石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

カフェ&ランチ Nagomi

カフェ&ランチ Nagomi にランチの旗が立てられているのを見つけて入ってみました。
店頭に今日のランチはチキン照り焼きって書かれていました。
店内に入ると、カウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。12:00を過ぎていましたが、お客は誰もいませんでした。
中は小綺麗ですが、ママはオシャレっ気が全く無く、農家のおばさんって感じで、そのギャップが凄かったです。
カウンター席に座ると、冷たい水を出してくれました。
メニューを見ると、モーニングセットとしてトーストセット500円、バターロールセット500円、おにぎりセット500円があり、ランチとしては日替わり(10食限定)600円、オムライス500円、おまかせパスタ500円、半オムライスとパスタのセット500円、丼と小うどん500円などがありました。ランチには味噌汁と小鉢が付きます。
驚くことに、1日通じてコーヒー(セルフ)100円、オレンジジュース100円、リンゴジュース100円です。単品でも同じ値段です。
ミニパフェが300円、アイスクリーム200円もありました。安い!
営業時間は8:00から16:00のようです。
今日は日替わりランチを頼みました。待っている時に、気づいたのですがカウンターの上に小さい蟻がたくさん動いていました。暇なので1つ1つ潰して退治しました。
13分ほど待って、日替わりランチが出されました。
日替わりランチには、チキン照り焼きと野菜サラダ、茄子の炒め物、玉子のスープ、豆腐の冷ややっこ野菜の昆布漬け、御飯が付いていました。
ドレッシングは3種類用意されていました。どの料理も家庭の味でしたが美味しかったです。御飯は少なめでした。
食後にホットコーヒーかアイスコーヒーが出ますと言われたのですが、冷房が効いていたのでホットコーヒーにしました。
コーヒーはセルフですが、作ってあったコーヒーを自分で注ぐのではなくて、自動でコーヒーを挽いていれる機械が置いてありました。コンビニの機械の家庭用のものです。なかなか美味しかったです。

自分では、珍しい事ですが、いろいろと話を聞きました。聞いたこと以外は話さない、それほど社交的ではないママでしたが人の好さを感じさせる素朴なママです。こういうお店は嫌いではありません。

途中でお客が来て、10分後に取りに来るので日替わりランチをお願いしますと言って出て行きました。その料理が出来た時間と、そのお客が再び訪れた時間が同時だったのでびっくりしました。コーヒー無しなので500円で良いですと言っていました。

300円のミニパフェがどうしても気になって、注文しました。ママは驚いた顔をして、大丈夫ですかと言われました(笑!)

ミニパフェにはバニラアイスとチョコアイス、ホイップクリーム、サクランボ、キウイ、柑橘系果物、ブルーベリー、コーンフレークが入っていました。

カフェ&ランチ Nagomiは4月から営業を始めているそうです。

nagomi1.jpg
nagomi2.jpg
nagomi3.jpg

カフェ&ランチ Nagomiの場所はこちら  石川県七尾市藤橋町申53

らーめん 二刀流

すしべん八幡のあったところが、しばらく串カツ屋さんだったのが、いつの間にか閉店して、「らーめん 二刀流」になっていました。
新しいラーメン屋さんができると最初は混雑するのが普通ですが、目立つ場所にありながら駐車している自動車が少ないので、なんとなく期待感が盛り上がらなくて入っていませんでした。
八幡すしべんの時は、住宅の前も駐車出来ていましたが、今は住宅の前には駐車できないようです。
今日は行こうと思っていた3店がいずれもやっていなかったので(水曜日定休なのかも)、入ってみました。
看板が「新旭製麺」と「らーめん 二刀流」の2つあって、ユニフォームは「新旭製麺」になっていました。
どちらが店名なのかネットで検索すると、「新旭製麺」が和倉でうどん屋をやってて、「らーめん 二刀流」はその系列店ということらしいです。検索した時にブラック企業と名指しされていたのは、少し気になりました。
店内はテーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。冷たい水の入ったピッチャーとコップが置いてあって、自分で入れるようになっていました。
メニューを見ると、しょうゆとんこつらーめん、みそとんこつらーめん、しおとんこつらーめんがいずれも650円、餃子セット350円、唐揚げセット350円、春巻セット350円、らーめんセット700円、野菜らーめん70円高、チャーシューラーメン230円高などがありました。麺大盛150円高です。

