんでした。
多分、インターネット回線のせいだと思います。
金沢ケーブルテレビ(スペースLAN)はトラブルが多いです。

2015.02.18

MeMO Pad HD7でWi-Fiが出来なくなった

2015年2月17日

AndroidタブレットMeMO Pad HD7でWi-Fiが出来なくなりました。いろいろ情報を調べて復旧に努力したのですが、Androidタブレットでは自分で触れる部分って少ないので結局諦めて、初期化することにしました。
7スポットで切断しないで電源を切ったりすると、Wi-Fiが出来なくなったりするようです。
初期化はあっけなくできました。
設定・・・ユーザー設定・・・バックアップとリセット・・・データの初期化
初期化といってもパソコンのようにシステムまで消えるわけではなく購入時に戻すだけなので安心です。
最初からWi-Fiなどを設定しなおすと、Wi-Fiでのインターネットができるようになりました。
せっかく初期化したので、不必要なものはインストールしないで身軽にしておきました。
ただ、もう1台のAndroidタブレットNexus7がトラブった時のためにRazikoだけは使えるようにしておこうと思って、Helium – App Sync and Backupを使って保存してあったバックアップファイルからリストアすることにしました。
でもHelium – App Sync and Backupでリストアしようとすると途中で処理済の%の値が止まってしまって100%までいきません。困りました。
Nexus7の時は大丈夫だったのですが・・・・

2014.11.06

OnAirを使ってNexus7とパソコンとでファイルの転送

2014年11月6日

Nexus7で録音したライジオ番組をパソコンに転送するためOnAirを使ってWiFiでファイルの転送をしてみました。
今まで常時USB接続の環境でファイルをパソコンに転送していたのですが、パソコンからファイルが見えない事が多いのでWiFiでの転送に切り替えました。
OnAirは、最初の設定は面倒ですが、それさえクリアできると便利に使えます。

Nexus7にOnAirをインストールします。

Nexus7の設定
設定・・・その他・・・NFCにチェック
設定・・・Wi-Fi・・・右上の3点のアイコンをクリック・・・詳細設定・・・IPアドレス****.***.**.**をメモしておきます。
設定・・・Wi-Fi・・・右上の3点のアイコンをクリック・・・詳細設定・・・スリーブ時にWi-Fi接続を維持を常に使用に設定
設定・・・Wi-Fi・・・SSID(接続済)を長押し・・・ネットワークを変更・・詳細オプションを表示にチェック・・・IP設定を静的

OnAirを起動
右上のボタンでFTPに設定
真ん中の大きなボタンをクリック
右下の4桁の番号—-をメモ(FTPのパスワードに使います)
右下のftp://onair@*************:++++ の内、最後の++++の番号を控える(FTPのポート番号に使います)
これでNexus7の設定は終了です。

パソコンのFTP(FFFTP)を設定します。パソコンにFTP(FFFTP)をインストールしてなければインストールします。
FTP(FFFTP)を起動して、新規ホストを選択
基本を選択
ホストの設定名を任意に入力
ホスト名に先ほどメモしたIPアドレスを入力  ****.***.**.**
ユーザー名に onair
パスワードに先ほどメモした4桁の数字を入力  —-
anonymousのチェックを外す
拡張を選択
PASVモードを使うのチェックを外す
ポート番号に先ほどの番号++++を入力
OK

OnAirを起動しておけば常時FTPでファイルのやりとりができます。もちろん、OnAirを起動した状態で他のアプリを動作させることができます。
FTP(FFFTP)での接続はAndroidタブレットと離れていても同じネットワーク上だと、つまり家中どこからでも使えます。

実際に使ってみましたが、転送速度はUSB接続と較べると遅いです。
FTP(FFFTP)の動作上でLAN接続のデバイス上のファイルの名前を変更すると文字化けします。Androidタブレットにあるファイルの名前を変更するのは問題ないです。
FTP(FFFTP)の動作上でAndroidタブレットのファイルを削除すると、Androidのソフト上では無くなっているのですが、USB接続したパソコンからは消えていません。不思議です。
 
 
同じようなアプリで、Wi-Fi接続してファイルのコピーや削除・移動が出来るAirDroidというアプリがあるのですが、パソコンから http://web.airdroid.com/ にアクセスしなければいけないので、なんとなくセキュリティ上の不安があります。

AirDroidの使い方は、AndroidタブレットにAirDroidをインストールし、起動します。ログインしてメールアドレスとパスワードを登録します。忘れないようにメモしておきます。これでAndroidタブレット側の準備はすべて完了です。後はAndroidタブレットは電源さえ入っていればパソコン側ですべての操作ができます。
パソコンから http://web.airdroid.com/ にアクセスして、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。ファイルのボタンをクリックするとAndroidタブレットのファイル構造が見えます。ファイルを送りたいフォルダを選択します。内部SDでも外部SDでもどちらでも選択できます。右上のアップロードのボタンを押すとAndroidタブレットのフォルダが開いてファイルの受け入れ態勢が整います。
あとは、送りたいファイルをドラッグしてコピーすればOKです。フォルダの移動は出来ないようなので、フォルダは手動で作ってファイルだけコピーすることになります。
Androidタブレットのファイルをパソコンに送る場合はダウンロードのボタンを押してファイルをドラッグしてコピーします。
なお、Androidタブレットのファイルをパソコンで削除や名前を変更したりもできます。ファイルのコピー&ペースト(コピー)やカット&ペースト(移動)もできます。

