Home > 東京旅行の話

2015.05.21

東京に行ってきました

東京に行ってきました。北陸新幹線の初体験です。
どこか出かける時は、つい早起きになるのですが、今日も4:00に目が覚めました。仕方がないので、ホームページの更新作業をしました。
7:00出発の便なので、6:30開店の吉野屋で朝食をとりました。並盛なのに、いつもよりお腹一杯になりました。早朝に吉野屋の牛丼というのは慣れているのですが今日は、体調がよくないのかも・・・やっぱり早起きの影響が出ているのかも。吉野屋は10分程度で食事ができるので時間の余裕が無い時には重宝します。
北陸新幹線のゲートにも初めて入ったのですが、伝統工芸を取り入れた内装って新幹線に乗車する人しか見ることができないって事を知りました。
北陸新幹線の座席の頭が当たる部分が上下することを知らず、随分乗り心地が悪いなあと思ったのですが、他の人が枕の位置を変えるのを見て、気づきました。
乗車券を予約する時に、窓側という条件だけで申し込みしたので、席は行きも帰りもE列でした。E列は、山側なので景色は良くないです。車掌さんが巡回した時に、A席で座れる場所はありますかと聞きました。そしたら端末で調べてくれて、同じ行のA席は富山までは空いていますので、それまでは座れますということです。次の駅は富山で、富山駅まで誰も乗車できないので空いているのは当然ですよね。詳しく聞くと、今のところは東京駅まで予約が入っていないのですが、今後、この席が当日購入されるかどうかは予想ができないということなんです。当日購入のお客が来たら、本来の席に戻らないといけないということでした。
富山駅到着直前までA席に座り窓からの景色を楽しみました。富山駅でも、その席を購入したお客が来なかったので、再び長野駅直前までA席に座りました。長野駅でその席にお客が座ったので、以降はE席に座っていました。北陸新幹線の車両の枕には布カバーがつけられているのですが、布カバーは座席シートを保護するためのもので1日に1回だけ交換しているそうです。
新幹線は、トンネルや防音壁で景色を遮られているところが多く、景色は期待できません。それでも上越までは、海が見えるA席のほうが景色は良いです。上越以降は日本アルプスが見えるE席のほういが景色は美しいです。今日は晴天で、大宮駅の手前にはE席から富士山も見えました。
東京駅には定刻の9:32に着きました。さっそく地下鉄東京メトロ1日乗車券600円を購入しました。今回は東京での移動は全て地下鉄を利用する作戦です。1日乗車券を購入するのに、発券機の操作にちょっと戸惑いました。1日乗車券が定期、回数券、乗車券のどれに該当するか判断ができなかったのです。
今回、初めて築地に寄りました。地下鉄丸の内線から日比谷線に乗り換えです。東京暮らしをしていたのは随分昔なので忘れていたのですが、地下鉄駅の移動は距離が長いです。
築地の駅から出ると築地本願寺が見えました。インドの雰囲気がある素敵な建物です。時間があれば見学したいところですが今回は外から見るだけにしました。

tukijihongan

築地場外市場は10:00ですが大勢のお客が来ていました。しかも外人の比率が多いような感じです。雰囲気的には飲食店が多いアメ横という感じで気に入りました。場内市場が豊洲に移転しても築地場外市場の雰囲気は残るということなので安心です。
さっそく、お目当ての「きつねや」でホルモン丼850円を食べました。朝食から3時間たっていたのですがお腹は空いていなくて、やっと完食しました。

kituneya

地下鉄で仕事に出かけ13:30に用事が終わりました。
昼食は丸の内のトルコ料理トプカプでとりました。築地で食事をしてから4時間立っていたのですが、それほど空腹感がなく、やっと完食しました。

topukap

トルコ料理トプカプでの食事を終えて地下鉄で浅草に行きました。浅草は好きな町なんです。浅草でしばらく時間を費やして、浅草ホッピー横丁の「もつくし」に行きました。煮込み(もつやスジ肉)が大好きなので、東京に行くと必ず食べるのです。浅草ホッピー横丁も「もつくし」が3軒目です。
平日の16:30でしたがお客がかなり入っていました。昼食から2時間しかたっていなかったのでお腹が空いているはずもなく、やっと完食できました。

motukusi

浅草駅から地下鉄で秋葉原に行きました。
今回は、築地・東京・浅草・秋葉原を含む部分の地図をPCタブレットにダウンロードしておいたので、RMapsを使ってオフラインでGoogleMapを利用でき重宝しました。
久しぶりに秋葉原に行ったのですが、昔の面影はほとんど無くなっていて、浦島太郎状態でした。昔ながらの秋葉原のお店を探し回って、電気街口近くで、昔ながらの秋葉原の雰囲気を残しているラジオセンターを見つけたので、隅々まで見て周りました。後で調べるとラジオセンターから中央通りを渡ったところにある東京ラジオデパートも、昔ながらの秋葉原の雰囲気を残しているようです。今度秋葉原に行った時には東京ラジオデパートも寄ってみようと思います。秋葉原の駅のすぐそばには、大人のデパートという好奇心をくすぐるビルがあり入ってみました。店内は明るかったのですが、商品が山積みになって通路は狭かったです。あまりにも種類が多くマニアックで訳がわかりませんでした。店内は若いお客がほとんどでカップルも何組かいました。それなりに楽しめました。
食欲が無く夕食はしなくて良いので(と言ってももう朝から4食食べている)、東京駅を見て、東京駅改札内地下一階のグランスタでお土産を買って19:56のかがやき539号に乗って帰るだけです。
本来なら、秋葉原からJRに乗って、そのままグランスタに行くのが楽で便利なのですが、東京駅の構内を見たかったので、地下鉄で東京駅に行くことにしました。
結局、地下鉄東京メトロ1日乗車券600円で全ての用事を済ませることができました。
地下鉄丸の内の東京駅から、東京駅の構内に出ようとしたのですが、出口がわかりません。やっと地上に出る通路を見つけたのですが、かなり皇居寄りの地点でした。まあ東京駅の外観を撮るには良かったのかもしれません。そういう訳で、地上から東京駅丸の内中央口に入りました。

toukyoueki2
toukyoueki1

でも東京駅丸の内中央口には構内はなくて、すぐに改札になっていました。そういえば、東京駅の建設中に、深夜バスに乗る時に東京駅に入ったら、何も無くて、工事中なので仕方ないと思っていたのですが、東京駅が完成しても、丸の内中央口には構内がないのですね。びっくりしました。
改札して構内に入り、地下に行きグランスタを探しました。グランスタの看板があって入ってみるとお店が少なくてびっくりしました。判りやすい地図もないので当惑しました。ふらふら歩き回ってグランスタって一部の部分ではなくて、東京駅の地下改札内全体がグランスタであると気づきました。
お目当てのマシュマロ専門店「マシュマロエレガンス」のマシュマロ-ズとグミマロ、「フォルマ」のチーズケーキを購入しました。

forma
masyumaro1
masyumaro2

出発まで30分ほど時間があったのですが、慣れていないので早めに新幹線の改札をすることにしました。
時間的に、19:24東京発のかがやき517号に乗ることができたので、駅員さんに聞くと、便の変更は出来ないと言われました。後でWEB早割1について調べましたが、WEB早割1は出発後の変更は一切出来ないようです。東京の新幹線乗り場のホームには待つためのベンチはありませんでした。待つためには階下の待合室で待たないといけません。これって不安ですよねえ。しばらく待合室で、フリーの公衆無線LANでインターネットして過ごし、15分前にホームに戻りました。ホームにある売店で、缶ビール500mlを購入しました。
10分前には乗る車両がホームに入って来たのですが、東京駅が終点・始点なので金沢発東京行きの乗客が乗っていました。駅員が降りたお客からゴミを回収していました。乗客が全員降りてから、一旦ドアを閉めて、椅子の方向を逆にして、枕の高さを標準に戻したり、残ったゴミを回収したりして、実際に乗車できたのは3分前でした。早めにホームに行って車内で待とうと思っていたのですが、全くの無駄でした。
そうこうして、やっと乗車できました。行きも帰りも空いていたので、隣の席に荷物を置いてくつろげました。途中、乗車券を確認されることはありませんでした。朝は、初めての新幹線で、景色を見たりして新幹線の旅を楽しんだのですが、帰りは暗くて景色を見ても仕方ないので、音楽を聴きながら本を読んで過ごしました。途中で居眠りもしました。
金沢には、22:31に到着しました。疲れました。

「フォルマ(FORMA)」のチーズケーキ

東京に行ったお土産に東京駅グランスタにある「フォルマ(FORMA)」に行きました。
「フォルマ(FORMA)」は大阪が本店なのですが、東京駅エキナカ GRANSTA店には東京駅限定のチーズケーキ6種類セット(カールスルーエ、クリームチーズノーランド、カマンベールロワイヤル、完熟チーズケーキ、エメンタール、帝塚山フロマージュ)1944円があるので購入しました。
翌日、家族で6種類のチーズケーキを少しずつ食べました。どのチーズケーキも美味しくて、いろんな味のチ-ズケーキを楽しめて幸せでした。東京に行ったら、また購入してきたいと思います。3時間分の保冷剤は無料でつけてくれました。それ以上の時間の保冷剤は有料だったのですが、3時間分だけ付けてもらいました。
フォルマ(FORMA)東京駅エキナカ GRANSTA店は22:00まで営業しています。

forma

フォルマ(FORMA)東京駅エキナカ GRANSTA店の場所はこちら   東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F 

マシュマロエレガンス

東京に行ったお土産に東京駅グランスタにあるマシュマロ専門店「マシュマロエレガンス」に行きました。マシュマロ専門店「マシュマロエレガンス」のマシュマロ-ズ1080円とグミマロ1080円を購入しました

マシュマロ-ズはラズベリー&ヨーグルトとオレンジ&マンゴーの2種類あります。マシュマロ独特な食感とほのかな甘さが特徴です。賞味期限は1ヶ月ほどありました。

masyumaro1
masyumaro3

グミマロはラズベリー味、マスカットソーダ味、ラムネ味、ピーチレモネード味、グミマロ マンゴーの5種類が入っていました。マシュマロをグミでコーティングしてあり、2種類の違った食感を楽しめます。賞味期限は1ヶ月ほどありました。

masyumaro2
masyumaro4

両方ともオシャレなパッケージで珍しい食感のお菓子なのでお土産には受けると思います。個人的にはマシュマロ-ズのほうが気に入りました。
「マシュマロエレガンス」東京駅グランスタ店は22:00まで営業しています。