今日はしおとんこつらーめん麺大盛を注文しました。
5分ほどで、しおとんこつらーめん麺大盛が出されました。
麺は、昔ながらの細麺でした。麺がくっついて塊みたいになっているところが、ところどころにありました。
スープは豚骨感はほとんど無く、どちらかというと昔ながらの塩ラーメン風ですが、塩っぱかったです。
チャーシューは厚かったのですが、あまり味がしませんでした。
不味くはないけど、全くインパクトの無いラーメンでした。お客にこういうラーメンを食べさせたいという情熱みたいなものは全く感じられませんでした。
リピートは無いと思います。

nitouryuu.jpg

らーめん 二刀流の場所はこちら  石川県七尾市国分町ラ

キッチンユキ松任本店

今日は、白山国際太鼓エクスタジア2017に行くついでに、キッチンユキ松任本店に入りました。
開場が17:30で駐車場に入れるか心配だったので、早めの夕食を食べられる白山市のお店という事でキッチンユキ松任本店を選びました。16:30頃に営業しているお店って少ないんです。
キッチンユキ松任本店は1階が駐車場になっていて、お店は2階です。金沢カレーの元祖のお店の1軒でもあり人気店でもあるので期待して行きました。
お店に入ると、どこでも好きな席で良いと言うので、奥のほうのテーブル席に座りました。
すぐに水と、紙のお手拭きが出されました。テーブルには冷たい水が入ったピッチャーが置いてありました。決まったらブザーを押して下さいと言われました。
メニューを見ると、玉子野菜スパ&金沢ブラックカレーセット1102円、ユキ風トルコライス1382円、チーズinメンチカツベーキライス886円、チーズinメンチカツカレー857円、タンドリーチキンベーキライス950円、カレースパ&ベーキ810円、カレースパ&カレートンカツのせ1026円、ハンバーグ定食918円、スパゲテイ定食918円、イタリアンスパ定食1026円、玉子野菜スパ定食1026円、生姜焼き定食1080円、とんかつ定食1188円、オールスター定食1620円などがありました。
今日は、玉子野菜スパ&金沢ブラックカレーセット1102円を注文しました。息子はカレースパ&カレートンカツのせ1026円を注文しました。

ほとんど待つ事無く、頼んだ料理が出されました。
いずれも味噌汁が付いていました。玉子野菜スパの玉子がお皿をはみ出していて、一部がテーブルにべちゃっと乗っかかりました。
なんとガサツなお店だと驚きました。

カレーは元祖金沢カレーの一軒ということで、味はチャンピオンカレーと共通点があります。塩っぱいのは同じですが、それでもチャンピオンカレーよりは食べやすいです。でも、やっぱり金沢カレーは好きにはなれません。
カレーが塩っぱいせいなのか、玉子野菜スパのスパゲティは味が薄くて、塩をかけて食べました。ハンバーグは瑞々しさが全くなく個人的には不味いハンバーグの代名詞みたいなハンバーグでした。
食器は先の割れた(昔の給食で使われていた)スプーンとフォークでした。味噌汁が付いているのに箸はありません。
ボリュームがありお腹いっぱいになりました。
ボリュームがあり、それなりに手頃な価格設定でメニューも工夫されていて好感を持てますが、料理は個人的には最低だと感じました。金沢カレーが大好きな息子も、塩っぱかったというのが感想でした。
なんで、こんなお店が人気あるのか不思議でなりません。

