石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

さと海 鹿島店

今日は、伊藤正喜さんから情報提供いただいた「さと海 鹿島店」に行きました。
同じ建物で営業していた回転すし店「かいおう」の運営会社が破産したので、フランチャイズオーナーが改名して、今年2月に開店したようです。

ランチの掲示が目立っています。店頭に、ランチの内容の掲示もありました。

店内に入ると、1人ですかと聞かれて、そうですと言うと、カウンターでお願いしますと言われました。
店内は空いていたので、どこに座っても良さそうなのにと思ったのが顔に出たのか、テーブル席のほうが良かったですかと言われました。
基本的に、座る席を指示されるのが嫌いなのですが、言われたとおりにカウンター席に座りました。
その後、お客がそれなりに入ってきたのすが、全ての客に座る場所を指示していました。

ランチには、さと海ランチ(にぎり11貫+細巻+味噌汁orデザート)880円、小町セット(にぎり8貫+味噌汁orデザート)680円、特上セット(にぎり10貫+味噌汁orデザート)1280円がありました。
さと海ランチを注文しました。
すると、朝獲れランチ(にぎり8貫+味噌汁)880円もあるということなので、朝獲れランチ(にぎり8貫+味噌汁)880円に変更しました。
ラウンターには普通の醤油と甘口大野しょうゆが置いてありました。

8分ほど待って朝獲れランチが運ばれました。

見た感じ、ネタはそれほど瑞々しさは感じませんでした。なんとなく乾いている感があるんです。切り置きしているからなのかなあ?
七尾は水曜日は市場が休みだということですが、当日獲れた8種類のネタをどうして入手したんでしょうか? 朝獲れと言えば、今日の朝に獲れた魚だという事なんだと思うのですが、まさか前日の朝に獲れたから朝獲れなんという事は無いと思いますけど・・・
シャリは少なくて、なんとなく乾いた感じがします。しかも箸でとると壊れやすいです。シャリ部分も作り置きしてあって、上にネタを乗せるだけって感じなのかなあ?
まあ小さいのはシャリだけではなく、ネタも小さいのですけど・・・・・
ランチの寿司にはワサビが入っていないので、自分でワサビを加えて食べます。
味噌汁の具は貝でしたが、なんかガリガリ感がありました。砂というより殻の食感に近いガリガリ感です。

なんか良いところが何も無いみたいな記述になりましたが、それでも不味くはないです。まあ美味しいと言ってもいいかもしれません。

satoumi1.jpg

回転のレールには、それほどお寿司が回っていないのですが、写真や文字の乗ったお皿が回っていました。
能登フグに力を入れている感じでした。

生シラスの軍艦巻き(2貫で108円)とイノシシの炙りの寿司(1貫108円)に興味を感じたので追加で注文しました。
注文はタブレットで注文するのですが、注文した寿司が出来ると、回転のレールとは別のレールで新幹線が届けてくれます。新幹線の列車は、注文したお客の前で停車するので、他のお客に横取りされたり、取り損なうという事はありません。

生シラスの軍艦巻きは、とても美味しかったです。イノシシの炙りの寿司も美味しかったです。
前回、他のお店でイノシシの肉の生姜焼きを食べて臭みを感じましたが、今日のイノシシの肉は臭みも無く美味しかったです。

satoumi2.jpg
satoumi3.jpg

さと海 鹿島店の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町徳前よ109−1

旬菜割烹 あづま家

今日は、金沢バス実況さんと伊藤正喜さんから情報提供いただいた、「旬菜割烹 あづま家」に行きました。
「旬菜割烹 あづま家」の前は何度か通ったのですが、駐車場に自動車がいっぱい入っていて断念していたのです。今日は、自動車が少なめだったので入れました。
店頭には本日の焼き魚セット アジ塩焼き4食、カマス塩焼き4食 と掲示がありました。

店内に入るとカウンター席が6席だけ見えました。帰る時に奥を覗いたのですが、2人掛けのテーブル席2つと座敷もあったようです。カウンター席には他のお客はいませんでした。
メニューを見ると、本日のにぎり寿司ランチ(にぎり7貫と細巻1本、その日の1品、サラダ、茶碗蒸し、味噌汁、デザート、セルフでコーヒー)1300円(にぎり寿司と味噌汁のセット(にぎり7貫と細巻1本、味噌汁、デザート、セルフでコーヒー)980円、本日の海鮮丼ランチ1300円、海鮮丼と味噌汁のランチ980円、天ぷらランチセット980円、天丼ランチセット980円、本日のお刺身ランチセット1300円、本日の焼き魚ランチセット1100円などがありました。
すぐに、冷たい水と紙のおしぼりが出されました。今日は、贅沢して本日のにぎり寿司ランチ1300円を注文しました。水を飲み干したら、ポットごと持ってきてくれました。

それほど待つことなく本日のにぎり寿司ランチが出されました。
最初に、にぎり寿司7貫と細巻1本、野菜サラダ、茶碗蒸し、甘エビの頭が入った味噌汁、ガリが乗せられたプレートが出されました。にぎり寿司7貫のネタは定番の種類の内容で珍しさはありませんでしたが、みずみずしく鮮度は感じられ、とても美味しかったです。イカの柔らかさが印象的でした。
それほど間をおかず、その日の一品のカマスの塩焼きが出されました。その日の一品は魚料理であったり肉料理であったりするようです。カマスは開いた状態で焼かれていたのですが、開いた状態で細かい骨が残っていると、骨が余計に気になりました。切り身でない魚は、もともと食べるのが苦手なんです。
タイミング良く、デザートのチョコレートアイスが出されました。美味しかったです。
セルフのコーヒーもいただきました。

adumaya1.jpg
adumaya2.jpg
adumaya3.jpg

旬菜割烹 あづま家の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町良川リ7-1

台湾家庭料理 福興

2017年1月11日

今日は、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは野菜炒めでした。値段は580円と変わっていませんでした。
中華系の人がやっているお店では、ちゃんとした中華料理を食べるようにしているのですが、メニューを見ていたら、餃子や鶏の唐揚げが食べたくなって、焼きそばセット880円を注文しました。過去の投稿を見ると3年前から値段が変わっていないようです。
焼きそばセットには、焼きそばと鶏の唐揚げ、焼き餃子、卵スープ、缶詰の桃が付いていました。