「マシュマロエレガンス」東京駅グランスタ店の場所はこちら  東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内B1 グランスタ内

もつくし 浅草ホッピー横丁

浅草ホッピー横丁の「もつくし」に行きました。煮込み(もつやスジ肉)が大好きなので、東京に行くと必ず食べるのです。浅草ホッピー横丁も「もつくし」が3軒目です。
平日の16:30でしたがお客がかなり入っていました。浅草ホッピー横丁は、空いているお店と混んでいるお店の差が大きいです。1人なのでカウンター席に案内されました。煮込み3品盛り(牛すじ・牛もつ・豚もつ)950円と生ビール中650円を注文しました。「もつくし」も煮込みだけの注文はできません。最初にたまねぎと海草のおひたしが付け出しとして出されました。付け出しは200円だったようです。付け出しは必要ないと思いますが、200円は良心的なほうだと思います。
煮込み3品盛りは、それぞれ違った味なのですが、牛すじの煮込みはラー油が入ったピリ辛の味で、牛もつ・豚もつの煮込みは薄めの味でした。期待したほどの美味しさではなくがっかりしました。
ちなみに牛スジ煮込(醤油味)500円、牛もつ煮込(塩味)500円、豚もつ煮込(味噌味)500円、鳥もつ煮込650円、刺身盛合わせ950円、くじらコロッケ650円、串焼きおまかせ5品盛り750円、お好み焼き1000円。おでん750円などがありました。

motukusi

もつくし浅草の場所はこちら   東京都台東区浅草2丁目3−16

トルコ料理トプカプ 丸の内店

昼食は丸の内のトルコ料理トプカプ 丸の内店でとりました。国際ビルにあるというのは知っていたのですが、国際ビルの中でなかなか見つからなくて苦労しましたが、なんとか見つけることができました。トルコ料理って意識して食べたことが無いので楽しみにしていたのです。
ランチのメニューはA,B,C,Dがあり、店外に見本が出ていました。Cランチは一番人気でAランチとBランチのミックスだというので、見本をよく見なくて、お店に入り、Cランチ950円を注文しました。最初にスープが出されて、時間をおいてランチのプレートが出されました。
ランチのプレートにはバターライスと自家製パンと2種類の料理と、珍味っぽいものがのっていました。2種類の料理の1つはグリーンカレーっぽい肉団子で、もう一品は野菜のカレー煮のようなものでした。両方とも似たような雰囲気の料理で怪訝に思ったし、どこがトルコ料理なのかなと思いました。食後に紅茶が出されました。後から撮った店頭の見本を見るとBランチが売り切れだったのでCランチの内容も変更になったようです。ちなみに売り切れで食べられなかった料理は牛ドネルケバブでした。牛ドネルケバブは大きな塊の肉を丸ごと焼いて、スライスして切り落とした料理です。そちらのほうを食べたかったです。残念です。トルコ料理トプカプのランチは14:30までですが、14:15には準備中の掲示がされていました。

topukap2
topukap
topukap3

トルコ料理トプカプ 丸の内店の場所はこちら   東京都千代田区丸の内3丁目1−1 国際ビル

きつねや 東京築地場外市場

今日は東京築地場外市場にある「きつねや」に行きました。
10:00ですが築地場外市場には大勢のお客が来ていました。しかも外人の比率が多いような感じです。雰囲気的には飲食店が多いアメ横という感じです。
さっそく、お目当ての「きつねや」でホルモン丼850円を食べました。ホルモン丼のみの注文は良いのですが、ホルモン煮と肉豆腐は単品での注文はできなくて、お酒やご飯と合わせて注文しないといけないと掲示されていました。それから1人前をシェアしないで下さいとの掲示もありました。
東京風の味付けで味が濃いめでした。これで850円は高いと思いました。ホルモン煮とご飯を注文したほうが良かったと思いました。ホルモン丼が出されて、すぐに20分間位準備中の掲示が出されました。もうちょっと遅ければ食べ損なうところでした。
ちなみにホルモン煮650円、肉豆腐650円、ごはん並220円、ごはん大320円、ビール中580円、牛丼680円でした。

kituneya
kituneya2

きつねやの場所はこちら  東京都中央区築地4丁目9−12

2014.03.07

ローリングストーンズ 東京ドームツアーに行って来ました

2014年3月6日

ローリングストーンズ 東京ドームツアー最終日に連れて行ってもらえることになり、行ってきました。
小松空港に着くと、もう搭乗手続が始まっていました。搭乗予定のJAL便は席の数より予約の数のほうが多いということで、3時間後の便に変更していただければ1万円お支払いしますというアナウンスありました。こんなことって現実にもあるんですね。びっくりしました。30分くらいの遅れなら考える人がいるかもしれませんが3時間はありえないですよね。結局どうなったのかは分かりませんが、興味があります。

10年以上、飛行機に乗ってなかったのですが、乗った飛行機は新しい機種だったようで、座席の上にモニターがついていて地図上のどこを飛んでいるかわかるようになっていました。これは便利です。ただ、画面に日本全体の地図がでているので、かなり大まかな位置しかわかりません。これがGoogleMapのように拡大できて、詳しい位置情報がわかれば、もっとすばらしいです。
さすがに1時間というのは早いです。この原稿を書いている途中で着いちゃいました。

東京ドームでは手荷物検査が厳しいというので、タプレットを、帰るまで強制預かりなんてことになるとまずいので、先にホテルに寄って荷物を置いていくことにしました。宿泊するホテルは羽田エクセルホテル東急です。羽田空港につながっている唯一のホテルです。めちゃくちゃ便利です。こんな高級ホテル、自分ではとても泊まれないのですが、連れて行ってもらったから泊まれるホテルです。飛行機はJAL便だったので、羽田エクセルホテル東急は搭乗口から、少し離れているのですが、ANA便だと搭乗口から羽田エクセルホテル東急は、すぐそこです。フロントからWifiのパスワードの紙を受け取りました。

モノレールから山手線から総武線と乗り継いで水道橋で東京ドームに着きました。山手線も車内の表示モニターが随分進化していて、乗り換えの路線の表示や、乗っている車両が駅のどの位置に停車し、降りてから、どちらに行けば良いのかの表示もありました。便利になっています。ちなみに、Suicaも渡されていたので切符の購入もしないで良かったです。Suicaを使ったのは初めてだったのですが、この時代、切符を買って乗車している人は、ほとんどいなくて、みんなSuicaを使っていました。自分は時代から取り残されているって実感しました。モノレールや地下鉄もSuicaでOKなんですね。

水道橋には、人がいっぱいで、みんな東京ドームを目指していました。途中で、チケット譲ってくださいのプラカードを持った人が、あちこちにいました。ヤフーオークションで定価以下でいくらでも入手できていたのに、なにやってるんだろうと思ったりして。

チケットで指定されていたエリアは水道橋から一番遠いエリアで、ちょっと歩く時間が長かったので、どんな場所なのか不安だったのですが、座席はアリーナ席でした。前から16列目です。ちょっと方向が斜めだったのですが良席です。東京ドームの手荷物検査は鞄の中身はチェックされましたが、ポケットなどはノーチェックでした。携帯電話やスマートフォンも大丈夫でした。会場内でもアリーナ席に入るゲートはチケットを確認するなど厳重なチェックがありました。アリーナ席を出るときはチケットを持ってでないとアリーナ席に戻れなくなります。

ローリングストーンズ東京ドームツアー初日は開演が30分遅れで2時間のコンサートだということでしたが、3月6日最終日も30分遅れのスタートでした。演奏が始まると同時に全員が総立ちで、結局コンサートが終わるまで立ちっぱなしでした。
座っている時にはステージがはっきり見えてたのですが、総立ちになっちゃうとステージの後方しか見えません。巨大モニターがあるので、様子はわかるのですが、やっぱり直接見たいものです。ミックジャガー以外は十分見えましたが、ミックジャガーは他のメンバーより、かなり前方なので、視野が遮られ、たまーに見えるという感覚です。
最初は、Jumpin’ Jack Flashでした。一番好きな曲からスタートだなんてぶっとびました。その後もMiss You、Gimme Shelter、Sympathy for the Devil、Brown Sugarなど好きな曲が次から次へと演奏されて、アンコールの最後にSatisfactionという凄い内容でした。途中、スペシャルゲストとして布袋寅泰が演奏に加わりました。布袋寅泰が競演したのはローリングストーンズからの依頼だったようですが、布袋寅泰が一番楽しかったのだと思います。
Gimme Shelterでのリサ・フィッシャーのボーカルも凄かったし、ボビー・キーズのサックスも素晴らしかったです。
巨大モニターでメンバーの表情もはっきりと見えたのですが、本当に楽しそうに演奏していました。キース・リチャーズは老けたなあって感じで・・・・・ 顔もですが、手元もなんか切れが無いというか・・・・キース・リチャーズの至福の表情にも、これで最後って雰囲気を感じたのは考えすぎかな?  キース・リチャーズだけ引退って事もあるのかもしれない。
それにしてもミック・ジャガーの動きの軽やかさに驚きました。2曲ほどキース・リチャーズのボーカルの時があって、その時は休憩してたようですが、それ以外は2時間、縦横無尽に動きまわっていました。恐るべき70歳です。
ローリングストーンズより好きなミュージシャンはいくらでもいますが、自分にとって最も見る価値があるコンサートはローリングストーンズだと思っていたし、期待に違わぬ内容で最高でした。幸福を感じました。後日見た新聞によると安倍総理も貴賓席で見ていたようです。