yuki1.jpg
yuki2.jpg

キッチンユキ松任本店の場所はこちら  石川県白山市幸明町331−1

サイラムキャンティーン Sairam Canteen

今日は、家族でサイラムキャンティーンに行きました。
インド料理を始めとしてエスニック料理は大好きなので、一度は入りたかったのですが、なかなか行く機会が無くやっと行けました。
南インドのベジタリアンのお店だということです。
ランチメニューとしては、Aランチ(カレー1品、サラダ、ナンORライス、ドリンク)950円、Bランチ(カレー2種、サラダ、ナン、ライス、ドリンク、サモサ)1382円、Cランチ(カレー2種、サラダ、ナン、ライス、ドリンク、カバブ、ティッカ)1598円、ビリヤニ(インド風焼きめし)1080円、マサラドーサ(インド風クレープ状態カレー)1382円などがありました。
カレーは、チキン、日替わり、豆、サンバル(南インド風野菜カレー)、ひき肉から選べますが、土日曜日は日替わりが無いそうです。
自分はAランチでカレーはチキン(辛口)、ナン、ドリンクはラッシーのセット、嫁さんはAランチでカレーはチキン(普通辛さ)、ナン、ドリンクはラッシーのセット、母親はAランチでカレーはチキン(甘口)、ナン、ドリンクはアップリドリンクのセット、息子はBランチでカレーはチキン(普通辛さ)とサンバル(南インド風野菜カレー)、ドリンクはラッシーのセットを頼みました。
ドリンクは出すタイミングを聞かれたので一緒に出してくれるよう頼みました。

調理人はインド系の人でしたが接客は日本の人で、気配りのある接客をしていただけました。
母親が、辛いカレーは嫌だとか、他の飲み物は無いのとか、我がままを言っていたのですが、気持ちよく応対してくれて、選べるドリンクに入っていなかったアップルジュースを出してくれたり、カレーも辛さが選べるとは書いてなかったのですが、調節できるということだったので好みにしてもらいました。途中で何回も水のお替りを入れてくれました。

最初に、サラダとドリンクが出され、ちよっと間隔を置いて、カレーとナンが出されました。
カレーは今まで食べた味と少し違っていました。なんなのかなあ焦げてはいないけど、焦げっぽい味がしました。そういう味のスパイスが入っていたのだと思います。変わった味を楽しめました。
ちなみに息子から、サンバル(南インド風野菜)カレーも少し貰ったのですが、その焦げっぽい味が強くて、ああこれが南インドの味なのかなと妙に納得しました。
途中でナンのお替りはいかがですかと聞かれました。メニューにナンのお替りができると書いてなかったのでびっくりしました。
嫁さんと2人で1枚頼むと半分に切って出してくれました。息子はナン1枚お替りしました。

母親と息子は外でカレーを食べるのは好きではないと言っていたのですが、とても喜んでくれました。良かったです。

sairamu.jpg

サイラムキャンティーン Sairam Canteenの場所はこちら  石川県金沢市泉野4-22-1

大西寿司

今日は「大西寿司」に入りました。
ランチメニューには、寿司ランチ1080円、上寿司ランチ2160円、ちらしランチ1080円、上ちらしランチ2160円などがありました。
今日は寿司ランチ1080円を注文しました。
すぐに冷たいタオルのおしぼりと、冷たいお茶が出されました。
注文して5分ほどで、寿司ランチが出されました。
寿司ランチには、寿司盛り合わせとポテトサラダ、茶わん蒸し、味噌汁がついていました。
寿司は、普通の種類の普通のお寿司でした。おぼろの太巻き(魚入り)が美味しかったです。茶わん蒸しは具がたっぷり入っていました。味噌汁は塩っぱかったです。

oonisi.jpg

大西寿司の場所はこちら   石川県小松市矢田野町ホ21

さと海 鹿島店

今日は、伊藤正喜さんから情報提供いただいた「さと海 鹿島店」に行きました。
同じ建物で営業していた回転すし店「かいおう」の運営会社が破産したので、フランチャイズオーナーが改名して、今年2月に開店したようです。