2014年11月14日

OnAirはAndroidタブレットの電源を何日も入れっぱなしにしておくと終了扱いになって再び起動しないと動作しないことがあるようです。

2014年12月14日

OnAirのIPアドレスとパスワードが変更になる場合もありますので、時々パソコン側でFTP設定を変更しないといけないです。回線のIPアドレスとAndroidタブレットのIPアドレスは必ずしも一致しないようです。

2014.01.15

小型モバイル無線LANルーターを購入した

2013年1月15日

Androidタブレット対応の有線LANアダプタ(USB2.0LANアダプター)を購入して試してみたらネット接続ができませんでした。MeMO PAD HD7には、USBホスト機能がないので有線LANは使用できないようです。
ちなみにNexus7だと有線LANを使用できるようです。

いろいろ探したら、LAN端末に接続して無線LANに変換できる小型モバイル無線LANルーターがあることを知り購入しました。

LAN端末に接続するだけではなくて、電源も必要です。LANケーブルとUSBケーブルが付属していますが、USBケーブルに接続するACアダプタは付属していません。でもMeMO PAD HD7にはACアダプタが付属しているので、それを使用すれば大丈夫です。
さっそく使ってみましたが、設定を全くしなくても使用できました。
ちなみに小型モバイル無線LANルーターの切り替えスイッチはAPモードにしないといけません。
充電式になるともっと使いやすくなるのになあ。
税込 1799 円でメール便210円の合計2009円でした。

でも使う機会は無さそうです。

2013.11.17

タブレットPC ASUS「MeMO Pad HD7」を購入しました。

2013年9月30日

この頃、インターネットのサイト関連に興味が集中して、時代に遅れつつあるのですが、タブレットPCでも買おうかなと思っています。
携帯電話は、未だにガラ携を使っていてメールも全く使っていないので毎月1500円くらいの通話料です。
自宅でのインターネットだけで、WEB環境にそれほど不便を感じていないので、このままで良いかなと思っていたのですが、タブレットPCはWi-Fi環境なら無料だし、クラウドを使えばいろんな事ができるということなので、ちょっとぐらっとしています。
でも果たして外で、どの程度Wi-Fi環境が整っているかが問題です。ちょっと調べてみようかと思います。

2013年10月4日

ASUS 7型ワイドタブレットPC「MeMO Pad HD7シリーズ」 ME173(WH16)を購入しようかと思います。
Androidのミニタブレットなんですが、7インチと携帯に便利だし、この大きさでMicroSDカードを使えるのが便利です。メインメモリ1GB、500万画素のカメラ、記憶容量16GB、クアッドコアCPU、バッテリー駆動時間:約10時間で17000円程度で購入できるというのも嬉しいです。
USBはmicroUSBです。

2013年10月10日

タブレットをオフラインでどういう使い方ができるか予習してみました。
地図は役立つようです。でも3700円のアプリが必要だそうです。悩むところです。
あとはスケジュール管理かな?名刺管理にも便利かな。
巷ではタブレットは使い道が無いと言う人が多い中で、オフラインとWi-Fi環境でしか使わないと言うんですから果たしてどうなることやら。
それにしてもタブレットのこういう使い方の情報って本当に少ないです。また面白いネタを見つけたという感じです。

2013年10月13日

ASUS 7型ワイドタブレットPC「MeMO Pad HD7シリーズ」 ME173(WH16)を発注しました。
ジョーシンで17820円で長期修理保証3年891円付きで購入しました。他にもっと安いお店もあったのですが、ASUSはアフターサービスが悪いという話だし、すぐ壊れそうなので延長保障があったほうが安心です。

ついでにMeMO Pad HD7用のレザーケース1550円とAntiGlareタイプ液晶フィルム200円東芝 microSDHCカード 32GB Class4 2040円も購入しました。

2013年10月17日

タブレットをオフラインで使う地図について改めて調べてみました。GoogleMapって本来はオフラインで使用できるものらしいです。でも日本や韓国では著作権の関係でオフラインで使用できなくなっているらしいです。
RMapsという無料アプリでは地図を記憶してオフラインでも使えるようです。