1.Jumpin’ Jack Flash
2.You Got Me Rocking
3.It’s Only Rock ‘n’ Roll
4.Tumbling Dice
5.Ruby Tuesday
6.Doom and Gloom
7.Respectable (with Tomoyasu Hotei)
8.Honky Tonk Women
9.Slipping Away
10.Before They Make Me Run
11.Midnight Rambler
12.Miss You
13.Paint It Black
14.Gimme Shelter
15.Start Me Up
16.Sympathy for the Devil
17.Brown Sugar
Encore:
1.You Can’t Always Get What You Want
2.Satisfaction

コンサートが終わって、退場規制がありました。エリアごとに順番に退場でした。結局自分たちがいたエリアが一番最後の退場になってしまいました。退場規制をしていたので、総武線には、超満員ではあったけど次の列車を待つことなく乗り込むことができました。山手線に乗り換えて新橋で下車しました。新橋駅で下車したのは初めてなんですが、東京の駅前ってどこも片町って感じです(笑!)。

夕食は「すしざんまい」に入りました。「すしざんまい」は初市のマグロの競りで一番良いのを毎年落札していることで有名なすし店で、金沢にも出店したお店です。24時間営業で回るすしではなくて、お好みで注文するタイプのすし店です。メニューを見ると手頃な値段だなと思ったのですが、注文すると1個ずつ握られて出されました。金沢だとお好みで注文しても2個出されるので、それが普通だと思っていたので、ちょっと予想外でした。回転寿しだと2個の値段が、「すしざんまい」では1個の値段ということです。でも明朗会計なのは普通のすし店とは違います。炙り3種を初めて食べたのですが、最初から味がついていて美味しかったです。すしざんまいお奨め3種盛も美味しかったです。サバもしめ具合がちょうど良かったし、イカも柔らかくて美味しかったです。金沢では東京とは比べ物にならないくらい手軽に美味しいお寿司を食べられると思って、旅行者に金沢の回転寿司を奨めていたりしたのですが、これからはちょっと考え直さないといけないと思いました。
ちなみに金沢の「すしざんまい」は苦戦していて、いつまで営業できるのか判らないという状況らしいです。やっぱり駐車場もないし回転寿しでもなく、東京のチェーン店のすしという事で、先入観が良くないのでしょうね。

新橋から山手線・モノレールで戻ると思っていたのですが、なんとタクシーで帰ることになりました。首都高速を使ったのですが、レインボーブリッジ近辺のビル群の夜景の美しさは見事で息をのみました。
羽田エクセルホテル東急に戻って、Androidタブレットでインターネットのチェックをして眠りました。

2014年3月7日

朝は小松行きの始発の便(7:55)なので、ゆっくりもしていられません。でも宿泊が羽田エクセルホテル東急なので、楽です。羽田エクセルホテル東急の朝食はビュッフェで5:00からやっています。朝5:00から朝食をやっているというのは凄いです。でも朝食ビュッフェは2000円もするので、個人的には本来縁のない世界です。6:30に入ったのですが、羽田エクセルホテル東急のビュッフェは和洋食が揃っていてなかなかのものです。家族とか個人的にビュッフェを利用する時には山盛りに料理を持ってくるのですが、さすがに今回は控えめにしました。そうはいっても、五目御飯やハム類、ソーセージ、玉子、パスタサラダ、豚肉の炒め物、フルーツポンチ、ポタージスープ、トマトジュースなどを取り、食後にココアを飲みました。
意外に豚肉の炒め物が凄く美味しくて、もうちょっと持ってくれば良かったかなあと思いました(笑!)
羽田エクセルホテル東急の朝食ビュッフェには、客室乗務員やパイロットなども見受けられました。
羽田エクセルホテル東急は快適だったのですが、トイレの座が冷たかったのは意外でした。それとカミソリの切れが悪くて、髭剃りゼリーをつけても痛かったし綺麗に剃れませんでした。部屋から空港が近くに見えるのは良いです。23:00から7:00までしか滞在しなかったせいもあるけど飛行機の発着の音は全く聞こえなく静かでした。

帰りの便もJALだったので、羽田エクセルホテル東急から少し離れています。搭乗橋(ベルトコンベアー式の廊下)を利用しながら、中学生の頃、家族旅行で初めて経験してびっくりした事を思い出しました。
この時間になると、お土産のショップや飲食店なども営業していてさすがに空港は凄いと感心しました。JRの駅とは大違いです。

帰りの便は左側の窓側でした。この年齢になっても機内から景色を見れるというのは嬉しいです。帰りの航空機は古い機種のようで、座席上のモニターはありませんでした。
飛行機が飛び立つと、お台場の上や、ディズニーランドの上を通りスカイツリーも見えました。雲もすくなく空気も澄んでいて、絶好の景色でした。途中、富士山も全景がはっきり見えたり、山並みもはっきり見えて最高の景色でした。やっぱり朝は空気が綺麗で見晴らしが良いのかもしれません。同じ窓側の席でも右側だと、それほど景色を楽しめなかったのだと思います。
北陸新幹線が開通したら、ますます飛行機を利用することが少なくなるのでしょうが、飛行機の座席にモニターがついていて、これがGoogleMapのように拡大できて、現在の詳しい位置情報がわかれば、飛行機からの景色を見るのも、より楽しみになると思います。上空からの景色が美しいという事を最優先にして航路を選んだりして。白山の百四丈滝など上空から見えるたりすると凄いです。まあ窓側の席しか楽しめないのがネックですけど。

そうこうしているとあっというまに小松空港に着きました。地上は吹雪でした。

2013.05.11

ディズニーシーと東京見学 シニア向け

2013年3月26日

母親が急にディズニーシーとスカイツリーなどの東京見学をしたいということで、息子と嫁さんと3人で行くことになりました。せっかく行くなら土日ではないほうが良いということで金曜日に行くことになりました。土日はディズニーシーは混むし、宿も高いので、できれば避けたいです。

まず3人で泊まる場合で、ディズニーシーから便利で安い宿を探してみました。3人で泊まれる部屋のある宿って少ないです。きまっし金沢でディズニーリゾートで便利な宿というページを作ってあるのですが、実際に利用して改めて便利なページだと自画自賛したりして・・・
3人で泊まれる安い部屋のある宿は3軒ほどあったのですが、そのうちの2軒はとても狭く(ツインベットの部屋に無理やり布団を敷いたり、2段ベットの部屋に布団を敷いたりしている)てやめました。
三井ガーデンホテルプラナ東京ベイはディズニーシーから無料送迎バスが15分間隔で1日69便出ていて、朝食バイキング付きで3人で15300円です。110cm幅のベット2つと100cm幅のベットが1つなのですが30.4㎡なので余裕があります。禁煙ルームで展望大浴場があってコンビニもあるので便利です。遅くまで遊んでホテルに戻ってから3人がお風呂に入る場合に、部屋の風呂だと待つのが大変なので、大浴場があると便利です。

東京へは金沢発6:08東京着9:55のJRで行くのですが、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイのトリプルで泊まる場合、首都圏往復フリー切符(22320円)を利用してホテルは別に予約するのが得か、JRセットプランを利用するのが得か検討してみました。首都圏往復フリー切符を利用すると22320円+5100円で27420円です。日本旅行のJRセットプランを利用すると24200円でした。差額が3420円もあれば東京メトロ、都営地下鉄、東京都区内のJR線、都電、都バスが乗り放題の東京フリーきっぷ1580円を購入しても安上がりです。

但し、JRセットプランの場合は途中下車はできなくて、JRの便の変更にも制約もあります。
このあたりは日本旅行に確認をとったのですが、金沢から舞浜までの切符にしてしまうと帰りの便について途中下車は東京駅と越後湯沢だけが可能になります。帰りは舞浜から乗って、新宿に寄ってから金沢に帰りたいとすると、舞浜から東京駅に行って、一旦改札して、東京から新宿の切符を買った上で改札して、新宿で用事を済まし、新宿で東京までの切符を購入して東京から新幹線に乗るという手続きが必要だということです。
例えば、金沢から東京都区内というので切符をとると、行く時は東京都区内から舞浜までの料金(1駅分だそうです)を支払って舞浜で改札することになります。帰る時にも、舞浜から東京都区内への乗車券を購入して、東京都区内の駅で改札してから、新幹線で改札という事になります。その場合でも東京駅での途中下車は可能だそうです。
特殊な例を考えると、金沢から舞浜までのJRセットプランを購入した場合、帰りに舞浜から東京スカイツリーへのシャトルバスに乗って、スカイツリーを楽しんでから、東京駅からJRに乗ると、最初の改札が舞浜でないため、舞浜に戻って改札して欲しいと言う駅員さんがいても不思議ではないそうです。そのあたりは駅員さんによるそうです。JR西日本の場合は、帰りの距離が短い場合は途中からの下車でも良いそうですが、JR東日本の場合は帰りに乗る最初の駅は、切符通りでなくてはいけないということになっているそうです。
なお、万が一列車に遅れてしまった時には、後続の列車の自由席には乗って帰れますが、1本早い列車に乗ることはできません。

ディズニーシーのチケットはディズニーeチケット(カードで購入でチケットはプリンターで印刷)を購入すれば別途手数料はかからないし窓口での引き換えも必要ないので便利です。ちなみに母親は65歳以上なので、パスポートの割引があります。

翌日は東京見学ですが、一番のお目当てはスカイツリーということなので、アクセスを調べてみると、ディズニーリゾートからスカイツリーまでシャトルバス(500円)が運行されているようです。1時間に1本ですが便利です。三井ガーデンホテルプラナ東京ベイからはディズニーリゾートに無料シャトルが出ているので利用すれば、ほとんど歩かなくてもスカイツリーに行けます。

その後はスカイツリーから上野までシャトルバス200円(15分毎)に乗って、国立西洋美術館(常設展)。時間に余裕があれば、東京国立博物館を見学。その後東京まで行って東京駅を見学しながら列車の出発時間(東京発16:12 金沢着20:18)を待つというプランです。

