石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

和彩しもたに

今日は、「和彩しもたに」に入りました。
fecebookで予約メッセージを入れたら、ご丁寧な対応をしていただけました。
電話で予約するのが普通なのかもしれませんが、相手の都合お構いなく電話をかけるのは気が引けるので、できれば避けたいのです。
「和彩しもたに」の店頭にはランチメニューが掲示してあります。ランチの定食には肉料理の和彩御膳1080円と魚料理の和彩御膳1080円と魚料理と肉料理の両方が入ったよくばり御膳1620円などがありました。
肉料理は豚肉のうまみそ煮、魚料理はさごしのフライでした。さごしというのは、サワラの幼魚ということです。
「和彩しもたに」にはカウンター席と、奥に4人掛けのテーブル席が2台あって、JAZZがかかっていました。奥のテーブル席に案内されました。すぐに熱いお茶とタオルのお手拭きが出されました。
今日は、お肉の和彩御膳を頼みました。白御飯とタコ御飯を選べたので、タコ御飯を頼みました。
待っている間に、お茶を飲み干してあったのですが、追加でお茶を注いでいただけました。
10分ほどで、お肉の和彩御膳が出されました。御飯はお替りが出来ると言われました。
お肉の和彩御膳には、豚肉のうまみそ煮(なめらかな味の豚汁)、2種の刺身、ふきの煮物、茶碗蒸し、タケノコなどの薄味煮、味噌汁、漬物、タコ御飯、デザートのわらび餅が付いていました。
刺身は新鮮さを感じました。タコ御飯は釜で炊いたようでおこげが付いていて美味しかったです。
お客に1人連れの高齢者がいたんですけど、店主がきさくに話しかけていました。優しい人なんだろうなあと思いました。
3人で行ったのですが、3人ともタコ御飯をお替りしました。
お腹いっぱいになりました。

simotani1.jpg
simotani2.jpg

和彩しもたにの場所はこちら   石川県金沢市 安江町12−31

食事処 とよ島

ちゃとらーさんから情報提供いただいた「食事処 とよ島」に行きました。
国道に近いのですが、国道沿いにはなく、ついでに通るような道ではないので、そこにお店があると気づく人は少ないのではないかと思います。
店頭に、日替ランチの掲示がありました。
「食事処 とよ島」の店内はカウンター席と小上がりの席がありました。外から見た印象とは違い、綺麗な内装でした。
空いてたのですが、カウンター席に座りました。
タオルのお手拭きと、熱いお茶が出されました。
メニューを見るとランチとして、アジフライ、エビフライ、さより天婦羅、塩サバ焼、アジ塩焼き、ブリ刺身、豚カツ、豚角煮、生姜焼、鶏味噌炒めのランチが各800円、コーヒー100円でした。
豚角煮は大好物なので、迷わず豚角煮ランチを頼みました。
5分程度で豚角煮ランチが出されました。
豚角煮ランチには豚角煮、野菜、豆腐冷ややっこ、漬物、味噌汁、ご飯が付いていました。
豚角煮はお肉が柔らかくて、味付けも良かったのですが、何か口の中に残るのです。塊が残るのではなくて、薄い紙みたいな食感のものが残るのです。どの肉片も全部そうなんです。凄く違和感を感じましたし、不快な感覚でした。豚肉を食べてこういう食感を経験した事は初めてです。
完全な選択ミスでした。多分、他の料理は、美味しいんじゃないかと思われます。
ご飯の量は大丈夫でしたかと聞かれたので、ご飯のお替りはありなのかもしれません。

店主のマイブームのようで、「キユーピー あえるパスタソース たらこ」のCMソング「たらこ・たらこ・たらこ」を何度も何度も歌ってました(笑!)