スケジュール管理にはジョルテというフリーソフトが便利そうです。

名刺管理ではというフリーソフトがあり撮影すると自動的に整理できるというもののようです。

AUには多くのWi-Fiスポットがあるようなのですが、利用できるのは「LTEフラット」「LTEフラット for Tab/Tab (i)」「LTEダブル定額 for Tab/Tab (i)」「ISフラット」「プランF (IS) シンプル/プランF (IS)」「LTEフラット for DATA(m)」の加入者が対象のようです。ガラ携では対象にならないようです。どちらにせよMemo Pad HD7ではSIMを入れれないので携帯電話会社の回線を利用する事はできません。

コンビニでは無料で使えるWi-Fiスポットが用意されています。
セブンイレブンは無料の会員登録が必要で、1回60分で1日3回まで接続できるようです。能登地区では羽咋市、七尾、中能登町では使えるようです。
ファミリーマートは無料の会員登録が必要で1回20分で3回接続できるようです。能登地区では七尾に1軒あるだけです。
ローソンはPonta会員の登録が必要で時間制限がないようです。能登地区では志賀町、七尾、中能登町では使えるようです。羽咋市では使えません。
どのコンビニでも奥能登では全く使えません。
こういうのを世間ではWi-Fi乞食と呼ぶそうですが、きまっし金沢関連のサイトは貧乏でも有意義に楽しむということをポリシーに運営しているので気にしません。

サークルKサンクスはWi2(ワイツー) 300のサービスで、月額定額380円(ワンタイムサービスもあり)で有料ですが無制限に使えるそうです。
Wi2 300の公衆無線LANは約200000ヶ所(コンビニ、マクドナルド、空港、駅、横浜エリア等の公衆無線LANスポットなど)で、安全(WPA/WPA2対応)でかつ高速(300Mbps)インターネットを利用できるサービスです。
Wi2 300は奥能登の市町村でもちゃんとWi-Fiスポットがあります。コンビニのWi-Fiスポットの多くはWi2 300でも使えるようです。Wi2 300は入会金などの初期費用や退会などの費用もかからず月額定額380円だけなので気軽に試してみることができそうます。
コンビニの駐車場で使えるのならWi2 300を利用しても良いかなと思います。

2013年10月19日

ASUS 7型ワイドタブレットPC「MeMO Pad HD7シリーズ」 ME173(WH16)が届きました。レザーケースも具合良い感じです。
でも取扱説明書も無いに等しいし、使い方がさっぱり判りません。
とりあえず図書館からNexus7の完全活用マニュアルを借りてきました。機種は違うけど同じメーカーの同じOSなので参考になると思うんですけど。

日付から違っていました。とりあえずしっかりと充電しました。
日付は設定・・・セットアップウィザート・・・次へを何度か押して、日時の設定で自動設定をOFFにして日付と時間を設定する・・・終了・・・再びセットアップウィザートから入って日時の設定で自動設定をONにして終了でOKです。

今度は自宅でWi-Fi接続ができません。いつもパソコンではソフトで自動で設定してるので、キー(パスワード)の入力を求められると戸惑います。パソコンで無線が繋がっていることを確認し、ウィンドウズの下側バーの電波の強さを示すマークをクリックします。現在接続している接続先を右クリックしてプロパティを選択。パスワードを表示するにチェックを入れてOKにすればパスワードが表示されます。
パスワードをメモしておきます。
メニュー画面から設定を選択してWi-Fiをクリック・・・対象の接続先をクリック・・・メモしたパスワードを入力して接続でOKです。
Wi-Fiをクリック・・・対象の接続先をクリックしてパスワードの入力が求められなかったら、一度接続を切断してから、メニュー画面から設定を選択してWi-Fiをクリック・・・対象の接続先をクリック・・・メモしたパスワードを入力すると接続できるようになります。
これでやっとスタートです。

設定・・・ディスプレイで画面が消えるまでの時間を10分間に延ばしました。

セットアップウィザートでGoogleのアカウントの入力をしました。もともとGoogleのアカウントを持っていたので、そのIDとパスワードを入力しました。Googleのメールは使用して無かったので、タブレット専用のメールアドレスにしてパソコンでは使わないことにしました。Googleのアカウントをパソコンのものと共通にすると、パソコンでの情報がタブレットでも反映します。

GPS情報を利用するために設定・・・位置情報アクセス・・・・GPS機能にアクセスとWi-Fi/モバイル接続時の位置情報にチェックを入れます。GoogleMapが使いやすくなりました。