ランチの掲示が目立っています。店頭に、ランチの内容の掲示もありました。

店内に入ると、1人ですかと聞かれて、そうですと言うと、カウンターでお願いしますと言われました。
店内は空いていたので、どこに座っても良さそうなのにと思ったのが顔に出たのか、テーブル席のほうが良かったですかと言われました。
基本的に、座る席を指示されるのが嫌いなのですが、言われたとおりにカウンター席に座りました。
その後、お客がそれなりに入ってきたのすが、全ての客に座る場所を指示していました。

ランチには、さと海ランチ(にぎり11貫+細巻+味噌汁orデザート)880円、小町セット(にぎり8貫+味噌汁orデザート)680円、特上セット(にぎり10貫+味噌汁orデザート)1280円がありました。
さと海ランチを注文しました。
すると、朝獲れランチ(にぎり8貫+味噌汁)880円もあるということなので、朝獲れランチ(にぎり8貫+味噌汁)880円に変更しました。
ラウンターには普通の醤油と甘口大野しょうゆが置いてありました。

8分ほど待って朝獲れランチが運ばれました。

見た感じ、ネタはそれほど瑞々しさは感じませんでした。なんとなく乾いている感があるんです。切り置きしているからなのかなあ?
七尾は水曜日は市場が休みだということですが、当日獲れた8種類のネタをどうして入手したんでしょうか? 朝獲れと言えば、今日の朝に獲れた魚だという事なんだと思うのですが、まさか前日の朝に獲れたから朝獲れなんという事は無いと思いますけど・・・
シャリは少なくて、なんとなく乾いた感じがします。しかも箸でとると壊れやすいです。シャリ部分も作り置きしてあって、上にネタを乗せるだけって感じなのかなあ?
まあ小さいのはシャリだけではなく、ネタも小さいのですけど・・・・・
ランチの寿司にはワサビが入っていないので、自分でワサビを加えて食べます。
味噌汁の具は貝でしたが、なんかガリガリ感がありました。砂というより殻の食感に近いガリガリ感です。

なんか良いところが何も無いみたいな記述になりましたが、それでも不味くはないです。まあ美味しいと言ってもいいかもしれません。

satoumi1.jpg

回転のレールには、それほどお寿司が回っていないのですが、写真や文字の乗ったお皿が回っていました。
能登フグに力を入れている感じでした。

生シラスの軍艦巻き(2貫で108円)とイノシシの炙りの寿司(1貫108円)に興味を感じたので追加で注文しました。
注文はタブレットで注文するのですが、注文した寿司が出来ると、回転のレールとは別のレールで新幹線が届けてくれます。新幹線の列車は、注文したお客の前で停車するので、他のお客に横取りされたり、取り損なうという事はありません。

生シラスの軍艦巻きは、とても美味しかったです。イノシシの炙りの寿司も美味しかったです。
前回、他のお店でイノシシの肉の生姜焼きを食べて臭みを感じましたが、今日のイノシシの肉は臭みも無く美味しかったです。

satoumi2.jpg
satoumi3.jpg

さと海 鹿島店の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町徳前よ109−1

サンボアン

今日は、食品衛生責任者の資格をとるための講習会があったので、金沢市内では珍しく外食になりました。

金沢駅西地区で安いと評判の「サンボアン」に入りました。
店頭にランチメニューが掲示されていて安心して入れました。
ランチメニューには、エビフライ、とりの唐揚げ、豚の生姜焼き、トンカツ、アジフライ、チキンカツ、チキンステーキ、豚ロースステーキのランチセットが各540円、刺身3種盛、焼き魚、トン刺し、カキフライ、サーロインステーキのランチセットが各648円です。安い!

