石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

与市

今日は、与市で昼食をとりました。
店内には靴を脱いで入ります。1人だと言うと4人掛けのテーブル席に案内されました。すぐに、熱いお茶と、紙のおしぼりが出されました。
ランチは1080円で、お造り膳、天ぷら膳、焼魚膳、海老フライ膳、カキフライ膳、ステーキ膳、豚カツ膳、鶏唐揚げ膳、チゲ鍋膳があります。
今日は、ステーキ膳を頼みました。
10分ほどしてステーキ膳が出されました。
ステーキ膳には、ステーキ、野菜サラダ、焼き鯖、ワカサギの南蛮漬け、筋子、タラバガニの味噌汁、キムチが付いていました。食後にコーヒーかアイスクリームもつきます。
1080円で、この内容は驚きです。
ステーキはお肉が硬めで味付けも濃いめでした。筋子の味付けも塩っぱくて濃いめでした。焼き鯖は冷えていました。
そういう突っ込み所があったとしても、この内容で1080円というのはインパクトがあります。他のランチも食べてみたいと思いました。
津幡のお店のランチって本当にクオリティが高いです。

yoiti.jpg

与市の場所はこちら    石川県河北郡津幡町北中条4丁目11

金沢旬菜 居酒屋なごみや

今日は懇親会で「金沢旬菜 居酒屋なごみや」に行きました。
入店する時にドアがササクレていて手にトゲが刺さってしまいました。
飲み放題で男性5500円女性4500円のプランでした。

最初に付け出しが出されました。

nagomiya1.jpg

でも、飲み物の注文をなかなか聞きに来なくて、おあずけを食らうワンちゃん状態でした。
しばらく待って飲み物が出されてやっと飲み会のスタートです。

nagomiya2.jpg
nagomiya3.jpg
nagomiya4.jpg
nagomiya5.jpg
nagomiya6.jpg
nagomiya7.jpg
nagomiya8.jpg
nagomiya9.jpg
nagomiya10.jpg

刺身盛り合わせは新鮮さを感じましたし、ブリの焼魚も美味しかったです。野菜サラダの野菜の鮮度も抜群でした。
美味しかったです。

金沢旬菜 居酒屋なごみやの場所はこちら  石川県金沢市片町2丁目25−5 プラザビル

ジョリーパスタ七尾店

ジョリーパスタ七尾店に入りました。ジョリーパスタは「すき家」や「はま寿司」「coco's」などのゼンショ―の系列店です。
お店に入ると、座席を指定されました。すぐに水が出されました。
ジョリーパスタには平日ランチメニューとして、日替わりパスタ626円がありました。
曜日ごとに2種類のパスタから選べます。水曜日は、ベーコンとポテトのトマトミートソースと牛肉としめじの醤油ソース(大葉風味)から選べたので、牛肉としめじの醤油ソース(大葉風味)を選びました。
ドリンクバー162円も頼みました。

日替わりパスタにはスープバーが付いていて、スープはお替り自由です。ドリンクバーには、ペプシネックスゼロもありラッキーでした。ペプシネックスゼロはめちゃ好きなんです。

10分ほど待って、牛肉としめじの醤油ソース(大葉風味)が出されました。お皿を触ると、手にオイルがびっちょり。皿の端っこにソースをつけたまま出すなんてプロ意識に欠けます。パスタはソースが脂っこくてギトギト感たっぷりでした。。大葉には違和感を感じました。
パスタ専門店という割には、ファミレス以下のパスタでした。

jolly.jpg

ジョリーパスタ七尾店の場所はこちら  石川県七尾市 本府中町ワ4-1

PATISSERIE OFUKU (パティスリー オフク)

今日は、PATISSERIE OFUKU (パティスリー オフク)でケーキを買ってきました。
さっそく家族で、いろんな種類のケーキをわけて食べました。
フォレノワール、ティラミス、ミルフィユ、フロマージュクリュ、ソージュシトロンの5個を選びました。
フォレノワールはさくらんぼを使用したチョコレートケーキで洋酒が入っていますと説明がありました。確かに大人の味でした。
ティラミスは甘さが全くなく大人の味過ぎで個人的にはハズレでした。
ミルフィユはパイの中にクリームが包まれたケーキで分けて食べるには苦労しました。
フロマージュクリュはレアチーズケーキです。
この4つは自分が選んで、もう1つお奨めを選んで貰ったのはソージュシトロンでした。シトロン系のムースケーキでちょっと珍しい味です。こちらも大人向きの味です。