アプリのダウンロード・インストールはGooglePlayで行います。無料のアプリは無料アプリのカテゴリのツールに入ると見つけられます。

BUFFALOのアクセスポイントにアクセスしやすいようにAOSSをインストールしました。ツールのカテゴリです。
Wifiの管理を行えるWiFi Managerをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。
オフラインで地図が使えるMapDroyd、RMapsをインストールしました。旅行&地域のカテゴリです。
スケジュール管理のジョルテをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。
名刺管理のBizcaroid Liteをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。
ラジオを聴くradiko.jp for Androidをインストールしました。メディア&動画のカテゴリです。
NHKのラジオを聴くネットラジオらじるらじるをインストールしました。メディア&動画のカテゴリです。
全国のラジオ放送を聴くRazikoをインストールしました。音楽&オーディオのカテゴリです。
インターネットラジオを聴くPCRADIOをインストールしました。音楽&オーディオのカテゴリです。
無料で音楽聴き放題Music Tubeeをインストールしました。音楽&オーディオのカテゴリです。
音質を調整できるEqualizerをインストールしました。 音楽&オーディオのカテゴリです。
目覚まし時計のスマートアラームをインストールしました。ライフスタイルのカテゴリです。
QRコードリーダー EQSをインストールしました。ツール のカテゴリです。
新聞!全紙無料をインストールしました。ニュース&雑誌のカテゴリです。
無料で読める!週刊誌、無料で読める週刊誌をインストールしました。ニュース&雑誌のカテゴリです。
Documents To Go 3.0 Main Appをインストールしました。ビジネスのカテゴリです。パソコンの文書を使えます。
Jota Text Editorをインストールしました。ツールのカテゴリです。日本語のテキストエディターです。
Note Anytimeをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。手書きでメモできます。
Computerをインストールしました。ツールのカテゴリです。Android端末の内部と外部のファイルをコピー・カット・ペースト・削除などできます。
AirDroidをインストールしました。ツールのカテゴリです。パソコンとAndroidタブレットをWi-Fi接続してパソコンでファイルのコピーや削除・移動が出来ます。
Pocketをインストールしました。ニュース&雑誌 のカテゴリです。気になるページを保存してあとでオフライン時にも読めるようにできます。
ウィルス対策にAntiVirus FREE for Tabletsをインストールしました。通信のカテゴリです。AntiVirus FREE for Tabletsの無料版はオンラインのリアルタイムでの防護はしませんが無いよりましかなという程度でしかありません。

これでアプリの登録が完了しました。これが全て無料のアプリということなので驚きです。

普段使っているパソコンのブックマークをタブレットでも使う場合は、パソコンにChromeをインストールしてGoogleのアカウントでログインします。上のバー右側のGoogleChrome設定でInternetExploreからブックマークを取り込みます。それでパソコンのGoogleChrome設定で同期の詳細設定をクリックしてブックマークのチェック、OKでパソコン側の準備が終わりです。
タブレットのChrome設定で該当するメールアドレスをクリック、ブックマークにチェックでOKです。
Chromeのブックマークをクリックして「パソコンのブックマーク」というフォルダを見るとちゃんと登録されています。

パソコンからMP3のファイルを microSDHCカードにコピーして タブレットに入れました。デフォルトで入っていたPlayミュージックで問題なく再生できました。
パソコンとタブレットをUSBで接続してもコピーできます。

さすがに誰でも中を見れるというのは具合が悪いのでパスワードをかけました。
設定・・・セキュリティ・・・画面のロック・・・パスワード
パスワードは数字だけではダメなようです。

2013年10月19日

Memo Pad HD7のフルキーボードモードでは日本語入力が出来ないと思っていたのですが、「1,あ,a」を切り替えるボタンで切り替えか可能でした。英字の大文字はShiftキーをクリックします。

Memo Pad HD7ではSIMを入れて携帯電話会社の回線を利用する事はできません。でもLINEは使用可能なようです。LINEを使う時には、フェイスブックのアカウントが必要です。フェイスブックのアカウントは持っていないのでLINEを使用するにはフェイスブックに入会しないといけません。今以上にネットに時間をとられることになるとまずいのでフェイスブックもツイッターも使っていなかったのですが、フェイスブックには一切投稿しないでアカウントだけ取得しようかな。

2013年10月22日

とりあえず、7スポット(セブンイレブン)の無料会員登録をしました。セブンイレブンの駐車場でインターネットが出来ました。メールも問題なく使えました。これは使えます。

Wi2 300定額プラン[定額380円]を申し込みしました。これで、かなりの場所でインターネットができます。

2013年10月23日

今日、コンビニ(ローソン)でWi2 300で接続してみました。なんの問題も無く接続できインターネットもメールもできました。
Wi2(http://300.wi2.co.jp/)からマイページに入って、MACアドレス登録をすれば、次回からはログインの手続きは必要なく、自宅で使う時と一緒な感覚でChromeやメール受け取りが出来ます。これは本当に便利です。
ちなみにMACアドレスとは、そのパソコンやタブレットごとに1台1台についている番号です。Memo Pad HD7のMACアドレスを調べるには、設定・・・Wi-Fi・・・右上のバー(縦に3点)をクリック・・・詳細設定 で表示されます。メモしておくと良いです。
5台までMACアドレスを登録できます。ついでにノートパソコンもMACアドレスを登録しました。