店内にはカウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。今日はサーロインステーキのランチセットを注文しました。でも売り切れと言われました。時間の余裕が無かったので、早くできるものは何ですかと聞くと豚の生姜焼きだと言うので、豚の生姜焼きのランチセットを注文しました。
サンボアンは水も、お手拭きもセルフになっています。
注文してすぐに、オシッコ行って、戻ってみると、もう豚の生姜焼きのランチセットが出されました。びっくりしました。ちなみにサンボアンのトイレはカラオケのトイレと共用になっているので、ちょっと離れています。
豚の生姜焼きのランチセットには、豚の生姜焼き、多めの刻みキャベツ、ナメコの味噌汁、御飯、漬物、春雨の煮物が付いていました。ドレッシングもセルフですがあります。
御飯は少な目のように感じましたが、豚の生姜焼きがボリューム満点だったので、お腹いっぱいになりました。味付けも良く、これで540円は超お得だと思いました。店内は広いので、満席にはなっていなかったけど、次から次へとお客が入っていました。
サンボアンでは、おのおのの料理は数量限定で用意されているようで、品切れメニューの連絡が続々と聞こえました。サーロインステーキなど人気メニューは早めに行かないとありつけないようです。

一時期、国道8号線沿いにサンボアン2号店ができていたけど、やっていけなかったのかなあ?不思議です。

sanboan.jpg

サンボアンの場所はこちら  石川県金沢市西念2丁目1−9

カマナ 園町店

今日は小松にある「カマナ 園町店」に入りました。カマナは粟津店も行ったことがあります。
店内にはテーブル席と小上がりの席がありましたが、テーブル席に座りました。
すぐに、タオルのお手拭きと冷たい水を持ってきてくれました。
メニューを見ると、以前、粟津店に入った時の内容とは違っていました。
レギュラーランチ880円、日替りランチ780円、タリーランチ1180円、レディースランチ1180円、タンドリーランチ1280円、カマナランチ1380円、お子様ランチ630円、カレーライスセット780円、ツーカレーライスセット880円などがありました。いずれもドリンクバー付きです。
レディースランチ1180円、タンドリーランチ1280円、カマナランチ1380円ではカレーの種類とナンの種類が選べます。選べるナンには「あんこナン」なんて珍しいのもありました。
インド料理屋さんに行くと、チキンを食べたくなるので、ちょっと贅沢してタリーランチ1180円を注文しました。辛さを聞かれたのでhot(soft,midium,hot,veryhot,superhotがある)を頼みました。
ドリンクバーに行って、スープとマンゴラッシー(ラッシーとマンゴジュースを混合)を持ってきました。
すぐにニンジンドレッシングのサラダが出されました。
スープはカレー味で美味しかったです。ニンジンドレッシングのサラダも美味しかったです。ニンジンドレッシングのサラダはお気に入りで、最近はインド料理屋でサラダがニンジンドレッシングで無かったらがっかりしちゃいます。
サラダが出た後4分ほどして2種のカレー(ホウレンソウのカレーとチキンカレー)、ライス、チキンティッカ、ヨーグルトのデザート、ナンが出されました。
スープを飲み干したのでお替りしました。
ホウレンソウのカレーにはチーズが入っていました。チキンカレーにはポテトも入っていました。チキンカレーはまろやかな味でナンにもライスにも合いました。
チキンティックも美味しかったし、デザートのナンには洋ナシ(?)が入っていて、マンゴシロップがかけられていて美味しかったです。
ライスの量が多くて、全部食べるのに苦労しました。ナンとライスはお替りサービスですが、とてもそんな余裕がありません。食べるのに時間がかかり、ナンが途中で冷たくなりました。
いつもなら食後にコーヒーをいただくのですが、お腹一杯でそれすらできませんでした。

kananak1.jpg
kananak2.jpg
kananak3.jpg

カマナ 園町店の場所はこちら   石川県小松市園町ヌ62-1

旬菜割烹 あづま家

今日は、金沢バス実況さんと伊藤正喜さんから情報提供いただいた、「旬菜割烹 あづま家」に行きました。
「旬菜割烹 あづま家」の前は何度か通ったのですが、駐車場に自動車がいっぱい入っていて断念していたのです。今日は、自動車が少なめだったので入れました。
店頭には本日の焼き魚セット アジ塩焼き4食、カマス塩焼き4食 と掲示がありました。