高齢者がいるので、移動を最小限にするという事を重視しました。

ディズニーシーには11:00頃に着く予定です。当日は22:00まで開いています。当日の過去の統計を見ると、かなり空いているようです。
ファンタズミック(20分間 1時間前から待つ 多分20:00から)は必ず見るということで、それに合わせて予定を決めます。
その他には、ミスティックリズム(25分間 30分前に並ぶ 1日4~5回 多分12:20、13:45、15:40、17:05)、レジェンドオブミシカ(25分間 20分前に待機 1日1回多分14:30)、海底2万マイル(5分間 金曜日の待ち時間5分程度 当日はファストパス対象外)、マーメイドラグーンシアター(14分間 金曜日の待ち時間15分程度)、ヴェネツィアンゴンドラ(12分間 金曜日の待ち時間30分程度)、マジックランプシアター(23分間 金曜日の待ち時間15分程度 当日はファストパス対象外)、インディージョーンズアドベンチャー(3分間 金曜日の待ち時間30分程度 ファストパス対象)、レイジングスピリッツ(1分30秒間 金曜日の待ち時間40分程度 ファストパス対象)、センターオブジアース(3分間 金曜日の待ち時間40分程度 ファストパス対象) 
3人分のパスポートでファストパスをうまく取得できるので意外と効率よく周れるかもしれません。

2013年3月29日

結局、JRセットプランは制約が多いので、多少高くつくけど首都圏往復フリー切符と宿を個別に手配することにしました。高齢者がいるので時間的なリスク回避ということです。
宿はJR京葉線の潮見駅から徒歩1分のアパホテル東京潮見駅前の予約を取りました。息子がトリプルの部屋よりツインとシングルの部屋にしたいという希望を入れた結果です。アパホテル東京潮見駅前は部屋は狭いですが、人工温泉の大浴殿&露天風呂がありますし、コンビニもあります。ツイン朝食バイキング付きで1人5200円、シングル朝食バイキング付きで6000円なので安いほうだと思います。
東京スカイツリーに行く時に、東京駅での乗り換えの為の徒歩15分を避けるために、潮見駅から京葉線で八丁堀駅へ、日比谷線に乗り換えて人形町駅に、浅草線に乗り換えて押上駅(地下鉄料金290円)というルートを使うことにしました。

2013年4月4日

東京スカイツリーの事を調べたら、まだまだ人気は続いていて、土日は混んでいるようです。東京スカイツリーは個人の場合、当日券より500円高で予約ができるようになっています。2ヶ月前から予約できるのですが、予定日が土曜日だったので、1ヶ月以上前なのに8:30から18:00までの時間帯で予約が完了してました。かろうじて最初の8:00~8:30の入場予約がとれました。恐るべしです。でも予約取れて良かったです。知らないで当日に出かけたら入れないところでした。
ホテルの朝食は6:30からやっているので、なんとかなりそうです。東京寄りのホテルを予約しておいて良かったです。舞浜のホテルだったらアウトでした。
ちなみに宿泊するホテルに近い潮見から押上駅までは42分かかります。
潮見(東京)07:27発 07:33着 八丁堀(東京)07:48発 07:52着 人形町07:59発 08:09着 押上
その前だと 
潮見(東京)07:13発 07:19着 八丁堀(東京)07:33発 07:37着 人形町07:48発 07:58着 押上
になります。
押上駅B3出口から5分で東京スカイツリー4F窓口に着く

突然、スカイバス(2階建てのオープンバス)に乗りたいと言い出したので調べてみました。 スカイバスのお昼の便は、皇居・銀座・丸の内コースと東京タワー・レインボーブリッジコースと東京スカイツリー・浅草コースの3種類あります。一番手ごろなコースが皇居・銀座・丸の内コースで50分のコースで東京駅を10:00 / 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00 / 17:00 / 18:00 出発の便があります。東京タワー・レインボーブリッジコースは60分で10:40 / 11:40 / 13:40 / 14:40 / 16:40出発の便があります。スカイバスはWEB予約が出来ますが、何時の便に間に合うか判断が難しいです。
スカイバスの系列で2階建て(2階建てのオープンバス場合もあり)のスカイホップバスというのもあって、スカイバスは途中下車ができないのですが、スカイホップバスは浅草・スカイツリーコースと、お台場コース、六本木・東京タワーコースの3つのコースがあって、途中下車が自由で3つのコースの乗り継ぎも自由で乗り放題になっています。スカイホップバスはスカイツリーでも途中下車乗車ができます。でもスカイツリー駅の始発が10:55なので今回は使えません。
スカイツリーの見学は第一展望台までなら1時間、展望回廊へ行く場合は2時間程度は見ておかないといけないようです。
スカイツリーを見終わった後で東京駅に行って、東京駅・丸ビル・新丸ビルの見学と食事で、その後にスカイバスという感じです。スカイバスを見学した後、元気ならば東京駅・丸ビル・新丸ビルの見学やお土産やお弁当の購入。
朝早く活動はじめると疲れて早めに帰りたくなる可能性が大きいので早めに帰れる便も調べてみました。
Maxとき333号2階(1時間17分)16:12 【9分】→はくたか20号(2時間40分)20:18
Maxとき329号2階(1時間11分)15:12【11分】→はくたか18号(2時間44分)19:18

2013年4月11日

金沢06:08発 はくたか1号 08:41着 越後湯沢 08:49発 Maxとき310号 東京 09:55着
東京16:12発 Maxとき333号 17:29着 越後湯沢 17:38発 はくたか20号 金沢 20:18着
の切符を手配したそうです。
スカイバス 東京タワー・レインボーブリッジコース 13:40 から60分間 も予約したようです。
食事は丸の内ビルディング 35階のフレンチ オザミトーキョーで12:00から予約を入れるつもりです。食事は60分から90分かかるようです。
押上駅から東京駅に11:30頃に着くようにするにはスカイツリーを11:00に出る必要があります。
8:30までにスカイツリーに入場するので2時間30分あるから大丈夫そうです。

押上 11:04 東京メトロ半蔵門線急行(中央林間行) 11:06 錦糸町 11:15 総武線(逗子行快速) 11:23 東京
押上 11:09 東京メトロ半蔵門線急行(中央林間行) 11:11 錦糸町 11:22 総武線(逗子行快速) 11:30 東京
押上 11:19 東京メトロ半蔵門線急行(中央林間行) 11:21 錦糸町 11:30 総武線(大船行快速) 11:38 東京
押上 11:34 東京メトロ半蔵門線急行(中央林間行) 11:36 錦糸町 11:44 総武線(逗子行快速) 11:52 東京
総武快速ホームから丸ビルまで5分程度(車両が15両の場合は前から2両目、11両の場合は先頭車両付近のエスカレーターを上がり、更にもう1本エスカレーターを上がる。そして後ろ側にある「丸ノ内地下南口」改札を出る。)

時間的には、それほど余裕がなさそうです。
スカイバスから帰って1時間でお土産と、お弁当の購入というところで東京旅行はおしまいです。
時間に余裕は少ないですが、それほど歩かなくても良いので疲れは少ないのではと思います。

2013年4月13日

ディズニーシーの予定をたててみました。
11:00ディズニーシー到着予定
入園後すぐにゲストリレーション(入場してすぐの右側)でガイドマップを3枚取得。
徒歩10分(3人)
3人でマジックランプシアターの順番待ち 予想待ち時間15分
待ち時間が20分以上なら息子が3人分のパスポートを持って、インディージョーンズアドベンチャー2枚とレイジングスピリッツのファストパスを1枚取得。往復10分程度かかる
(インディージョーンズは多分13:35から14:35 レイジングスピリッツは多分12:05から13:05のFP)
3人でマジックランプシアターの見学(23分)
徒歩3分
前回マジックランプシアターの待ち時間が少なかった場合は息子が3人分のパスポートを持って、インディージョーンズアドベンチャー2枚とレイジングスピリッツのファストパスを1枚取得。往復10分程度かかる
(インディージョーンズは多分16:10から17:10 レイジングスピリッツは多分14:50から15:50のFP)
セバスチャンのカリプソキッチンで食事(マーメイドラグーン) 息子とはここで待ち合わせ
3人でマーメイドラグーンシアターの順番待ち 予想待ち時間15分
3人でマーメイドラグーンシアター見学(14分)
息子はファストパスの終了時間が間近ならファストパスのアトラクションへ それ以外ならレジェンドオブミシカに同行
徒歩10分(3人、場合によっては2人)
レジェンドオブミシカには14:00以前から待機。場所はリドアイル 満席なら池の周り 同行の場合息子は待機場所を確認
徒歩10分(ファストパスの終了時間によっては嫁は7分徒歩でインディージョーンズへ)
息子はファストパスでレイジングスピリッツ(1分30秒)、嫁はファストパスでインディージョーンズ(3分間)
3分間徒歩で息子はファストパスでインディージョーンズ(3分間)
嫁は徒歩7分でレジェンドオブミシカのリドアイルに戻る
息子は徒歩5分で3人分のパスポートを持ってセンターオブジアースのファストパスを1枚取得、タワーオブテラーのファストパスを2枚取得
息子は徒歩5分でリドアイルもしくは時間によってはヴェネツィアンゴンドラへ
2人(または3人)でレジェンドオブミシカ見学(14:30から14:55 14:00から待機) リドアイル
レジェンドオブミシカ終了後すぐ2人(または3人)でヴェネツィアンゴンドラ(12分間)予想待ち時間20分
息子とは14:55まではレジェンドオブミシカの会場、それ以降はヴェネツィアンゴンドラで合流
徒歩7分(3人)
3人で海底2万マイル見学(5分)予想待ち時間5分
徒歩5分(3人)
ミスティックリズム見学(17:05から17:30 16:30程度から順番待ち 場所はハンガーステージ) 
ミスティックリズム終了後、ファストパスの終了時間によっては息子はセンターオブジアース(3分間)、タワーオブテラー(3分間)
2人(もしくは3人)でディズニーシー・エレクトリックレールウェイで移動(10分待ちで2分30秒)
カフェボルトフィーノで食事 息子と合流
ファンタズミック待機(20:00から20:20 最低19:00から待機 1日1回     
場所は入り口方向向かって右側かその後ろ側カフェボルトフィーノの石垣)
徒歩5分
嫁はタワーオブテラー(3分間) 息子はセンターオブジアース(3分間)、タワーオブテラー(3分間)
徒歩5分
3人でファンタズミック(20:00から20:20)見学
ディズニーシーを出てホテルへ

