石川の食 美味しいランチ

石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です



セピア

今日は激盛で知られているセピアに入りました。
川に面していて、景色はなかなか良い感じです。建物はシャレた感じで、ポップな音楽がかかっていました。でも店員さんは、オシャレっ気はない感じで不愛想な印象を受けました。
雑誌などがいろいろ置いてあって、ゆっくりくつろぐには良い感じです。

遅かったせいもあり、お客はいなかったので、窓側のテーブル席に座りました。
すぐに冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。
各テーブルには「最近お水のお代わりの申し出が多く、この作業で次のお客様に出来た料理を提供するのが遅れてご迷惑をおかけする為、二杯目からのお水は、店内中央にある機械を使ってセルフサービスでご利用して頂きますよう、ご協力よろしくお願いします」という掲示が置かれていました。

メニューを見ると、から揚げランチ910円、オリジナルランチ970円、ランチDEドリア930円、とんかつランチ780円、ランチDEカレー750円、ハンバーグランチ890円、しょうが焼きランチ910円、ハムエッグランチ750円、チキンのりかつランチ860円、ヒレカツランチ910円、きまぐらランチ1080円などがありました。期間限定でおすすめプレート1080円もありました。単品ではドリア、ピラフ、パスタ、グラタン、カレー、ピザなども種類が豊富です。

ドリアかグラタンが食べたかったので、今日は、おすすめプレート1080円を注文しました。しばらくするとバケツに入れられた調味料が出されました。

sepia1.jpg

10分ほど待って、おすすめプレートが出されました。
おすすめプレートには、野菜の肉巻きカツと茄子のナポリタンスパゲティ、カレーご飯のドリア、温野菜のサラダが付いていました。
野菜の肉巻きカツの豚肉が少し臭ったのが気になりました。サラダが温野菜というのはいい感じです。その他は可もなく不可もなくという感じですが、ボリュームは満点でお腹いっぱいになりました。

sepia2.jpg

セピアの場所はこちら  石川県金沢市粟崎町ニ2−8



トラッテリア クアクア(Qua Qua)

今日は、トラッテリア クアクア(Qua Qua)でランチしました。
トラッテリア クアクア(Qua Qua)はミシュラン2016でビブグルマンに選ばれたお店です。
一応、予約していきました。
思ったほど混んでいませんでいた。空いていたテーブルは予約席だったようです。トラッテリア クアクア(Qua Qua)にはカウンター席もあるので1人でも入りやすそうです。
日曜日だったのでカップルがほとんどでした。でもカジュアルな雰囲気でした。カウンターに男性1人だけのお客もいました。自分自身、シャレたお店に男一人で入る事もあるので、いつもは、自分もあんなんなのだろうなあと思いました(笑!)
今日は娘と同伴でした。
メニューを見ると、ミックスサラダ、パスタ1種、パン、ドリンク付きで1050円のコースと、本日の前菜盛り合わせ、パスタ1種、ドルツェ2種、パン、ドリンク付きで1550円のコースと、本日の前菜盛り合わせ、パスタ1種、本日のメイン料理(肉料理か魚料理を選択)、ドルツェ3種、パン、ドリンク付きで2550円のコースがありました。
随分、リーズナブルな価格設定です。
今日は2550円のコースを選びました。
パスタ(リゾットもあり)は6種類から選べます。内容は毎週変わるようです。
辛いトマトソースのスパゲッティ カッレッティエラ風を頼みました。
娘は鶴来産くたくたブロッコリーソースのスパゲッティ アンチョビ風味を頼みました。
ソフトドリンクも選べるので、アイスコーヒーを頼みました。出す時期は料理と一緒にという事で頼みました。

5分ほど待って5種の前菜盛り合わせが出されました。キッシュや天婦羅、サラダなどが付いていました。いろんな味が楽しめて嬉しいです。欲を言えば、何が付いているのか説明書きがあると、なおいいかなと思いました。
その後すぐに、パンと飲み物が出されました。