店内に入るとカウンター席が6席だけ見えました。帰る時に奥を覗いたのですが、2人掛けのテーブル席2つと座敷もあったようです。カウンター席には他のお客はいませんでした。
メニューを見ると、本日のにぎり寿司ランチ(にぎり7貫と細巻1本、その日の1品、サラダ、茶碗蒸し、味噌汁、デザート、セルフでコーヒー)1300円(にぎり寿司と味噌汁のセット(にぎり7貫と細巻1本、味噌汁、デザート、セルフでコーヒー)980円、本日の海鮮丼ランチ1300円、海鮮丼と味噌汁のランチ980円、天ぷらランチセット980円、天丼ランチセット980円、本日のお刺身ランチセット1300円、本日の焼き魚ランチセット1100円などがありました。
すぐに、冷たい水と紙のおしぼりが出されました。今日は、贅沢して本日のにぎり寿司ランチ1300円を注文しました。水を飲み干したら、ポットごと持ってきてくれました。

それほど待つことなく本日のにぎり寿司ランチが出されました。
最初に、にぎり寿司7貫と細巻1本、野菜サラダ、茶碗蒸し、甘エビの頭が入った味噌汁、ガリが乗せられたプレートが出されました。にぎり寿司7貫のネタは定番の種類の内容で珍しさはありませんでしたが、みずみずしく鮮度は感じられ、とても美味しかったです。イカの柔らかさが印象的でした。
それほど間をおかず、その日の一品のカマスの塩焼きが出されました。その日の一品は魚料理であったり肉料理であったりするようです。カマスは開いた状態で焼かれていたのですが、開いた状態で細かい骨が残っていると、骨が余計に気になりました。切り身でない魚は、もともと食べるのが苦手なんです。
タイミング良く、デザートのチョコレートアイスが出されました。美味しかったです。
セルフのコーヒーもいただきました。

adumaya1.jpg
adumaya2.jpg
adumaya3.jpg

旬菜割烹 あづま家の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町良川リ7-1

まるにし食堂

今日は、まるにし食堂に入りました。まるにし食堂の存在は知っていたのですが、焼肉屋で食堂でラーメンまでやっていて、昔ながらの建物という事で、興味外のお店だったのです。
でも、最近、旗を新調したり看板を綺麗にしてあったりと意欲が感じられるので入ってみたのです。
まるにし食堂の店内は、カウンター席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。
すぐに水が出されました。
看板に定食って書いてあったので、定食は何があるのですかと聞くと、焼き魚定食、豚肉の生姜焼き定食、野菜炒めの定食が870円で、ラーメン、餃子、漬物、御飯のセット1000円があるとのことです。
今日は、焼き魚定食を頼みました。
焼魚を食べる時は、手をつかわないと食べられないので、手を洗いに行きましたが、槽にビニールがかけられていました。
よく見ると椅子のレザーは破れていましたが、ビニールがかけられていました。よく見ると焼肉の天板はボロボロでしたがピカピカに洗われていました。そういえば、どこも綺麗に手入れされていました。相当な綺麗好きのように思われます。
15分ほどして焼き魚以外の料理(御飯、漬物、味噌汁、野菜サラダ、豆腐冷やっこ、おでん風煮物)のお盆が出されました。お盆にはタオルのお手拭きものっていました。その後すぐに干しカレイの焼き物が出されました。
ボリューム満点で誠実な料理でした。
ただ、割り箸で干しカレイの焼き物を食べるのは苦労しました。

marunisi1.jpg
marunisi2.jpg

まるにし食堂の場所はこちら   石川県七尾市矢田新町ハ−77