toyosima.jpg

食事処 とよ島の場所はこちら  石川県羽咋郡志賀町三明リ67

日々魚数寄 東木

今日は、日々魚数寄 東木に行きました。

日々魚数寄 東木の存在を知り、ランチの予約ができるという事だったので、電話をしたのですが、何度電話しても電話に出ません。忙しそうな時間を避けて、いろんな時間に電話をするるのですが電話に出ません。
facebookにページがあるので、候補日を何日かあげて、予約できる日は無いかと質問すると、数日後に予約できる日の返事が来ました。でも予約はお店に電話して下さいということでした。営業中は電話に出られない事もありますということでした。営業時間外にも何度も電話したんだけどなあ・・・・
翌日、開店10分前(11:20)に電話したら、すんなりと予約できました。

開店時間の11:30過ぎにお店に入る事ができました。
店内はカウンター席4席、2人掛けのテーブル席3個の合計10人が食事できるこじんまりしたお店でした。JAZZがかかっていました。
3人で予約したのですが、2人掛けのテーブル席2つをくっつけて用意されていました。
日々魚数寄 東木は昼にはランチ1000円の1種類しかなく11:30から13:00、13:00から14:00の2部制になっています。
熱いお茶と紙のおしぼりが出されました。

入店後、すぐに1人のお客が入店しました。お店の人は予約がありますかと聞いて、予約が無いと言うと、カウンターの席に案内しました。それからしばらくして、また1人のお客が入店し、お店の人は予約がありますかと聞いて、予約が無いと言うと、カウンターの席を指定して案内しました。
その後、ぽつりぽつりと予約の無いお客が入ってきたのですが、その都度お断りしていました。
あるお客は、待っていても入店できませんかと聞いていたのですが、予約で満席だと答えていました。
後半の部も予約で満席のようでした。

25分後に、料理が出されました。
ランチには干し鰯、刺身、ハチメ頭部のアラ煮、小魚の薄味煮、魚の南蛮煮、くずし豆腐、麩と野菜の煮物、御飯、タケノコの皮とグリーンピースの味噌汁、漬物が付いていました。これだけでもてんこ盛りだと思っていたのですが、あと2品つくというのでびっくりしました。
御飯と味噌汁は、お替りができるそうです。

入店後、それだけたってない時間に、電話が2件ありましたが、すぐに電話に出ていましたが、その後の電話には出ませんでした。
開店11:30直前直後、14:00前後が電話予約に向いているのかもしれません。

しばらくして、お茶が飲みほされていたのに気づいて、お茶を追加で注いでくれました。
その時には、御飯を食べてしまっていて、残り2品の料理が来ると聞いていたので、御飯のお替りを頼みました。
お替りに出されたご飯はコゲ付きでした。御飯は釜で炊いているので美味しいんです。コゲ付きの御飯もなかなか美味しいです。

最初の料理が出されて15分たってから玉子焼きとエビ(複数種)の揚げ物が出されました。熱々な料理を出すために、2品を後にしたのかなと思いました。

後から来たお客のランチを、チェックしてみたのですが、ちゃんと全品一緒に出されていました。単に料理を作るのが遅れただけだったようです。一括して料理を作るには、開店前に作って全員に冷たい料理を出すより、なるべく熱々な料理を出すためには12:10頃に仕上げるというのも熟慮の判断だったのかもしれません。

ハチメ頭部のアラ煮なんて、1尾だされたら絶対に食べない部位です。でも頭部だけ出されたら、ちゃんと食べられる部分は綺麗に食べちゃいました。少量なので、却ってありがたくいただきました。一番美味しかったのは干し鰯だったのですが、それは決してイヤミでなく本当に美味しかったのです。
日々魚数寄 東木のランチは、原価は低額ですが、どの料理も味付けが良く美味しかったですし、いろんな味を楽しめて満足度は高かったです。

touboku1.jpg
touboku2.jpg

日々魚数寄 東木の場所はこちら  石川県金沢市此花町1−6

あじの沢 にしかね

今日は「あじの沢 にしかね」で昼食をとりました。
13:10を過ぎていましたが、駐車場にはたくさん自動車が駐車されていて、かろうじて駐車できました。
店頭の看板にお昼のメニューが掲示されていました。
にしかね日替り580円、お造り定食840円、天婦羅定食790円、焼魚定食790円、うな重定食900円です。