2013年4月18日

ヤフオクでディズニーのチケット大人用を3枚落札しました。諸経費込みで15710円でした。通常6200円×2+5500円で17700円なので2000円の節約です。大人3人だと18400円なので結構な節約になります。落札したチケットは株主用パスポートなのですが、混雑期には入園を断られる事がありますが、行く予定の日は空いている日なので大丈夫です。チケットはそのまま引き換え無しで入園できます。

2013年5月10日

ディズニーシーは、ほぼ予定通り見学できたそうです。自分は留守番していたので、デズニーシーの待ち時間のページをチェックしながら息子にその都度指示しました。

11:00ディズニーシー到着
3人でマジックランプシアター見学
息子が3人分のパスポートを持って、インディージョーンズアドベンチャー2枚とレイジングスピリッツのファストパスを1枚取得
(レイジングスピリッツは12:55から13:55のFP インディージョーンズは14:55から15:55)
セバスチャンのカリプソキッチンで食事(マーメイドラグーン)。
3人でマーメイドラグーンシアター見学
息子はレイジングスピリッツ見学
3人でリドアイルでレジェンドオブミシカを見学
3人で海底2万マイル見学
母親はジャンピンジェリーフィッシュを見学  息子と嫁はインディージョーンズを見学
母と嫁はディズニーシー・エレクトリックレールウェイで移動
息子は徒歩でセンターオブジアースのファストパスを1枚取得、タワーオブテラーのファストパスを2枚取得
(タワーオブテラーは17:10から18:10のFP センターオブジアースは19:35から20:35)
ヴェネチアンゴンドラが一時休止だったので3人でディズニーシー・エレクトリックレールウェイで戻る
ミスティックリズムの開演に間に合わず3人でストームライダー見学
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイで移動
息子と嫁はタワーオブテラー見学   母はヴェネチアンゴンドラに行くがまたしても一時休止で乗れず
カフェボルトフィーノで食事
ファンタズミック待機 息子はセンターオブジアース見学
3人でファンタズミック見学
ファンタズミックが始まるときに雨が降り出したそうですが、ほどなく小雨になったそうです。
ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ(花火)は中止になったそうです。
3人でヴェネチアンゴンドラ見学
ディズニーシーを出てホテルへ

ミスティックリズムは見れなくて残念でしたが、ディズニーシーのほとんどのアトラクションを体験できて満点に近い工程だったと思います。
ヴェネチアンゴンドラはレジェンド・オブ・ミシカ(14:30から14:55)、ファンタズミック(20:00から20:20)の前後30分に休止になるというのは知っていたのですが、それ以外でもやたら休止があるようで予定をたてづらいです。

ホテルはカード式で、大浴場もカードがないと入場できないので、カードの利用に慣れていない息子と母親はフロントでカードの再発行をしてもらってそうです。フロントで説明が無かったのも不親切ですが、ツインの部屋でカードが1枚というのも不便です。ツインの部屋に宿泊して2人別行動の場合はどうするんでしょうか?

東京スカイツリーからメールが来てて、明日は強風が予想されるので、エレベーターの運行が中止になる場合もあるという内容でした。入場は予約している人だけに制限するということでした。ちょっと心配です。

2013年5月11日

東京スカイツリーは無事昇れたそうです。ただ曇り空で景色が良くなくて全然良くなかったそうです。お客もガラガラで少なかったそうです。当日の天気予報は午後から強風だったので午前中だから昇れたのかもしれません。
でも、やっぱり東京スカイツリーは晴天の日に限ります。

丸の内ビルディング 35階のフレンチ オザミトーキョーは、美味しくて良かったそうです。

スカイバスは雨天時には屋根のあるバスになると公式サイトに説明されていたのですが、今回は屋根の無いバスだったそうです。雨が降っているので座席もビチャビチャでカッパを着用しての観光だったようです。それは無いですよね。運転手に屋根はないのですかと聞くと、機嫌悪そうに屋根はないと言っていたそうです。先にチケットを買わせといて、雨天時に屋根の無いバスに乗せるなんて詐欺みたいなものです。スカイバスは最低です。お客はガラガラで最悪だったようです。

2日目は無駄にお金を浪費したって感じです。ディズニーシーで運を使い果たしたのかもしれません(笑!)
ちなみに息子にとってはディズニーシーではセンターオブジアースが一番スリルがあったということです。

東京駅構内にある全国の駅弁が売られている「駅弁屋 祭」で駅弁を買って電車内で食べたとの事でした。

2012.02.21

フリードリッヒ・バルテルスのバームクーヘン

娘の東京土産としてフリードリッヒ・バルテルスのバームクーヘンを買ってきてくれました。
本場ドイツの味ということです。フリードリッヒ・バルテルスのバームクーヘンは少し固めでしたが、周りのコーティングは絶妙な味です。
今まで食べたことのあるバームクーヘンとは一味違います。
新宿の伊勢丹で購入できるようです。日本では他にJR大阪伊勢丹でも購入できるようです。
 

2012.02.18

タント・マリーTante Marieのカマンベールチーズケーキ

娘が東京に行ったお土産にタント・マリーTante Marieのカマンベールチーズケーキを買ってきてくれました。12cmで2500円なのでちょっと高いです。
チーズの味が濃厚で少し固めです。チーズとチーズケーキの中間といってもよいくらいチーズの味が濃いです。
タント・マリーTante Marieのカマンベールチーズケーキは、とても美味しいチーズケーキでした。 

 
東京丸の内オアゾ店や上野駅改札内にもお店があるので購入しやすいです。東京に行った時の定番お土産にしようかなと思います。

2010.10.11

MKツアーランドの東京~金沢の激安バス

2009年6月5日
2009年7月1日からMKツアーランドで金沢~富山~東京~東京ディズニーランドの高速バスが毎日運行されるようになったようです。とりあえずは8月末までは運行されるようです。通常の観光バスを利用なので通常の座席です。

7月出発の便は片道3800円,往復7000円で,8月出発の便は片道4200円,往復7800円です。
金沢杜の里21:20~金沢駅西21:50~新宿6:20~東京6:50~東京ディズニーランド7:30
東京ディズニーランド21:30~東京22:20~新宿23:00~金沢駅西7:10~金沢杜の里7:30

安いですね。

2010年7月10日
MKツアーランドでも2010年7月2日より金沢~東京間3列シートでトイレ付の夜行高速バスが片道5500円,往復10000円で運行されるようになりました。新宿駅(6:20),東京駅(6:50),東京ディズニーランド(7:30)に停車します。ネックピロー(枕)が用意されてるようです。

これは魅力的です。

2010年7月20日
東京へ行く予定ができたので,高速バスを利用することにしました。
JR高速バスの21早割は片道5000円と格安なのですが,月曜~木曜(祝日、祝前日及び夏休み等の繁忙期を除く)という制限があったので断念しました。
結局,MKツアーランドの3列シートでトイレ付の高速バスを利用することにしました。往復10000円です。
MKツアーランドは通常,楽天トラベルでも予約できるのですが,3列ゆったりシートの予約は楽天ではできませんでした。
MKツアーランドのホームページを見たら,基本は電話で予約して,振込用紙が送られてきてから,送金するという手続きになります。振込みの控えが乗車券になるということでした。
ネット送金の場合は,振り込み画面の印刷で良いとの事です。ゆうちょの口座もあるので送金料がかからなくてすみます。さっそく予約電話をしておきました。

2010年7月22日
MKツアーランドから振込用紙が送られてきました。郵貯の場合は窓口で送金しても送金手数料無料でした。さっそく送金しました。

2010年8月10日
カナショクに給油しに行ったらMKツアーランドのバス運転手の募集をしていました。
MKツアーランドのバス運転手って正社員扱いでは無いんですね。ちゃんと社員教育とか訓練とかしてるんでしょうか?かなり不安です。
mk

2010年8月21日
MKツアーランドの3列高速バスで東京まで行ってきました。
金沢駅西22:30発ですが22:10にはもう着いていました。特に送金伝票の提出は求められませんでした。1番前の運転席の後ろの席でした。
MKツアーランドの3列高速バスにはトイレはついていますが,給湯器は無いようです。椅子についての説明書などはありませんでした。枕と毛布とスリッパが用意されており,スリッパは持ち帰り自由でした。冷房はかなり効いてて毛布をかけて眠るのがちょうど良いくらいでした。枕はまあまあ使いやすく,エアー枕は用意していかなくても大丈夫でした。フットレストはありますが位置が低くて,一番前の席という事もあって足元が窮屈でした。後ろの人が足が長い人だったので,あまり傾斜もできなく全体的に窮屈感が強かったです。アイマスクとマスクをして携帯電話で音楽を聞きながら最初睡眠薬を1錠飲んだのですが,眠れそうも無く,もう1錠飲んで5時間熟睡しました。
4:30に高坂サービスエリアに停車したので,歯磨きと髭剃りをしました。
予定より25分早く6:25に東京駅に着きました。

日帰りで夜,東京駅からMKツアーランドの3列高速バスに乗りました。東京駅のバス乗り場は,東京八重洲口でブリジストン美術観の向かい側の通り3丁目バス停付近です。冬は寒空で辛そうですが,夏だから特に問題ありません。22:50の予定より早く22:40にMKツアーランドのバスが到着しました。東京駅出発の人数が揃ったので,早めに出発になりました。
帰りも同じ席で一番前の席という事もあって足元が窮屈でした。後ろの人が足が長い人だったので,あまり傾斜もできなく全体的に窮屈感が強かったです。
アイマスクをして携帯電話で音楽を聞きながら最初睡眠薬を1錠飲んだのですが,眠れそうも無く,もう1錠飲んで熟睡して帰りました。途中,喉が乾燥したのでマスクをして眠りました。

