JRの高速バス 大阪~金沢

今回,講習会が9:00から始まって翌日の講習会が18:30まで行われるというの事で講習会の前日が祝日だったこともあり,行きはJR高速バス日中便で帰りはJR高速バス夜行便で行くことにしました。
以前は日中便と夜行便を混ぜて利用する場合は往復割引を適用されなかったのですが,今は往復割引が適用されるようです。そういう訳で金沢~大阪が片道4300円が往復で7000円になり,かなり経済的です。
金沢を9:40で大阪には14:28に着くので,昼食を考えておかなくてはいけません。パーキングでの休憩は15分程度なので,どちらにせよ何かを購入して食べないといけないので金沢駅のドンクでパンを買っていくことにしました。高速バスは長時間密閉された空間で過ごさないといけないので,新型インフルエンザに感染しないように,マスクを着用しました。
高速バスが走行中に出火するという事故が続いてますのでバスの製造会社を確認したのですが,三菱自動車ということで少し安心しました。
JRの高速バスのチケットはインターネットでクレジット決済を利用したので紙に印刷したものがチケット替りになりますが,以前は「決済に使ったクレジットカードも提示しなければいけませんでしたが今回はクレジットカードの掲示は求められませんでした。
JRの高速バスにはトイレはついていますが,給湯器はありません。以前はシートの使い方とかの説明書が席に置かれていたように記憶してるのですが今回は無かったです。途中休憩は南条パーキングに11:30から15分,多賀パーキングに12:30から15分ありました。
新型インフルエンザが流行している時にバス内で食事する気になれなかったので,南条パーキングでドンクのパンを食べました。チーズたっぷりのパンとカレーの揚げパンを購入してあったのですが,凄く美味しかったです。気に入りました。
連休中で高速道路1000円乗り放題期間にかかわらず,それほどの渋滞も無く5分程度の遅れで大阪に着きました。日中の便は京都には停車しません。
大阪でのバス発着場は以前と変わっていて,アクティ大阪に隣接した場所で判りやすくなりました。以前の三番街の発着場は場所が判り難く探すのに,いつも苦労するんです。

帰りは夜行の高速バスで大阪22:10発ですが,これくらいの時間だと,それほど時間つぶしに苦労しませんし起きているのにも苦労しません。またバス発着場近くにはキオスクもありますしトイレもあるので便利です。ただトイレは清掃が行き届いていなくて汚かったです。
22:00にバスが到着しさっそく乗り込みました。JR高速バスはシートがかなり傾き,前のシートに足台がついています。シートのふくらはぎの所も起こすことができるので,ほぼ足を真っ直ぐ伸ばせて眠れますので快適です。
新型インフルエンザ対策でマスクをして,アイマスクをして携帯電話の音楽を聴きながら眠りを試みました。
夜行便は2台運行してました。夜行便は京都に停車しますが,気がつきませんでした。
携帯電話の電池切れで音楽を聴けなくなりました。それで気づいたのですが後ろのカップルがずっと話しをしていて,気になってなお眠れなくなりました。それが1時過ぎまで続いて信じられません。耳栓を用意してあったのですがケースから片方分しか取り出せなくて使い物にならなくて・・・・・。
そうこうしながらも何とか話するのをやめたみたいで,なんとか寝ることができました。
5:15に金沢に着きました。前日2日間も熟睡できなかったので少し疲れました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。