ちょうど良いタイミングでパスタが出されました。麺の茹で方(硬さ)もちょうど良く美味しかったです。

その後、タイミングよく、肉料理のポークソテーが出されました。味付けが良かったです。

最後に、デザート(プリン、パイ、シャーベットが出されました。
プリンとパイがめちゃくちゃ美味しかったです。

どの料理も、美味しかったし、量も十分でお腹いっぱいになったし、コストパフォーマンス抜群で、客応対も申し分なかったのですが、ミシュランのビブグルマンに選ばばれたという事で過剰な期待を持ったせいか、料理に感動するほどのインパクトを感じなかったのが残念でした。
デザートが一番インパクトがあったかなあって感じです。

QUAQUA1.jpg
QUAQUA2.jpg
QUAQUA3.jpg
QUAQUA4.jpg
QUAQUA5.jpg

トラッテリア クアクア(Qua Qua)の場所はこちら 金沢市増泉 2-7-11



HORITA市場スイーツ工房

HORITA市場スイーツ工房に行ってきました。
お昼過ぎだったのですが、タルトカップは売り切れになっていて、販売しているのはプリンとキャンデーとオムレットだけでした。
HORITA市場スイーツ工房で人気なのはオムレットだと聞いていたので、オムレットを3種類購入しました。
ブドウとイチジクとブルーベリーとフルーツミックスでした。
少しづつ、全種類食べてみましたが、スポンジとクリームはまずまずでしたが、フルーツ類は味がしなくて、美味しかったのはフルーツミックスだけでした。

HORITA市場スイーツ工房は八百屋さんがやっているお店だという事ですが、ケーキ屋さんのフルーツって、どうして美味しくないのかな?

horita.jpg

HORITA市場スイーツ工房の場所はこちら   石川県金沢市西念4-7-1



麵屋 白鷺

今日は、麵屋 白鷺に入りました。
3人で入ったのですが、ポツリポツリの空席があったものの、連続で空いている席は無かったので、待合の席で待機するよう指示されました。
待合の席にはメニューが置いてありました。
それほど待つ事無く、3人並んで座れるようになりました。
メニューには、香味そば塩・醤油810円、半熟味玉香味そば塩・醤油920円、特製香味そば塩・醤油1030円、和え玉単品720円、和え玉(ラーメン注文の人は)300円、塩鶏白湯魚介そば840円などがありました。結構、強気な価格設定です。
ネットで下調べしてあったので、3種(豚ロースのチャーシュー、鶏ムネのチャーシュー、鶏モモのチャーシュー)のチャーシューと半熟味玉付の特製香味そば塩と、和え玉を注文しました。
15分ほど待って、特製香味そば塩が出されました。スープは超あっさり系で、麺は細麵でした。
3種のチャーシューに関しては、豚ロースのチャーシューが一番美味しかったです。半熟味玉もとても美味しかったです。
とはいえ、全体的に物足りなさを感じました。海苔の味が一番インパクトを感じました。
ただ、超あっさり系のスープだからこそ、チャーシューの味の違いも分かるし、生野菜の香りも感じる事ができたという事だと思います。

特製香味そば塩を食べ終わって、しばらく待って、和え玉が出されました。和え玉は、香味油と醤油だれを和え汁なし麺です。3種のチャーシューを細かく切ったものも乗せられていました。
味は、焼きそばっぽい感じです。味は違うけど、日清の焼きそばみたいな感じです。もともとチャーシューの味は薄味なので、混ざるとチャーシューの味がよくわからなくなります。
さすがに麺2玉食べたことになるのでお腹いっぱいになりました。

sirasagi1.jpg
sirasagi2.jpg

麵屋 白鷺の場所はこちら   金沢市安江町19−6



パパとママ

今日は、羽咋のパパとママに入りました。
幹線道路から、少し入ったところにあり、ほとんど自動車が通らない道沿いにあるので、知っている人はあまりいないと思います。
店頭に、お薦めは、ラーメン類とギョーザ類とキムチだと掲示されていました。
店名とお勧め料理の内容のギャップに違和感を感じました。
店内はカウンター席と、小さなテーブル席が少々って感じです。
メニューを見ると、豚生姜焼き定食980円、鶏唐揚げ定食950円、チキンカツ定食950円、ミックスフライ定食1000円、白身フライ定食950円、ギョーザ定食900円、チャーハン650円、ラーメン550円、屋台風ラーメン600円、ごま塩ラーメン600円、四川ラーメン750円などがありました。
ちょっとインパクトに欠ける価格設定です。でも平日のランチタイムは100円引きということなので、それなら、まあまあかなって感じです。
今日はギョーザ定食900円(平日のランチタイムで800円)を注文しました。
しばらくして水と紙のおしぼりが出されました。
15分ほど待って、ギョーザ定食が出されました。