2010年9月25日
娘がサッカーのアルゼンチン戦を見に行くので安い交通機関を利用したいというので,MKツアーバスのスタンダードにしようと調べたら,東京行きは空き席があったのですが,帰りが連休にかかっていて2週間前なのに空席がありませんでした。MKツアーバスは往復割引があるので痛かったです。ちなみにMKツアーバスはスタンダードどころか3列シートのバスの空席もありませんでした。
しかたがないので楽天トラベルで他の便を調べたら,日本ユース旅行(株) のJAMJAMライナー(バスはSTAR EXPRESS)に空き席が少しだけ残っていました。STAR EXPRESSはウィラートラベルのスタンダードタイプのバスのブランド名のようです。
JAMJAMライナーのサイト(JamBus格安高速バス予約サイト)を調べたら,料金が楽天トラベルよりも安くて,なおかつ学割というのもありました。さっそく予約したら,30分後には空席が無くなっていました。楽天トラベルでは4900円で,JAMJAMライナーへの直接申し込みの学割で4600円でした。
ちなみにウィラートラベルのサイトで調べたら6000円でした。
ちなみにMKツアーバスもMKツアーバスで直接予約すると料金が楽天トラベルよりも安い(楽天トラベルは往復割引も無い)のでMKツアーバスへ直接予約しました。楽天トラベルでは4000円で,MKトラベルへの直接申し込みで3500円でした。
MKツアーバスは振込用紙が郵送で送られてきますが,JAMJAMライナーの場合は数日以内にコンビニなどで送金しないといけません。いずれも送金料はかかりません。
MKツアーバスは1年中同じ料金ですが,JAMJAMライナーは日によって料金が違うようです。

2010年9月27日
帰りのJAMJAMライナーの便の人数が変更になって,手続したらキャンセル料が結構高かったです。20日前からキャンセル料20%と他に返金手数料420円引かれました。
ツアーバスのキャンセル料は一般の路線高速バスと較べると高いです。

2010年10月11日
娘が無事帰ってきました。帰りはウィラートラベルのSTAR EXPRESS便でJAMJAMライナーで申し込みしたものですが,ウィラートラベルから何度か説明や確認のメールがきて,現地でも発車の20分前から係員が受付をしていて案内をしていたそうです。そういう訳で不安もなくバス待ちが出来たそうです。知らない場所でバス停の表示も無く,ギリギリの時間にバスが到着するというのは心細いものです。ましてやバスが遅れてくるような事があったらパニックになりかねません。
そういう意味ではウィラートラベルの対応は,高速バスに慣れていない人には心強いのではないかと思います。

2010.08.21

東京へ日帰り出張

2010年7月8日
8月に東京に日帰り出張に行く予定ですが,朝早くに東京に着かないといけないので,夜行高速バスを利用しようと思います。

金沢~東京間の激安高速バスは以前からあったのですが,最近は3列シートでトイレ付の夜行高速バスでも格安の便が出てきています。
JR高速バスは21早割(予約は1ヶ月と1日前から21日前まで)を利用すると片道5100円(通常料金7840円)です。東京駅(6:13),上野駅(6:38)に停車します。池袋,新宿に停車する便もあります。

MKツアーランドでも2010年7月2日より金沢~東京間3列シートでトイレ付の夜行高速バスが片道5500円,往復10000円で運行されます。新宿駅(6:20),東京駅(6:50),東京ディズニーランド(7:30)に停車します。ネックピロー(枕)が用意されてるようです。

仕事の関係で上野のほうが都合が良いのでJR高速バスのほうが良さそうです。帰りの上野駅発は22:10。

浅草のホッピー通りの「居酒屋とん平」,御徒町の銭湯「燕湯」

持ち物
傘,デジカメ,お風呂道具,歯ブラシ,髭剃り,本,教科書,マーカーペン,シャープペン,鉛筆,消しゴム,空気枕,アイマスク,携帯電話,携帯電話のイヤホン,眼鏡ケース,フリース,トイレの紙,小さいポーチ,マスク,耳栓,地図,バス切符,睡眠薬

2010年7月20日
JR高速バスの21早割は月曜~木曜(祝日、祝前日及び夏休み等の繁忙期を除く)という制限があったので断念しました。MKツアーランドで予約することにしました。
MKツアーランドは通常,楽天トラベルでも予約できるのですが,3列ゆったりシートの予約はできませんでした。MKツアーランドのホームページを見たら,基本は電話で予約して,振込用紙が送られてきてから,送金するという手続きになります。振込みの控えが乗車券になるということでした。
ネット送金の場合は,振り込み画面の印刷で良いとの事です。ゆうちょの口座もあるので送金料がかからなくてすみます。さっそく予約電話をしておきました。

2010年7月22日
MKツアーランドから振込用紙が送られてきました。郵貯の場合は窓口で送金しても送金料無料でした。さっそく送金しました。

2010年8月10日
カナショクに給油しに行ったらMKツアーランドのバス運転手の募集をしていました。
MKツアーランドのバス運転手って正社員扱いでは無いんですね。ちゃんと社員教育とか訓練とかしてるんだろうか?かなり不安です。

2010年8月14日
MKツアーランドの3列高速バスで東京まで行ってきました。
金沢駅西22:30発ですが22:10にはバスが金沢駅に着いていました。特に送金伝票の提出は求められませんでした。1番前の運転席の後ろの席でした。
椅子についての説明書などはありませんでした。枕と毛布とスリッパが用意されており,スリッパは持ち帰り自由でした。冷房はかなり効いてて毛布をかけて眠るのがちょうど良いくらいでした。枕はまあまあ使いやすく,エアー枕は用意していかなくても大丈夫でした。フットレストはありますが位置が低くて,一番前の席という事もあって足元が窮屈でした。後ろの人が足が長い人だったので,あまり傾斜もできなく全体的に窮屈感が強かったです。アイマスクとマスクをして携帯電話で音楽を聞きながら最初睡眠薬を1錠飲んだのですが,眠れそうも無く,もう1錠飲んで5時間熟睡しました。
MKツアーランドの高速バスは2時間おきにパーキングで休憩をとりますが,特に車内放送はしません。フロンドガラスに出発時間の掲示をかかげます。
4:30に高坂サービスエリアに停車したので,歯磨きと髭剃りをしました。
予定より25分早く6:25に東京駅に着きました。
バスを降りたところには,吉野家やなか卯があったので,なか卯で親子丼とミニうどんのセット590円を食べました。なか卯の親子丼は美味しいです。
東京駅から御徒町まで移動し,銭湯の燕湯に行きました。途中,駅の中のトイレに入りましたが,トイレにトレットペーパーがついていました。JRのトイレにはトレットペーパーがついていないと思っていたのですが,改札した中のトイレだけトイレットペーパーがついているのかな?そういえば仙台の駅では改札外のトイレにもトイレットペーパーがついていました。最近はJRのトイレの全てにトイレットペーパーがついているのかな?
燕湯は朝6時から営業していている東京でも貴重な銭湯です。液体石鹸とシャンプーは持って行ったので入浴料450円と貸しタオル20円を支払って入浴しました。前回は,それほど熱い湯ではなかったのですが,今回はかなり熱い湯でした。銭湯に入りすっきりして講習会が行われる会場に向いました。
会場の近くに食べ物屋さんが少ないと聞いていたので,コンビニでパンを買っていきました。
高速バスでの車中泊でしたが,途中いねむりすることなく,無事試験も終了する事ができました。丸一日の講習を終えて,浅草ホッピー横丁の居酒屋とん平に行きました。牛スジ煮込み650円とピリ辛キムチポッカ(小)600円,チャンジャ600円とチジミ600円を注文して生ビール2杯飲みました。浅草ホッピー横丁の居酒屋とん平は,かなりの有名店ですが,値段も有名店価格のように感じました。味は美味しいのですが,人気店であるという期待の大きさと値段の高さから,それに見合うだけの満足感は得られませんでした。次回,浅草ホッピー横丁に行く時には他のお店で飲みたいと思いました。
バスの時間には早かったのでJR東京駅地下の待合フロアーで時間をつぶすことにしました。東京子供達から東京ばな奈をおねだりされてたのですが,荷物が増えるのもイヤだったし,ぎりぎり最後に買って帰ろうと思って,東京駅地下街でいいものが無いかと,いろいろ探していたのですが,22:00にあちこちのお店のシャッターが一斉に降りだしました。
キオスクも閉店して,残ったキオスクには東京ばな奈が売っていなくて,かなり焦りました。やっとのことでコンビニに東京ばな奈を売っているのを見つけ買いました。危なかったです。

日帰りで夜,東京駅からMKツアーランドの3列高速バスに乗りました。東京駅のバス乗り場は,東京八重洲口でブリジストン美術観の向かい側の通り3丁目バス停付近です。冬は寒空で辛そうですが,夏だから特に問題ありません。22:50の予定より早く22:40にMKツアーランドのバスが到着しました。東京駅出発の人数が揃ったので,早めに出発になりました。
帰りも同じ一番前の席で足元が窮屈でした。後ろの人が足が長い人だったので,あまり傾斜もできなく全体的に窮屈感が強かったです。

疲れていたので帰りは睡眠薬1錠で寝れるかなあと思っていたのですが,アイマスクをして携帯電話で音楽を聞きながら最初睡眠薬を1錠飲んだのですが,眠れそうも無く,結局もう1錠飲んで熟睡して帰りました。途中,喉が乾燥したのでマスクをしました。
翌日は,それほど疲れが残らなかったように思います。

居酒屋とん平 浅草ホッピー横丁

前回,三社祭で混雑していて入れなかった浅草ホッピー横丁の居酒屋とん平に行ってきました。21時頃でお客が多かったのですが,カウンターに空き席があったので座りました。最初に生ビール650円を頼むとグリーンピースの付け出しが出ました。
牛スジ煮込み650円とピリ辛キムチポッカ(小)600円を注文しました。
居酒屋とん平のスジ煮込みは大根が一杯入っていて,味はしみこんでいましたが,和風な味付けであっさりしていました。
居酒屋とん平の牛スジ煮込み
ピリ辛キムチポッカはキムチと豆腐と豚肉の鍋という感じの料理です。
居酒屋とん平のピリ辛キムチポッカ
ピリ辛キムチポッカのほうが味が濃いので両方注文する場合はスジ煮込みを食べてから,しばらくしてピリ辛キムチポッカを注文するのが良いです。
その後,生ビールを追加で頼んで,チャンジャ600円とチジミ600円を注文しました。
チャンジャはイカのキムチって感じの料理で少し生臭さがあって,完食するのに苦労しました。
居酒屋とん平のピリ辛チャンジャ
チジミはお好み焼きのようなおでんの練り物のような感じでピリ辛のタレをつけて食べます。
居酒屋とん平のチジミ
居酒屋とん平の料理は全体的には美味しかったのですが,値段がかなり高めで,そのわりには味は感動するほどではなかったので,今度,浅草ホッピー横丁に行く場合には他のお店で飲みたいです。ただ,居酒屋とん平は店員も多く注文しやすく,感じの良いお店だし,料理の種類も多いので浅草ホッピー横丁観光には最適のお店なのかもしれません。