美味しいケーキではあるのでしょうが、俊の家では、あまり評判が良くありませんでした。本当に大人向けのケーキです。

そういえば風月堂が閉店しました。レアチーズショコラをもう1回食べたかったなあ。

ofuku.jpg

PATISSERIE OFUKU (パティスリー オフク)の場所はこちら   石川県金沢市広坂1-2-13

網元(あみげん)

2017年11月1日

「網元(あみげん)」が閉店したとかランチ営業をやめたとの情報をいただいたので、前を通ってみました。
なんとランチ営業していました。
初めて、お店の前に自動車を駐車しました。ラインに従うと台数停めれないので、奥まで突っ込んで駐車しました。
早かったせいもあってお客はいませんでした。
メニューを見ると、刺身定食1000円が増えていました。
今日は特選海鮮丼1000円を注文しました。
ほとんど待つことなく特選海鮮丼(まつり)が出されました。特選海鮮丼(まつり)には海鮮丼とお吸い物、漬物、切り干し大根の煮物が付いていました。
特選海鮮丼は、とろろ芋が入っていて相変わらず美味しかったのですが、開店当初と比べると(季節の問題かも)魚の瑞々しさに欠けるような気がしたし、魚の種類・量も減ったかなあと感じました。
御飯が異様に硬かったです。御飯は硬めが好きな俊でも、相当な違和感を感じました。
途中でお客が入ってきて、俊の自動車の後ろに駐車したのですが、お店の人が慌てて、自動車の駐車位置を変えていただいていました。
食事を終えて帰る時も、自動車の誘導をしてくれました。感謝です。
帰りに、しばらく休んでいたんですかと聞くと、昨日は休みましたけど、ずっと営業してましたと言っていました。おかしいなあ?????

amigen6.jpg
amigen7.jpg

2016年4月27日

今日も「網元(あみげん)」に行ってきました。
店頭に、今日の地物海鮮丼に使われている魚の種類が掲示されているのですが、イワシ、がんどブリ、アオリイカ、すずきでした。
新たにカウンター席が出来ていました。カウンター席には、電源コンセントが設置されていました。
今日は地物海鮮丼800円を注文しました。
お店には、かなりお客が入っていて、しかも食事前の客ばかりだったのに、10分程度で料理が出されました。
地物海鮮丼には、海鮮丼と、たけのこと野菜の前菜、漬物、味噌汁が付いていました。
地物海鮮丼にも、とろろ芋とめかぶが入っていました。
地物海鮮丼は、特選海鮮丼と比べて、魚の種類も少ないですし、魚の量も少なめですが、通常の昼食とすれば十分です。
ただ、初めて「網元(あみげん)」で食事するのなら特選海鮮丼をお奨めします。200円以上の差は確実にあります。
お茶は飲み干してありましたが、追加で注いでいただけました。

網元(あみげん)の地物海鮮丼
網元(あみげん)の地物海鮮丼

2016年4月20日

今日も「網元(あみげん)」に行ってきました。12:20頃に行ったのですが、空いている席は6人掛けの小上がりの座卓だけでした。1人ですけどというと、6人掛けの小上がりの座卓に案内されました。小上がりは板の間で座るとちょっと足が痛くなります。
今日は季節限定の20食限りの炙り丼1000円というのがありました。
焼き魚定食は何ですかと聞くと、ガンドとイワシだということでした。どちらかを選ぶんですかと聞くと、両方とも付きますと言うのでびっくりしました。
今日は焼き魚定食800円を注文しました。
焼き魚定食は注文して10分後に出されました。早くてびっくりです。
焼き魚定食には、イワシの塩焼き1匹とガンド切り身の塩焼き2切れ、チマキ、キノコと野菜の煮物、漬物、魚の味噌汁、ご飯が付いていました。
味噌汁の魚もガンド切り身も骨が抜かれていました。
それにしても、焼き魚定食で2種類の魚が付いているのは本当に珍しいです。当然、ボリューム満点です。
イワシの塩焼き1匹とガンド切り身の塩焼きの味付けは醤油が必要としない程度の塩加減でした。新鮮なんだと思うのですが、季節がら?イワシもガンドも脂がのっていなくて、個人的には物足りなさを感じました。