ちなみにWi2 300のWi-Fiスポットは七尾31箇所、穴水は4箇所(トヨタ)、中能登町は1箇所(鳥屋庁舎)、輪島26箇所、羽咋市8箇所、志賀町1箇所(シーサイドヴィラ)などです。ただ奥能登ではWi-Fiの設置してあるコンビニは極めて少ないです。
能登の仕事先にもWi-Fiスポットがあるので。さっそくメールチェックとネット情報のチェックをしました。20分程度時間をつぶさないといけなかったのですが、すぐに時間が過ぎました。

Memo Pad HD7でLINEを試してみました。なんの問題も無く無料通話ができました。LINEで相手側から呼び出しがあると呼び鈴が鳴って通話ができます。音質はクリアーでした。

Androidのタブレットはかなり使えます。

2013年10月25日

Wi2 300をいろいろ試しているのですが、コンビニについては金沢ではローソン、サークルK、サンクスだけのようです。
ファミリーマートとセブンイレブンはWi2 300の回線は無いようです。

ノートパソコンでWi2 300への接続を試してました。接続はできるのですが、Memo Pad HD7のように、Chromeやメールのアイコンをクリックするだけで繋がるという手軽さは無く、無線電波の強さのインジケーターをクリックして、接続しようとする電波を選択しないと接続できません。

セブンイレブンの7スポットについて、Memo Pad HD7の場合、同じ店だとIDとパスワードの入力無しにログインできるようです。

Wi2 300と7スポットを登録しておけば、かなりいろんなところでWi-Fiを利用できるようです。

WiFi Finderをインストールしました。旅行&地域のカテゴリです。近くのWi-Fiスポットを検索します。
起動するとOffline Wi-Fi Directoryのデーターベースのインストールを求められるのでインストールするとオフラインでもWi-Fiスポットを探せるようになります。
Wi-Fiスポットを探すにはPublic Wi-Fi Near Me をクリックすると地図が表示されます。表示されるデータは古いのか、Wi-Fiスポットの数が少ないです。あまり使い物にはなりません。
Wi-Fiナビというアプリは、登録されているWi-Fiスポットの数は多いのですが、オフラインでは使用できないので使い物にはなりません。旅行先のWi-Fiスポットの下調べには便利かもしれません。

2013年10月26日

Memo Pad HD7で入力画面を残しながらパスワードをメールで受け取る方法が分からなかったのですが、右下の紙が2枚重なっているようなアイコンをクリックすれば、入力画面を残しながら別の作業をすることができます。最近、ワンタイムパスワードをメールで受け取らないとログインできないサイトがあるんですよね。

2013年10月28日

今まで気の向くままにアプリをインストールしていたのですが、どれほど容量が残っているのか心配になって調べてみました。
設定・・・ストレージで調べることができます。
アプリは500MB程度の使用で、空き容量が10.22GBありました。全部で16GBなので5GB以上は使っているって事です。
8GB内蔵のタブレットだと容量不足が不安です。タブレットはやっぱり16GBは必要です。
MicroSDカードを使えて、メインメモリ1GB、記憶容量16GB、クアッドコアCPUのタブレットの中ではMemo Pad HD7が一番安いんですね。現時点ではタブレットを買うとしたらMemo Pad HD7が最も安い機種になるようです。これは買いです。

結構Memo Pad HD7を使いこなせてきたのですが、Copy&Pasteの使い方が判らなくて不便でした。
いろいろ試してみて、なんとか出来るようになりました。

Jota Text Editorの場合は
文の一部をクリックすると矢印が表示されます。文の一部(表示された矢印以外の場所)を長押しすると命令文が表示されるので「テキストを選択」をクリックします。そしたら矢印が2つになって選択部分が青く表示されるので、矢印を移動させてCopyしたい範囲を選択します。青い部分を長押しすると命令文が表示されるのでコピーを選択します。これでコピーが完了します。挿入したい場所を長押しすると命令文が表示されるので貼り付けをクリックします。これでCopy&Pasteが完成です。

GoogleChromeでのオンラインの場合は、文字のCopyしたい部分近くを長押しすると矢印が2つ表示され選択部分が青く表示されるので、矢印を移動させてCopyしたい範囲を選択します。画面の上部にコピーボタンが表示されるのでクリックするとコピーが完了します。挿入した場所をクリックすると入力モードになるのでその位置を長押しします。すると貼り付けのボタンが表示されるのでクリックします。これでCopy&Pasteが完成です。

2013年11月2日
せっかくなのでゲームもインストールしました。

みんなの脳トレ~脳年齢がわかる,脳の若返りドリル
ブロックパズル
ブロックパズル2
Grid-Addition
Unblock Me Free
Shoot U!(Lite)
Yoo Ninja!Free