中華系の人がやっている中華料理のお店は、日本人がやっている中華のお店の定番の餃子、ラーメン、チャーハン、焼きそばなどは不味いのが一般的ですが、台湾家庭料理 福興は違っていました。
焼きそばは、味は濃いめでしたが唐辛子が入っていたりして刺激的で美味しかったです。ただ、生のニンニクのスライスとかも入っていたので、仕事中などは要注意かもしれません。
餃子もジューシーで美味しかったです。ただ餃子のタレは美味しくなかったので酢を加えて食べました。
鶏の唐揚は特大のが2個も付いていました。これも美味しかったです。

食後にセルフのコーヒーもいただきました。

hukukou11.jpg

2016年1月6日

今日は、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは回鍋肉でした。値段は580円と変わっていませんでした。今日は日替わりランチを注文しました。
日替わりランチには回鍋肉と、コロッケ、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。御飯はお替りができます。できれば、コロッケではなく鶏の唐揚げにして欲しい。
食後にセルフサービスのコーヒーもいただきました。
回鍋肉はお肉は少なかったけれど、味付けは良かったです。台湾家庭料理 福興では安心してランチをいただけます。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2015年3月18日

今日は、昼食が遅く(14:00過ぎ)なったので、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチ580円は豚肉と白菜のうま煮だったので注文しました。注文した時、一瞬何か言いたそうな沈黙があったのですが、そのまま厨房のほうに戻っていきました。
ランチや定食の値段は以前のままでしたが、無くなったメニューもありました。
日替わりランチには豚肉と野菜のうま煮と、コロッケ、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。御飯はお替りできます。
豚肉と野菜のうま煮は、豚肉もたくさん入っていたし野菜の種類も多く、味付けも良かったです。
前回も感じましたが中華料理にコロッケというのは違和感を感じます。
スープも前回同様、具がいろいろ入っていましたが、味が薄く、あまり美味しくはありませんでした。
食後にサービスのコーヒーを飲みました。
帰りにレジで680円請求されました。あれっと思ったのですが、そのまま支払いました。台湾家庭料理 福興では、レジでの間違いが多いので単に間違えただけなのかもしれませんが、ひょっとしたら、日替わりランチは14:00までで、時間を過ぎていたので680円だったのかもしれません。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2014年6月25日

今日は、他に行く予定のお店があったのですが、その店の定休日がいつの間にか水曜日に変わっていて入れなかったので、久しぶりに台湾家庭料理 福興に入りました。今日の日替わりランチは野菜炒めだったので日替わりランチ580円を注文しました。
消費税が上がったのに、すべての値段が以前のままでした。
日替わりランチには野菜炒めと、コロッケ、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。御飯はお替りできます。
野菜炒めは、ちゃんと豚肉も入っていて、味付けも良かったです。ただ、味付けがまばらで、しょっぱい部分と普通の味の部分がありました。大きな唐辛子が3本入っていて、最初気づかずに食べて辛かったです。残りの2本は避けておきました。
中華料理にコロッケというのは違和感を感じます。鶏のから揚げのほうが嬉しいです。
スープは具がいろいろ入っていましたが、味が薄く、胡椒や醤油を入れても美味しくはなりませんでした。塩が置いてあると良かったです。
食後にサービスのコーヒーを取りに行ったのですが、コーヒーメーカーの電源が切られていて平温になっていました。別に冷えてても良いのですが、せめて氷を用意しておいて欲しかったです。
帰りにレジでチョコレートを1個貰ってきました。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2013年12月18日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00前だったのですが、日替わりランチの看板は残っていました。
今日の日替わりランチも回鍋肉でした。
今日はエビチリセット880円を注文しました。今日はラーメンの種類を聞かれたので台湾ラーメンを注文しました。
エビチリセットにはエビチリと小サイズの台湾ラーメンと山盛りのご飯と漬物と、コロッケがついてきました。
俊はエビチリに関してはこだわりがあるので、ちょっと評価が厳しいです。台湾家庭料理 福興のエビチリは5段階なら3、優良可不可なら可という感じです。
ボリュームいっぱいなのに揚げ物がコロッケというのはちょっと困りました。台湾ラーメンはまあまあ美味しかったです。
前の客がコーヒーを飲みに行こうとしたら、もう残っていなかったようですが、ちゃんと補充してくれていました。食事中に他のテーブルの客がタバコを吸っていて、臭いがしたのは閉口しました。
気のせいか、お店の人が、このブログで紹介しているのに気づいているような感じがします。

台湾家庭料理 福興のエビチリセット

2013年12月3日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00前だったのですが、日替わりランチの看板は残っていました。
今日の日替わりランチは回鍋肉でした。今日は日替わりランチ580円を注文しました。
日替わりランチには回鍋肉と、春巻き、漬物、野菜サラダ、スープ、ご飯が付いていました。量的にはこれくらいがちょうど良いです。
サービスの食後のコーヒーもいただきました。
会計の時に680円と言われたので、580円ではなかったですか?と聞くと、すみませんでしたと言っていました。680円という金額が好きみたくて、良く勘定を間違えるようです。