ギョーザ定食にはギョーザ8個と漬物、ご飯、豆腐の冷ややっこ、スープがついてれいました。
ギョーザは野菜が中心でジューシーなのは良かったのですが、餡に味がありません。酢醤油のタレをつけると酢醤油の味しかしません。衣もべちゃっとしてすっきりしません。
漬物は市販のキュウリの漬物で異様にしょっぱかったです。キムチがお薦めならキムチで勝負してほしかったし、それでなくても家庭的な店名で営業するなら、自家製の漬物を出すようにしたほうが良いと思いました。
副菜が、豆腐の冷ややっこというのも工夫の足りなさを感じたし、スープもインパクトの無い味でした。
ひょっとして、ラーメンは美味しいのかもしれまっせんが、もうちょっと気合を入れた料理を出して欲しいなあと感じました。
水は飲み干してあったのですが、特に配慮は無かったです。
本当は、家族でやっているお店に、きつい事は言いたくないのですが、このままじゃ長くやっていけそうな気がしなく心配です。奮起を期待します。

papa&mama.jpg

パパとママの場所はこちら  石川県羽咋市石野町ホ45−1



いろは食堂

今日は、いろは食堂に行ってきました。
11:40とかなり早めだったのですが、かなりお客さんが入っていました。
その後も、少しづつお客が入ってきて、満席で入れなくなる状態でした。まあ、4人掛けのテーブルに1人で座っていたりするので、人数からするとそれほどでも無かったのかもしれません。
メニューを見ると、エビフライ定食1100円、とんかつ定食900円、もつ定食800円、焼肉定食900円、しろの味噌煮定食800円、おでん定食800円、ミンチカツ定食800円、オムレツ定食800円、コロッケ定食700円などがあり、大盛100円増しでした。

今日は美味しいと聞いていた、しろの味噌煮定食でご飯大盛を頼みました。
15分ほど待って、しろの味噌煮定食が出されました。
しろの味噌煮定食は、しろとキャベツの味噌煮とホウレン草のおひたし、漬物、味噌汁、ご飯が付いていました。
ご飯大盛は、控えめの大盛でした。しろとキャベツの味噌煮は美味しかったのですが、思ったより熱くなかったです。紅ショウガが付いていましたが、個人的にはしろとキャベツの味噌煮とは合わなかったので、別にして食べました。
漬物がちょっと古さを感じました。
ご飯の大盛は50円高になっていました。しろの味噌煮も多めで100高なら、全体大盛のほうが良かったかな?

irohasyokudou.jpg

いろは食堂の場所はこちら  金沢市安江町17-13



お食事処 川原

今日は、「お食事処 川原」に行きました。
UFOラーメンの名は聞いたことがある人は結構いるのではないかと思いますが、そのお店です。
羽咋中央公園の横にありますが、駐車場がわからなく、お店の前が、通る車も少なく路肩帯(道路では無い)があったので駐車しました。お店の裏に駐車場はあるようです。
店内に入ると、カウンター席と、小さいテーブル席と、小上がりがあったのですが、カウンター席に座りました。
すぐに紙のお手拭きと冷たい水が出されました。
メニューを見ると、普通のうどん食堂の内容そのもので、うどん500円、そば500円、ラーメン550円、炒飯650円、丼、カレーライス650円などの定番や中華料理、とんかつなどがありました。
UFOラーメンは800円、UFO冷メンは900円です。
定食セット(ご飯・味噌汁・漬物)300円、餃子セット(餃子3個・ご飯・漬物)350円もあります。
餃子がお薦めという事なので、最初、炒飯と餃子セットを頼みました。お店の人が変な顔をして、餃子セットの説明をし始めたのですが、なんでわざわざ確認するのか、ピンときませんでした。しばらくして、ご飯と炒飯でご飯ものが重複することに気付いて、ラーメンと餃子セットに変更しました。
自分のボケ具合に呆れてしましました(笑!)
最初に、ラーメンとご飯と漬物が出されて、少し後に餃子が出されました。
ラーメンは昔ながらのラーメンで凄く懐かしさを感じました。昔ながらのラーメンの美味しいお店って、なかなか無いんですよね。「お食事処 川原」のラーメンは美味しいです。
餃子も、皮はプリプリでつるつるしていて、餡は野菜中心で汁がたっぷり入っていてジューシーでした。中華のお店でも、これほど美味しい餃子はそれほどありません。
昔ながらの、うどん食堂は最初から眼中になく、ほとんどパスなんですが、「お食事処 川原」は馬鹿にできません。良い意味での想定外なお店でした。
食事の終盤に熱いお茶が出されました。