途中、3人連れのお客が入ってきたので、店員さんに相席どうぞとジェスチャーで意思表示しました。

網元(あみげん)の焼き魚定食

今日、七尾市役所近くで、ランチをやっている新店を見つけました。それと近日中にインド料理のマナカマナ七尾店が開店するようで、工事をしてました。

2016年4月13日

伊藤正喜さんに開店情報をいただいた「網元(あみげん)」に行ってきました。駐車場があるかどうかも判らなかったので、七尾市観光駐車場に自動車を停めて、散歩がてらに徒歩で行きました。途中で「花嫁のれん館」の前も通ったのですが、入場料大人550円もしててびっくりしました。550円では誰も入らんでしょう。途中に小丸山公園駐車場もありましたが、原則小丸山公園利用者以外の利用は禁止されています。
網元(あみげん)には、3台分の駐車場がありました。
網元(あみげん)の店頭にはメニューが掲示されていて安心して入れました。網元(あみげん)の店内には2つのテーブルと3つの小上がりの座卓がありました。12:40でしたが、お客は2グループだけでした。
テーブル席に座ると、お茶が出されました。メニューを見ると、海鮮丼御膳のれん(限定15食)1500円、特選海鮮丼まつり(限定15食)1000円、地物海鮮丼800円、焼き魚定食800円、プチ海鮮丼600円などがありました。網元(あみげん)では、渡鹿島定置網で獲れた魚を使っているそうです。
今日は特選海鮮丼まつり(限定15食)1000円を注文しました。
網元(あみげん)ではWi-Fiも使えるようです。
それほど待つことなく、特選海鮮丼まつりが出されました。
特選海鮮丼まつりには、海鮮丼、漬物、野菜の煮物、味噌汁が付いていました。
海鮮丼には7種類の生魚と、その他にアオリイカとたこが入っていました。鮮度は抜群でとろろ芋とめかぶも入っていました。とろろ芋を入れるなんてズルいですよね。とろろ芋が入っているだけで美味しいですもん。それに加えて、新鮮な魚がたっぷり入っているんですから不味かろうはずがありません。普通、手軽な価格の海鮮丼の場合、玉子焼きなど魚以外のものでなんとか体裁を保っている場合がほとんどなのですが、「網元(あみげん)」の海鮮丼はそういうごまかしは一切なく、まさしく名前通りの海鮮丼です。近江町や金沢駅近辺のバカ高い海鮮丼なんかアホらしくなります。
味噌汁には、イカと魚が入っていて、魚の骨は全部抜かれていました。手間がかかっています。
満足しました。網元(あみげん)は超お奨めです。
「網元(あみげん)」は七尾での観光客人気No1のグルメスポットになる可能性があります。2つのテーブルと3つの小上がりの座卓だけなので、人気が出たら、入店に苦労しそうです。
「網元(あみげん)」を能登の美味しいランチのお店の2つ星に登録することにしました。

網元(あみげん)の特選海鮮丼
網元(あみげん)の特選海鮮丼

網元(あみげん)の場所はこちら  石川県七尾市魚町5番地

木と光と厨房 ALUCU

コミュニティビジネス起業塾の懇親会が「木と光と厨房 ALUCU」で行われました、
コミュニティビジネス起業塾の近くの「かなざわはこまち」2Fにあるお店です。コミュニティビジネス起業塾の受講生が幹事になって知人のお店での開催になりました。女性が4000円、男性5000円で90分の飲み放題付きのプランです。飲み物はビールからワイン、スパークリングワイン、ハイボール、ソフトドリンクなど種類が豊富でした。

最初はオードブルのセットが出されました。
aluk1.jpg
オードブルって好きなんです。洋食のコースを頼んで前菜が充実してると嬉しくなるんです。どれも美味しかったです。