台湾家庭料理 福興の日替わりランチ

2013年11月13日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00前だったのですが、日替わりランチの看板は下げられていました。
今日は小龍包セット780円を注文しました。
小龍包セットには小龍包と小サイズのラーメン、漬物、野菜サラダ、デザートの杏仁豆腐が付いていました。小龍包は包んで閉じた部分が固くて中の餡も美味しくなかったです。冷凍物だったのではないかと思われます。
全体的は量は控えめでした。

台湾家庭料理 福興の小龍包セット

2013年10月30日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日は14:00ちょっと過ぎていたので、日替わりランチの看板は下げられていました。
今日は青椒肉絲セット780円を注文しました。
青椒肉絲セットには青椒肉絲と小サイズのラーメンと山盛りのご飯と漬物と、少し遅れて鶏の唐揚がついてきました。青椒肉絲は、とても美味しかったし、鶏の唐揚は大きいのが2つ付いていて熱々で美味しかったです。今日のラーメンは味が薄くて美味しくなかったです。ラーメンの味はその時その時みたいです。
サービスの食後のコーヒーも頂いたし、チョコレートも頂きました。
お釣りを受け取って、店外に出ると、お釣りが多すぎることに気づいて、お店に戻り余分に受け取ったお釣りを返しました。
店員の娘さんから、極上の笑顔をいただきました。
台湾家庭料理 福興の店員の娘さんは、とても可愛いいんです。多分料理人夫婦の娘さんなのだと思います。ひょっとして日本語を話せる若い男性の奥さんなのかもしれません。
まだまだ食べたいメニューがたくさんあります。

台湾家庭料理 福興の青椒肉絲セット
台湾家庭料理 福興の青椒肉絲セット

2013年10月23日

今日も、台湾家庭料理 福興に入りました。今日も14:00ちょっと前だったのですが、日替わりランチでした。今日の日替わりランチはニラレバでした。
今日は豚角煮定食880円を注文しました。今日はラーメンの種類を聞かれました。台湾ラーメンを頼みました。
ちょっと待って豚角煮定食が出されました。豚角煮定食には豚角煮の他に台湾ラーメン、ご飯、鶏唐揚、ふくしん漬、杏仁豆腐が付いていました。ご飯は大盛りで、ラーメンはしっかり1人前、鶏唐揚は大きいのが2つ付いていました。豚角煮は本格的中華の味付けでした。中華の豚角煮は和風の豚角煮と較べると味に癖があります。好き嫌いが分かれると思います。鶏唐揚は熱々で美味しかったです。
さすがに量は多くて、ラーメンのスープは飲めなかったし、ご飯も半分残しました。食後のコーヒーを飲む余裕も無かったです。
ちなみに今日はコーヒーのヒーターは入っていたし、砂糖も用意されていました。
店員さんの中で接客の若い男の人は日本語が流暢で日本人なのかもしれません。その男の人は台湾語もプラペラのようでした。

台湾家庭料理 福興の豚角煮定食

2013年10月16日

今日は台湾家庭料理 福興に入りました。台湾家庭料理 福興は中華料理 翠園 徳前店が閉店した跡に出来たお店ですが、内装に変化は無く店員さんは違うものの店員さんが台湾の人だろうとというのは同じでした。
ランチメニューが豊富で麻婆豆腐セット780円、八宝菜セット780円、唐揚セット780円、青椒肉絲セット780円、回鍋肉セット780円、エビチリセット880円、、五目野菜セット780円、小龍包セット780円、坦々麺セット780円、焼きソバセット880円、餃子セット780円、ニラレバセット780円、油淋鶏セット780円、天津飯セット780円などがありました。手軽な価格で本格的な中華料理を楽しめます。
日替わりランチ580円もあるようですが、行ったの時間が遅かったようで、もうありませんでした。他には選べる麺類と丼物の組み合わせのセットが680円であります。
定食のメニューも見ましたが、こちらは全品880円で種類がランチより多くてデザート(杏仁豆腐)がついているので定食のほうが得なのかもしれません。定食には子供定食400円から580円まで4種類ありました。ランチメニューに無くて定食にあるメニューとしては豚角煮定食やコマ焼き定食、エビマヨ定食、酢豚定食、トントロ定食、キクラゲと豚肉炒め定食、野菜炒め定食、かに玉子定食、水餃子定食などがあります。一般的な中華料理のすべてが手軽な料金で食べられるという感じです。
今日は回鍋肉のセットを注文しました。
回鍋肉のセットには回鍋肉としょうゆラーメン(少しミニサイズ)とふくしん漬けとご飯と揚げ餃子が付いていました。回鍋肉は豚肉の量が控えめなものの味付けは抜群でとても美味しかったです。揚げ餃子も皮が柔らかくて具も美味しくて3個もついていました。今まで大衆台湾料理店についてくる揚げ餃子が美味しかった事は皆無でしたが、台湾家庭料理 福興の揚げ餃子は美味しかったです。
ラーメンについては塩、しょうゆ、台湾の3種類から選べますが、特に聞かれる事なくしょうゆ味のラーメンが出されました。今まで大衆台湾料理店で食べたしょうゆ味のラーメンが美味しかった事は無かったのですが、台湾家庭料理 福興のしょうゆ味のラーメンは、まあまあです。ラーメンの量もちょうど良いです。ご飯は山盛りでした。漬物がふくしん漬けだったのにはがっかりしました。
メニューには写真が載っているのですが、写真の内容と出てくる料理の内容は違っています。漬物や揚げ物の内容は日によって変わるようです。メニューに説明しておかないと注文したものと違うと怒る客もいるだろうと思います。
ランチタイムはコーヒー付なのですが、コーヒーはセルフになっています。メニューには、ただコーヒー付としか書いてないので知らない人はコーヒー付と書いてあったのにコーヒーが出なかったと気分悪くして帰るかもしれません。
ちなみにコーヒーは確かに置いてあったのですがヒーターの電気が切ってあり、ぬるいコーヒーでした。ミルクはあるけど、砂糖がありませんでした。他のお客が砂糖が無いですと店員さんに言うと、店員さんは言葉を理解できなくて、お客がコーヒーを指差して入れるものだと説明すると、スプーンを持ってきました。店員さんは、ほとんど日本語を理解していないようです。
お勘定のときにレジにチョコレートが置いてあったので、いただいてもよろしいですかと聞くとどうぞと言われたので1個貰って食べましたが、とても美味しかったです。
総合的には数ある台湾人料理人の大衆台湾料理店の中でもかなり良い部類のお店だと思います。しばらく通ってみようと思います。のと里山海道を利用するのには都合悪いのですけど。