店内に入ると、カウンター席と小上がりの席があり、カンター席に座りました。
掲示には、日替わりは、いわし・キス・エビのフライと書かれていました。お造り定食にも興味がありましたが、にしかね日替り580円を注文しました。
すぐにお茶とタオルのおしぼりが出されました。
10分ほど待って、にしかね日替りが出されました。
にしかね日替りには、いわし・キス・エビのフライと野菜サラダ、アジの煮魚、3種の刺身、漬物、味噌汁、ご飯が付いていました。これで580円というのは凄いです。味も申し分ないです。
他のお客が、天婦羅定食を頼んでいましたが、天婦羅が激盛で山のようになっていました。
隣の客が刺身定食を頼んでいたのすが、刺身はイカ・サケ・クルマ鯛・ブリ・サヨリ・サワラの6種盛で量も凄かったです。それに加えて天婦羅や煮魚も付いていました。
どれもこれも凄いです。
途中でイワシのフライが無くなったようで、掲示を消していました。どうするのかなと見ていたら、キスが2匹になっていました。
これだけのコスパの良いランチは金沢じゅう探しても、そうは無いと思います。
感動しました。

nisikane.jpg

にしかねの場所はこちら   石川県金沢市西金沢4丁目202−3

おさむ

今日は激盛で有名な「おさむ」に行きました。
13:30を過ぎていたのに、自動車がいっぱい停まっていて、食事中にも、お客が何人も入ってきました。なかなかの人気店のようです。

店頭に、今日のおすすめは牛肉やきにく定食800円と掲示されていました。
店内に入ると、カウンター席とテーブル席と小上がりの席がありました。時間も遅いので、もうそれほど混まないかなと思いテーブル席に座りました。
近くのテーブル席の食事後のお客が3人してタバコ吸っていたのはイヤでしたが、食事前に帰ってくれて助かりました。テーブル席には灰皿置かれてないんですけど・・・・

メニューを見ると、エビフライ定食880円、アジフライ定食680円、鶏塩コショウ焼き定食880円、焼きそば定食850円、うどん定食850円、ラーメン定食850円、豚焼肉定食950円、とんかつ定食1200円、ハンバーグ定食950円、オムライス・メンチカツセット900円、焼き飯とんかつセット1000円、から揚げ定食800円、みぞ唐揚げ定食950円、おさむ定食1200円、カレーライスラーメンセット(唐揚げ付き)950円、焼き飯ラーメンセット(唐揚げ付き)950円、平日のみの日替わり定食800円などがありました。+250円で味噌汁をミニラーメンに変えることができます。

基本的にはセルフサービスで、注文は呼びブザーを押します。テーブルに水が入ったピッチャーとおコップが置かれています。

日替わり定食の牛肉やきにく定食も魅力的だったのですが、今日は人気No1のから揚げ定食800円を注文しました。

10分ほどで、から揚げ定食800円が出されました。
から揚げ定食には、げんこつくらいの大きさの唐揚げが6個、多めのご飯、漬物、冷ややっこ、味噌汁、お茶、刻みキャベツマヨネーズ付きが付いていました。
唐揚げの大きさに驚きました。さすが激盛で有名なお店です。
唐揚げは、衣がサクサクして美味しかったです。唐揚げ3個食べた時点でお腹一杯でしたが、なんとか頑張って完食しました。