次は野菜サラダです。
aluk2.jpg


ソーセージの盛り合わせが続きます。ソーセージは大好きなんです。いろんな味を楽しめました・
aluk3.jpg

フライの盛り合わせが続きます。若者向けのメニューが続きます。でも元々が子供舌なので気になりません。
aluk4.jpg

アサリのパスタが出されました。ボリュームたっぷりです。
aluk5.jpg

これで料理は終わりかなと思っていたら、お肉とキノコの炒め物がどーんと出てきました。ボリュームが半端ないです。
aluk6.jpg

最後にデザートが出て終了です。
aluk7.jpg

個人的には自分の好きな物ばかりが出て楽しめましたし、一角を貸切にしてくれたので、落ち着いて参加者同士の会話を楽しめました。

1つハプニングがありました。
店員さんが主賓の講師の背中にコップの水を大量にこぼしてしまいました。背広を着ていて、こぼしたのが水だったので大事に至りませんでした。

木と光と厨房 ALUCUの場所はこちら  石川県金沢市袋町1番1号 かなざわはこまち 2F

喫茶&ギャラリー さんさんごご(SAN・SAN・GO・GO)

今日は、喫茶&ギャラリー さんさんごご(SAN・SAN・GO・GO)に入りました。
カラダにおいしいヘルシーランチというのがコンセプトのようです。
店内にはカウンター席とテーブル席がありましたが、今日はカウンター席に座りました。
すぐに冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。
ランチメニューは、基本的に日替わりランチ815円だけのようです。
御飯の量は男性は並盛230g、女性は小盛140gになっているようです。ちなみに女性でも希望すれば並盛になるようです。
野菜は近所の農家から仕入れているということです。
注文して15分弱で日替わりランチが出されました。
日替わりランチには、ガンドの切り身の焼魚、野菜サラダ、青菜とカニカマの胡麻和え、こんにゃくとシイタケの煮物、りんご、味噌汁、漬物、御飯、コーヒーゼリーが付いていました。
野菜サラダは多くの種類の野菜が入っていて、キャベツは極薄に切ってあり、とても美味しかったです。
漬物は4種類の盛り合わせで、どれも抜群に美味しかったです。
どの料理も手抜き無しで心がこもっていて、美味しかったです。満足しました。
水は飲み干してありましたが、追加で注いでくれました。

sansangogo.jpg

喫茶&ギャラリー さんさんごご(SAN・SAN・GO・GO)の場所はこちら   石川県金沢市木越町ソ-1-1

魚や料理 ほそ川

今日は、かほく市にある「魚や料理 ほそ川」に入りました。
場所は分かりにくいしネットの情報も少ないです。西田幾多郎哲学館の入り口のところに位置します。

入口の戸が引くのか押すのか右にひくの左にひくのか、はたまた自動ドアなのか分かりにくくて悩みました。
店内に入ると、大きなテーブルと小さなテーブルが各1つ、それに小上がりの席1つがありました。テラスにもテーブルがありました。こじんまりしたお店です。
お客は全員女性でした。お店の人に1人ですっと言うと、ちょっと沈黙がありました。座れないことも無かったのですが、相席っぽい感じになるので、あとから来ますかと聞くと、ちょうど食事を終えて帰るお客が2組あったようで、ちょっと待ってくださいと椅子を勧められました。
ほとんど待たずにテーブル席の準備をしていただけました。
すぐに熱いお茶と、紙のお手拭きが出されました。
メニューを見ると、ほそかわ膳1890円、鯖寿司膳1780円、鮭寿司膳1780円、うな丼膳2700円がありました。
ちょっと想定していた金額より高めでした。ネットでの情報が昔のものだったので値上げしていたのです。
刺身が売り切れたそうで、ほそかわ膳は提供できないという事でした。
今日は鯖寿司膳を注文しました。
13分待って鯖寿司膳が出されました。
鯖寿司膳には、鯖寿司と、おからのハンバーグ、ごまの豆腐(というより硬めのムース)、おからと野菜の和え物、ひじきと野菜と煮物、タラの味噌汁が付いていました。
鯖寿司は、色が綺麗で生っぽい感じです。ここで思い出しました。俊は鯖で2度アニサキスにやられていたのです。この生っぽいのが危ないんです。 2度目のアニサキス事件が起きてから、我が家では鯖の刺身は御法度になっているので久しぶりでした。実際に食べてみました。めっちゃ美味しい! 絶品です。この生っぽさがたまらないんですよね(笑!)
ごまの豆腐、おからと野菜の和え物、ひじきと野菜と煮物、タラの味噌汁はとても美味しかったのですが、おからのハンバーグのソースが塩っぱくて全然ダメでした。う~ん残念。せっかく奮発したのに・・・・・ ショックが尾を引きました。ちょっと後悔しました。
ちなみに、飲み干してあったお茶は追加で入れていただきましたし、接客も申し分ありませんでした。落ち着ける雰囲気なので、仲の良い知人とゆっくりと会話を楽しみながら食事をするには良いお店だと思います。