台湾家庭料理 福興の回鍋肉セット

台湾家庭料理 福興の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町徳前ゐ2-1

和風レストラン美来里(びっくり)

2016年11月22日

和風レストラン美来里(びっくり)が新しくなったと聞いていたのですが、水曜日定休なのでなかなか行けなかったのですが、やっと行くことができました。
お店に入ると今日の日替わりが掲示されていました。今日は串カツでした。ちょっとがっかりしました。
店内は明るくなっていて、窓に向かうカウンター席が広くとられていて、以前からあったバー風なソファーとカウンターの部分も残されていました。分煙はされていなく、お茶のところに灰皿が置いてありました。あれだけ2つのスペースがはっきり区切られているのなら、分煙すれば良いのにと思いました。
1人なので、窓側のカウンター席に案内されました。すぐに紙のおしぼりと熱いお茶が出されました。
メニューを見ると日替わり定食750円,すき焼き定食980円,とんかつ定食1080円,カツ玉子とじ定食1280円,エビフライ定食1400円,ヒレカツ定食1130円,刺身定食1400円,天ぷら定食1400円,お子様定食750円などがありました。消費税分だけ値上げになっていました。
今日も日替わり定食を注文しました。
日替わり定食には串カツ、野菜サラダ、ポテトサラダ、漬物(大根とゴーヤ)、野菜の豆腐和え、野菜と練物の煮物、味噌汁がついていました。
串カツは、ネギとお肉のバランスが絶妙で、どこを食べても、ネギだけっていうことはなく、必ずネギとお肉が口に入ってきました。こういうことってあり得るのかなあと不思議に感じながら食べていました。とても美味しかったです。
やっぱり、和風レストラン美来里(びっくり)の料理人はただものではありません。
ゴーヤの漬物も初めての経験でしたが美味しかったです。
野菜の豆腐和えは味が全くしなくて物足りなさを感じました。

bikkuri3.jpg

2012年12月26日

今日は、定休日の水曜日なのに和風レストラン美来里が開店していたので入りました。
カウンター席に座ると熱いお茶を出してくれました。
黒板にメニューが掲示されていて、日替定食と白身魚のフライ定食が書かれていました。
今日も日替定食を注文しました。
日替定食が、お盆に乗せて出されました。お盆には紙のおしぼりも乗せられていました。
日替定食には、白身魚のフライと、野菜の煮物、茶碗蒸し、ご飯、貝の味噌汁、漬物、野菜サラダが付いていました。
黒板の掲示は日替定食は白身魚のフライ定食という意味だったようです。
白身魚のフライは熱々でトンカツソースっぽいソースと自家製タルタルソースがかけられていて絶妙な味付けでした。魚のフライは好きではないのですが、和風レストラン 美来里(びっくり)の白身魚のフライは、今まで食べた魚のフライで一番おいしかったです。和風レストラン 美来里(びっくり)の料理人はただものではありません。
野菜の煮物が冷えていたのは気になりましたが、どの料理も味付けが良くて満足しました。ちなみに日替定食は720円と変わっていませんでした。

和風レストラン美来里の日替わり定食

2009年8月11日

和風レストラン美来里は水曜日が定休日で,なかなか行けませんでしたが,今日やっと行けました。

和風レストラン美来里はカウンター席と座敷のテーブル席があり,隣接する喫茶店部分のテーブル席でも座れます。和風レストラン美来里では民宿も併営しているようです。カウンター席に座ると冷たいお茶とタオルのおしぼりを持ってきてくれ,今日の日替わりはイカの天ぷらですと説明してくれました。
和風レストラン美来里のメニューを見ると日替わり定食720円,すき焼き定食940円,とんかつ定食1050円,カツ玉子とじ定食1250円,エビフライ定食1350円,ヒレカツ定食1100円,刺身定食1350円,天ぷら定食1350円,お子様定食730円などがありました。

今日は日替わり定食を注文しました。
和風レストラン美来里の日替わり定食には,イカなどの天ぷら,茄子やピーマンの炒め物,油揚げや野菜の煮物,漬物,味噌汁,ご飯がついていました。
どれも,心のこもった美味しい料理でした。お店の人も感じが良かったです。