居酒屋とん平の場所はこちら  東京都台東区浅草2-3-17

2010.02.27

休日に東京へETC割引を使って安く行くには

東京へ自動車で休日にETC割引を使って行くには,どうすれば安く行けるか検討してみました。
東京で遊ぶには東京都内を自動車での移動は効率が悪いので,高速道路で東京近くまで行って,自動車を宿の駐車場で停めておいて,公共交通機関を利用して遊ぶのが便利そうです。
金沢だと所沢ICで下車して,駐車場無料のホテルを利用するのが良さそうです。所沢だと西武鉄道を利用できるので交通アクセスも良いです。
金沢東から所沢まで445.1kmでゆっくり行っても5時間程度で行けるようです。所沢は関東圏でETC1000円の範囲外なので,休日の6:00~22:00で1650円,休日22:00~6:00で1450円です。
ただ,埼玉県にしても東京都にしても宿泊費が高くつくので,4人乗り自動車で行っても高速バスを利用して安い宿に泊まったほうが安上がりです。

所沢パークホテルは関越自動車道の所沢ICより車で15分で所沢駅(西武新宿線、池袋線)より徒歩2分30秒です。新宿まで35分、池袋まで24分 と便利です。駐車場は44台で先着順無料です。インターネットLAN接続無料,朝食バイキングです。1泊朝食付9000円ほどするようです。評判は良いようですが結構な値段するね。所沢駅から池袋330円,新宿360円です。

所沢第一ホテルは関越自動車道の所沢ICより車で15分で西所沢駅(西武池袋線)より徒歩5分です。駐車は有料で1日840円ですが宿泊料が1泊朝食付で6400円ほどですので少し安いです。評判はそれほど良くないようです。西所沢駅から池袋330円,新宿360円です。

川越プリンスホテルは関越自動車道の川越ICより10分で本川越駅(西武新宿線)に直結しています。駐車は330台で先着順無料です。朝食バイキング(1800円)でインターネットLAN無料です。1泊朝食付6900円ほどするようです。評判は良いようです。本川越駅から池袋まで450円,新宿まで480円です。

パーシモンホテルは関越自動車道の所沢ICより車で15分で東武東上線志木駅徒歩4分です。東武東上線「志木駅」から池袋へ20分(準急利用300円)で行けます。駐車場は30台で先着順無料です。
1泊素泊まり5100円からです。朝食バイキング(840円),インターネットLAN無料です。

シティ・イン北朝霞は関越自動車道の所沢ICより車で20分で東武東上線「朝霞台」とJR武蔵野線「北朝霞」より徒歩1分です。東武東上線「朝霞台」から池袋へは17分(準急利用300円) ,JR武蔵野線「北朝霞」から総武線西船橋駅(東京ディズニーランド舞浜まで3駅14分)へ1時間780円で行けます。駐車は9台で先着順で無料です。1泊(朝食モーニング無料)で5250円からです。禁煙ルームあり,インターネット接続LAN無料です。

所沢ICで降りて10分のJR武蔵野線の新座(にいざ)駅近辺の駐車場を利用する方法もあります。24時間最大800円で駐車できるようです。但し駐車最長48時間という制限がある場合が多いようです。

http://times-info.net/map/parkdetails/BUK0016132.html

JR武蔵野線の新座(にいざ)駅から総武線西船橋駅(東京ディズニーランド舞浜まで3駅14分)に1時間(780円)で行けます。

所沢ICで降りて車で15分の東武東上線「志木駅」近辺の駐車場を利用する方法もあります。24時間最大1200円で駐車できるようです。

http://times-info.net/map/spot_stat.php?kind=2&key=%BB%D6%CC%DA&lk=0&pg=2

東武東上線「志木駅」から池袋へ20分(準急利用300円)で行けます。

2009.05.18

東京駅で夜の時間つぶし

東京駅改札内の地下一階にある銀の鈴は待ち合わせ場所として有名な場所なのですが、結構居心地が良くて落ち着けます。トイレや自動販売機も近くにあるし、銀の鈴自体がショッピング街の一角という感じなので、買い物も楽しめます。お弁当のお店が何軒も集まっているブースもあります。お弁当と言っても、作り置きしてあるお弁当を販売しているというお店ばかりでは無く、その場で作ってくれるお店も多く選ぶのに苦労するでしょう。

結構時間が余ったのですが、乗り遅れるのが怖かったのと、日中歩き回って、疲れていたので銀の鈴で、かなりの時間、本を読みながら過ごしたのですが、お酒を飲んだ後ということで眠ってしまうとまずいので、近くにある酢の専門店で酢のソフトクリームなどを食べて眠くならないようにしました。

東京駅近辺で時間つぶしということでしたら,隣の神田駅近辺でマンガ喫茶に入るとか,東京駅から近い銭湯ということでは御茶ノ水駅から徒歩5分にアクアハウス江戸遊神田店があります。23時まででしたら3時間450円で利用できます。

東京のお土産

お土産は荷物になるということで,上野駅で購入する事にしました。

上野駅の構内には意外とお土産売り場が少ないです。以前は構内にお土産を売っているところがもっと多かったように思うのですが,今は改札の内部のほうがお土産売り場が充実しています。

結局,予定していた「ごまたまご(銀座たまや)」,「東京ばな奈(グレープストーン)」を購入しました。

「ごまたまご」は,黒胡麻のペーストと黒胡麻あんをカステラ記事で包んでホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子で最近東京のお土産として人気急上昇ということで購入しました。
他に気が利いたお土産は無いかなと探したのですが,要冷蔵のものでは具合悪いということで,結局他には適当なものはありませんでした。

東京ばな奈は家族が好きなので俊の家の東京お土産の定番です。それにしても,「ひよ子」にしても,「東京ばな奈」にしても「ごまたまご」にしても,本当はわざわざ買って帰るほどのものではないと思うのですが他に適当なものが無いので仕方ありません。金沢のお菓子のほうがよっぽど美味しい。
ごまたまご
改札の内部のほうがお土産売り場が充実しているというのは東京駅も同様でした。

東京駅には八重州地下街や大丸デパートの地下などお土産を買う場所もあるのですが八重州地下街は20:00まで大丸デパートも20:00までです。

他の駅から東京駅に来た時,大丸デパートの地下で買い物をしてから,東京駅の改札内で買い物や時間つぶしをしようとすると一度改札を出てから再び入場料や乗車券を買わないといけなくなるので都合悪いです。

アメ横の大統領

今回は東京の牛スジ煮込みやもつ煮込みの美味しいお店をはしごするという計画をたてていたのですが,なんと浅草の三社祭の日に重なってしまい浅草の居酒屋には1軒しか入ることができませんでした。

それで浅草から御徒町へ移動して,アメ横を散策して,モツ煮込みが美味しいと評判の「大統領」に行きました。アメ横の大統領では数人程度の列があったのですが少し並んで道路側のテーブルに相席させてもらいました。モツ煮込み420円とモツ串焼きセット(5本入り)450円と生ビール400円を注文しました。アメ横の大統領のモツ煮込みは味噌味で食べなれた味でした。大統領の串焼きはどこにでもある普通の串焼きでしたがモツ煮込みは美味しかったです。
アメ横大統領のモツ煮込みアメ横大統領のモツ串焼きセット
ちなみに大統領はお昼から営業してます。

大統領の場所はこちら    東京都台東区上野6-10-14

浅草ホッピー横丁の正ちゃん

浅草のホッピー通りにある牛スジ煮込みやもつ煮込みの美味しいお店をはしごするという計画をたてていたのですが,なんと浅草の三社祭の日に重なってしまいました。

ホッピー通りは昼間から営業している居酒屋が多いのですが、当日は三社祭の日でもあり土曜日ということもあって、ホッピー通りの居酒屋は神輿を担ぎ終えたはっぴ姿の人たちや観光客、馬券を買いにきた人達でいっぱいで,なかなか入れませんでした。ホッピー通りの居酒屋は店内はカウンター席が中心なのですが,通りにテーブルを出して,そちらのほうでも飲み食いできます。

なんとか,評判のお店「正ちゃん」のテーブル席に相席させてもらい牛スジ煮込みとホッピーを頼みました。ホッピーは初めての体験だったのです。氷を入れたコップに焼酎が入れてあり,ビールのような炭酸飲料を入れて飲むのですが,最初はコップに炭酸飲料をたくさん入れれないので,めちゃくちゃアルコール度の高いホッピーを飲まないといけません。結局少しずつ飲みながら炭酸飲料を加えながら薄めて飲みました。牛スジ煮込みは醤油味ですき焼きみたいな味でした。美味しくて江戸っ子の雰囲気も味わえて満足しました。牛スジ煮込みは450円でホッピーが450円でした。
浅草ホッピー横丁の正ちゃん正ちゃんの牛スジ煮込み
浅草のホッピー通りで,もう一軒「居酒屋とん平」にも入りたかったのですが,浅草近辺をあちこち散歩しながら何度も寄ってみたのですが入れず断念しました。他の居酒屋もほとんど満席で入ることが出来ずホッピー横丁でのはしごは断念しました。

正ちゃんの場所はこちら   東京都台東区浅草2-7-13
居酒屋とん平の場所はこちら   東京都台東区浅草2-3-17

浅草の三社祭

浅草のホッピー通りにある牛スジ煮込みやもつ煮込みの美味しいお店をはしごするという計画をたてていたのですが,なんと浅草の三社祭の日に重なってしまいました。せっかくなので浅草寺で三社祭を見学する事にしました。