hosokawa.jpg

魚や料理 ほそ川の場所はこちら  石川県かほく市白尾ネ11-1

カフェ&ランチ Nagomi

2017年10月11日

カフェ&ランチ Nagomiに再訪しました。
今日のランチはチキンソテーと書かれていました。駐車場に自動車がたくさん停まっていたのでお客がたくさん入っているのかなと思っていたのですが、1組しか入っていませんでした(笑!)。

今日もランチをお願いしました。
手際よく料理していて、それほど待たされませんでした。
ランチには、チキンソテー、野菜ランチ、ナスと揚げ団子の煮物、豆腐の味噌汁、御飯が付いていました。
どの料理も家庭の味でしたが美味しかったです。御飯はちょっと硬めでした。硬めの御飯が好きなのですが、それでも硬く感じたので相当な硬さでした。
食後にタイミングよくアイスコーヒーが出されました。
食事に行って自分から話しかける事はほとんど無いのですが、ちょっと話をしました。
それほど社交的ではないママですが、人の好さを感じさせる素朴なママです。くつろげます。
なんか前回とほとんど同じ内容のレポートになりました(笑!)。結構気に入っています。

nagomi4.jpg
nagomi5.jpg

2017年7月26日

カフェ&ランチ Nagomi にランチの旗が立てられているのを見つけて入ってみました。
店頭に今日のランチはチキン照り焼きって書かれていました。
店内に入ると、カウンター席とテーブル席がありましたが、カウンター席に座りました。12:00を過ぎていましたが、お客は誰もいませんでした。
中は小綺麗ですが、ママはオシャレっ気が全く無く、農家のおばさんって感じで、そのギャップが凄かったです。
カウンター席に座ると、冷たい水を出してくれました。
メニューを見ると、モーニングセットとしてトーストセット500円、バターロールセット500円、おにぎりセット500円があり、ランチとしては日替わり(10食限定)600円、オムライス500円、おまかせパスタ500円、半オムライスとパスタのセット500円、丼と小うどん500円などがありました。ランチには味噌汁と小鉢が付きます。
驚くことに、1日通じてコーヒー(セルフ)100円、オレンジジュース100円、リンゴジュース100円です。ランチを注文した時の価格では無く、単品で注文しても、その値段です。
ミニパフェが300円、アイスクリーム200円もありました。安い!
営業時間は8:00から16:00のようです。
今日は日替わりランチを頼みました。待っている時に気づいたのですがカウンターの上に小さい蟻がたくさん動いていました。暇なので1つ1つ潰して退治しました。それでも次から次へと出てきます(笑!)
13分ほど待って、日替わりランチが出されました。
日替わりランチには、チキン照り焼きと野菜サラダ、茄子の炒め物、玉子のスープ、豆腐の冷ややっこ野菜の昆布漬け、御飯が付いていました。
ドレッシングは3種類用意されていました。どの料理も家庭の味でしたが美味しかったです。御飯は少なめでした。
食後にホットコーヒーかアイスコーヒーが出ますと言われたのですが、冷房がかなり効いていたのでホットコーヒーにしました。
コーヒーはセルフですが、作ってあるコーヒーを自分で注ぐのではなくて、自動でコーヒーを挽いていれる機械が置いてありました。コンビニの機械の家庭用のものです。コーヒーカップを設置して、ボタンを押して、出来上がるのを待ちます。なかなか美味しかったです。

自分では、珍しい事ですが、いろいろと話を聞きました。聞いたこと以外は話さない、それほど社交的ではないママでしたが人の好さを感じさせる素朴なママです。こういうお店は嫌いではありません。

途中でお客が来て、10分後に取りに来るので日替わりランチをお願いしますと言って出て行きました。その料理が出来た時間と、そのお客が再び訪れた時間が同時だったのでびっくりしました。コーヒー無しなので500円で良いですとママが言っていました。

300円のミニパフェがどうしても気になって、注文しました。ママは驚いた顔をして、大丈夫ですかと言われました(笑!)

