夜景の話」カテゴリーアーカイブ

ひまわり村のライトアップを見てきました。

津幡町湖東の「ひまわり村」で行われているライトアップを見に行きました。約35万本のひまわり畑に展望台を設けてライトアップされたひまわりが見られるというものです。
19:30から21:00にライトアップされているのですが、20:00頃にひまわり村に着きました。駐車場にはたくさんの自動車が駐車していて、人もいっぱいいました。なんとか駐車場に自動車を駐車して、ひまわり畑に向かいました。ひまわり畑は、それほど明るくなくてがっかりしました。
なにか、ひまわり畑の通路がLEDで照らされていたので、中に入っていくと、すぐに行列が詰まっていました。

himawari1

20分ほどして展望台にたどり着きました。展望台は、2mくらいの高さのステージみたいなもので15人程度が見学できるような大きさで、特に時間制限がないので、見飽きた人がいれば次の人が登れるという感じです。

himawari3
himawari2

展望台から見晴らすライトアップされたひまわり畑は、とても美しかったです。
ひまわり村のライトアップを見に行く人は早めに出かけた方が良いです。
3脚を立てて撮影したのですが、展望台の床は安定性がないので揺れます。それで、シャッタースピードを長く設定するとブレます。絞りをオープンにするとくっきりと写る範囲は狭くなります。そういう訳で感度を上げて、シャッタースピードを短くする必要があります。

himawari640A
himawari640B
himawari640C

お礼の気持ちということもあって、帰りにソフトクリーム330円を買って食べました。、「ブラウンスイス」のソフトクリームは、美味しいのですが、すぐに溶けてしまうのは昔から変わりません。

ひまわり村の場所はこちら    石川県河北郡 津幡町湖東245

花火を撮影してきました

今日は、北國花火金沢大会の撮影に行ってきました。今まで、花火の撮影は鬼門で、まともに満足できた撮影をすることができなかったのです。
あまり近いと撮影しづらいし、建物などが写り込むと出来る事が限定されるので、犀川の上流から撮影する事にしました。以前、花火を背景にした新幹線を撮りに行った時に、犀川の上流は撮影に向いていると気づいたのです。
市民芸術村まで自転車で行って、そこから歩いて行ったのですが、市民芸術村にも大勢の人が花火見物に集まっていました。
市民芸術村から河原に降りていくと、それなりに大勢の人が花火を見るために来ていましたが、撮影の場所を確保するのに苦労するほどではなく撮影に適した場所を確保できました。予定通り19:45に花火の打ち上げが始まりました。
家を出る時には、多重露光をするための遮蔽板を持ってきた来たつもりだったのですが途中で落としたのか無くなっていました。替りにカメラバックを使って試してみる事にしました。撮影条件はシャッタースピードはバルブ、感度はISO100、絞りF10、ホワイトバランスは太陽光、ピントはマニュアルです。三脚でデジカメを固定して、リモコンを使用しました。
今回、始めて多重露光なるものを試してみたのですが、だいたい同じところに花火があがるので、あまり面白い画像を撮れません。もっとズームにすれば良いのかもしれませんが、位置決めが難しくなります。
それで、背景が写り込まないようにデジカメを位置づけして、バルブでシャッターを開けっぱなしにして、2から3秒ごとに、レンズを手で塞ぎながら少しずつ左右に回転して、画面いっぱいに花火が写り込むように撮影しました。レンズを手で塞がないでレンズを回転すると花火の光の移動の軌跡が残るのでダメです。
なんとなく自分好みの撮影ができるようになりました。
花火によって明るさが違うので、花火の種類ごとに絞りを変えるのが良いのかもしれませんが、そこまでは技術がともないません。
風は南西に向かって吹いていたので、犀川の上流から見てると、煙がちょうど良い具合に移動して良い感じでした。
花火は21:00過ぎまで打ち上げられました。

hanabisai1
hanabisai2
hanabisai3
hanabisai4
hanabisai5
hanabisai6
hanabisai7

護国神社の万灯みたままつりのあんどんの灯りを見てきました。

今日は護国神社の万灯みたままつりのあんどんの灯りを見てきました。
7月14日から16日まで20:00から灯されているようです。21:00近くになると催しも終わって、落ち着いた雰囲気であんどんの灯りが見られました。あんどんは、雨に濡れないようにビニールに包んでありました。

gokoku1
gokoku2
gokoku3

蓮覚寺で蝋燭で灯したキリコを見てきました

2016年7月16日

今日は、新盆の最終日という事で蝋燭で灯したキリコを見てきました。
ちょっと早めに着いたので、卯辰山山麓寺院群を散策しました。あちこちで、いろんな調子のお経が聞こえました。
ほとんどの墓地では、キリコは板状のものがほとんどでした。
蓮覚寺、妙応寺、長久寺は、箱状の昔ながらのキリコがほとんどでした。キリコに蝋燭を灯す習慣が残っているという影響が大きいのだと思われます。このあたり一帯のお寺は、毎年7月16日の夜に、キリコに蝋燭を入れて灯しているのです。蓮覚寺では、事前にロウソクが入れられたキリコを、19:00から、住職が1つ1つ灯し始めます。19:30には、また1つ1つ消していました。19:00だとこの時期はまだ明るいので、19:30ぎりぎりの時間が最も美しかったです。

renkakuji1
renkakuji2
renkakuji3
renkakuji4

妙応寺では19:20からキリコを灯し始めました。

myououji

キリコに灯された墓地をお経を唱えながら周っていました。規模は蓮覚寺が一番規模が大きかったですし、蓮覚寺の墓地は道路からでも見られます。

2016年7月19日

妙応寺には前もって撮影の許可をとって行ったのですが、報告の連絡したら、妙応寺の墓地だと思って撮影していたのが円光寺の墓地だったようです。
最初に蓮覚寺に行って、その後に妙応寺に行って、蓮覚寺に戻って、最後に妙応寺に再び行こうと思っていたところで小雨が降りだしたのです。駐車してある橋場町まで離れていたこともあり、カメラとかが濡れる心配があって、そのまま帰って、お礼を言えなかったのです。お礼を言いに行けば気づいたのかもしれません。
その後、雨がやんで、石川護国神社の万灯みたままつりに行きました。

百万人のキャンドルナイト2016に行ってきました。

今日は昨年に続いて百万人のキャンドルナイト2016に行ってきました。今日のお目当ても月讀のステージです。
月讀のステージは20:00からですが、早めに行って、オープンスペースの特等席を確保して待機してました。去年もオープンスペース側がフロントだったし、観客も大勢いたので、そう信じ込んでいたのですが、オープニングコメントで芝生側がフロントだと説明があって慌てて芝生側に移動したのですが、もう良い場所が残っている訳もなく泣きました・・・・ 確かにオープンスペースとステージの間に、網状のスクリーンがあって、見にくいなあと思っていたのです。修行が足りません。
それでも、まあ撮影できる場所を確保して見学しました。
月讀のステージは30分ほどでした。

candle1
candle2
candle3
candle4
candle5
candle6

ステージが終わって、金沢市民芸術村のキャンドルナイトの撮影をしてきました。

candle7
candle8
candle9
candle10