kawahara.jpg

お食事処 川原の場所はこちら  石川県羽咋市島出町フ-35-2



おでん処 長平

今日は、おでん処 長平に行きました。
金沢の有名処のおでん屋は、ほぼ行っているのですが、「おでん処 長平」は行った事が無かったのです。
知人との待ち合わせだったので、営業していないとまずいということで、前日に営業の有無を確認しておきました。橋場町で、急に他の店というのは無理っぽいので、ここは慎重にという事です。でも、さすがに、開店時間の17:30に待ちあわせで、おでん屋で予約するのも無粋ということで予約はしませんでした。
金沢駅近辺での用事が16:40に終わって、予定の17:30まで時間の余裕があったので、橋場町まで新町・鏡花通りを歩いて行きました。この通りは、自転車では通ったことがあるのですが、徒歩では初めてでした。古い町屋が何軒も残っていて、なかなか良い雰囲気の通りです。
開店前に着いて待っていたのですが、観光客の2人連れが待っていました。
時間になって入店したのですが、予約で満席だと言うのです。小上がりの席だとあるというので、小上がり席にしました。2人連れの観光客は短時間なら大丈夫という事で、なんとか入れたみたいです。短時間と言っても19:00まで大丈夫という事でした。
冬でもなく、繁華街から外れた場所のおでん屋で開店時から満席だなんて・・・。
ちなみに予約したお客は、ほぼ常連の地元民の人たちだったようです。
お店の人に、営業してるかどうかの確認だけしたんだけどというと、今は予約が普通ですと言われました。金沢って、こんな街になったんですね。

小上がりなので、どんなおでんがあるのか分からないのですが、壁に値段一覧が掲示されていたので、なんとか大丈夫でした。
玉子や大根など100円だったので、コンビニとそれほど変わらない値段で嬉しいです。

おでん処 長平は、牛すじが美味しいという評判を聞いていたので、まずは生ビールと牛すじを注文しました。
牛すじはボリューム満点で、しかも美味しかったです。味が染みこんでいて適度な食感で、関東のモツ煮込みと較べるとあっさりしていますが金沢のおでん屋の中ではトップの美味しさだと思いました。これで500円は安いと思います。

その後、自分の定番として玉子、ロールキャベツ、つみれ、大根のおでんを注文しました。
おでんに関しては、大根は味が染みこんでいて美味しかったですが、ロールキャベツ、つみれは若葉と較べると工夫の足りなさを感じました。若葉のロールキャベツやつみれが美味しすぎるのだと思うのですけど。

カウンターに大皿に盛られた一品料理があるのですが、小上がりからは見えないので、今日の一品料理を聞いて、ばい貝の煮つけと、太きゅうりとほたての酢の物、ワカサギの南蛮漬けなどを頼みました。
全体的に、薄味で、上品な味付けでした。ワカサギの南蛮漬けは、もっと濃い味のほうが好みかなと感じました。
とはいえ、おでん処 長平の料理は、いずれもハズレが無く美味しかったです。でも、やっぱり牛すじが断トツかなあと思いました。

今度、牛すじと生ビールだけで、ふらっと短時間入るのもありかなと思いました。

そういうつもりでは無かったのですが、結果的に奢られてしまったので、総額いくらかだったかは不明です。

tyoubei1.jpg
tyoubei2.jpg
tyoubei3.jpg
tyoubei4.jpg
tyoubei5.jpg
tyoubei6.jpg

おでん処 長平の場所はこちら  石川県金沢市下新町2−11 



ノーサイド (NO SiDE)