お店には、食べきらない人用に、お持ち帰り用の容器が置かれていました。「お持ち帰りの容器について 無料ですがマナーを守ってください!輪ゴム、容器、たくさんもって帰る人が多々います。最低限でお願いします。割りばしはお持ち帰らないでください。」と掲示されていました。

osamu.jpg

おさむの場所はこちら  加賀市黒瀬町ホ−165−1

ベトナム屋台めし ムサク

今日は、ベトナム屋台めし ムサクに行きました。
ムサクは以前から気になっていたのですが、なかなか行く機会が無く、やっと行くことができました。
ムサクは夜は、いろんなベトナム料理を食べられますが、昼はフォー(ベトナムラーメン)のみになります。
お店に入ると、それなりにお客は入っていましたが、女性ばかりでした。1人なのでカウンター席を勧められました。
タオルのお手拭きと冷たいお水が出されました。
メニューを見ると、牛骨スープのフォーボ(単品810円、大盛930円、生野菜盛りセット930円)、鶏がらスープのフォーガ(単品750円、大盛870円、生野菜盛りセット870円)、ご飯セット(ジャスミンライスでベトナムのつけもの付 小120円、中180円、大300円)がありました。フォーはパクチー増し(+30円)、青ネギ増し(+60円)、肉増し(+120円)もできます。
今日は牛骨スープのフォーボの大盛930円とご飯セット小120円を注文しました。

5分程度で、牛骨スープのフォーボとご飯セット小が出されました。
牛骨スープのフォーボには辛子味噌とレモンと、パクチーが付いてきて好みによって付けるようになっていました。その他に調味料としてヌクマム(ベトナム風醤油)、酢、塩、胡椒、チリソースもあって、好みによって入れてくださいということでした。
最初、調味料なしで食べてみたのですが、すっきりした味で、これはこれでありかなと思いましたが、やっぱり味を加えたほうが好きかなと思い、パクチー、レモン、辛子味噌と順に加えて、いろんな味を試してみました。
それほど味に大きな変化はありませんでした。
その後、ヌクマム(ベトナム風醤油)を入れると、しっくりした味になったので多めに入れました。
塩、胡椒も順番に入れて楽しみ、最後少し残ったところで酢を入れてみました。基本的にラーメンに酢を入れるのは好きではないのです。でもそれほど違和感を感じませんでした。
ちなみに、フォーはスープを楽しむものなので全部飲んで下さいと掲示されていました。
個人的にはパクチー増しにしておけば良かったと後悔しました。

麺はお米の麺らしくって、コシが強くってコンニャクのような食感です。韓国料理の冷麺に似た感覚です。そういえば自分で味を調えるという意味でも共通点があります。
牛肉も入っていますが、これはあまり美味しくはありません。

牛骨スープのフォーボはとても美味しくて、また食べたいと思いましたが、

ご飯セットは、ジャスミンの香りがする小粒のタイ米でした。漬物も美味しかったです。

やっぱりエスニック料理は好きなんだなあと実感しました。満足しました。

musaku.jpg

ベトナム屋台めし ムサクの場所はこちら   石川県野々市市本町6丁目14−43

桜はなび

金沢駅近辺で1時間内に食事を済まさないといけなかったのですが、金沢駅近辺は新幹線バブルで値段が高くなっているし、土曜日にランチしているお店が少ないのでお店を探すのに苦労します。
今日は、桜はなびにホットペッパーで予約して行きました。

予約前に時間前にお店に入って、予約入れた事を伝えると、「お待ちしてました、こちらにどうぞ」と奥の席に案内されました。テーブル席には冷たい水のポットとコップが置かれていました。

ランチメニューを見ると、能登牛カルビ定食2500円、能登豚定食1200円、焼き肉プレート定食1000円、特選牛サイコロステーキ定食1100円、チキン南蛮定食900円、ヒレカツ定食900円、鶏の照り焼き定食900円、豚の生姜焼き定食900円、ヒレカツカレー1000円、ウインナーカレー900円などがありました。ごはん・味噌汁・漬物のお替りとコーヒー・紅茶・お茶はバイキング形式になっていて好きなだけいただけます。

今日は、特選牛サイコロステーキ定食1100円を注文しました。

お客は、早い時間にもかかわらず、それなりに入っていましたし、大型バスで乗り付けた団体客もあったりで混雑していました。12時前なのに2人連れのお客が満席で断られていました。