和風レストラン美来里の日替わり定食

和風レストラン美来里の場所はこちら   石川県鹿島郡中能登町久乃木ち24 

カフェ食堂 れんげや

2016年11月8日

今日は久しぶりに火曜日に能登に出かけたので、メニューが変わったと聞いていた「カフェ食堂 れんげや」に行きました。駐車場は変更になって近くなったのですが、6台分しかなくて、1台長い自動車が駐車すると、奥の駐車場が使えなくなるので、なお一層狭く感じます。今日は13:00を過ぎていましたが、やっと1台駐車できたって感じでした。
お店に入ると、お客がかなり入っていてびっくりしました。しかも女性が多い。
店内は以前は普通の民家におじゃましたって感じでしたが、今はテーブル席がたくさん並べられていて、食堂って感じになっていました。
お茶やお水はセルフになっていました。スプーンや箸、紙のおしぼりなどが出されました。
メニューを見ると、以前からは想像できないくらい品数が増えていました。
れんげやの選べるランチ1000円では、前菜プレートがあり、メインディッシュを能登豚の黒酢酢豚、とろとろ煮込みハンバーグ、10種類のスパイスのジャークチキン、豆乳入りれんげや混ぜうどん、和牛肉と特性白ごましょうがタレの鉄板めしの5種類が選べて、飲み物もホットコーヒー、アイスコーヒー、自家製ジンジャーエール、季節の自家製ドリンクの4種類から選べます。
時間が遅かった事もあり、とろとろ煮込みハンバーグは品切れでした。
今日はれんげやの選べるランチでメインディッシュは10種類のスパイスのジャークチキン、飲み物は季節の自家製ドリンクで頼みました。ちなみに今日の自家製ドリンクはイチジクと蜂蜜とヨーグルトのジュースでした。
その他にも、メニューには能登豚丼750円、能登豚のしょうが焼きセット850円、三元豚のデミカツセット980円、とびせるエビフライセット1280円、カルボナーラうどん800円、えびトマトクリームうどん850円、オムライス750円などなど書ききれないほどあります。凄い進化です。
ちょっと待ってれんげやの選べるランチが出されました。お店の人は両手で料理を持ってくるので、必ずお尻で戸(スライド式)を開けて部屋に入ってきます(笑!)
れんげやの選べるランチには、10種類のスパイスのジャークチキン、クリームシチュー、パスタのキノコとナスと貝和え、ごはん、前菜プレート、デザートのヨーグルト、フランスパンの炒り卵添え(写真に写っていない)が付いていました。
10種類のスパイスのジャークチキンは鶏肉って感じはあまりしなく不思議な食感でした。美味しかったしボリュームもありました。クリームシチューもヨーグルト(甘い)も美味しかったです。前菜プレートはボリュームいっぱいの野菜に自家製のドレッシングがかけられ、ポテトサラダもたっくさん付いていました。
パスタのキノコとナスと貝和えは、ちょっと味付けが物足りなかったし、ドレッシングの味は海鮮風だったのですが好みで無かったです。
食事が終わる少し前のちょうど良いタイミングでイチジクと蜂蜜とヨーグルトのジュースが出されました。ジュースも美味しかったです。これで1000円は大満足です。
本当に「カフェ食堂 れんげや」は進化しました。
「カフェ食堂 れんげや」を能登の食 美味しいランチの飲食店1つ星に登録することにしました。かなり2つ星に近い1つ星です。全部の料理が美味しいというわけではないのが残念です。

renge2.jpg
renge3.jpg

2013年4月15日

今日、急に七尾に行かなければならなくなって、せっかくなので水曜日定休のカフェ食堂れんげやへ行くことにしました。久しぶりだったので、見逃さないように慎重に通りました。カフェ食堂れんげやの場所は見つけたのですが、駐車場の場所が変わったようでうろうろしていました。新しい駐車場は村の生活道路の少し七尾寄りで便利になりました。でも、もう少し判りやすい掲示にすればもっとありがたいです。
お店の店頭に「やってますよ」と書かれた大きな立て看板がありました。平日の14:00までコーヒーサービスという掲示もありました。
営業中だというのは判ったのですが、のれんがかかっている訳でもなく、ごく普通の民家の戸しかないので入りにくいです。カフェ食堂れんげやに営業日に来る機会は滅多に無いので勇気をだして戸をあけてみました。
すると、いらっしゃいという声がしたので、どこに入れば良いのですかというと入ってすぐ右の部屋に案内されました。靴を脱いで、部屋に行くと、田舎にありがちな大きな部屋に、テーブルと座卓が置かれていました。
玄関に入って右の部屋に行かないで、まっすぐ奥に行くとカウンターの席があるようですが、そちらは地元の常連の人達のたまり場になっているようで、声が聞こえました。
13:30ということもあって大部屋はお客がいなくて貸切り状態でした。
店主らしい女性の方が、紙のお手拭と、冷たいお茶とメニューを持ってきました。食事には、能登豚の生姜焼きセット800円、デミカツセット980円、能登豚丼750円(小うどんセット880円)、ハンバーグセット880円などがありました。以前は日替わりランチとかあったようですが、今は決まったメニューしか無いようです。
今日はハンバーグセット880円を注文しました。
それほど待つことなくハンバーグセットが出されました。ハンバーグセットには、デミグラスソース系の煮込みハンバーグ、もやしと鶏肉と青菜の和え物、茶碗蒸し、野菜サラダ、天かす入りのミニうどん、ご飯、漬物が付いていました。
煮込みハンバーグは、ちょっとぬるめなのは気になりましたが、味は抜群で美味しかったです。もやしと鶏肉と青菜の和え物は味が無くて美味しくは無かったです。天かす入りのミニうどんは生姜の味がしました。
食事が終わりそうな時にアベックの2人が入ってきました。お店の人が食事用のメニューを持ってきたのですが、その2人は飲み物が欲しかったらしく、飲み物のメニューを貰いに行ってました。
店頭の掲示にコーヒーがサービスと書いてあったので、コーヒーが出るのかなと思って待っていたのですが、結局コーヒーは出されませんでした。お茶は飲み干してあったのですが、特に配慮は無かったです。