2013年11月7日

お経のMP3再生専用に使っていたパソコンが壊れたので、Memo Pad HD7を利用することにしました。なるべく簡単な操作で再生できるようにということで、いろいろ調べました。
最初にAndroidタブレットの端末内(Musicフォルダ)に正信偈のMP3データをコピーしました。外部SDカードではダメなようです。
GooglePlay音楽を起動して、左上のヘッドフォンのボタンをクリックします。マイライブラリを選択・・・一覧から正信偈のMP3データを選びその曲の縦3点のところをクリック・・・プレイリストに追加を選択・・・新しいプレイリストを任意の名前に変えてOK・・・・閉じる・・・初期画面に戻ってアプリ一覧ボタンをクリック・・・上部のバーのウィジェットを選択・・・画面をスクロールしてミュージックプレイリストボタンが表示されれば長押し・・・ミュージックプレイリストボタンをドラッグして初期画面に移動させる・・・プレイリストの選択で再生したい曲を選んでクリック
これで正信偈のMP3データ再生用のボタンが出来ているのでクリックすると再生の準備ができるので、再生ボタンを押すと正信偈のMP3データが再生されます。下のバーの指が下向きのボタンをクリックすると最初の部分から再生されます。
アンプを通しても音が小さいのですが、音質を調整できるEqualizerを利用してバスブースターをONにすると音を大きく出来ます。

2013年11月14日

有線LANしかない施設があったりするのでAndroidタブレット対応の有線LANアダプタ(USB2.0LANアダプター)を購入しました。
さっそく試してみましたがネット接続ができませんでした。
MeMO PAD HD7には、USBホスト機能がないので有線LANは使用できないようです。
ちなみにNexus7だと有線LANを使用できるようです。

2013年11月25日

京都旅行でMeMO PAD HD7を持って行きました。京都では京都駅の周辺(バス待合所も含めて)や主要な地下鉄駅でもWiFiが使えて重宝しました。宿でもWiFiでインターネットできました。予めダウンロードしておいた地図とGPSを連携してナビゲートしたり、時刻表のページを保存して使ったり、ブログの原稿を作成したり、音楽聴いたり大活躍でした。小さいのでリュックに収納でき、必要なときだけショルダーバックに入れて使えます。購入して良かったです。

2014年1月15日

MeMO PAD HD7を有線LANの設備しかないところで使用できるようにしたいと思い、いろいろ探したら、LAN端末に接続して無線LANに変換できる小型モバイル無線LANルーターがあることを知り購入しました。

LAN端末に接続するだけではなくて、電源も必要です。LANケーブルとUSBケーブルが付属していますが、USBケーブルに接続するACアダプタは付属していません。でもMeMO PAD HD7にはACアダプタが付属しているので、それを使用すれば大丈夫です。
さっそく使ってみましたが、設定を全くしなくても使用できました。
ちなみに小型モバイル無線LANルーターの切り替えスイッチはAPモードにしないといけません。
充電式になるともっと使いやすくなるのになあ。
税込 1799 円でメール便210円の合計2009円でした。

2014年10月25日

AndroidのアプリとデータのバックアップのためにHelium – App Sync and Backupをインストールしました。
他のAndroidにRazikoを戻せれば良いなあ。以前、Razikoは全国のラジオを聴けたのですが、今は自分の居住地域のラジオしか聴けなくなったのです。東京のラジオの録音をどうしてもしたいのです。

2013.11.09

Androidのアプリ

2013年10月19日

アプリのダウンロード・インストールはGooglePlayで行います。無料のアプリは無料アプリのカテゴリのツールに入ると見つけられます。

BUFFALOのアクセスポイントにアクセスしやすいようにAOSSをインストールしました。ツールのカテゴリです。
Wifiの管理を行えるWiFi Managerをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。
オフラインで地図が使えるMapDroyd、RMapsをインストールしました。旅行&地域のカテゴリです。
スケジュール管理のジョルテをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。
名刺管理のBizcaroid Liteをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。
ラジオを聴くradiko.jp for Androidをインストールしました。メディア&動画のカテゴリです。
NHKのラジオを聴くネットラジオらじるらじるをインストールしました。メディア&動画のカテゴリです。
全国のラジオ放送を聴くRazikoをインストールしました。音楽&オーディオのカテゴリです。
インターネットラジオを聴くPCRADIOをインストールしました。音楽&オーディオのカテゴリです。
無料で音楽聴き放題Music Tubeeをインストールしました。音楽&オーディオのカテゴリです。
音質を調整できるEqualizerをインストールしました。 音楽&オーディオのカテゴリです。
目覚まし時計のスマートアラームをインストールしました。ライフスタイルのカテゴリです。
QRコードリーダー EQSをインストールしました。ツール のカテゴリです。
新聞!全紙無料をインストールしました、ニュース&雑誌のカテゴリです。
無料で読める!週刊誌、無料で読める週刊誌をインストールしました。ニュース&雑誌のカテゴリです。
Documents To Go 3.0 Main Appをインストールしました。ビジネスのカテゴリです。パソコンの文書を使えます。
Jota Text Editorをインストールしました。ツールのカテゴリです。日本語のテキストエディターです。
Note Anytimeをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。手書きでメモできます。
Computerをインストールしました。ツールのカテゴリです。Android端末の内部と外部のファイルをコピー・カット・ペースト・削除などできます。
OnAirをインストールしました。仕事効率化のカテゴリです。パソコンとAndroidタブレットをWi-Fi接続してパソコンでファイルのコピーや削除が出来ます。
Pocketをインストールしました。ニュース&雑誌 のカテゴリです。気になるページを保存してあとでオフライン時にも読めるようにできます。
ウィルス対策にAntiVirus FREE for Tabletsをインストールしました。通信のカテゴリです。AntiVirus FREE for Tabletsの無料版はオンラインのリアルタイムでの防護はしませんが無いよりましかなという程度でしかありません。