10分程度で、特選牛サイコロステーキ定食が出されました。
特選牛サイコロステーキ定食には、熱々のプレートに乗せられたサイコロステーキともやし、野菜サラダ、お肉と野菜の煮物、味噌汁、御飯が付いていました。
サイコロステーキは量も物足りなかったし、硬くて臭いもしました。硬いのは我慢できても、臭い肉はイヤだなあ。御飯は柔らかくて残念でした。
食後に、コーヒーをいただきました。
とっても感じの良いお店でしたが、料理は酷かったです。残念なランチになってしまいました。

sakurahanabi1.jpg
sakurahanabi2.jpg

桜はなびの場所はこちら   石川県金沢市本町1丁目3−32

金澤カリー まんてん屋

今日は内灘町の金澤カリーまんてん屋に行きました。
3軒が長屋のように並んでいるのですが、 金澤カリー まんてん屋の前には2台分とも駐車されていて、隣のテナントはお昼に営業していないようだったので、そちらに駐車して入りました。
店内に入るとお客はいなく、駐車してあったのは、お店の人2人の自動車のようでした。
店内はカウンター席だけのこじんまりしたお店でした。
メニューを見ると、カレー並盛520円、大盛620円、特盛720円で、トッピングでロースカツ250円、ハンバーグ220円、エビフライ200円、唐揚げ180円、赤ウインナー130円、納豆120円、チーズ130円などがありました。日替わりでスープがあって130円、ソフトドリンク類は150円、缶ビール270円と安く設定されていました。
メニューの裏側を見て気づいたのですが、大辛50円増し、激辛100円増しになっていました。
今日は、カレー特盛を注文しました。

それほど待つことなくカレー特盛が出されました。特盛ってどんだけ量が多いのだろうと思っていましたが、それほどの量ではなくちょうど良いくらいの量でした。
カレーのルーは3日間煮込まれているということで、滑らかな味で万人向きのカレーでした。ご飯もカレー向きのちょっと硬めでちょうど良かったです。
途中で、カレールー足りましかと聞かれました。俊はカレーを食べる時は、カレールーを簡便なくご飯にかけてから食べるのでご飯だけ残る事はないので大丈夫なんです。本当は通な食べ方では無いんでしょうね。

帰りに気付いたのですが、金澤カリーまんてん屋は移動販売、宅配、TAKEOUTもやっていて店内でも食べられますって書いてあったので、お客が駐車できなくてもそれほど困らないのかもしれません。

mantenya.jpg

金澤カリー まんてん屋 の場所はこちら  石川県河北郡内灘町鶴ケ丘3-157-15

Orange(オレンジ)

今日はOrange(オレンジ)で昼食をとりました。
金沢駅近辺で1時間内に食事を済まさないといけなかったのですが、お店を探すのに苦労しました。
金沢駅近辺は新幹線バブルで値段が高くなっているし、土曜日にランチしているお店が少ないんです。
ネットでなんとか候補のお店を探し出したのですが、その内の一軒が「Orange(オレンジ)」です。

ホットペッパーで予約できたので、3人で行く予定で、お昼休みが1時間しか無いのですが対応できますかと確認して予約を入れました。Orange(オレンジ)には日替わりランチがあるので注文も済ませておきました。
ホットペッパー経由でのメールでご丁寧な返事をいただいて、電話での確認もありました。

Orange(オレンジ)の店内はカウンター席と、4人掛けのテーブル席が2つと、2人掛けのテーブル席が2つあり、テーブル席に苗字入りの予約札が置いてありました。テラスにもテーブル席がありましたが、周りが壁になっていて景色を楽しむことができないのが惜しい感じです。テラスではバーベキューをしたりもするようです。
予約してありますと言ってテーブル席に座ると、すぐに冷たい水を出してくれました。
メニューを見ると日替わりランチが700円、+100円で飲み物(ホットコーヒー、アイスコーヒー、オレッジジュース、ホットミルクティから選べる)、キヌアトッピング、2層のオレンジデザートのいずれか1品追加できます。ちなみに全部で3品(3品の場合は+300円)まで追加可能です。