カフェ食堂れんげやのハンバーグセット

2012年3月7日

今日、カフェ食堂れんげやへ行ってみました。
カフェ食堂れんげやは、幹線道路(国道)に面していません。幹線道路と平行して村内の生活道路があるのですが、その道路にも面していません。その村の生活道路から狭い道を入った奥にある農家がカフェ食堂れんげやです。
最初、村の生活道路をゆっくり通っていて、カフェ食堂れんげやが見つからず通り過ぎてしまいました。
地図をしっかり調べて2度目に行って、やっとカフェ食堂れんげやを見つけたのですが、奥まっている道があまりにも狭くて入るのを断念しました。
今日が3回目だったのですが、自動車のトラブルを覚悟して、狭い道を入って行き駐車ガレージに入りました。
苦労してカフェ食堂れんげやにたどり着きましたが、お店の前に立ってみると、なんか営業している雰囲気が無いです。結局、今日も入るのを断念しました。
カフェ食堂れんげやの店頭に駐車場の説明図が掲げられていました。道路沿い(神社前)の古川薬局隣の駐車場の道路側3台も駐車できるようです。

カフェ食堂れんげやの場所はこちら   石川県鹿島郡中野登町能登部上八8

soi

今日は、soiに行きました。soiはお弁当屋さんですがイートインもできるということです。
実は先週、soiの場所だけを確認しようと思って前を通ったのですが、通り過ぎてしまい見落としたのです。それで今日はカーナビに登録して行きました。
カーナビに登録したので、たどり着けましたが、七尾方面から通るとお店がある事が全く分からないので見落としても仕方ないと思います。

soi1.jpg
soi2.jpg

最初、奥の建物がお店かなあと思ったのですが、開店している雰囲気はありません。諦めて帰ろうとしたら、手前の小屋のところに人がいて、初めてお店であると気づきました。
特にメニューとかは無いので、お弁当1つというと800円だと言うので支払いを済ませました。御飯の大盛がサービスになっていますということだったので、大盛でお願いしました。お店は姉妹でやっているようです。

お店でお待ちくださいと言われたのですが、お店がどこだか判らなくて、お店ってどこですかと聞くと、屋根のあるところでお好きなところでお待ちくださいということでした。壁が無くて屋根だけあってテーブルと椅子が置かれていたので、ここでも食べられるのですかと聞くと、食べていかれますかと言われたので、ハイと答えました。

テーブルに座ると、レモンとハーブ入りの冷たい水が入ったピッチャーが出されました。爽やかな香りの水でした。

soi3.jpg

5分ほど待って、紙の容器入りのお弁当が出されました。どんな料理が入っているかが書かれた「お品書き」も添えられていました。ドレッシングは下に入れてありますので、食べる時は混ぜて食べて下さいと言われました。

soi4.jpg

お品書きによると、七尾産鰯とエゴマの葉チーズ焼き、鶏唐揚げの黒酢和え、だし巻き卵、香菜ポテトサラダ、干し海老と野菜のオイスター春巻き、夏野菜のナンプラーマリネ、あんがとう農園のサラダ×自家製ドレッシング、御飯のオトモ梅干し、季節のくだものネーブルオレンジということでした。「お品書き」があるってありがたいです。何を食べているか判って食べるのって良いですよね。
soiのお弁当は、どの料理も、心がこもっていて手間がかかっています。味は、エスニック感いっぱいですが辛くはありません。
鶏唐揚げは中に骨があると思って覚悟して食べたのですが、骨が無くて儲けた気がしました。
御飯は大盛ですが、大盛で普通って感じです。御飯には押し麦が混ざっていました。
最初見た時ちょっと高いかなあと感じたのですが、値段だけの価値は十分にあると思いました。美味しかったです。
どこから来たのですかと聞かれて、金沢からですと言うと驚いていました。

soi5.jpg

soiの場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町水白22-11-4

月とピエロのパン研究小屋

今日は珍しく金曜日に能登に行ったので、「月とピエロのパン研究小屋」に入りました。
元々火曜日と水曜日が休業なので、行っても無駄なのですが、場所だけでも確認しておこうと、「月とピエロのパン研究小屋」には何度が行こうとしたのですが、場所が分かり難くカーナビに登録してもたどり着けなかったのです。
途中で自動車を停めて、徒歩で探し回ってやっと駐車場を見つけた次第です。
そういう訳で、今日は迷わずに辿り着く事ができました。カーナビを登録する場合は駐車場を目指して行けば良いと思います。
駐車場に辿り着いても、「月とピエロのパン研究小屋」の建物はちょっと奥まっていて、しかも地味なので見つけるのはちょっと戸惑います。

tukitopielo1.jpg

店内に入ると、テーブル1つ分のスペースにパンが並べられていて、工場には食パンがたくさん置かれていました。並べられていたパンの値段が高いのでびっくりしました。

tukitopielo2.jpg

どれにしようかわ酔ったのですが。いくつか並んでいた中から、クロワッサン300円とグラタンのキッシュ450円を購入しました。

tukitopielo3.jpg

クロワッサン1個300円って凄いよね。そういう高額なパンをびっくりせずに普通に購入する裕福な人がいるっている事に感心します。
イートインのコーナーがあって、こちらで食べていきますかと聞かれたので、ここで食べられるのですかと聞くと、コーヒーなどの飲み物を注文しないとイートインコーナーを利用できないということだったのでお持ち帰りでお願いしました。
購入したパンは、コンビニでホットカフェオレを購入して駐車場で食べました。
クロワッサンはドンクと比べると大きめで、もちもち感があります。個人的にはドンクのクロワッサンのほうが好きです。
グラタンのキッシュは、とても美味しかったのですが、キッシュの生地が美味しいというよりグラタンの味が良かったように感じます。
「月とピエロのパン研究小屋」らしさが生かされたパンを選ばなかったのかもしれませんが、個人的には、これだけの高い価格に見合った価値のあるパンとは感じませんでした。リピートはありません。
「月とピエロのパン研究小屋」は、パンによっぽどのこだわりがあるマニアの人向きのお店だと思います。