大勢の人が見守る中を何台もの神輿が担がれて行きます。女性も男性も一緒になって楽しそうに担いで行く姿は粋で格好よく素敵でした。子供用の神輿もあって可愛かったです。

露天もいっぱいあるし、門前のお店も楽しいのですが、やっぱり浅草といえばホッピー横丁の居酒屋です。ホッピー横丁は昼間でもやっている居酒屋が多く、当日は土曜日ということもあってホッピー通りの居酒屋は神輿を担ぎ終えたはっぴ姿の人たちや観光客、馬券売り場に来た人達でいっぱいで,なかなか入れませんでした。ホッピー通りの居酒屋は店内はカウンター席が中心なのですが,通りにテーブルを出して,そちらのほうでも飲食ができます。
浅草の三社祭浅草の三社祭
浅草の三社祭浅草の三社祭
浅草の三社祭浅草のホッピー横丁

ブラジル料理トゥッカーノTUCANO’S

仕事を早々に済ませて秋葉原に行って,ブラジル料理トゥッカーノ(TUCANO’S )に行きました。お昼時は混雑が予想されるので早めに入りました。

ブラジル料理トゥッカーノ(TUCANO’S )は秋葉原駅すぐ近くのヨドバシカメラの建物の1階にあります(ヨドバシカメラの店内からは入れません)。ブラジル料理トゥッカーノの人気料理は鶏モモ肉のガレットと牛ランプステーキなので鶏モモ肉のガレットと牛ランプステーキのセットを注文しました。ライス付が1060円で単品が980円ですが,肉だけ食べれば十分ですし,お腹がふくれすぎて,この後いろんなものを食べられなくなるとまずいので単品で注文しました。
豚、牛、鶏がのって全部で450gのプレート1280円や,450gの牛ランプステーキ1380円など肉好きにはたまらないメニューもあります。

しばらくして鶏モモ肉のガレットと牛ランプステーキのセットがきました。ジュージュー鳴っている鉄板の上に鶏モモ肉のガレットと野菜と,レアの牛ランプステーキがのせてありました。牛ランプステーキは自分で気に入った焼き具合に焼けた時に食べるというシステムです。

最初に熱々の鶏モモ肉のガレットを食べましたが,ほんの少しエスニックっぽい味も楽しめて,とても美味しかったです。
牛ランプステーキは赤みの肉で少し硬めで,歯で噛み切るのが難しかったですが,牛の味がしっかりして,とても美味しかったです。肉を食べたという実感を感じさせるステーキでした。

完全に満足しました。東京に行った時には,また寄りたいです。

秋葉原で仕事に使うパーツを買ったり,ヨドバシカメラの店内を見て周ったり,秋葉原周辺を散策してまわりました。小さいお店はずいぶん減ったように思いました。
トゥッカーノ(TUCANO'S )の鶏モモ肉のガレットと牛ランプステーキのセット

トゥッカーノTUCANO’Sの場所はこちら  東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシカメラマルチメディアAkiba 1F

東京御徒町の早朝銭湯「燕湯」と早朝の食事

東京駅に朝7時ごろに着いたので,とりあえず早朝に営業している銭湯「燕湯」がある御徒町に行きました。

お風呂に入る前に食事ということで,御徒町駅近くで早朝営業している食堂を調べたのですが,牛丼の吉野家とか,そば屋とかがありましたが吉野家で食べることにしました。
上野駅近くにはホテルアスティル上野の明日輝亭のバイキング(1050円)もあります。
食事を済ませて,目的の銭湯「燕湯」に行きました。

燕湯は御徒町駅から徒歩数分で行けて早朝6:00から営業しています。
燕湯は国指定登録有形文化財に指定されている銭湯で昔ながらの趣を残している由緒ある銭湯です。
入浴料は450円で,貸タオル20円,貸ドライヤー20円,石鹸30円,シャンプー30円,リンス30円,T字カミソリ30円と必要なものは,ほとんど持っていかなくても大丈夫です。
浴槽は気泡の浴槽と,普通の浴槽の2つがありますが,東京のお風呂は結構熱いです。なんとか我慢して入れましたが,ぬる好きの人には辛いかもしれません。
盤台のおかみさんも感じの良い人で,車中泊の疲れもとれて大満足の燕湯でした。

東京に行く時は,また寄りたいと思います。ちなみに閉店は20:00と早いので注意が必要です。
御徒町の燕湯

燕湯の場所はこちら  東京都台東区上野3-14-5

2009.05.17

丸一観光の高速バス

東京へ日帰りで行く用事ができて,初めて深夜高速バスを利用しようと思って定期に運行している深夜高速バスの予約をしようと思ったのですが,ちょうど良い時間の便は満席でした。

仕方が無いので,激安深夜高速バスを利用することにしました。

金沢から東京へ行く深夜高速バスは,いろんな会社が運行しているのですが,丸一観光の深夜高速バスは座席の前後が広くとってあるので利用することにしました。
ちなみに定期運行の深夜高速バス(JR)は往復で14110円ですが,丸一観光の深夜高速バスは往復で10600円です。
定期運行の高速バス(JR)は席が3列で,シートもかなり傾斜でき,トイレもありますが,丸一観光のバスは座席が4列でトイレもありません。前後の空間をゆったりととってあるといってもシートは通常の観光バスのものに近いと思われます。
ちなみに激安深夜高速バスにもトイレ付の通常シートの4列バスというのもあります。

丸一観光の深夜高速バスは不定期での運行なので毎日は運行していません。


丸一観光のバスは楽天でも予約できる
のですが,楽天で予約すると往復割引(500円引き)が適用されないので営業所に行って申し込みしてきました。

丸一観光では現時点ではインターネットでは楽天だけでしか予約できないということで,往復割引を適用したい場合は,営業所で申し込むか,電話で申し込んで料金を振込みするしか方法が無いそうです。
名前と携帯電話だけを記入して手続きは終わったのですが,事故の保険は入っているのですかと聞くと,保険込みの料金ですということでした。名前と携帯電話だけの申告で保険の加入ができるのですかと聞くと,住所を聞くのを忘れてましたと改めて住所を記入しました。ちょっといいかげんなところがあります。

東京に行く日が近づいてきて新聞に出ている今後1週間の交通機関の混み具合を見ると、前回満席で予約できなかった便が、空席十分になってました。混んでいたので台数を増やしたようです。
高速バスの場合は、台数を増やすのは比較的簡単なので、一度満席でもあきらめないで、しばらくたってから再びチェックするのことが必要なようです。

そういうことがって,丸一観光のバスに乗って東京に行ってきました。

丸一観光の東京行きのバスは七尾・和倉・金沢・高岡・富山から新宿・東京・ディズニーランドへ行くバスで不定期で運行されています。比較的早めに金沢を出て東京にゆっくり着くので使いやすいです。
金沢駅に10分前に着いたのですが丸一観光のバスは,もう着いていました。丸一観光のバスは緑色で目立つのですぐに見つけることができました。
でも丸一観光の東京行きのバスは3台もあり,ちょっとびっくりしましたが,グリーンライナー便を見つけて乗り込みました。
その内の1台がSTAR EXPRESSって書いてあったので調べたらWILLER TRAVELのバスやオリオンバスなどもSTAR EXPRESSバスを運行しているということなので丸一観光が,その下請けをしているのかもしれません。

丸一観光のバスでは窓側の席を頼んであって,一応希望は書いておきますと言っていたのですが通路側の席でした。ネット予約でも席の場所は指定できないので,窓側の席を希望している旨の希望を出している人は,そんなに多いはずがないので,単に無視されたのだと思います。行きの便は満席状態だったので,希望に添えなかったなと思っていたのですが,帰りの便はガラガラで隣の席が空いていたのに通路側の席でした。
保険の件の事も含めて,丸一観光の運営は,かなりいい加減のようです。
席には毛布と巾着袋に入った歯磨きセットとフェイス用のウェットタオルが置いてありました。ゆったり席ということで前後の席の感覚が結構余裕あったので窮屈さを感じませんでした。スタンダード席タイプのバスよりもかなり良いです。でも定期高速バスには足を置く台があるのですが丸一観光のバスには足を置く台はありませんでした。
実際に寝てみると足を置く台があるのと無いのとでは足の疲れという意味で大きな違いがあります。なんらかの改善があると良いです。
深夜の高速バスの場合は休憩時間にアナウンスをして車内を明るくする場合があるのですが丸一観光はじっくり睡眠できるように休憩時間にアナウンスなどをしないということでした。
そんなに熟睡は出来なったのですが,マスクをして,U字型の空気枕とアイマスクと耳栓をして,なんとか寝ることはできました。
朝の5時にアナウンスがあって三芳パーキングで40分の休憩時間がとられました。この休憩は歯磨きなどのためにとられているようです。
おまけについてきた歯磨きセットとフェイス用のウェットタオルがとても役に立ちます。ついでにトイレと髭剃りもして準備万端です。こういう休憩は便利です。

予定時間より少し早く着きました。帰りも丸一観光のバスに乗るので,荷物をバスに預かって貰えませんかと聞いたら,預かってくれるというのでお願いしました。

帰りは東京駅の丸の内のビルの前なのですが,これはかなり不都合な場所です。東京駅は改札内にはいろんな施設があり便利なのですが改札を出ると構内には何も無く,東京駅から皇居までの道路も暗くて何も無いのです。これではバス待ちの時間には何もできません。晴れている時はまだ良いけど,雨天の時や,寒い時にはかなりの負担になります。
まあ地下道があるのでギリギリまで地下道にいて待機するという方法もあるのですがベンチもなにも無いので快適という訳にはいきません。

バスが来る時間より早めに着いたので,手持ち無沙汰で東京駅に戻って付近の地図を見ると,丸の内ビルと新丸の内ビルの地下にはコンビニがあるということなのでビールを買いに行きました。新丸の内ビルにはレストランも何軒かありました。
ビールを飲んで,地下道の灯りで本を読みながら時間をつぶして10分後に集合場所に行くと丸一観光のバスが着いていました。預かってもらった荷物をいただいて乗り込みました。

帰りは前日の寝不足と,あちこち歩きまわった疲れとでぐっすり眠ることができました。
東京行きに深夜高速バスでもなんとかなるという自信がついたのは収穫でした。ただスタンダート4列のバスだと,ちょっときついかな?