これでアプリの登録が完了しました。これが全て無料のアプリということなので驚きです。

2013年10月21日

名刺管理のBizcaroid Liteを使ってみました。Bizcaroid Liteは、オフラインで使える無料の名刺管理としては貴重なソフトです。Bizcaroid Liteは、読取時の文字化けは多いですが、撮影時に正面からちょうど良い大きさで撮影すると、かなりの割合で内容を読み取ってくれました。縦書きの名刺は難しいです。ちょっと訂正すれば問題なく使えます。登録したデータは連絡帳に登録されていました。電話は1つしか登録できないのですが、携帯電話と通常の電話の両方登録できるともっと使いやすいと思います。

2013年11月2日
せっかくなのでゲームもインストールしました。

みんなの脳トレ~脳年齢がわかる,脳の若返りドリル
ブロックパズル
ブロックパズル2
Grid-Addition
Unblock Me Free
Shoot U!(Lite)
Yoo Ninja!Free
Angry Birds

2013年11月7日

全国のラジオ放送を聴くRazikoを使ってみました。Razikoを使うにはradiko.jp for Androidが予めインストールしてないといけません。
右上の縦3点(設定)ボタンをクリックして、設定をクリックします。エリアの指定をクリックして聴きたい地域(都道府県)を選びます。
再び、右上の縦3点(設定)ボタンをクリックして、番組情報の表示をクリックすると、その地域の番組表が表示されるので放送局を選択できます。
現時点で放送している希望の番組をクリックして聴取ボタンをクリックして聴きます。録音ボタンをクリックすると録音も可能です。これから放送される予定の番組をクリックすると予約ができます。
24時間以内に録音開始する場合はマニュアルで時間を設定しての予約録音もできます。

2013年11月8日

パソコンとAndroidタブレットをWi-Fi接続してファイルのコピーや削除・移動が出来るAirDroidというアプリを試してみました。
AndroidタブレットにAirDroidをインストールします。AndroidタブレットでAirDroidを起動してログインして登録のメールアドレスとパスワードを登録します。忘れないようにメモしておきます。これでAndroidタブレット側の準備はすべて完了です。後はAndroidタブレットは電源さえ入っていればパソコン側ですべての操作ができます。
パソコンから http://web.airdroid.com/ にアクセスして、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。ファイルのボタンをクリックするとAndroidタブレットのファイル構造が見えます。ファイルを送りたいフォルダを選択します。内部SDでも外部SDでもどちらでも選択できます。右上のアップロードのボタンを押すとAndroidタブレットのフォルダが開いてファイルの受け入れ態勢が整います。
あとは、送りたいファイルをドラッグしてコピーすればOKです。フォルダの移動は出来ないようなので、フォルダは手動で作ってファイルだけコピーすることになります。
Androidタブレットのファイルをパソコンに送る場合はダウンロードのボタンを押してファイルをドラッグしてコピーします。
なお、Androidタブレットのファイルをパソコンで削除や名前を変更したりもできます。ファイルのコピー&ペースト(コピー)やカット&ペースト(移動)もできます。

気になるページを保存してあとでオフライン時にも読めるようにできる「Pocket」を試してみました。
Pocketをインストールすれば準備は完了です。
GoogleChromeで保存したいページを見つけたら、右上3点の設定ボタンをクリックします。共有を選択します。Add to Pocketをクリックします。これでページが保存されます。
Pocketを起動すると、保存したページ一覧が表示されるので、ページを選択してクリックすると表示できます。
画像が表示されない場合は、右上の不等記号のようなボタンをクリックして、Share to でGoogleChromeを選択します。これで保存したページを見ることができます。

2014年10月25日

AndroidのアプリとデータのバックアップのためにHelium – App Sync and Backupをインストールしました。
Helium – App Sync and Backupを使って、Razikoを他のAndroid機器に無事コピーでき、東京のラジオ放送の録音が出来るようになりました。

Shoot U!(Lite)と無料で音楽聴き放題Music Tubee がGooglePLAYからインストールできなくなっていたのですが、Helium – App Sync and Backupで移植できました。