月とピエロのパン研究小屋の駐車場の場所はこちら 石川県鹿島郡中能登町羽坂2-93

吉兵衛 鹿島店

今日は、アルプラザ鹿島店の敷地内にある吉兵衛 鹿島店に入りました。吉兵衛 鹿島店の存在は知っていたのですが、以前は、メニューが代わり映えしない内容で、しかも値段が割高だったので入らなかったのです。今日、国道を運転していたら、お店にでかでかと日替り定食648円という掲示があるのを見かけたので寄ってみました。日替り定食648円は税別価格だったので、実際には700円でした。店頭にメニューが掲示されていたので安心して入れました。メニューを一新したようでお手軽な価格の定食がたくさんありました。今日の日替り定食はえび天うどんとミニ卵丼のセットでした。お店に入ると店内は広くてテーブル席がかなりありました。どこでも好きな場所にどうぞと言われました。すぐに熱いお茶と紙のおしぼりが出されました。
定食の種類は多くて、冬限定の五目御飯定食951円、あじカキ定食843円、カキフライ定食951円、牛鍋定食951円、あつあつ牛めし定食951円、通常メニューの唐揚定食843円、豚焼肉定食951円、温玉カツ丼定食951円、えびと塩こうじ鶏の天ぷら定食951円、鶏肉と野菜の黒酢炒め定食951円、トンから定食754円などがありました。食後のソフトドリンクは108円でした。
今日は、五目御飯定食951円を注文しました。五目御飯定食には、五目御飯、ミニうどん、冷奴、天麩羅、漬物が付いていました。天麩羅はサクサクして美味しかったです。
お勘定は950円でした。税別価格の場合は複数注文した場合、950円になったり951円になったりするので、メニューには参考価格として税込951円と掲載されていたようです。

吉兵衛 鹿島店の五目御飯定食

吉兵衛 鹿島店の場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町井田と1-1

Cafe hanare

今日は、中能登町のCafe hanareに行きました。Cafe hanareはmaboさんが教えてくれたのですが、大きな道路に面していないので場所が判りにくいです。カーナビに登録してから行こうと思っていたのですが、登録するのを忘れていました。
だいたいの場所は把握していたつもりだったのですが、七尾から向かって国道159号線を左折するはずの道が、国道159号線の地下のトンネルになっていて左折できなく途方にくれました。なんとか見当をつけて行ったのですが、実際にこんな道沿いにあるのか不安を感じながら向かいました。
注意深く進んでいくと、小さな看板がありました。

hanare1.jpg

でも飲食店らしい建物が無かったので通り過ぎてしまいました。少し進みUターンして看板の前で停まってみました。どう見ても普通の民家しかありません。

hanare2.jpg

家の前に駐車のマークがあったので、駐車して、周りを探していたら、建物の横の小さな通路の奥に小さな立看板が見えました。

hanare5.jpg

奥に入るとお店がありました。

hanare3.jpg

ちょっと入りにくい雰囲気だったのですが、入ってみると、下駄箱があり、靴を脱いでスリッパを履いて入りようになっていました。
Cafe hanareの店内は明るく、カウンター席とテーブル席があり、若い女性のグループ2組がお客として入っていました。
テーブル席に座ると、冷たい水と、紙のお手拭とメニューを持ってきてくれました。
メニューを見ると、キーマカレー(サラダ、色どり野菜、ドリンク付)750円、ハーフパスタ&キッシュプレート(サラダ、スープ、ドリンク付)850円、キッシュプレート(サラダ、スープ、ドリンク付)650円、サンドイッチ(サラダ、スープ、フルーツ、ドリンク付)750円などがあります。+200円でケーキが付きます。
今日はキーマカレー(サラダ、色どり野菜、ドリンク付)750円を注文しました。飲み物はコーヒー、水出しコーヒー(アイスコーヒー)、カフェラテ(hot・Ice)、紅茶(hot・Ice)、りんごジュース、オレンジジュース、ジンジャーエール、うめこぶ茶、ミルクから選べるというので、水出しコーヒー(アイスコーヒー)を頼みました。ドリンクはいつお持ちしますかと聞かれたので一緒に持ってきてくれるよう頼みました。
少し待ってキーマカレーとドリンクが出されました。キーマカレーは、辛くなくミートソースのカレー味という感じのルーでした。美味しかったです。ご飯の量は少なめでした。女性をターゲットにしたお店なのだと思います。

hanare4.jpg

Cafe hanareに行くには、台湾家庭料理 福興の正面から向かって左側の道を入って行き、突き当りを右折して川沿いを上流に向かって行き右側を注意して進行すると見つかります。

Cafe hanareの場所はこちら   石川県鹿島郡中能登町徳前12-41

地物旬彩 おり姫 道の駅織姫の里なかのと

2014年4月30日

今日は道の駅織姫の里なかのとにある地物旬彩 おり姫に入りました。
店頭にメニューが掲示されていました。おすすめとして、季節の釜めし御膳1500円、おり姫御膳2150円、ひこ星御膳2150円、七尾さざなみ海鮮丼1600円、ヘルシー温野菜定食1500円などがありました。なんか観光価格って感じです。
地物旬彩 おり姫にはカウンター席とテーブル席があります。自動発券機で食券を購入します。御膳は運んでくれますが、うどんなど、その他のメニューは番号を呼ばれたら取りに行かなければいけません。水もセルフですし、食べ終わったら食器を自分で持っていかなければいけません。
今日は奮発して季節の釜めし御膳1500円を注文しました。釜めしなので、かなり待つ事を覚悟していたのですが、それほど待つ事無く、季節の釜めし御膳が出されました。ちなみに、道の駅織姫の里なかのとでは、Wifiが完全フリーで使えるので、待っている時間にはタプレットでインターネットをしていました。
地物旬彩 おり姫の季節の釜めし御膳は、たけのこご飯の釜めし、ゴマ豆腐のような食感の豆腐(何の豆腐なのかわからなかった)、天麩羅(魚、エビ、山菜)、茶碗蒸し、あんかけ(エビ、魚、野菜)、味噌汁、漬物がついていました。どれも美味しかったのですが1500円にしては微妙です。