すでに、日替わりランチを注文していたのですが、御飯大盛出来ますかと聞くと大丈夫だと言うので2人分だけ大盛で頼みました。
6分程度で日替わりランチが出されました。御飯の大盛は通常の2倍程度の量がありました。
Orange(オレンジ)は、ナチュラルフードコーディネーターの資格を持つ店主が手作りする、野菜中心の料理というのがキャチフレーズなだけに、野菜料理のオンパレードです。
メイン料理は豆腐のハンバーグで、サツマイモ入りの野菜サラダ、菊芋のキンピラ、漬物、御飯、味噌汁がついていました。
どれも味付けが良かったのですが、菊芋のキンピラは初めての経験で楽しめましたし、漬物も少し甘めで美味しかったです。
途中、水が減っていたのに気づいて、何度も追加でお水を入れてくれました。
素敵な感じなママさんだったので、つい「ネットで予約する人って結構いますか?」と声をかけてしまいました。
そしたら、ホットペッパーでのネット予約は今月から始めたという事で、自分たちがネット予約の最初の客だったそうです(笑!)
Orange(オレンジ)は、もともとバーみたいな感じのお店なのですがドリンク(酒類)も手軽な価格設定で、夜に飲みに行くのも良いかなあと思いました。
御飯大盛で頼んだのに、会計は通常と同じ料金でした。
帰りの時に、お見送りしてくれました。

orange.jpg

Orange(オレンジ)の場所はこちら   石川県金沢市本町2-4-30 金沢ビルラン5F

自家製麺のぼる

今日は、自家製麺のぼるに行きました。
コープ玉鉾店の敷地の一角って感じに位置していて、コープ玉鉾店の駐車場も使えるという事です。
営業時間は11:00~15:00とお昼の営業しかありません。
ミシュランに登録されていたので、興味があったのですが、なかなか行けずやっと行けました。
13:30頃という事もあって、空いていました。店内はカウンター席と2つのテーブル席がありました。
1人だと言うとカウンター席に案内されました。シャモ&コーチンは売り切れだと説明がありました。
すぐに冷たい水が出されました。
メニューを見ると、京ラーメン(のぼるのスタンダード!醤油ラーメン、にんにく唐辛子味噌付き)650円、京しお(ゆず胡椒付き)700円、京にぼ700円、納豆ラーメン700円、京坦々750円、シャモ&コーチン(塩or醤油)800円、つけ麺750円(大800円、小700円)、納豆つけ麺850円などがありました。大盛は+200円で、トッピングは煮卵100円、チャーシュー3枚150円、ネギ別皿盛100円です。
人気店の割には良心的な値段です。

今日は、京ラーメン大盛を頼みました。
5分程度で京ラーメン大盛が出されました。
かなりのあっさり系だと予想していたのですが、スープは意外とドロっとしていました。麺は細くてコシがしっかりとしていて美味しいです。チャーシューは黒胡椒のにおいがほんのりとしていて上品な味です。
個人的にはリピートしたいと思わされるラーメンでは無かったのですが、心がこもったラーメンだということが感じられました。
店員は、ほのぼのとした感じのマスターと、女性3人で、接客がよく感じの良いお店でした。帰られるお客に、お気を付けてっと呼び掛けていたのが印象的でした。
誠実なお店だなあと感じました。こういうところがミシュランに評価された要因なのだと思います。

ちょっと残念な事がありました。後から来た客が、1つ空き席を置いて隣に座ったのです。そしたらいきなり大きな音で鼻をかみだしました。
良い気はしませんでしたが、食べてる最中じゃないので、まあしゃあないかと気を取り直しました。
その後、ラーメンが来て、食事中に、再び大きな音で鼻をかみだしました。
さすがにテンションが下がりました。食事って味覚、嗅覚、食感、聴覚、視覚など総合的に楽しむものだと思うんですよね。
食事の最中に鼻汁を想像させる音が聞こえたり、タバコの匂いがしたりするのって最悪ですよね。

noboru.jpg

自家製麺のぼるの場所はこちら  石川県金沢市玉鉾1丁目177