今日はノーサイド (NO SiDE)に入りました。ノーサイド (NO SiDE)も土曜日にランチをやっている金沢駅近辺では貴重なお店です。
店頭にランチメニューが掲載されていて安心して入れました。
店内はカウンター席と2人掛けのテーブルが3つの狭い店ですが、2階もあるようです。
メニューを見ると、平日のみの日替わりランチ800円、白身魚フライランチ850円、カキフライランチ850円、鶏のから揚げランチ850円、ポーク生姜焼きランチ900円、とんかつランチ900円、エビフライランチ1200円、ノーサイド風ハントンライス(トッピングが白身魚フライ850円、カキフライ850円、鶏のから揚げ850円、とんかつ950円、エビフライ950円)、金沢風カレー(トッピングが白身魚フライ850円、カキフライ850円、鶏のから揚げ850円、とんかつ950円、エビフライ950円)などがありました。
3人で行ったのですが、自分は、カキフライランチ、残り2人はエビフライのハントンライスとカキフライのハントンライスを頼みました。

カキフライランチにはカキフライと野菜サラダ、レンコンの煮物、玉子豆腐、ご飯、味噌汁、ゼリーが付いていました。
食事が終わって、ランチ(ハントンライスには付かない)にはドリンクが付くというので、アイスコーヒーを頼みました。
カキフライは季節外れだったのですが、なかなか美味しかったです。
エビフライのハントンライスは、なかなか見栄えがあり観光客にはうけるかもしれません。感想を聞いたら美味しかったと言っていました。

noside1.jpg
noside2.jpg
noside3.jpg

ノーサイド NO SiDEの場所はこちら  石川県金沢市本町2丁目19−11



のと風

先週、「食事処 とよ島」に行った帰りにランチの旗を見かけて「のと風」に入ってみました。
国道沿いに面していますが、普通の民家を改装した感じのお店です。
店頭にメニューの看板があって、本格SPICEキーマカレー900円、定食700円~と掲示されていました。
店内には、カウンター席とテーブル席がありました。空いていましたが、空いているテーブル席は別部屋みたいになっていたので、カウンター席に座りました。
冷たい水(本当はぬるい水の氷入り)が出されました。
店内には、ロックっぽい音楽がかかっていて、マスターは若いおにいさんでした。
ランチメニューを見ると、本格SPICEキーマカレー900円、ミックスフライ定食750円、カツ丼定食750円、国産牛玉子とじ定食850円、親子丼定食700円、カツカレー800円、カレー600円、トマトソースパスタ780円、ミートソースパスタ800円、カルボナーラパスタ900円などがありました。いずれもドリンクが付いています。
ちょっと、魅力に欠けるメニュー内容でした。随分迷ったのですが、本格SPICEキーマカレーが一番の自慢のようだったので注文しました。
キーマカレーはタッパに入れられた2種のカレーを、おのおの小さい鍋に入れて調理していました。他にお客がいて親子丼の調理をしていたので、それで3つのコンロが埋まって、調理が大変そうで、いっぱいいっぱいって感じでした。
10分ちょっと待って、本格SPICEキーマカレーが出されました。
本格SPICEキーマカレーは普通のカレーとキーマカレーの2種類が半分ずつかけられていました。普通のカレーは万人向けで食べやすいカレーでした。キーマカレーはひき肉をカレー味で炒めた感じのカレーで豆が控えめに入っていました。どちらのカレーも辛くは無かったです。
ご飯が硬めに炊いてあって、専門店でないのにカレーにあったご飯を用意してあるのには感心しました。福神漬けが乗せられていたのには笑ってしまいました。
美味しかったです。
カレーが出されて5分ほどして、野菜サラダが出されました。ちょっと遅すぎです。ドレッシングはオニオン、シーザー、ゴマと3種用意されていました。
食事が終わって、ドリンクは何にしますかと聞かれたのでアイスコーヒーでお願いしました。
アイスコーヒーは大きなペットボトルにいれられていて、なぜか2つのペットボトル(両方とも半分程度残っていた)のコーヒーを味比べしてから出されました。実際にはどうかは判りませんが、なんか悪くなっていないか確かめているようで不安を感じました。

カレーは美味しかったのですが、このメニューの内容はもう少し考えたほうが良いのになあと感じました。ちなみに、夜は海鮮系の料理も出す飲み屋さんとして営業しているようです。

notokaze1.jpg
notokaze2.jpg
notokaze3.jpg

のと風の場所はこちら   石川県羽咋郡志賀町米町タ26