道の駅織姫の里なかのとに、観光客が入るとは思えないのですが、目新しさが無くなってからも、この観光価格でやっていけるのか、かなり心配です。地元の人やビジネスの客が気軽に入れるように1000円以下の定食を用意しないとお客が入らなくなると思います。

地物旬彩 おり姫の季節の釜めし御膳


地物旬彩 おり姫 道の駅織姫の里なかのとの場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町井田ぬ部10番地1 

2014年12月17日

maboさんから地物旬彩 おり姫のメニューが変わったと聞いて再訪しました。
おり姫おまかせ定食1200円、季節かまめし定食1200円(今日はカニでした)、天丼定食750円、天ぷら定食1000円、おり姫ぜいたくセット1500円などがありました。冬季だけなのか、おでんが各種80円、おでん定食600円もありました。随分、手軽な料金になりました。
自動発券機が無くなっていたので、ちょっと戸惑いました。
お店の前に行って、天ぷら定食1000円を注文しました。支払いも後払いになっていました。
地物旬彩 おり姫の飲食ブースは共用空間で広いので、ちょっと寒かったです。今日は記録的な風雪だったことと時間が遅かった(13:50)こともあって貸切状態でした。
熱いお茶を欲しかったのですが、熱いお茶の給湯器はあったのですが湯飲み茶碗がありません。お店に冷水用のコップはあるのですが湯飲み茶碗は見当たりませんでした。ちょっと気が効かないです。
地物旬彩 おり姫はFreeSpotがあるのでタブレットでインターネットして待っていました。
天ぷら定食はテーブルに持ってきてくれました。ご飯はお替り自由ですと説明がありました。
天ぷら定食の天ぷらは大きめのエビが3尾、大きめの魚、しいたけ、野菜などが入っていてサクサクで美味しかったです。ダシ汁もありました。その他に、野菜の煮物、ナメコと大根おろしの酢の物、茶碗蒸し、ゆずの香りがする味噌汁、漬物、ご飯がついていました。
ナメコと大根おろしの酢の物が味が薄かったのと、漬物はもっと地元感があるものが欲しかったという点は気になりましたが、1000円でこの内容だと大満足です。
ご飯のお替りを頼むと、しばらくして味噌汁もどうですかと、熱々の味噌汁を持ってきてくれました。
食後に、少しタブレットでインターネットしてると、食器を片付けにきてくれて熱いお茶も出してくれました。
その後、停電があって暗くなりました。別に気にならなかったのですが、道の駅織姫の里なかのとの人がお詫びと説明に来てくれました。ちょっと恐縮しました。

orihime2.jpg

食後、国道に戻ると激しい風雪のため、前が全く見えないホワイトアウト状態に遭遇しました。ちょっとびびりました。実はお昼に穴水方面でスリップして対面車線に飛び出してしまって怖い目にあったので本日2回目の恐怖でした。

2015年4月22日

今日は、昼食が14:00を過ぎていて、久し振りに「秀」に入ろうと思ったらお昼の営業の時間が過ぎていて、道の駅織姫の里なかのとの「地物旬彩 おり姫」に入りました。メニューが以前と少し替わっていて、さくら御膳(刺身、天麩羅、小鉢、茶碗蒸し)1200円、本日のサービス定食(ジャンボえび天丼)750円、おり姫御膳(釜飯、刺身、天麩羅、小鉢、茶碗蒸し)1500円、ゆり御膳(釜飯、小鉢、茶碗蒸し)1200円、うぐいす御膳(天麩羅、煮物、小鉢、茶碗蒸し)1000円でした。
今日は「うぐいす御膳」を注文しました。
セルフで水を持ってきて、フリーWiFiでインターネットをしながら待っていると、準備中の札が出されました。お昼の営業は14:30なのかもしれません。フリーWiFiはありがたいです。
しばらくして、うぐいす御膳が出されました。今日は茶碗蒸しが終わったので、替わりにフグのたたき(刺身)を出させていただきましたと言われました。天麩羅もフグの白子が入っていますということでした。
うぐいす御膳には、フグのたたき(刺身)と天麩羅(大きなエビ2尾、山菜、レンコン、フグの白子3つ)、野菜の煮物、エノキと大根おろしの料理、キャベツの漬物、お吸い物、ご飯が付いていました。
フグのたたきは肉厚で、歯ごたえがありました。天麩羅はいつもの通りサクサクで、特にフグの白子はかなりボリュームがあって、タラの白子より柔らかくてとろっとろな感じでクリームのようでした。とても美味しかったです。お吸い物も美味しかったし、他の料理も美味しかったです。途中で、ご飯のお替りもできますよと言われました。
改めて前回食べた天ぷら定食1000円の画像を見ると、野菜の煮物、エノキと大根おろしの料理は内容が同じでした。
それにしても、茶碗蒸しの替わりにフグのたたきだなんて超ラッキーでした。これが通常の1000円の定食だったら、「能登の食美味しいランチの飲食店」の1つ星(2つ星でも良いかな)に登録なんですけど惜しいです。

orihime3.jpg

帰りに産直ブースで水ようかん(昭栄堂)を買ってきました。

syoueidou.jpg

帰宅して18:00頃に、急に胃が痛くなって、食べたのがフグだっただけに心配になってお医者さんに行きました。最近の気温の変化で体調が崩れていたのに加えて、消化の悪いものを食べたのが原因だということでした。

翌日、水ようかんを食べましたが、味が薄くてあまり美味しくはありませんでした。福井名物の水ようかんのほうが美味しいです。