2013.11.01

Androidタブレット オフラインで地図を利用する RMaps

2013年10月27日

Androidのオフライン地図を試してみました。

MapDroydで日本の地図をダウンロードしました。MapDroydは、ちょっと大雑把で情報量が少ないです。徒歩で使うのは無理そうです。

RMapsは、GoogleMapも使えます。RMapsは必要な範囲をダウンロードして使うようになっています。
RMapsを起動・・・Menu(右下の4本横線のボタン)をクリック・・・その他・・・オフラインで使用可能にする・・・ダウンロードしたい地域を選択・・・次・・・ファイル名を入力・・・ダウンロードするズームをチェック・・・ダウンロードを開始
ダウンロードにかなりの時間がかかります。金沢市の中心地のダウンロードで25分かかりました。ズーム全てにチェックを入れておけばオンラインと同じ感覚で利用できます。
ダウンロードした地図を使うには、RMapsを起動・・・Menu(右下の4本横線のボタン)・・地図・・・保存したファイル名を選択です。
地図にマーク(POI)するには登録したい場所を中心にする・・・Menu(右下の4本横線のボタン)・・・POI・・・右下の4本横線のボタンをクリック・・・POIの追加・・・タイトルの名前を記入 で保存されます。POIは経度・緯度で登録されるので、ダウンロードした地図ではなく、オンラインの地図でPOIの登録をしても、自動的にダウンロードした地図にも登録されます。
POIを削除するにはPOIの位置を長押・・・削除 で削除できます。

これで、使いやすい地図をオフラインで使えます。

試しに外食先でRMapsの動作を確認したのですが、GPSでの現在地の取得がうまくいきませんでした。
GPSを取得しやすいようにGPS Statusをインストールしました。旅行&地域のカテゴリです。
道路ではGPSの取得はちゃんとできて、運転してると現在地を中心に地図が刻々と変わっていました。カーナビそのものという感覚です。

2013年11月1日

データはパソコンでダウンロードして、これをAndroid端末のSDカード内にあるrmaps・・・mapsフォルダにコピーする事も可能です。

パソコンでRMaps用のデータをダウンロードするにはMobile Atlas Creatorを使います。Mobile Atlas Creatorの最新バージョンでは日本の主要な地図サイトからデータを取得する事ができなくなっているので、バージョン1.8をインストールするのが良いようです。

Mobile Atlas Creatorを起動して最初にSettingsを設定します。
DisplayはMetric、Map sourcesは手動でjaを入力、Map sizeは最高の1048575、Directoriesはデータを作成したいフォルダを選択、Networkは8で設定します。
Mobile Atlas Creatorを起動してダウンロードしたい地域を表示します。マウスでは地図が移動しないので矢印キーボードで移動します。
Map source を希望の地図に選択します。Google Mapsは英語も混ざっているので、Yahoo Maps Japanを選択しました。
ダウンロードしたい縮尺(Zoom levels)を選択します。あまり多くの縮尺を選択するとデータが大きくなるので、必要な縮尺だけを選択します。今回は徒歩での散策だったので16,18を選択しました。16は250m、18は50m
Atlas Contentで名前を設定します。Nameの欄に地図の名前を記入します。半角英数字だけ入力できるようです。記入後Clearをクリックすると名前が登録されます。Add selectionをクリックすると選択した縮尺の地図も登録されます。
Atlas settingsはRMaps SQLiteを選択します。
Saved profilesで設定内容を記憶します。
Create atlasをクリックしてマップデータの取得をします。
マップデータの取得した地図には日本語の名前に変更できます。
これをAndroid端末の内蔵SDカード内(外付けのSDカードではありません)にあるrmaps・・・mapsフォルダにコピー

RMapsを起動し、Menu(右下の4本横線のボタン)をクリック・・・その他・・・設定・・・ユーザー定義の地図・・・該当の地図にチェック でパソコンからコピーしたデータが使えるようになります。
Menu(右下の4本横線のボタン)をクリック・・・地図・・・該当の地図を選択 で表示されます。該当の地図が現在地と距離が離れていると地図が表示されません。
その場合、登録した地図を確認するのは、ちょっと面倒です。RMapsを起動するとGPSで現在地を表示するので登録した地図の位置まで中心地を移動しないといけません。オンラインの地図(例えばGoogle Maps)で、登録した地図の位置を表示して、Menu(右下の4本横線のボタン)をクリック・・・地図・・・該当の地図を選択 で登録した地図が正常に動作するか確認できます。

京都の紅葉を見に行く時に徒歩で移動する地域の地図を全てダウンロードしました。目的地にマーク(POI)すれば準備万端です。

2013年11月25日

京都の紅葉旅行でRMapsを使いました。印刷した地図も持っていったのですが、蓮華寺から赤山禅院に行く時、印刷した地図もGoogleMapも実際と全く違っていて、GPSを頼りに赤山禅院の方向に向かって行ってなんとかたどり着きました。紙の地図だと自分がどこにいるのかも判らないですし、方向すら判らなくなるので、きっと途中で諦めていただろうと思います。
RMapsは使えます。

2015年4月18日

RMapsは現在、Googleplayでダウンロードできません。
https://code.google.com/p/robertprojects/downloads/list からダウンロードできます。