ミニパフェにはバニラアイスとチョコアイス、ホイップクリーム、サクランボ、キウイ、柑橘系果物、ブルーベリー、コーンフレーク、カラースプレーチョコが入っていました。家庭的なパフェでしたが美味しかったです。

カフェ&ランチ Nagomiは4月から営業を始めているそうです。

nagomi1.jpg
nagomi2.jpg
nagomi3.jpg

カフェ&ランチ Nagomiの場所はこちら  石川県七尾市藤橋町申53

ろくでなし

今日は伊藤正喜さんに教えていただいた「ろくでなし」に行きました。実は4回目でやっと食事ができたのです。
最初は町名だけでだいたいの場所しか調べていかなかったので、場所が判らなくてたどりつけませんでした。2回目はたどりつけたのですが水曜日定休で食事ができませんでした。3度目は火曜日に行ったのですがエアコンの修理工事で臨時休業だったのです。
今回4回目でしたがカーナビに助けられて「ろくでなし」にたどりつけました。
「ろくでなし」は普通の古民家に小さな看板があるだけのお店ですが、店頭にランチメニューが掲示されていたので、それを見て、やっと食事ができるかと安心しました。
店内には、大きなテーブルが1個あるだけでした。座敷にも卓があったので、そちらでも食事ができるのかもしれません。
お客が誰もいないので、大きな声で、「こんにちわ」と言って入って行きました。
テーブル席に座ると冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
本日のランチ880円は煮込みハンバーグでした。バターチキンカレーや豚肉のピカタの日もあるようです。プラス100円で手作りのプチチーズケーキをつける事もできます。他にはふわふわたまごサンド450円もありました。
今日は、ランチを注文しました。飲み物はホットコーヒーとアイスコーヒーと紅茶から選べるという事だったので、アイスコーヒーを頼みました。アイスコーヒーは食事と一緒に出してくれるようお願いしました。少し遅れて、プチチーズケーキも出していただくよう頼みました。

10分ほどして本日のランチが出されました。本日のランチには煮込みハンバーグとポテトサラダと野菜サラダ、御飯、だし巻き卵、御飯、アイスコーヒーが付いていました。
煮込みハンバーグは、ふわふわ柔らかいハンバーグでソースの味も良かったです。アイスコーヒーは甘味は黒蜜でとても美味しかったです。
いつまで待っても、プチチーズケーキが出てこないので、マスターに「チーズケーキ忘れてます?」と聞くと、「そやったそやったと」と言って申し訳なさそうに出してくれました。通常はプチチーズケーキは普通サイズの半分なのですが、お詫びにと普通サイズのチーズケーキを出してくれました。チーズケーキは濃厚な味のチーズケーキにブルーベリーソースがかけられていてレーズンも入っていました。とっても美味しかったです。

前回行った時に、ちょっとだけマスターと顔を合わせたのですが覚えていたようです。「以前1度来たことありますか?」と言われたので、「いつだか覚えてますか?」と聞くと「工事か何かでお断りしたような気がする」とのことだったので、「エアコンの故障で修理の工事をしてました」というと、「あああの時か」と笑っていました。
マスターとは、その他にいろいろ話をしました。
「ろくでなし」ではゲストハウスも併営しているのですが、楽天トラベルにも登録していて、自動車で能登旅行する人が時々泊まられるそうです。楽天トラベルの手数料は8%と高額だけど、じゃらんネットはもっと手数料が高いそうです。
マスターは元々大阪の人間だったのですが、定年後に日本海側に住みたいという事で古民家を見つけて移住されたそうです。
この付近には、そういう世帯が20軒ほどあるという事でした。

rokudenasi1.jpg
rokudenasi2.jpg

ろくでなしの場所はこちら  石川県七尾市温井町リ部10番地1